2016年02月24日

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2016022400050

大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった男子生徒=当時(17)=が自殺したのは顧問の元教諭=懲戒免職=による度重なる体罰が原因だとして、遺族が大阪市に約1億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。岩井伸晃裁判長は「体罰が自殺の原因だった」と述べ、同市に計約7500万円の支払いを命じた。
 吉村洋文市長は「厳しい判決だが、内容は真摯(しんし)に受け止めなければならない」とコメント。控訴しない方針を表明した。
 生徒の自殺は、体罰防止の機運が高まるきっかけとなった。訴訟では、自殺と体罰との因果関係や予見可能性の有無が主に争われた。(2016/02/24-17:45)




大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった男子生徒=当時(17)=が自殺したのは顧問の元教諭=懲戒免職=による度重なる体罰が原因だとして、遺族が大阪市に約1億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。
吉村洋文市長は「厳しい判決だが、内容は真摯に受け止めなければならない」とコメント。
控訴しない方針を表明した。
遺族勝訴です。



桜宮高体罰、市に賠償命令 「ありがとうと言いたい」 両親が会見




関連

生徒を軽視した募集中止「問われる市教委の存在意義」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/314665268.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/02/22/kiji/K20160222012087380.html

日帰り出張を繰り返したなどと虚偽の報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日、午後1時10分から神戸地裁で開かれた。

 この日の公判では黒いジャージーを着て顎ひげと口ひげをたくわえ、もみあげを伸ばした姿で入廷した。スキンヘッドだった髪は少し伸びていた。

 被告人質問では検察官に「第1回公判から本日までほとんどの質問に対して覚えていないと答えたが、思い出そうとする努力はしたのか」と問われると20秒くらい押し黙ったあとに「拘留されている精神状態だったので、努力は頭に浮かびませんでした」と答えた。これまでに詐欺などはやっていないと明言したが、その根拠は?と質問されると「記憶がないので、根拠を求められてもお答えすることはできません」と強い口調で返答した。

 裁判官の質問には右耳に手を添える“聞こえませんポーズ”をしなかった野々村被告だったが、質問する検察官に向かって“聞こえませんポーズ”をすると検察官の一人が怒り、「もうそのポーズは結構!」と野々村被告の右側に立って質問を続ける場面があった。

 公判では「マスコミに異常な恐怖心を持ったと思います」「家宅捜査とかをされて警察に恐怖を感じている」などとマスコミや警察への不信感を口にしていた。次回公判は4月25日。

[ 2016年2月22日 14:19 ]


野々村竜太郎2.PNG



野々村被告の第2回公判が22日、神戸地裁で開かれた。
質問する検察官に向かって「聞こえませんポーズ」をすると1人が激怒。
「もうそのポーズは結構!」と被告の右側に立って質問を続けた。




参考

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433041268.html

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束

神戸地裁 裁判終了後に野々村被告を勾留
http://news.livedoor.com/article/detail/11109550/
2016年1月26日 20時31分 日テレNEWS24

政務活動費をだまし取るなどの罪に問われ、去年の初公判を欠席し、強制的な出廷となった元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の裁判が26日、神戸地裁で始まり、起訴内容について争うと主張した。裁判終了後、神戸地裁は野々村被告を再び勾留した。

 2014年7月、“異例”の号泣会見で世界中から注目を浴びた、元兵庫県議の野々村竜太郎被告。1日おきに城崎温泉と佐用町への日帰り出張を繰り返すなど不自然な政務活動費の支出。神戸地検は、3年間の出張のほぼ全てにあたる344回が「架空」だったとするほか、領収書に、ウソの記載もあったとしている。

 その後、野々村被告は不正を認め、政務活動費1684万円を全額返還、議員も辞職。しかし神戸地検は詐欺などの罪で“異例”の起訴に踏み切り、去年11月、初公判が行われる予定だった。

 しかし、裁判長、検察官、弁護士が勢ぞろいする法廷に、被告が現れず、裁判が開けない“異例”の事態に。神戸地裁は、野々村被告が再び欠席する恐れがあると判断し、強制的に裁判所に連行できる「勾引状」を発付した。一度の欠席で勾引の手続きがとれられるのも、また“異例”なこと。

 そして野々村被告は25日、身柄を拘束され、初公判前の一夜を、拘置所で明かした。そして26日午前10時半、スーツ姿に黒いメガネ、そして丸刈り姿で法廷に現れた野々村被告。裁判長や検察側と弁護側、そして傍聴席と4方向にお辞儀をし、初公判が始まった。

 裁判長「名前は?」

 野々村被告「野々村竜太郎でございます」

 終始涙目の表情を浮かべる野々村被告。起訴内容について問われると-。

 野々村被告「収支報告書に虚偽の記載をしたことは決してございません」

 全面的に争う姿勢を示した。そして、弁護側からの被告人質問で 政務活動費について聞かれると-。

 弁護側「政務活動費の年間の合計は?」

 野々村被告「はっきりとは覚えていません」

 弁護側「年に何回かに分けて支出していましたか?」

 野々村被告「記憶を確認するためにお待ちいただくようお願いします」

 そして野々村被告は下を向き、しばらくして-。

 野々村被告「記憶にございません」

 覚えていないとあいまいな答弁を繰り返す野々村被告。現在、病院に通院していて、記憶障害の可能性があると診断されたことも話し、収支報告書の記載についてはあくまでもミスで、故意ではないと主張した。

 なにもかも異例尽くしで始まった注目のやり直し裁判。神戸地裁は、野々村被告を26日から3月25日まで拘置所などで身柄を拘束。次回の公判は、来月22日に開かれる予定。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で開かれた。
神戸地裁は、野々村被告を26日から3月25日まで拘置所などで身柄を拘束。
次回の公判は、2月22日に開かれる予定とのこと。




参考

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張

号泣元県議 警察による陰謀説を主張 領収書改ざんの追及に
http://news.livedoor.com/article/detail/11109054/
2016年1月26日 18時24分 デイリースポーツ

政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われるも、昨年11月の初公判をドタキャンした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の“やり直し初公判”が26日午前、神戸地裁で開かれた。

 政務活動費913万円をだましとったとして起訴された野々村被告に関して、検察側は冒頭陳述で、多数回のカラ出張のほか、商品購入をしたショップの領収証を修正テープを使って商品単価、数量を改ざんしたり、国民年金保険を支払った際の明細も政務活動費から支出していたと指摘した。

 検察側は被告人質問で、野々村被告が収支報告書にコピーを添付したクレジットカードの明細に関して、自宅から押収した原本とみられる証拠を提示。そこには修正テープで改ざんした痕跡があると説明し、国民年金保険の支払いをスーパーでの商品購入分であるかのように偽装したのではと追及した。これに対し、野々村被告は「覚えてません」と返した。誰がやったのかと問われると「警察に押収された以上、別の人間がやった可能性がある」と述べた。

 これに佐茂剛裁判長が「別の人間とは誰のことか」と問うと、野々村被告は「私は警察官だと思ってます」と答えた。

 この日、野々村被告は現在、「医師から記憶障害の可能性があるとの診断を受けている」と主張し、3年間で345回のカラ出張を疑う質問などに「分かりません」「覚えてません」を大連発。ただし、警察に取り調べを受けた際のことは、取り調べの年月や、取り調べを行った警察官の姓名、階級までスラスラと話した。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で開かれた。
領収書改ざんについて追及され「別の人間がやった可能性がある」と回答。
別の人間とは誰かと問われ「私は警察官だと思ってます」と答えた。
もう病気ですね。




参考

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?

「号泣県議」野々村被告が記憶障害の可能性を主張 嫌疑「覚えておりません」
http://news.livedoor.com/article/detail/11108099/
2016年1月26日 15時5分 スポーツ報知

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われ、26日に神戸地裁で初公判に臨んだ「号泣県議」こと元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)が、昨年暮れに「記憶障害の可能性がある」と診断された事を法廷で明かした。

 被告人尋問で、出張の有無や警察の取り調べを受けた際の事を聞かれた野々村被告は「記憶を確認するのでお待ち下さい」などと4回繰り返した。その後、昨年12月9日に「記憶障害の可能性がある」と病院に診断されたと話した。続けて3回「記憶を確認するので―」と同じフレーズを並べると、佐茂剛裁判長から「さっさと答えてくれませんか。記憶にあるかないか、そんなに難しいことではないでしょう」と、たしなめられた。野々村被告は「難しいと思います。覚えておりません」。診断書の提出については「出すことはできる」と話した。

 弁護人から東京、広島、福岡へ公務以外で行った事があるかを問われると「行った事があるかと言われると、行ったことがあるような…」などとあいまいに答え、兵庫・佐用町や城崎への行き来についても「今となっては覚えていません」。この様子に、味方であるはずの弁護人も「説明する気があるんですか」と、ややあきれ気味だった。

 野々村被告は公判中は終始、顔が真っ赤。14年7月の“号泣会見”で見せたような手を耳にかざす事はなかったが、裁判長の言葉が聞こえにくいかのように首をかしげるしぐさを見せていた。


野々村竜太郎・坊主.PNG



26日、詐欺罪などに問われた野々村竜太郎被告の公判が開かれた。
被告は「記憶障害の可能性がある」と診断された事を法廷で明かしたという。
裁判長からの問いに曖昧に答え、味方の弁護士も「説明する気があるんですか」と、呆れ気味だったとのこと。




参考

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に

“号泣元県議”野々村被告、まるで別人 スキンヘッドに加え全身巨大化
http://news.livedoor.com/article/detail/11107056/
2016年1月26日 14時8分 デイリースポーツ

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われるも、昨年11月の初公判をドタキャンした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の“やり直し初公判”が26日午前、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で始まった。野々村被告は「収支報告書に虚偽記載し、政活費の返還を免れたことは決してございません」などと起訴内容を否認した。

 野々村被告が“公の場”に姿をみせるのは、世界の失笑を買った14年7月の「号泣釈明会見」以来、1年半ぶり。濃いグレーのスーツにネクタイ姿、めがねをかけて法廷に姿を見せた野々村被告は、頭髪をそり上げた“スキンヘッド”。体型は胸も肩も尻も太もももぱんぱんに張り、スーツがきつく見えるほどで全体に巨大化した印象をもたらした。映像で見てきた野々村被告とはかなり異なるため、法廷に一瞬、小さなどよめきが走った。

 入廷すると野々村被告は裁判長、検察、弁護側、傍聴席に向かって4度、頭を下げた。その後、弁護人に挟まれて着席。裁判長から「被告人は証言台に立って」と促されて「はい」と大きな声で返答し、立ち上がった。証言台に立つまでに再び何度も頭を下げた。

 裁判長から本人確認の質問をされると野々村被告は大きな声で「はい、野々村竜太郎ですございます」と名前を告げ、生年月日も答えた。職業を問われると「はい、無職でございます」と返答。この間、直立不動だった。

 法廷は撮影禁止のため、この日、神戸地裁には早朝から約300人の報道陣が集まり、地裁を完全包囲。神戸地裁が発布した「勾引状」によって前日25日に身柄拘束された野々村被告が“強制出廷”させられる姿をキャッチしようとした。地裁上空にはヘリが飛んだ。

 午前9時前には警備の警察官らを乗せた警察車両の大型バスが到着すると、一斉にフラッシュがたかれ、関係者が「信用してくれ。(被告は)乗ってないから、あけてくれ」と叫ぶ一幕も。

 野々村被告を乗せたとみられるワゴン車は午前9時20分ごろ、地裁に入った。第101号法廷で午前10時に開廷した注目の初公判は午後4時30分終了予定となっている。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で始まった。
スキンヘッドで以前とは別人のような姿に、法廷にはどよめきが走った。
野々村被告が公の場に姿を出すのは、14年7月の「号泣釈明会見」以来となる。




参考

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250069-n1.html
2016.1.25 18:16更新

嘘の収支報告書を兵庫県議会に提出し、政務活動費(政活費)約913万円をだまし取ったとして詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元県議、野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁が裁判に強制的に出廷させるため、野々村被告の身柄を拘束したことが25日、同地裁への取材で分かった。神戸地検が勾引状を執行し、地裁に引致したという。

 地裁によると、地検の係官が同日午前11時40分ごろに勾引状を執行し、野々村被告を神戸地裁に連行した。今後、刑事施設に収容する見通し。

 野々村被告は昨年11月24日に予定されていた初公判に姿を見せず、弁護側は被告が早朝から精神的に不安定になり、「欠席したい」とメールで連絡してきたと説明。刑事訴訟法は被告が出廷しない場合、原則開廷できないと定めており、初公判は延期された。

 一方、神戸地裁は今月20日、26日のやり直しの初公判に野々村被告が再び出廷しない恐れがあるとして、1回の欠席では異例の勾引状を発付。25日、野々村被告の身柄を確保する強制措置に踏み切った。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



昨年11月の初公判を欠席した元県議、野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁が裁判に強制的に出廷させる為、野々村被告の身柄を拘束したことが25日、同地裁への取材で分かった。
神戸地検が勾引状を執行し、地裁に引致したという。
ドタキャンをさせない為の異例の措置です。




参考

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付

野々村被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://this.kiji.is/63066698233054709?c=39546741839462401
2016年1月22日 13時48分

政務活動費をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)に、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことが22日、関係者への取材で分かった。地裁があらためて指定した今月26日の初公判に出廷しない場合、神戸地検などが身柄を拘束し、地裁へ移送する。

 野々村被告は「報道関係者に鉢合わせしてパニックになった」と弁護士に連絡し、昨年11月の初公判を欠席、公判は延期された。

 地裁は「正当な理由がない」と判断したとみられる。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費を騙し取ったとして詐欺などの罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)に、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことが22日、関係者への取材で分かった。
地裁が改めて指定した今月26日の初公判に出廷しない場合、神戸地検などが身柄を拘束し、地裁へ移送する。
精神鑑定などの方面に行きそうですね。




参考

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内文城前議員、吉見義明中央大教授に勝訴

「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内文城前議員、吉見義明中央大教授に勝訴



「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内前議員、吉見教授に勝訴
http://www.sankei.com/affairs/news/160120/afr1601200030-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160120/afr1601200030-n2.html
2016.1.20 18:19

「慰安婦は性奴隷」と述べた自著を捏造とされ名誉を毀損されたとして、慰安婦研究者の吉見義明中央大教授(69)が桜内文城前衆院議員(50)に約1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。原克也裁判長は「桜内氏の発言は吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に関わる問題についての意見・論評であり、違法性はない」として吉見氏の訴えを棄却した。

 判決などによると、当時日本維新の会の衆院議員だった桜内氏は平成25年5月、橋下徹前大阪市長が自身の慰安婦発言について説明するため日本外国特派員協会で開いた記者会見に同席。吉見氏の著書「従軍慰安婦」が話題となった際、「同書の『慰安婦は性奴隷だ』という記述は捏造だと明らかになっている」との趣旨の発言をした。

原裁判長は「発言は吉見氏の名誉を傷つけたと認められる」とした一方で、「桜内氏の『捏造』という発言は『不適当』『誤り』といった意味だと解釈できる。慰安婦の立場に関する問題は公益性があり、発言は意見・論評の域を出ず、名誉毀損は免責される」と判断した。

 判決後に双方が東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、桜内氏は「公正な判決に感謝する。不当な言葉狩りには戦い続ける」と述べた。

 一方、吉見氏は「名誉毀損を認めながら違法性を認めなかったことは大変残念だ」として、控訴する意向を示した。




「慰安婦は性奴隷」と述べた自著を捏造とされ名誉を毀損されたとして、慰安婦研究者の吉見義明中央大教授(69)が桜内文城前衆院議員(50)に約1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。
原克也裁判長は「桜内氏の発言は吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に関わる問題についての意見・論評であり、違法性はない」として吉見氏の訴えを棄却した。
東京地裁、GJです。
慰安婦は性奴隷ではない。
朝鮮日報が、「慰安婦:「性奴隷」「強制性」主張の吉見義明教授が敗訴=東京地裁」という見出しで報道しています。



慰安婦:「性奴隷」「強制性」主張の吉見義明教授が敗訴=東京地裁
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/21/2016012100763.html
記事入力 : 2016/01/21 08:24
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家の安世鴻が勝訴

慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家の安世鴻が勝訴



慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家勝訴
http://www.sankei.com/affairs/news/151225/afr1512250017-n1.html
2015.12.25 15:08

慰安婦をテーマとした写真展の開催を、会場提供側の光学機器大手「ニコン」が一方的に中止したのは不当だとして、韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)さん(44)が同社に約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、谷口園恵裁判長は「ニコンの中止決定に正当な理由はなかった」とし、同社に110万円の支払いを命じた。

 判決などによると、安さんは平成24年、ニコンが写真家に無償提供している東京と大阪のサロンで写真展を開催することを同社に申し込み、同社も承諾。しかし、写真展開催について抗議の電話やメールが相次いだため、同社は中止を決定した。安さんはサロン使用を認めるよう求める仮処分を東京地裁に申し立て、地裁は同年、申し立てを認める決定をした。地裁決定を受け、写真展は東京では開催されたが、大阪展は開催されなかった。

 安さんは「一方的な中止は契約の不履行である上、表現の自由を奪う不法行為だ」と主張。一方、ニコン側は「開催すれば関係者に危険が及んだり、不買運動が起きたりするリスクがあり、中止は正当だった」などと主張していたが、東京地裁は「一方的な中止決定を正当化できるほど現実的なリスクではなかった。ニコン側は契約を守り、表現活動の場を提供する義務があった」とした。

 判決後に東京都内で記者会見した安さんは「表現の自由が認められ、喜んでいる」などと話した。




慰安婦をテーマとした写真展の開催を、会場提供側の光学機器大手「ニコン」が一方的に中止したのは不当だとして、韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)さん(44)が同社に約400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、谷口園恵裁判長は「ニコンの中止決定に正当な理由はなかった」とし、同社に110万円の支払いを命じた。
安世鴻とニコンの争いは2012年から始まっていて、東京地裁はニコンに慰安婦テーマの写真展の会場提供命じました。
安世鴻の写真展をニコンが中止したのは当然です。
ニコンは国益を守ろうとしたのです。
糾弾されるべきは韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)です。
ニコン敗訴、残念。




関連

安世鴻と韓国の戦争犯罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/278291941.html

安世鴻 写真展をめぐって
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/277836680.html

慰安婦:東京地裁、ニコンに写真展の会場提供命じる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/277165115.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

[尼崎連続変死公判] 瑠衣被告に懲役30年求刑…角田美代子元被告の次男妻

[尼崎連続変死公判] 瑠衣被告に懲役30年求刑…角田美代子元被告の次男妻

尼崎連続変死公判 瑠衣被告に懲役30年求刑
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201512/0008671882.shtml
2015/12/24 12:13

尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理の娘瑠衣被告(30)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。検察側は「元被告に積極的に同調し、重要な役割を果たした」として有期刑上限の懲役30年を求刑。弁護側は「いずれの事件も元被告の発案で、関与は補助的」と主張し、結審した。判決は来年2月12日。

 元被告と親族7人らが起訴された一連の事件で、一審では最後の裁判。瑠衣被告は、沖縄県の崖から転落死した角田久芳さん=死亡時(51)=のほか、ともに尼崎市内のマンションベランダで死亡した姉の仲島茉莉子さん=同(26)=と橋本次郎さん=同(53)=に対する3件の殺人罪など計九つの罪に問われている。

検察側は各事件で、美代子元被告らの暴行や虐待など死に追い込む行為の危険性を認識していたと強調。「元被告を信じるあまりに言動をうのみにし、正当化した」と指摘した。

 一方、同被告が一連の事件の公判に検察側の証人として出廷した点も重視。「無期懲役の判断もありえたが、事件全体の解明に多大なる協力をした」として有期刑を選択した。

 弁護側は「瑠衣被告が積極的に関わった事件は一つもなく、関与はごく限られていた」と反論。17歳で角田家に取り込まれたことで「反社会的な価値観を有する元被告のマインドコントロール下にあった」とし、大半の罪でほう助罪が適切として懲役15年を主張した。

 瑠衣被告は最終意見陳述で証言台に立ち「公判に必要なことは全て話しました。被害者や遺族の方々の苦しみと同じだけ、厳正な処罰をお願いします」と淡々と述べた。




尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理の娘瑠衣被告(30)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。
検察側は「元被告に積極的に同調し、重要な役割を果たした」として有期刑上限の懲役30年を求刑。
弁護側は「いずれの事件も元被告の発案で、関与は補助的」と主張し、結審した。
判決は来年2月12日。



【朝鮮進駐軍】〜あの団体の正体




参考

尼崎連続変死、李正則被告(41)に無期懲役…神戸地裁判決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/429532980.html

[尼崎連続変死公判] 李正則被告、殺人罪など大半を否認「亡くなるとは思わず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424441217.html

美代子被告「自殺」使用Tシャツ、引き継ぎなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/307027936.html

「ミスなかったと言えぬ」=監視態勢など検証へ−美代子容疑者自殺で・兵庫県警
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/306752449.html

尼崎連続殺人が暴く、角田美代子容疑者の手法「戸籍ロンダリング」は朝鮮人の日本侵入の常套手段
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299630349.html




関連

NHKの再現ドラマ「予断与える」尼崎事件弁護側、配慮求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/367654908.html
ラベル:神戸地裁
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

NHK、受信料支払い求め一般世帯を提訴 兵庫県内4世帯

NHK、受信料支払い求め一般世帯を提訴 兵庫県内4世帯

NHK受信料支払い求め提訴 兵庫で一般世帯対象
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201512/0008667962.shtml
2015/12/22 18:45

NHKは22日、受信契約を結んでいない兵庫県内4世帯に契約締結と受信料の支払いを求める訴訟を神戸簡裁に起こした。一般世帯を対象にした提訴は県内で初めて。

 NHKによると、県内4世帯は、テレビの設置を確認した2010年7月〜今年11月にかけて未契約が続き、未払い額は約1万3700〜14万7400円に上る。平均4回の訪問や電話で契約を求めたが応じなかったため、今月3日に民事提訴を予告する通知を郵送したという。

 NHKは22日、大阪、京都の計7世帯に対しても管轄の簡裁に提訴した。これまでの訴訟のうち、係争中の9世帯を除く135世帯とは和解成立やNHK勝訴の判決などが出たという。




NHKは22日、受信契約を結んでいない兵庫県内4世帯に契約締結と受信料の支払いを求める訴訟を神戸簡裁に起こした。
一般世帯を対象にした提訴は県内で初めて。
NHKの受信料の支払いを拒否したり、契約を拒否したりするとNHKが提訴した例。
NHKは22日、大阪、京都の計7世帯に対しても管轄の簡裁に提訴した。
受信料を払わない家庭はスクランブル放送にして欲しい。
#NHK解体






立花孝志 船橋市議NHKから国民を守る党 ‏@tachibanat
#拡散希望 NHK集金人の戸別訪問がピタリと止まる魔法のシール【NHK撃退シール】無料郵送中 NHKから国民を守る党(政治団体) http://nhkkara.jp/




関連

「テレビ故障」認める判決…NHK受信料“解約ラッシュ”の可能性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425780741.html

受信料支払い訴訟でNHK敗訴 連勝だった裁判の今後は?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417449166.html

NHK受信契約締結認めず 松戸簡裁、支払い請求棄却
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417358815.html
ラベル:神戸簡裁
posted by hazuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述



【朝日慰安婦報道訴訟】
「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n2.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170034-n3.html
2015.12.17 14:32

慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪公告掲載を求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。

 この日は、豪州最大都市シドニー近郊のストラスフィールド市で起きた韓国、中国系市民らによる「慰安婦像設置運動」=今年8月に同市が不設置を決定=に直面した豪州在住の日本人らが意見陳述した。

14年間シドニーに在住している日本人コミュニティー団体代表、江川純世さんは「慰安婦像設置運動をめぐる豪州の韓人会やストラスフィールド市市議会議員、豪州メディアなどの発言や記事は、全て朝日新聞の『日本軍が強制的に女性を性奴隷にした』という平成4年の報道を下敷きにしていた。現実に現地では日本人に対するヘイトスピーチや暴力、差別行為が起きている。朝日新聞は自らがまいた反日の種を刈るべきだ」と意見を述べた。

 29年間シドニーに在住している女性も「朝日の慰安婦報道で韓人会による反日キャンペーンが目立つようになり、日本人が嫌がらせを受けるようになった。お互いに無視し合うような日常が形成されつつある」と指摘。「朝日新聞は誤報を認めて謝罪するふりをしているが、英語版の記事では世界に向けて『慰安婦強制説』を発信している。こうした偏向報道で、無関係な海外の日本人らが反日活動の矢面に立たされ、多大な被害を受けている」と訴えた。

また、弁護士で上智大学名誉教授の花見忠氏も「慰安婦報道の虚偽性が立証されてからも、朝日新聞が十数年にわたり無視、言い逃れに終始した結果、中国や韓国や西欧諸国、国際連合やユネスコなど国際機関までもが日本の信用を傷つける行動をするようになり、日本や国民が深刻で重大な損害を受けている。見方によっては名誉毀損(きそん)や侮辱、業務妨害など刑法上の罪に当たる可能性も否定できない」と述べた。

 この訴訟では、当初8700人が朝日新聞社を提訴していたが、その後、約1万7千人が追加提訴し、原告数は計約2万5千人となった。次回期日は3月17日。


慰安婦少女像.PNG



慰安婦を巡る朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり日本国民の名誉と信用が傷付けられたとして、約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪公告掲載を求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。
豪州最大都市シドニー近郊のストラスフィールド市で起きた韓国、中国系市民らによる「慰安婦像設置運動」に直面した豪州在住の日本人らが意見陳述した。




参考

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427836120.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427835603.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

東京高検が上告へ 菊地直子元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」

東京高検が上告へ 菊地直子元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」



東京高検が上告へ 菊地元信者無罪「高裁判決は国民感覚からも乖離」
http://www.sankei.com/affairs/news/151209/afr1512090002-n1.html
2015.12.9 00:35

オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件で、殺人未遂幇助(ほうじょ)罪に問われた菊地直子元信者(43)に逆転無罪を言い渡した東京高裁判決について、東京高検は8日、上告する方向で最終的な検討に入ったもようだ。上告期限の11日までに最高検と協議し、決定する。

 上告は原則、憲法違反や判例違反に限られているため、法務・検察内では消極論がある一方、「高裁判決は国民感覚からも乖離(かいり)している」との声も根強く、可否を協議してきた。

 争点は自身が運んだ薬品から爆薬などの危険物が製造され、テロに使われるという認識が菊地元信者にあったかどうか。1審裁判員裁判は、教団を取り巻く状況などから、「認識はあった」と推認、懲役5年の判決を言い渡したが、東京高裁は「教団が殺人を含むテロを企てているとは想起できなかった」と覆した。

 最高裁は24年、2審で逆転有罪判決を受けた覚醒剤密輸事件の被告の上告審判決で、1審裁判員裁判の無罪判決を支持、「明らかに不合理でなければ、裁判員の判断を尊重すべきだ」との初判断を示していた。東京高検は「新証拠もなく裁判員の判断を覆した2審は判例違反」(検察幹部)などとして、上告する方向で最終調整しているもようだ。


菊地直子.PNG



オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件で、殺人未遂幇助罪に問われた菊地直子元信者(43)に逆転無罪を言い渡した東京高裁判決について、東京高検は8日、上告する方向で最終的な検討に入った模様。
上告期限の11日までに最高検と協議し、決定する。
逆転無罪を言い渡した東京高裁の判決が納得いかないので、東京高検は上告して欲しいと思います。
オウム真理教の逃亡犯、菊地直子に天罰を。
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

ヤフーに初の削除命令 検索結果、グーグルに続き

ヤフーに初の削除命令 検索結果、グーグルに続き
http://this.kiji.is/46642488055809527?c=39546741839462401
2015年12月8日 02時00分

大手検索サイト「ヤフー」で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような結果が表示され人格権を侵害されているとして、運営会社に削除を求めた日本人男性の仮処分申し立てで、東京地裁は7日までに、男性の主張をほぼ認め一部削除を命じる決定をした。ヤフーによると、国内で同社に削除を命じた決定は初めて。

 決定理由で関述之裁判官は、削除を命じた検索結果について「(人格権の一部の)プライバシー権を侵害しているのは明白だ」と述べた。決定は1日付。

 関裁判官は昨年10月、東京地裁で同じ男性による米グーグルへの削除申し立ても認めた。




「Yahoo」で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような結果が表示され人格権を侵害されているとして、運営会社に削除を求めた日本人男性の仮処分申し立てで、東京地裁は7日までに、男性の主張をほぼ認め一部削除を命じる決定をした。
Yahooによると、国内で同社に削除を命じた決定は初めて。
この男性は、本当に前科者ではないのでしょうか。
新聞から引用した過去のブログの記事にいちゃもんを付けて来る前科者がいます。
拙ブログでは、今まで前科者が「名誉棄損」と言って、いちゃもんを付けて来て、削除した記事が1件あります。
保守速報から転載して書いた記事に「名誉棄損」といちゃもんを付けて来て、削除した記事も1件あります。
保守速報には、記事の送信停止依頼をしたのでしょうか。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ

「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ



「殺人の時効廃止は合憲」と最高裁 初適用の強盗殺人被告、無期懲役が確定へ
http://www.sankei.com/affairs/news/151203/afr1512030046-n1.html
2015.12.3 19:55

殺人罪の公訴時効が廃止された法改正(平成22年)がなければ、時効を迎えていた被告が初めて起訴された刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は3日、「時効撤廃は憲法で禁止された違法性の評価や責任の重さをさかのぼって変更するものではなく、合憲だ」とする初判断を示した。

 その上で、強盗殺人罪に問われた久木野信寛被告(46)の上告を棄却。無期懲役とした1、2審判決が確定する。

 久木野被告側は時効廃止について、「事件当時は時効が15年だったのに、改正で廃止された。(事後に定めた法律によってさかのぼって違法とする)遡及(そきゅう)処罰を禁止した憲法39条に違反する。時効成立を認めるべきだ」と主張。

 しかし、同小法廷は「容疑者や被告になる可能性のある人物の、すでに生じていた法律上の地位を著しく不安定にする改正ではない」と退けた。

 久木野被告は9年4月、かつて勤務していた三重県上野市(現伊賀市)のビジネスホテルで、フロント係の男性=当時(48)=を刺殺、売上金約160万円を奪ったとして、時効廃止後の25年2月、約16年の逃亡の末に逮捕された。1審津地裁の裁判員裁判は無期懲役を言い渡し、2審名古屋高裁も支持した。




殺人罪の公訴時効が廃止された法改正(平成22年)がなければ、時効を迎えていた被告が初めて起訴された刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は3日、「時効撤廃は憲法で禁止された違法性の評価や責任の重さをさかのぼって変更するものではなく、合憲だ」とする初判断を示した。
金目的の殺人の犯罪者が主張だけは立派ですね。
仮に時効が認められても人間の屑です。
1審と2審を支持した最高裁、GJです。



「時効廃止さかのぼり」合憲 最高裁が初判断 NHKニュース mp4
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

「マイナンバー制度はプライバシー侵害」 全国の地裁で一斉提訴

「マイナンバー制度はプライバシー侵害」 全国の地裁で一斉提訴
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309957.html
12/01 15:20

マイナンバー制度は、プライバシーを侵害しているとして、県民や弁護士でつくるグループが、1日午前、マイナンバーの削除と損害賠償を求める訴えを、金沢地方裁判所に起こした。
マイナンバー制度をめぐる訴えは、東京や金沢など、全国5カ所の地方裁判所で一斉に行われ、金沢地裁には、石川県民50人と弁護士グループが提訴した。
原告団は、マイナンバー制度が、税や社会保障などに関する個人情報を勝手に集めて、利用するものだと主張している。
さらに、情報漏えいする可能性が高く、プライバシーの権利を侵害するとして、原告のマイナンバーを削除することや、1人あたり11万円の慰謝料を求めている。
原告団長・坊 真彦さんは「わたしたちのプライバシーが明らかになることで、さまざまな不利益を被るおそれがある」と話した。
また、弁護団長の岩淵正明弁護士は「マイナンバー制度のシステムは、監視社会につながる」と、警鐘を鳴らした。 (石川テレビ)


マイナンバー離脱請求訴訟.PNG



マイナンバー制度は、プライバシーを侵害しているとして、県民や弁護士でつくるグループが、1日午前、マイナンバーの削除と損害賠償を求める訴えを、金沢地方裁判所に起こした。
マイナンバー制度をめぐる訴えは、東京や金沢など、全国5カ所の地方裁判所で一斉に行われ、金沢地裁には、石川県民50人と弁護士グループが提訴した。
マイナンバー制度は、民主党政権の時から決まっていた制度のようです。
民主党に文句を言わなければならない。
私は、マイナンバー制度に疑問を持っています。
政府が国民の税金を把握したいのです。
その内、預貯金にまでマイナンバー制度が適用されるようになるでしょう。
何の為の個人情報保護法か。
同様の訴訟は住基ネットカードでも起こりました。
のど元過ぎれば熱さを忘れる日本人と思っていましたが、やはりマイナンバーで訴訟になりましたね。
ラベル:金沢地裁
posted by hazuki at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

[一票の格差] 26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見

[一票の格差] 26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見



【一票の格差】
26年衆院選は「違憲状態」 最高裁3回連続判決 裁判官3人は「違憲」と反対意見
http://www.sankei.com/affairs/news/151125/afr1511250025-n1.html
2015.11.25 19:00

「一票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は憲法違反として、2つの弁護士グループが全国で提訴した選挙無効訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「憲法が要求する投票価値の平等に反する状態だが、合理的期間内で是正されなかったとはいえない」として「違憲状態」と判断した。選挙無効は退けた。最高裁が衆院選を「違憲状態」としたのは3回連続で、14人の裁判官のうち9人の多数意見。

 弁護士出身の裁判官3人が「違憲」と述べた。このうち、木内道祥(みちよし)裁判官は「2倍を上回る格差のあった選挙区は即時無効」と指摘。大橋正春裁判官は、改正に要する時間を考慮し、「判決確定から6カ月経過後に選挙を無効とすることが相当」とした。2人は「合憲」とした。

 昨年衆院選は議席を「0増5減」とした是正法で初めて行われた。大法廷は、過去の訴訟で「格差の主因」として見直しを強く求めてきた、各都道府県にまず1議席ずつ割り振る「1人別枠方式」が実質的に残ったため「格差が生じている」と指摘。投票価値の平等に反しているとした。

 一方で、(1)一時は2倍未満と一定の縮小があった(2)制度改正後1年5カ月後の選挙だった(3)国会で見直しが続いている−ことを考慮。「選挙制度改正に必要な合理的期間を経過したとはいえない」として、違憲状態にとどめた。

 大法廷は最高裁判事15人全員で審理するが、山本庸幸(つねゆき)裁判官は「0増5減」改正時に内閣法制局長官だったため外れた。


衆院選は「違憲状態」.PNG



「一票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選は憲法違反として、2つの弁護士グループが全国で提訴した選挙無効訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「憲法が要求する投票価値の平等に反する状態だが、合理的期間内で是正されなかったとはいえない」として「違憲状態」と判断した。
選挙無効は退けた。
弁護士出身の裁判官3人が「違憲」と述べたことが重要です。



去年の衆院選は「違憲状態」 “一票の格差”訴訟(15/11/25)




参考

[一票の格差] 衆院一票の格差訴訟 「合憲」判決に不服と上告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416135376.html

一票の格差訴訟、昨年の衆院選は「合憲」 東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415913146.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず

“号泣”元県議が欠席、初公判開かれず
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643154.html

政務活動費およそ900万円をだまし取った罪などに問われている元兵庫県議、野々村竜太郎被告。号泣会見から1年5か月、24日から裁判が始まる予定でしたが、野々村被告は法廷に現れませんでした。

 元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)をめぐっては、2013年からの1年間で政務活動費およそ300万円を使い、195回も城崎温泉などへ架空出張していた疑惑などが浮上。去年の記者会見で「領収書が添付されていない」と追及されましたが、野々村被告は否定していました。

 「領収書を取得できない場合という認識で、支払い証明書をもって支出できるという認識で報告した。政務調査費、政務活動費、大事ですよ、大事ですけれど・・・議員という大きなくくりの中ではごくごく小さいものなんです」(野々村竜太郎被告〔去年7月〕)

 その後、野々村被告は突如、議員辞職。3年間に支出した政務活動費を返還したものの、詳細を語らないまま雲隠れしていましたが、県議会などから告発を受け、警察が捜査を開始。今年8月、政務活動費およそ913万円をだまし取ったとして在宅起訴されました。

 そして、24日の初公判。傍聴席80席に対し605人が長い抽選の列をつくりました。注目が集まる中、開廷の時刻を迎えましたが・・・

 「定刻ですが、被告人は来ていないようですね」(裁判長)
 「『精神的に出られる状態ではない』とのことです」(弁護人)
 「きょうはどれだけ待っても出廷しない?」(裁判長)
 「きょうはないです」(弁護人)

 報道関係者が多いことを理由に野々村被告は出廷せず、裁判は開かれませんでした。

 「記者の方を中心にどよめきが広がっていた」(傍聴に訪れた人)
 「(野々村被告の)話すことを聞きたかったんですが、残念です」(傍聴に訪れた人)

 初公判は、今後改めて日程が指定されます。(24日17:58)


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費およそ900万円をだまし取った罪などに問われている元兵庫県議、野々村竜太郎被告。
号泣会見から1年5か月、24日から裁判が始まる予定でしたが、野々村被告は法廷に現れませんでした。
野々村竜太郎被告が法廷ドタキャンしました。
初公判は、今後改めて日程が指定されます。
ふざけるなよ。



“号泣県議”野々村被告がドタキャン 初公判は中止(15/11/24)




参考

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://www.sankei.com/west/news/151009/wst1510090064-n1.html
2015.10.9 17:31

政務活動費(政活費)の不適切な支出をめぐって、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が11月24日に神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれることが9日、決まった。判決公判の期日は未定。

 起訴状によると、野々村被告は平成24年4月〜26年5月、実際には行っていない城崎温泉(兵庫県豊岡市)などへの「日帰り出張」を申請したり、金券の購入費を「切手代」として計上するなどして嘘の収支報告書を県議会に提出。23〜25年度の政活費計913万2050円をだまし取ったとしている。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費(政活費)の不適切な支出を巡って、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が11月24日に神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれることが9日、決まった。
判決公判の期日は未定。
自ら開いた記者会見で、「号泣会見」の模様を放送するなどした報道機関について、名誉毀損などの容疑で相次いで神戸地検に告訴していたことが分かったのですが、どうなったのでしょう。




参考

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする