2019年12月03日

「国立大は非積極的」と萩生田光一文科相 英語民間試験の利用見送りで

「国立大は非積極的」と萩生田光一文科相 英語民間試験の利用見送りで

「国立大は非積極的」と文科相 英語民間試験の利用見送りで
https://this.kiji.is/574420205654017121?c=39546741839462401
2019/12/3 11:20 (JST) 12/3 11:30 (JST)updated

 萩生田光一文部科学相は3日の閣議後記者会見で、文科省による大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入見送りを受け、国立大の多くが民間試験の利用を取りやめたことについて「ずいぶん非積極的だなと思った」と述べた。

 萩生田氏は「読む・聴く・書く・話す」の4技能を伸ばす観点から民間試験の導入を進めてきたとし「やると言っていた大学がいっぺんにやらなくなると、間違ったメッセージになる可能性がある」と懸念を示した。「取り組めなかったさまざまな理由があるのかなと思う」とも述べ、今後、各大学の考えを確認するとした。





萩生田光一文部科学相は3日の閣議後記者会見で、文科省による大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入見送りを受け、国立大の多くが民間試験の利用を取りやめたことについて「ずいぶん非積極的だなと思った」と述べた。
今後、各大学の考えを確認するとした。
ベネッセの英語試験ですし、そんなものでしょう。




参考

英語民間試験、来年度の導入延期
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471286027.html
ラベル:萩生田光一
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:38| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 12月3日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル防衛協定を可決 野党反対

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 12月3日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル防衛協定を可決 野党反対

参院委、日米貿易協定案を可決 野党反対、あす成立へ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120300634&g=pol
2019年12月03日13時14分

 参院外交防衛委員会は3日午後、政府・与党が今国会の最重要課題と位置付ける日米貿易協定承認案を与党などの賛成多数で可決した。与党は4日の参院本会議で成立させる方針だ。

 同協定は、日本が米国産の牛肉や豚肉などの関税を環太平洋連携協定(TPP)の水準まで引き下げ、米国は日本製工業品などの関税を撤廃・削減するのが柱。日米両政府は2020年1月の発効を目指している。
 立憲民主党など主要野党は、米国が自動車・同部品の関税撤廃時期を定めていないとして批判し、承認案に反対した。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年12月3日
外交防衛委員会
約2時間48分

案件

政府参考人の出席要求に関する件
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)

発言者一覧

北村経夫(外交防衛委員長)
佐藤正久(自由民主党・国民の声)
舟山康江(立憲・国民.新緑風会・社民)
秋野公造(公明党)
鈴木宗男(日本維新の会)
井上哲士(日本共産党)
伊波洋一(沖縄の風)
北村経夫(外交防衛委員長)
小西洋之(立憲・国民.新緑風会・社民)
井上哲士(日本共産党)
伊波洋一(沖縄の風)


小西洋之・日米FTA・反対討論.PNG

井上哲士(日本共産党)・日米FTA・反対討論.PNG

伊波洋一・日米FTA・反対討論.PNG



12月3日、参院外交防衛委員会。
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件とデジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を議題とした。
質疑を行った。

自民党の佐藤正久氏は、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質問をしなかった。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定に賛成の立場だと言った。

舟山康江(立憲・国民.新緑風会・社民)氏は日米貿易協定の質問をした。
日米貿易協定はTAGか?
茂木) 物品の貿易。日米デジタル貿易協定とは分けた。
日米貿易協定は範囲を広げるのか?
茂木) そんなことはございません。すべての分野を対象にしたものではない。どの分野を対象にしても、日本の国益に反することはしない。

公明党の秋野公造氏は、日米デジタル貿易協定の第13条について質問した。
13条には金融サービスについて、入っている。
渋谷統括官) TPPには金融サービスが入ってないが、デジタル貿易には入れている。
プロバイダーの責任について、日本に於いては日本の法制で、米国に於いては米国の法制でと理解したところである。
日本のユーザーが米国を訴える場合、米国のユーザーが日本を訴える場合など、どうなるのか?
日本のユーザーが米国を訴える場合、州ごとの法律も異なることから一概に答えることは困難である。
日米デジタル協定について、ソースコードもアルゴリズムも開示を求めないという点。
サプライチェーンの段階でバックドアが埋め込まれていた場合、どのように検知をするのか?
サプライチェーンリスクについては対応しなければならないが必ずしも、ソースコードやアルゴリズムの開示が必要ではない。
時間を置いて作動するバックドアが埋め込まれた場合、ぢのように検知をするのか?
安全保障に関わる分野で起こることであります。
安全保障の観点は例外とされていますが、時間を置いて作動するバックドアが埋め込まれていた場合、どうするのか?
渋谷統括官) 安全保障の為の例外措置が定められている。それ以外にも様々な例外規定が定められている。例えば、第17条ですが、例外も認められている。

日本維新の会の鈴木宗男氏は日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質問をしなかった。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定に賛成の立場だと言った。
鈴木宗男氏は、ただ賛成したのではなく、日米貿易協定に警鐘を鳴らす参考人意見陳述をした鈴木宣弘氏の言葉をあげつらい、暴言を吐いていた。
北海道の議員なのに、北海道の農産業に打撃を与えること必定の日米貿易協定を、「バランスの良いものでJAが賛成している」と言っていた。欺瞞である。

共産党の井上哲士氏は、日米デジタル貿易協定の質問をした。
参考人質疑から懸念の声があったのが、18条の規定にあるオンラインプラットフォーマーの民事責任の制限でした。
米国の議会でも免責の範囲が広過ぎるとして、法律を変えようとする声も出されている。
デジタル貿易協定で、全部免責を決めれば、18条の削除をせよとされている参考人のお話。
この条項は見直すべきだと思いますが如何でしょうか?
茂木) インターネット上の権利侵害の流通しますプロバイダーの責任を一定の範囲に制限することによって、被害者の権利保護とインターネット上の自由な情報流通のバランスを確保するものである。面積を容易に認めていることではない。
井上氏は、牛肉のセーフガードについても質問した。

沖縄の風の伊波洋一氏も日米デジタル貿易協定に言及した。
プラットフォーマーの責任を免除する内容が含まれている。
プラットフォーマーの何らかの責任追及の可能性は残されるべきです。

質疑は終局したとして、休憩に入った。
しばしの休憩、討論が始まった。
立憲民主党の小西洋之氏、共産党の井上哲士氏、沖縄の風の伊波洋一氏が反対討論を行った。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。

残念ながら、明日の参院本会議で承認されます。

「日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定の概要」(参議院常任委員会調査室)(PDF)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2019pdf/20191101111.pdf

現時点までの事実関係、論点がまとめられています。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471791823.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月26日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471781571.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月20日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院本会議で審議入り⇒11月21日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院外交防衛委員会で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471659185.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月19日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の承認案が衆院通過
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471625919.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月15日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471556682.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471511273.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定 与党は11月13日に衆院外務委員会で採決、11月14日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471434479.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月8日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 衆院外務委員会で 野党側退席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471417000.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月7日、衆院外務・農林水産・経済産業連合審査会にて日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 茂木外相は日米貿易協定を「物品貿易」と表現
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471400897.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月6日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院外務委員会で実質審議入り 茂木外相「自動車関税撤廃が前提」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471379913.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月1日の衆院外務委員会が流会 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の審議は11月6日以降に持ち越し 衆院外務委員会の11月8日までの採決見送り?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471316187.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月30日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の趣旨説明 11月1日に実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471244658.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月24日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471088598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 首相出席で10月24日に審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470963746.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、衆院攻防へ 与党、来月上旬通過目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470941468.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月15日、日米貿易協定案を閣議決定 早期承認目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470896507.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、貿易協定に正式署名 2020年1月にも発効
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470756887.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、10月8日に正式署名へ 政府が署名を閣議決定 来年1月発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470741698.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ハーバー・ビジネス・オンラインに「日米貿易協定」に関する内田聖子氏のコラムあり ご一読を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470739205.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 正式署名へ 10月8日にも閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470702473.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定「ウィンウィン」根拠は? 野党が追及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470498599.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易協定、合意文書署名 TPP水準まで農産品開放 日米首脳が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470491930.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定閣僚協議 交渉すべて終了 首脳会談で確認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470449182.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 対日交渉「最初の合意に達した」 米大統領が議会に通知 赤字削減へ協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470250411.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 17:20| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自由で開かれたインド太平洋」実現へ 指導力発揮 安倍首相

「自由で開かれたインド太平洋」実現へ 指導力発揮 安倍首相

「自由で開かれたインド太平洋」実現へ 指導力発揮 安倍首相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191202/k10012199491000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007
2019年12月2日 21時35分

太平洋からインド洋にまたがる地域で、自由や法の支配に基づく国際秩序の確保などを目指す、「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向け、安倍総理大臣は、リーダーシップを発揮していく考えを示しました。

安倍総理大臣は、2日夜、東京都内で開かれた国際問題のシンポジウムで、政府が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想に関連し、「太平洋からインド洋に至る広大な海を、法の支配や航行の自由などの普遍的なルールに基づき、地域や世界の平和と繁栄の礎となる国際的な公共財としなければならない」と述べました。

そのうえで「『自由で開かれたインド太平洋』というビジョンは、アメリカやEU、ASEAN諸国でも共有されるようになった。このビジョンを共有できるすべての国々と力を合わせ、実現に向けてリーダーシップを発揮していきたい」と述べました。

一方、安倍総理大臣は、中曽根・元総理大臣が亡くなったことに触れたうえで、「中曽根元総理は101歳、まさに天寿をまっとうされた。私はまだ65歳であり、まだまだ、わが国のために、総理大臣としてではなく、いち日本人として貢献する道は長いのではないかと思っている」と述べました。


安倍晋三・自由で開かれたインド太平洋.PNG



太平洋からインド洋にまたがる地域で、自由や法の支配に基づく国際秩序の確保などを目指す、「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向け、安倍総理大臣は、リーダーシップを発揮していく考えを示した。
「自由で開かれたインド太平洋」は安倍政権の外交政策です。

第3章 米国のTPP離脱と日本のFTA戦略
http://www2.jiia.or.jp/pdf/research/H28_Post-TPP/03-ishikawa.pdf

関係資料です。
安倍首相は、元外務省所管のシンクタンク 日本国際問題研究所(JIIA)で講演しています。

http://www2.jiia.or.jp/old_info.php

JIIAはシンクタンク・ランキングでアジアでトップランクです。




参考資料

自由で開かれたインド太平洋
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page25_001766.html

自由で開かれたインド太平洋とは 概要(PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000430631.pdf
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 13:24| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

75歳以上2022年に2割負担へ 医療費、政府方針

75歳以上2022年に2割負担へ 医療費、政府方針

75歳以上22年に2割負担へ 医療費、政府方針
https://this.kiji.is/574339998841554017?c=39546741839462401
2019/12/3 06:17 (JST)

 政府は2日、医療制度改革で焦点となっている75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担に関し、2022年に現在の原則1割から2割に引き上げる方針を固めた。生活に影響する恐れがあり低所得者に配慮する仕組みを検討する。外来時の窓口負担の上乗せについては、現在紹介状なしで大病院を受診した患者に追加負担を求める制度を拡大する方向。政府は全世代型社会保障検討会議が今月中旬にまとめる中間報告に制度改革を明記したい考えだ。

 自民、公明両党と調整するが、難航も予想される。政府は社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)で議論を進め、来年秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。




政府は2日、医療制度改革で焦点となっている75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担に関し、2022年に現在の原則1割から2割に引き上げる方針を固めた。
生活に影響する恐れがあり低所得者に配慮する仕組みを検討する。
外来時の窓口負担の上乗せについては、現在紹介状なしで大病院を受診した患者に追加負担を求める制度を拡大する方向。
来年秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 08:39| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[肥料取締法の一部を改正する法律案] 11月27日、改正肥料取締法が成立 農家のニーズに対応した肥料の開発を促す

[肥料取締法の一部を改正する法律案] 11月27日、改正肥料取締法が成立 農家のニーズに対応した肥料の開発を促す

衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49541&media_type=

2019年11月13日 (水)
農林水産委員会 (3時間12分)

案件:
農林水産関係の基本施策に関する件
肥料取締法の一部を改正する法律案(200国会閣6)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 吉野正芳(農林水産委員長)  9時 01分  02分
 高鳥修一(自由民主党・無所属の会)  9時 03分  17分
 濱村進(公明党)  9時 20分  22分
 緑川貴士(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  9時 42分  38分
 長谷川嘉一(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 20分  37分
 亀井亜紀子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 57分  37分
 田村貴昭(日本共産党)  11時 34分  17分
 森夏枝(日本維新の会)  11時 51分  16分
 江藤拓(農林水産大臣)  12時 07分  02分



衆議院農林水産委員会ニュース
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui20020191120008.pdf/$File/nousui20020191120008.pdf

【第200回国会】令和元年11月20日(水)、第8回の委員会が開かれました。

1CSF(豚コレラ)及びASF(アフリカ豚コレラ)の名称変更について、江藤農林水産大臣から発言がありました。

2肥料取締法の一部を改正する法律案(内閣提出第6号)・江藤農林水産大臣、伊東農林水産副大臣、河野農林水産大臣政務官及び政府参考人に対し質疑を行い、質疑を終局しました。・採決を行った結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。(賛成−自民、立国社、公明、共産、維新)・武部新君外4名(自民、立国社、公明、共産、維新)から提出された附帯決議案について、青山大人君(立国社)から趣旨説明を聴取しました。・採決を行った結果、全会一致をもってこれを付することに決しました。(賛成−自民、立国社、公明、共産、維新)(質疑者)池田道孝君(自民)、濱村進君(公明)、大串博志君(立国社)、青山大人君(立国社)、佐藤公治君(立国社)、田村貴昭君(共産)、森夏枝君(維新)



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49586&media_type=

2019年11月21日 (木)
本会議 (13分)

案件:
地域再生法の一部を改正する法律案(198国会閣48)
構造改革特別区域法の一部を改正する法律案(200国会閣9)
行政書士法の一部を改正する法律案(200国会衆6)
地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案(200国会衆7)
肥料取締法の一部を改正する法律案(200国会閣6)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  01分
 山口俊一(地方創生特別委員長)  13時 02分  04分
 大口善徳(総務委員長)  13時 06分  04分
 吉野正芳(農林水産委員長)  13時 10分  02分




参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月26日
農林水産委員会
約2時間38分

会議の経過
  農林水産委員会(第六回)
   日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を
   求めるの件(閣条第一号)(衆議院送付)及びデジタル貿易に関
   する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を
   求めるの件(閣条第二号)(衆議院送付)について外交防衛委員
   会に連合審査会の開会を申し入れることを決定した。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   肥料取締法の一部を改正する法律案(閣法第六号)(衆議院送付)
   について江藤農林水産大臣、加藤農林水産副大臣、大塚内閣府副
   大臣、藤木農林水産大臣政務官及び政府参考人に対し質疑を行っ
   た後、可決した。
    なお、附帯決議を行った。

発言者一覧

江島潔(農林水産委員長)
山田修路(自由民主党・国民の声)
宮沢由佳(立憲・国民.新緑風会・社民)
森ゆうこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
塩田博昭(公明党)
石井苗子(日本維新の会)
紙智子(日本共産党)
徳永エリ(立憲・国民.新緑風会・社民



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月27日
本会議
約1時間30分

会議の経過
〇議事経過 今二十七日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 裁判官弾劾裁判所裁判員、同予備員、裁判官訴追委員及び同予備員辞
 任の件
  右の件は、裁判官弾劾裁判所裁判員岡田直樹君、松村祥史君、小西
  洋之君、小川敏夫君、同予備員中西祐介君、片山大介君、裁判官訴
  追委員岡田広君、真山勇一君、同予備員石井浩郎君の辞任を許可す
  ることに決した。
 裁判官弾劾裁判所裁判員等各種委員の選挙
  右の選挙は、その手続を省略して議長の指名によること及び裁判官
  弾劾裁判所裁判員予備員、裁判官訴追委員予備員、皇室会議予備議
  員、皇室経済会議予備議員の職務を行う順序は議長に一任すること
  に決し、議長は、次のとおり各種委員を指名し、裁判官弾劾裁判所
  裁判員予備員等の職務を行う順序を決定した。
   各種委員の選任
    裁判官弾劾裁判所裁判員
         有村  治子君
           野上 浩太郎君
           古賀  之士君
           鉢呂  吉雄君
           矢倉  克夫君
           片山  大介君
    同予備員
           磯崎  仁彦君(第二順位)
           森本  真治君(第三順位)
           伊藤  孝江君(第四順位)
  裁判官訴追委員
           石井  準一君
           片山 さつき君
           佐藤  正久君
           古川  俊治君
           浜野  喜史君
           水岡  俊一君
           里見  隆治君
    同予備員
           高階 恵美子君(第一順位)
           伊藤  孝恵君(第三順位)
  皇室会議予備議員
           関口  昌一君(第一順位)
           芝   博一君(第二順位)
    皇室経済会議予備議員
           世耕  弘成君(第一順位)
           那谷屋 正義君(第二順位)
    検察官適格審査会委員
           西田  昌司君
           吉川  沙織君
    同予備委員
           岩井  茂樹君(西田昌司君の予備委員)
           浜口   誠君(吉川沙織君の予備委員)
   日本ユネスコ国内委員会委員
           斎藤  嘉隆君
    国土審議会委員
           末松  信介君
           松山  政司君
           野田  国義君
           山本  香苗君
    国土開発幹線自動車道建設会議委員
           岡田   広君
           武見  敬三君
           郡司   彰君
  各種委員の順位変更
    裁判官訴追委員予備員
           宮崎   勝君(第三順位を第四順位に変更)
会社法の一部を改正する法律案及び会社法の一部を改正する法律の施
 行に伴う関係法律の整備等に関する法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、森法務大臣から趣旨説明があった後、田村
  まみ君、柴田巧君、山添拓君がそれぞれ質疑をした。
 日程第 一 行政書士法の一部を改正する法律案(衆議院提出)
 日程第 二 地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の
       推進に関する法律案(衆議院提出)
  右の両案は、総務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第一は賛
  成二三四、反対〇にて全会一致をもって可決、日程第二は賛成
  二一九、反対一五にて可決された。
 日程第 三 肥料取締法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院
       送付)
  右の議案は、農林水産委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二三四、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 四 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等
       に関する法律等の一部を改正する法律案(第百九十八回
       国会内閣提出、第二百回国会衆議院送付)
  右の議案は、厚生労働委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一九、
  反対一五にて可決された。
 散会 午前十一時二十四分

発言者一覧

山東昭子(参議院議長)
森まさこ(法務大臣)
田村まみ(立憲・国民.新緑風会・社民)
柴田巧(日本維新の会)
山添拓(日本共産党)
若松謙維(総務委員長)
江島潔(農林水産委員長)
そのだ修光(厚生労働委員長)


江島潔(農林水産委員長)・肥料.PNG

肥料取締法改正案・成立.PNG



11月13日、衆院農林水産委員会。
肥料取締法の一部を改正する法律案を議題とした。
江藤拓(農林水産大臣)より肥料取締法改正案の趣旨説明を聴取した。
11月20日、衆院農林水産委員会。
肥料取締法の一部を改正する法律案を議題とした。
質疑を行った後、採決を行った。
全会一致で可決した。
青山大人(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、全会一致で可決した。
法案には附帯決議が付された。
11月21日 、衆院本会議。
肥料取締法の一部を改正する法律案を議題とした。
吉野正芳(農林水産委員長) の報告は可決。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
11月26日、参院農林水産委員会。
肥料取締法の一部を改正する法律案を議題とした。
質疑を行った後、採決を行ったところ、全会一致で可決した。
国民民主党の徳永エリ氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、全会一致で可決した。
法案には附帯決議が付された。
11月27日、参院本会議。
肥料取締法の一部を改正する法律案を議題とした。
江島潔(農林水産委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
改正肥料取締法が成立した。




参考

[肥料取締法の一部を改正する法律案] 10月11日、肥料取締法改正案を閣議決定 肥料の商品開発を促す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471030860.html
posted by hazuki at 00:29| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

[情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案] 11月28日、参院経済産業委員会で情報処理促進法改定案が可決 共産党の岩渕友氏が反対討論⇒11月29日、改正情報処理促進法が成立

[情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案] 11月28日、参院経済産業委員会で情報処理促進法改定案が可決 共産党の岩渕友氏が反対討論⇒11月29日、改正情報処理促進法が成立

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月21日
経済産業委員会
約5分

会議の経過
  経済産業委員会(第三回)
   情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第八
   号)(衆議院送付)について梶山経済産業大臣から趣旨説明を聴
   いた。
   また、同法律案について参考人の出席を求めることを決定した。

発言者一覧

礒崎哲史(経済産業委員長)
梶山弘志(経済産業大臣、産業競争力担当、国際博覧会担当、ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構))


梶山弘志・情報処理・趣旨説明・参院経済産業委員会.PNG


参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月28日
経済産業委員会
約3時間13分

会議の経過
  経済産業委員会(第五回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第八
   号)(衆議院送付)について梶山経済産業大臣、今井内閣府大臣
   政務官、宮本経済産業大臣政務官、杉本公正取引委員会委員長及
   び政府参考人に対し質疑を行い、討論の後、可決した。
    なお、附帯決議を行った。

発言者一覧

礒崎哲史(経済産業委員長)
高橋はるみ(自由民主党・国民の声)
須藤元気(立憲・国民.新緑風会・社民)
小沼巧(立憲・国民.新緑風会・社民)
新妻秀規(公明党)
石井章(日本維新の会)
岩渕友(日本共産党)
ながえ孝子(碧水会)
安達澄(各派に属しない議員)
岩渕友(日本共産党)
浜野喜史(立憲・国民.新緑風会・社民)


岩渕友(日本共産党)・情報処理・反対討論.PNG



デジタル経営の取り組みを格付け 改正情報処理促進法が成立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012196531000.html
2019年11月29日 20時06分

デジタル技術を活用した経営改革を促すため、企業の取り組みを国が格付けする制度を導入することを盛り込んだ、改正情報処理促進法が29日の参議院本会議で可決され、成立しました。

国内の企業は事業部門ごとにシステムが細分化されていて、会社全体で連携してデータを使っていないなど、デジタル技術を十分に活用していないことが競争力の低下を招いているという指摘があります。

この法律では国が、希望する企業を経営戦略の中にデジタル化が明確に位置づけられているかや、必要な人材を育成する仕組みが整っているかといった項目で評価し、格付けを与えます。

高い格付けを得た企業は、例えば効率的なシステムのもとでスピード感のある経営を行っている姿勢をアピールし、優秀な人材や資金を集めやすくなる効果が想定されるということです。

企業の老朽化したシステムは経営の足かせとなる一方で、費用の問題から更新に踏み切れない経営者も多いということで、経済産業省としては格付けをきっかけにシステムの刷新なども促していきたい考えです。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月29日
本会議
約29分

会議の経過
〇議事経過 今二十九日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午後二時四十一分
 国家公務員等の任命に関する件
  右の件は、押しボタン式投票をもって採決の結果、食品安全委員会
  委員に山本茂貴君、国家公安委員会委員に橋本敬子君を任命するこ
  とに賛成二一五、反対一四にて同意することに決し、個人情報保護
  委員会委員長に丹野美絵子君、同委員に大島周平君、証券取引等監
  視委員会委員に高田さゆり君、浜田康君、電気通信紛争処理委員会
  委員に田村幸一君、荒川薫君、小野武美君、三尾美枝子君、小塚
  荘一郎君、中央更生保護審査会委員に伊藤冨士江君、運輸安全委員
  会委員に丸井祐一君、石田弘明君、奥村文直君、鈴木美緒君、新妻
 実保子君を任命することに賛成二二九、反対〇にて全会一致をもっ
  て同意することに決し、個人情報保護委員会委員に小川克彦君、
  加藤久和君を任命することに賛成二一五、反対一四にて同意するこ
  とに決し、カジノ管理委員会委員長に北村道夫君、同委員に氏兼
  裕之君、渡路子君、遠藤典子君、樋口建史君、日本放送協会経営委
  員会委員に長谷川三千子君を任命することに賛成一五四、反対七五
  にて同意することに決し、証券取引等監視委員会委員長に長谷川
  充弘君、公害健康被害補償不服審査会委員に岡本美保子君を任命す
  ることに賛成二二九、反対〇にて全会一致をもって同意することに
  決し、電波監理審議会委員に日比野隆司君、運輸審議会委員に牧満
  君、河野康子君を任命することに賛成二一七、反対一二にて同意す
  ることに決し、日本放送協会経営委員会委員に礒山誠二君、水野
 節子君を任命することに賛成一五一、反対七八にて同意することに
  決した。
 日程第 一 港湾法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一四、
  反対一四にて可決された。
 日程第 二 商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する
       法律の一部を改正する法律案(農林水産委員長提出)
  右の議案は、農林水産委員長から趣旨説明があった後、押しボタン
  式投票をもって採決の結果、賛成二二五、反対二にて可決された。
 日程第 三 母子保健法の一部を改正する法律案(衆議院提出)
  右の議案は、厚生労働委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二八、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 五 情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案
       (内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、経済産業委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一六、
  反対一二にて可決された。
 散会 午後三時三分

発言者一覧

山東昭子(参議院議長)
田名部匡代(国土交通委員長)
江島潔(農林水産委員長)
そのだ修光(厚生労働委員長)
礒崎哲史(経済産業委員長)


礒崎哲史(経済産業委員長)・情報処理.PNG

情報処理の促進・成立.PNG



11月21日、参院経済産業委員会。
情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案。
梶山弘志経済産業大臣より情報処理促進法案の趣旨説明を聴取した。
11月28日、参院経済産業委員会。
情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案。
情報処理促進法案を議題とした。
質疑の後、討論を行った。
共産党の岩渕友氏が反対討論を行った。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
浜野喜史(立憲・国民.新緑風会・社民)市が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付された。
11月29日、参院本会議。
礒崎哲史(経済産業委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、賛成216、反対12にて可決された。

日程第4 情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/200/200-1129-v011.htm

反対したのは、共産党のみ。
AIやIoTに危機感を持っているのは共産党のみ。
残念ながら、法案は成立した。




参考

[情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案] 11月15日、衆院経済産業委員会で情報処理促進法改定案が可決 共産党の笠井亮氏が反対討論 ⇒11月19日、情報処理促進法改正案が衆院通過
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471628379.html

[情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案] 10月15日、情報処理促進法案を閣議決定 企業のデジタル化に指標
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471052498.html
posted by hazuki at 21:29| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本とインド、初の戦闘機訓練へ 安保協力強化、中国意識

日本とインド、初の戦闘機訓練へ 安保協力強化、中国意識
https://this.kiji.is/573515804939338849?c=39546741839462401
2019/11/30 23:29 (JST) 11/30 23:30 (JST)updated

【ニューデリー共同】インド訪問中の茂木敏充外相と河野太郎防衛相は30日、ニューデリーで初の日印外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に臨んだ。航空自衛隊とインド空軍の戦闘機訓練を日本で開催する方針で一致。中国の海洋進出をにらみ、安全保障協力の戦略的深化を図る。自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の交渉加速も確認した。

 共同声明は「自由で開かれ、包摂的で法の支配に基づいたインド太平洋のビジョンを共有する」と明記。安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想を踏まえ、公海での「航行の自由」や「上空飛行の自由」を重視した。


茂木敏充とインドのジャイシャンカル外相.PNG



インド訪問中の茂木敏充外相と河野太郎防衛相は30日、ニューデリーで初の日印外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に臨んだ。
航空自衛隊とインド空軍の戦闘機訓練を日本で開催する方針で一致。
中国の海洋進出をにらみ、安全保障協力の戦略的深化を図る。
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

[日エルサルバドル首脳会談] エルサルバドル大統領と会談 首相、持続的な開発支援を表明

[日エルサルバドル首脳会談] エルサルバドル大統領と会談 首相、持続的な開発支援を表明

エルサルバドル大統領と会談 首相、持続的な開発支援を表明
https://this.kiji.is/573114657411105889?c=39546741839462401
2019/11/29 22:27 (JST)

 安倍晋三首相は29日、中米エルサルバドルのブケレ大統領と官邸で会談し、同国が持続的な開発を図れるよう物流インフラの整備や産業育成を引き続き支援する考えを表明した。首相は北朝鮮による日本人拉致問題解決への協力を要請。ブケレ氏は理解を示した。

 首相は会談後の共同記者発表で「さまざまな分野で友好と協力の絆を一層発展させていく」と強調。ブケレ氏は、空港や港湾整備への支援に謝意を示し「エルサルバドルは小さな国だが、常に日本にとって良きパートナーであり続けたい」と訴えた。

 38歳のブケレ氏は、エルサルバドル史上最年少の大統領として6月に就任した。


エルサルバドルのブケレ大統領と安倍晋三.PNG



安倍首相は11月29日、中米エルサルバドルのブケレ大統領と官邸で会談し、同国が持続的な開発を図れるよう物流インフラの整備や産業育成を引き続き支援する考えを表明した。
首相は北朝鮮による日本人拉致問題解決への協力を要請。
ブケレ氏は理解を示した。




参考資料

令和元年11月29日 日・エルサルバドル首脳会談等
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/29el_salvador.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:47| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日中韓FTA] 日中韓FTA交渉 日本側「合意までにはまだ時間かかる」

[日中韓FTA] 日中韓FTA交渉 日本側「合意までにはまだ時間かかる」

日中韓FTA交渉 日本側「合意までにはまだ時間かかる」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012196261000.html
2019年11月29日 18時36分

日中韓3か国のFTA=自由貿易協定の交渉が29日までソウルで行われ、日本側の交渉関係者は立場の隔たりが大きく、合意までにはまだ時間がかかるという見通しを示しました。一方で、厳しい状況が続く日韓関係は3か国の交渉に影響を及ぼしていないと説明しています。

日本と中国、それに韓国によるFTAの16回目の交渉会合は29日まで3日間の日程でソウルで行われました。

これについて日本側の交渉関係者は貿易のルールの分野で立場の隔たりが大きく、合意までにはまだ時間がかかるという見通しを示しました。

そのうえで日中韓3か国も交渉に参加し、来年中の署名を目指しているRCEP=東アジア地域包括的経済連携よりも高い水準での合意を目指すことに意欲を示しました。

一方で厳しい状況が続く日韓関係は交渉に影響を及ぼしていないとして、FTA交渉は2か国間の問題を扱う場ではなく、3か国の協力関係の重要性に共通の理解もあると説明しました。

次回の会合は中国で開かれることになっていて、来月に予定される日中韓3か国の首脳会議でも意見が交わされることになりそうです。


日中韓FTA.PNG



日中韓3か国のFTA=自由貿易協定の交渉が29日までソウルで行われ、日本側の交渉関係者は立場の隔たりが大きく、合意までにはまだ時間が掛かるという見通しを示した。
一方で、厳しい状況が続く日韓関係は3か国の交渉に影響を及ぼしていないと説明している。
次回の会合は中国で開かれることになっていて、12月に予定される日中韓3か国の首脳会議でも意見が交わされることになりそう。




関連

[日中韓FTA] 日中韓、自由貿易協定で事務会合 関税や知的財産など幅広く議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465172742.html

[日中韓FTA] 日中韓、経済連携で一致 FTA交渉を加速へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443224684.html
ラベル:日中韓FTA
posted by hazuki at 22:17| Comment(0) | FTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の参考人質疑

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の参考人質疑

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月28日
外交防衛委員会
約1時間50分

案件

日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)

発言者一覧

北村経夫(外交防衛委員長)
中川淳司(参考人 中央学院大学現代教養学部教授)
鈴木宣弘(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
内田聖子(参考人 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)
猪口邦子(自由民主党・国民の声)
白眞勲(立憲・国民.新緑風会・社民)
秋野公造(公明党)
浅田均(日本維新の会)
井上哲士(日本共産党)
伊波洋一(沖縄の風)


中川淳司(参考人 中央学院大学現代教養学部教授).PNG

鈴木宣弘(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授).PNG

内田聖子(参考人 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表).PNG



11月28日、参院外交防衛委員会。
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件とデジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を議題とした。
中川淳司(参考人 中央学院大学現代教養学部教授)、鈴木宣弘(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授)、内田聖子(参考人 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)から参考人の意見を聴取した。

中川淳司(参考人 中央学院大学現代教養学部教授)

中央学院大学の中川でございます。
お手元にこういう資料等が配布されていると思います。
PowerPointのスライドで7ページを致しました。
それに沿って、つまんでご説明致します。
まず、1枚、めくって頂いて、番号で2が付いているところですけども、2つの協定経緯ということで辿っております。
何よりも重要な文脈は、2017年、一昨年の1月にアメリカ・トランプ政権が発足直後にTPPから離脱したことでありました。
その後、残る11カ国が早期発効に向けて、TPPをまとめるということで、昨年3月にTPP11(CPTPP)に署名をし、それが昨年12月に発効したということがございました。
日本政府は、当初はアメリカにTPPへの復帰を求めるという姿勢を取りましたけれども、アメリカは日本との二国間交渉を要求して、要求が強まっていたことがあります。
その背景としては、二つあろうかと思います。
一つは、CPTPPが発効し、また日EUのEPAも発効したことで、加盟国に劣後するアメリカ農業界の要望は強く出た。
とりわけ、牛肉農家であります。
もう一つの要素として、米中貿易協議が非常に難航しております。
トランプ政権としては、何としても、選挙民にアピール出来る貿易関係の交渉の成果を求めた。
それが日本との貿易協定であったと思います。
交渉を有利に進める為に、そういうテコとして、米通商拡大法232条に基づく自動車の追加関税を発動する明確な形ではありませんけども、そういう脅しを使って交渉に望んだということがございました。
昨年9月の日米共同声明で、日米貿易協定の交渉開始に合意されました。
次の3ページは日米共同声明の引用であります。
ご覧頂くとして、赤字の部分、青字の部分に注目して頂ければと存じます。
赤字はですね。日本政府としては農林水産品について、過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの状況内容が最大限であること、そういう立場を尊重するということが掛かれています。

(以下、省略。参議院インターネット審議中継をご確認ください。)

鈴木宣弘(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

日米FTA巡る重大局面 国会で鈴木宣弘教授や内田聖子氏らが参考人として問題を指摘
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/14451 より

本協定をめぐる議論には私が思うに事実と異なる点があると思うので、そのような点から所見をのべたい。
まず一つ大きな点は、アメリカが自動車関税及び部品の関税撤廃を約束したという点だ。
日本政府はそのように話し署名した。
しかしその後に開示されたアメリカ側の合意内容、英文だけが出ているが、それには今後交渉を続けるとしか書いていない。
この英文が関税撤廃を約束したと読めるというのであれば、まったく理解に苦しむ。
アメリカ側も自動車の関税撤廃は約束していないと交渉トップがコメントしているし、影響試算についても日本が自動車の関税撤廃を見込んで試算しているのは理解できないとアメリカ側は指摘している。
では、なぜない約束をあることにしなくてはいけないのか。
それは約束があることにしないと、アメリカの貿易額の92%を含む協定であるといっているのが、自動車の部分が4割ぐらい抜ければ5割少しに落ち込んでしまう。
これは過去に例のない前代未聞の国際法違反協定となる。
この点だけでも国会批准はむつかしくなる。

(以下、省略。転載元か参議院インターネット審議中継をご確認ください。)

内田聖子(参考人 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)

日米FTA巡る重大局面 国会で鈴木宣弘教授や内田聖子氏らが参考人として問題を指摘
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/14451 より

日米貿易協定で一点強調したいのは、TPPからアメリカが脱退したときに日本政府は「米国抜きのTPPは意味がない」といっていた。
TPP11の審議の際には「日本は米国をTPPに復帰させる努力をする」といっていた。
そして「日米FTAには応じない」という方針を立てていた。
これは日本政府のルールベースの包括的なFTAを目指していくという主張にそったものであり、私はこれに賛同するわけではないが、少なくとも当時の政府の主張に論理の一貫性はあった。
ところが日米FTAを求めてきてそこに応じてしまった。
日本にとって非常に大きな方針の転換になった。
このことが国会審議でも深められていないのではないかと思っている。
つまり日本が「ルールに基づく自由貿易」や「TPPにアメリカに復帰してもらう」などの筋を通すという大義を下ろしたということになる。
日米同盟に縛られた関係のなかで日米貿易の交渉が始まっていった。
これはそもそも日本が望んでいなかった協定だし、理にもかなっていない。
スタートの時点から矛盾の上に立つ協定だと思っている。
その矛盾の上に立って交渉した結果、日本の利益はこうだということを後付けのような形で説明されるため、どうしても無理がある。
協定の評価そのものもバラバラだと思っている。

(以下、省略。転載元か参議院インターネット審議中継をご確認ください。)

中川淳司(参考人 中央学院大学現代教養学部教授)、鈴木宣弘(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授)、内田聖子(参考人 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)から参考人の意見を聴取した後、参考人に質問を行った。
日米デジタル貿易協定に関しては、内田聖子参考人に質問する議員が数名いた。

参議院外交防衛委員会
参考人質疑の際の配布資料一式

中川淳司(参考人)資料

日米共同声明(2018年)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000520820.pdf

日米共同声明(2019年)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000520820.pdf

内田聖子(参考人)資料

"転載・配布等は自由ですのでご利用ください。なお、★のある資料が今回新たに翻訳したもので、残りはすでにブログや当サイトに掲載しているものと同じものです。"
http://www.parc-jp.org/teigen/2019/usjta_sankounin.html

鈴木宣弘(参考人)資料

2019.11.28 【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】日米貿易協定の虚実〜国会承認はあり得ない(2019年11月28日 参議院外交防衛委員会 発言要旨)
https://www.jacom.or.jp/column/2019/11/191128-39782.php

「日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定の概要」(参議院常任委員会調査室)(PDF)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2019pdf/20191101111.pdf

現時点までの事実関係、論点がまとめられています。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471791823.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月26日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471781571.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月20日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院本会議で審議入り⇒11月21日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院外交防衛委員会で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471659185.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月19日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の承認案が衆院通過
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471625919.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月15日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471556682.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471511273.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定 与党は11月13日に衆院外務委員会で採決、11月14日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471434479.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月8日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 衆院外務委員会で 野党側退席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471417000.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月7日、衆院外務・農林水産・経済産業連合審査会にて日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 茂木外相は日米貿易協定を「物品貿易」と表現
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471400897.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月6日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院外務委員会で実質審議入り 茂木外相「自動車関税撤廃が前提」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471379913.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月1日の衆院外務委員会が流会 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の審議は11月6日以降に持ち越し 衆院外務委員会の11月8日までの採決見送り?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471316187.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月30日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の趣旨説明 11月1日に実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471244658.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月24日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471088598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 首相出席で10月24日に審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470963746.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、衆院攻防へ 与党、来月上旬通過目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470941468.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月15日、日米貿易協定案を閣議決定 早期承認目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470896507.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、貿易協定に正式署名 2020年1月にも発効
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470756887.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、10月8日に正式署名へ 政府が署名を閣議決定 来年1月発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470741698.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ハーバー・ビジネス・オンラインに「日米貿易協定」に関する内田聖子氏のコラムあり ご一読を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470739205.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 正式署名へ 10月8日にも閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470702473.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定「ウィンウィン」根拠は? 野党が追及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470498599.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易協定、合意文書署名 TPP水準まで農産品開放 日米首脳が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470491930.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定閣僚協議 交渉すべて終了 首脳会談で確認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470449182.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 対日交渉「最初の合意に達した」 米大統領が議会に通知 赤字削減へ協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470250411.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 23:15| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月28日、参院外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月28日
外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会
約2時間9分

案件

日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)

発言者一覧

北村経夫(外交防衛委員長)
徳永エリ(立憲・国民.新緑風会・社民)
谷合正明(公明党)
石井苗子(日本維新の会)
紙智子(日本共産党)
伊波洋一(沖縄の風)
ながえ孝子(碧水会)
安達澄(各派に属しない議員)


徳永エリ・日米FTA.PNG

茂木敏充・日米貿易協定の答弁・参院連合審査会.PNG

石井苗子(日本維新の会)・日米FTA.PNG

紙智子・日米FTA・参院連合審査会.PNG



11月28日、10時より参院外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会が開催された。
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件とデジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を議題とした。
国民民主党の徳永エリ氏、公明党の谷合正明氏、日本維新の会の石井苗子氏、共産党の紙智子氏、沖縄の風の伊波洋一氏、碧水会のながえ孝子氏、会派に属しない議員の安達澄がそれぞれ質疑をした。
国民民主党の徳永エリ氏は、「野党から日米貿易協定の議論を深める為に再三再四、資料を要求させて頂きました。しかし、結局、資料は出て来ませんでした。十分に議論を深めることが出来ぬまま、衆議院で可決したこと、大変に残念に思っていることを冒頭で申し上げたいと思います。」と質疑に入った。
茂木大臣に質問。
大臣は日米貿易協定は経済連携協定であると答弁しているが、日米FTAであるとは認めなかった。
しかし、東大の鈴木教授などの専門家は日米FTAだと仰っている。
FTAはWTO違反と指摘している。
茂木大臣は「FTA及びEPA(経済連携協定と一般的に呼ばれますが)、これについて、国際的に確立された定義はない。日米貿易協定は物品の関税を対象にしたものである。我が国では包括的なFTA/EPAとは異なるものだと考えている。」と答弁。
徳永)質問:EUは、米国に追加関税を課せられるか?
茂木)答弁…(省略)今回の協定におきまして、日本は自動車、自動車部品に追加関税、232条の追加関税は課されない。この事は明確に確認しておりますが、ご案内の通り、TTIP(※注釈:米-EU)交渉は始まっておりません。非常に不透明な状況でありまして、今後、アメリカが232条の発動をする、発動を行う可能性は残ってると考えている。

※本日/28の外防委、参考人聴取で中川参考人は232追加関税←交渉中は課さないとして交渉に望んだ点を評価

日本維新の会の石井苗子氏は、USTRのファクトシートを取り上げて、茂木大臣に質問する場面があった。
セーフガードの発動基準を確認した。
日米デジタル貿易協定の第18条に日本のプロバイダー責任制限法が協定に反しないと書かれている。
一般的にアメリカの方が情報コンテンツプロバイダーの免責を認める範囲が広いと認識しているが、この条項の意義は何処にあるのか?
日米デジタル貿易協定の第18条は、SNS等をデジタル貿易を増進させる為に不可欠なものとして、促進することの重要性を認識した上で、インターネット上の書き込みについて、SNS等のコンピューターを利用した…民事上の責任を一定の限度で制限することを規定しているものであると渋谷統括官が答弁。
この規定は日米で同じような目的を持っている訳ですが、インターネット上の権利侵害情報の流通に対するプロバイダーの責任を一定範囲に制限することによって、被害者の権利保護、インターネット上の自由な情報のバランスを確保する。
共産党の紙智子氏は、モンサントのグリホサートについて質問した。
農薬メーカーの要望に答えて、2017年に残留農薬の基準を緩和している。
発がん性の可能性があるラウンドアップは訴訟の増加や今月26日、メキシコに於いてはグリホサートの輸入を禁止している。
トランプ氏の大統領令に関して、日本に圧力があれば拒否するか?
食の安全をないがしろにするような日米交渉は応じるべきではないと質問を終えた。

[厚生労働省] 2017年12月25日、食品、添加物等の規格基準の一部を改正 モンサントのグリホサートに有利な残留農薬の規制緩和が始まる BASF(バスフ)のボスカリドを含む全11種類
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456888478.html

政府が2017年に行った残留農薬の規制緩和の記事は、こちら。
モンサントのグリホサートは、ひまわりの種子などで400倍の緩和をしている。

バイオテクノロジー農業製品の規制枠組みの近代化に関する大統領令
Executive Order on Modernizing the Regulatory Framework for Agricultural Biotechnology Products
https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/executive-order-modernizing-regulatory-framework-agricultural-biotechnology-products/

LAND & AGRICULTURE
Issued on: June 11, 2019

「日米貿易協定(USJTA) 交渉
具体的な交渉目的の要約
2018 年 12 月」
参考:
内田聖子氏の翻訳PDF
http://www.parc-jp.org/teigen/2019/USJTA/usjta_objectives.pdf

紙智子氏の質問は興味深いので、参議院インターネット審議中継をご確認ください。

本日は、外交防衛委員会は14時から開かれた。
外交防衛委員会は、参考人質疑で鈴木宣弘さん(東京大学)と内田聖子さんが出席した。

「日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定の概要」(参議院常任委員会調査室)(PDF)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2019pdf/20191101111.pdf

現時点までの事実関係、論点がまとめられています。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月26日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471781571.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月20日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院本会議で審議入り⇒11月21日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院外交防衛委員会で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471659185.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月19日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の承認案が衆院通過
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471625919.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月15日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471556682.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471511273.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定 与党は11月13日に衆院外務委員会で採決、11月14日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471434479.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月8日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 衆院外務委員会で 野党側退席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471417000.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月7日、衆院外務・農林水産・経済産業連合審査会にて日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 茂木外相は日米貿易協定を「物品貿易」と表現
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471400897.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月6日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院外務委員会で実質審議入り 茂木外相「自動車関税撤廃が前提」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471379913.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月1日の衆院外務委員会が流会 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の審議は11月6日以降に持ち越し 衆院外務委員会の11月8日までの採決見送り?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471316187.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月30日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の趣旨説明 11月1日に実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471244658.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月24日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471088598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 首相出席で10月24日に審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470963746.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、衆院攻防へ 与党、来月上旬通過目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470941468.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月15日、日米貿易協定案を閣議決定 早期承認目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470896507.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、貿易協定に正式署名 2020年1月にも発効
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470756887.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、10月8日に正式署名へ 政府が署名を閣議決定 来年1月発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470741698.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ハーバー・ビジネス・オンラインに「日米貿易協定」に関する内田聖子氏のコラムあり ご一読を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470739205.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 正式署名へ 10月8日にも閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470702473.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定「ウィンウィン」根拠は? 野党が追及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470498599.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易協定、合意文書署名 TPP水準まで農産品開放 日米首脳が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470491930.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定閣僚協議 交渉すべて終了 首脳会談で確認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470449182.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 対日交渉「最初の合意に達した」 米大統領が議会に通知 赤字削減へ協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470250411.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 13:57| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月26日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月26日、参院外交防衛委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月26日
外交防衛委員会
約2時間35分

会議の経過
  外交防衛委員会(第六回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を
   求めるの件(閣条第一号)(衆議院送付)
   デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締
   結について承認を求めるの件(閣条第二号)(衆議院送付)
    右両件について茂木外務大臣、河野防衛大臣、中野経済産業大
    臣政務官、河野農林水産大臣政務官及び政府参考人に対し質疑
    を行った。
    また、両件について農林水産委員会及び経済産業委員会からの
    連合審査会開会の申入れを受諾することを決定した後、連合審
    査会における政府参考人の出席要求の件及び参考人の出席要求
    の件については委員長に一任することに決定した。
    また、両件について参考人の出席を求めることを決定した。

発言者一覧

北村経夫(外交防衛委員長)
山田宏(自由民主党・国民の声)
小西洋之(立憲・国民.新緑風会・社民)
秋野公造(公明党)
鈴木宗男(日本維新の会)
井上哲士(日本共産党)
伊波洋一(沖縄の風)


秋野公造(公明党)・日米FTA.PNG

井上哲士(日本共産党)・日米FTA..PNG




11月26日、参院外交防衛委員会。
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件とデジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を議題とした。
山田宏(自由民主党・国民の声)氏は、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質問をしなかった。
・GSOMIAとWTO提訴等について
・中国の邦人拘束と解放等について
・習近平国家主席の来春訪日と日中関係の懸案等について
小西洋之(立憲・国民.新緑風会・社民)氏は、日米貿易協定に関する質問をしたが、冒頭、GSOMIAと桜を見る会の質問で埋めた。
・GSOMIAの失効回避
・桜を見る会
・自動車の追加関税、日米双方首脳及び関税撤廃の認識根拠
・米232条と牛肉のセーフガード
・関税撤廃されなければ、協定違反となるか(法解釈と認識の確認)
秋野公造(公明党)氏は日米デジタル貿易に関して重要な質問をした。
・WTOとの本協定の整合性と位置づけ及びTPP加盟国の影響等の政府見解
・FTA(EPA)利用率の低い中小企業実態と政府対策→制度利用の格差とTPP対策大綱の支援措置
・TPPで電子商取引が本協定でデジタル貿易とした理由
・TPPにないアルゴリズムが規定された背景
・デジタル貿易協定:18条のSNSに関する規定とTPPに盛り込まれなかった理由

※メモ SNSに関する規定=十八条:コンピュータを利用した双方向サービス
協定和文 PDF
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000527426.pdf

SNSに関する規定である
デジタル貿易協定、「十八条:コンピュータを利用した双方向サービス」には冒頭に注釈が付いていて米国の法基準になっていて合意した前提となってる。
秋野公造氏は、国内法の法整備が必要ではなかったか?と質した。
鈴木宗男(維)氏は、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質問をしなかった。
・過去の日米交渉の好評価例、また茂木大臣の今交渉の自身での評価
・(宗男の意見)今回の日米交渉の好評価、また国内対策で実施すれば良い。
・国内対策の財源の確保と財務省の具体的数字
・(宗男意見)政策の安定性確保=財源
・安倍総理の発言 「GSOMIAの破棄は北朝鮮を利する」の確認
・日露平和条約締結問題と日露首脳会談の早期開催の必要性と北方領土問題の解決
・ホル雄の牛肉価格等の農水省の見解
・生産減少額についての農水省の説明不足と周知の改善要望
・国内対策の重要性
・日米共同声明と協定発効後の再交渉の想定されてる分野
→茂木外相:自動車。コメは含まれない。
・(宗男)本協定の可決を望む。4兆円のプラス。
※始終、交渉関連と国内対策。実質条約内容はゼロ。
デジタル貿易協定はゼロ。
井上哲士(日本共産党)氏は、食品分野の非関税障壁について質問したが米国からは「そのような要望は出されていない」とのことだった。
大統領令にトランプ氏が署名したことを受けて、遺伝子組み換えやゲノム編集が問題になるのではないか。
モンサントのグリホサート(ラウンドアップ)の規制の現状はどうなっているのか?
日本に於いては、ひまわりの種で400倍の残留農薬の緩和がなされたが、何故か?
アメリカの基準に合わせたのではないか?

[厚生労働省] 2017年12月25日、食品、添加物等の規格基準の一部を改正 モンサントのグリホサートに有利な残留農薬の規制緩和が始まる BASF(バスフ)のボスカリドを含む全11種類
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456888478.html

政府が2017年に行った残留農薬の規制緩和の記事は、こちら。
モンサントのグリホサートは、ひまわりの種子などで400倍の緩和をしている。

バイオテクノロジー農業製品の規制枠組みの近代化に関する大統領令
Executive Order on Modernizing the Regulatory Framework for Agricultural Biotechnology Products
https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/executive-order-modernizing-regulatory-framework-agricultural-biotechnology-products/

LAND & AGRICULTURE
Issued on: June 11, 2019

「日米貿易協定(USJTA) 交渉
具体的な交渉目的の要約
2018 年 12 月」
参考:
内田聖子氏の翻訳PDF
http://www.parc-jp.org/teigen/2019/USJTA/usjta_objectives.pdf

井上哲士の質問は興味深いので、是非、参議院インターネット審議中継をご確認ください。

明日、11月28日は、「外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会」が10時から、外交防衛委員会は14時から開かれる。
外交防衛委員会は、参考人質疑で鈴木宣弘さん(東京大学)と内田聖子さんが出席する。
連合審査会の質疑と参考人質疑を有効に活用して欲しいと思います。

「日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定の概要」(参議院常任委員会調査室)(PDF)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2019pdf/20191101111.pdf

現時点までの事実関係、論点がまとめられています。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月20日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院本会議で審議入り⇒11月21日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が参院外交防衛委員会で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471659185.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月19日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の承認案が衆院通過
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471625919.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月15日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471556682.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471511273.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定 与党は11月13日に衆院外務委員会で採決、11月14日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471434479.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月8日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 衆院外務委員会で 野党側退席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471417000.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月7日、衆院外務・農林水産・経済産業連合審査会にて日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 茂木外相は日米貿易協定を「物品貿易」と表現
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471400897.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月6日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院外務委員会で実質審議入り 茂木外相「自動車関税撤廃が前提」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471379913.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月1日の衆院外務委員会が流会 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の審議は11月6日以降に持ち越し 衆院外務委員会の11月8日までの採決見送り?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471316187.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月30日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の趣旨説明 11月1日に実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471244658.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月24日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471088598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 首相出席で10月24日に審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470963746.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、衆院攻防へ 与党、来月上旬通過目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470941468.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月15日、日米貿易協定案を閣議決定 早期承認目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470896507.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、貿易協定に正式署名 2020年1月にも発効
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470756887.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、10月8日に正式署名へ 政府が署名を閣議決定 来年1月発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470741698.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ハーバー・ビジネス・オンラインに「日米貿易協定」に関する内田聖子氏のコラムあり ご一読を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470739205.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 正式署名へ 10月8日にも閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470702473.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定「ウィンウィン」根拠は? 野党が追及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470498599.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易協定、合意文書署名 TPP水準まで農産品開放 日米首脳が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470491930.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定閣僚協議 交渉すべて終了 首脳会談で確認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470449182.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 対日交渉「最初の合意に達した」 米大統領が議会に通知 赤字削減へ協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470250411.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

桜を見る会に反社会勢力、認める 菅義偉氏「結果的に入ったのだろう」

桜を見る会に反社会勢力、認める 菅義偉氏「結果的に入ったのだろう」

桜を見る会に反社会勢力、認める 菅氏「結果的に入ったのだろう」
https://this.kiji.is/571997047670490209?c=39546741839462401
2019/11/26 19:49 (JST)

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとの指摘について「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と述べた。野党議員は、マルチ商法を展開し破綻した「ジャパンライフ」の元会長が招待を受けて宣伝に悪用したと国会で追及した。

 反社会的勢力の出席を巡っては、週刊誌などが報じ、野党も問題視している。菅氏は警備体制の不備を認め、招待基準や安全確保の在り方を見直す考えを示している。

 菅氏は会見で、桜を見る会で撮影された写真の中に、菅氏と反社会的勢力が写ったものがあるとマスコミから指摘を受けていると説明した。


菅義偉・桜を見る会に反社会的勢力?.PNG



菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとの指摘について「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と述べた。
菅氏は警備体制の不備を認め、招待基準や安全確保の在り方を見直す考えを示している。
ヤクザが桜を見る会に入って来ていた?
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[皇位継承]「男女平等の社会 おのずと結論」自民 二階俊博幹事長

[皇位継承]「男女平等の社会 おのずと結論」自民 二階俊博幹事長

皇位継承「男女平等の社会 おのずと結論」自民 二階幹事長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012191761000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009
2019年11月26日 15時11分

安定的な皇位継承を確保するための方策について自民党の二階幹事長は、慎重に議論すべきだという考えを示すとともに「男女平等の社会であることを念頭に考えていけば、おのずと結論は出る」と指摘しました。

自民党の二階幹事長は記者会見で、安定的な皇位継承に向けた議論について「慎重を期していくことが大事だ」と述べました。

そして、女性や女系の天皇を認めるかどうか明言を避ける一方で「男女平等、民主主義の社会であることを念頭に考えていけば、おのずと結論は出る」と指摘しました。

また鈴木総務会長は記者会見で「国の根本に関わる問題だ。これから落ち着いた雰囲気の中で議論すればいい」と述べました。

一方、公明党の山口代表は記者会見で「女性天皇や女系天皇のことばの使い方や意味が必ずしも国民に十分に理解されているとは思えないところもある。国民の理解のうえで議論を進めることが大事だ」と指摘しました。


二階俊博・女系天皇.PNG



安定的な皇位継承を確保する為の方策について自民党の二階幹事長は、慎重に議論すべきだという考えを示すと共に「男女平等の社会であることを念頭に考えていけば、おのずと結論は出る」と指摘した。
二階俊博は女系天皇を容認か?
父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。
明治、昭和の内親王が降嫁した宮家に男系男子旧皇族が数多いらっしゃるようです。
臣籍降下(皇籍離脱)した宮家を皇籍復帰させるのが正当でしょう。




臣籍降下
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A3%E7%B1%8D%E9%99%8D%E4%B8%8B

臣籍降下(しんせきこうか)は、皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣下の籍に降りることをいう。賜姓降下(しせいこうか)とも言い、そのような皇族を俗に賜姓皇族という。皇族女子が臣下に嫁すことで皇族でなくなる場合は臣籍降嫁(しんせきこうか)とも言った。また日本国憲法施行後は皇籍離脱(こうせきりだつ)の語が用いられる。




関連

自民・甘利明氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471724609.html

自民 稲田朋美幹事長代行 皇位の男系継承堅持すべきという考え強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471472474.html

[日本会議] 男系男子の皇位継承維持 女性宮家創設に反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467442913.html

[立憲民主党] 女性・女系天皇容認を 皇位継承で論点整理
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467192644.html

自民有志、男系の皇位継承を 年内提言へグループ発足
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467080391.html

国民民主、男系の女性天皇を容認 典範改正案の原案が判明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466847783.html

共産 志位和夫委員長「女性天皇も女系天皇も認められるべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466842475.html?

[日本維新の会] 女性宮家など党内で議論開始へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465573416.html

「女性宮家創設など速やかに議論し結論を」 国民 玉木雄一郎代表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465572948.html

立民の枝野幸男代表 「女系天皇など国民の理解広めたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465522265.html

[時事通信世論調査] 女系・女性天皇に賛成7割
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465141860.html
ラベル:二階俊博
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月26日、会社法改正案が衆院通過 株主提案権の制限条項削除

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月26日、会社法改正案が衆院通過 株主提案権の制限条項削除

会社法改正案が衆院通過 株主提案権の制限条項削除
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52609740W9A121C1PP8000/
2019/11/26 13:30

衆院は26日の本会議で、上場企業に社外取締役の設置を義務付ける会社法改正案を可決した。衆院法務委員会は株主総会の株主提案権について「他の人を困惑させる目的」にあたると企業側が判断すれば提案を拒否できる趣旨の条項を削除する修正を加えている。同法改正案は同日参院に送付され、今国会で成立する見込みだ。

改正案では社外取締役の設置を義務付けるなど上場企業のガバナンスを強化する。企業のコーポレートガバナンス(企業統治)を強化し、海外からの投資拡大につなげる。

株主総会については、株主提案権の乱用を防いで総会の実効性を高める措置を盛った。政府案の柱は(1)他人の名誉を侵害したり、侮辱したり、困惑させたりすると企業が判断した場合に提案を拒否できる(2)提案は一人あたり10件までに制限する――としていた。

一方、衆院法務委の議論では「企業側が恣意的に拒否できるのではないか」との声が相次いだ。参考人の答弁で企業側の都合による株主提案の制限が事実上可能になることが分かった。政府が立法すべき根拠とした「株主提案権の乱用事例」は実際にはほとんど見られないとの指摘もあった。

立憲民主党などの野党共同会派が修正案を主張し、自民、公明、日本維新の会と共同提出した。22日の衆院法務委で全会一致で修正案を可決した。共産党は修正部分を除く法案には反対した。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49596&media_type=

2019年11月26日 (火)
本会議 (12分)

案件:
外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物の輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物の輸入につき承認義務を課する等の措置を講じたことについて承認を求めるの件(198国会承認3)
母子保健法の一部を改正する法律案(200国会衆8)
会社法の一部を改正する法律案(200国会閣10)
会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案(200国会閣11)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  01分
 富田茂之(経済産業委員長)  13時 03分  02分
 盛山正仁(厚生労働委員長)  13時 05分  03分
 松島みどり(法務委員長)  13時 08分  05分


松島みどり(法務委員長)・会社法.PNG



11月26日、衆院本会議。
会社法の一部を改正する法律案と会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案を一括して議題とした。
会社法改正案(2法案あり)を議題とした。
松島みどり(法務委員長)の報告は修正議決。
採決を行ったところ、原案を修正議決することで可決した。

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月22日、衆院法務委員会で会社法改正案の修正案が全会一致で可決 会社法改正案が賛成多数で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471727006.html

詳しくは、衆院法務委員会の採決をご覧ください。




参考

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月22日、衆院法務委員会で会社法改正案の修正案が全会一致で可決 会社法改正案が賛成多数で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471727006.html

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月12日、衆院本会議で会社法改正案が審議入り 社外取締役を義務付け⇒11月15日、衆院法務委員会で会社法改正案の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471604437.html

[会社法の一部を改正する法律案等] 10月31日、野党攻勢、審議応ぜず 会社法改正案先送り 河井法相辞任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471268043.html

[会社法の一部を改正する法律案] [会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案] 10月18日、会社法改正案を閣議決定 政府、社外取締役設置を義務化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471267371.html
ラベル:会社法改正案
posted by hazuki at 17:26| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

海自の中東派遣に理解要請 河野太郎防衛相、要人らと会談

海自の中東派遣に理解要請 河野太郎防衛相、要人らと会談

海自の中東派遣に理解要請 河野防衛相、要人らと会談
https://this.kiji.is/571313160749155425?c=39546741839462401
2019/11/24 21:55 (JST)

 【マナマ共同】河野太郎防衛相は24日、訪問先の中東バーレーンで、ハリファ国軍司令官とイエメンのミフラーフィ大統領顧問と個別に会談し、海上自衛隊の中東への独自派遣を巡る検討状況を説明し、理解を求めた。河野氏によると、両氏は好意的な反応を示した。

 バーレーンはイラン沖・ホルムズ海峡などの安全確保を目的とする米主導の有志連合に参加。米海軍第5艦隊司令部や英海軍の拠点があり、海自の寄港実績もある。


河野太郎とバーレーンのハリファ国軍司令官.PNG



河野太郎防衛相は24日、訪問先の中東バーレーンで、ハリファ国軍司令官とイエメンのミフラーフィ大統領顧問と個別に会談し、海上自衛隊の中東への独自派遣を巡る検討状況を説明し、理解を求めた。
河野氏によると、両氏は好意的な反応を示した。
画像はバーレーンのハリファ国軍司令官(右)と河野氏。




参考

河野太郎防衛相、自衛隊の派遣検討を表明 バーレーンの中東会議で演説
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471742828.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 22:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野太郎防衛相、自衛隊の派遣検討を表明 バーレーンの中東会議で演説

河野太郎防衛相、自衛隊の派遣検討を表明 バーレーンの中東会議で演説

防衛相、自衛隊の派遣検討を表明 バーレーンの中東会議で演説
https://this.kiji.is/570906865506157665?c=39546741839462401
2019/11/24 00:20 (JST) 11/24 00:21 (JST)updated

 【マナマ共同】河野太郎防衛相は23日、バーレーンの首都マナマで開かれた中東の安全保障に関する国際会議「マナマ対話」で演説し、情報収集を強化するため中東に自衛隊を独自派遣する検討を開始したと表明した。「日本関係船舶の安全確保はもちろん、中東地域の平和と安定のためでもある」と強調した。

 会議には中東を中心とした各国の外務、防衛当局関係者が集まった。日本政府は海上自衛隊の艦船や哨戒機の派遣を検討しており、補給や寄港などで中東諸国との連携が不可欠となる。このため国際会議や2国間会談を通じて自衛隊派遣に理解を求める狙いがある。


河野太郎・中東・演説.PNG



河野太郎防衛相は23日、バーレーンの首都マナマで開かれた中東の安全保障に関する国際会議「マナマ対話」で演説し、情報収集を強化するため中東に自衛隊を独自派遣する検討を開始したと表明した。
「日本関係船舶の安全確保はもちろん、中東地域の平和と安定のためでもある」と強調した。
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 22:32| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月22日、衆院法務委員会で会社法改正案の修正案が全会一致で可決 会社法改正案が賛成多数で可決

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月22日、衆院法務委員会で会社法改正案の修正案が全会一致で可決 会社法改正案が賛成多数で可決

上場企業には社外取締役” 会社法改正案 衆院法務委で可決
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187501000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_031
2019年11月22日 17時55分

上場企業に社外取締役を置くことなどを義務づける会社法の改正案は、衆議院法務委員会で一部が修正されたうえで、共産党を除く各党などの賛成多数で可決されました。

政府は企業経営の透明性を確保し、企業統治の強化を促すため、上場企業に社外取締役を置くことなどを義務づける会社法の改正案を今の国会に提出し、成立を目指しています。

22日開かれた衆議院法務委員会で、自民・公明両党と、立憲民主党などの会派、それに日本維新の会は、株主提案権の乱用を防ぐために設けた条項について、「提案権を制限する基準をより明確にすべきだ」として、企業側の判断で提案を拒絶できるとした条項を削除した修正案を共同で提出しました。

委員会では採決が行われ、修正部分は全会一致で可決され、改正案は共産党を除く各党などの賛成多数で可決されました。

改正案は、来週の衆議院本会議でも賛成多数で可決されて、参議院に送られる見通しです。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49594&media_type=

2019年11月22日 (金)
法務委員会 (3時間28分)

案件:
会社法の一部を改正する法律案(200国会閣10)
会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案(200国会閣11)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 松島みどり(法務委員長)  10時 15分  01分
 山尾志桜里(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 15分  04分
 門山宏哲(自由民主党・無所属の会)  10時 19分  21分
 浜地雅一(公明党)  10時 40分  20分
 松島みどり(法務委員長)  13時 00分  01分
 高木錬太郎(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  13時 00分  33分
 稲富修二(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  13時 33分  32分
 松田功(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  14時 05分  30分
 藤野保史(日本共産党)  14時 35分  31分
 串田誠一(日本維新の会)  15時 06分  26分
 藤野保史(日本共産党)  15時 32分  05分
答弁者等
議員(発言順):
 越智隆雄(自由民主党・無所属の会)
 日吉雄太(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
大臣等(建制順):
 森まさこ(法務大臣)
 宮ア政久(法務大臣政務官)


山尾志桜里・会社法修正案・趣旨説明.PNG

藤野保史・会社法討論.PNG

会社法修正案・起立総員.PNG



11月22日、衆院法務委員会。
会社法の一部を改正する法律案と会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案を一括して議題とした。
会社法改正案(2法案あり)を議題とした。
会社法改正案について、修正案が提出された。
立憲民主党の山尾志桜里氏が修正案の趣旨説明を行った。
質疑が行われた。
質疑は終局したとして、討論が行われた。
共産党の藤野保史氏が修正案に賛成、原案に反対の討論を行った。
会社法改正案(2法案あり)について、修正案と原案の採決を行った。
会社法の一部を改正する法律案の修正案の採決の結果、全会一致で可決した。
会社法の一部を改正する法律案の原案の採決の結果、賛成多数で可決した。
会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の修正案の採決の結果、全会一致で可決した。
会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の原案の採決の結果、賛成多数で可決した。
政府案の欠点を補う形の修正案は全会一致で可決。




参考資料

会社法の一部を改正する法律案に対する修正案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/3_5692.htm

会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案に対する修正案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/3_56C2.htm




参考

[会社法の一部を改正する法律案等] 11月12日、衆院本会議で会社法改正案が審議入り 社外取締役を義務付け⇒11月15日、衆院法務委員会で会社法改正案の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471604437.html

[会社法の一部を改正する法律案等] 10月31日、野党攻勢、審議応ぜず 会社法改正案先送り 河井法相辞任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471268043.html

[会社法の一部を改正する法律案] [会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案] 10月18日、会社法改正案を閣議決定 政府、社外取締役設置を義務化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471267371.html
ラベル:会社法改正案
posted by hazuki at 00:38| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

自民・甘利明氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」

自民・甘利明氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」

自民・甘利氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」
https://this.kiji.is/571174128488055905?c=39546741839462401
2019/11/24 12:22 (JST)

 自民党の甘利明税制調査会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承を巡り、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考え方を示した。皇位継承順位に関し「男系を中心に順位を付け、最終的選択としては女系も容認すべきだ」と語った。自民党幹部の容認発言は異例で、政府が検討する安定的な皇位継承策に影響を与える可能性がある。

 父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。安倍晋三首相は「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」との方針を表明。自民党内では男系を維持すべきだとして女系天皇には否定的な意見が多い。


甘利明・女系天皇.PNG



自民党の甘利明税制調査会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承を巡り、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考え方を示した。
父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。
男系女性天皇ではなく、女系天皇を認めるべきとは、甘利は何を考えているのか?
明治、昭和の内親王が降嫁した宮家に男系男子旧皇族が数多いらっしゃるようです。
臣籍降下(皇籍離脱)した宮家を皇籍復帰させるのが正当でしょう。




臣籍降下
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A3%E7%B1%8D%E9%99%8D%E4%B8%8B

臣籍降下(しんせきこうか)は、皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣下の籍に降りることをいう。賜姓降下(しせいこうか)とも言い、そのような皇族を俗に賜姓皇族という。皇族女子が臣下に嫁すことで皇族でなくなる場合は臣籍降嫁(しんせきこうか)とも言った。また日本国憲法施行後は皇籍離脱(こうせきりだつ)の語が用いられる。




関連

自民 稲田朋美幹事長代行 皇位の男系継承堅持すべきという考え強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471472474.html

[日本会議] 男系男子の皇位継承維持 女性宮家創設に反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467442913.html

[立憲民主党] 女性・女系天皇容認を 皇位継承で論点整理
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467192644.html

自民有志、男系の皇位継承を 年内提言へグループ発足
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467080391.html

国民民主、男系の女性天皇を容認 典範改正案の原案が判明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466847783.html

共産 志位和夫委員長「女性天皇も女系天皇も認められるべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466842475.html?

[日本維新の会] 女性宮家など党内で議論開始へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465573416.html

「女性宮家創設など速やかに議論し結論を」 国民 玉木雄一郎代表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465572948.html

立民の枝野幸男代表 「女系天皇など国民の理解広めたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465522265.html

[時事通信世論調査] 女系・女性天皇に賛成7割
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465141860.html
ラベル:甘利明
posted by hazuki at 23:22| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20外相会合が閉幕 WTO改革の切迫感共有

G20外相会合が閉幕 WTO改革の切迫感共有
https://this.kiji.is/570905617518330977?c=39546741839462401
2019/11/23 18:48 (JST)

 名古屋市で開かれた20カ国・地域(G20)外相会合は23日、2日間の日程を終えて閉幕した。全体会合では自由貿易体制の維持に向け、機能不全が指摘される世界貿易機関(WTO)改革を迅速に進める切迫感を共有した。デジタル経済の国際的なルールづくりでG20が主導的役割を発揮していく方針も確認した。

 議長を務めた茂木敏充外相は会合で、日米貿易協定や環太平洋連携協定(TPP)といった経済連携について「多角的貿易体制を補完し、国際的に質の高いルールづくりが進む」と意義を強調した。




名古屋市で開かれたG20外相会合は23日、2日間の日程を終えて閉幕した。
全体会合では自由貿易体制の維持に向け、機能不全が指摘される世界貿易機関(WTO)改革を迅速に進める切迫感を共有した。
デジタル経済の国際的なルールづくりでG20が主導的役割を発揮していく方針も確認した。
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 00:24| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする