2017年03月06日

「慰安婦誤報」の元朝日新聞記者の植村隆 今度は「辺野古座り込み」集会に参加

「慰安婦誤報」の元朝日新聞記者の植村隆 今度は「辺野古座り込み」集会に参加

慰安婦誤報の植村隆、「辺野古座り込み」を新たな食い扶持に
http://news.livedoor.com/article/detail/12757945/
2017年3月6日 6時0分 デイリー新潮

まさかと言うべきか、やはりと言うべきか。慰安婦誤報の元凶の1人にして未だ無反省の元朝日記者、植村隆氏(58)が「辺野古座り込み」集会に参加した。今度は沖縄基地問題に食指が動いているようだが、その論理、メチャクチャです。

 ***

 その「招かれざる人物」が沖縄を訪れたのは2月頭のこと。「沖縄講演ツアー」と題し約1週間、大学での講義や書店サイン会、懇話会などをこなしたのである。

 慰安婦問題に詳しいジャーナリストが言う。

「ハイライトは2月3日、辺野古のキャンプシュワブのゲート前での“激励”です。植村さんは、基地を前に、そこに座り込む30人ほどに向かってスピーチをぶちました」

 ここで植村氏は、

「未だに戦前のような朝鮮人や沖縄人などへの差別があると思う!」

「武力では世界を支配できない時代。信頼関係の構築で解決を図るべきだ!」

「沖縄ヘイトや慰安婦を否定する勢力には絶対に負けない。みなさんと連帯して戦う!」

 などとアジを飛ばした。

 自己陶酔してしまったのか、その後の2月10日には、帰宅した札幌で「報告集会」を開催。沖縄ツアーを「目覚めへの旅」とした上で、

「日本の歪みが最もよく見える沖縄の立ち位置を再認識した!」

「札幌、韓国、沖縄を結ぶ三角形から、中心の東京を包囲したい!」

 とまで述べたというのだ。
■反体制活動家

 戦前の朝鮮、沖縄と同じ差別が未だ「ある」とは、「事実」を見るべき記者としての能力の低さを証明しているし、「信頼関係」で国際問題が解決できるとは、いまどき、中学生でも口に出さないお気楽平和主義。

 どのように「目覚め」ても「連帯」しても結構だが、誰がどう見たって、両問題の繋がりは薄い。無理やり結び付け、共闘と煽ることが、個別の問題を「政治問題」に貶めていることに、ちっとも気がついていないのだ。

 実際、地元名護市の「辺野古移設」反対派の面々に聞いてみても、

「基地と慰安婦を繋げられても、唐突としか言いようがありません。いったいどういうこと?」(さる市議)

「何が目的で来たんですかね。自分の主張を述べるため?」(別の市議)

 と目を白黒。「日本の歪み」より、こうした「己の歪み」をはやく「再認識」してほしいものである。

「植村さんは昨春から韓国カトリック大学の客員教授を務めていますが……」

 とは先のジャーナリスト。

「自らを“言論テロの被害者”と位置付け、昨年は年40件の講演、10件以上の大学の講義に呼ばれています。今春以降も大学の契約が延長され、コマ数も増えた。言わば、慰安婦誤報で食っているワケですが、今度はこれに沖縄も加え、嘴(くちばし)を挟んでいずれ『生活の糧』にしていくのでしょう」

 当の植村氏に聞くと、なぜか代理人が、

「植村氏のジャーナリストとしての基本は『人権と平和を守る』ということであり、今後もこの原則のもとに行動していく所存です」

 とコメントするのだが、古巣の先輩に当たる「週刊朝日」元編集長の川村二郎氏が呆れて言う。

「もはや植村君は、ジャーナリストではなく、反体制活動家でしょう。これ以上、恥をさらさず静かにしていてもらいたいけれど、イデオロギーの眼鏡しかかけていないから、無理だろうねえ……」

 まともな大人は決して近づいてはいけないのである。

ワイド特集「早春の椿事」より

「週刊新潮」2017年3月2日号 掲載


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



慰安婦報道に関する「誤報」問題で知られる元朝日記者の植村隆。
2月に沖縄を訪れ、「辺野古座り込み」集会に参加したと週刊新潮が報じた。
「週刊朝日」元編集長は植村について、もはや「反体制活動家」だと話した。
「未だに戦前のような朝鮮人や沖縄人などへの差別があると思う!」と植村隆。
「沖縄ヘイトや慰安婦を否定する勢力には絶対に負けない。みなさんと連帯して戦う!」とアジテーションした。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



元朝日新聞・植村隆が辺野古に襲来…


【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438020952.html

慰安婦報道に関わった元朝日記者の植村隆、韓国の大学教授就任へ 北星学園大非常勤講師は本年度まで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430283826.html

元朝日記者の植村隆、雇用打ち切りも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427533913.html

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424123129.html

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423587542.html

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

「アンデルセン文学賞」受賞者の村上春樹「厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、結局は自分を傷つけるだけだ」

「アンデルセン文学賞」受賞者の村上春樹「厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、結局は自分を傷つけるだけだ」

村上春樹氏、授賞式でスピーチ 他者排斥の動きに警鐘
http://this.kiji.is/165442903387981301?c=39550187727945729
2016/10/31 01:40

【オーデンセ共同】デンマークの「ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞」の今年の受賞者に選ばれた作家の村上春樹さん(67)は30日、童話作家アンデルセンの出身地、デンマーク・オーデンセでの授賞式に出席、英語のスピーチで「どれだけ高い壁を築き、厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、結局は自分を傷つけるだけだ」と語った。

 欧州など世界各地で深刻化する難民・移民など「他者」への排斥感情や、歴史修正の動きに警鐘を鳴らしたとみられる。

 村上さんは「影の持つ意味」と題するスピーチで、アンデルセンの作品「影」に触れた。


村上春樹・アンデルセン文学賞.PNG



「どれだけ高い壁を築き、厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、結局は自分を傷つけるだけだ」
欧州など世界各地で深刻化する難民・移民など「他者」への排斥感情や、歴史修正の動きに警鐘を鳴らしたとみられる。
また、ノーベル文学賞が遠退いたね。
こんなことを発言するから、ノーベル文学賞か゜獲れないんだよ。



拙ブログでは、村上春樹の過去の発言より、「反日活動家」として「村上春樹」を扱っています。
タグ:村上春樹
posted by hazuki at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

香山リカ「反天連撃退デモがうるさすぎて診療にならない。業務妨害を届けたい」(じゃぱそくより転載)

香山リカ「反天連撃退デモがうるさすぎて診療にならない。業務妨害を届けたい」(じゃぱそくより転載)
http://jpsoku.blog.jp/archives/1060261812.html
2016年08月17日

1: ダース・シコリアン卿 ★ 2016/08/16(火) 21:16:57.92 ID:CAP_USER
香山リカ?@rkayama
私の勤める病院は靖国神社から近く、さっきから反天連撃退デモがうるさすぎて外来診療に差し障りが出ていま中断中。「日本人ではなく朝鮮人が…」などのヘイトスピーチが切れ切れに聴こえてくる。このあたり病院や診療所多いのに。
1:19 - 2016年8月15日
https://twitter.com/rkayama/status/765100511766810625?lang=ja

香山リカ?@rkayama
本当にうるさい。軍歌流した街宣車は一瞬で通りすぎるけど警察が道路封鎖して奴らがたまってきてるみたいで、スピーカーの怒声がいつまでも続き診療にならない。業務妨害を届けたい。
1:32 - 2016年8月15日
https://twitter.com/rkayama/status/765103801875300353?lang=ja
 

香山リカ.PNG

引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1471349817/

43: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:26:33.99 ID:OC07mwMo
>>1
おまエラがやってるデモ隊も同じ様に思われてんだぜ
それを自分達だけが被害者とは片腹大激痛

批判していいのはデモに参加したことの無い一般人だけ

131: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:39:07.28 ID:G+OKSX6Y
>>1
ほんと激同だわ
↓こういう、うるさい基地(0:10)は迷惑だよね
https://www.youtube.com/watch?v=9EkB1yM9w_Q


香山リカ 発狂!精神を病んだ精神科医 慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進 銀座→日比谷公園 平成28年1月10日



香山リカ 発狂!精神を病んだ精神科医 慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進 銀座→日比谷公園 平成28年1月10日


487: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 22:13:16.58 ID:E6AUkwIW
>>1
中指立てて喚き散らしてた貴方が言える立場にないだろ。そのくらいもわからなくなったのか

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:24:27.05 ID:ExNK/2ai
左翼のデモはきれいなデモってか?

125: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:38:17.76 ID:DniJqE6C
まーSEALDsやしばき隊が太鼓をドンガンしてるときも
同じように思った人間は沢山いると思うんだけど

235: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:50:35.81 ID:MYW6ha8Y
反天連を批判しない時点で頭がおかしい

312: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/08/16(火) 21:59:15.88 ID:yb0lmM/v
本っ当ーに自己愛性過剰な連中なんだなパヨクってのは。
同じこと自分等が散々やってたろーが!




私は、絡んでもいないのに香山リカからブロックされています。
今では、しばき隊・カウンターの中の人の香山リカです。
中指を立てる下品な女がよく言いますわ。
反天連を批判しない時点で頭がおかしい精神科医でしょうが。
タグ:香山リカ
posted by hazuki at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

「フジロックの政治利用」批判にアジカン後藤が反論

「フジロックの政治利用」批判にアジカン後藤が反論
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1666182.html
[2016年6月20日14時24分]

今夏開催される野外フェス「フジロック・フェスティバル’16」に学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、ネット上では一部から「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などと批判の声があがっている。

 こうした批判の声に、ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文(39)が「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論した。

 後藤は20日にツイッターで、「これまでいくつものNGOやアーティストがさまざまな主張をステージで繰り返してきたわけだし」と、フジロックと政治の関係性について述べ、今回の批判について「『読経に宗教性を持ち込まないでください』みたいな言説だよね」と的外れであることを指摘した。

 後藤は、「フジロックに」ではなく「音楽に政治性を持ち込むな」という意見であれば、「リスナーは自由に言っていいと思う。そういう意見に忖度するかどうかも、作り手の自由」とした上で、自身は「音楽に持ち込んでいるのは社会性だと思ってるんだけれどね。政治性じゃない。社会と関わろうっていう、あるいは社会と関わらずにはいられない、ってことなんだけど」との考えを示した。


アジカン後藤.PNG



ネット上では一部から「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などと批判の声があがっている。
こうした批判の声に、ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文(39)が「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論した。
「「音楽は反体制」の元ネタはこれかな?でもフジロックは反体制というのは間違いないらしい。これってフジロック出演者は知ってるのかな」と、ネットの声。
やはり、フジロックは極左の集まりになって来ていますね。
アジカンの後藤も左翼です。




参考

【悲報】今年で20周年のフジロック'16に、津田大介氏やSEALDs奥田愛基氏の出演が決定(正義の見方より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439138193.html
posted by hazuki at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆氏が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00508290-shincho-soci
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00508290-shincho-soci&p=2
デイリー新潮 5月18日(水)4時5分配信

元朝日新聞記者の植村隆氏(57)が、ジャーナリストの櫻井よしこさんと、その記事を掲載した新潮社ら3社に対し損害賠償を請求した訴訟。第1回の口頭弁論が4月22日に札幌地裁で開かれたが、この裁判の焦点は、植村氏が朝日在籍時代の1991年8月11日に書いた〈思い出すと今も涙〉という記事である。慰安婦の支援団体から元慰安婦・金学順さんの証言テープを入手し、彼女が「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」たと記したこの報道については、金さん自身の発言や訴訟に出た時の書面によって、養父によって慰安所に売られたとの実態が明らかになっている。これを櫻井さんが「捏造」などと論評したことに対し、植村氏は「名誉毀損」とし、それが自らへの脅迫を煽ったと提訴したわけである。
■「軍関与」報道を導いた大きな存在

 件の記事について、1989年から94年までソウル支局勤務だった元毎日新聞論説委員の下川正晴氏は、“植村さんの記事が出る前に慰安婦の支援団体から取材協力を持ちかけられたが、日韓を揉めさせようとしているだけに見え、断った”“植村さんは特ダネが取れるとの意識で記事を書いたのではないか。テープを聞いただけで記事を書いてしまったが、本当に慰安婦問題に関心があるのなら、もっとディープな取材をするはず”と断じた。

 これが「暇ネタ」ならまだしも、こと慰安婦問題となれば、結果は重大であると言わざるを得まい。

 朝日の慰安婦報道について、「独立検証委員会」を作り、委員長として誤報の影響を調べた、京都大学の中西輝政名誉教授によれば、

「80年から2014年までの、NYタイムズなど米3紙の慰安婦に関する記事を探したところ、まとまった記事を出し始めたのは、1992年に朝日が『慰安婦に軍の関与があった』という記事を報じて以降でした。植村さんの記事はその5カ月前。80年代に加害者側から強制連行を証言した『吉田証言』に続き、被害者の立場からそれを裏付け、『軍関与』の報道を導いた大きな存在でした」

 これによって、アメリカで慰安婦強制連行は事実として受け止められ、国際社会へと広がっていった。植村氏が自らの被害者としての立場ばかり強調するのが、如何に都合の良い論理であるかがわかるであろう。


■朝日の若い記者もガックリ

 植村氏は、閉廷後に行った会見でこう述べている。

「櫻井さんは(脅迫の)あおり行為をしている」

「『植村バッシング』は、私だけの問題ではない。リベラルなジャーナリズムに対する不当な攻撃である。未来の記者たちがいわれのない攻撃を受けないための戦いです」

 しかし、前者について、早稲田大学名誉教授の重村智計氏が言う。

「言論の世界で生きているのであれば、言論には言論で答えれば良い。もし脅迫を受けたのであれば、警察や司法に対応を求めるべきであって、公権力で相手の主張を封じ込めようとするのは、ジャーナリストとしての役割をわかっていないと言わざるをえません」

 そもそも、植村氏は訴訟提起から1年余り、ニューヨークや韓国なども含めて講演活動に出ずっぱり。とても脅迫に萎縮しているお方とは見えないのである。

 後者についても、元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司氏が言う。

「古巣から漏れ聞いたところによると、朝日の心ある若い記者は、植村さんが表でこのような主張をする度にガックリきているそうです。間違いをおかしたのであれば、反省する。これは子どもでもわかること。若い記者が植村さんの態度を真似て、間違っても開き直ればいいんだ、と思ってしまったら、それこそジャーナリズムの自滅です」

 彼がそのために戦っているという「未来の記者」からはソッポを向かれてしまいそうということだ。これではまるでピエロである。
■論理のすり替え

 その道化師、もとい植村氏は、

「私が『捏造記者』でないことを、法廷でも、証明していきたいと思っています」

 とのみコメント。

 しかし、前出の重村氏は喝破する。

「植村君の取材が甘かった、というのがこの問題の本質なのです。そんなごく単純な問題を、櫻井さんなどの保守の論客から非難されたことで、“正しいことを言っているのに、右派にとっては、都合が悪いから攻撃されている”と、左対右の構図にしてしまった。要は、問題の本質を認識することなく、論理をすり替えているだけなのです」

「特集 100人の弁護士を従えて法廷闘争! 慰安婦誤報に反省なし! 元朝日『植村隆』記者の被害者意識ギラギラ」より

「週刊新潮」2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号 掲載


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



植村隆氏が新潮社など対し損害賠償を請求した訴訟について週刊新潮が報じた。
会見で植村氏は、バッシングはリベラルな報道に対する不当な攻撃と主張。
朝日新聞の若手記者は、植村氏の主張に「ガックリ」していると記事は伝えた。
そもそも植村隆の韓国人義母が慰安婦問題で活動してたのだから植村隆に記事を書かせたことが間違い。
朝日新聞に問題があるのです。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

慰安婦報道に関わった元朝日記者の植村隆、韓国の大学教授就任へ 北星学園大非常勤講師は本年度まで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430283826.html

元朝日記者の植村隆、雇用打ち切りも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427533913.html

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424123129.html

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423587542.html

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

元朝日新聞社主筆の若宮啓文が逝去 訪問先の北京で 享年68歳

元朝日新聞社主筆の若宮啓文が逝去 訪問先の北京で 享年68歳

元朝日新聞社主筆の若宮啓文さんが死去 訪問先の北京で
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/04/28/kiji/K20160428012490170.html

元朝日新聞社主筆で同センターシニア・フェローの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが28日午後、訪問先の北京市内のホテルで倒れているのが見つかり、死亡が確認された。同センターが明らかにした。68歳だった。東京都出身。死因や葬儀日程などは明らかになっていない。

 センターによると、27日にソウルから北京に入った。28日に連絡が取れないことを心配したセンターのスタッフが滞在先のホテル従業員と室内に入り、浴室で倒れているのを発見。その後、死亡が確認された。前夜「疲れた」と話していたという。

 若宮さんは1970年に朝日新聞社に入社。政治部長、論説主幹などを経て、2011年5月から13年1月まで主筆を務めた。15年に「戦後70年 保守のアジア観」で石橋湛山賞を受賞した。

[ 2016年4月29日 00:26 ]


アカが書きヤクザが売ってバカが読む朝日新聞.PNG
若宮啓文



元朝日新聞社主筆で同センターシニア・フェローの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)が28日午後、訪問先の北京市内のホテルで倒れているのが見付かり、死亡が確認された。
68歳だった。
いっそのこと島(竹島)を譲ってしまったら、と夢想するコラムのことを忘れません。
売国奴が他界した。



頑張れ日本!>朝日新聞_若宮「竹島なんかくれてやれ!!」




参考

「竹島を譲ったら」コラム執筆朝日元論説主幹、若宮啓文 韓国で活躍中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407838455.html
タグ:若宮啓文
posted by hazuki at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

慰安婦報道に関わった元朝日記者の植村隆、韓国の大学教授就任へ 北星学園大非常勤講師は本年度まで

慰安婦報道に関わった元朝日記者の植村隆、韓国の大学教授就任へ 北星学園大非常勤講師は本年度まで

慰安婦報道に関わった元朝日記者の植村氏、韓国の大学教授就任へ 北星学園大非常勤講師は本年度まで
http://www.sankei.com/life/news/151126/lif1511260019-n1.html
2015.11.26 11:30

北星学園大(札幌市)の田村信一学長は26日、元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった非常勤講師、植村隆氏(57)の雇用を継続しないことを記者会見で明らかにした。理由として植村氏が来年3月から、韓国カトリック大学校の招聘(しようへい)教授として1年間招かれ、受諾したことを挙げた。

 植村氏は平成24年4月から非常勤講師を務め、これまで1年ごとに契約を更新してきた。

 植村氏は平成3年に韓国の元慰安婦の証言を取り上げた朝日新聞の報道に関わった。週刊誌記事などで「捏造(ねつぞう)」と批判され、大学に脅迫の電話や抗議文が届いた。

 植村氏は記事などで人権侵害を受けているとし、出版社に損害賠償を求める訴訟などを起こしている。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



北星学園大(札幌市)の田村信一学長は26日、元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった非常勤講師、植村隆(57)の雇用を継続しないことを記者会見で明らかにした。
理由として植村が来年3月から、韓国カトリック大学校の招聘教授として1年間招かれ、受諾したことを挙げた。
朝日新聞を退職した若宮啓文は韓国に移住しましたが、植村隆も韓国へ行くのですね。
植村隆は韓国カトリック大学校の招聘教授になるようです。
慰安婦問題をこじらせた放火犯は韓国が大好きですね。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

元朝日記者の植村隆、雇用打ち切りも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427533913.html

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424123129.html

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423587542.html

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

元朝日記者の植村隆、雇用打ち切りも

元朝日記者の植村隆、雇用打ち切りも

元朝日記者の植村氏、雇用打ち切りも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-socra-soci&pos=4
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-socra-soci&p=2
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-socra-soci&p=3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-socra-soci&p=4
ニュースソクラ 10月9日(金)9時50分配信

北星学園幹部が警備理由に、本人らに伝える

 元日本軍慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者、植村隆氏(57)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市)幹部が、次年度の雇用打ち切りもありうると、同氏や関係者に伝えていたことが分かった。昨年から「解雇しないと爆破する」などと脅迫が相次いでいた。最近になって、脅迫や抗議は減ったが、教職員の疲弊と、警備費用のかかりすぎが理由だという。
 昨年は「暴力は許さない」と世論の支持を受け、雇用継続しただけに、北星を応援する市民からは「脅す側に植村さんを差し出すようなもの」「1年でサヨナラでは、社会の批判を免れない」など厳しい声が上がる。大学側は、学内外の意見を聞き結論を得る考えで、もし打ち切るなら、説明責任を求められそうだ。
 複数の関係者によると、田村信一学長が7月末と9月中旬に2回、植村氏と会談し、「警備の負担が大きい。教職員の反対も強い」と学内情勢を述べ、このままでは雇用打ち切りの可能性があると伝えた。植村氏は「まず、私が捏造記者ではないことを学生、教職員に説明させてほしい」と述べ、雇用継続を望んだという。
 同氏は1991年、各国の元慰安婦が名乗り出るきっかけになった韓国の元慰安婦、金学順(キム・ハクスン)氏が調査団体に被害証言を始めたことを伝える記事を書き、慰安婦問題否定派から「捏造」記者と批判されている。今年、プリンストン大など全米6大学と、上智大、北海道大の国内2大学に招かれ、捏造批判に反論する講義などをしたが、北星では一度も、公の場で説明できていない。
 複数の大学幹部は9月、北星を支援する市民らとも会談し、雇用打ち切りの可能性に言及した。市民側は「脅した側は1年越しで辞職に追い込んだと喜び、勝利宣言するだろう」「昨年苦労して雇用を守り抜いた北星の評価が台無しになる」などと伝えたという。植村氏は2012年から非常勤講師として、主に留学生を対象に日本の社会文化を教えている。学生には「分かりやすく一番好きな授業」(台湾人学生)などと好評だ。

昨年は雇用打ち切り方針を撤回

 事件を振り返る。発端は、週刊文春が昨年1月末、「『慰安婦捏造』朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」との見出しで、植村氏の神戸松蔭女子学院大の教授就任内定を報じた記事。直後に同大に抗議が殺到し、転職はだめになった。「植村はどこだ」。ネット上で「捜索」が始まった。北星が勤務先として知られると同5月から、爆破予告の脅迫状が複数届き、解雇を求める電話・メールが殺到。朝日が慰安婦報道検証記事を出した8月には、北星への抗議の電話・メールが月700件近くに達した。
 これを受け、田村学長は同10月、雇用打ち切りの方針を発表した。だが、全国1000人以上による「負けるな北星!の会(マケルナ会)」結成や、新聞労連、日本ペンクラブなどの応援声明に続き、下村博文文科相が「暴力に負けないで」と発言。全国380人の弁護士も脅迫犯を被疑者不詳の威力業務妨害容疑で札幌地検に刑事告発した。学内でも少数ながら教職員、大学院生が「大学の自治侵害だ」と声を上げるにいたり、大学は同12月、「言論弾圧は許されない、という社会的合意が広く形成され、一定の抑止力になりつつある」(田村学長)として雇用継続に転じた。
 北星と同様、爆破予告の脅迫状が届いた大阪の帝塚山学院大では、慰安婦報道に関わった別の元朝日記者の教授が、脅迫状が届いたその日に辞めた。雇用を継続した北星は、帝塚山、神戸松蔭と対照的で、国内外から「学問の自由を守った」と称賛された。
 今年4月以降、抗議の電話・メールは月に数える程度に減り、大学幹部は「ほぼ収束した」とみる。だが、警備費は本年度、3200万円と前年の倍に膨らんだ。危機管理コンサルタント会社の指示で警備員を増やし、当初500万円だった防犯カメラの設置費を北海道警の要請で1200万円に増額した。塀で囲まれた東京の大学と違い、北星のキャンパスは自然公園に隣接し、広大。外部からの侵入を完全に防ぐのは難しい。「過剰投資では」と効果を疑問視する声もあるが、大学幹部は「警察から必要と言われたら警備強化せざるをえない」という。
 しかも、教職員からは「1年頑張ったんだから十分」「植村さんがやめれば、平穏を取り戻せる」、「常勤の教授ら正職員と違い、非常勤は契約更新で切られても仕方ない」という声が上がっている。昨年は、リベラル派で知られる教員が「植村さんがいる限り警察が日常的に出入りする。私の研究の自由は守られない」と発言し、学内外を驚かせた。道外から北星を応援するクリスチャンの元大学教授は「被害者の北星が、バッシング集団に植村さんを差し出す加害者になろうとしている」と懸念する。
 むろん、心労は大変なものだった。北星は、米国の女性宣教師が開いたプロテスタント系の女学校が前身で、平和、人権教育に熱心な学風。これほどの攻撃に晒されたことは初めてで、脅迫や抗議が殺到した昨年は、大学事務が混乱し、電話口で罵声を浴びせられ体調を崩す職員もいた。秋の学園祭、春の入学試験など大勢が集まる際は厳戒態勢を強いられた。「開けたら指が飛ぶ」という脅迫状もあり、今年も、差出人不明の小包が教員に届き、警察が出動する騒ぎになった。
 最初に脅迫状が届いた5月末から、報道で明るみになるまで4カ月かかった。大学が混乱を恐れて学生らに伝えなかったためだけではない。端緒をつかんだメディアが慰安婦報道による朝日バッシングの飛び火を恐れ、目をつむり、ペンを折った。北海道警の被害届受理も報道が出た後、10月初めだった。北星のある教員は「報道には失望した。いつどの大学で起きてもおかしくないのに、他の大学は『他人事』と傍観しているようにみえた」。別の教員は「警察は当初、まともに取り合おうとしなかった。文科省も警備の負担軽減など具体的なサポートはなかった」と振り返る。

池田信夫氏、唐突に訂正謝罪

 潮目は変わりつつある。きっかけの一つが、植村氏が起こした「捏造」批判に対する名誉毀損裁判だ。
同氏は1991年8月、同12月の2本の記事で、元慰安婦らの裁判を支援する韓国の遺族会幹部である義母のつてで情報を得たり、義母の裁判を有利にするために記事を捏造したりした、などと批判されている。だが、朝日の昨年8月の検証記事も、同12月の第三者委員会の報告書も、「事実のねじ曲げない」と結論づけ、「捏造」を完全否定した。朝日が「事実が確認できない」として取り消した故吉田清治氏の報道に関わったという指摘もあったが、記事は1本も書いていない。植村氏は手記や講演などで反論してきたが、逆に「被害者づらをするな」と、家族まで標的にした殺害予告の書き込みが氾濫する結果となった。
 大学、家族への攻撃を止めさせるには、「捏造」記者のレッテルをはがすしかない−−。植村氏は今年1月9日、西岡力東京基督教大教授と週刊文春の発行元・文藝春秋を相手取り東京地裁に、2月10日には、ジャーナリスト櫻井よしこ氏と、週刊新潮を発行する新潮社、「WiLL」発行元ワック、週刊ダイヤモンドを発行するダイヤモンド社の計3社を相手取り、札幌地裁に訴えた。西岡氏と文春を訴えた裁判で被告側は、週刊文春で「『慰安婦捏造』」などと書いたのは「事実の摘示ではなく、意見ないし論評である」、つまり、植村氏がウソの記事を書いたという事実を示したのではなく、単に意見を述べただけ、と主張した。
 攻撃はかえって激しさを増した。「国賊の娘○○を必ず殺す。地の果てまで追いかけて殺す」。西岡氏らへの提訴から3週間後の2月2日。北星大に届いた脅迫状は、植村氏の高校生の長女を名指していた。2月7、17両日には、西岡氏らの裁判で植村氏の弁護団事務局長を務める神原元(はじめ)弁護士の神奈川の事務所に計500枚近いファクスが送りつけられた。冒頭は植村氏長女の制服姿の写真。「慰安婦は売春婦」などと書かれた文章とポルノ写真が延々と流れ、神奈川県警が偽計業務妨害の疑いで捜査している。
 一方で、批判する側の間違い、矛盾も次々に明らかになった。
「私の記述は誤りだった」「植村氏に謝罪する」。ブロガー池田信夫氏は今年2月13日、ブログで唐突に訂正とお詫びをした。植村氏が櫻井氏らを提訴した3日後だ。池田氏は、92年1月11日に朝日が1面トップで報じた「慰安所 軍関与示す資料」の記事は植村氏が書いた、と繰り返し主張。朝日が慰安婦問題を「日本軍の戦争犯罪に仕立てて世界中にウソを広めた」と批判する根拠にしてきたが、植村氏に月刊「世界」2月号で「東京社会部の記者が書いた」と反論され、あっさり事実誤認を認めた。池田氏は、この事実誤認を前提にした昨年8月12日のブログに「植村記者の記事は誤報ではなく捏造だ」との見出しを掲げている。
 産経新聞も、軌道修正を余儀なくされた。同紙は、植村氏が91年に「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」と書いた金学順氏に関する記事について、「だまされて慰安婦にされた」と本文にあるにもかかわらず、「慰安婦の強制連行を印象づけている」などと批判している。だが植村氏の調べで、産経自身が(1)91年と93年、同じ金氏についての記事2本で「強制的に連行」「強制連行」と書いた(2)91年、大阪で行われた講演を伝える記事で朝鮮人慰安婦の説明として「『挺身隊』の名のもとに、従軍慰安婦として戦場にかりだされた」と書いた――ことが判明。植村氏の指摘を受け、産経は8月4日、「『強制連行』『挺身隊』本紙も過去に使用」と報じた。

櫻井よしこ氏らの主張の東京移送認めず

 櫻井氏らの名誉毀損裁判では、ささやかな逆転劇も起きた。「東京在住の被告が多く、日程調整が大変」という櫻井氏側の主張を認め、札幌地裁が5月に東京地裁への審理移送を決定。だが、札幌高裁は8月31日、地裁決定を破棄し、札幌で裁判を行うことが事実上決まった。北星の卒業生が2週間で2500人集めた移送反対署名も後押しした。
 韓国ソウルでは、北星に留学していた元教え子の学生ら6人が「植村先生をやめさせないで」と呼びかけ、8月31日から5日間で917人の署名を集めた。カトリック大4年の姜明錫(カン・ミョンソク)君は、「先生への攻撃は続いています。言論と世界の関心が弱まった隙を狙って」「先生は慰安婦問題の象徴的な存在。解任は、右翼の卑怯な脅しに屈することです」と訴え、9月18日、韓国紙東亜日報で報道された。
 9月19日、札幌で開かれたマケルナ会1周年シンポジウム。米紙ニューヨーク・タイムズの1面で昨年12月、北星脅迫を報じたマーティン・ファクラー前東京支局長は、北星脅迫を振り返った。「戦前の(大阪朝日新聞の記事が発端になった言論弾圧の)白虹事件のように、歴史に残る事件です。安倍晋三首相が名指しで朝日新聞を批判し、他のメディアも萎縮する中、北星は大変勇気ある決断をした」
 日本の戦争責任を長年研究し、数々の脅迫を受けてきた内海愛子恵泉女学園大名誉教授は、マケルナ会呼びかけ人として全国に北星支援を訴えた一人だ。北星の前身の女学校を卒業し、恵泉女学園を創立したクリスチャンの女性教育者、河井道の言葉「勇気をお持ちなさい」を紹介し、こう結んだ。「北星の先生たちは去年、勇気ある一歩を踏み出した。また一歩踏み出す勇気を、ともに歩んで支えたい」

長谷川 綾 (新聞記者)


被害者づらするな.PNG



元日本軍慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者、植村隆(57)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市)幹部が、次年度の雇用打ち切りもありうると、同氏や関係者に伝えていたことが分かった。
昨年から「解雇しないと爆破する」などと脅迫が相次いでいた。
最近になって、脅迫や抗議は減ったが、教職員の疲弊と、警備費用の掛かり過ぎが理由だという。
植村は「まず、私が捏造記者ではないことを学生、教職員に説明させてほしい」と述べ、雇用継続を望んだという。
産経新聞の阿比留さんをボコボコにした植村ですが、捏造記者であることは明らかです。
#朝日新聞廃刊



New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424123129.html

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423587542.html

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

また空騒ぎ? 村上春樹氏「ノーベル文学賞」へ新たなハードル

また空騒ぎ? 村上春樹氏「ノーベル文学賞」へ新たなハードル
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165399
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165399/2
2015年10月8日

医学・生理学賞に続いて物理学賞でも日本人がノーベル賞を受賞し、村上春樹氏(66)を信奉するハルキストたちの期待は膨らむばかりだ。文学賞の発表は8日午後8時(日本時間)。悲願は今年こそ実るのか。

「いま、村上春樹を読むこと」(関西学院大学出版会)などの著書がある文芸評論家の土居豊氏はこう言う。

「ノーベル文学賞は通好みで難解な作品を得意とする作家が選ばれる傾向が強いのですが、昨年はサプライズでした。受賞したパトリック・モディアノ氏は通俗小説家。フランスの村上春樹、あるいは渡辺淳一といってもいいかもしれません。その点ではハードルが下がったとみています」

 昨年出版した短編小説「女のいない男たち」(文芸春秋)は約40万部を発行し、14年のベストセラーにランクイン(日版調べ)。今年は米タイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれ、9月に発売したエッセー集「職業としての小説家」(スイッチ・パブリッシング)は「20万部を超えた」(書店関係者)という。

人気は健在だが、下馬評は例年より辛い。カフカ賞を受賞した翌年の07年、英ブックメーカーのラドブロークスによる予想オッズで6位に躍り出て、昨年まで3年連続トップにつけていたが、今年は2位に転落。首位をベラルーシのスベトラーナ・アレクシエービッチ氏(67)に奪われた。戦禍を被った人々にジャーナリスト目線で迫る作家だ。植民地支配をマイノリティー視点で描くケニアのグギ・ワ・ジオンゴ氏(77)やユダヤ人社会などをテーマにする米国のフィリップ・ロス氏(82)、レバノン内戦から逃れてフランスに亡命したシリア出身詩人のアドニス氏(85)らも有力視されている。

「今年こそはと踏んでいましたが、ムードが変わってきました。選考するスウェーデン・アカデミーは政治性を優先するきらいがあり、平和へのメッセージを託すのであればアレクシエービッチ氏、ジオンゴ氏、アドニス氏の争いになりそうです」(前出の土居豊氏)

 また空騒ぎに終わるのか……。


村上春樹・ベルリン.PNG



医学・生理学賞に続いて物理学賞でも日本人がノーベル賞を受賞し、村上春樹氏(66)を信奉するハルキストたちの期待は膨らむばかり。
文学賞の発表は8日午後8時(日本時間)。
悲願は今年こそ実るのか。
今年もノーベル文学賞は無理か。
村上春樹は、中国人や韓国人を怒らせたのは日本人という売国奴です。
韓国が「もういい」というまで日本が謝るべきと発言もしました。
村上春樹は韓国に移住すれば良いと思います。
毎年、ノーベル文学賞を獲れない理由は、村上春樹が売国奴だからです。
村上春樹には日本がない。




参考

「相手が『もういいでしょう』と言うまで謝るしかない」 村上春樹「歴史認識」に百田氏噛みつく
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417675742.html

村上春樹の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響=「韓国に移民すべき」の声も(中国メディア)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417649467.html

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412612017.html

[村上春樹演説] パティ・スミス「あたなが生きていてうれしい」 ベルリンでハルキストら熱狂、スピーチに立ち見も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408548301.html

村上春樹「日本人は戦争責任を回避」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408312966.html

「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407005942.html

[ノーベル文学賞] 村上春樹、受賞ならず。フランスのパトリック・モディアノ氏に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406841325.html

村上春樹 酩酊した「ドイツ“大麻”パーティ」の一部始終 ドイツ人カメラマンが明かしたパーティの経緯
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403612144.html

村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/297092173.html
タグ:村上春樹
posted by hazuki at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見

植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見



【歴史戦】
植村隆元朝日記者「捏造でないことが証明されれば、有名記者になる」 ソウルで記者会見
http://www.sankei.com/world/news/150813/wor1508130026-n1.html
2015.8.13 18:40

【ソウル=名村隆寛】元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏が13日、ソウル市内で記者会見し「私は捏造記者ではない。不当なバッシングには絶対に屈しない」とあらためて強調した。

 植村氏の会見は、韓国政府系機関の東北アジア歴史財団の会議室で行われた。

 植村氏は、自らが1991年に書いた記事で、当時韓国で慰安婦の意味で使われていた「挺身隊」という表現を使ったことが「日本国内で『ねつ造だ』などと批判を受けてきた」と主張。「当時、他のメディアも同様の表現を使っていたにも関わらず、私だけが標的とされた」とし、「日本の異常なジャーナリズムの状況」として批判した。

 自らの報道への批判をめぐり、名誉毀損の訴訟を起こした植村氏は「(自分の記事が)ねつ造でないことが証明されれば、(自分は)ひとりの有名な記者になる」と述べた。

 さらに「こんな些細なことで騒ぐことは慰安婦に対する冒涜(ぼうとく)であり、慰安婦の尊厳のためにも負けられない」とも語った。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



捏造記者として、既に有名だろう。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423587542.html

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」

[植村隆インタビュー] 証言テープ「僕は持っていない」朝日の戦争反省「誇りに思う」



【朝日誤報取り消し1年 植村元記者インタビューダイジェスト】
証言テープ「僕は持っていない」 朝日の戦争反省「誇りに思う」
http://www.sankei.com/affairs/news/150804/afr1508040012-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150804/afr1508040012-n2.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150804/afr1508040012-n3.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150804/afr1508040012-n4.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150804/afr1508040012-n5.html
2015.8.4 14:06

慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者、植村隆氏のインタビューは次の通り。(阿比留瑠比、原川貴郎)

 ≪詳報は後日掲載します≫



 −−(慰安婦として最初に名乗り出た金学順氏の)証言テープは今どこに

 「僕は持っていない。(韓国)挺身(ていしん)隊問題対策協議会のテープですから」

 −−聞いたのはその時だけか

 「そうですね」

 −−誰とも分からない証言テープだけで記事にできるのか不思議だ

 「信頼できる団体が慰安婦の聞き取りを始めたという一報記事です。団体の尹貞玉代表らに先に解説してもらってテープを聞かせてもらったんだと思う」

 −−テープに『挺身隊』という名前は出てくるか

 「定かじゃない。当時、韓国では『挺身隊=慰安婦』だったんで」

 −−挺身隊と慰安婦の混同が韓国でかなりあったというのは分かる。植村さん自身はどう思っていたか

 「当時、『挺身隊=慰安婦』という形で使われておったんですよ。読売とか産経とかいろんなところに出ているんです。私どももそういうのが前提でしたね」

−−(金学順さんは)だまされたと記事に出てますけど、誰にだまされたと言っていたのか

 「それは分からない。誰にだまされたというのはもちろん聞いていません。だまされたというのは、意に反して慰安婦にさせられたということだから。でもさ、産経新聞は日本軍に強制連行されたとはっきり2回も書いているよね」

 −−金さんには何回会ったのか

 「(弁護士の)聞き取り調査同席が1回。(平成3年12月の)提訴のときには東京社会部と一緒に取材した」

 −−当時は強制連行ではなかったという認識か

 「僕は吉田清治さんの影響を受けていないから。取材したこともないし、(金さんについては)人狩り的な強制連行みたいなイメージはなかった。だまされて慰安婦にされたという認識だった」

 −−朝日新聞の慰安婦報道について思うところは

 「朝日新聞は慰安婦問題にきちんと取り組んできた。僕は、19年ごろかな、1年間、朝日新聞の戦争責任を追っかけた。朝日も戦前は戦争や植民地を美化した。非常にショックを受けた。戦後、植民地支配に対する反省と謝罪、おわび、そういう気持ちが社のジャーナリズムの柱の一つだったと思う。大阪は在日コリアンが多い。そのど真ん中に住んでいて、在日コリアンの人権問題を担当した流れで慰安婦問題を取材した。朝日新聞がやってきた侵略戦争の反省を伝えようという作業は、僕自身、誇りに思う」

−−ただ、吉田証言などの記事18本を取り消した

 「僕は記事を書いてないんで、書いた人に聞いてください。一つだけ言えるのは、朝日であれ産経であれどんな記者も良心に従って取材をしていたと思う」

 −−早い段階で(現代史家の)秦郁彦さんから疑問が呈され、訂正するまでに時間がかかったことについて、長らく朝日にいた記者としてはどうみているか

 「僕は吉田さんに会ったことがないのでコメントできない。大きな流れの中では人権侵害の問題をやってきたことは、間違ってなかったと思いますよ。吉田さんのことを取り消したという事実はあるが、慰安婦問題のすべてが間違っていたかといえば僕は全然違うと思う。お伺いしたいが、朝日新聞の報道のどこが問題だと」

 −−いろんなところに問題がある。慰安婦問題に限らず過去の日本を悪者にしたいとしか思えない。過度にそう取り上げようとしている

 「侵略戦争がありアジアに多大な被害を与えたというところは世界の共通認識じゃないですか」

−−ただ、吉田証言などの記事18本を取り消した

 「僕は記事を書いてないんで、書いた人に聞いてください。一つだけ言えるのは、朝日であれ産経であれどんな記者も良心に従って取材をしていたと思う」

 −−早い段階で(現代史家の)秦郁彦さんから疑問が呈され、訂正するまでに時間がかかったことについて、長らく朝日にいた記者としてはどうみているか

 「僕は吉田さんに会ったことがないのでコメントできない。大きな流れの中では人権侵害の問題をやってきたことは、間違ってなかったと思いますよ。吉田さんのことを取り消したという事実はあるが、慰安婦問題のすべてが間違っていたかといえば僕は全然違うと思う。お伺いしたいが、朝日新聞の報道のどこが問題だと」

 −−いろんなところに問題がある。慰安婦問題に限らず過去の日本を悪者にしたいとしか思えない。過度にそう取り上げようとしている

 「侵略戦争がありアジアに多大な被害を与えたというところは世界の共通認識じゃないですか」

−−実態は定かではない

 「それ、聞きたい」

 −−秦さんは2万数千人と見積もっている

 「じゃあ2万人だったら問題ないのかということですよね。数の問題は僕が答えるべき話ではない」

 −−西岡力・東京基督教大学教授の4年の論文で批判されてから20年以上も反論されなかった

 「僕が朝日の外に出たときに激しい攻撃がありましたよね。僕の娘は顔写真までさらされて。『自殺するまで追い込むしかない』ということまで書かれた。すごいショックを受けた」

 −−こういうことは絶対に許されない

 「娘まで巻き込まないでほしい。息子の(同じ植村姓の)友人まで。こんな事態を食い止めるために、裁判を起こした」

 −−3年12月の記事だが裁判を支援する義理のお母さんの関係者としての一記者が、原告に関する記事を載せることについて逡巡(しゅんじゅん)とか、葛藤はなかったのか

 「結婚する前から取材してますから。母親と結婚したわけではないわけですし僕は別に家族のために書いたわけじゃないんですよ」


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



(慰安婦として最初に名乗り出た金学順氏の)証言テープは今どこに
「僕は持っていない。(韓国)挺身隊問題対策協議会のテープですから」
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423527704.html

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」

元朝日記者・植村隆にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」



【朝日新聞慰安婦誤報取り消しから1年】
元朝日記者・植村隆氏にインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n3.html
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n4.html
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n5.html
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n6.html
2015.8.3 18:26

朝日新聞が自社の慰安婦報道に関する記事の一部の誤報を認め、関連記事を取り消してから5日で1年となる。初期の朝日の慰安婦報道に関わった植村隆元記者(北星学園大非常勤講師)が、初めて産経新聞のインタビューに応じた。

 朝日新聞は昨年8月5日付の特集記事で、「韓国女性を強制連行して慰安婦にした」と証言した唯一の日本側証人、自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の証言を虚偽だと判断し、関連記事16本を取り消した(後に2本追加)。国家総動員法に基づき工場などで働いた「女子挺身隊」と「慰安婦」を混同した報道を繰り返したことも認めた。だが、謝罪はしなかった。

 特集記事は、元韓国人慰安婦の女性について「女子挺身隊の名で戦場に連行」と事実と異なる報道をした元朝日新聞記者、植村隆氏の記事については、「意図的な事実のねじ曲げなどはありません」と結論付けた。

こうした姿勢に、朝日が設置した第三者委員会(中込秀樹委員長)も、昨年12月公表の報告書で朝日の検証記事について「自己弁護の姿勢が目立ち、謙虚な反省の態度も示されず、何を言わんとするのか分かりにくい」と厳しく批判した。

 この朝日新聞の第三者委による報告書も、批判の対象となった。

 朝日の慰安婦報道を独自検証した「独立検証委員会」(中西輝政委員長)は今年2月、朝日の第三者委報告書についてこう問題点を突いた。

 「国際社会に与えた影響を分析する部分では見解をまとめられず不十分」

 その上で独立検証委は、平成3〜4年の吉田虚偽証言、女子挺身隊の誤用、あやふやな元慰安婦証言、20万人強制連行説を広めた軍関与を示す文書発見と続く一連の朝日報道を次のように結論づけた。

 「数々の虚偽報道を行い、結果として、『日本軍が女子挺身隊の名で朝鮮人女性を慰安婦にするために強制連行した』という事実無根のプロパガンダを内外に拡散した」

朝日が、宮沢喜一首相(当時)の訪韓直前の4年1月11日、朝刊1面トップで「慰安所 軍関与示す資料」の見出しで掲載した記事は、朝日の第三者委も「慰安婦問題が政治課題となるよう企図して記事としたことは明らか」と分析。独立検証委は、「韓国紙が慰安婦問題を集中的に取り上げるのは、4年1月からだ」と指摘した。

 独立検証委の副委員長を務めた西岡力・東京基督教大教授はこう断言する。

 「虚偽の加害者(吉田氏)証言に加えて、虚偽の被害者証言も書き立てた。それによって『女子挺身隊として強制連行』という虚構が作り上げられ、国際社会に広まった。その責任を朝日が認め、検証しない限り、反省したとは到底言えない」

 7月30日に産経新聞のインタビューに応じた元朝日記者、植村隆氏は3年8月11日付朝日朝刊社会面(大阪本社版)で、元韓国人慰安婦だと初めて名乗り出た金学順氏(記事では匿名)の証言を署名入りで韓国メディアに先んじて報じた。昨年春に退社し、札幌市の北星学園大学の非常勤講師を務めるが、記事をめぐって、大学や家族らへの脅迫が続いたため今年1月、過去に記事を批判してきた西岡氏らを名誉毀損で訴えた。

「事実は本人が女子挺身隊の名で連行されたのではないのに、『女子挺身隊』と『連行』という言葉の持つ一般的なイメージから、強制的に連行されたという印象を与える」「安易かつ不用意な記載であり、読者の誤解を招く」

 3年8月11日の植村氏の記事について、朝日の第三者委報告書はこう断じた。

 植村氏は記事で「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた『朝鮮人従軍慰安婦』」のうちの一人だと金氏を紹介した。

 産経新聞の取材に対し、植村氏はこの記事は韓国挺身隊問題対策協議会で一度だけ聞かせてもらったテープをもとに同会から背景説明などを受けて書いたと説明。テープについて「僕は持っていない」と語った。テープを聞いた時点では、女性の名前は知らされなかったという。「女子挺身隊」という言葉が出てきたかどうかに関しては「定かじゃない」と答えた。

だが、記事が出た直後、金氏の経歴をめぐる異なる事実関係が明らかになる。

 金氏は3日後の14日に実名を明かしてソウルで記者会見を開いた。翌15日、韓国紙ハンギョレは「母親によって14歳の時に平壌のキーセン(妓生)の検番に売られ、検番の養父に連れられていった」と報じた。

 金氏らが12月に東京地裁に起こした賠償訴訟の訴状も、金氏の経歴に関し「養父に連れられて中国へ渡った」とあり、「挺身隊の名で連行された」と記載していない。

 朝日新聞は昨年8月の検証記事で、金氏が挺身隊の名で連行されたかどうかについては見解を示さなかった。その後、「この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません」との「おことわり」をデータベース上に追記。事実上、誤報を認めた。

 植村氏は第三者委の指摘について「強制的に連行されたような印象を与えるということだが、印象ではなく『強制連行』(という表現)で伝えているメディアがあることにも触れてほしかった」と語った。「植村が捏造記者じゃないことが報告書からも分かる。そこを強調したい」とした。

朝日の第三者委報告書は同じ3年中、植村氏が金氏について書いたもう一つの署名記事も取り上げた。12月25日付朝日新聞大阪本社版の「日本政府を提訴した元従軍慰安婦・金学順さん」の記事だ。

 この記事は1カ月前の11月25日、植村氏が高木健一弁護士らによる金氏へのヒアリングに同行した際に録音したテープを基に書いたものだが、金氏が12月6日に起こした賠償訴訟の訴状にも記載されたキーセン歴が書かれていなかった。

 独立検証委は「金さんが、吉田清治が主張していた女子挺身隊の名で強制連行された被害者であるかのような錯覚を作り出すのに、大きな役割を果たした」との見解を示す。

 また、植村氏の韓国人の義母は当時、金氏らを原告とする賠償訴訟を支援した太平洋戦争犠牲者遺族会の幹部だった。植村氏は「結婚する前からずっと、この問題を取材してきた。別に家族のために書いたわけじゃない」と述べた。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



「女子挺身隊」と「慰安婦」を混同した報道を繰り返したことも認めた。
だが、謝罪はしなかった。
「数々の虚偽報道を行い、結果として、「日本軍が女子挺身隊の名で朝鮮人女性を慰安婦にするために強制連行した」という事実無根のプロパガンダを内外に拡散した」
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419838548.html

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり

元朝日記者・植村隆の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり

元朝日記者の訴訟、東京地裁へ移送決定 慰安婦報道めぐり
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0139453.html
05/30 07:00

従軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者で北星学園大(札幌市厚別区)非常勤講師の植村隆氏(57)が、雑誌などで「捏造(ねつぞう)記事」と書かれて名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏と新潮社(東京)など発行元3社に計1650万円の損害賠償などを求めた訴訟で、札幌地裁(本田晃裁判長)は29日、東京地裁への移送を決定した。

 民事訴訟法は原則として、被告の住所を管轄する裁判所で審理すると規定。このため、被告側が東京地裁に移送するよう申し立てていた。植村氏側は決定を不服とし、札幌高裁に即時抗告する方針。

 植村氏は2月の札幌地裁への提訴に先立ち、文芸春秋(東京)と西岡力(つとむ)・東京基督教大教授を相手取った同様の訴訟を1月に東京地裁に起こしている。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



植村隆(57)が、雑誌などで「捏造記事」と書かれて名誉を傷付けられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏と新潮社(東京)など発行元3社に計1650万円の損害賠償などを求めた訴訟で、札幌地裁(本田晃裁判長)は29日、東京地裁への移送を決定した。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419079843.html

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者・植村隆が札幌で講演

慰安婦記事は「捏造ではない」 元朝日記者が札幌で講演
http://www.sankei.com/life/news/150516/lif1505160031-n1.html
2015.5.16 19:56

元朝日新聞記者で従軍慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏(57)が16日、札幌市中央区で講演し「私は捏造記者ではない。不当なバッシングには絶対に屈しない」とあらためて強調した。

 講演会には市民ら約140人が参加。植村氏は、韓国の元慰安婦の証言を取り上げた記事の取材経緯を説明して「捏造はない」と強調。週刊誌などの批判記事を紹介し「私をバッシングして慰安婦問題をなくそうとしている」と分析した。

 植村氏は、批判記事の執筆者や出版社を相手に損害賠償や謝罪広告の掲載を求める訴訟を起こした理由を「私や家族への脅迫がやまない。司法で判断してもらわないと言葉では伝わらない人たちがいる」と説明。「負けるわけにはいかない。応援していただきたい」と述べ、参加者に支援を訴えた。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



元朝日新聞記者で従軍慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆(57)が16日、札幌市中央区で講演し「私は捏造記者ではない。不当なバッシングには絶対に屈しない」とあらためて強調した。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418467727.html

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

辺野古基金、宮崎駿共同代表へ 移設反対の趣旨に賛同

辺野古基金、宮崎駿共同代表へ 移設反対の趣旨に賛同

辺野古基金、宮崎駿氏共同代表へ 移設反対の趣旨に賛同
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015050801001050.html

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する地元経済人や有識者らでつくる「辺野古基金」の共同代表に、アニメ映画監督の宮崎駿氏が就任する方向であることが8日分かった。関係者が明らかにした。

 基金側が就任を要請し、趣旨に賛同した宮崎氏が快諾したという。世界的に知られる宮崎氏の参加により、政府と県が対立を続ける普天間移設問題への関心の裾野が広がりそうだ。

 基金は、辺野古反対の考えを国内外に発信するため4月9日に創設。寄付金総額は既に1億円を突破した。辺野古阻止を公言する翁長雄志知事を支援するため、国内や米国の新聞への意見広告掲載などを検討している。
2015/05/08 12:11 【共同通信】


宮崎駿1.PNG



米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する地元経済人や有識者らでつくる「辺野古基金」の共同代表に、アニメ映画監督の宮崎駿氏が就任する方向であることが8日分かった。
宮崎駿は、「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」という売国奴です。 
ジブリ作品を喜んで観ない方が良いかも知れません。



「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議
http://www.j-cast.com/2013/07/19179774.html?p=all
2013/7/19 19:48

新作アニメ映画「風立ちぬ」公開を控えた宮崎駿監督(72)が、「慰安婦問題で日本は謝罪して賠償すべきだ」などとインタビュー記事で発言し、物議を醸している。

この記事は、事務所のスタジオジブリが2013年7月10日から全国の書店で配布した無料の小冊子「熱風」7月号に載せられている。


「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」

冊子がほしいと要望が多いため、ジブリが18日にホームページ上でPDFにして緊急配信したところ、ネット上で、大きな話題になった。

7月号は、「憲法改正」特集を組んでおり、宮崎駿監督は「憲法を変えるなどもってのほか」と題した記事で談話を載せている。

そこで、宮崎監督は、日本は戦争中に近隣諸国に酷いことをしており、戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だと訴えた。そして、「選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほか」と切り捨てた。

さらに、宮崎監督は、韓国や中国を想定しているらしく、慰安婦や領土についても、踏み込んだ発言をした。

「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする。この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません」

また、宮崎監督は、「こんな原発だらけの国で戦争なんかできっこない」として、日本は、衣食住などを自ら賄うよう産業構造を変えていくことの方が大事だと主張した。そうすると、人口は3分の1ぐらいが適正で、アニメ産業も今後は成り立たなくなると自虐的な予測をしている。

こうした主張に対し、ネット上では、「私もそう思う」「正直でいいじゃん」などと肯定的に受け止める向きもある。
ジブリ「書かれていることがすべてです」

しかし、宮崎駿監督への異論は多く、「日韓基本条約は無視ですか(*^^*)」「全く現実的じゃない」「左翼系によくみられる思想だな」といった書き込みが相次いでいる。

ネット上で異論も多いことについて、ジブリの広報担当者は、「『熱風』に書かれていることがすべてです」と取材にコメントした。そうしたのは、取材が多くて事務所では対応しきれなくなったため、取材を受けないことになったからだと説明した。

事務所などにどのくらい意見が来ているかも答えられないという。

ただ、今回なぜ「憲法改正」特集にしたのかについては、東京新聞の2013年7月19日付記事にあった通りだとした。記事によると、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫さん(64)が、21日投開票の参院選を前に旗色を鮮明にしようと発案した。実際、鈴木さんも、「9条 世界に伝えよう」という談話を寄せている。記事では、ジブリ出版部が「参院選の投票日前に読んでほしい」と呼びかけていた。

鈴木さんは談話で、「風立ちぬ」は戦争に関わる映画ではあるものの、「戦闘シーンは出て来ません」と強調している。これに対し、映画が20日に公開されることから、ネット上では、「熱風」の特集は話題作りではないのかとの憶測も出ていた。

もし、映画に合わせた政治的メッセージなら引かれてしまうことにならないのか。

この点について、ジブリの広報担当者は、「映画とは関係なく特集を組んでおり、結びつくものではありません」と説明した。映画公開が参院選前日であることについては、「数年前から計画しており、参院選に合わせたものではありません。それは、まったくの偶然です」と言っている。



宮崎駿氏「辺野古基金」共同代表へ 新基地阻止へ




参考

竹島は折半か共同管理をすれば良いという左翼の宮崎駿監督にアカデミー名誉賞!黒沢監督以来2人目 11月に授賞式!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404530081.html

心臓病で通院かと報じられた宮崎駿は、竹島は折半か共同管理をすれば良いという左翼です。永田町に入って来たら、大変です。
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/380028767.html
タグ:宮崎駿
posted by hazuki at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!

元朝日の植村隆、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」



【慰安婦問題】
元朝日の植村隆氏、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
http://www.sankei.com/world/news/150505/wor1505050039-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150505/wor1505050039-n2.html
2015.5.5 15:43

【ニューヨーク=黒沢潤】元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏は4日、米ニューヨーク市で講演し、集まった約80人を前に「私は激しいバッシングを受けている。この闘いに負けない」と強調した。

 植村氏は「捏造」と指摘される元慰安婦の証言を取り上げた記事(1991年8月)について「捏造だと攻撃することは、慰安婦問題をなきものにしようということにもつながる」と主張。日本が戦後70年間守り続けてきた「言論の自由」や民主主義への攻撃でもあるとし、「勇気を持って辛い体験を話した慰安婦のおばあさんたちの尊厳をも傷つける」と訴えた。

 一方、日本で1990年代半ばから「歴史修正主義者の動き」が出てきたとして「教科書から慰安婦問題を除くべきだという運動が始まり、そのリーダーの1人が安倍(晋三)首相だ」と批判した。

 また、植村氏非難を繰り広げる言論人として、ジャーナリストの櫻井よしこさんと東京基督教大学の西岡力教授の名を挙げ、櫻井さんについて「暴力的な言辞を繰り返す側に立ち、あおっている」と述べた。

植村氏は、北星学園大への抗議電話などが相次いでいることも紹介した上で、不快感を表明。かつて、関西地方の女子大への就職が決まっていたにもかかわらず、抗議メールが殺到したこともあり、大学が翻意したことについて「最初、憤ったが、大学側も被害者である」と語った。娘までもネットで誹謗中傷されているとし、「異常な事態だ」と訴えた。

 英語通訳を通じて講演した植村氏は最後に自ら英語で、「I WILL FIGHT(私は闘い続ける)」と強調した。

 植村氏は先月下旬、米国の大学の招待により、中西部シカゴ一帯で全米講演を開始した。5日には東部プリンストン、8日にはロサンゼルスでも講演する予定だ。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆は4日、米ニューヨーク市で講演し、集まった約80人を前に「私は激しいバッシングを受けている。この闘いに負けない」と強調した。
日本で1990年代半ばから「歴史修正主義者の動き」が出て来たとして「教科書から慰安婦問題を除くべきだという運動が始まり、そのリーダーの1人が安倍(晋三)首相だ」と批判した。
植村氏非難を繰り広げる言論人として、ジャーナリストの櫻井よしこさんと東京基督教大学の西岡力教授の名を挙げ、櫻井さんについて「暴力的な言辞を繰り返す側に立ち、あおっている」と述べた。
NYに行って、反日活動をする植村隆。
植村に日本の名誉を傷付けられた。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418040946.html

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢

元朝日記者・植村隆の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢



元朝日記者・植村氏の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
http://www.sankei.com/affairs/news/150427/afr1504270024-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150427/afr1504270024-n2.html
2015.4.27 18:11

「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などとの指摘で名誉を傷つけられたとして、朝日新聞元記者の植村隆氏(56)が、文芸春秋と東京基督教大学教授の西岡力氏(59)を相手に計1650万円の損害賠償と謝罪記事の掲載などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、東京地裁(原克也裁判長)であった。文芸春秋と西岡氏は請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を見せた。

 訴状によると、朝日記者だった植村氏が平成3年8月、韓国人元慰安婦とされる女性の証言を初めて掲載した。「意図的に事実を捏造した」と批判する西岡氏の論文や、「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」との見出しが付いた昨年2月6日号の週刊文春の記事などについて「植村氏や家族への敵意をあおり立てた」としている。

答弁書によると、被告側は植村氏の執筆した記事について、「日本軍による強制連行の事実があったと誤解させる内容であり、原告には利害関係や動機があり、新聞記事としての倫理性を著しく欠く」と指摘。その上で、「『捏造』であると評することは意見ないし論評の域を逸脱しない」と主張した。


New York Times Takashi Uemura.PNG
朝日新聞 植村.PNG
植村隆・講師.PNG



「慰安婦記事を捏造した」などとの指摘で名誉を傷付けられたとして、朝日新聞元記者の植村隆(56)が、文芸春秋と東京基督教大学教授の西岡力氏(59)を相手に計1650万円の損害賠償と謝罪記事の掲載などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、東京地裁(原克也裁判長)であった。
文芸春秋と西岡氏は請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を見せた。
植村に日本の名誉を傷付けられたと逆に訴えることは出来ないのでしょうか。
私は捏造記者ではないとは、よく言うよ。
植村隆は女子挺身隊を慰安婦と捏造記事を書いたことに関して、国民に謝罪しなければいけない立場です。
日本を貶めた植村隆。
植村隆の妻の母親は韓国人で、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表の梁順任(ヤン・スニム)。
梁順任(ヤン・スニム)は植村隆の義母。



【西岡力】元朝日新聞記者・植村隆氏からの挑戦状[桜H27/1/13]


元朝日記者、植村隆氏が文春を提訴「私は捏造記者ではない」




参考

「私は捏造記者ではない」 元朝日記者の植村隆が櫻井よしこ氏ら提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413843027.html

「私は捏造記者ではない」慰安婦報道の元朝日・植村隆が講演 声震わせる場面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413732758.html

元朝日の植村隆「不当なバッシングに屈するわけにいかない」 弁護団は170人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412131468.html

元朝日の植村隆が提訴 文春と西岡力氏に計1650万円の賠償求める 従軍慰安婦報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412081464.html

[ハンギョレ新聞] 植村隆のインタビュー「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411181951.html

元朝日記者の植村隆を北星学園大学が一転して来年度も講師で雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410807256.html

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の植村隆の言い分に「被害者ぶるな」の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410094380.html

元朝日記者、植村隆の雇い止め再考を 北星学園大の院生、学長に要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408751088.html

朝日元記者、植村隆「雇用せず」 脅迫受け北星学園大検討 危機管理費用など懸念し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076171.html

渦中の元朝日・植村隆「捏造は断じてない」 古巣にコメント寄せる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406764334.html

[朝日新聞] 香山リカ立教大教授、姜尚中聖学院大学長ら、脅迫状届いた北星学園大学を支援する会結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406746798.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html

朝日新聞を早期退社の植村隆は北海道の北星学園大学で国際交流科目の講師として採用された模様
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397709724.html

慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅!植村隆との雇用契約は、2014年3月7日付で解消と神戸松蔭女子学院大学!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394304201.html

猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/387390880.html




関連

「売国朝日新聞に告ぐ…謝罪しなければ記者殺す」 朝日新聞に脅迫文 慰安婦問題・アベノミクス報道を批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410750260.html

北星学園大脅した疑いで新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)逮捕 「朝日気にくわない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407639245.html

新潟の60代男逮捕へ 「慰安婦」で北星大脅迫 「爆弾仕掛ける」電話
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407623263.html

元朝日記者の植村隆を批判し「天誅」、北星学園大に脅迫文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406335975.html
タグ:植村隆
posted by hazuki at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

「相手が『もういいでしょう』と言うまで謝るしかない」 村上春樹「歴史認識」に百田氏噛みつく

「相手が『もういいでしょう』と言うまで謝るしかない」 村上春樹「歴史認識」に百田氏噛みつく

「相手が『もういいでしょう』と言うまで謝るしかない」 村上春樹氏「歴史認識」に百田氏噛みつく
http://www.j-cast.com/2015/04/21233606.html
http://www.j-cast.com/2015/04/21233606.html?p=2
http://www.j-cast.com/2015/04/21233606.html?p=3
2015/4/21 17:52

作家の村上春樹氏(66)のインタビューに、作家の百田尚樹氏(59)がかみついた。村上氏は歴史認識について「ちゃんと謝ることが大切」だと述べ、相手国が納得するまで謝罪することが必要だとしたが、百田氏は「小説家なら、相手が『もういい』と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...」と、謝罪には否定的だ。

「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」ともツイートし、謝罪アピールが村上氏の国際的評価を高めるわけではないとも指摘したが、この指摘には反発も強かったようだ。


話題は地下鉄サリン事件、原発事故など多岐にわたる

村上氏のインタビューは「時代と歴史と物語と」と題して共同通信が配信。4500字を超える長文インタビューだ。紙面掲載日は加盟社によってまちまちで、東京新聞では4月17日、西日本新聞では4月19日に掲載された。

話題は1995年の地下鉄サリン事件や2011年の東京電力福島第1原発事故など多岐にわたる。歴史問題をめぐっては、中国や韓国が力を増した結果として

「相対的に力が低下してきた日本には自信喪失みたいなものがあって、なかなかそういう展開を率直に受け入れることができない」

と指摘。中国経済や軍事バランスが今後どう変動するかは「わかりません」と断った上で、歴史問題について持論を述べた。

「ただ歴史認識の問題はすごく大事なことで、ちゃんと謝ることが大切だと僕は思う。相手国が『すっきりしたわけじゃないけれど、それだけ謝ってくれたから、わかりました、もういいでしょう』と言うまで謝るしかないんじゃないかな。謝ることは恥ずかしいことではありません。細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実なんだから」


村上氏に否定的なツイートで「フォロワーがごっそり減った」

こういった村上氏の発言を、百田氏はツイッターで、

「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」
「小説家なら、相手が『もういい』と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...。それとも本音は『1000年以上謝り続けろ』と言いたいのかな」

などと疑問視した。ただ、村上氏を支持するツイッター利用者も多かったようで、百田氏曰く「フォロワーがごっそり減った」。それでも、

「それにしても、村上春樹もそこまで言うなら、自分が韓国に言って謝ってきたらいいのに」

と村上氏の発言には納得していない様子だ。


韓国紙、村上発言根拠に「謝罪するべきことは素直に謝罪する誠意ある姿勢」求める

百田氏の指摘以外にも、村上氏の発言が韓国側に利用されているとの指摘も出そうだ。

中央日報は4月18日に村上氏のインタビューを報じる中で、

「村上氏が異例にもインタビューに応じてこのように強調したのは8月の戦後70年談話(安倍談話)で『侵略』『 植民地支配』『お詫び』という言葉を避けようとする安倍首相に覚醒を促したと解釈される」

と論評。これとは別に社説でも村上氏のインタビューにふれ、

「日本にも歴史問題に正しい認識を持つ知性人が少なくないことを見せてくれる」
「このような村上氏の指摘に共感する日本人は少なくないはずだ。今回の発言をきっかけに、認めるべき過去の過ちをはっきりと認め、謝罪するべきことは素直に謝罪する誠意ある姿勢こそ、日本を普通の国にする最も大きな力になるという認識が日本国内に広がることを望む」

と主張。日本側に謝罪が足らないとの認識を改めて示している。


村上春樹・ベルリン.PNG



作家の村上春樹(66)のインタビューに、作家の百田尚樹氏(59)が噛み付いた。
村上は歴史認識について「ちゃんと謝ることが大切」だと述べ、相手国が納得するまで謝罪することが必要だとしたが、百田氏は「小説家なら、相手が「もういい」と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...」と、謝罪には否定的。
村上のインタビューは「時代と歴史と物語と」と題して共同通信が配信。
4500字を超える長文インタビュー。
村上の発言を、百田氏はツイッターで、「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」
「小説家なら、相手が「もういい」と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...。それとも本音は「1000年以上謝り続けろ」と言いたいのかな」などと疑問視した。
「それにしても、村上春樹もそこまで言うなら、自分が韓国に言って謝ってきたらいいのに」と村上の発言には納得していない様子。
村上春樹は売国奴なのに、百田さんを支持せずに村上春樹を支持する理由が分からない。
村上春樹は、中国人や韓国人を怒らせたのは日本人という売国奴です。
今回、韓国が「もういい」というまで日本が謝るべきと発言しました。
村上春樹は韓国に移住すれば良いと思います。
毎年、ノーベル文学賞を獲れない理由は、村上春樹が売国奴だからです。
村上春樹には日本がない。






百田尚樹 @hyakutanaoki
村上春樹氏が共同通信のインタビューで「日本は相手国が『もういい』というまで謝るしかない」と発言したらしい。
そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ。

【村上春樹氏「相手国がもういいというまで日本は謝るしかない」】
http://japanese.joins.com/article/197/199197.html





百田尚樹 @hyakutanaoki
小説家なら、相手が「もういい」と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが…。
それとも本音は「1000年以上謝り続けろ」と言いたいのかな。
http://japanese.joins.com/article/197/199197.html





百田尚樹 @hyakutanaoki
村上春樹の「日本は韓国がもういいと言うまで謝れ」という発言を否定的に書いたら、フォロワーがごっそり減った。
これはダイエットだと考えることにしよう(^^)

それにしても、村上春樹もそこまで言うなら、自分が韓国に言って謝ってきたらいいのに。




参考

村上春樹の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響=「韓国に移民すべき」の声も(中国メディア)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417649467.html

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412612017.html

[村上春樹演説] パティ・スミス「あたなが生きていてうれしい」 ベルリンでハルキストら熱狂、スピーチに立ち見も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408548301.html

村上春樹「日本人は戦争責任を回避」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408312966.html

「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407005942.html

[ノーベル文学賞] 村上春樹、受賞ならず。フランスのパトリック・モディアノ氏に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406841325.html

村上春樹 酩酊した「ドイツ“大麻”パーティ」の一部始終 ドイツ人カメラマンが明かしたパーティの経緯
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403612144.html

村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/297092173.html
タグ:村上春樹
posted by hazuki at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上春樹の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響=「韓国に移民すべき」の声も(中国メディア)

村上春樹の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響=「韓国に移民すべき」の声も(中国メディア)

村上春樹氏の「日本は謝り続けるべき」発言が韓国で大反響=「韓国に移民すべき」の声も―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a106672.html
配信日時:2015年4月19日(日) 23時18分

2015年4月19日、人民網によると、日本の著名な小説家・村上春樹氏に、韓国ネットユーザーから移民を勧める声が上がっている。

【そのほかの写真】

村上氏は先日、メディアのインタビューに応じた際、中国、韓国を含む第2次世界大戦の被害国と日本との関係について、「謝ることは恥ずかしいことではない。細かいことはともかく、日本が他国を侵略したことは事実。歴史認識はとても重要なことであり、日本ははっきりとした謝罪の言葉を述べることが大事だ」とし、「相手国から『十分に謝ったのだからもういいよ』と言われるまで、謝り続けるしかないのではないか」と指摘した。

村上氏は、これまでにもたびたび日本の歴史認識について批判してきた。AFP通信は、戦後70年の“安倍談話”が注目を集める中での村上氏の発言に、「深い意味がある」と報じている。この発言について、韓国のメディアやネットユーザーの反応は大きく、あるネットユーザーからは「村上春樹は日本にいるのはもったいなすぎる。韓国に移民すべきだ」との声まで上がっているという。(翻訳・編集/北田)


村上春樹.PNG
羊をめぐる冒険.PNG
1Q84.PNG



4月19日、人民網によると、日本の著名な小説家・村上春樹に、韓国ネットユーザーから移民を勧める声が上がっている。
村上は先日、メディアのインタビューに応じた際、中国、韓国を含む第2次世界大戦の被害国と日本との関係について、「謝ることは恥ずかしいことではない。細かいことはともかく、日本が他国を侵略したことは事実。歴史認識はとても重要なことであり、日本ははっきりとした謝罪の言葉を述べることが大事だ」とし、「相手国から「十分に謝ったのだからもういいよ」と言われるまで、謝り続けるしかないのではないか」と指摘した。
4月18日の中央日報で、「村上春樹氏「相手国がもういいというまで日本は謝るしかない」」という見出しの記事を書かれています。
中国人や韓国人を怒らせたのは、日本人という売国奴は、また韓国で余計なことを発言しましたね。
韓国がもういいというまで日本が謝るしかないだと、ふざけるな。
日本は、韓国に十分謝罪しました。
慰安婦問題は日韓基本条約で解決済みです。
村上春樹は韓国に移住すれば良いと思います。
毎年、ノーベル文学賞を獲れない理由は、村上春樹が売国奴だからです。
村上春樹には日本がない。



村上春樹氏「相手国がもういいというまで日本は謝るしかない」
http://japanese.joins.com/article/197/199197.html
2015年04月18日08時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

日本の世界的な作家、村上春樹氏(66)が「日本は相手国が『もういい』というまで謝るしかない」と強調した。

村上氏は17日に報道された共同通信のインタビューで、「歴史認識はとても重要だから、しっかりと謝罪することが大切だ」とし「相手国が『すっきりしたわけじゃないけれど、それだけ謝ってくれたから、分かりました、もういいでしょう』というまで謝るしかない」と述べた。続いて「謝ることは恥ずかしいことではない」とし「細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実だから」と付け加えた。

村上氏が異例にもインタビューに応じてこのように強調したのは8月の戦後70年談話(安倍談話)で「侵略」 「植民地支配」「お詫び」という言葉を避けようとする安倍首相に覚醒を促したと解釈される。

また村上氏は「日本が経済大国で、韓国も中国も途上国という時には、その関係の中でいろんな問題が抑え込まれていたが、韓国、中国の国力があがってその構造が崩れ、封印されていた問題が噴出している」と診断した。




参考

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412612017.html

[村上春樹演説] パティ・スミス「あたなが生きていてうれしい」 ベルリンでハルキストら熱狂、スピーチに立ち見も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408548301.html

村上春樹「日本人は戦争責任を回避」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408312966.html

「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407005942.html

[ノーベル文学賞] 村上春樹、受賞ならず。フランスのパトリック・モディアノ氏に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406841325.html

村上春樹 酩酊した「ドイツ“大麻”パーティ」の一部始終 ドイツ人カメラマンが明かしたパーティの経緯
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403612144.html

村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/297092173.html
タグ:村上春樹
posted by hazuki at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

大江健三郎「慰安婦問題は日本の女性軽視が原因」

大江健三郎「慰安婦問題は日本の女性軽視が原因」

大江健三郎氏「慰安婦問題は日本の女性軽視が原因」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/14/2015031400547.html
記事入力 : 2015/03/14 09:15

小説『水死』の韓国語版出版に合わせ来韓

「私の小説『水死』のテーマは父親の死だ。私は小説の中の父親を通じ、天皇制イデオロギーにはまった全体主義の日本の大人たちを描こうとした」

 1994年にノーベル文学賞を受賞した作家の大江健三郎氏(80)が13日、小説『水死』の韓国語版の出版を記念して、ソウル・弘大前のブックカフェで記者懇談会を行った。『水死』は2009年に発表した長編小説で、天皇主義者の「父親」が、皇居に対する自爆攻撃を実行しようとするものの、目的を果たせず溺死するという内容だ。「小説の中の『父親』は、敗戦が必至となる中で『天皇と共に死のう』と考えた。天皇の死によって敗戦を早める方がましだと。これはそれまでの日本の滅亡を意味する」。

 大江氏はこの小説を通じ、日本社会の女性差別が慰安婦問題の原因になったと主張した。「女性の軽視は『暴力的な男性のような天皇絶対主義』が戦後も依然として残っているからだ。国家のためには女性を犠牲にしてもよいという考えが従軍慰安婦を生んだ。日本の女性だけでなく、植民地の女性までも動員された。日本政府が十分な謝罪をしたとは考えられない。国家が謝罪、賠償しなければならない。それを否定するのは、日本が依然として女性を無視しているからだ。日本国民の罪意識は強い。日本が女性への暴力を正当化してきた後進性を認めるべきだ」。

朴海鉉(パク・ヘヒョン)文学専門記者


大江健三郎1.PNG



作家の大江健三郎(80)が13日、小説「水死」の韓国語版の出版を記念して、ソウル・弘大前のブックカフェで記者懇談会を行った。
「水死」は2009年に発表した長編小説で、天皇主義者の「父親」が、皇居に対する自爆攻撃を実行しようとするものの、目的を果たせず溺死するという内容。
大江氏この小説を通じ、日本社会の女性差別が慰安婦問題の原因になったと主張した。
「国家のためには女性を犠牲にしてもよいという考えが従軍慰安婦を生んだ。日本の女性だけでなく、植民地の女性までも動員された。」
何ですか、この間違った歴史観は?
しかも、「小説の中の「父親」は、敗戦が必至となる中で「天皇と共に死のう」と考えた。天皇の死によって敗戦を早める方がましだと。これはそれまでの日本の滅亡を意味する」とふざけた内容の小説です。
天皇の死によって敗戦を早めるとは、よく小説が書けたものだと思います。
日本は慰安婦問題を謝罪すべきで、天皇制に反対のようですね。
この反日活動家から、ノーベル文学賞を剥脱して欲しいです。
ちなみに、「さようなら原発一千万署名市民の会」呼び掛け人の大江健三郎です。
坂本龍一→難波章浩主催イベント「NO MORE FUCKIN’ NUKES」の収益金は「さようなら原発一千万人署名市民の会」へ寄付しています。
「NO MORE FUCKIN' NUKES」は北朝鮮の支援団体の原水禁、平和フォーラムに収益を寄付しています。




参考

大江健三郎、原発再稼働の動き批判 「国民の危機感無視」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409856410.html

2014/04/08 大江健三郎「民主主義を守る為に示威運動を」集団的自衛権に反対し大規模集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/394424937.html




関連

小泉元首相、収益を寄付すると思われる坂本龍一欠席の「NO NUKES 2014」で「音楽を楽しみ原発ゼロ運動、素晴らしい!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406244533.html

坂本龍一が、また怪しげなイベントをやりました(寄付金先に注意)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/369406627.html

脱原発イベントの収益を北朝鮮支援団体に寄付したと思われる坂本龍一の「NO NUKES 2013」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/354209604.html
タグ:大江健三郎
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日活動家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする