2016年07月06日

野々村被告有罪判決 裁判長「金銭欲からで悪質」

野々村被告有罪判決 裁判長「金銭欲からで悪質」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000008-kobenext-l28
神戸新聞NEXT 7月6日(水)15時26分配信

政務活動費(政活費)の不自然な支出をめぐる事件で、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)の判決公判が6日、神戸地裁であった。佐茂(さも)剛裁判長は「金銭欲からの犯行で悪質。政務活動費の制度の信頼を損ねた責任は重い。しかし、マスコミ報道など社会的制裁を受けている」として懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

法廷内での野々村被告の様子

 政活費の詐取事件を単独で審理した判決は今回が初めてとみられる。

 同被告は起訴内容を一貫して否認し、収支報告書の記載などについて「記憶にございません」などと何度も供述。佐茂裁判長は判決で「(公判では)真摯(しんし)な反省の態度は見られなかった」と批判した。

 判決の読み上げ後、証言台の椅子に座っていた野々村被告は裁判長や傍聴席に向かって一礼。うつむいたまま弁護側の出口から退廷した。

 政活費の支出をめぐる疑惑は2014年6月30日、神戸新聞が年200回近くの日帰り出張を収支報告書に記載していると報じて発覚した。同被告は翌7月1日に会見を開き、正当性を主張したが、会見途中で号泣。その後、議員辞職し、受け取った政活費の全額にあたる1834万円を返還したが、神戸地検は15年8月に在宅起訴した。


野々村竜太郎2.PNG



政務活動費の不自然な支出を巡る事件で、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)の判決公判が6日、神戸地裁であった。
佐茂剛裁判長は「金銭欲からの犯行で悪質。政務活動費の制度の信頼を損ねた責任は重い。しかし、マスコミ報道など社会的制裁を受けている」として懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。
野々村竜太郎の場合、舛添と違って、詐欺と公文書偽造だから、この判決は当然でしょう。
執行猶予付き、有罪判決です。




参考

野々村竜太郎被告に懲役3年求刑 政活費詐欺事件で検察側
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437144999.html

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434147614.html

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433041268.html

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

[靖国神社爆発音] チョン被告「靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知り、不満を持った」「もう、こういったことは二度としません」

[靖国神社爆発音] チョン被告「靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知り、不満を持った」「もう、こういったことは二度としません」

靖国神社爆発音「マスコミの関心引きたかった」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160622-00000064-jnn-soci
TBS系(JNN) 6月22日(水)18時8分配信

「マスコミの関心を引きたかった」。去年、靖国神社のトイレで爆発音があった事件の裁判で、韓国人の男が犯行の動機を述べました。

 チョン・チャンハン被告(28)は、去年11月、靖国神社のトイレに爆破装置を設置し、火薬を燃焼させ、天井を壊したとして、建造物損壊などの罪に問われています。

 チョン被告は、逮捕後の取り調べで「靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知り、不満を持った」と供述していましたが、22日の被告人質問では、「取り調べではそう答えてしまったが、靖国神社に不満はなかった」「マスコミの関心を引きたかっただけで、事件を起こす大義名分がほしかった」と述べました。

 その上で、「私が作ったものは“爆発音装置”で、物を壊したり人に危害を加えることは考えていなかった」と主張し、犯行後、韓国に帰国し、再び日本に入国したことについては、「捕まることを覚悟してきた」「もう、こういったことは二度としません」と述べました。(22日16:31)


チョン・チャンハン被告.PNG



「マスコミの関心を引きたかった」。
去年、靖国神社のトイレで爆発音があった事件の裁判で、韓国人の男が犯行の動機を述べた。
爆発音ではなく、テロですね。
韓国で反日洗脳教育を止めないと今後も同様な事件が起こります。




参考

靖国爆発音事件で初公判 韓国籍の全(チョン)被告、起訴内容認める 東京地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438993818.html

[靖国爆発] 粉末は1.8キロの「黒色火薬」 チョン・チャンハン容疑者、再入国時に持ち込み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431548295.html

[靖国爆発] 逮捕時、爆発物の材料所持 韓国人のチョン・チャンハン容疑者「靖国は失敗、もう1回やろうと」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431066941.html

[靖国爆発] 「靖国神社のトイレを確認しに来た」 逮捕された韓国人の男・全昶漢(チョンチャンハン)容疑者 韓国出国は本人の意思
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430976635.html

[靖国爆発] 韓国籍の27歳男・全昶漢(チョンチャンハン)容疑者を逮捕 建造物侵入容疑 羽田から9日午前に再入国し、任意同行 警視庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430923866.html

[靖国爆発音] 韓国人の男、2カ月前転居 朝鮮日報報じる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430872593.html

[靖国爆発] 韓国外務省、靖国神社に近づかないよう注意喚起 「右翼らのデモ現場に近づくな」などと求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430740455.html

[靖国爆発] 帰国の韓国人27歳男、1キロ離れたホテルに滞在し事件前に下見?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430699467.html

[靖国爆発] 韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430630445.html

[靖国爆発] トイレに時限発火装置か、過激派の手口模倣の可能性 防犯カメラに不審な男
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430173230.html

靖国神社で爆発 焦げたトイレ内に電池、不審物
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430122252.html




関連

【テロ事件】朝日新聞だけが「靖国爆発犯は韓国人」疑惑を一切報じず(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430642360.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

韓国名強要で賠償確定=在日男性が社長訴え−最高裁

韓国名強要で賠償確定=在日男性が社長訴え−最高裁
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062000612&g=soc

静岡県に住む40代の在日韓国人の男性が、日本名ではなく韓国名を名乗るよう強要されて精神的な損害を受けたとして、勤務先の社長を訴えた訴訟で、55万円を支払うよう命じた一、二審判決が確定した。最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)が16日付で社長側の上告を退ける決定をした。
 確定判決によると、男性は韓国籍だが日本で生まれ育ち、日常は日本名の通称を使用。しかし、勤務先で2012〜13年、社長から「朝鮮名で名乗ったらどうだ」と繰り返し言われたり、同僚の前で在日韓国人であることを公表されたりした。
 静岡地裁は「著しく不快感を与えるもので、自己決定権やプライバシー権を侵害する」と批判して賠償を命令。東京高裁も支持した。(2016/06/20-17:22)




静岡県に住む40代の在日韓国人の男性が、日本名ではなく韓国名を名乗るよう強要されて精神的な損害を受けたとして、勤務先の社長を訴えた訴訟。
最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)が16日付で社長側の上告を退ける決定をした。
通名禁止にしたいですね。
本名を名乗れないならば、祖国の韓国へ帰れ。
本名を使わせたら賠償させられるとか意味が分かりません。
こんな面倒な連中は、雇いたくないですね。
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

靖国爆発音事件で初公判 韓国籍の全(チョン)被告、起訴内容認める 東京地裁

靖国爆発音事件で初公判 韓国籍の全(チョン)被告、起訴内容認める 東京地裁

靖国爆発音事件で初公判 韓国籍の全被告、起訴内容認める 東京地裁
http://www.sankei.com/affairs/news/160614/afr1606140017-n1.html
2016.6.14 16:02

靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、建造物侵入や火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の住所不定、無職、全昶漢(チョン・チャンハン)被告(28)の初公判が14日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれた。全被告は起訴内容について「認めます」と述べた。

 全被告は短髪に黒い眼鏡、あごひげ、黒い上下スエット姿で入廷。裁判官が黙秘権などを説明し、通訳が翻訳すると、「ハイ」と日本語で何度も答えた。

 検察側は冒頭陳述で、「いわゆるA級戦犯が祀(まつ)られていることに不満を持ち、タイマー付きの爆発装置を本殿に設置しようとした。しかし警備が厳しかったため、敷地内のトイレに設置した」と指摘。事件直後に全被告は韓国に帰国したが、韓国のインターネット上などでトイレに設置したことを非難されたため、「失敗だった」と感じ、再び犯行を行うために日本への再入国を試みたとした。

 一方、弁護側も冒頭陳述を行い、「重大な事件ではなかった。今後の日本入国は困難で、再犯可能性もない」と情状酌量を求めた。

 検察側の冒頭陳述によると、全被告は平成27年11月23日、靖国神社に侵入し、トイレに金属製パイプや火薬、乾電池を使ったタイマー付き装置を設置。装置に点火してパイプを推進させ、天井(約22万円相当)を壊した。また同年12月、再び日本入国を企て、不当に火薬などを持ち込もうとしたが、入国情報を入手していた警視庁捜査員に羽田空港で身柄を拘束された。

 閉廷後、軍服風の服装をした男女2人が全被告に怒声を浴びせ、裁判官の指示を受けた裁判所職員が強制退廷させる場面もあった。


全昶漢被告.PNG



靖国神社の爆発音事件で、建造物侵入や火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の住所不定、無職、全昶漢(チョン・チャンハン)被告(28)の初公判が14日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれた。
全被告は起訴内容について「認めます」と述べた。
テロ事件なのに、産経新聞ですら爆発音事件。




参考

[靖国爆発] 粉末は1.8キロの「黒色火薬」 チョン・チャンハン容疑者、再入国時に持ち込み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431548295.html

[靖国爆発] 逮捕時、爆発物の材料所持 韓国人のチョン・チャンハン容疑者「靖国は失敗、もう1回やろうと」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431066941.html

[靖国爆発] 「靖国神社のトイレを確認しに来た」 逮捕された韓国人の男・全昶漢(チョンチャンハン)容疑者 韓国出国は本人の意思
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430976635.html

[靖国爆発] 韓国籍の27歳男・全昶漢(チョンチャンハン)容疑者を逮捕 建造物侵入容疑 羽田から9日午前に再入国し、任意同行 警視庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430923866.html

[靖国爆発音] 韓国人の男、2カ月前転居 朝鮮日報報じる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430872593.html

[靖国爆発] 韓国外務省、靖国神社に近づかないよう注意喚起 「右翼らのデモ現場に近づくな」などと求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430740455.html

[靖国爆発] 帰国の韓国人27歳男、1キロ離れたホテルに滞在し事件前に下見?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430699467.html

[靖国爆発] 韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430630445.html

[靖国爆発] トイレに時限発火装置か、過激派の手口模倣の可能性 防犯カメラに不審な男
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430173230.html

靖国神社で爆発 焦げたトイレ内に電池、不審物
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430122252.html




関連

【テロ事件】朝日新聞だけが「靖国爆発犯は韓国人」疑惑を一切報じず(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430642360.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

在日コリアン排除デモ禁止 横浜地裁支部が仮処分決定

在日コリアン排除デモ禁止 横浜地裁支部が仮処分決定
http://www.sankei.com/affairs/news/160602/afr1606020039-n1.html
2016.6.2 19:06

在日コリアン排除を訴えるデモの禁止を求める仮処分を川崎市の社会福祉法人が申し立て、横浜地裁川崎支部は2日、デモ主催団体側の市内在住の男性に、法人の事務所から半径500メートル以内でのデモの禁止を命じる決定を出した。法人側が同日、記者会見で明らかにした。

 この団体は在日コリアンへの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返していたという。

 申し立てたのは川崎市川崎区の社会福祉法人青丘社。在日コリアンが多い同市南部の地域で民族差別をなくす活動を進めており、ヘイトスピーチの廃絶を訴える市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」の運営母体。

 川崎市は5月30日、川崎区の公園2カ所の使用不許可を決定して男性に通知。男性は1日、神奈川県警中原署にデモ行進に伴う道路の使用許可を申請した。県警が使用の可否を検討している。




在日コリアン排除を訴えるデモの禁止を求める仮処分を川崎市の社会福祉法人が申し立て、横浜地裁川崎支部は2日、デモ主催団体側の市内在住の男性に、法人の事務所から半径500メートル以内でのデモの禁止を命じる決定を出した。
日本人の言論の自由、表現の自由の封殺です。
ヘイトスピーチ解消法は、日本人狩り法です。




関連

[ヘイトスピーチ解消法] 川崎市、公園使用を不許可
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438473217.html

ヘイトスピーチに適切な対策求め、川崎市に住民(在日韓国人3世の女性ら)が申し入れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438294557.html
ラベル:横浜地裁
posted by hazuki at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

在特会側の賠償増額、高松高裁 暴言「人種差別的」と判断

在特会側の賠償増額、高松高裁 暴言「人種差別的」と判断
http://this.kiji.is/97198062904147976?c=39546741839462401
2016/4/25 14:10

在日特権を許さない市民の会(在特会)のメンバーらに事務所へ乱入され、暴言を吐かれたとして、徳島県教職員組合と元書記長の女性(64)が在特会と会員ら10人に約2千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁(生島弘康裁判長)は25日、約230万円の支払いを命じた一審徳島地裁判決から賠償額を増額した。

 一審判決は在特会側の行為を県教組による四国朝鮮初中級学校(松山市)への資金支援の抗議と判断したが、主な攻撃の対象は県教組と元書記長だったと指摘。人種差別に基づくものと認定しなかったため、双方が控訴していた。高裁は「人種差別的行為があった」と判断した。




在特会のメンバーらに事務所へ乱入され、暴言を吐かれたとして、徳島県教職員組合と元書記長の女性(64)が在特会と会員ら10人に約2千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決。
高松高裁(生島弘康裁判長)は25日、約230万円の支払いを命じた一審徳島地裁判決から賠償額を増額した。
差別発言がどうこうと簡単に言えない話は抜きにしても、事務所に集団で入ったとはやり過ぎです。
これは在特会を擁護出来ないですね。
ラベル:高松高裁
posted by hazuki at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野々村竜太郎被告に懲役3年求刑 政活費詐欺事件で検察側

野々村竜太郎被告に懲役3年求刑 政活費詐欺事件で検察側

野々村被告に懲役3年求刑 政活費詐欺事件で検察側
http://this.kiji.is/97155162351255556?c=39546741839462401
2016/4/25 11:22 | 4/25 11:23 updated

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の論告求刑公判が25日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。

 野々村被告は「収支報告書に虚偽記載し、政活費の返還を免れたことは決してございません」などと起訴内容を否認。被告人質問でも「記憶にありません」と繰り返した。

 起訴状によると、日帰り出張を繰り返したなどとうその収支報告書を県議会に提出し、2011〜13年度の政活費約913万円をだまし取ったとしている。


野々村竜太郎2.PNG



政務活動費約913万円を騙し取ったとして、詐欺などの罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の論告求刑公判が25日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。
判決公判は7月6日に開かれる予定。



【号泣元県議論告】
「議員の地位逆手に制度の盲点悪用」検察、改竄手口を列挙して指弾 注目の判決は7月6日
http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250045-n1.html
2016.4.25 12:06




参考

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434147614.html

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433041268.html

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

「橋下氏は『精神病質者』」記事は「違法性ない」新潮社が逆転勝訴 大阪高裁判決

「橋下氏は『精神病質者』」記事は「違法性ない」新潮社が逆転勝訴 大阪高裁判決
http://www.sankei.com/west/news/160421/wst1604210106-n1.html
2016.4.21 20:24

橋下徹前大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が21日、大阪高裁であった。中村哲裁判長は「記事に違法性はない」と判断。新潮社側に110万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を取り消し、橋下氏側の請求を棄却した。

「真実と信じるに足る理由あった」

 問題となったのは平成23年11月号の記事。精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が執筆し、当時大阪府知事だった橋下氏について「精神病質者」などと書いた。

 野田氏の精神分析の前提となった橋下氏のエピソードについて、1審判決は「客観的証拠がなく真実と認められない」として名誉毀損を認定したが、高裁判決は別記事での取材内容も踏まえ「真実との証明はないが、真実と信じるに足る理由があった」とした。

 新潮45編集部は「自信を持って掲載した記事なので当然の判決と考える」とコメント。橋下氏側は「コメントを出す予定はない」とした。


橋下徹・給食.PNG



橋下徹前大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決。
橋下の敗訴です。




参考

「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426938416.html
ラベル:大阪高裁
posted by hazuki at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

日本赤軍元メンバーの面会認めず賠償 国に命令、岐阜地裁

日本赤軍元メンバーの面会認めず賠償 国に命令、岐阜地裁

元赤軍の面会認めず賠償 国に命令、岐阜地裁
http://this.kiji.is/87491460324574710?c=39546741839462401
2016/3/29 19:19

日本赤軍元メンバーで岐阜刑務所に服役中の泉水博受刑者(79)が知人8人との面会や文通を許可されず精神的苦痛を受けたとして、計9人が約100万円の慰謝料などを求めた訴訟で、岐阜地裁は29日、訴えを一部認め国に20万円の支払いを命じた。

 判決理由で唐木浩之裁判長は「面会不許可は刑務所長の裁量権を逸脱する」と指摘。8人のうち2人について赤軍と無関係で、面会や文通の回数が多いとして不許可は違法と判断。文通も憲法上保障されるとした。

 訴状によると、泉水受刑者らは2010年8月以降、岐阜刑務所から理由の説明がないまま、面会や文通が許可されなかったとしている。




日本赤軍元メンバーで岐阜刑務所に服役中の泉水博受刑者(79)が知人8人との面会や文通を許可されず精神的苦痛を受けたとして、計9人が約100万円の慰謝料などを求めた訴訟で、岐阜地裁は29日、訴えを一部認め国に20万円の支払いを命じた。
日本赤軍元メンバーに人権などある訳なかろう。
岐阜痴呆裁判所です。
ラベル:岐阜地裁
posted by hazuki at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

「預金は対象外」判例変更へ=遺産分割審判で大法廷回付−最高裁

「預金は対象外」判例変更へ=遺産分割審判で大法廷回付−最高裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2016032300695

遺産分割をめぐる審判の許可抗告審で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は23日、審理を15人の裁判官全員で行う大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。預金は遺産分割の対象外とする根拠となっている最高裁判例は、実務との隔たりが指摘されており、見直すとみられる。
 大法廷に回付されたのは、遺族の1人が別の遺族に対し、約3800万円の預金などの遺産分割を求めた審判。一審大阪家裁と二審大阪高裁は、遺族間の合意がない場合、預金は分割できないと判断した。(2016/03/23-17:27)




遺産分割を巡る審判の許可抗告審で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は23日、審理を15人の裁判官全員で行う大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。
大法廷に回付されたのは、遺族の1人が別の遺族に対し、約3800万円の預金などの遺産分割を求めた審判。
銀行は預金払い戻しに応じてくれないですし、これは相続の問題としては影響大きいでしょうね。
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁

大阪市に7500万円賠償命令=桜宮高体罰自殺で遺族勝訴−東京地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2016022400050

大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった男子生徒=当時(17)=が自殺したのは顧問の元教諭=懲戒免職=による度重なる体罰が原因だとして、遺族が大阪市に約1億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。岩井伸晃裁判長は「体罰が自殺の原因だった」と述べ、同市に計約7500万円の支払いを命じた。
 吉村洋文市長は「厳しい判決だが、内容は真摯(しんし)に受け止めなければならない」とコメント。控訴しない方針を表明した。
 生徒の自殺は、体罰防止の機運が高まるきっかけとなった。訴訟では、自殺と体罰との因果関係や予見可能性の有無が主に争われた。(2016/02/24-17:45)




大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった男子生徒=当時(17)=が自殺したのは顧問の元教諭=懲戒免職=による度重なる体罰が原因だとして、遺族が大阪市に約1億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。
吉村洋文市長は「厳しい判決だが、内容は真摯に受け止めなければならない」とコメント。
控訴しない方針を表明した。
遺族勝訴です。



桜宮高体罰、市に賠償命令 「ありがとうと言いたい」 両親が会見




関連

生徒を軽視した募集中止「問われる市教委の存在意義」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/314665268.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」

号泣元県議“聞こえませんポーズ”に検察イラッ「そのポーズは結構!」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/02/22/kiji/K20160222012087380.html

日帰り出張を繰り返したなどと虚偽の報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日、午後1時10分から神戸地裁で開かれた。

 この日の公判では黒いジャージーを着て顎ひげと口ひげをたくわえ、もみあげを伸ばした姿で入廷した。スキンヘッドだった髪は少し伸びていた。

 被告人質問では検察官に「第1回公判から本日までほとんどの質問に対して覚えていないと答えたが、思い出そうとする努力はしたのか」と問われると20秒くらい押し黙ったあとに「拘留されている精神状態だったので、努力は頭に浮かびませんでした」と答えた。これまでに詐欺などはやっていないと明言したが、その根拠は?と質問されると「記憶がないので、根拠を求められてもお答えすることはできません」と強い口調で返答した。

 裁判官の質問には右耳に手を添える“聞こえませんポーズ”をしなかった野々村被告だったが、質問する検察官に向かって“聞こえませんポーズ”をすると検察官の一人が怒り、「もうそのポーズは結構!」と野々村被告の右側に立って質問を続ける場面があった。

 公判では「マスコミに異常な恐怖心を持ったと思います」「家宅捜査とかをされて警察に恐怖を感じている」などとマスコミや警察への不信感を口にしていた。次回公判は4月25日。

[ 2016年2月22日 14:19 ]


野々村竜太郎2.PNG



野々村被告の第2回公判が22日、神戸地裁で開かれた。
質問する検察官に向かって「聞こえませんポーズ」をすると1人が激怒。
「もうそのポーズは結構!」と被告の右側に立って質問を続けた。




参考

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433041268.html

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束

野々村竜太郎被告の裁判 3月25日まで拘置所などで身柄を拘束

神戸地裁 裁判終了後に野々村被告を勾留
http://news.livedoor.com/article/detail/11109550/
2016年1月26日 20時31分 日テレNEWS24

政務活動費をだまし取るなどの罪に問われ、去年の初公判を欠席し、強制的な出廷となった元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の裁判が26日、神戸地裁で始まり、起訴内容について争うと主張した。裁判終了後、神戸地裁は野々村被告を再び勾留した。

 2014年7月、“異例”の号泣会見で世界中から注目を浴びた、元兵庫県議の野々村竜太郎被告。1日おきに城崎温泉と佐用町への日帰り出張を繰り返すなど不自然な政務活動費の支出。神戸地検は、3年間の出張のほぼ全てにあたる344回が「架空」だったとするほか、領収書に、ウソの記載もあったとしている。

 その後、野々村被告は不正を認め、政務活動費1684万円を全額返還、議員も辞職。しかし神戸地検は詐欺などの罪で“異例”の起訴に踏み切り、去年11月、初公判が行われる予定だった。

 しかし、裁判長、検察官、弁護士が勢ぞろいする法廷に、被告が現れず、裁判が開けない“異例”の事態に。神戸地裁は、野々村被告が再び欠席する恐れがあると判断し、強制的に裁判所に連行できる「勾引状」を発付した。一度の欠席で勾引の手続きがとれられるのも、また“異例”なこと。

 そして野々村被告は25日、身柄を拘束され、初公判前の一夜を、拘置所で明かした。そして26日午前10時半、スーツ姿に黒いメガネ、そして丸刈り姿で法廷に現れた野々村被告。裁判長や検察側と弁護側、そして傍聴席と4方向にお辞儀をし、初公判が始まった。

 裁判長「名前は?」

 野々村被告「野々村竜太郎でございます」

 終始涙目の表情を浮かべる野々村被告。起訴内容について問われると-。

 野々村被告「収支報告書に虚偽の記載をしたことは決してございません」

 全面的に争う姿勢を示した。そして、弁護側からの被告人質問で 政務活動費について聞かれると-。

 弁護側「政務活動費の年間の合計は?」

 野々村被告「はっきりとは覚えていません」

 弁護側「年に何回かに分けて支出していましたか?」

 野々村被告「記憶を確認するためにお待ちいただくようお願いします」

 そして野々村被告は下を向き、しばらくして-。

 野々村被告「記憶にございません」

 覚えていないとあいまいな答弁を繰り返す野々村被告。現在、病院に通院していて、記憶障害の可能性があると診断されたことも話し、収支報告書の記載についてはあくまでもミスで、故意ではないと主張した。

 なにもかも異例尽くしで始まった注目のやり直し裁判。神戸地裁は、野々村被告を26日から3月25日まで拘置所などで身柄を拘束。次回の公判は、来月22日に開かれる予定。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で開かれた。
神戸地裁は、野々村被告を26日から3月25日まで拘置所などで身柄を拘束。
次回の公判は、2月22日に開かれる予定とのこと。




参考

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039333.html

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張

野々村竜太郎被告 起訴内容を否認し警察による陰謀説を主張

号泣元県議 警察による陰謀説を主張 領収書改ざんの追及に
http://news.livedoor.com/article/detail/11109054/
2016年1月26日 18時24分 デイリースポーツ

政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われるも、昨年11月の初公判をドタキャンした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の“やり直し初公判”が26日午前、神戸地裁で開かれた。

 政務活動費913万円をだましとったとして起訴された野々村被告に関して、検察側は冒頭陳述で、多数回のカラ出張のほか、商品購入をしたショップの領収証を修正テープを使って商品単価、数量を改ざんしたり、国民年金保険を支払った際の明細も政務活動費から支出していたと指摘した。

 検察側は被告人質問で、野々村被告が収支報告書にコピーを添付したクレジットカードの明細に関して、自宅から押収した原本とみられる証拠を提示。そこには修正テープで改ざんした痕跡があると説明し、国民年金保険の支払いをスーパーでの商品購入分であるかのように偽装したのではと追及した。これに対し、野々村被告は「覚えてません」と返した。誰がやったのかと問われると「警察に押収された以上、別の人間がやった可能性がある」と述べた。

 これに佐茂剛裁判長が「別の人間とは誰のことか」と問うと、野々村被告は「私は警察官だと思ってます」と答えた。

 この日、野々村被告は現在、「医師から記憶障害の可能性があるとの診断を受けている」と主張し、3年間で345回のカラ出張を疑う質問などに「分かりません」「覚えてません」を大連発。ただし、警察に取り調べを受けた際のことは、取り調べの年月や、取り調べを行った警察官の姓名、階級までスラスラと話した。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で開かれた。
領収書改ざんについて追及され「別の人間がやった可能性がある」と回答。
別の人間とは誰かと問われ「私は警察官だと思ってます」と答えた。
もう病気ですね。




参考

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433039009.html

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?

野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?

「号泣県議」野々村被告が記憶障害の可能性を主張 嫌疑「覚えておりません」
http://news.livedoor.com/article/detail/11108099/
2016年1月26日 15時5分 スポーツ報知

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われ、26日に神戸地裁で初公判に臨んだ「号泣県議」こと元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)が、昨年暮れに「記憶障害の可能性がある」と診断された事を法廷で明かした。

 被告人尋問で、出張の有無や警察の取り調べを受けた際の事を聞かれた野々村被告は「記憶を確認するのでお待ち下さい」などと4回繰り返した。その後、昨年12月9日に「記憶障害の可能性がある」と病院に診断されたと話した。続けて3回「記憶を確認するので―」と同じフレーズを並べると、佐茂剛裁判長から「さっさと答えてくれませんか。記憶にあるかないか、そんなに難しいことではないでしょう」と、たしなめられた。野々村被告は「難しいと思います。覚えておりません」。診断書の提出については「出すことはできる」と話した。

 弁護人から東京、広島、福岡へ公務以外で行った事があるかを問われると「行った事があるかと言われると、行ったことがあるような…」などとあいまいに答え、兵庫・佐用町や城崎への行き来についても「今となっては覚えていません」。この様子に、味方であるはずの弁護人も「説明する気があるんですか」と、ややあきれ気味だった。

 野々村被告は公判中は終始、顔が真っ赤。14年7月の“号泣会見”で見せたような手を耳にかざす事はなかったが、裁判長の言葉が聞こえにくいかのように首をかしげるしぐさを見せていた。


野々村竜太郎・坊主.PNG



26日、詐欺罪などに問われた野々村竜太郎被告の公判が開かれた。
被告は「記憶障害の可能性がある」と診断された事を法廷で明かしたという。
裁判長からの問いに曖昧に答え、味方の弁護士も「説明する気があるんですか」と、呆れ気味だったとのこと。




参考

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433038673.html

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に

「号泣元県議」こと野々村竜太郎被告、やり直し初公判 まるで別人に

“号泣元県議”野々村被告、まるで別人 スキンヘッドに加え全身巨大化
http://news.livedoor.com/article/detail/11107056/
2016年1月26日 14時8分 デイリースポーツ

日帰り出張を繰り返したなどとうその報告書を提出し、政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われるも、昨年11月の初公判をドタキャンした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の“やり直し初公判”が26日午前、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で始まった。野々村被告は「収支報告書に虚偽記載し、政活費の返還を免れたことは決してございません」などと起訴内容を否認した。

 野々村被告が“公の場”に姿をみせるのは、世界の失笑を買った14年7月の「号泣釈明会見」以来、1年半ぶり。濃いグレーのスーツにネクタイ姿、めがねをかけて法廷に姿を見せた野々村被告は、頭髪をそり上げた“スキンヘッド”。体型は胸も肩も尻も太もももぱんぱんに張り、スーツがきつく見えるほどで全体に巨大化した印象をもたらした。映像で見てきた野々村被告とはかなり異なるため、法廷に一瞬、小さなどよめきが走った。

 入廷すると野々村被告は裁判長、検察、弁護側、傍聴席に向かって4度、頭を下げた。その後、弁護人に挟まれて着席。裁判長から「被告人は証言台に立って」と促されて「はい」と大きな声で返答し、立ち上がった。証言台に立つまでに再び何度も頭を下げた。

 裁判長から本人確認の質問をされると野々村被告は大きな声で「はい、野々村竜太郎ですございます」と名前を告げ、生年月日も答えた。職業を問われると「はい、無職でございます」と返答。この間、直立不動だった。

 法廷は撮影禁止のため、この日、神戸地裁には早朝から約300人の報道陣が集まり、地裁を完全包囲。神戸地裁が発布した「勾引状」によって前日25日に身柄拘束された野々村被告が“強制出廷”させられる姿をキャッチしようとした。地裁上空にはヘリが飛んだ。

 午前9時前には警備の警察官らを乗せた警察車両の大型バスが到着すると、一斉にフラッシュがたかれ、関係者が「信用してくれ。(被告は)乗ってないから、あけてくれ」と叫ぶ一幕も。

 野々村被告を乗せたとみられるワゴン車は午前9時20分ごろ、地裁に入った。第101号法廷で午前10時に開廷した注目の初公判は午後4時30分終了予定となっている。


野々村竜太郎・坊主.PNG



野々村竜太郎被告のやり直し初公判が26日、神戸地裁で始まった。
スキンヘッドで以前とは別人のような姿に、法廷にはどよめきが走った。
野々村被告が公の場に姿を出すのは、14年7月の「号泣釈明会見」以来となる。




参考

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432999426.html

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村竜太郎被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ

“号泣元県議”法廷ドタキャン野々村被告の身柄拘束 神戸地裁、刑事施設に収容へ
http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250069-n1.html
2016.1.25 18:16更新

嘘の収支報告書を兵庫県議会に提出し、政務活動費(政活費)約913万円をだまし取ったとして詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元県議、野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁が裁判に強制的に出廷させるため、野々村被告の身柄を拘束したことが25日、同地裁への取材で分かった。神戸地検が勾引状を執行し、地裁に引致したという。

 地裁によると、地検の係官が同日午前11時40分ごろに勾引状を執行し、野々村被告を神戸地裁に連行した。今後、刑事施設に収容する見通し。

 野々村被告は昨年11月24日に予定されていた初公判に姿を見せず、弁護側は被告が早朝から精神的に不安定になり、「欠席したい」とメールで連絡してきたと説明。刑事訴訟法は被告が出廷しない場合、原則開廷できないと定めており、初公判は延期された。

 一方、神戸地裁は今月20日、26日のやり直しの初公判に野々村被告が再び出廷しない恐れがあるとして、1回の欠席では異例の勾引状を発付。25日、野々村被告の身柄を確保する強制措置に踏み切った。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



昨年11月の初公判を欠席した元県議、野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁が裁判に強制的に出廷させる為、野々村被告の身柄を拘束したことが25日、同地裁への取材で分かった。
神戸地検が勾引状を執行し、地裁に引致したという。
ドタキャンをさせない為の異例の措置です。




参考

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432886478.html

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付

野々村竜太郎被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付

野々村被告、強制出廷へ 神戸地裁が勾引状発付
http://this.kiji.is/63066698233054709?c=39546741839462401
2016年1月22日 13時48分

政務活動費をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)に、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことが22日、関係者への取材で分かった。地裁があらためて指定した今月26日の初公判に出廷しない場合、神戸地検などが身柄を拘束し、地裁へ移送する。

 野々村被告は「報道関係者に鉢合わせしてパニックになった」と弁護士に連絡し、昨年11月の初公判を欠席、公判は延期された。

 地裁は「正当な理由がない」と判断したとみられる。


野々村竜太郎・ニコニコ動画.PNG
野々村竜太郎1.PNG



政務活動費を騙し取ったとして詐欺などの罪に問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)に、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことが22日、関係者への取材で分かった。
地裁が改めて指定した今月26日の初公判に出廷しない場合、神戸地検などが身柄を拘束し、地裁へ移送する。
精神鑑定などの方面に行きそうですね。




参考

“号泣”元県議の野々村竜太郎被告が欠席、初公判開かれず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430194533.html

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430141025.html

野々村竜太郎元兵庫県議 詐欺などの罪で在宅起訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424410846.html




関連

野々村竜太郎元県議が報道機関を告訴 「名誉毀損」訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424435863.html
posted by hazuki at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内文城前議員、吉見義明中央大教授に勝訴

「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内文城前議員、吉見義明中央大教授に勝訴



「慰安婦=性奴隷説は捏造」発言の桜内前議員、吉見教授に勝訴
http://www.sankei.com/affairs/news/160120/afr1601200030-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160120/afr1601200030-n2.html
2016.1.20 18:19

「慰安婦は性奴隷」と述べた自著を捏造とされ名誉を毀損されたとして、慰安婦研究者の吉見義明中央大教授(69)が桜内文城前衆院議員(50)に約1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。原克也裁判長は「桜内氏の発言は吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に関わる問題についての意見・論評であり、違法性はない」として吉見氏の訴えを棄却した。

 判決などによると、当時日本維新の会の衆院議員だった桜内氏は平成25年5月、橋下徹前大阪市長が自身の慰安婦発言について説明するため日本外国特派員協会で開いた記者会見に同席。吉見氏の著書「従軍慰安婦」が話題となった際、「同書の『慰安婦は性奴隷だ』という記述は捏造だと明らかになっている」との趣旨の発言をした。

原裁判長は「発言は吉見氏の名誉を傷つけたと認められる」とした一方で、「桜内氏の『捏造』という発言は『不適当』『誤り』といった意味だと解釈できる。慰安婦の立場に関する問題は公益性があり、発言は意見・論評の域を出ず、名誉毀損は免責される」と判断した。

 判決後に双方が東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、桜内氏は「公正な判決に感謝する。不当な言葉狩りには戦い続ける」と述べた。

 一方、吉見氏は「名誉毀損を認めながら違法性を認めなかったことは大変残念だ」として、控訴する意向を示した。




「慰安婦は性奴隷」と述べた自著を捏造とされ名誉を毀損されたとして、慰安婦研究者の吉見義明中央大教授(69)が桜内文城前衆院議員(50)に約1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。
原克也裁判長は「桜内氏の発言は吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に関わる問題についての意見・論評であり、違法性はない」として吉見氏の訴えを棄却した。
東京地裁、GJです。
慰安婦は性奴隷ではない。
朝鮮日報が、「慰安婦:「性奴隷」「強制性」主張の吉見義明教授が敗訴=東京地裁」という見出しで報道しています。



慰安婦:「性奴隷」「強制性」主張の吉見義明教授が敗訴=東京地裁
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/21/2016012100763.html
記事入力 : 2016/01/21 08:24
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家の安世鴻が勝訴

慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家の安世鴻が勝訴



慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁 韓国人写真家勝訴
http://www.sankei.com/affairs/news/151225/afr1512250017-n1.html
2015.12.25 15:08

慰安婦をテーマとした写真展の開催を、会場提供側の光学機器大手「ニコン」が一方的に中止したのは不当だとして、韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)さん(44)が同社に約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、谷口園恵裁判長は「ニコンの中止決定に正当な理由はなかった」とし、同社に110万円の支払いを命じた。

 判決などによると、安さんは平成24年、ニコンが写真家に無償提供している東京と大阪のサロンで写真展を開催することを同社に申し込み、同社も承諾。しかし、写真展開催について抗議の電話やメールが相次いだため、同社は中止を決定した。安さんはサロン使用を認めるよう求める仮処分を東京地裁に申し立て、地裁は同年、申し立てを認める決定をした。地裁決定を受け、写真展は東京では開催されたが、大阪展は開催されなかった。

 安さんは「一方的な中止は契約の不履行である上、表現の自由を奪う不法行為だ」と主張。一方、ニコン側は「開催すれば関係者に危険が及んだり、不買運動が起きたりするリスクがあり、中止は正当だった」などと主張していたが、東京地裁は「一方的な中止決定を正当化できるほど現実的なリスクではなかった。ニコン側は契約を守り、表現活動の場を提供する義務があった」とした。

 判決後に東京都内で記者会見した安さんは「表現の自由が認められ、喜んでいる」などと話した。




慰安婦をテーマとした写真展の開催を、会場提供側の光学機器大手「ニコン」が一方的に中止したのは不当だとして、韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)さん(44)が同社に約400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、谷口園恵裁判長は「ニコンの中止決定に正当な理由はなかった」とし、同社に110万円の支払いを命じた。
安世鴻とニコンの争いは2012年から始まっていて、東京地裁はニコンに慰安婦テーマの写真展の会場提供命じました。
安世鴻の写真展をニコンが中止したのは当然です。
ニコンは国益を守ろうとしたのです。
糾弾されるべきは韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)です。
ニコン敗訴、残念。




関連

安世鴻と韓国の戦争犯罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/278291941.html

安世鴻 写真展をめぐって
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/277836680.html

慰安婦:東京地裁、ニコンに写真展の会場提供命じる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/277165115.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする