2020年10月10日

菅首相 マイナンバーと銀行口座のひも付け “年内に結論を”

菅首相 マイナンバーと銀行口座のひも付け “年内に結論を”

菅首相 マイナンバーと銀行口座のひも付け “年内に結論を”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201009/k10012656781000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_015


2020年10月9日のNHKニュースより転載

菅総理大臣は、内閣記者会のインタビューで、マイナンバーカードの普及を加速させるとしたうえで、マイナンバーと銀行口座のひも付けについて、年内に結論を得るため関係省庁で検討を進めていく考えを示しました。

この中で、菅総理大臣は「役所に行かなくても、あらゆる手続きができる社会を実現するため、マイナンバーカードは不可欠だ。2年半後にはほぼ全国民に行き渡ることを目指し、普及策を加速していきたい」と述べました。

そのうえで、「現金10万円の給付を契機に、行政のデジタル化の必要性が改めて認識されている。銀行預金口座とのひも付けについて、年内に結論を得るべく、関係省庁で検討を進めている」と述べました。


転載、ここまで。

菅義偉・マイナンバーと銀行口座のひも付け.PNG



菅総理大臣は、内閣記者会のインタビューで、マイナンバーカードの普及を加速させるとしたうえで、マイナンバーと銀行口座のひも付けについて、年内に結論を得るため関係省庁で検討を進めていく考えを示した。
この中で、菅総理大臣は「役所に行かなくても、あらゆる手続きができる社会を実現するため、マイナンバーカードは不可欠だ。2年半後にはほぼ全国民に行き渡ることを目指し、普及策を加速していきたい」と述べた。
私は自立支援の更新にマイナンバーカードの番号が必要なのでマイナンバーカードを持っていますが、運転免許証があるからとマイナンバーカードを作ってない人もいる。
マイナンバーカードと銀行口座のひも付けは止めて欲しい。
マイナンバーと銀行口座をひも付ける政策には、日銀にデジタル円を発行する意図があるかも知れません。
https://www.boj.or.jp/announcements/release_2020/rel201009e.htm/
ラベル:菅義偉
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅政権、未来投資会議を廃止 成長戦略会議を新設=西村再生相

菅政権、未来投資会議を廃止 成長戦略会議を新設=西村再生相

菅政権、未来投資会議を廃止 成長戦略会議を新設=西村再生相
https://jp.reuters.com/article/mirai-toshi-idJPKBN26U0AV


2020年10月9日のロイター通信より転載

西村康稔経済再生担当相は9日午前の閣議後会見で、未来投資会議を廃止し、成長戦略会議を新設すると発表した。

経済財政諮問会議が経済・財政運営の改革の方向性を示し、成長戦略会議で政策の具体化を協議するという。西村氏は「相互に連携しながら、また、機能分担を図りながら政策を推進する」と述べた。

議長は加藤勝信官房長官が、副議長は西村氏と梶山弘志経産相が務める。民間の有識者委員は調整中。

未来投資会議は安倍晋三前政権時の2016年に設置。安倍前首相が議長を務め、成長戦略のほか、新型コロナウイルス収束後を見据えた社会の在り方などを議論してきた。


西村康稔・未来投資会議を廃止.PNG



西村康稔経済再生担当相は9日午前の閣議後会見で、未来投資会議を廃止し、成長戦略会議を新設すると発表した。
議長は加藤勝信官房長官が、副議長は西村氏と梶山弘志経産相が務める。
民間の有識者委員は調整中。
民間議員に誰を入れるのか?
竹中平蔵は入りそうな気がする。

西村大臣記者会見(令和2年10月9日)
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg21355.html

参考までに。




参考

[未来投資会議] 7月30日、新型コロナ踏まえ新たな新社会像を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476588998.html

未来投資会議、拡大して再始動 政府、対コロナ戦略仕切り直し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476505316.html

[経済財政諮問会議] [未来投資会議] 7月17日、経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476502468.html

[未来投資会議] 3月5日、新型コロナ受けサプライチェーン改革を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473910513.html

[未来投資会議] 2月7日、兼業・副業やIT教育充実を 首相指示 デジタル時代の規制改革を進め、SDGs(持続可能な開発目標)の実現にも貢献
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473495728.html

[未来投資会議] 12月19日、フリーランス選択できる環境整備など中間報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472763063.html

[未来投資会議] 10月3日、大企業の内部留保をベンチャー投資へ 建物外壁検査などにデジタル技術活用検討へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470684294.html

[未来投資会議] 6月5日、70歳までの就業機会確保を努力義務、デジタル市場のルール整備 未来投資会議が素案提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466647093.html

[未来投資会議] 4月3日、地銀統合、独禁法に特例 未来投資会議で安倍首相指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464968060.html

[未来投資会議] 3月20日、安倍首相、病気や介護の予防強化指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464761513.html

[未来投資会議] 10月22日、日本的雇用慣行改革、政策のみでは限界 「2本柱」取り上げも企業の協力不可欠
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462430022.html

[未来投資会議] 6月4日、医療・介護でAI導入推進 成長戦略の素案提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459821538.html
ラベル:西村康稔
posted by hazuki at 20:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

茂木外相 途上国向けワクチン費用 1億3000万ドル以上拠出表明

茂木外相 途上国向けワクチン費用 1億3000万ドル以上拠出表明

茂木外相 途上国向けワクチン費用 1億3000万ドル以上拠出表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201009/k10012655001000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_036


2020年10月9日のNHKニュースより転載

新型コロナウイルス対策などについて意見を交わすオンライン形式の国際会議が8日夜に開かれ、茂木外務大臣は、発展途上国向けのワクチンの供給費用として1億3000万ドル以上を拠出することを表明しました。

すべての人に質のよい保健・医療サービスを提供する「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」の推進に向けた閣僚級会合が8日夜、オンライン形式で開かれ、新型コロナウイルス対策などをめぐって意見が交わされました。

この中で、茂木外務大臣は、「日本が重視するのは、新型コロナウイルスの対応能力の強化であり、特にワクチンなどの開発および、公平なアクセスの実現だ」と指摘し、発展途上国向けのワクチンの供給費用として1億3000万ドル以上を拠出することを表明しました。

外務省によりますと、この費用は、安倍前総理大臣が先に拠出を表明した3億ドルの支援の一部だということです。

また会合の中で、茂木大臣は、将来の健康危機に備えた途上国の保健医療システムの強化や、民間部門と連携した途上国の水や栄養などの改善をさらに進めていく考えを示しました。


茂木敏充・途上国向けワクチン費用拠出.PNG



新型コロナウイルス対策などについて意見を交わすオンライン形式の国際会議が8日夜に開かれ、茂木外務大臣は、発展途上国向けのワクチンの供給費用として1億3000万ドル以上を拠出することを表明した。
外務省によりますと、この費用は、安倍前総理大臣が先に拠出を表明した3億ドルの支援の一部だということです。

茂木外務大臣によるUHCフレンズ閣僚級会合の主催(結果)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000683.html

10月8日、午後9時頃から、茂木敏充外務大臣は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)フレンズ閣僚級会合(ビデオ会議)を主催したところ、概要は以下のとおりです。

冒頭、茂木大臣から、新型コロナウイルス感染症への対応にあたり、「人間の安全保障」の理念に立脚し、「誰の健康も取り残さない」ことを目指すUHCの達成が重要であるとした上で、ワクチンへの公平なアクセスを含む同感染症への対応能力の強化、将来の健康危機への対応に資する保健医療システムの強化、感染症に強い環境整備といった分野で我が国が主導している取組を説明し、国際社会と手を携えながら、UHCの実現に向けて尽力していく旨述べました。

その中で、茂木大臣は、我が国が本年6月の「グローバル・ワクチン・サミット(第3次Gavi増資会合)」においてプレッジした当面3億ドル規模の支援のうち、1.3億ドル以上を新型コロナウイルス感染症のワクチンへの公平なアクセス強化のため、COVAXファシリティの途上国支援枠組みである「ワクチン事前買取制度(AMC)」に拠出することを表明しました。

本会合には、グテーレス国連事務総長、ドーン・タイ副首相兼外務大臣、ザルカリアニ・ジョージア外務大臣、オマモ・ケニア外務長官、バ・セネガル外務大臣、アジマン=メーヌ・ガーナ保健大臣、サリーナス・ウルグアイ厚生大臣、ヴァルダン・インド保健・家庭福祉大臣、テドロスWHO事務局長、フォアUNICEF事務局長、バークレーGaviワクチンアライアンス事務局長、ハチェット感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)事務局長等が参加しました。出席者からは、新型コロナウイルス感染症への対応にあたっての国際社会全体としての取組の重要性について発言がありました。また、今般のCOVAXファシリティ(AMC)への拠出の表明を含む、UHC普及にあたっての我が国の役割や取組への評価も示されました。

「ワクチン支援へ3億ドル拠出」安倍首相 国際団体に表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475451944.html

6月4日、安倍総理大臣は、発展途上国でのワクチンの普及に取り組む国際団体の会合にビデオメッセージを寄せ、ワクチンの開発などを支援するため、3億ドルの拠出を表明した。
発展途上国でのワクチンの普及に取り組む国際団体、「Gaviワクチンアライアンス」は、新型コロナウイルスのワクチンの開発などを支援するため、各国に資金の拠出を呼びかけていて、日本時間の4日夜、オンラインで会合を開いた。

外務省が公開している情報に「バークレーGaviワクチンアライアンス事務局長」とあります。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。




参考

「ワクチン支援へ3億ドル拠出」安倍首相 国際団体に表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475451944.html
posted by hazuki at 23:58| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚姻・離婚届の押印廃止へ 上川法相、オンライン化普及も

婚姻・離婚届の押印廃止へ 上川法相、オンライン化普及も
https://this.kiji.is/687141134671299681?c=39546741839462401


2020年10月9日の共同通信より転載

 上川陽子法相は9日の記者会見で、婚姻届や離婚届の押印の廃止を検討していると明らかにした。「婚姻届や離婚届の押印も含め、さまざまな行政手続きがあるので、そのオンライン化を進めていく」と述べ、オンライン化の普及にも努める考えを示した。

 法務省によると、婚姻届や離婚届は認め印でも可能で廃止が可能と判断。一方、実印が必要な一部の登記手続きについては現時点で、廃止が困難と内閣府に回答しているという。法務省関連では年間1万件以上申請がある手続き44件のうち、35件は廃止、9件は存続としている。


上川陽子・婚姻届と離婚届.PNG



上川陽子法相は9日の記者会見で、婚姻届や離婚届の押印の廃止を検討していると明らかにした。
法務省によると、婚姻届や離婚届は認め印でも可能で廃止が可能と判断。
一方、実印が必要な一部の登記手続きについては現時点で、廃止が困難と内閣府に回答しているという。
婚姻届と離婚届の押印を廃止すれば、相手の了解も得ずに婚姻届や離婚届を提出するようなことが起こるかもしれない。
なりすましに注意が必要になる。
中国人が戸籍乗っ取り放題になる恐れもある。
帰化人を量産するのか?
はんこ廃止に反対します。
ラベル:上川陽子
posted by hazuki at 21:58| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防衛相、中国海洋活動で懸念共有 在日米軍の司令官と会談

防衛相、中国海洋活動で懸念共有 在日米軍の司令官と会談
https://this.kiji.is/686790321554424929?c=39546741839462401


2020年10月8日の共同通信より転載

 岸信夫防衛相は8日午前、在日米軍のシュナイダー司令官と米軍横田基地(東京都)で会談し、東・南シナ海で海洋進出を強め、軍事的影響力を拡大する中国の活動について懸念を共有した。北朝鮮による弾道ミサイル開発に関しても連携を確認した。岸氏が会談後、記者団に明らかにした。

 会談で両氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設が「唯一の解決策」との認識で一致した。配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策は話題に上らなかったという。

 岸氏は、基地内にあるミサイル防衛の中枢、航空自衛隊航空総隊司令部も視察した。


岸信夫と在日米軍のシュナイダー司令官.PNG



岸信夫防衛相は8日午前、在日米軍のシュナイダー司令官と米軍横田基地(東京都)で会談し、東・南シナ海で海洋進出を強め、軍事的影響力を拡大する中国の活動について懸念を共有した。
北朝鮮による弾道ミサイル開発に関しても連携を確認した。
岸氏は、基地内にあるミサイル防衛の中枢、航空自衛隊航空総隊司令部も視察した。

岸防衛大臣は部隊視察を予定しております
https://www.mod.go.jp/j/press/news/2020/10/07a.pdf

陸上自衛隊朝霞駐屯地も視察したようです。
ラベル:岸信夫
posted by hazuki at 00:29| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 10月7日、定年延長改正案、再提出見送りへ 政府、臨時国会に検討も

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 10月7日、定年延長改正案、再提出見送りへ 政府、臨時国会に検討も

定年延長改正案、再提出見送りへ 政府、臨時国会に検討も
https://this.kiji.is/686559296560907361?c=39546741839462401


2020年10月7日の共同通信より転載

 政府、与党は、検察庁法を含めた公務員定年延長のための国家公務員法改正案について、26日召集の臨時国会への再提出を見送る方針を固めた。法案を審議する衆参両院の内閣委員会が、日本学術会議の会員任命拒否問題を巡り、野党の追及を受ける場となる可能性が高まり、十分な審議時間を確保できないとの判断に傾いた。複数の政権幹部が7日、明らかにした。

 国家公務員法改正案は、検察庁法など10本をまとめた「束ね法案」として今年の通常国会に提出。検察幹部の定年を延長できる「特例」が内閣による検察介入につながると批判を浴び、廃案に追い込まれた。




政府、与党は、検察庁法を含めた公務員定年延長のための国家公務員法改正案について、26日召集の臨時国会への再提出を見送る方針を固めた。
法案を審議する衆参両院の内閣委員会が、日本学術会議の会員任命拒否問題を巡り、十分な審議時間を確保できないとの判断に傾いた。
検察庁法を束ね法案にするならば、十分な審議時間が必要。
国家公務員法改正案が成立したら、地方公務員法改正案の審議もある。
来年の通常国会に再提出となるでしょう。




参考

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 6月17日、検察法廃案、政府再提出へ 特例は撤回、次期国会以降に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475664571.html

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 5月18日、検察庁法改正、今国会断念 検察庁法改正にあわせ「公務員定年延長」も見送りへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475161138.html

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 5月15日、衆院内閣委員会で国家公務員法改正案の審議 検察定年、採決は来週以降先送り 野党、行革相不信任案を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475110903.html

[検察庁法改正案] 元検事総長ら定年延長反対 意見書あす法務省に提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475091650.html

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 5月8日、衆院内閣委員会で国家公務員法改正案が実質審議入り 野党が審議拒否 検察官対象に反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475022802.html

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 4月16日、衆院本会議で国家公務員法改正案が審議入り 公務員定年延長 検察官も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474644481.html

[国家公務員法等の一部を改正する法律案] 3月13日、公務員定年65歳へ 国家公務員法改正案を閣議決定 検察官も、今国会成立期す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474029199.html

国家公務員定年30年度に65歳 改正案提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473669783.html

国家公務員定年、65歳に延長へ 改正法案、来年通常国会提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472721809.html




関連

首相、公務員法改正案見直し表明 新型コロナで「情勢変化」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475266459.html

「#検察庁法改正案に抗議」240万超ツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475023283.html
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イージス代替の洋上案、検討推進 日米防衛相が電話会談

イージス代替の洋上案、検討推進 日米防衛相が電話会談
https://this.kiji.is/686379864211309665?c=39546741839462401


2020年10月7日の共同通信より転載

 岸信夫防衛相は7日、エスパー米国防長官と電話会談した。秋田、山口両県への配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策として、レーダーや発射装置を洋上で運用する案について、技術面を含めて日米で緊密に連携し検討を進めることで一致した。岸氏は、代替策に関し年末までに一定の方策を示すと説明した。会談後、岸氏が記者団に明らかにした。

 岸氏が防衛相就任後、他国の防衛閣僚と協議したのは初めて。会談は当初30分の予定だったが、約55分に及んだ。

 会談で両氏は、東・南シナ海や北朝鮮などインド太平洋地域の最新情勢について意見交換した。


岸信夫とエスパー米国防長官.PNG



岸信夫防衛相は7日、エスパー米国防長官と電話会談した。
「イージス・アショア」計画の代替策として、レーダーや発射装置を洋上で運用する案について、技術面を含めて日米で緊密に連携し検討を進めることで一致した。
岸氏は、代替策に関し年末までに一定の方策を示すと説明した。

岸防衛大臣とエスパー米国防長官の電話会談について
https://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/kyougi/2020/1007_j-usa.pdf

防衛省が資料を公開しています。
ラベル:岸信夫
posted by hazuki at 22:08| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[規制改革推進会議] 10月7日、首相、押印の原則廃止へ対応指示 デジタル化へ本腰

[規制改革推進会議] 10月7日、首相、押印の原則廃止へ対応指示 デジタル化へ本腰

首相、押印の原則廃止へ対応指示 デジタル化へ本腰、規制改革会議
https://this.kiji.is/686393202451907681?c=39546741839462401


2020年10月7日の共同通信より転載

 菅義偉首相は7日、規制改革推進会議に政権発足後初めて出席し、押印の原則廃止に向けて「近日中に全省庁において全ての行政手続きの見直し方針をまとめていただきたい」と対応を指示した。看板施策である行政のデジタル化加速に本腰を入れる姿勢を鮮明にした。

 オンライン診療の恒久化やオンライン教育の推進に意欲を示し、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からも「最大限の活用を図るべきものだ」と強調した。

 新型コロナ対策の給付金支払いを巡る混乱で、デジタル化の遅れが露呈。規制改革会議は7月の答申で、年内に行政手続きを点検し、政令などを改正するよう各省庁に要求していた。


菅義偉・規制改革推進会議・10月7日.PNG



菅義偉の隣に座っているのは規制改革推進会議の小林喜光議長です。

菅義偉首相は7日、規制改革推進会議に政権発足後初めて出席し、押印の原則廃止に向けて「近日中に全省庁において全ての行政手続きの見直し方針をまとめていただきたい」と対応を指示した。
オンライン診療の恒久化やオンライン教育の推進に意欲を示し、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からも「最大限の活用を図るべきものだ」と強調した。

規制改革推進会議 会議情報
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/meeting.html#kaigi2

規制改革推進会議 議事次第
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20201005/agenda.html

規制改革推進会議運営規則・新旧対照表(PDF形式:242KB)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20201005/201005honkaigi01.pdf

規制改革推進会議の進め方(PDF形式:175KB)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20201005/201005honkaigi02.pdf




参考資料

令和2年10月7日 規制改革推進会議
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202010/07kiseikaikaku.html

規制改革推進会議 会議情報
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/meeting.html




追記




小林喜光は三菱ケミカルホールディングス会長で、三菱ケミカルホールディングスは自民党の政治資金管理団体国民政治協会に政治資金1000万円を提供しています。
これからは自民党に多額の政治資金を提供している企業が規制を改革します。
https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/group/leadership/
http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11340724/www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SS20181130/0073102264_17.pdf




参考

[規制改革推進会議] 7月2日、行政手続きの押印・書面を削減へ 規制改革推進会議が答申
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476038320.html

[規制改革推進会議] 6月22日、行政手続き、完全オンライン化 押印は原則廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475876925.html

[規制改革推進会議] 6月19日、“行政手続きでの押印廃止を” 規制改革推進会議が意見書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475861177.html

[規制改革推進会議] 10月31日、規制改革推進会議を常設化、議長に小林喜光氏を選出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471265664.html

[内閣府本府組織令及び規制改革推進会議令の一部を改正する政令] 10月18日、規制改革推進会議を常設化を閣議決定 議長に小林喜光氏就任へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471000236.html




関連

[規制改革推進会議] 6月6日、「介護休暇 時間単位で取得を可能に」規制改革推進会議が答申
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466637852.html

[規制改革推進会議] 5月10日、「介護休暇、時間単位取得を」 規制改革推進会議が法改正要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465637004.html

[規制改革推進会議] 10月12日、携帯料金引き下げなど年内に答申
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462165057.html

[規制改革推進会議] 6月4日、ネット配信推進へ基盤共通化提言 放送・通信融合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459788521.html
ラベル:小林喜光
posted by hazuki at 00:26| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

[経済財政諮問会議] 10月6日、「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議

[経済財政諮問会議] 10月6日、「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議

「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64679040W0A001C2MM8000


2020年10月7日の日経新聞より転載

政府は6日、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開いた。首相は予算編成作業に関し「民間需要の喚起につながる施策に重点化していく」と述べた。「経済状況をみながら必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく講じる」とも語った。

諮問会議は菅政権発足後で初めて。民間議員は提言で民需を喚起する規制改革に携帯電話料金の値下げを挙げた。継続的な賃上げに向けた環境整備の工程表作りも求めた。


菅義偉・経済財政諮問会議・10月6日.PNG



政府は6日、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開いた。
首相は予算編成作業に関し「民間需要の喚起につながる施策に重点化していく」と述べた。
「経済状況をみながら必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく講じる」とも語った。
民間議員は提言で民需を喚起する規制改革に携帯電話料金の値下げを挙げた。
継続的な賃上げに向けた環境整備の工程表作りも求めた。

経済財政諮問会議 > 令和2年会議情報一覧
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/index.html

第14回会議資料:会議結果 令和2年
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/agenda.html




参考資料

令和2年10月6日 経済財政諮問会議
http://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202010/06keizaishimon.html

経済財政諮問会議
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/index.html




参考

[経済財政諮問会議] 7月31日、安倍首相「経済・財政一体改革の推進を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476622599.html

[経済財政諮問会議] [未来投資会議] 7月17日、経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476502468.html

[経済財政諮問会議] 6月22日、デジタル化へ規制見直し コロナ後にらむ骨太方針骨子
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475878637.html

[経済財政諮問会議] 4月27日、省庁のはんこの手続き見直しへ コロナ拡大防止で首相指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474820324.html

[経済財政諮問会議] 3月10日、新型コロナで「景気腰折れ」懸念 政府諮問会議で民間議員
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474065826.html

[経済財政諮問会議] 10月28日、安倍首相 病院再編と過剰なベッド数の削減など指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471219067.html

[経済財政諮問会議] 6月11日、骨太の方針原案  職氷河期世代30万人の正式雇用増目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467078031.html

[経済財政諮問会議] 5月31日、「骨太の方針」骨子案 最低賃金引き上げや就職氷河期世代支援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466178258.html

[経済財政諮問会議] 5月14日、内需下支えへ 最低賃金の引き上げを
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465714709.html

[経済財政諮問会議] 2月26日、「デジタル・ガバメント」実現へ 安倍首相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464359597.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 23:43| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650651000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007


2020年10月6日のNHKニュースより転載

日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認しました。

4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われました。

冒頭、議長を務める茂木大臣は、海洋進出を強める中国を念頭に、「近年、さまざまな分野で既存の国際秩序が挑戦を受けており、新型コロナウイルスの発生、拡大はこの傾向を加速化させている」と指摘しました。

そのうえで、「われわれ4か国は、ルールに基づく国際秩序を強化していく目的を共有しており、これに大きな役割を果たすのが自由で開かれたインド太平洋構想だ。重要なことは多くの国が参加し、このビジョンがより大きく実現されることだ」と述べました。

そして会合では、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて4か国で結束するとともに、多くの国に連携を広げていく方針を確認し、今後、会合を定例化することで合意しました。

また、サイバーセキュリティーや質の高いインフラ整備などの分野でも実践的な協力をさらに進めていくことを確認しました。

茂木大臣は、記者団に対し、「4か国の外交の責任者が顔を合わせて議論できたのは、非常に意義深かった。自由で開かれたインド太平洋という、日本が提唱した外交コンセプトがこれほどまでに国際社会に浸透したことは今までなかったことであり、協力のさらなる具体化を進めていきたい」と述べました。


日米豪印外相会談・10月6日.PNG



日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認した。
4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われた。

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」は地域の平和と繁栄に向けたビジョンであり、ポスト・コロナの世界において益々その重要性を増しているとして、その実現に向け、より多くの国々へ連携を広げていくことの重要性を確認しました。この関連で、四大臣は、ASEANの一体性及び中心性とASEAN主導の地域枠組みに対する強固な支持を再確認するとともに、「インド太平洋に関するASEANアウトルック」に対する全面的な支持を再確認しました。また、「自由で開かれたインド太平洋」に対する欧州を始めとする各国の前向きな取組を歓迎しました。

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」を具体的に推進していくため、質の高いインフラ、海洋安全保障、テロ対策、サイバーセキュリティ、人道支援・災害救援、教育・人材育成を始め様々な分野で実践的な協力を更に進めていくことで一致しました。




参考資料

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650501000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_011


2020年10月6日のNHKニュースより転載

菅総理大臣は、アメリカ、オーストラリア、インドの3か国の外相と会談し、菅政権としても「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組む考えを強調し、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認しました。

菅総理大臣は6日午後、総理大臣官邸で4か国の外相会合に出席するため、日本を訪れているアメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相とおよそ20分間、会談しました。

冒頭、菅総理大臣は「わが国が力強く進めてきた『自由で開かれたインド太平洋』は、地域における平和と繁栄に向けたビジョンとして、国際社会に広く通じるようになった。私の政権においても、この取り組みをしっかり推し進めていく」と述べました。

そのうえで「新型コロナウイルスの感染拡大で、国際社会がさまざまな課題に直面している今だからこそ、このビジョンを共有する、より多くの国々と、一層連携を深め、具体的な協力を積み重ねていく必要がある」と述べました。

これに対し3か国の外相は、総理大臣就任への祝意を示したうえで「基本的価値を共有するパートナーである日本、アメリカ、オーストラリア、インドが協力し、ルールに基づく自由で開かれた国際秩序を強化していくことの重要性に同意する」と応じ、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認しました。

ポンペイオ国務長官「4か国の結束の重要性を強調」

アメリカのポンペイオ国務長官は「中国が感染拡大を隠蔽したことでコロナ危機は悪化した。われわれはこの悲惨なパンデミックを克服し、経済を立て直すために共に立ち上がる」と述べました。

そのうえで「中国共産党の搾取や腐敗から人々を守るため、この4か国のパートナーシップはかつてないほど重要になっている」などと述べ、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた4か国の結束の重要性を強調しました。

ペイン外相「会合は重要な一歩

オーストラリアのペイン外相は、6日の会合について「包括的で開かれた、そして柔軟に対応できるインド太平洋地域の実現に向けた重要な一歩になる」と述べました。

そのうえで「インド太平洋地域は力ではなくルールによって統治されることを信じている。基本的人権を尊重し、紛争は国際法によって解決されるべきだ」と述べ、東南アジアの一部の国と中国などが南シナ海で領有権をめぐり対立する中、4か国がこの地域で緊密に連携することが重要だと強調しました。

ジャイシャンカル外相「課題の解決策を共に模索」

インドのジャイシャンカル外相は「世界的なパンデミックの中にあっても、われわれがこうして顔を突き合わせて会議を行うことこそが、この地域の重要性を物語っている」などと述べ、会合の意義を強調しました。

そのうえで「パンデミックからの復活や国際機関の改革など、世界が直面する課題の解決策を共に模索したい。われわれは、法に基づいた秩序や航行の自由、平和的な紛争の解決を支持する」などとして、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた決意を述べました。


茂木敏充と菅義偉・日米印外相会談.PNG



菅総理大臣は、アメリカ、オーストラリア、インドの3か国の外相と会談し、菅政権としても「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組む考えを強調し、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認した。
菅総理大臣は6日午後、総理大臣官邸で4か国の外相会合に出席するため、日本を訪れているアメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相とおよそ20分間、会談した。

豪州外務大臣、インド外務大臣及び米国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/nsp/page4_005210.html

 10月6日午後2時45分から約20分間、菅義偉内閣総理大臣は、日米豪印外相会合に出席するため訪日中のマリズ・ペイン・オーストラリア連邦外務大臣(Senator the Hon Marise Payne, Minister for Foreign Affairs of the Commonwealth of Australia)、スブラマニヤム・ジャイシャンカル・インド外務大臣(H.E. Dr. Subrahmanyam Jaishankar, External Affairs Minister of India)及びマイク・ポンペオ米国務長官(The Honorable Mike Pompeo, Secretary of State of the United States)による表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。なお、表敬には、茂木敏充外務大臣、坂井学内閣官房副長官、阿達雅志総理大臣補佐官ほかが同席しました。

菅は3か国の外相による表敬を受けた。




参考資料

豪州外務大臣、インド外務大臣及び米国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/nsp/page4_005210.html
ラベル:菅義偉 茂木敏充
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

菅首相 米ポンペイオ国務長官と初の対面外交 緊密に連携を確認

菅首相 米ポンペイオ国務長官と初の対面外交 緊密に連携を確認

菅首相 米ポンペイオ国務長官と初の対面外交 緊密に連携を確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650151000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016


2020年10月6日のNHKニュースより転載

菅総理大臣は、就任後初めての対面外交として、アメリカのポンペイオ国務長官と会談し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、日米同盟をより一層強化し、普遍的価値を共有する「同志国」とも緊密に連携していくことで一致しました。

菅総理大臣は、就任後初めての対面外交として6日午後、およそ15分間、総理大臣官邸でアメリカのポンペイオ国務長官と会談しました。

この中で菅総理大臣は、ポンペイオ国務長官の日本訪問を歓迎したうえで、新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領夫妻について、「早期の全快を祈っている」と伝えました。

これに対しポンペイオ国務長官は、総理大臣就任への祝意を伝え、トランプ大統領夫妻へのお見舞いのことばに謝意を示すとともに、来年の東京オリンピック・パラリンピックの開催について、「全面的に支持する」と述べました。

そのうえで両氏は、厳しさを増す地域情勢への認識を共有し、海洋進出を強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、地域や国際社会の平和と安定の基盤である日米同盟をより一層強化し、民主主義などの普遍的価値を共有する「同志国」とも緊密に連携していくことで一致しました。

さらに両氏は、北朝鮮情勢についても意見を交わし、菅総理大臣は、拉致問題の早期解決への全面的な支持を要請したのに対し、ポンペイオ国務長官は、「解決のための日本の取り組みを引き続き全面的に支持する」と述べました。


米国のポンペイオ国務長官と菅義偉.PNG



菅総理大臣は、就任後初めての対面外交として、アメリカのポンペイオ国務長官と会談し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、日米同盟をより一層強化し、普遍的価値を共有する「同志国」とも緊密に連携していくことで一致した。

ポンペオ米国国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/page4_005211.html

10月6日、午後2時15分から約15分間、菅義偉内閣総理大臣は、日米豪印外相会合に出席するため訪日中のマイク・ポンペオ米国国務長官(The Honorable Mike Pompeo,Secretary of State of the United States)による表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

菅はポンペオ国務長官による表敬を受けた。




参考資料

ポンペオ米国国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/page4_005211.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 23:34| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天国への階段」盗作訴訟、レッド・ツェッペリン側が勝訴

「天国への階段」盗作訴訟、レッド・ツェッペリン側が勝訴
https://www.afpbb.com/articles/-/3308393?cx_part=top_topstory&cx_position=3


2020年10月6日のAFP通信より転載

 英ロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の代表曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」のイントロ部分が盗作だとして訴えられた裁判で、米連邦最高裁は5日、審理を行わない判断を下した。高裁は今年3月、盗用ではないと判断しており、音楽業界が注視していた長年の法廷闘争はレッド・ツェッペリン側の勝訴で終結した。

 訴えていたのは、1960年代に活動していたロサンゼルスの5人組サイケデリックバンド「スピリット(Spirit)」の関係者。「天国への階段」(1971年発表)のイントロ部分のギターリフは、スピリットの楽曲「トーラス(Taurus)」の盗用だとして訴え出ていた。

 ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)は2016年、問題となっているギターリフについて、「ずっと前からある」ものだと証言していた。


レッド・ツェッペリン.PNG



英ロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の代表曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」のイントロ部分が盗作だとして訴えられた裁判で、米連邦最高裁は5日、審理を行わない判断を下した。
高裁は今年3月、盗用ではないと判断しており、音楽業界が注視していた長年の法廷闘争はレッド・ツェッペリン側の勝訴で終結した。
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の代表曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」のイントロ部分が米ロサンゼルスのサイケデリックバンド「スピリット(Spirit)」が作曲した1968年のインスト曲「Taurus」の盗作だとして訴えた裁判の判決です。
高裁は盗作には当たらないとの判断を示しており、事実上、ツェッペリン側の勝訴が確定した。
似てないようで似ています。
ツェッペリンはよく勝てましたね。




Taurus- Spirit

https://www.youtube.com/watch?v=xd8AVbwB_6E&feature=emb_title

Led Zeppelin - Stairway to Heaven Live

https://www.youtube.com/watch?v=xbhCPt6PZIU



参考

レッド・ツェッペリン「天国への階段」盗作ではない、米裁判評決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439420471.html

レッド・ツェッペリンの名曲「天国への階段」、盗作疑惑で訴訟か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397576519.html
ラベル:Led Zeppelin
posted by hazuki at 21:56| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日仏首脳電話会談]「自由で開かれたインド太平洋」協力強化を

[日仏首脳電話会談]「自由で開かれたインド太平洋」協力強化を

日仏首脳 電話会談「自由で開かれたインド太平洋」協力強化を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201005/k10012649471000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_002


2020年10月5日のNHKニュースより転載

菅総理大臣はフランスのマクロン大統領と就任後、初めて電話で会談し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて協力を強化していくとともに、拉致を含む北朝鮮問題への対応で協力していくことでも一致しました。

この中で、菅総理大臣は「マクロン大統領とよい関係を築き、特別なパートナーである日仏関係を一層強固にしていきたい」と述べました。

これに対しマクロン大統領は、総理大臣就任への祝意を伝え「安倍前総理大臣との間で、これまでになく強固になった日仏関係のさらなる進展に向けて、ともに取り組みたい」と応じました。

そのうえで両首脳は、両国は自由と民主主義、法の支配などの基本的価値を共有しているとして「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて協力を強化していくことを確認しました。

また、拉致を含む北朝鮮問題への対応で、協力していくことでも一致しました。

さらに、新型コロナウイルス対策などの諸課題に、G7=主要7か国のメンバーである両国が協力して主導的役割を果たしていくことや、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて協力していくことでも一致しました。


菅義偉とフランスのマクロン大統領.PNG



菅総理大臣はフランスのマクロン大統領と就任後、初めて電話で会談し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて協力を強化していくとともに、拉致を含む北朝鮮問題への対応で協力していくことでも一致した。
この中で、菅総理大臣は「マクロン大統領とよい関係を築き、特別なパートナーである日仏関係を一層強固にしていきたい」と述べた。

日仏首脳電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/fr/page6_000445.html

冒頭、菅総理大臣から、今般のフランスにおける豪雨災害へのお見舞いを伝達するとともに、内閣総理大臣就任にあたり、マクロン大統領と良い関係を築き、特別なパートナーである日仏関係を一層強固にしていきたい旨述べました。これに対し、マクロン大統領からは、菅総理大臣就任への祝意を述べるとともに、安倍前総理大臣との間でこれまでになく強固になった日仏関係の更なる進展に向けて菅総理大臣と共に取り組みたい旨述べました。




参考資料

日仏首脳電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/fr/page6_000445.html
ラベル:菅義偉 新型肺炎
posted by hazuki at 00:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

菅首相「学問の自由の侵害ではない」 日本学術会議会員候補6人任命見送り

菅首相「学問の自由の侵害ではない」 日本学術会議会員候補6人任命見送り

菅首相「学問の自由の侵害ではない」 日本学術会議会員候補6人任命見送り
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4094748.html


2020年10月5日のTBSニュースより転載

 菅総理大臣は内閣記者会のインタビューで、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかったことについて学問の自由の侵害でないと訴えました。

 菅総理は「日本学術会議」について、国の予算およそ10億円が毎年支出されていて会員は特別国家公務員であること、現在の会員は自分の後任を指名することも可能な仕組みになっていることなどに言及しました。

 「学問の自由とは全く関係ないということです。総合的俯瞰的活動を確保する観点から、今回の任命について判断をした」(菅義偉首相)

 その上で菅総理は、任命見送りの理由について6人の政治的な立ち位置と今回の判断は関係がないと強調しました。

 また、「推薦された方々を任命する責任は総理大臣にあり、前例を踏襲して良いか考えた」として自らの判断であることを明らかにしました。


菅義偉・学問の自由とは関係ない.PNG



菅総理大臣は内閣記者会のインタビューで、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかったことについて学問の自由の侵害でないと訴えた。
「学問の自由とは全く関係ないということです。総合的俯瞰的活動を確保する観点から、今回の任命について判断をした」(菅義偉首相)
また、「推薦された方々を任命する責任は総理大臣にあり、前例を踏襲して良いか考えた」として自らの判断であることを明らかにした。
前例を踏襲しても問題なかったのではないのか?
#日本学術会議への人事介入に抗議する




参考

政府「見送り決定覆さず」 学術会議の要望書に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477729737.html

学術会議、首相に要望書 6人任命と説明求め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477728784.html

日本学術会議 会員の一部任命見送り 野党4党首が追及で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711902.html

学術会議新会員任命見送りは6人 安保法反対の憲法学者ら
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711567.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 23:39| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外相 クウェートナワフ首長と面会 サバハ前首長死去に哀悼の意

外相 クウェートナワフ首長と面会 サバハ前首長死去に哀悼の意

外相 クウェートナワフ首長と面会 サバハ前首長死去に哀悼の意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201004/k10012648131000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013


2020年10月4日のNHKニュースより転載

茂木外務大臣は日本時間の4日夜、訪問先のクウェートで、サバハ前首長の死去に伴って即位したナワフ首長と面会し、哀悼の意を伝えました。

クウェートを訪れていた茂木外務大臣は空港内の施設で、先月死去したサバハ前首長の弟で新たに即位したナワフ首長とおよそ15分間面会しました。

茂木大臣は「サバハ前首長は中東と国際社会の平和と安定のために重要な役割を果たされた。日本との関係を常に気にかけてくれた前首長を失ったことは大きな損失だ」と哀悼の意を伝えました。

これに対しナワフ首長は「心温まる追悼のメッセージをいただいた」と謝意を示しました。

また茂木大臣は、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて、日本が積極的に外交努力を続ける姿勢は変わらないとして、引き続きクウェートと緊密に連携する考えを伝え、ナワフ首長も日本との協力関係をさらに発展させる意向を示しました。


茂木敏充とクウェートのナワフ首長.PNG



茂木外務大臣は日本時間の4日夜、訪問先のクウェートで、サバハ前首長の死去に伴って即位したナワフ首長と面会し、哀悼の意を伝えた。
クウェートを訪れていた茂木外務大臣は空港内の施設で、先月死去したサバハ前首長の弟で新たに即位したナワフ首長とおよそ15分間面会した。

サバーハ・クウェート前首長薨去を受けた茂木外務大臣(特派大使)によるナッワーフ新首長への弔問
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/kw/page6_000444.html

茂木大臣から、日本国政府及び国民を代表して、サバーハ前首長の薨去に哀悼の意を表したい、サバーハ前首長は中東及び国際社会の平和と安定のため重要な役割を果たされた、また、東日本大震災の際の支援をはじめ日本との関係を常に気にかけて下さったサバーハ前首長を失ったことは大きな損失である、クウェート国民が悲しみを乗り越えるにあたり、日本はクウェートと共にある旨述べました。これに対し、ナッワーフ首長から、心温まる追悼のメッセージをいただき感謝する旨述べました。

また、茂木大臣から、日本が中東地域の緊張緩和と情勢安定化に向け積極的に外交努力を行っていく姿勢は変わらない、クウェートと緊密に連携したい旨述べたのに対し、ナッワーフ首長から、日本との関係は重要であり、協力関係をさらに発展させたいと述べました。

日・クウェート外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/kw/page6_000443.html

現地時間10月3日午後5時40分(日本時間同日午後11時40分)から約1時間、クウェート国を訪問中の茂木敏充外務大臣は、アフマド・ナーセル・アル・ムハンマド・アル・サバーハ・クウェート外務大臣(H.E. Sheikh Dr. Ahmad Nasser Al-Mohamed Al-Sabah, Minister of Foreign Affairs of the State of Kuwait)と会談したところ、概要以下のとおりです。

弔問の前に日クウェート外相会談がありました。




参考資料

サバーハ・クウェート前首長薨去を受けた茂木外務大臣(特派大使)によるナッワーフ新首長への弔問
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/kw/page6_000444.html
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 22:09| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

[日サウジアラビア外相会談] 中東の緊張緩和へ連携を確認

[日サウジアラビア外相会談] 中東の緊張緩和へ連携を確認

日本・サウジアラビア外相会談 中東の緊張緩和へ連携を確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201004/k10012647241000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009


2020年10月4日のNHKニュースより転載

茂木外務大臣は訪問先のサウジアラビアでファイサル外相と会談し、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

ポルトガルとフランスを訪問したあと中東のサウジアラビアに入った茂木外務大臣は日本時間の3日夜、ファイサル外相と昼食をともにしながら、1時間余り会談しました。

この中で茂木大臣は中東情勢に関連し「原油輸入の9割以上を中東に依存している日本にとって、中東の平和と情勢の安定化は極めて重要だ。また、タンカーが安全に原油を運んでくるためにも、航行の自由や安全を確保することが重要だ」と指摘しました。

そのうえで両外相は、UAE=アラブ首長国連邦とバーレーンがイスラエルと国交正常化で合意したことや、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて、緊密に連携していくことを確認しました。

また茂木大臣は、サウジアラビアが議長国を務める来月のG20サミットの成功に向け、引き続き、協力していく考えを伝えたほか、中国が進出を強める東シナ海や南シナ海の問題や拉致問題を含む北朝鮮情勢に関する日本の立場を説明し、ファイサル外相は理解を示しました。

エネルギー相とも会談

また、茂木外務大臣は3日、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相とも会談しました。

国営通信によりますと、アブドルアジズ・エネルギー相との会談では、水素燃料の活用や再生可能エネルギーの推進といったサウジアラビアの新たなエネルギー戦略のほか、原油市場の安定化の重要性について意見が交わされたということです。

産油国のサウジアラビアでは「脱石油」に向けて経済改革に取り組んでいますが、資金源となる原油の価格が落ち込み、国内経済にも影響が出ていて、日本の理解を得たい考えです。


茂木敏充とサウジアラビアのファイサル外相.PNG



茂木外務大臣は訪問先のサウジアラビアでファイサル外相と会談し、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて緊密に連携していくことを確認した。
ポルトガルとフランスを訪問したあと中東のサウジアラビアに入った茂木外務大臣は日本時間の3日夜、ファイサル外相と昼食をともにしながら、1時間余り会談した。

日・サウジアラビア外相会談及び 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・サウジアラビア・エネルギー大臣との会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page6_000441.html

1 日・サウジアラビア外相会談

(2)茂木大臣から、油価下落や新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、サウジアラビアが進める脱石油、産業多角化に向けた改革の重要性は増しており、「日・サウジ・ビジョン2030」の枠組みの下、日本が官民挙げて改革努力を後押しする姿勢は揺るがない旨を述べました。これに対し、ファイサル大臣から、サウジアラビアとして改革を力強く進めていく、日本との協力は重要であるとの発言があり、両大臣は、引き続き幅広い分野で両国の戦略的パートナーシップを一層強化していくことで一致しました。

2 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・エネルギー大臣との会談

(1)茂木大臣から、サウジアラビアから日本への原油の安定供給に改めて感謝する、新型コロナウィルス感染症の拡大等を受け、サウジアラビアが進める脱石油、産業多角化に向けた改革の重要性は増しており、「日・サウジ・ビジョン2030」の枠組みの下、エネルギー分野を含め、日本が官民挙げて改革努力を後押しする姿勢は揺るがない旨を述べました。また、先般のG20エネルギー大臣会合において、議長を務めたアブドルアジーズ大臣のリーダーシップにより、循環炭素経済への支持やエネルギーシステム強靱化で一致できたことを高く評価する旨述べました。

「日・サウジ・ビジョン2030」がキーワードですね。
アブドルアジズ・エネルギー相とも会談しています。




参考資料

日・サウジアラビア外相会談及び 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・サウジアラビア・エネルギー大臣との会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page6_000441.html
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 23:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府「見送り決定覆さず」 学術会議の要望書に

政府「見送り決定覆さず」 学術会議の要望書に
https://this.kiji.is/685061671744341089?c=39546741839462401

「政府は、日本学術会議による新会員候補6人の任命を求める要望書に対し「任命を見送った決定は法に基づき適正だ」(政府高官)との立場を堅持する方針だ。首相周辺は3日「決定を覆すことはない」と強調した。」「政府関係者は「要望に応じて見直せば、政府判断が間違っていたと認めることになってしまう」と指摘した。」「一方、別の官邸筋は「世論の批判と野党の追及を見極める必要がある」と語り、今後の展開次第では、追加任命することも排除しない考えをにじませた。」と、10月3日、共同通信が報道した。




政府は、日本学術会議による新会員候補6人の任命を求める要望書に対し「任命を見送った決定は法に基づき適正だ」(政府高官)との立場を堅持する方針。
首相周辺は3日「決定を覆すことはない」と強調した。
要望に応じれば、政府の判断が間違っていることを認めることになる。
菅は追加任命なんてしないだろう。
#日本学術会議への人事介入に抗議する




参考

学術会議、首相に要望書 6人任命と説明求め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477728784.html

日本学術会議 会員の一部任命見送り 野党4党首が追及で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711902.html

学術会議新会員任命見送りは6人 安保法反対の憲法学者ら
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711567.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 00:09| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

学術会議、首相に要望書 6人任命と説明求める

学術会議、首相に要望書 6人任命と説明求める
https://this.kiji.is/685026952327021665?c=39546741839462401

「日本学術会議(梶田隆章会長)は3日、新会員候補6人の任命を拒否した菅義偉首相に対し、理由の説明と6人の任命を求める要望書を幹事会で決定し、内閣府に送付した。極めて異例の対応。梶田氏は幹事会後、記者団に「質問して、しっかり理由を理解したい」と述べた。」「菅首相宛ての要望書は、学術会議が推薦した会員候補者が任命されない理由の説明と、任命されていない人の速やかな任命を求めている。2日午前の総会で梶田氏が提案し、大枠で合意が得られたが、文言の修正などの議論が続いていた。」と、10月3日、共同通信が報道した。




日本学術会議(梶田隆章会長)は3日、新会員候補6人の任命を拒否した菅義偉首相に対し、理由の説明と6人の任命を求める要望書を幹事会で決定し、内閣府に送付した。
菅首相宛ての要望書は、学術会議が推薦した会員候補者が任命されない理由の説明と、任命されていない人の速やかな任命を求めている。
菅は任命してない6人を任命することはないと思います。
納得がいく説明もしないでしょう。
#日本学術会議への人事介入に抗議する




参考資料

「第25期新規会員任命に関する要望書」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo301-youbou.pdf




参考

日本学術会議 会員の一部任命見送り 野党4党首が追及で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711902.html

学術会議新会員任命見送りは6人 安保法反対の憲法学者ら
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711567.html
ラベル:日本学術会議
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂木外相 ポルトガル外相と会談 海洋秩序の維持で協力へ

茂木外相 ポルトガル外相と会談 海洋秩序の維持で協力へ

茂木外相 ポルトガル外相と会談 海洋秩序の維持で協力へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200930/k10012642591000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_050


2020年9月30日のNHKニュースより転載

茂木外務大臣は、訪問先のポルトガルでサントスシルバ外相と会談し、自由で開かれたインド太平洋の実現など、海洋秩序の維持に向けて両国が協力し、今後も緊密に連携していくことを確認しました。

菅内閣の発足後、初めての閣僚の外国訪問としてポルトガルを訪れている茂木外務大臣は、日本時間の30日夜、リスボン市内でサントスシルバ外相とおよそ1時間20分間会談しました。

この中で茂木大臣は、両国は基本的な価値観を共有するパートナーだとして、「海洋秩序の維持に積極的なポルトガルと、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を進めたい」と述べ、サントスシルバ外相も賛意を示しました。

また両外相は、日本とEU=ヨーロッパ連合との経済連携協定が去年発効したことで、両国の経済関係は着実に強化されているとして、経済面での協力をさらに深化させていくことで一致しました。

さらに、拉致問題を含む北朝鮮情勢や、中国が進出を強める南シナ海の問題などについても意見を交わし、今後も緊密に連携していくことを確認しました。

このあと茂木大臣は、共同記者発表を行い、「来年前半のEUの議長国を務めるポルトガルとの協力は重要だ。ポストコロナの世界でこそ、価値を共有する諸国の結束が求められており、ポルトガルと緊密に協力していきたい」と述べました。


茂木敏充とポルトガルのサントスシルバ外相.PNG



9月30日、茂木外務大臣は、訪問先のポルトガルでサントスシルバ外相と会談し、自由で開かれたインド太平洋の実現など、海洋秩序の維持に向けて両国が協力し、今後も緊密に連携していくことを確認した。
また両外相は、日本と日欧EPAが去年発効したことで、両国の経済関係は着実に強化されているとして、経済面での協力をさらに深化させていくことで一致した。

日・ポルトガル外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/page4_005208.html

2 二国間関係
(1)両大臣は、昨年発効した日EU・EPAを踏まえ、日ポルトガル経済関係の更なる拡大のため、緊密に連携していくことで一致しました。

3 国際場裡での協力
(5)サントス・シルヴァ大臣から、日本のICJ裁判官候補である岩澤教授への支持表明があり、茂木大臣から謝意を表しました。




参考資料

日・ポルトガル外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/page4_005208.html
posted by hazuki at 00:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする