2018年04月02日

4月1日、アメリカ産冷凍牛肉の「セーフガード」解除

4月1日、アメリカ産冷凍牛肉の「セーフガード」解除

冷凍牛肉の「セーフガード」解除
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180401/k10011387091000.html
4月1日 5時09分

アメリカ産などの冷凍牛肉に発動された緊急の輸入制限、「セーフガード」は1日に解除されましたが、政府は今後も輸入量の変化を注視することにしています。

政府は去年8月にアメリカ産などの冷凍牛肉について、輸入量が基準を上回ったとして、国際的な貿易ルールに基づいてセーフガードを発動し、関税を従来の38.5%から50%に引き上げました。

農林水産省によりますと、発動からことし2月までのアメリカ産の冷凍牛肉の輸入量は、前の年の同じ時期に比べ8%減少したということです。

今回のセーフガードは法律で定められた期間を終えて1日に解除され、アメリカ産などの冷凍牛肉の関税は元に戻りますが、政府は今後も輸入量の変化を注視することにしています。


冷凍牛肉.PNG



今回のセーフガードは法律で定められた期間を終えて1日に解除され、アメリカ産などの冷凍牛肉の関税は元に戻るが、政府は今後も輸入量の変化を注視することにしている。
セーフガード発動で、50%に引き上げられた関税が従来の38.5%に戻る。
「輸入量が基準を上回ったとして、国際的な貿易ルールに基づいてセーフガードを発動」と報道されて来たが、アラバマ州で狂牛病が発生したことは関係なかったのか。
TPPに参加しない米国は競争上不利になることから、制度の見直しを求めるだろう。
一定程度輸入の歯止め効果はあった。



牛肉セーフガード、あす解除も残る火種 TPPで不利の米国、制度の見直し要求
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180331/mca1803310500001-n1.htm
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180331/mca1803310500001-n2.htm
2018.3.31 06:14




参考

[農林水産省] 輸入牛肉に対するセーフガードを14年ぶり発動 8月1日から米国産冷凍牛肉の関税が38.5%から50.0%に引き上げ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452816851.html




関連

7月18日、アラバマ州で非定型の狂牛病(BSE)発生 米農務省発表! 農林水産省が米国産冷凍牛肉にセーフガード発動したのはBSEが原因か?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452821865.html
ラベル:農林水産省
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法廃止] 種子法廃止後ただす 共産党の紙智子氏 政府の姿勢は無責任

[種子法廃止] 種子法廃止後ただす 共産党の紙智子氏 政府の姿勢は無責任

重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、2017年4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
2017年4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。


種子法廃止後ただす 紙議員 政府の姿勢は無責任
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-03-30/2018033004_04_1.html
2018年3月30日(金)

日本共産党の紙智子議員は23日、参院農林水産委員会で、種子法廃止後の政府の無責任な姿勢を追及しました。

 農水省は、都道府県中心の種子の開発・供給体制が民間企業参入を阻んでいるとして、主要農産物種子法を廃止し、種子に関する通知を出しました。通知は、同法廃止後の都道府県の役割は「民間事業者の参入が進むまでの間、種子の生産に係る知見を維持し、それを民間事業者に対して提供する」と明記しています。

 紙氏は、通知は技術的助言にすぎず、「役割を担う」などというのは地方自治への介入だと批判。種子の品質確認が「入り口規制」から「出口管理」に変わり、品質の信頼性の後退につながると追及しました。柄沢彰政策統括官は「おっしゃる通り」と認めながら、勧告などで対応すると述べるにとどまりました。

 紙氏は、種子法という根拠法がなくなったのに、地方交付税措置を継続できる保証があるのかと質問したのに対し、斎藤健農水相は「総務省で根拠規定がなくても交付税措置をすることを決断いただいた」と説明。紙氏は、同法廃止後、都道府県の対応に混乱が生じているとして、国の役割と責任を明確化するよう要求しました。


紙智子・種子法廃止.PNG



紙智子氏は3月23日、参院農林水産委員会で、種子法廃止後の政府の無責任な姿勢を追及した。
紙氏は、種子法という根拠法がなくなったのに、地方交付税措置を継続出来る保証があるのかと質問したのに対し、斎藤健農水相は「総務省で根拠規定がなくても交付税措置をすることを決断いただいた」と説明。
紙氏は、同法廃止後、都道府県の対応に混乱が生じているとして、国の役割と責任を明確化するよう要求した。
柄沢彰政策統括官の答弁は聞いていて、可笑しい。
紙智子氏の仰る通り、根拠法がなくなった。
今後は、種苗法を参考にする。
種子法廃止で、都道府県は混乱している。
条例を定める都道府県と、条例を定めない都道府県が出て来る。
農業競争力強化支援法も参考にする。
2018年3月23日、農林水産委員会。
紙智子(日本共産党)の参議院インターネット審議中継をご覧下さい。
共産党がUPした動画も見付かりました。
種子法は、2018年4月1日に廃止になりました。
種子法の下、コメや麦、大豆などの主要農作物の種子の維持・開発の為の施策が実施され、農家には安くて優良な種子が、消費者には美味しいコメなどが安定的に供給されて来た。
しかし、規制改革推進会議は、この種子法が民間企業の種子事業への投資を阻害するとして廃止を打ち出し、昨年2月に閣議決定、満足な審議なく昨年4月に国会で廃止が決まってしまった。
種子法廃止により、今後コメなどの種子価格の高騰、地域条件等に適合した品種の維持・開発などの衰退が心配されている。
また、長期的には世界の種子市場を独占する遺伝子組み換え企業が日本の種子市場を支配して行く懸念も指摘されている。
日本の食の安全、食糧主権が脅かされることであり、消費者にとっても大きな問題です。
現在、三井化学の「みつひかり」、住友化学の「つくばSD」、日本モンサントの「とねのめぐみ」は、公共品種の4〜10倍の価格で販売されている。
種子法が廃止されると、コメ農家は、安定して安く入手していた優良品種の籾殻を、民間企業から5〜10倍の価格で購入しなければならなくなる。
モンサントの「とねのめぐみ」、三井化学の「みつひかり」、住友化学の「つくばSD」などの民間が開発したコメを広めるきっかけを作るでしょう。
遺伝子組み換えで有名なモンサントは、除草剤「ラウンドアップ」の発がん性が報告されており、カリフォルニア州は発がん性の表示が義務付けられた




参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年3月23日
農林水産委員会
紙智子(日本共産党)



14分頃〜種子法関連
営農再建へ踏み込め




参考

[種子法廃止] 安倍政権の売国に加担する上念司が「種子法はデマ」とツイート! 業務米不足の問題を取り上げ「おにぎり価格」が上がるとブログで記事を書いた経済評論家をFacebookでシェアし種子法廃止を正当化!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456752678.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第2期締切2018年3月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456537422.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第1期締切2017年11月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454536025.html

[種子法廃止] 産経新聞が主要農作物種子法の廃止を報道「日欧EPAの影響懸念」JA長野県が予算要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453450413.html

[種子法廃止] 鳩山由紀夫元首相が種子法廃止を批判「今後はモンサントなどの多国籍企業に我々の主食までも委ねるのだ」「対米従属極まれり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453349512.html

[種子法廃止] 「第10回 国際オーガニック映画祭」環境考える6作品上映 9月7〜10日、in 鹿児島 2017
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453009173.html

[種子法廃止] 2018年4月に廃止される種子法を見据え、北海道が独自ルール策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452846614.html

[種子法廃止] アゴラの石井孝明が「林修先生に種子法廃止を説明してもいい」と言うので「種子法廃止を賛成の立場で説明して下さい」と質問したら、「パスする」とスルーした後、ブロックして逃走!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452735387.html

アゴラ研究所の池田信夫の子分・石井孝明が種子法廃止を正当化! 工作員が種子法廃止に反対するのは極左暴力団や朝鮮総連と虚偽を流す!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452529386.html

[緊急拡散] パブリックコメント: [種子法廃止] 主要農作物種子法を廃止する法律の施行に伴い、農林水産省が意見公募! 8月5日締切!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452248161.html

[種子法廃止] 「林先生が驚く初耳学!」で林修先生が「種子法廃止」を説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451892815.html

[種子法廃止] 7月3日、「日本の種子(たね)を守る会」発足 「種子法」に代わる法律を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451622340.html

[種子法、2018年4月1日に廃止へ] [福島民報] 種子は大切な資産や資源
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451621568.html

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449118411.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html




関連

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森友で審議遅れ、年度末に9法「駆け込み成立」

森友で審議遅れ、年度末に9法「駆け込み成立」

森友で審議遅れ、年度末に9法「駆け込み成立」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180331-OYT1T50060.html?from=ytop_ylist
2018年03月31日 12時05分

30日の参院本会議では、輸入品の関税に関する「改正関税暫定措置法」など9法が成立した。

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で審議は遅れていたが、新年度の国民生活に支障が生じかねないため、年度末に駆け込み成立となった。

 改正関税暫定措置法は、牛肉やチーズなど約400品目の関税の税率を低く抑える暫定措置を3月末の期限切れから1年間延長するものだ。改正できなければ、牛肉やナチュラルチーズの関税率が上昇し、家計の負担増につながるおそれがあった。改正子ども・子育て支援法も、待機児童対策の財源確保に不可欠だ。NHKの2018年度予算も全会一致で承認された。

 年度内成立が必要な法案の審議は、新年度予算案の衆院通過後、3月中の参院の予算審議の合間に進めるのが通例だ。しかし、森友問題で、野党が約1週間にわたり審議を拒否し、日程が窮屈になった。




3月30日の参院本会議では、輸入品の関税に関する「改正関税暫定措置法」など9法が成立した。
改正関税暫定措置法は、牛肉やチーズなど約400品目の関税の税率を低く抑える暫定措置を3月末の期限切れから1年間延長するもの。
改正子ども・子育て支援法も成立。
NHKの2018年度予算も全会一致で承認された。
改正関税暫定措置法、改正子ども・子育て支援法、NHKの2018年度予算。
その他に成立した法案が分かり難い。

第196回国会 議案の一覧
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm

「第196回国会 議案の一覧」を見ると、「成立」となっている法案がある。

株式会社東日本大震災事業者再生支援機構法の一部を改正する法律案、所得税法等の一部を改正する法律案、地方税法等の一部を改正する法律案、地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案が成立となっている。
posted by hazuki at 00:46| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化

働き方法案6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
https://this.kiji.is/352023584660997217?c=39546741839462401
2018/3/29 20:26

政府が今国会の最重要課題と位置付ける働き方改革関連法案について、4月6日に閣議決定し国会提出する方向で調整していることが29日、分かった。政府案に強く反対する野党側は、規制を強化する独自案を提出する構えで、激しい対立が予想される。

 自民党は同日午前、厚生労働部会などの合同会議を開き、法案の内容を了承した。来週中には公明党でも了承され、与党政策責任者会議で手続きが終わる見通し。厚労省幹部は取材に「早ければ4月6日に提出したい」と述べた。

 野党の強い反発が予想されるため、審議入りの時期は見通せない。今後も6月20日の会期末をにらんだ攻防が続きそうだ。


労働時間等の規定の運用状況.PNG



政府が今国会の最重要課題と位置付ける働き方改革関連法案について、4月6日に閣議決定し国会提出する方向で調整していることが3月29日、分かった。
政府案に強く反対する野党側は、規制を強化する独自案を提出する構えで、激しい対立が予想される。
「高度プロフェッショナル制度」の創設が問題になる。
「高度プロフェッショナル制度」は、労働基準法が定めている時間外・休日労働協定の締結や時間外・休日・深夜の割増賃金の支払義務等の規定を適用除外とするもの。
「高度プロフェッショナル制度」は、労働基準法の改正によって新しく設けようとされている働き方。
「高度プロフェッショナル制度」は自律的な働き方を保証しない一方で、「働かせ過ぎ」に対する歯止めが極めて弱い。
4月下旬に国会提出になりそうと、報道されていたが、来週の金曜日、4月6日に閣議決定し、法案を国会に提出。
6月20日までに成立を急いでいるからでしょう。




参考

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 00:04| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

[TPP11] タイのソムキット副首相 TPP参加の意向を表明

[TPP11] タイのソムキット副首相 TPP参加の意向を表明

タイ副首相 TPP参加の意向を表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180330/k10011384891000.html
3月30日 2時01分

日本を含む11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定について、タイのソムキット副首相はタイ政府として、TPP協定に参加する意向を明らかにしました。

これはタイのソムキット副首相が29日、商業省で開かれた会議後の記者会見で明らかにしました。

この中でソムキット副首相は「われわれは明確にTPP協定への参加を希望する。参加に向けた準備を進めることが重要だ」と述べ、タイ政府として、日本を含む11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定に参加する意向を示しました。

その上で、ソムキット副首相は、商業省に作業部会を設置するとともに協定への参加に向けて、交渉を主導してきた日本政府に協力を求める考えを示しました。

これまでタイ政府は、アメリカがTPP協定から離脱したことなどもあり、日本や中国、それに東南アジア諸国などが合意を目指すRCEP=東アジア地域包括的経済連携の交渉進展に期待を示していました。

しかし、今月、11か国の間でTPP協定の署名式が行われ、今後、各国で発効に向けた手続きが進められる見通しとなる中で、貿易自由化の流れに乗り遅れないためにもTPP協定への参加が必要だと判断したものとみられます。


タイのソムキット副首相.PNG



日本を含む11か国が参加するTPPについて、タイのソムキット副首相はタイ政府として、TPP協定に参加する意向を明らかにした。
貿易自由化の流れに乗り遅れない為にもTPP協定への参加が必要だと判断したものとみられます。
TPP11はTPP16へ拡大しようとしている。
3月29日、ロイターで「Thailand wants to join CPTPP trade pact this year: deputy PM」と報道された。

Thailand wants to join CPTPP trade pact this year: deputy PM
https://www.reuters.com/article/us-trade-tpp-thailand/thailand-wants-to-join-cptpp-trade-pact-this-year-deputy-pm-idUSKBN1H51FO

インドネシア、韓国、フィリピン、台湾、タイがTPP11に参加を検討している。
これはTPP11からTPP16への拡大の動きです。




参考

[TPP11] 韓国、「国益最大化の方向で加盟するかどうか年内決定へ」⇒「6月までに加盟するかどうか決める」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457989595.html

韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457141174.html




関連

英国、TPP参加検討 EU離脱後(フィナンシャル・タイムズ報道)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455987313.html




関連(TPP)

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html
ラベル:タイ
posted by hazuki at 22:34| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間

不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間
https://this.kiji.is/352043847289455713?c=39546741839462401
2018/3/29 20:37

旧優生保護法(1948〜96年)に基づき障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、自民、公明両党の合同ワーキングチーム(WT)は29日、早ければ来年の通常国会に、議員立法による救済法案の提出を目指す方向で検討に入った。

 WTの要請を受け、厚生労働省は4月末にも、被害の実態把握に向けた全国調査を始める。28日には都道府県などに対し、「優生手術台帳」といった関係資料や記録の保全を依頼した。

 ただ、調査には数カ月はかかる見通し。どの程度の情報が集まるか分からず、資料から手術を受けた個人をどこまで特定できるかは不明だ。


旧優生保護法・資料.PNG



旧優生保護法(1948〜96年)に基づき障害者らへの不妊手術が繰り返された問題。
自民、公明両党の合同ワーキングチーム(WT)は29日、早ければ来年の通常国会に、議員立法による救済法案の提出を目指す方向で検討に入った。
超党派の議員連盟は優生手術のヒアリング。
超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久元厚生労働相)が29日、国会内で勉強会を開き、同意なく手術を施された宮城県の70代女性らへのヒアリングを行った。
議連は、当事者が置かれた状況などを把握し、議員立法も含めて補償など具体的な支援の仕組みを検討する。

超党派議連が優生手術ヒアリング 旧保護法下、女性が早期救済要望
https://this.kiji.is/351940160860456033?c=39546741839462401

旧優生保護法の賠償訴訟では国が争う方針を示しているので、期待出来ないが、与党と超党派で、救済の動きです。
来年の通常国会に法案の提出を目指す。




参考資料

不妊手術強制、国を初提訴 「旧優生保護法は違憲」賠償請求
https://this.kiji.is/330889827334145121

旧優生保護法で不妊手術、児童も 宮城県資料、半数以上が未成年
https://this.kiji.is/331000442841908321




参考

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458445381.html

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html
ラベル:公明党 自民党
posted by hazuki at 01:01| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

麻生財務相、森友報道批判を修正 会見では「新聞読まない」

麻生財務相、森友報道批判を修正 会見では「新聞読まない」

麻生財務相、森友報道批判を修正=会見では「新聞読まない」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018033000587&g=pol

麻生太郎財務相は30日午前の参院財政金融委員会で、学校法人「森友学園」をめぐる国内メディアの報道姿勢を批判した前日の答弁について「森友と(TPP11を)比較したのがよろしくない点は反省する」と述べ、修正した。大門実紀史氏(共産)への答弁。

麻生氏は29日の同委で「森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル」と批判していた。
 ただ、麻生氏はこれに先立つ記者会見で報道批判を再び展開した。「新聞は努めて読まないようにしているから詳しくないが、TPP11の扱いは小さかった」と強調。「不正を許したトップとしての自身のレベルをどう考えるか」との質問に、「レベルは自分で判断するものじゃない」といらだちをあらわにする一幕もあった。(2018/03/30-12:13)


麻生太郎・TPPより森友か.PNG



麻生太郎財務相は30日午前の参院財政金融委員会で、森友学園を巡る国内メディアの報道姿勢を批判した前日の答弁について「森友と(TPP11を)比較したのがよろしくない点は反省する」と述べ、修正した。
「新聞は努めて読まないようにしているから詳しくないが、TPP11の扱いは小さかった」と強調。
麻生さんが新聞を読まないことを野党が批判している。
私も新聞は読まないので、どちらかというと麻生さんを擁護する。
TPP11署名式もTPP11関連法案と承認案の閣議決定も新聞の扱いが小さかったのは確かでしょう。
拙ブログでは、TPP11署名式をロイター通信から引用、TPP11関連法案と承認案の閣議決定を共同通信から引用しているので、何れも新聞ではない。
麻生さん、謝罪はしたものの、発言の撤回はしなかった。
新聞のレベルが低いのは確かなので、それで良いと思います。




参考

麻生財務相「TPPより森友か」 連日報道に不満示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458442656.html




関連

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html
ラベル:麻生太郎
posted by hazuki at 23:53| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」

不妊手術、国は争う姿勢 旧優生保護法で初弁論 原告「違憲」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28674040Y8A320C1CR0000/
2018/3/28 10:58

旧優生保護法(1948〜96年)下で知的障害を理由に不妊手術を施された宮城県の60代女性が「重大な人権侵害なのに、立法による救済を怠った」として、国に1100万円の損害賠償を求めた全国で初めての訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁(高取真理子裁判長)で開かれ、国は請求棄却を求めた。

女性の弁護団団長は意見陳述で「子供を生み育てるという自己決定権を奪い取る手術で、憲法で保障された基本的人権を踏みにじるものだ。結婚の機会も奪われるなど、肉体的、精神的苦痛は計り知れない」と旧法の違憲性を指摘。多くの被害者が高齢化しているとして、早期救済を求めた。

国は「当時は合法だった」との立場だが、国会で超党派の議員連盟が発足、厚生労働省が被害の実態把握のための全国調査を決めるなど政治救済の動きも出ている。裁判の行方が注目される。

訴状などによると、女性は15歳だった72年、病院で県の審査会を経て不妊手術を強制された。その後、日常的に腹痛を訴えるなど体調が悪化。不妊手術が理由で縁談も破談になるなど、精神的苦痛を受けた。

 厚労省によると、旧法下で不妊手術を受けた障害者らは約2万5千人で、うち約1万6500人は本人の同意なく施術された。北海道や東京の被害者も提訴する意向を表明したり、検討をしたりしている。〔共同〕


旧優生保護法・訴訟1.PNG



旧優生保護法(1948〜96年)下で知的障害を理由に不妊手術を施された宮城県の60代女性の裁判。
第1回口頭弁論が28日、仙台地裁(高取真理子裁判長)で開かれ、国は請求棄却を求めた。
政治救済の動きも出ているというのに、「当時は合法だった」と、争う姿勢の政府。
人権侵害であり、違憲です。
他に提訴する方々の裁判が気になります。




参考資料

不妊手術強制、国を初提訴 「旧優生保護法は違憲」賠償請求
https://this.kiji.is/330889827334145121

旧優生保護法で不妊手術、児童も 宮城県資料、半数以上が未成年
https://this.kiji.is/331000442841908321




参考

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html
ラベル:仙台地裁
posted by hazuki at 01:26| Comment(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[野党6党提出] 子どもの生活向上へ法案 児童扶養手当を拡充

[野党6党提出] 子どもの生活向上へ法案 児童扶養手当を拡充

子どもの生活向上へ法案=児童扶養手当を拡充−野党6党提出
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032900790&g=pol

立憲民主党、希望の党など野党6党は29日、一人親世帯向けに支給される児童扶養手当の子の対象年齢を20歳未満まで延ばすことを柱とする児童扶養手当法などの改正案を衆院に共同提出した。「子どもの生活底上げ法案」と称し、貧困世帯の子の生活環境の改善を目指す。
 児童扶養手当が支給されるのは、原則一人親世帯で子が18歳になった後の3月まで。野党6党の改正案は、子の年齢条件を20歳未満に延ばし、支給額も1万円増やして月額5万2500円(今年4月以降)とする。年間3回の支給回数も家計のやりくりに配慮して毎月の12回にする。(2018/03/29-16:00)




野党6党は29日、一人親世帯向けに支給される児童扶養手当の子の対象年齢を20歳未満まで延ばすことを柱とする児童扶養手当法などの改正案を衆院に共同提出した。
「子どもの生活底上げ法案」と称し、貧困世帯の子の生活環境の改善を目指す。
児童扶養手当は、年3回(4、8、12月)の支給を隔月に支給することを厚生労働省が検討している。
小まめに受け取れるようにすることで、家計管理を手助けするのが狙い。
一人親家庭への支援を拡充する改正児童扶養手当法が2016年5月2日、参院本会議で可決、成立した。
1人目(月4万2330円)は据え置くが、2人目以降の加算額が最大で倍増し、2人目は月5000円から1万円に、3人目以降は3000円から6000円となった。
児童扶養手当の増額はよいが、1人目からの拡充をしないと貧困率は下がらないといった問題がある。
児童扶養手当を貰っている世帯ではないので、詳しいことは分かりませんが、子が18歳になった後の3月までではダメなのでしょうか。
非課税などの世帯に支給される児童育成手当も、子が18歳になった後の3月までです。
20歳未満まで延ばす必要はあるのでしょうか。
野党6党の中に、日本維新の会は含まれていないでしょう。
身を切る改革の維新ですから。
ばら撒きとも取れる法案の可決・成立は難しい。




参考資料

児童扶養手当
https://mainichi.jp/ch151020984i/%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%89%B6%E9%A4%8A%E6%89%8B%E5%BD%93
posted by hazuki at 00:34| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

麻生財務相「TPPより森友か」 連日報道に不満示す

麻生財務相「TPPより森友か」 連日報道に不満示す
https://this.kiji.is/351936386130232417?c=39546741839462401
2018/3/29 13:01

麻生太郎財務相は29日の参院財政金融委員会で、連日報道されている森友学園を巡る決裁文書改ざん問題に関連し「森友の方が環太平洋連携協定(TPP)より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル」と発言した。報道姿勢に不満を示したとみられる。

 麻生氏は、最近の新聞報道で森友問題に比べTPPに関する記事が少ないことに言及し「日本の新聞のレベルはこんなもんだと思って経済部のやつにぼろかす言った覚えがある」と話した。


麻生太郎・TPPより森友か.PNG



麻生太郎財務相は29日の参院財政金融委員会で、連日報道されている森友学園を巡る決裁文書改ざん問題に関連し「森友の方が環太平洋連携協定(TPP)より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル」と発言した。
TPP11関連法案と承認案が閣議決定されたのに、森友ばかりのマスコミ。
マスコミはTPP11の署名式すら、まともに報道しなかった。
後半国会ではTPP11関連法案と承認案が可決・成立する。
TPP11の発効を急いでいる各国。
TPP11はTPP16に拡大しようとしている。
海外のマスコミは報道するが、日本のマスコミは報道しない。
森友ばかり報道するのを止めて、TPP11も報道すべき。




関連

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html
ラベル:麻生太郎
posted by hazuki at 23:13| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年度予算成立 過去最大97.7兆円、「人づくり革命」計上 社会保障・防衛費が拡大

2018年度予算成立 過去最大97.7兆円、「人づくり革命」計上 社会保障・防衛費が拡大

18年度予算成立=過去最大、「人づくり革命」計上
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032800791&g=pol

一般会計総額が97兆7128億円と過去最大の2018年度予算が28日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。憲法の衆院優越規定による自然成立の期限が29日に迫っていた。これに先立ち、参院予算委員会は同予算を与党などの賛成多数で可決した。

安倍晋三首相は、予算成立を受けて国会内で記者団に「速やかに執行し、景気回復の暖かい風を小規模事業者、中小企業、地方に届けたい」と強調。野党が徹底解明を求める学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題に関しては「調査を徹底し全容を明らかにしてうみを出し切り、二度と起こらぬよう組織を立て直したい」と語った。
 18年度予算は、首相の看板政策「人づくり革命」などの関連施策を計上。待機児童対策や教育無償化が柱となる。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や長距離巡航ミサイルの導入経費も盛り込んだ。予算が過去最大を更新するのは6年連続。
 後半国会の焦点は、財務省文書改ざん問題とともに、「働き方改革」関連法案や、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案などに移る。受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案も議論される。(2018/03/28-21:08)


麻生太郎と安倍晋三・予算.PNG



一般会計総額が97兆7128億円と過去最大の2018年度予算が28日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
憲法の衆院優越規定による自然成立の期限が29日に迫っていた。
これに先立ち、参院予算委員会は同予算を与党などの賛成多数で可決した。
社会保障費は32兆9732億円と17年度比4997億円増えた。
2018年度は医療・介護のサービスの公定価格にあたる診療報酬・介護報酬の改定が重なる6年に1度のタイミングとなった。
診療報酬の薬価部分や介護報酬は引き下げたが、高齢者の増加が響き、社会保障費の膨張に歯止めがかからなかった。
防衛費も5兆1911億円で社会保障と同様、過去最大を更新した。
政府の看板政策である「人づくり革命」では保育の受け皿整備や保育士の賃上げ費用を計上した。
予算が成立。
3月29日以降の後半国会が気になります。
働き方改革関連法案、PFI方改正案、水道法改正案などの重要法案が議論される。




参考資料

18年度予算が成立 過去最大97.7兆円 社会保障・防衛費が拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28690270Y8A320C1MM8000/

平成30年度予算政府案
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2018/seifuan30/index.htm

予算書・決算書データベース 平成30年度予算書関連
http://www.bb.mof.go.jp/hdocs/bxss010bh30.html
posted by hazuki at 01:20| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

安倍首相、経済危機ない限り消費増税 景気対応も強調、参院予算委で

安倍首相、経済危機ない限り消費増税 景気対応も強調、参院予算委で

首相、経済危機ない限り消費増税 景気対応も強調、参院予算委で
https://this.kiji.is/351676923623015521?c=39546741839462401
2018/3/28 19:37

安倍晋三首相は28日の参院予算委員会で、リーマン・ショック級の経済危機がない限り、2019年10月に消費税率を10%へ引き上げる考えを改めて示した。「予定通り引き上げていくのが政府の方針」と語った。

 14年4月の税率8%への引き上げで消費が冷え込んだ経験を踏まえ、景気への悪影響を避けるため「しっかりと対応を取っていきたい」と強調した。

 日銀の黒田東彦総裁は税率8%への引き上げ時を振り返り「やや(消費の)駆け込みと反動減の大きさを過小評価していたと反省している」と述べた。


安倍晋三・参院予算委.PNG



安倍首相は28日の参院予算委員会で、リーマン・ショック級の経済危機がない限り、2019年10月に消費税率を10%へ引き上げる考えを改めて示した。
「予定通り引き上げていくのが政府の方針」と語った。
与野党が3月27日の佐川の問題を取り上げる中、安倍首相は消費税は予定通り、引き上げると発言したようです。
誰の質疑に対する答弁なのか気になります。




参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年3月28日
予算委員会
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 22:32| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[米韓FTA] 米韓FTAの再交渉が大筋合意 米国、韓国の通貨安誘導禁止 日本にも要求する可能性

[米韓FTA] 米韓FTAの再交渉が大筋合意 米国、韓国の通貨安誘導禁止 日本にも要求する可能性

米、韓国の通貨安誘導禁止 FTA再交渉合意 日本に要求も
https://this.kiji.is/351550214049219681?c=39546741839462401
2018/3/28 12:21

【ワシントン共同】トランプ米政権は27日、韓国との自由貿易協定(FTA)再交渉で、輸出増に向けた自国通貨の安値誘導を禁止することで合意したと発表した。韓国は自国通貨のウォンを売りドルなどの外貨を買う為替介入が極めて難しくなる見通しだ。韓国に対する貿易赤字削減を目指すトランプ大統領の意向を強く反映した。

 米国との貿易で巨額の黒字を稼ぐ日本にも、鉄鋼輸入制限の除外を取引材料に通貨安誘導禁止を要求する可能性がある。

 米韓は通貨安誘導禁止をFTAの付属文書に明記する方向だ。

 トランプ政権はFTA再交渉が大筋合意に達したことも発表した。韓国側が発表した内容と同じ。




26日、米韓FTAの再交渉が大筋合意に至った。
米国が発動した鉄鋼などの輸入制限の対象国から、韓国を除外することで合意した。
トランプ政権は27日、米韓FTA再交渉で、輸出増に向けた自国通貨の安値誘導を禁止することで合意したと発表した。
韓国に対する貿易赤字削減を目指すトランプ大統領の意向を強く反映した。
米国との貿易で巨額の黒字を稼ぐ日本にも、鉄鋼輸入制限の除外を取引材料に通貨安誘導禁止を要求する可能性がある。
米韓FTAの大筋合意を足がかりに、日本にも日米FTAの締結を要求する圧力を強める可能性がある。
自国通貨の安値誘導を禁止することを要求し、韓国のように鉄鋼輸入制限の除外となるか。




参考資料

米韓FTAの再交渉が大筋合意 鉄鋼輸入制限から除外
https://this.kiji.is/350839406842610785?c=39546741839462401




参考

[米韓FTA] 再交渉へ トランプ米政権が押し切る 韓国受け入れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453994466.html

[米韓FTA] 米韓FTA破棄、当面見送り 北朝鮮緊迫でトランプ政権
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453293155.html

[米韓FTA] ライトハイザーUSTR代表、米韓FTA見直し協議の妥結に期待
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453269828.html

[米韓FTA] 韓国通商担当省庁トップ白雲揆(ペク・ウンギュ)長官「廃棄の可能性も検討」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453269004.html

[米韓FTA] 韓国とのFTA破棄検討 トランプ政権、9月5日にも判断
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453228811.html

[米韓FTA] 韓国、米韓FTA見直し要求拒否 米国との特別合同委員会、平行線
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452905923.html

[米韓FTA] 米韓両政府、FTA見直し巡り協議開始 韓国は午後記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452895495.html

【速報】 米国、韓国政府を提訴!ISD条項を発動か 「韓国は巨額賠償しなければならない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/303496636.html




関連

[3月23日、米輸入制限発動] ライトハイザーUSTR代表、日本には適用 除外は7カ国・地域⇒世耕弘成経産相、輸入制限からの除外を働きかけ続ける
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458264527.html
ラベル:米韓FTA
posted by hazuki at 21:10| Comment(0) | FTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2017年10月16日発表] BASF(バスフ)、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について合意⇒[2018年3月7日] BASF、バイエルの野菜種子事業の取得について同社と独占的に協議

[2017年10月16日発表] BASF(バスフ)、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について合意⇒[2018年3月7日] BASF、バイエルの野菜種子事業の取得について同社と独占的に協議

BASF、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について合意
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP460298_W7A011C1000000/
2017/10/16 11:45

発表日:2017年10月16日

この資料はBASF本社が2017年10月13日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。

BASF、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意

■農業関連製品のポートフォリオを拡充、強化

 ■特定の国での主要な穀物や綿花などの作物に対する魅力的かつ集中的なポートフォリオの追加

 ■BASFの農業、イノベーション、長期的な成長へのコミットメントを象徴

BASFはこの度、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意しました。バイエルはモンサント買収の計画の一環としてこれら事業の売却を検討しています。今回の合意に基づく買収金額は、59億ユーロ(取引実行時に調整の可能性あり)であり、全額現金取引となります。

 買収の対象となるのは、Liberty(R)、Basta(R)、Finale(R)のブランド名で販売されているグルホシネート・アンモニウムを用いた非選択性除草剤のグローバル事業と、北米において販売されているLibertyLink(R)の技術を用いて開発したキャノーラ交配種(ブランド名:InVigor(R))や、主に欧州で販売されている菜種、南北アメリカ・欧州で販売されている綿花、南北アメリカで販売されている大豆など、特定の市場の主要な穀物や綿花などの作物に対する種子事業が含まれます。またこの取引にはこれらの作物に関するバイエルの形質研究、および育種技術、LibertyLink(R)の技術及びその商標も含まれます。

 2016年通期におけるこれら事業のバイエルにおける売上高は約13億ユーロで、利息・税金・償却控除前利益(EBITDA)は約3億8,500万ユーロです。今回の取引は、バイエルによるモンサントの買収取引の実行および各国規制当局による承認が条件とされており、これらを経た上で、2018年第1四半期に完了する見込みです。

「この投資により、BASFは主要な穀物や綿花などの作物および重要な市場にとって非常に魅力的な資産を得ることとなります。本買収はBASFの既存の農薬事業およびバイオテクノロジー分野の活動を戦略的に補完するものであり、これによりBASFの製品ポートフォリオの重要な柱である農業関連製品群はより強固なものとなります」とBASF 取締役会会長のDr.クルト・ボックは述べています。

 本買収は、除草剤ポートフォリオの拡充と、価値ある資産を保有しての主要な市場の種子事業への参入という点でBASFの農薬事業を補完します。「優秀な新しい仲間を迎え、拡充されたポートフォリオのもと、BASFは生産者の皆さんの高品質な種子や化学農薬・生物農薬へのニーズに対するより幅広いソリューションを提供してまいります。この取引はまた、グローバルなイノベーション創出の可能性と、私たちの将来の成長に新たな機会をもたらすものです」とBASF取締役で農業関連製品事業を管轄するサオリ・デュボーグは述べています。

 この取引により、現在バイエルにて同事業のセールス関連業務、研究開発、育種および生産に携わる1,800名以上の社員がBASFに転籍することとなります。これらの社員の主な所在地は米国、ドイツ、ブラジル、カナダおよびベルギーです。さらにBASFはドイツ、米国、カナダのグルホシネート・アンモニウムの生産および製剤工場、南北アメリカおよび欧州の育種施設、また米国および欧州の形質研究施設も取得します。

「新たな仲間をBASFに迎えることを非常に楽しみにしています。豊富な経験を持ち、熱心で士気の高いプロフェッショナルの方々が、農薬や種子、形質におけるその専門性を持って私たちの組織をより豊かにしてくれることを確信しています。ともにBASFの長期的な成功を形づくるとともに、世界中の農業生産者のニーズに応えていきます」とBASF農薬事業部門プレジデントのマルクス・ヘルドは述べています。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460298_01.pdf



バイエルの野菜種子事業取得で独占的に協議 BASF
http://www.jacom.or.jp/nouyaku/news/2018/03/180312-34813.php
2018.03.12

BASF(本社:ドイツ)はNunhems(R)ブランドで世界的に販売されているバイエルの野菜種子事業の買収について、最終的な合意に向けてバイエルと独占的に協議していることを3月7日に明らかにした。

BASFによれば、バイエルはモンサント買収の計画の一環としてこの事業の売却を検討しており、両社は最終的な合意に向けて独占的に協議しているという。この取引により、BASFは将来的に種子事業と農業関連製品における市場地位を強化できるとしている。
 バイエルの種子事業と非選択性除草剤買収で合意 BASF(17.10.16)で既に報じているように、昨年10月13日に、BASFはバイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意している。


BASF.PNG



この資料はBASF本社が2017年10月13日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したもの。
BASF、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意。
EUの欧州委の懸念に対応する為、バイエルは2017年10月、ライバル企業である欧州化学最大手の独BASFに農薬・種子事業の一部を59億ユーロで売却する譲歩案を提示。
それでもEUの欧州委が十分でないと判断し、2018年3月はじめにはBASFに更に野菜種子事業も売却することを表明。
BASFはNunhems(R)ブランドで世界的に販売されているバイエルの野菜種子事業の買収について、最終的な合意に向けてバイエルと独占的に協議していることを3月7日に明らかにした。
BASFによれば、バイエルはモンサント買収の計画の一環としてこの事業の売却を検討している。
バイエルのモンサント買収の計画で、ドイツのBASFの問題が出て来たので、報告です。




参考資料

BASF、バイエルの野菜種子事業の取得について同社と独占的に協議
https://www.basf.com/jp/ja/company/news-and-media/news-releases/global/2018/03/p-18-137.html

BASF、バイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意
https://www.basf.com/jp/ja/company/news-and-media/news-releases/global/2017/10/p-17-336.html




参考

3月21日、独バイエルのモンサント買収、EUの欧州委が承認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458378170.html




関連

ドイツの化学メーカー・BASFとスイスのシンジェンタもバイエルの資産買収に名乗り 2017年6月12日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452957878.html
posted by hazuki at 15:43| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

3月21日、独バイエルのモンサント買収、EUの欧州委が承認

3月21日、独バイエルのモンサント買収、EUの欧州委が承認

独バイエルのモンサント買収、欧州委が承認
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28407000R20C18A3TJC000/
2018/3/21 21:34

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は21日、医薬・農薬大手の独バイエルによる種子大手の米モンサントの買収を承認した。バイエルは2016年9月に買収で合意したが、EU競争法(独占禁止法)に違反する懸念があるとして欧州委が調査に入り、買収完了が遅れていた。世界的な農薬・種子業界の大型再編が実現に向けて前進する。

 バイエルのヴェルナー・バウマン最高経営責任者(CEO)は欧州委の承認を受けて「大きな成功であり、重要な節目だ」との声明を公表した。18年4〜6月期の買収完了を目指す方針を示した。

 バイエルは16年9月にモンサントを約660億ドル(約7兆円)で買収することで合意していた。だが農薬や種子などの分野で競争が妨げられ、販売価格の上昇や技術革新の停滞につながる懸念があるとして、欧州委が17年夏に本格的な調査に着手。バイエルが当初は17年中とみていた買収完了が大きく後ずれする事態となっていた。

 欧州委の懸念に対応するため、バイエルは17年10月、ライバル企業である欧州化学最大手の独BASFに農薬・種子事業の一部を59億ユーロで売却する譲歩案を提示。それでも欧州委が十分でないと判断し、18年3月はじめにはBASFにさらに野菜種子事業も売却することを表明。欧州委はこうした事業売却を条件に買収を承認した。


多国籍企業の合併・統合の推移.PNG
出典: アグロ多国籍企業の統合ー巨大化する世界の農薬企業(http://www.jacom.or.jp/nouyaku/closeup/2016/160706-30320.php )
化学業界では世界規模の再編が加速.PNG
出典: 中国、巨大化学へ国有大手2社合併案 欧米に対抗 農薬強み、売上高10兆円超
(http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08399410U6A011C1FFE000/ )




EUの欧州委員会は21日、医薬・農薬大手の独バイエルによる種子大手の米モンサントの買収を承認した。
買収完了が遅れていた。
世界的な農薬・種子業界の大型再編が実現に向けて前進する。
バイエルのヴェルナー・バウマン最高経営責任者(CEO)は、2018年4〜6月期の買収完了を目指す方針を示した。
ライバル企業でドイツの老舗、BASF(バスフ)に関する報道もされています。
バイエルのモンサント買収、間もなく完了しそうです。




参考資料

独医薬品大手バイエルはなぜモンサントを買収するのか?=三橋貴明
http://www.mag2.com/p/money/36572

バイエルとモンサント、トランプ氏に合併の利点アピール
http://jp.wsj.com/articles/SB10558161838683014507104582554023865733842




参考

EUの欧州委員会、独バイエルの米モンサント買収巡り本格調査! 2016年9月、バイエルはモンサント買収に660億ドル(約7.2兆円)で合意を発表!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452950672.html




関連

ドイツの化学メーカー・BASFとスイスのシンジェンタもバイエルの資産買収に名乗り 2017年6月12日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452957878.html
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連

TPP11、法案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
https://this.kiji.is/351185116804858977?c=39546741839462401
2018/3/27 11:03

政府は27日、米国を除く11カ国で署名した環太平洋連携協定(TPP)の発効に必要な関連法案と新協定の承認案を閣議決定した。国会審議を経て6月20日までの会期中の成立を目指す。政府は各国に先駆けて国内手続きを進め、今年末から来年の早い時期にTPPを発効させたい考えだ。法案は著作権法や畜産物価格安定法など関連10法が対象で、知的財産の保護や畜産農家支援などを実施する。

 米国の鉄鋼輸入制限など保護主義台頭の懸念が世界的に高まっており、茂木敏充経済再生担当相は閣議後の会見で「TPPの合意は自由貿易を推進する観点から画期的な成果だ」と強調した。


TPP11閣議決定.PNG
TPP11について
https://www.cas.go.jp/jp/tpp/tpp11/index.html#houritu



平成30年3月27日(火)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018032701.html

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について国会の承認を求めるの件(決定)

(外務省)

環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案(決定)

(内閣官房・公正取引委員会・財務・文部科学・厚生労働・農林水産・経済産業省)




森友スピン報道。
佐川はおとり。
政府は27日、米国を除く11カ国で署名したTPPの発効に必要な関連法案と新協定の承認案を閣議決定した。
国会審議を経て6月20日までの会期中の成立を目指す。
3月中にTPP関連法案と承認案を国会に提出すると報道されていた。
3月27日、TPP11閣議決定。
法案は著作権法や畜産物価格安定法など関連10法が対象で、知的財産の保護や畜産農家支援などを実施する。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html




参考

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] 米再交渉なら影響深刻 共産党の紙智子氏、TPP復帰示唆に懸念

[TPP11] 米再交渉なら影響深刻 共産党の紙智子氏、TPP復帰示唆に懸念

米再交渉なら影響深刻 紙氏、TPP復帰示唆に懸念
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-03-23/2018032302_03_1.html
2018年3月23日(金)

日本共産党の紙智子議員は22日の参院農林水産委員会で、米トランプ大統領が再交渉を前提に復帰の考えを示している環太平洋連携協定(TPP)などをあげ、米国の圧力で日本の農産物のさらなる自由化が進む危険性を追及しました。

 紙氏は、米側がTPPの再交渉を求めてきたら応じるのかと質問。斎藤健農水相は、米国を除く11カ国の「TPP11」(8日署名)の発効をめざすと述べる一方、TPPの再交渉に応じるかどうかは「留保したい」と答弁を避けました。米国とは「日米経済対話で議論を進める」と述べました。

 紙氏は、TPP再交渉となればいっそうの自由化が迫られ、日本の農林漁業への影響は深刻になると警告。TPP11についても、農産物の開放を求める米側との関係で影響を受けると指摘したのに対し、斎藤氏は「日米経済対話で議論を進める」と繰り返し答弁。

 紙氏は、昨年10月の日米経済対話で米アイダホ産バレイショに対する制限解除で輸入を認めたことをあげ、「知らないところで勝手に自由化を進めている。『生産者の努力に水を差すものだ』と怒りの声が出ている」と批判し、歯止めなき自由化の中止を求めました。


紙智子・共産党.PNG



3月22日の参院農林水産委員会。
紙智子氏は、トランプ大統領が再交渉を前提に復帰の考えを示しているTPPなどを挙げ、米国の圧力で日本の農産物の更なる自由化が進む危険性を追及した。
紙氏は、TPP再交渉となればいっそうの自由化が迫られ、日本の農林漁業への影響は深刻になると警告。
紙智子氏の言う通り、TPP再交渉となれば、いっそうの自由化が迫られる。
昨年10月の日米経済対話で米アイダホ産バレイショに対する制限解除で輸入を認めたことは知りませんでした。
知らないところで勝手に自由化を進めている。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年3月22日
農林水産委員会

紙智子(日本共産党)



米再交渉なら影響深刻




参考

米TPP復帰、他の通商関係の目標達成後に検討の公算 ムニューシン財務長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458234299.html

米国、TPP再交渉を要求 トランプ大統領、復帰の条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457136230.html

ペンス米副大統領、TPP復帰の可能性に改めて言及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456737864.html

TPP「完全拒否はしていない」 ティラーソン米国務長官、復帰に含み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456706767.html

米国がTPP復帰検討 トランプ氏、再交渉条件に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456510103.html




関連(TPP)

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html
ラベル:紙智子
posted by hazuki at 00:48| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

[指定暴力団NHK] ワンセグ受信料契約、NHK側が逆転勝訴

[指定暴力団NHK] ワンセグ受信料契約、NHK側が逆転勝訴

ワンセグ受信料契約、NHK側が逆転勝訴
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3326520.html
7時間前

ワンセグ機能付きの携帯電話を持つ人にNHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた裁判で、東京高裁はNHK側の逆転勝訴を言い渡しました。

 この裁判は埼玉県の男性がテレビを視聴できるワンセグ機能付きの携帯電話について「放送の受信を目的とするものではなく、受信料契約の義務はない」と訴えていたものです。一審のさいたま地裁は「契約義務はない」とする判決を言い渡し、NHK側が控訴していました。

 26日の判決で、東京高裁は一審の判決を取り消し、「受信設備の設置には『携帯電話』の意味も含まれ、契約義務がある」として、NHK側の逆転勝訴を言い渡しました。


指定暴力団NHK.PNG



埼玉県の男性がテレビを視聴出来るワンセグ機能付きの携帯電話について「放送の受信を目的とするものではなく、受信料契約の義務はない」と訴えていた裁判。
26日の判決で、東京高裁は一審の判決を取り消し、「受信設備の設置には『携帯電話』の意味も含まれ、契約義務がある」として、NHK側の逆転勝訴を言い渡した。
携帯電話はテレビが視聴出来るワンセグはダメですね。
受信設備の設置には携帯電話の意味も含まれるとNHK。
埼玉県の男性(埼玉県朝霞市議)は上告して欲しいです。
東京高裁(深見敏正裁判長)の名前を忘れないように。



ワンセグ受信料にNHK契約義務 埼玉・朝霞市議、逆転敗訴
https://this.kiji.is/350831098655835233?c=39546741839462401
2018/3/26 11:37



NHKワンセグ受信料裁判【逆転敗訴】最高裁に上告します!




参考

NHK受信契約最高裁判決 判決文ではNHKは敗訴している 弁護士出身の裁判官1人が反対意見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455391219.html

NHK受信料制度「合憲」 最高裁大法廷が初判断 テレビ設置以降の支払い命じる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455368230.html

NHK受信料、憲法判断へ 放送法で「契約義務」 11月6日大法廷判決・最高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455307356.html

愛知のラブホテルの経営者団体が受信料集金の委託料求めて名古屋地裁岡崎支部にNHKを提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451534976.html

NHK受信料、入居者に支払い義務 テレビ付き物件で逆転敗訴 東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450405870.html

NHK契約、ワンセグ携帯も必要…水戸地裁判決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450394281.html

「NHK受信料19億円払え」東横インに過去最高の支払い命令 東京地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448535534.html

NHKの受信料をめぐる訴訟 最高裁判所、大法廷で判断へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443474390.html

ワンセグ携帯、NHK受信料不要 さいたま地裁、契約義務なし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441381328.html

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料1310円支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接して司法判断仰ぐ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440285937.html

「テレビ故障」認める判決…NHK受信料“解約ラッシュ”の可能性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425780741.html

受信料支払い訴訟でNHK敗訴 連勝だった裁判の今後は?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417449166.html

NHK受信契約締結認めず 松戸簡裁、支払い請求棄却
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417358815.html

[ベンジャミン・フルフォード氏] CIAは国防総省によって監禁状態ではあるがしかし、徒党の抵抗資金はまだ残っている
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414861798.html



NHK受信料を巡る裁判に関しては、抜けている記事があります。
裁判所のカテゴリーに記事があるので、探してみて下さい。


裁判所カテゴリー
http://hazukinoblog.seesaa.net/category/14079452-1.html
ラベル:東京高裁
posted by hazuki at 23:13| Comment(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉進次郎氏「信頼なくして憲法改正なしですよね。総理自ら今日、(文書改ざん問題の)徹底的な究明をやっていくと、その言葉どおりの行動が行われていくと期待している」

小泉進次郎氏「信頼なくして憲法改正なしですよね。総理自ら今日、(文書改ざん問題の)徹底的な究明をやっていくと、その言葉どおりの行動が行われていくと期待している」

小泉氏「信頼なくして改憲なし」=改ざん、首相対応見守る意向
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032500318&g=pol

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は25日、安倍晋三首相が党大会で憲法9条改正に強い意欲を表明したことに関し、「賛成だという機運が高まらなければ、国民投票は楽ではない。信頼なくして憲法改正なしだ」と述べ、学校法人「森友学園」に関する財務省文書改ざん問題で失った国民の信頼回復を優先すべきだとの考えを示した。大会後、記者団の質問に答えた。
 小泉氏は改ざん問題について「政と官のあるべき距離感、自民党の在り方、ポスト平成の政治の形とは何なのかという平成の政治史に残る大きな事件と向き合っている」との認識を表明。「徹底的な究明をやっていくとの言葉通りの行動を期待する」と述べ、首相の対応を見守る考えを示した。(2018/03/25-17:10)


小泉進次郎・自民党大会.PNG



自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は25日、安倍首相が党大会で憲法9条改正に強い意欲を表明したことに関し、「賛成だという機運が高まらなければ、国民投票は楽ではない。信頼なくして憲法改正なしだ」と述べ、森友学園に関する財務省文書改ざん問題で失った国民の信頼回復を優先すべきだとの考えを示した。
朝日新聞では「小泉進次郎氏「平成政治史に残る大事件」森友文書改ざん」との見出しで報道されています。
小泉進次郎の発言に注目ですね。
スケジュールありきだった自民党の今国会での改憲発議の具体的な時期は分からない。




参考

[自民党大会] 改ざん問題で憲法改正の道筋つかず 安倍首相「行政全般の最終的な責任は、内閣総理大臣である私にあります。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458322240.html
ラベル:小泉進次郎
posted by hazuki at 01:54| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[自民党大会] 改ざん問題で憲法改正の道筋つかず 安倍首相「行政全般の最終的な責任は、内閣総理大臣である私にあります。」

[自民党大会] 改ざん問題で憲法改正の道筋つかず 安倍首相「行政全般の最終的な責任は、内閣総理大臣である私にあります。」

自民党大会、改ざん問題で憲法改正の道筋つかず
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3326038.htm
25日 15時48分

自民党は25日、党大会を開き、安倍総理が憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正に改めて意欲を示しました。しかし、文書改ざん問題で「安倍一強」の構図に陰りが見えていて、憲法改正の道筋はまったくついていません。

 森友学園をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題で内閣支持率が急落する中、安倍総理は演説の冒頭、「最終的な責任は私にある」と述べ、謝罪しました。

 「行政全般の最終的な責任は、内閣総理大臣である私にあります。改めて国民の皆さまに深くおわびを申し上げる次第です」(安倍首相)

 さらに安倍総理は、改ざん問題の全容を解明すると強調しました。

 「信頼なくして憲法改正なしですよね。総理自ら今日、(文書改ざん問題の)徹底的な究明をやっていくと、その言葉どおりの行動が行われていくと期待している」(自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長)

 正念場を迎えている安倍総理ですが、党総裁としての挨拶の中で、改めて憲法改正に意欲を示しました。

 「(9条に)自衛隊を明記し、この状況に終止符を打ち、違憲論争に終止符を皆さん打とうではありませんか」(安倍首相)

 当初は今国会での憲法改正の発議も目指してきた自民党ですが、森友学園をめぐる文書改ざん問題が発覚し、困難になったという見方が与党内にも急速に広がっています。25日の二階幹事長の報告でも、発議の具体的な時期には触れませんでした。

 9月に予定される総裁選で出馬が取りざたされる「ポスト安倍」の有力候補は・・・。

 「(総裁選に)立候補した人が、それぞれの思いを述べて、党員の厳粛な審判を仰ぐ。そういう総裁選であってほしい」(自民党・石破茂元幹事長)

 「党として一致結束、国民の信頼に応えるべく、努力をしなければならない時期だと思う。その先については今のところ何も決めていない」(自民党・岸田文雄政調会長)

 「安倍一強」に陰りが見える中、文書改ざん問題の推移を見極めようと、今のところは沈黙。27日には佐川前国税庁長官の証人喚問が衆参両院で行われます。

 内閣支持率が急落する中、安倍総理は国民の信頼を取り戻すことができるのか、26日からそのヤマ場を迎えます。


安倍晋三・自民党大会.PNG



自民党大会。
安倍首相が憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正に改めて意欲を示したが、文書改ざん問題で「安倍一強」の構図に陰りが見えていて、憲法改正の道筋はまったくついていない。
安倍首相は演説の冒頭、「最終的な責任は私にある」と述べ、謝罪した。
今国会での憲法改正の発議も目指して来た自民党。
森友学園を巡る文書改ざん問題が発覚し、困難になったという見方が与党内にも急速に広がっている。
スケジュールありきの自民党の改憲発議。
今国会では難しくなった。
安倍首相の総裁3選は難しい。



安倍首相「違憲論争に終止符」=9条最重視、改正へ決意−森友改ざん陳謝・自民大会
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032500109&g=pol
(2018/03/25-15:45)
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 01:30| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする