2019年01月22日

国民民主党、自由党が合流へ 参院選へ主導権狙う

国民民主党、自由党が合流へ 参院選へ主導権狙う

国民民主、自由が合流へ 参院選へ主導権狙う
https://this.kiji.is/460411403720950881?c=39546741839462401
2019/1/22 21:14

国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日夜、東京都内で会談し、両党が合流する方向で大筋合意した。両党所属議員が全員合流すれば、参院で野党第1会派になる。夏の参院選に向けて存在感を高めるとともに、国会運営で主導権を握るのが狙いだ。

 両党は、自由党が解党し、国民民主党に加わる形での合流を検討している。今後、党内でそれぞれ協議し、28日召集の通常国会までに手続きを終えたい考えだ。

 ただ同様の構想は昨年秋にも浮上し、国民民主党内の反対論で頓挫した経緯があり、不確定要素も残っている。


玉木雄一郎と小沢一郎.PNG



国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日夜、東京都内で会談し、両党が合流する方向で大筋合意した。
両党は、自由党が解党し、国民民主党に加わる形での合流を検討している。
小沢一郎が自由党を潰そうとしている。
働き方改革関連法案、入管法改正案で附帯決議に賛成した国民民主党。
ネオリベ野党と化した国民民主党の存在価値はない。
何故に、自由党を解党しなければならないのか。
山本太郎、森裕子は怒れ。
自由党が国民民主党に合流したら、国民民主党の支持率は更に低下するかも知れない。
この合流には反対です。




関連

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 12月8日、参院法務委員会で入管法を強行採決し可決⇒12月8日、参院本会議で入管法成立 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463132426.html

[働き方改革関連法案] 6月28日、参院厚生労働委員会で働き方改革関連法案が可決⇒6月29日、参院本会議で働き方改革関連法が成立 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460252058.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 22:14| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

政府・与党の非常識−憲法審査会の強行

政府・与党の非常識−憲法審査会の強行
https://blogos.com/article/342717/
記事 階猛 2018年12月03日 12:17

29日、国民民主党など野党6会派が反対する中、衆議院の憲法審査会が異例の開催。私は、憲法審査会の開催の時期、内容を決める幹事の一人です。また、国民民主党の憲法調査会長として、憲法改正の国民投票の公正を確保するべく、テレビ・ラジオCMやインターネットでの投票勧誘や意見表明を適正化する「国民投票法改正案」をまとめてきました。

この法案を与野党で議論するため憲法審査会を円満に開きたいと、かねてから考えていました。一時そのような機運もありましたが、9条改正などを含む自民党の改憲案を提示したいという安倍首相の指示なのか、忖度なのか。自民党はあまりに非常識なやり方で憲法審査会の早期開催を企て、ついに私たちの反対意見を無視して強行開催したのです。

非常識その1〜自民党の憲法改正推進本部長を務める下村博文代議士は、憲法審査会を早く開催しようとして、これに慎重な一部野党に対して「職場放棄」と批判しました。国会議員が憲法改正を目指して活動することは自由ですが、憲法99条により、国会議員は憲法尊重擁護義務も負っています。憲法改正に与しない自由も国会議員には認められているのです。これを無視した下村氏の発言は、憲法を理解しない極めて非常識なものです。

非常識その2〜先月21日の午後2時半ころ、私は、外国人材の受入れのための入管法改正案について法務委員会で質疑を行っていました。しかし、自民党の幹事は、ちょうどその時間帯に翌日の憲法審査会の開催を協議する幹事団の会合を企画したのです。大切な質疑を「職場放棄」して私に出席せよというのでしょうか。私からも強く抗議し、翌日の開催こそ見送られましたが、あまりに姑息で非常識なやり方です。

非常識その3〜27日には、たった17時間の質疑で入管法改正案が衆議院で強行採決されました。この法案は審議入りの本会議で首相が答弁した「重要広範議案」です。審議終了前にも首相が委員会で答弁するのが国会の常識です。しかし、今回は首相の外遊の都合が優先され、私たちの要求にもかかわらず安倍首相は法務委員会に出席しませんでした。憲法63条により、首相は答弁のため出席を求められたときは、衆議院の会議に出席しなければなりません。これに反する究極の「職場放棄」を首相に許しつつ、その翌日に何事もなかったかのように憲法審査会開催を一方的に決めたのです。実に身勝手で非常識です。

法務委員会でも、与党側は、入管法改正案の審議中は国会のルールに反して連日開催していたにもかかわらず、衆議院を通過したとたん一切開催に応じなくなりました。これも非常識であり、明らかな「職場放棄」です。憲法審査会を正常化したいのであれば、まず政府・与党の方が常識を取り戻し、「職場放棄」をやめるべきです。


森英介・憲法審査会会長・強行開催.PNG



国民民主党の階猛氏のBLOGSより転載。
11月29日、自民党はあまりに非常識なやり方で憲法審査会を強行開催した。
前代未聞です。
但し、憲法審査会は、幹事の補欠選任を議題として、すぐに散会した。
森英介(憲法審査会会長)の所要時間は2分。

衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48514&media_type=fp

2018年11月29日 (木)
憲法審査会 (31分)

案件:
幹事の補欠選任

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 森英介(憲法審査会会長)  10時 36分  02分




参考資料

政府・与党の非常識−憲法審査会の強行
http://shina.jp/a/activity/12064/
ラベル:階猛
posted by hazuki at 23:08| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」

国民・玉木代表「欧米的な移民受け入れを」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37169700R31C18A0PP8000/
2018/10/31 17:20

国民民主党の玉木雄一郎代表は31日の記者会見で、党がめざす外国人受け入れ政策について「家族の帯同や同一労働同一賃金のしくみを総合的に整備する。欧米的な移民政策だ」と語った。主要政党が「移民」との表現を使って受け入れを提言するのは初めて。

政府が今国会に提出予定の出入国管理法改正案をめぐり、安倍晋三首相は「移民政策をとることは考えていない」としている。玉木氏は会見で「ごまかしの中から正しい政策は生まれない」と首相を批判した。

野党第1党の立憲民主党は安倍内閣が進める政策を「事実上の移民だ」と追及する一方、党として「移民」を認めるかは明らかにしていない。野党第2党の国民は「移民」の概念に前向きな姿勢を示すことで、社会保障や日本語学習といった具体的な政策論議を与野党に促す方針だ。


玉木雄一郎・国民民主党.PNG



国民民主党の玉木雄一郎代表は10月31日、党が目指す外国人受け入れ政策について「家族の帯同や同一労働同一賃金のしくみを総合的に整備する。欧米的な移民政策だ」と語った。
主要政党が「移民」との表現を使って受け入れを提言するのは初めて。
外国人の受け入れを同一労働同一賃金などあり得ない。
国民民主党が目指すのは、多文化共生でしょう。
日本が移民に乗っ取られる。
せいぜい、安倍政権と仲良くやって下さい。
与野党グルである。




関連

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 17:16| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

国民民主、柚木道義氏を除籍 離党届受理せず

国民民主、柚木道義氏を除籍 離党届受理せず

国民民主、柚木氏を除籍=離党届受理せず
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082200118&g=pol

国民民主党の柚木道義衆院議員(比例代表中国ブロック)は22日、党本部に離党届を提出した。同党は総務会で、「党の結束を乱す重大な反党行為だ」としてこれを受理せず、同日付で除籍(除名)処分とすることを決めた。

離党の動きは5月の国民結党以来、初めて。執行部が強硬策を取ったのは、追随する動きを封じる狙いがあるとみられるが、支持率低迷が続く中で先行きは不透明だ。
 柚木氏は離党届提出後、衆院議員会館で記者会見し、「これ以上、政治信条を曲げてまで(政府・与党の)補完路線にくみすることはできない」と説明。当面は無所属で活動し、立憲民主党や衆院会派「無所属の会」との連携を目指す考えを示した。(2018/08/22-18:02)


柚木道義・国民民主除籍.PNG



国民民主党の柚木道義衆院議員(比例代表中国ブロック)は22日、党本部に離党届を提出した。
同党は総務会で、「党の結束を乱す重大な反党行為だ」としてこれを受理せず、同日付で除籍(除名)処分とすることを決めた。
当面は無所属で活動し、立憲民主党や衆院会派「無所属の会」との連携を目指す考えを示した。
希望の党で比例復活なので、当時、比例名簿のあった立憲民主党には次期総選挙までは移籍出来ないようです。
次期総選挙時に離党したら、比例復活の為がミエミエだから、今のうちに離党した。
やはり、立憲民主党や衆院会派「無所属の会」との連携を目指すと来ましたね。
離党届を見せる柚木です。




参考

国民民主・柚木道義氏が8月22日に離党届提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461212183.html
ラベル:柚木道義
posted by hazuki at 22:22| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

国民民主・柚木道義氏が8月22日に離党届提出へ

国民民主・柚木道義氏が8月22日に離党届提出へ

国民民主・柚木道義氏が22日に離党届提出へ
https://www.sankei.com/politics/news/180821/plt1808210030-n1.html
2018.8.21 21:14

国民民主党の柚木道義元財務政務官(衆院比例中国)が22日に離党届を提出する意向を固めた。当面は無所属で活動する。複数の関係者が21日、明らかにした。

 柚木氏は野党共闘路線への党運営転換を訴え、22日告示の党代表選への出馬を模索していた。


柚木道義・国民民主離党へ.PNG



国民民主党の柚木道義元財務政務官(衆院比例中国)が22日に離党届を提出する意向を固めた。
当面は無所属で活動する。
柚木道義は、希望の党で出馬し、岡山4区で落選し、比例復活。
2012年の衆院選以来、自民党の橋本岳に敗れ、比例復活。
当面、無所属と言いつつ、立憲民主党に入党しそうですね。




参考資料

柚木道義
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%9A%E6%9C%A8%E9%81%93%E7%BE%A9
ラベル:柚木道義
posted by hazuki at 23:08| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

国民民主党、前原誠司氏「復権」へ再始動 党京都府連会長に就任

国民民主党、前原誠司氏「復権」へ再始動 党京都府連会長に就任

国民、前原氏「復権」へ再始動 党京都府連会長に就任
https://this.kiji.is/403855242015376481?c=39546741839462401
2018/8/19 21:33

国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)が19日、京都市で開かれた党府連結成大会で、府連会長に就任した。昨年の衆院選では旧民進党の代表を務めていたが、党分裂を招いた反省からこれまで表立った活動を控えてきた。今後は自らの「復権」と党勢の拡大へ再始動する。大会には立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)も駆け付けた。

 結成大会で前原氏は「現実的な政策を掲げた政党が競い合う二大政党制の礎をつくるため、原点に戻って身を粉にして頑張る」と訴えた。その後の記者会見では、22日告示の代表選に立候補しないとした上で「誰を応援するかは候補者の考えを聞いて判断したい」と述べた。


前原誠司・京都2区.PNG



国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)が19日、京都市で開かれた党府連結成大会で、府連会長に就任した。
昨年の衆院選では旧民進党の代表を務めていたが、党分裂を招いた反省からこれまで表立った活動を控えて来た。
前原、息をしていたか。
随分、おとなしくしていたね。
自らの「復権」ね。
国民民主党は、国民から信用されてない。
ラベル:前原誠司
posted by hazuki at 00:15| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

国民民主党が結党大会 衆参60人規模の見通し

国民民主党が結党大会 衆参60人規模の見通し

国民民主が結党大会 衆参60人規模の見通し
https://this.kiji.is/366076559150892129?c=39546741839462401
2018/5/7 14:50 5/7 14:51updated

希望の党と民進党の合流による新党「国民民主党」は7日午後、結党大会を東京都内のホテルで開いた。昨年の衆院選を機に分裂した旧民進系の再結集を目指したが、民進の野田佳彦前首相ら国会議員27人が不参加を決断し、離党届を提出。そのうち10人が立憲民主党に入党を申請した。計107人だった希望、民進両党の国会議員のうち、参加者は60人規模となる見通しが強まった。立民を上回る野党第1党の実現は困難な情勢だ。

 希望の樽床伸二、大串博志両氏は新党不参加を表明した。

 民進では江田憲司衆院議員、白真勲参院議員も個別に離党届を出した。


国民民主党・結党.PNG



希望の党と民進党の合流による新党「国民民主党」は7日午後、結党大会を東京都内のホテルで開いた。
昨年の衆院選を機に分裂した旧民進系の再結集を目指したが、立憲民主党を上回る野党第1党の実現は困難な情勢。
立憲民主党に次ぐ野党第2党となる見通し。
国民民主党は民進党を存続政党として発足する。
希望の党は一旦、解散し、玉木雄一郎氏ら大半の議員が民進党に合流する形となる。
松沢成文氏ら新党に参加しない一部の議員が「希望の党」の名称を引き継ぎ、新たに希望の党を設立する。
希望の党の樽床伸二と大串博志、民進党(無所属の会)の江田憲司、民進党の白眞勲も新党に参加しない。
先日、玉木雄一郎が「国民第一」とテレビで発言していた。
安倍政権がグラグラしている時に新党です。
国民民主党は、仕事をしてくれるのでしょうか。




参考資料

国民民主党 旗揚げ 野党第2党に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30145190X00C18A5MM0000/




参考

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458993276.html




関連(希望の党)

[希望の党] 松沢成文氏、分党を提案 役員会、古川元久幹事長に対応一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456757749.html

希望の党混迷、3分裂も 安保法反対へ転換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456574369.html

民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456275076.html

[希望の党分裂] 松沢成文氏ら新党結成へ 民進との統一会派反発、執行部側は党名変更も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456274429.html




関連

野田佳彦・元首相も国民民主党に参加せず 1カ月後めどに地域政治団体設立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459231016.html

[民進党] 無所属の会・岡田克也氏ら三重で地域政党「三重新政の会」結成へ 民進の県連所属議員と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459068255.html
posted by hazuki at 15:47| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す

希望、民進新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す
https://this.kiji.is/361445799558956129?c=39546741839462401
2018/4/24 18:39

希望、民進両党は24日、両党幹部による新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党」にすると決めた。両党は今後、それぞれ党会合を開き、所属国会議員らに説明。「安倍1強」の打破を目指し新党への参加を求める構えだが、両党には慎重な議員もおり新党の規模は見通せない。

 協議会後、希望の玉木雄一郎、民進の大塚耕平両代表はそろって記者会見した。玉木氏は「国民が第一の政治を目指すために、ゼロからスタートするとの思いで頑張る」と述べた。大塚氏は「国民生活を向上、発展させる」と強調した。

 両氏は新党の通称は「国民党」になるとした。国政選挙での略称は「国民」の見通し。


希望と民進の新党.PNG




希望、民進両党は24日、両党幹部による新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党」にすると決めた。
新党の通称は「国民党」になるとした。
国政選挙での略称は「国民」の見通し。
玉木雄一郎が希望の党の党名を使えない問題。
新党は「国民民主党」で決まりか?
結局、「民主」を使うのだな。
玉木雄一郎が「国民第一」とテレビで発言していた。
国民第一というより、議員第一ではないのか。
合流に批判的な議員も多いという。
安倍政権がグラグラしている時に新党です。





関連

[希望の党] 松沢成文氏、分党を提案 役員会、古川元久幹事長に対応一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456757749.html

希望の党混迷、3分裂も 安保法反対へ転換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456574369.html

民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456275076.html

[希望の党分裂] 松沢成文氏ら新党結成へ 民進との統一会派反発、執行部側は党名変更も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456274429.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 22:52| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする