2015年12月24日

[尼崎連続変死公判] 瑠衣被告に懲役30年求刑…角田美代子元被告の次男妻

[尼崎連続変死公判] 瑠衣被告に懲役30年求刑…角田美代子元被告の次男妻

尼崎連続変死公判 瑠衣被告に懲役30年求刑
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201512/0008671882.shtml
2015/12/24 12:13

尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理の娘瑠衣被告(30)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。検察側は「元被告に積極的に同調し、重要な役割を果たした」として有期刑上限の懲役30年を求刑。弁護側は「いずれの事件も元被告の発案で、関与は補助的」と主張し、結審した。判決は来年2月12日。

 元被告と親族7人らが起訴された一連の事件で、一審では最後の裁判。瑠衣被告は、沖縄県の崖から転落死した角田久芳さん=死亡時(51)=のほか、ともに尼崎市内のマンションベランダで死亡した姉の仲島茉莉子さん=同(26)=と橋本次郎さん=同(53)=に対する3件の殺人罪など計九つの罪に問われている。

検察側は各事件で、美代子元被告らの暴行や虐待など死に追い込む行為の危険性を認識していたと強調。「元被告を信じるあまりに言動をうのみにし、正当化した」と指摘した。

 一方、同被告が一連の事件の公判に検察側の証人として出廷した点も重視。「無期懲役の判断もありえたが、事件全体の解明に多大なる協力をした」として有期刑を選択した。

 弁護側は「瑠衣被告が積極的に関わった事件は一つもなく、関与はごく限られていた」と反論。17歳で角田家に取り込まれたことで「反社会的な価値観を有する元被告のマインドコントロール下にあった」とし、大半の罪でほう助罪が適切として懲役15年を主張した。

 瑠衣被告は最終意見陳述で証言台に立ち「公判に必要なことは全て話しました。被害者や遺族の方々の苦しみと同じだけ、厳正な処罰をお願いします」と淡々と述べた。




尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理の娘瑠衣被告(30)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。
検察側は「元被告に積極的に同調し、重要な役割を果たした」として有期刑上限の懲役30年を求刑。
弁護側は「いずれの事件も元被告の発案で、関与は補助的」と主張し、結審した。
判決は来年2月12日。



【朝鮮進駐軍】〜あの団体の正体




参考

尼崎連続変死、李正則被告(41)に無期懲役…神戸地裁判決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/429532980.html

[尼崎連続変死公判] 李正則被告、殺人罪など大半を否認「亡くなるとは思わず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424441217.html

美代子被告「自殺」使用Tシャツ、引き継ぎなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/307027936.html

「ミスなかったと言えぬ」=監視態勢など検証へ−美代子容疑者自殺で・兵庫県警
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/306752449.html

尼崎連続殺人が暴く、角田美代子容疑者の手法「戸籍ロンダリング」は朝鮮人の日本侵入の常套手段
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299630349.html




関連

NHKの再現ドラマ「予断与える」尼崎事件弁護側、配慮求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/367654908.html
ラベル:神戸地裁
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

NHK、受信料支払い求め一般世帯を提訴 兵庫県内4世帯

NHK、受信料支払い求め一般世帯を提訴 兵庫県内4世帯

NHK受信料支払い求め提訴 兵庫で一般世帯対象
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201512/0008667962.shtml
2015/12/22 18:45

NHKは22日、受信契約を結んでいない兵庫県内4世帯に契約締結と受信料の支払いを求める訴訟を神戸簡裁に起こした。一般世帯を対象にした提訴は県内で初めて。

 NHKによると、県内4世帯は、テレビの設置を確認した2010年7月〜今年11月にかけて未契約が続き、未払い額は約1万3700〜14万7400円に上る。平均4回の訪問や電話で契約を求めたが応じなかったため、今月3日に民事提訴を予告する通知を郵送したという。

 NHKは22日、大阪、京都の計7世帯に対しても管轄の簡裁に提訴した。これまでの訴訟のうち、係争中の9世帯を除く135世帯とは和解成立やNHK勝訴の判決などが出たという。




NHKは22日、受信契約を結んでいない兵庫県内4世帯に契約締結と受信料の支払いを求める訴訟を神戸簡裁に起こした。
一般世帯を対象にした提訴は県内で初めて。
NHKの受信料の支払いを拒否したり、契約を拒否したりするとNHKが提訴した例。
NHKは22日、大阪、京都の計7世帯に対しても管轄の簡裁に提訴した。
受信料を払わない家庭はスクランブル放送にして欲しい。
#NHK解体






立花孝志 船橋市議NHKから国民を守る党 ‏@tachibanat
#拡散希望 NHK集金人の戸別訪問がピタリと止まる魔法のシール【NHK撃退シール】無料郵送中 NHKから国民を守る党(政治団体) http://nhkkara.jp/




関連

「テレビ故障」認める判決…NHK受信料“解約ラッシュ”の可能性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425780741.html

受信料支払い訴訟でNHK敗訴 連勝だった裁判の今後は?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417449166.html

NHK受信契約締結認めず 松戸簡裁、支払い請求棄却
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417358815.html
ラベル:神戸簡裁
posted by hazuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述



【朝日慰安婦報道訴訟】
「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n2.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n3.html
2015.12.17 14:32

慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪公告掲載を求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。

 この日は、豪州最大都市シドニー近郊のストラスフィールド市で起きた韓国、中国系市民らによる「慰安婦像設置運動」=今年8月に同市が不設置を決定=に直面した豪州在住の日本人らが意見陳述した。

14年間シドニーに在住している日本人コミュニティー団体代表、江川純世さんは「慰安婦像設置運動をめぐる豪州の韓人会やストラスフィールド市市議会議員、豪州メディアなどの発言や記事は、全て朝日新聞の『日本軍が強制的に女性を性奴隷にした』という平成4年の報道を下敷きにしていた。現実に現地では日本人に対するヘイトスピーチや暴力、差別行為が起きている。朝日新聞は自らがまいた反日の種を刈るべきだ」と意見を述べた。

 29年間シドニーに在住している女性も「朝日の慰安婦報道で韓人会による反日キャンペーンが目立つようになり、日本人が嫌がらせを受けるようになった。お互いに無視し合うような日常が形成されつつある」と指摘。「朝日新聞は誤報を認めて謝罪するふりをしているが、英語版の記事では世界に向けて『慰安婦強制説』を発信している。こうした偏向報道で、無関係な海外の日本人らが反日活動の矢面に立たされ、多大な被害を受けている」と訴えた。

また、弁護士で上智大学名誉教授の花見忠氏も「慰安婦報道の虚偽性が立証されてからも、朝日新聞が十数年にわたり無視、言い逃れに終始した結果、中国や韓国や西欧諸国、国際連合やユネスコなど国際機関までもが日本の信用を傷つける行動をするようになり、日本や国民が深刻で重大な損害を受けている。見方によっては名誉毀損(きそん)や侮辱、業務妨害など刑法上の罪に当たる可能性も否定できない」と述べた。

 この訴訟では、当初8700人が朝日新聞社を提訴していたが、その後、約1万7千人が追加提訴し、原告数は計約2万5千人となった。次回期日は3月17日。


慰安婦少女像.PNG



慰安婦を巡る朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり日本国民の名誉と信用が傷付けられたとして、約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪公告掲載を求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。
豪州最大都市シドニー近郊のストラスフィールド市で起きた韓国、中国系市民らによる「慰安婦像設置運動」に直面した豪州在住の日本人らが意見陳述した。




参考

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427836120.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427835603.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

東京高検が上告へ 菊地直子元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」

東京高検が上告へ 菊地直子元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」



東京高検が上告へ 菊地元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」
http://www.sankei.com/affairs/news/151209/afr1512090002-n1.html
2015.12.9 00:35

オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件で、殺人未遂幇助(ほうじょ)罪に問われた菊地直子元信者(43)に逆転無罪を言い渡した東京高裁判決について、東京高検は8日、上告する方向で最終的な検討に入ったもようだ。上告期限の11日までに最高検と協議し、決定する。

 上告は原則、憲法違反や判例違反に限られているため、法務・検察内では消極論がある一方、「高裁判決は国民感覚からも乖離(かいり)している」との声も根強く、可否を協議してきた。

 争点は自身が運んだ薬品から爆薬などの危険物が製造され、テロに使われるという認識が菊地元信者にあったかどうか。1審裁判員裁判は、教団を取り巻く状況などから、「認識はあった」と推認、懲役5年の判決を言い渡したが、東京高裁は「教団が殺人を含むテロを企てているとは想起できなかった」と覆した。

 最高裁は24年、2審で逆転有罪判決を受けた覚醒剤密輸事件の被告の上告審判決で、1審裁判員裁判の無罪判決を支持、「明らかに不合理でなければ、裁判員の判断を尊重すべきだ」との初判断を示していた。東京高検は「新証拠もなく裁判員の判断を覆した2審は判例違反」(検察幹部)などとして、上告する方向で最終調整しているもようだ。


菊地直子.PNG



オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件で、殺人未遂幇助罪に問われた菊地直子元信者(43)に逆転無罪を言い渡した東京高裁判決について、東京高検は8日、上告する方向で最終的な検討に入った模様。
上告期限の11日までに最高検と協議し、決定する。
逆転無罪を言い渡した東京高裁の判決が納得いかないので、東京高検は上告して欲しいと思います。
オウム真理教の逃亡犯、菊地直子に天罰を。
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

ヤフーに初の削除命令 検索結果、グーグルに続き

ヤフーに初の削除命令 検索結果、グーグルに続き
http://this.kiji.is/46642488055809527?c=39546741839462401
2015年12月8日 02時00分

大手検索サイト「ヤフー」で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような結果が表示され人格権を侵害されているとして、運営会社に削除を求めた日本人男性の仮処分申し立てで、東京地裁は7日までに、男性の主張をほぼ認め一部削除を命じる決定をした。ヤフーによると、国内で同社に削除を命じた決定は初めて。

 決定理由で関述之裁判官は、削除を命じた検索結果について「(人格権の一部の)プライバシー権を侵害しているのは明白だ」と述べた。決定は1日付。

 関裁判官は昨年10月、東京地裁で同じ男性による米グーグルへの削除申し立ても認めた。




「Yahoo」で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような結果が表示され人格権を侵害されているとして、運営会社に削除を求めた日本人男性の仮処分申し立てで、東京地裁は7日までに、男性の主張をほぼ認め一部削除を命じる決定をした。
Yahooによると、国内で同社に削除を命じた決定は初めて。
この男性は、本当に前科者ではないのでしょうか。
新聞から引用した過去のブログの記事にいちゃもんを付けて来る前科者がいます。
拙ブログでは、今まで前科者が「名誉棄損」と言って、いちゃもんを付けて来て、削除した記事が1件あります。
保守速報から転載して書いた記事に「名誉棄損」といちゃもんを付けて来て、削除した記事も1件あります。
保守速報には、記事の送信停止依頼をしたのでしょうか。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ

「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ



「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ
http://www.sankei.com/affairs/news/151203/afr1512030046-n1.html
2015.12.3 19:55

殺人罪の公訴時効が廃止された法改正(平成22年)がなければ、時効を迎えていた被告が初めて起訴された刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は3日、「時効撤廃は憲法で禁止された違法性の評価や責任の重さをさかのぼって変更するものではなく、合憲だ」とする初判断を示した。

 その上で、強盗殺人罪に問われた久木野信寛被告(46)の上告を棄却。無期懲役とした1、2審判決が確定する。

 久木野被告側は時効廃止について、「事件当時は時効が15年だったのに、改正で廃止された。(事後に定めた法律によってさかのぼって違法とする)遡及(そきゅう)処罰を禁止した憲法39条に違反する。時効成立を認めるべきだ」と主張。

 しかし、同小法廷は「容疑者や被告になる可能性のある人物の、すでに生じていた法律上の地位を著しく不安定にする改正ではない」と退けた。

 久木野被告は9年4月、かつて勤務していた三重県上野市(現伊賀市)のビジネスホテルで、フロント係の男性=当時(48)=を刺殺、売上金約160万円を奪ったとして、時効廃止後の25年2月、約16年の逃亡の末に逮捕された。1審津地裁の裁判員裁判は無期懲役を言い渡し、2審名古屋高裁も支持した。




殺人罪の公訴時効が廃止された法改正(平成22年)がなければ、時効を迎えていた被告が初めて起訴された刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は3日、「時効撤廃は憲法で禁止された違法性の評価や責任の重さをさかのぼって変更するものではなく、合憲だ」とする初判断を示した。
金目的の殺人の犯罪者が主張だけは立派ですね。
仮に時効が認められても人間の屑です。
1審と2審を支持した最高裁、GJです。



「時効廃止さかのぼり」合憲 最高裁が初判断 NHKニュース mp4
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

「マイナンバー制度はプライバシー侵害」 全国の地裁で一斉提訴

「マイナンバー制度はプライバシー侵害」 全国の地裁で一斉提訴
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309957.html
12/01 15:20

マイナンバー制度は、プライバシーを侵害しているとして、県民や弁護士でつくるグループが、1日午前、マイナンバーの削除と損害賠償を求める訴えを、金沢地方裁判所に起こした。
マイナンバー制度をめぐる訴えは、東京や金沢など、全国5カ所の地方裁判所で一斉に行われ、金沢地裁には、石川県民50人と弁護士グループが提訴した。
原告団は、マイナンバー制度が、税や社会保障などに関する個人情報を勝手に集めて、利用するものだと主張している。
さらに、情報漏えいする可能性が高く、プライバシーの権利を侵害するとして、原告のマイナンバーを削除することや、1人あたり11万円の慰謝料を求めている。
原告団長・坊 真彦さんは「わたしたちのプライバシーが明らかになることで、さまざまな不利益を被るおそれがある」と話した。
また、弁護団長の岩淵正明弁護士は「マイナンバー制度のシステムは、監視社会につながる」と、警鐘を鳴らした。 (石川テレビ)


マイナンバー離脱請求訴訟.PNG



マイナンバー制度は、プライバシーを侵害しているとして、県民や弁護士でつくるグループが、1日午前、マイナンバーの削除と損害賠償を求める訴えを、金沢地方裁判所に起こした。
マイナンバー制度をめぐる訴えは、東京や金沢など、全国5カ所の地方裁判所で一斉に行われ、金沢地裁には、石川県民50人と弁護士グループが提訴した。
マイナンバー制度は、民主党政権の時から決まっていた制度のようです。
民主党に文句を言わなければならない。
私は、マイナンバー制度に疑問を持っています。
政府が国民の税金を把握したいのです。
その内、預貯金にまでマイナンバー制度が適用されるようになるでしょう。
何の為の個人情報保護法か。
同様の訴訟は住基ネットカードでも起こりました。
のど元過ぎれば熱さを忘れる日本人と思っていましたが、やはりマイナンバーで訴訟になりましたね。
ラベル:金沢地裁
posted by hazuki at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

[一票の格差] 26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見

[一票の格差] 26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見



【一票の格差】
26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見
http://www.sankei.com/affairs/news/151125/afr1511250025-n1.html
2015.11.25 19:00

「一票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は憲法違反として、2つの弁護士グループが全国で提訴した選挙無効訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「憲法が要求する投票価値の平等に反する状態だが、合理的期間内で是正されなかったとはいえない」として「違憲状態」と判断した。選挙無効は退けた。最高裁が衆院選を「違憲状態」としたのは3回連続で、14人の裁判官のうち9人の多数意見。

 弁護士出身の裁判官3人が「違憲」と述べた。このうち、木内道祥(みちよし)裁判官は「2倍を上回る格差のあった選挙区は即時無効」と指摘。大橋正春裁判官は、改正に要する時間を考慮し、「判決確定から6カ月経過後に選挙を無効とすることが相当」とした。2人は「合憲」とした。

 昨年衆院選は議席を「0増5減」とした是正法で初めて行われた。大法廷は、過去の訴訟で「格差の主因」として見直しを強く求めてきた、各都道府県にまず1議席ずつ割り振る「1人別枠方式」が実質的に残ったため「格差が生じている」と指摘。投票価値の平等に反しているとした。

 一方で、(1)一時は2倍未満と一定の縮小があった(2)制度改正後1年5カ月後の選挙だった(3)国会で見直しが続いている−ことを考慮。「選挙制度改正に必要な合理的期間を経過したとはいえない」として、違憲状態にとどめた。

 大法廷は最高裁判事15人全員で審理するが、山本庸幸(つねゆき)裁判官は「0増5減」改正時に内閣法制局長官だったため外れた。


衆院選は「違憲状態」.PNG



「一票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選は憲法違反として、2つの弁護士グループが全国で提訴した選挙無効訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「憲法が要求する投票価値の平等に反する状態だが、合理的期間内で是正されなかったとはいえない」として「違憲状態」と判断した。
選挙無効は退けた。
弁護士出身の裁判官3人が「違憲」と述べたことが重要です。



去年の衆院選は「違憲状態」 “一票の格差”訴訟(15/11/25)




参考

[一票の格差] 衆院一票の格差訴訟 「合憲」判決に不服と上告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416135376.html

一票の格差訴訟、昨年の衆院選は「合憲」 東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415913146.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず

“号泣”元県議が欠席、初公判開かれず
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643154.html

政務活動費およそ900万円をだまし取った罪などに問われている元兵庫県議、野々村竜太郎被告。号泣会見から1年5か月、24日から裁判が始まる予定でしたが、野々村被告は法廷に現れませんでした。

 元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)をめぐっては、2013年からの1年間で政務活動費およそ300万円を使い、195回も城崎温泉などへ架空出張していた疑惑などが浮上。去年の記者会見で「領収書が添付されていない」と追及されましたが、野々村被告は否定していました。

 「領収書を取得できない場合という認識で、支払い証明書をもって支出できるという認識で報告した。政務調査費、政務活動費、大事ですよ、大事ですけれど・・・議員という大きなくくりの中ではごくごく小さいものなんです」(野々村竜太郎被告〔去年7月〕)

 その後、野々村被告は突如、議員辞職。3年間に支出した政務活動費を返還したものの、詳細を語らないまま雲隠れしていましたが、県議会などから告発を受け、警察が捜査を開始。今年8月、政務活動費およそ913万円をだまし取ったとして在宅起訴されました。

 そして、24日の初公判。傍聴席80席に対し605人が長い抽選の列をつくりました。注目が集まる中、開廷の時刻を迎えましたが・・・

 「定刻ですが、被告人は来ていないようですね」(裁判長)
 「『精神的に出られる状態ではない』とのことです」(弁護人)
 「きょうはどれだけ待っても出廷しない?」(裁判長)
 「きょうはないです」(弁護人)

 報道関係者が多いことを理由に野々村被告は出廷せず、裁判は開かれませんでした。

 「記者の方を中心にどよめきが広がっていた」(傍聴に訪れた人)
 「(野々村被告の)話すことを聞きたかったんですが、残念です」(傍聴に訪れた人)

 初公判は、今後改めて日程が指定されます。(24日17:58)


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費およそ900万円をだまし取った罪などに問われている元兵庫県議、野々村竜太郎被告。
号泣会見から1年5か月、24日から裁判が始まる予定でしたが、野々村被告は法廷に現れませんでした。
野々村竜太郎被告が法廷ドタキャンしました。
初公判は、今後改めて日程が指定されます。
ふざけるなよ。



“号泣県議”野々村被告がドタキャン 初公判は中止(15/11/24)




参考

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://www.sankei.com/west/news/151009/wst1510090064-n1.html
2015.10.9 17:31

政務活動費(政活費)の不適切な支出をめぐって、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が11月24日に神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれることが9日、決まった。判決公判の期日は未定。

 起訴状によると、野々村被告は平成24年4月〜26年5月、実際には行っていない城崎温泉(兵庫県豊岡市)などへの「日帰り出張」を申請したり、金券の購入費を「切手代」として計上するなどして嘘の収支報告書を県議会に提出。23〜25年度の政活費計913万2050円をだまし取ったとしている。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費(政活費)の不適切な支出を巡って、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が11月24日に神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれることが9日、決まった。
判決公判の期日は未定。
自ら開いた記者会見で、「号泣会見」の模様を放送するなどした報道機関について、名誉毀損などの容疑で相次いで神戸地検に告訴していたことが分かったのですが、どうなったのでしょう。




参考

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

尼崎連続変死、李正則被告(41)に無期懲役…神戸地裁判決

尼崎連続変死、李正則被告(41)に無期懲役…神戸地裁判決

尼崎連続変死、李被告に無期懲役…神戸地裁判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151113-OYT1T50087.html?from=ytop_ylist
2015年11月13日 11時59分

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、3件の殺人罪などに問われた角田美代子元被告(自殺、当時64歳)のいとこ李正則被告(41)の裁判員裁判の判決が13日、神戸地裁であり、平島正道裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。

 李被告は、殺人罪で殺意を否定するなど大半の起訴事実を否認していたが、判決は、集団生活をしていて死亡した5人に対する10の罪全てで元被告との共謀を認定した。美代子元被告の親族らで起訴された7人のうち、判決は6人目で、無期懲役は最も重い。

 判決は、沖縄県の崖から転落死した角田久芳さん(当時51歳)の殺人、詐欺両罪について「死亡保険金を得るため、他の同居人とともに崖の上で取り囲み、飛び降りを強要した」と殺意を認定した。

 美代子元被告宅の物置で衰弱死した仲島茉莉子さん(同26歳)の殺人罪などでは、監視カメラを設置して暴力も振るったと説明。「衰弱の度合いを把握しており、死亡する危険性を認識していた」とした。




兵庫県尼崎市の連続変死事件で、3件の殺人罪などに問われた角田美代子元被告(自殺、当時64歳)のいとこ李正則被告(41)の裁判員裁判の判決が13日、神戸地裁であり、平島正道裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。
美代子元被告の親族らで起訴された7人のうち、判決は6人目で、無期懲役は最も重い。



【朝鮮進駐軍】〜あの団体の正体




参考

[尼崎連続変死公判] 李正則被告、殺人罪など大半を否認「亡くなるとは思わず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424441217.html

美代子被告「自殺」使用Tシャツ、引き継ぎなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/307027936.html

「ミスなかったと言えぬ」=監視態勢など検証へ−美代子容疑者自殺で・兵庫県警
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/306752449.html

尼崎連続殺人が暴く、角田美代子容疑者の手法「戸籍ロンダリング」は朝鮮人の日本侵入の常套手段
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299630349.html




関連

NHKの再現ドラマ「予断与える」尼崎事件弁護側、配慮求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/367654908.html
ラベル:神戸地裁
posted by hazuki at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

レセプト債4社が破綻、227億円償還不能か

レセプト債4社が破綻、227億円償還不能か

レセプト債4社が破綻、227億円償還不能か
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151108-OYT1T50001.html?from=ytop_main1
2015年11月08日 09時00分

医療機関の診療報酬請求権を基に、資産運用のための債券(レセプト債)を発行しているファンド3社と運用会社1社が破綻し、顧客への配当が止まったことがわかった。

 3社の発行債券の残高は約227億円に上るが、数千人の顧客が償還を受けられない可能性がある。ファンドの決算内容に不審な点があることから、証券取引等監視委員会が調査を始めた。

 6日に東京地裁に破産手続きの開始を申し立てたのは、「メディカル・リレーションズ・リミテッド」(東京都新宿区)などファンド3社と、関係する運用会社「オプティファクター」(品川区)。メディカル社は同日付で破産手続き開始決定を受けた。4社の負債総額は約290億円。

 関係者によると、メディカル社などは、病院や薬局が健康保険組合側に請求できる診療報酬の権利を買い取り、元利金の支払いに充てる債券を発行。年利は3%で、国内の七つの中小証券会社が延べ数千人の投資家に販売していたという。




医療機関の診療報酬請求権を基に、資産運用の為の債券(レセプト債)を発行しているファンド3社と運用会社1社が破綻し、顧客への配当が止まったことが分かった。
3社の発行債券の残高は約227億円に上るが、数千人の顧客が償還を受けられない可能性がある。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

脱原発テント、2審も立ち退き命令 東京高裁 被告側「強制執行の場合は“非暴力非服従”で戦う」

脱原発テント、2審も立ち退き命令 東京高裁 被告側「強制執行の場合は“非暴力非服従”で戦う」



脱原発テント、2審も立ち退き命令 東京高裁 被告側「強制執行の場合は“非暴力非服従”で戦う」
http://www.sankei.com/affairs/news/151026/afr1510260019-n1.html
2015.10.26 18:00

東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設営し、脱原発を訴えている団体のメンバー2人に対し、国が立ち退きなどを求めた訴訟の控訴審判決が26日あり、東京高裁(高野伸裁判長)はテント撤去と土地使用料支払いを命じた1審判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 テントは東京電力福島原発事故後に、経産省敷地内の小公園に設営。被告側は「脱原発テントは反原発運動の象徴になっており公共物だ。立ち退き要求は表現の自由の侵害に当たる」などと主張していた。

 しかし東京高裁は「公共の利益のためにある小公園を長期間占有することは表現の自由を超えている」と指摘。立ち退きを命じた上、土地使用料約1100万円と撤去までの1日当たり約2万2千円の支払いを命じた1審判決を支持した。

 被告側によると、支払い命令額の総額は現時点で約3500万円に上る。被告側は判決後の記者会見で「テントの重要性を考慮しない不当な判決だ。上告し、強制撤去を防ぎたい。強制執行が行われる場合には“非暴力非服従”の姿勢で戦いたい」とした。

 経産省は「国側の主張が適切に認められた。被告側が判決を真摯(しんし)に受け止め、速やかな明け渡しを期待したい」などとするコメントを発表した。




東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設営し、脱原発を訴えている団体のメンバー2人に対し、国が立ち退きなどを求めた訴訟の控訴審判決が26日あり、東京高裁(高野伸裁判長)はテント撤去と土地使用料支払いを命じた1審判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
経産省は「国側の主張が適切に認められた。被告側が判決を真摯に受け止め、速やかな明け渡しを期待したい」などとするコメントを発表した。




関連

「撤去にきたぞ」…脱原発を訴えていた男性(48)に暴行容疑で53歳男を逮捕 経産省テント前
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418497142.html
ラベル:東京高裁
posted by hazuki at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

Google側、削除請求に争う姿勢 実名逮捕記事訴訟で初弁論 さいたま地裁

Google側、削除請求に争う姿勢 実名逮捕記事訴訟で初弁論 さいたま地裁

グーグル側、削除請求に争う姿勢 実名逮捕記事訴訟で初弁論
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101601001270.html
2015/10/16 16:47 【共同通信】

インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果に過去の実名での逮捕報道が表示されるのは人格権の侵害だとして、罰金の略式命令が確定した男性が表示の削除を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、さいたま地裁(大野和明裁判長)であり、グーグル側は争う姿勢を示した。

 訴状などによると、男性は18歳未満の女性に金銭を払ってわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で罰金50万円の略式命令を受けた。それから3年半以上が経過しても名前と住所による検索で当時の記事が表示されるのは「人格権(更生を妨げられない権利)を侵害する」と主張している。


Google1.PNG



「Google」の検索結果に過去の実名での逮捕報道が表示されるのは人格権の侵害だとして、罰金の略式命令が確定した男性が表示の削除を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、さいたま地裁(大野和明裁判長)であり、Google側は争う姿勢を示した。
冤罪ではなく、18歳未満の女性に金銭を払ってわいせつな行為をして児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で罰金刑だった男が「人格権(更生を妨げられない権利)を侵害する」と主張とはエラそうに。
新聞から引用した過去のブログの記事にいちゃもんを付けて来る前科者がいます。
拙ブログでは、今まで前科者が「名誉棄損」と言って、いちゃもんを付けて来て、削除した記事が1件あります。
保守速報から転載して書いた記事に「名誉棄損」といちゃもんを付けて来て、削除した記事も1件あります。
保守速報には、記事の送信停止依頼をしたのでしょうか。
Google=CIAを舐めたらダメですよ。




参考

さいたま地裁、逮捕報道の削除命令 Google検索結果に表示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421671705.html
ラベル:さいたま地裁
posted by hazuki at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強姦事件の再審、男性に無罪判決…大阪地裁

強姦事件の再審、男性に無罪判決…大阪地裁
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151016-OYT1T50055.html?from=ytop_main2
2015年10月16日 15時00分

強姦罪などで実刑判決が確定して服役中、被害証言がうそと判明して釈放された70歳代男性の再審で、大阪地裁(芦高源裁判長)は16日、無罪判決を言い渡した。

 男性は、2004、08年に大阪市内で当時10歳代の同じ女性に性的暴行を加えたなどとして強姦、強制わいせつ両罪で起訴された。捜査段階から否認したが、1審・大阪地裁は09年、女性と目撃者の証言などから懲役12年の判決を言い渡し、最高裁で確定した。

 しかし、服役中の14年、女性と、目撃者とされた女性の兄が男性の弁護人に対し、被害証言はうそだったと認め、男性は同年9月に再審請求した。大阪地検の再捜査で、「性的被害の痕跡がない」とする診療記録も見つかり、地検は同11月、男性の刑の執行を停止し、釈放した。

 男性の勾留と服役は計約6年に及び、今年8月に始まった再審では、検察側が「無罪判決が相当」と論告し、謝罪していた。




強姦罪などで実刑判決が確定して服役中、被害証言がうそと判明して釈放された70歳代男性の再審で、大阪地裁(芦高源裁判長)は16日、無罪判決を言い渡した。
男性の勾留と服役は計約6年に及び、今年8月に始まった再審では、検察側が「無罪判決が相当」と論告し、謝罪していた。
同じことを繰り返さない為に、一審・控訴審・上告審判決を全て公表して総括すべきです。
ラベル:大阪地裁
posted by hazuki at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も



【朝日慰安婦報道訴訟】
「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140014-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140014-n2.html
2015.10.14 13:14

朝日新聞の慰安婦報道をめぐる訴訟で、原告側は「朝日の報道で“実害”があった」と主張した。損害賠償請求には原告に具体的な利益侵害があった必要があるとされ、朝日新聞側は「実害はなかった」として請求棄却を訴えた。原告側は実害を訴えることで訴訟を有利に進めたい考えだ。

 意見陳述に立った原告団長の渡部昇一・上智大名誉教授は「海外に住んでいる娘や孫が、朝日の虚報で恥ずかしい思いをしている」と主張。杉田水脈・前衆院議員も「(慰安婦像が建てられた)米グレンデール市の視察で、在米日本人がいわれのない汚名を着せられていることを確認した」などと述べた。

また、英語学者の山岸勝栄・明海大名誉教授は「当初は朝日新聞の報道を信じ、多くの学生に誤った歴史を教えた。学生に大きな影響を与え、慚愧に堪えない」などと陳述。米国在住の男性も「日本人は殺人狂、性的異常者のような扱いを受けることもある。いじめられ帰国した日本人の子供もいる」と語った。

 一方、朝日新聞側は「70年以上前の戦時下についての報道が、原告や国民の社会的評価を低下させたとはいえない」と反論した。


慰安婦少女像.PNG



意見陳述に立った原告団長の渡部昇一・上智大名誉教授は「海外に住んでいる娘や孫が、朝日の虚報で恥ずかしい思いをしている」と主張。
杉田水脈・前衆院議員も「(慰安婦像が建てられた)米グレンデール市の視察で、在米日本人がいわれのない汚名を着せられていることを確認した」などと述べた。
一方、朝日新聞側は「70年以上前の戦時下についての報道が、原告や国民の社会的評価を低下させたとはいえない」と反論した。
朝日新聞は、ふざけた反論するな。
朝日新聞は廃刊へ。




参考

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427835603.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」



【朝日慰安婦報道訴訟】
初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140008-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140008-n2.html
2015.10.14 12:10

慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約8700人が同社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は意見陳述で、「朝日新聞社長が慰安婦の実態について誤って認識している国連などを訪れ、訂正と謝罪をすることを望んでいるが、朝日新聞がそれをしないため、提訴した」と裁判の意義を語った。

 朝日新聞側は「(慰安婦は強制連行されたと証言し、後に撤回した)吉田清治氏の証言に基づく記事を取り消したとしても、慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」としており、争う姿勢を示した。

慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約8700人が同社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は意見陳述で、「朝日新聞社長が慰安婦の実態について誤って認識している国連などを訪れ、訂正と謝罪をすることを望んでいるが、朝日新聞がそれをしないため、提訴した」と裁判の意義を語った。

 朝日新聞側は「(慰安婦は強制連行されたと証言し、後に撤回した)吉田清治氏の証言に基づく記事を取り消したとしても、慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」としており、争う姿勢を示した。


朝日新聞を読むと馬鹿になる.PNG



朝日新聞側は「慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」としており、争う姿勢を示した。
反日の屑新聞、朝日新聞は廃刊へ。
この訴訟を巡っては、約1万7千人も朝日新聞を追加提訴し、原告団の総数は計約2万5千人に上る。
朝日新聞は慰安婦捏造を謝罪していない。
海外に大々的に謝罪文を掲載せよ。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

小渕優子氏元秘書ら2人に有罪判決 政治団体の政治資金規正法違反事件

小渕優子氏元秘書ら2人に有罪判決 政治団体の政治資金規正法違反事件



小渕優子氏元秘書ら2人に有罪判決 政治団体の政治資金規正法違反事件
http://www.sankei.com/affairs/news/151009/afr1510090014-n1.html
2015.10.9 15:47

小渕優子元経済産業相(41)の関連政治団体をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪に問われた、いずれも元秘書で前群馬県中之条町長、折田謙一郎被告(67)と、資金管理団体「未来産業研究会」の元会計責任者、加辺(かべ)守(もり)喜(よし)被告(62)の判決公判が9日、東京地裁で開かれた。園原敏彦裁判長は「政治資金に対する国民の監視と批判の機会をないがしろにする悪質な犯行だ」と指摘、折田被告に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)、加辺被告に禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)を言い渡した。

 両被告は9月14日の初公判で起訴事実を認める一方、小渕氏の関与は否定していた。

 判決によると、両被告は共謀し、未来研など小渕氏関連4団体の平成21〜25年分の政治資金収支報告書について、架空の寄付金を団体間で計上するなどした。虚偽記載や不記載の総額は計3億2千万円に上る。


小渕優子.PNG
日韓議連の女性議員.PNG



園原敏彦裁判長は「政治資金に対する国民の監視と批判の機会をないがしろにする悪質な犯行だ」と指摘、折田被告に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)、加辺被告に禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)を言い渡した。(東京地裁)
日韓議員連盟の女性議員でもある小渕優子は、辻元清美と訪韓もしています。
小渕優子を当選させた群馬5区。
小渕優子は政治資金規正法違反で嫌疑不十分で不起訴となった。



日韓関係改善を改善めざし 野田聖子、小渕優子、金子恵美、辻元清美らの女性議員が訪韓 [テレビ朝日](転載記事)
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/39965584.html




参考

「間違いありません」 政治資金規正法違反認める 小渕優子の元秘書ら初公判 東京地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426065130.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK“差別表現”訴訟、台湾先住民の勝訴判決見直しか 最高裁が弁論指定

NHK“差別表現”訴訟、台湾先住民の勝訴判決見直しか 最高裁が弁論指定



NHK“差別表現”訴訟、台湾先住民の勝訴判決見直しか 最高裁が弁論指定
http://www.sankei.com/affairs/news/151008/afr1510080025-n1.html
2015.10.8 19:10

日本の台湾統治を扱った番組が名誉毀損に当たるとして、出演した台湾先住民のパイワン族の女性がNHKに損害賠償を求めた訴訟の上告審で最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は8日、当事者双方の意見を聞く弁論を11月26日に開くことを決めた。2審の結論を変更するのに必要な弁論が開かれることから、名誉毀損を認めNHK敗訴とした2審東京高裁判決が見直される公算が出てきた。

 問題になったのは平成21年の4月放送のNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」。1910年に英国で開かれ、パイワン族の生活を紹介した日英博覧会の写真に「人間動物園」とテロップを表示し、西欧諸国が植民地の人々の生活を見せ物にしたことを日本もまねたと紹介。父が博覧会に参加した原告の女性が番組に出演した。

 1審東京地裁は「歴史的事実を紹介したに過ぎない」と原告側敗訴としたが、2審は「深刻な人種差別的意味合いを持つ言葉で、女性の名誉を傷つけた」として、NHKに100万円の賠償を命じた。




日本の台湾統治を扱った番組が名誉毀損に当たるとして、出演した台湾先住民のパイワン族の女性がNHKに損害賠償を求めた訴訟の上告審で最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は8日、当事者双方の意見を聞く弁論を11月26日に開くことを決めた。
これで敗訴になったら日本の裁判って何という話になる。
国に守られるNHKは解体しかない。
NHKの勝訴なら、マスコミが事実に反する内容を放送・報道しても許されるという、免罪符を得ることなる。
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁

「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁
http://www.sankei.com/west/news/150929/wst1509290051-n1.html
2015.9.29 15:36

橋下徹大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で精神疾患であるかのように報じられたとして、発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、大阪地裁であり、増森珠美裁判長は一部記載について「橋下氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損(きそん)する内容だった」として、同社などに110万円の支払いを命じた。

 判決によると、橋下氏が大阪府知事だった平成23年10月、同社は「新潮45」に、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が執筆した「大阪府知事は『病気』である」と題した記事を掲載。過去の発言などから精神分析した結果として、橋下氏が「精神病質者」などと報じた。

 増森裁判長は判決で、精神分析の前提となった橋下氏の高校時代のエピソードを検討。当時を知る教諭とされる人物の「嘘を平気で言う」などの発言について「客観的証拠がなく真実と認められない」と述べた。


橋下徹・給食.PNG



橋下徹が、月刊誌「新潮45」の記事で精神疾患であるかのように報じられたとして、発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、大阪地裁であり、増森珠美裁判長は一部記載について「橋下氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損する内容だった」として、同社などに110万円の支払いを命じた。
当時を知る教諭とされる人物の「嘘を平気で言う」などの発言について←昔から嘘つきだった橋下
ラベル:大阪地裁
posted by hazuki at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする