2019年09月18日

参院、投票押しボタン工事開始 れいわ2氏の採決に対応

参院、投票押しボタン工事開始 れいわ2氏の採決に対応
https://this.kiji.is/546519976750892129?c=39546741839462401
2019/9/17 14:28 (JST) 9/17 14:29 (JST)updated

 参院は17日、重い身体障害があるれいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両氏に割り当てられた本会議場の議席に、押しボタン式の投票装置を設置する工事を開始した。10月上旬召集予定の臨時国会からの法案採決に対応する。両氏には、介助者による押しボタン投票が認められている。

 7月の参院選で初当選した両氏は、手足を自由に動かすのが難しく、通常より大型の車いすを利用している。参院は、8月の臨時国会前に議席を改修したが、押しボタン装置の整備が終わっていなかった。17日は施工業者が作業した。




参院は17日、重い身体障害があるれいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両氏に割り当てられた本会議場の議席に、押しボタン式の投票装置を設置する工事を開始した。
10月上旬召集予定の臨時国会からの法案採決に対応する。
両氏には、介助者による押しボタン投票が認められている。
posted by hazuki at 21:16| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

議員活動に「分身ロボット」要望 参院、れいわ新選組の舩後氏

議員活動に「分身ロボット」要望 参院、れいわ新選組の舩後氏
https://this.kiji.is/533171801485460577?c=39546741839462401
2019/8/11 15:39 (JST)

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者でれいわ新選組の舩後靖彦参院議員が、文章の読み上げなどが可能な「分身ロボット」の将来的な導入を要望している。参院議院運営委員会で検討される見通しで、国会のバリアフリー化に一石を投じることになりそうだ。

 手足を動かせず、声を発することもできない舩後氏は歯でかむセンサーでパソコンを操作し、執筆や講演を続けてきた。5日閉幕の臨時国会では、五十音が記された文字盤を目で追い、介助者が1文字ずつ確認し、意思疎通を図っていた。

 舩後氏が初登院前に参院事務局のヒアリングで希望したのが分身ロボ「OriHime(オリヒメ)」。


分身ロボット「オリヒメ」.PNG



難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者でれいわ新選組の舩後靖彦参院議員が、文章の読み上げなどが可能な「分身ロボット」の将来的な導入を要望している。
参院議院運営委員会で検討される見通しで、国会のバリアフリー化に一石を投じることになりそう。
分身ロボ「OriHime(オリヒメ)」が導入されるといいですね。
ラベル:舩後靖彦
posted by hazuki at 22:03| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

山本太郎氏、都知事選に含み 「選択肢排除せず」

山本太郎氏、都知事選に含み 「選択肢排除せず」

山本氏、都知事選に含み 「選択肢排除せず」
https://this.kiji.is/531831528198194273?c=39546741839462401
2019/8/7 22:48 (JST) 8/7 22:51 (JST)updated

 れいわ新選組の山本太郎代表は7日の記者会見で、来年の東京都知事選への対応について「選択肢として排除しない。その方が面白い」と述べ、立候補に含みを残した。先の参院選で新聞やテレビが同党を取り上げなかったことを念頭に「呼んでいただくタイミングもできる」とも語った。

 立憲民主党が国民民主党などに提案した衆院での会派合流構想について「政権交代に向け、必要なことではないか」と評価。ただ、れいわの木村英子参院議員らについては「もし参院側にも(構想が)広がればの話だが、一緒にすぐやるという判断はしなくていい」と述べ、当面は一線を画すべきだとの認識を示した。




れいわ新選組の山本太郎代表は7日の記者会見で、来年の東京都知事選への対応について「選択肢として排除しない。その方が面白い」と述べ、立候補に含みを残した。
先の参院選で新聞やテレビが同党を取り上げなかったことを念頭に「呼んでいただくタイミングもできる」とも語った。
山本太郎は、どうするのでしょうね。
国会議員に戻りたいような気がするのですが、都知事選もありか?
ラベル:山本太郎
posted by hazuki at 00:08| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

れいわ木村英子氏が質問主意書 仕事中の重度訪問介護見直し求め

れいわ木村英子氏が質問主意書 仕事中の重度訪問介護見直し求め
https://this.kiji.is/530937648784245857?c=39546741839462401
2019/8/5 13:08 (JST) 8/5 14:28 (JST)updated

 重い障害のあるれいわ新選組の木村英子参院議員は5日、仕事中は介助費の公的補助を受けられない重度訪問介護について、政府に早急な見直しを求める質問主意書を参院に提出した。

 現行は「通勤、経済活動にかかる支援」は公的補助の対象外で、歳費を受け取る議員活動は経済活動と見なされている。木村氏は議員活動中も補助を受けられるよう求めていたが、当面は参院が負担することになった。

 木村氏は質問主意書で「介護保障は国が障害者全体に対してする義務がある。私が国会議員であろうとなかろうとなされなければならない」と指摘した。


木村英子・れいわ..参院国土交通委員会.PNG




重い障害のあるれいわ新選組の木村英子参院議員は5日、仕事中は介助費の公的補助を受けられない重度訪問介護について、政府に早急な見直しを求める質問主意書を参院に提出した。
木村氏は質問主意書で「介護保障は国が障害者全体に対してする義務がある。私が国会議員であろうとなかろうとなされなければならない」と指摘した。

質問主意書・答弁書一覧
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/syuisyo.htm

重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/meisai/m199015.htm
ラベル:木村英子
posted by hazuki at 21:44| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

[参院選] れいわ2議席、山本太郎代表は落選 「政治に風穴必要」

[参院選] れいわ2議席、山本太郎代表は落選 「政治に風穴必要」

れいわ2議席、山本代表は落選 「政治に風穴必要」
https://this.kiji.is/525637381834441825?c=39546741839462401
2019/7/22 03:43 (JST) 7/22 03:44 (JST)updated

 政治団体「れいわ新選組」は比例代表で2議席を獲得し「特定枠」の1位と2位で擁立した候補者が当選した。東京選挙区から比例代表へ転出した山本太郎代表は落選した。山本氏はテレビ番組で議席獲得について「政治に何かしらの風穴をあける存在が必要だったのではないか」と述べた。

 山本氏は記者会見で「面倒くさい人が国会に行かなければ変わらない」と強調。次期衆院選に向け「野党と手を組まなければ政権交代できない。力を合わせる必要がある」と語った。自身は次の衆院選や参院選に立候補する考えを示した。

 当選者は、特定枠1位のALS患者の船後靖彦氏と2位で重度障害者の木村英子氏。


ALS患者の船後靖彦氏と山本太郎.PNG
れいわの木村英子と山本太郎.PNG



政治団体「れいわ新選組」は比例代表で2議席を獲得し「特定枠」の1位と2位で擁立した候補者が当選した。
当選者は、特定枠1位のALS患者の船後靖彦氏と2位で重度障害者の木村英子氏。
東京選挙区から比例代表へ転出した山本太郎代表は落選した。
山本太郎は、次期衆院選か次期参院選に出馬すれば良いと思います。
確かに、面倒くさい人が国会に行かなければ変わらない。




参考

[参院選] れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/468174776.html
posted by hazuki at 21:49| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

[参院選] れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて

[参院選] れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて

れいわ、比例代表で1議席確実 諸派が現行制度で初めて
https://this.kiji.is/525637381834441825?c=39546741839462401
2019/7/21 21:29 (JST) 7/21 21:33 (JST)updated

 政治団体「れいわ新選組」は比例代表で1議席獲得が確実となり、2議席目をうかがう。政党要件を持たない諸派が比例議席を得るのは、2001年の非拘束名簿式導入から初めて。山本太郎代表はテレビ番組で「政治に何かしらの風穴をあける存在が必要だったのではないか」と述べた。

 当選者は「特定枠」の1位で擁立した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の船後靖彦氏。もう1議席積み増せば特定枠2位の重度障害者木村英子氏が当選する。比例代表に転出した山本氏は少なくとも3議席を獲得しなければ落選する。


ALS患者の船後靖彦氏と山本太郎.PNG



政治団体「れいわ新選組」は比例代表で1議席獲得が確実となり、2議席目をうかがう。
当選者は「特定枠」の1位で擁立した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の船後靖彦氏。
比例代表に転出した山本氏は少なくとも3議席を獲得しなければ落選する。
仮に、特定枠の2名が当選したら、色々と大変だと思います。
れいわは頑張った。
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする