2015年10月15日

[維新分裂] 橋下「維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党」

[維新分裂] 橋下「維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党」

【維新分裂】
橋下氏「維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党」
http://www.sankei.com/west/news/151015/wst1510150044-n1.html
2015.10.15 15:00

維新の党の今井雅人幹事長が14日、新党「おおさか維新の会」に参加予定の馬場伸幸前国対委員長と片山虎之助、東徹両参院議員らを除籍処分とする考えを示したことについて、橋下徹大阪市長は15日未明、ツイッターで「国会議員も地方議員も皆対等とするのが維新の党の売りだった。今や維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党になってしまった」と激しく批判した。

 橋下氏は、9月末の任期満了前に辞任した江田憲司前代表の後を受けて5月に代表に就任した松野頼久代表について「任期切れでもう代表ではない」とし、執行部も任期切れとなったと説明。「維新の党には代表も執行部も不在の状態」とした。

 その上で、「党の最高決定機関である党大会が代表を選出し、執行部を組成する必要がある」と主張。党規約で党大会の議決権があると定めた「特別党員」の過半数の要請を受けて24日に大阪市内で臨時党大会を開き、執行部が拒否している分党を党の正式決定とする考えを示している馬場氏らを支持した。


橋下徹・おおさか維新の会.PNG



維新の党の今井雅人幹事長が14日、新党「おおさか維新の会」に参加予定の馬場伸幸前国対委員長と片山虎之助、東徹両参院議員らを除籍処分とする考えを示したことについて、橋下徹大阪市長は15日未明、ツイッターで「国会議員も地方議員も皆対等とするのが維新の党の売りだった。今や維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党になってしまった」と激しく批判した。
思い通りにならなかったら、かつての仲間も口汚く罵る橋下です。
橋下は、マルハン、ソフトバンク、パソナという反日朝鮮企業から支援を受けていたでしょう。






橋下徹 ✔ @t_ishin
400名を超える特別党員のうち、たかだか30名ほどの国会議員が何をしてるんだ?国会議員も地方議員も皆対等とするのが維新の党の売りだった。今や維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党になってしまったよ。これが偽物維新の党の本質。前回の選挙で有権者はこんな維新の党に票を入れてくれたわけではない




参考

維新の党、片山前総務会長3人除名 新党参加理由に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427839759.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

大阪ダブル選に影響も? 橋下維新が怯える「SEALDs」の逆襲

大阪ダブル選に影響も? 橋下維新が怯える「SEALDs」の逆襲
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165265
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165265/2
2015年10月7日

今月24日に発足する「おおさか維新の会」。初代会長に就く橋下徹大阪市長が、学生団体「SEALDs(シールズ)」の動向に神経をとがらせているらしい。

 8月30日に国会前で12万人デモが行われた際、橋下市長はツイッターで「こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザン(オールスターズ)のコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ」と発言。シールズなどの団体をバカにしている。

 国会デモとサザンのコンサートを比べること自体ナンセンスだが、さすがにシールズもカンカンになっている。来夏の参院選で「安保法案」に賛成した議員への「落選運動」を展開するシールズ。11月22日の大阪府知事選、大阪市長選のダブル選でも“反橋下”で動く可能性が囁かれている。

「シールズの動向には自民党も敏感になっています。東京だけでなく関西地方でも活動は活発。来年の参院選以降は18歳以上にも選挙権が与えられるため、シールズが若者に与える影響は無視できない。維新としては、11月のダブル選も『静かにしておいて欲しい』というのが本音です」(維新関係者)

事実、シールズを恐れているのか、“サザン発言”以降、橋下市長がデモやシールズに関して具体的に言及したことはほとんどない。ジャーナリストの櫻本幸吉氏はこう言う。

「橋下氏にとって脅威であることは間違いありません。なぜなら、彼の支持基盤である“浮動票”が取り込まれる可能性があるからです。シールズが大阪に来てドンチャカやれば、橋下氏がよく言う『ふわっとした民意』が流れかねない。彼が恐れているのは万単位の団体です。5月の住民投票でも共産党の“実動部隊”にやられている。各駅前でおじいちゃんやあばあちゃんがビラをまいたりする活動に対し、かなりヒステリックになっている部分があるんです」

 年配者だけでなく、若者も声を上げ始めれば、大阪の勢力図が塗り替わるのは間違いない。


橋下徹・おおさか維新の会.PNG
李信恵、SEALDs奥田愛基、伊藤大介、木野寿紀、有田芳生議員が飲み会.PNG



今月24日に発足する「おおさか維新の会」。
初代会長に就く橋下徹が、学生団体「SEALDs(シールズ)」の動向に神経をとがらせているらしい。
8月30日に国会前で12万人デモが行われた際、橋下はツイッターで「こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザン(オールスターズ)のコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ」と発言。シールズなどの団体をバカにしている。
「維新としては、11月のダブル選も『静かにしておいて欲しい』というのが本音です」
別にSEALDsを馬鹿にしても構わないではないですか。
橋下は、売国奴のサザンが好きなのですよね。
SEALDsが大阪まで行って、暴れるとは思えないです。
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

[橋下新党会見] 橋下氏「他の政党が一緒になればこっぱみじん」 新党暫定代表は「拒む理由ない」

[橋下新党会見] 橋下氏「他の政党が一緒になればこっぱみじん」 新党暫定代表は「拒む理由ない」

【橋下新党会見(11完)】
橋下氏「他の政党が一緒になればこっぱみじん」 新党暫定代表は「拒む理由ない」
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010089-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010089-n2.html
2015.10.1 21:18

《記者会見が始まってからまもなく2時間になろうとしているが、次第に地域政党「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪市長)の独壇場になってきた。既存政党の批判や地方分権など、持論を展開していく》

 −−枚方市長選、東大阪市議選の勢いがあれば、大阪市長選よりも府知事選の方が戦いやすい

 橋下氏「全然違いますよ。枚方市長選は自民が割れていなければ負けていたし、東大阪市議選も得票率は拮抗(きっこう)していた。他の政党が一緒になれば、維新はこっぱみじん。みんな、当たり前のように『大阪維新が…』とか言うが、異常事態なんですよ」

 《自民党から共産党までの既存政党が「非維新」として“共闘”する状況を批判。大阪府知事、大阪市長のダブル選(11月22日投開票)で府知事と大阪市長が維新と非維新の「ねじれ」になることに懸念を表明し、こう続けた》

 橋下氏「府知事、大阪市長の両方をとらないと維新の政策は進まない。それは自民にもいえること。そうなれば、また大阪の政治が前に進まず、停滞する。こんなことやめて一本化すべきだと思うんです。知事と市長の考えが合わなければ前進しない、これが大阪の構造的な欠陥。だから考えてほしい」

《次第に記者の質問もまばらに。司会者から「時間の関係で次で最後の質問にしてほしい」と説明があった》

 −−国政政党「おおさか維新の会」で、橋下氏が暫定的な代表につく可能性は

 橋下氏「暫定的な代表は、権限に制限がある仮取締役。誰もやらないとなれば、(12月中旬の自身の市長任期までは)拒む理由はない」

 《橋下氏の回答の後、司会者に促されて、大阪市長選への出馬を表明した元衆院議員の吉村洋文氏が発言した》

 吉村氏「厳しい戦いになるが、誰かが挑戦しなければ。せっかく国会議員になったんだからなどと心配な声もあるが、仮に出馬をやめたら大阪の政治はどうなるのか。しっかり(市長選を)勝ち抜いて、大阪を前に進めなければ」

 《約2時間に及んだ記者会見が終了。橋下氏は「ありがとうございました」と報道陣に一礼して会場を後にした》


橋下徹・会見.PNG



国政政党「おおさか維新の会」で、橋下氏が暫定的な代表につく可能性は?
橋下氏「暫定的な代表は、権限に制限がある仮取締役。誰もやらないとなれば、(12月中旬の自身の市長任期までは)拒む理由はない」
吉村氏「厳しい戦いになるが、誰かが挑戦しなければ。せっかく国会議員になったんだからなどと心配な声もあるが、仮に出馬をやめたら大阪の政治はどうなるのか。しっかり(市長選を)勝ち抜いて、大阪を前に進めなければ」
男前の吉村洋文が本当に大阪市長選を勝ち抜いてしまいそうですね。
橋下は、吉村洋文の顔が欲しいとか冗談で言ってましたね。




参考

[橋下新党会見] 「東京一極集中を変えるため大阪を副首都にする」 壮大な構想ぶち上げた橋下氏
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427070206.html

[橋下新党会見] 改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427069088.html

[橋下新党会見] 「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427063637.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[橋下新党会見] 「東京一極集中を変えるため大阪を副首都にする」 壮大な構想ぶち上げた橋下氏

[橋下新党会見] 「東京一極集中を変えるため大阪を副首都にする」 壮大な構想ぶち上げた橋下氏

【橋下新党会見(8)】
「東京一極集中を変えるため大阪を副首都にする」 壮大な構想ぶち上げた橋下氏
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010079-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010079-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010079-n3.html
2015.10.1 20:27

《地域政党「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪市長)、松井一郎幹事長(府知事)に対し、報道陣からの質問が続く》

 −−府知事選と大阪市長選で、松井さんと吉村さんは無所属ではなく「大阪維新の会」の公認候補として立候補するのか

 松井氏「そうです」

 −−維新の党の分党交渉がまとまらなかったとしても、両選挙の告示までには国政政党「おおさか維新の会」を結党するのか

 松井氏「私たちは維新の党を離党しており党員でもないので、まったく別の話だ。今やっている維新の党の議論とは関係ない」

 −−大阪都構想の住民投票では、否決されたら民間人に戻るかもしれないと示唆していた。いつ、なぜ、再挑戦することを決断したのか

 松井氏「それはもう、頭にきたのは2回目の大阪会議があった7月24日。(市長選への立候補を表明している)自民の柳本(顕)さんが『なぜ二重行政の話をするのか』と言ったので、本当に頭にきた。5月以降、いろんな人から、『残念やったね』『応援したのに』と言われたが、そこで僕は『大阪会議で話が進むから』と答えていた。そういう人たちの思いを裏切っている。自民の本性が見えた一瞬だった」

「ただ、そこですぐに決めたわけではない。4年間、知事の仕事をやってきて、都構想だけが仕事というわけではない。その他、医療や福祉、教育、都市整備など、いろんな課題がある。それをもう4年間やるのか。そう思うと熟慮が必要だった。ある時、橋下代表から『もう一度挑戦すべきじゃないか。僕は首長を8年やっているから』と言われた。それで、9月後半に最終決断した」

 《質問は再び橋下氏に向けられた。大阪市長選に立候補する予定の元衆院議員、吉村洋文氏に関する質問だった》

 −−橋下さんが吉村さんを後継候補として意識したのはいつごろなのか

 橋下氏「いや、もう当初からですよ。5月の住民投票より前。前回の衆院選で僕が出るかどうかというとき、そうなったら大阪市長をやってくれないか、と言っていた。つまり、その前から後継候補にと思っていたということ。後継といっても僕が市長を決めるわけではありませんが」

 《今度は国政政党「おおさか維新の会」の綱領に掲げられた大阪の「副首都」化について質問が飛ぶ》

 −−新党の綱領に「副首都」という言葉がある。どのようなイメージか

 橋下氏「そもそも日本には法律上、首都の定めがない。これは、しっかりしないといけない。東京オリンピックもあるので理解できる部分もあるが、何となくの雰囲気で東京に投資されている。霞が関の官僚は、目の前の東京しか意識していない。ただ、僕だって大阪市役所にいると御堂筋を意識してしまう。やはり人間ですから、霞が関で行政をやっていると、どうしても東京ばかり意識してしまう」

「であればこそ、きっちりと法律で決める必要がある。きちっと制度化して、予算措置もする。でないと日本に二極をつくることができない。もちろん大阪だけ繁栄すればよいのではなく、そこからさらに多極化する。今の中央集権という大きな岩を砕くには、まず2つに割らないといけない。東京一極集中を変えるためには、大阪を副首都にするべきだ。自民の柳本さんは、大阪の経済戦略としてリニアだとか北陸新幹線だとか言うが、そんなのは分かりきっている。柳本さんがわざわざ掲げなくても自民がやればいいじゃないですか。僕たちは法律で大阪を副首都にしっかり定める、そのため綱領で打ち出しました」

 《ここで松井氏は次の所用があるため退出。報道陣からカメラのフラッシュを浴びながら会見場を後にした》


橋下徹・会見.PNG



府知事選と大阪市長選で、松井さんと吉村さんは無所属ではなく「大阪維新の会」の公認候補として立候補するのか?
松井氏「そうです」
橋下さんが吉村さんを後継候補として意識したのはいつごろなのか?
橋下氏「いや、もう当初からですよ。5月の住民投票より前。前回の衆院選で僕が出るかどうかというとき、そうなったら大阪市長をやってくれないか、と言っていた。」
新党の綱領に「副首都」という言葉がある。どのようなイメージか?
「今の中央集権という大きな岩を砕くには、まず2つに割らないといけない。東京一極集中を変えるためには、大阪を副首都にするべきだ。」




参考

[橋下新党会見] 改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427069088.html

[橋下新党会見] 「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427063637.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[橋下新党会見] 改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏

[橋下新党会見] 改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏

【橋下新党会見(3)】
改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010071-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010071-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010071-n3.html
2015.10.1 19:14

《記者会見が始まってから約15分。壇上に座る地域政党「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪市長)、松井一郎幹事長(大阪府知事)は、報道陣の質問に応じる中で、次第に維新の党の現執行部に対して批判のボルテージを上げていく。維新の党の松野頼久代表が1日の記者会見で「あまり仲間で悪口を言い合うのはよくない」と、ツイッターなどで維新の党を批判する橋下氏を牽制したが、全く意に介していない様子だ》

 橋下氏「維新は、地方からスタートした政党。しかし、今の維新の党の国会議員は、まったく地方に目を向けていない。彼らがどれだけ地方選挙をがんばってやっているか。ほとんどやっていないのではないか。僕たちは、(大阪府)枚方市長選でも東大阪市議選でも必死にやった。今の維新の党の国会議員は、こういう活動をまったくしないが、何をやっているんだと思う。政党交付金として税金をもらうだけの存在だ。僕らは地方の活動をしっかりやって、足腰を鍛えて、地方から国に物申す、国のかたちを変える、それが結党理念の中心だと考えている。今の維新の党の執行部は、いったん国会議員になったら自分たちの生活を楽しむだけという、僕が一番嫌いな税金の使い方をしている。それが今の維新の党です」

−−結党する国政政党の名称に「おおさか」と冠するのは、全国展開の妨げになる可能性も高く、冒険的ではないか。また、平仮名にした意味は

 橋下氏「漢字だと、大阪という地域を指す言葉になってしまう。程度の問題だが、平仮名の方が改革、分権のイメージにつがなるかと思う。国民がすぐにそう思ってくれるかどうか分からないが、地方分権をやっていくんだというチャレンジの意味がある。僕は大阪府知事、大阪市長をやってきたが、政治闘争をやらないと統治機構は変わらなかった。これは口で言うだけではできない。今の国会議員、地方議員を見ても、口では言うが本気だと感じることはない。僕たちは『おおさか』という名称によって、東京とは違うんだということを示し、地方分権、東京一極集中の是正の象徴としたい」

 −−橋下さんは5月、大阪都構想が住民投票で反対多数となった際、すっきりした表情で(任期満了の)12月には引退すると言っていた。あの時点とずいぶん状勢が変わっているが、大阪市長をやめた後は「おおさか維新の会」に関わりを持つのか

 橋下氏「政治的には関わりません。5月にも言いましたが、1人の人間ができることは限られている。僕は僕なりに、自分では手を抜かずにやってきたつもりで、大阪都構想にチャレンジした。住民投票で否決はされたが、その設計図は完成させた。また、既存政党を相手にして中核市の市長選に勝てるような政治グループをつくった。今回、国のかたちを変える、大阪を副首都にするための国政政党をつくる。ここまでやったら、有権者の皆さんが何を言おうが、自分では納得している。12月をもって、政治としてはきっぱりそこで終わりにする」

−−有権者からすると、選挙に勝てば橋下さんがやるんだというほうがアピールになるのでは

 橋下氏「有権者をだますわけにはいきませんから。政党は公器で、個人の持ち物ではない。個人商店の組織は、すぐ消えます。大阪維新の会は、組織になってきています。ただ、法律の顧問をやってくれとか、何かあったときに相談に乗ってくれとか、そういうのは拒みません」

 −−1人の私人になってから、将来的に状勢が変化した場合にどうするかは、今は約束できないか

 橋下氏「私人の生活なので国民に約束することはしません」

 −政界復帰も含めてという意味か

 橋下氏「そういうことも含めて、私人ですから、まったく自由にさせてもらいます」


橋下徹・会見.PNG



橋下氏「維新は、地方からスタートした政党。しかし、今の維新の党の国会議員は、まったく地方に目を向けていない。彼らがどれだけ地方選挙をがんばってやっているか。ほとんどやっていないのではないか。」
大阪市長をやめた後は「おおさか維新の会」に関わりを持つのか?
橋下氏「政治的には関わりません。12月をもって、政治としてはきっぱりそこで終わりにする」
橋下は12月で政界を引退するようです。




参考

[橋下新党会見] 「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427063637.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[橋下新党会見] 「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明

[橋下新党会見] 「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明

【橋下新党会見(1)】
「現『維新の党』は偽物。本物の維新を作り直す」 国政政党「おおさか維新の会」立ち上げを表明
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010069-n1.html
2015.10.1 18:31

《新たに結成される国政政党「おおさか維新の会」。立ち上げの中心人物で、地域政党「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪市長)と松井一郎幹事長(府知事)が1日午後6時から、大阪市内のホテルで記者会見にのぞんだ》

 《この日午後4時半すぎには、会場外に受付を待つ報道陣の列ができた。5時15分の開場とともに記者がなだれ込み、60席の椅子はすぐに埋まった。会場には、テレビやスチールカメラも含め約100人の報道陣が詰めかけ、橋下氏らの登場を待ちわびた》

 《会見には、大阪府知事、大阪市長のダブル選挙(11月22日投開票)の候補者として、松井氏とともに決まった元衆院議員の吉村洋文氏も途中から登場する予定だ》

 《定刻の午後6時、関係者が「おおさか維新の会綱領」を記者に配布。その後、橋下氏と松井氏の2人が登場、中央のひな壇に並んで座った。ノーネクタイ姿の橋下氏は、新党立ち上げ表明について国会での安全保障法案の審議を終えるまで待ったと説明し、こう切り出した》

 橋下氏「現『維新の党』が偽物の党になったので、もう一度『維新の党』を作る必要がある。一貫した改革を進め、東京一極集中を改める。日本のもう一つのエンジンとするために大阪を再生させたい」

 《さらにこれから本格的に新党の国会議員を集めると明言し、こう続けた》

 橋下氏「日本の国の形を変えるためにも『おおさか維新の会』という政党を立ち上げていく。偽物から本物を作り直す、そういう気持ちで新党を作る」

 《「維新の党」に“宣戦布告”した橋下氏。注目の会見が始まった》


橋下徹・会見.PNG



新たに結成される国政政党「おおさか維新の会」。
立ち上げの中心人物で、地域政党「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪市長)と松井一郎幹事長(府知事)が1日午後6時から、大阪市内のホテルで記者会見にのぞんだ。
橋下氏「現『維新の党』が偽物の党になったので、もう一度『維新の党』を作る必要がある。一貫した改革を進め、東京一極集中を改める。日本のもう一つのエンジンとするために大阪を再生させたい」
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おおさか維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする