2017年02月16日

[森外茂子(ともこ)さん(当時77)殺害] 元名大生「自分を精神科に連れて行くべきだった」 逮捕前母に話す

[森外茂子(ともこ)さん(当時77)殺害] 元名大生「自分を精神科に連れて行くべきだった」 逮捕前母に話す

元名大生「自分を精神科に」 逮捕前母に話す
https://this.kiji.is/204888822610739208?c=39546741839462401
2017/2/16 18:14

2014年に女性を殺害し、12年に高校生2人が劇物を飲まされた事件で、殺人や殺人未遂罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判公判が名古屋地裁(山田耕司裁判長)であり、母親が証人尋問で「(元女子学生から)14年夏ごろ、自分を早く精神科に連れて行くべきだった」と言われたと証言した。

 母親の証言によると、元女子学生の言葉を受け、2人で同年9月に仙台市にある発達障害の支援センターに相談に行き、継続治療できるよう名古屋大近くの窓口を教えられた。15年1月26日には名古屋市で精神科を紹介されたが、翌日逮捕され受診できなかった。


女性殺害事件ツイート.PNG



殺人や殺人未遂罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判公判。
母親が証人尋問で「(元女子学生から)14年夏ごろ、自分を早く精神科に連れて行くべきだった」と言われたと証言した。
名古屋市で精神科を紹介されたが、翌日逮捕され受診出来なかった。
殺人を犯してから、同級生にタリウムを飲ませてからの精神科受診は遅い。
発達障害や精神科受診が犯罪の言い訳に使われる。
元名大生の母親も不憫である。




参考

[森外茂子(ともこ)さん(当時77)殺害]「人を殺したかった」 元名古屋大学の女子学生の被告人質問
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446103478.html

森外茂子(ともこ)さん(当時77)を殺害の元名古屋大学の女子学生側が無罪主張 「重い精神障害、責任能力なし」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445977870.html

[名古屋大の女子学生の高校時代、同級生に毒容疑] 同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418343593.html

[名古屋大の女子学生の女性殺害事件] 殺人願望「小学生のころから」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413123193.html

名古屋大の女子学生の女性殺害事件「ついにやった」ツイッターに書き込みか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413076664.html




関連

週刊新潮、19歳容疑者の実名・写真掲載へ 名古屋殺人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413519865.html
ラベル:名古屋地裁
posted by hazuki at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴
http://www.sankei.com/affairs/news/170213/afr1702130011-n1.html
2017.2.13 17:14

パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、漫画誌「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」(東京都渋谷区)の男性従業員(48)=休職中=が13日、青林堂と社長らを相手取り、慰謝料や未払い賃金計約2000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状などによると、男性は「ガロ」の営業部長を務めた後に退社。平成26年6月に再び入社したが、労働組合に加入したことを理由に解雇された。

 東京地裁で解雇無効となり27年10月に復職したが、他の従業員から隔離され、社長から「お前がばかだからできない」「左翼だ」「君の名前も公安に知らせてる」などの発言や不当な業務命令を受けたという。男性は28年2月に鬱病と診断され休職している。

 提訴について、青林堂は「訴状を受けとっておりませんので、コメントは差し控えます」としている。




青林堂の男性従業員が、同社に慰謝料や未払い賃金を求める訴えを起こした。
男性はパワハラで精神疾患になり、働けなくなったなどとして提訴。
社長から「左翼だ」などの発言や、不当な業務命令も受けたという。
青林堂は、どうしようもない出版社ですね。
労働組合に加入すると左翼呼ばわりですか。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

橋下徹、敗訴確定 「新潮45」名誉棄損訴訟

橋下徹、敗訴確定 「新潮45」名誉棄損訴訟

橋下徹氏、敗訴確定 「新潮45」名誉棄損訴訟
http://www.j-cast.com/2017/02/03289713.html
2017/2/ 3 15:56

橋下徹・前大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の新潮社と記事の筆者に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は2017年2月1日付の決定で、橋下氏の上告を退けた。新聞各紙(ネット版)が2日、報じた。

問題とされていたのは、「新潮45」11年11月号に、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が「大阪府知事は『病気』である」と題して寄稿した記事だ。15年9月の1審・大阪地裁では新潮社と野田氏に110万円の支払いを命じたが、2審・大阪高裁は請求を棄却していた。


橋下徹・給食.PNG



橋下徹・前大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷付けられたとして、出版元の新潮社と記事の筆者に損害賠償を求めた訴訟。
最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は2月1日付の決定で、橋下氏の上告を退けた。
橋下の敗訴とは珍しいかも知れない。
弁護士の橋下は、裁判で勝っている方が多いと思われる。
橋下の敗訴とは、橋下は病気だったのかしら。




参考

「橋下氏は『精神病質者』」記事は「違法性ない」新潮社が逆転勝訴 大阪高裁判決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/436966382.html

「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426938416.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

「表現の自由」より「プライバシー」優越の場合は削除可能 Google検索削除で最高裁が初判断

「表現の自由」より「プライバシー」優越の場合は削除可能 Google検索削除で最高裁が初判断

「表現の自由」より「プライバシー」優越の場合は削除可能 グーグル検索削除で最高裁が初判断
http://www.sankei.com/affairs/news/170201/afr1702010020-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/170201/afr1702010020-n2.html
2017.2.1 12:22

過去に逮捕歴のある男性が、インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果から自身の逮捕に関する記事を削除するよう、米グーグルに求めた仮処分申し立ての許可抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は「検索事業者の表現の自由と比較して、プライバシーが優越することが明らかな場合には、検索結果の削除を求めることができる」との初判断を示した。その上で、削除を認めなかった東京高裁決定を支持した。

 5裁判官全員一致の結論。決定は1月31日付。男性の申し立てを認めたさいたま地裁決定は国内で初めて「忘れられる権利」を認定したが、同小法廷は言及しなかった。

 また、同小法廷は同日付で、検索結果削除を求めた4件の訴訟について原告側の上告を退ける決定をした。いずれも削除を認めない判断が確定した。

 検索事業者への削除請求について最高裁が判断するのは初めて。同種訴訟は各地で起こされており、影響を与えそうだ。

 仮処分の判断で同小法廷は「検索結果の提供は、検索事業者の表現行為という側面を持つ」と指摘。必要な情報を探すのを助ける検索サイトには「情報流通の基盤」としての役割があるとした。

検索結果の表示が違法といえるかどうかの判断要素として(1)表示された事実の性質・内容(2)申立人の具体的な被害の程度(3)申立人の社会的地位や影響力(4)記事の目的・意義(5)社会的状況(6)その事実を記載する必要性−を提示。これらに基づき、表現の自由とプライバシーのどちらを優先して保護するか判断すべきだとした。

 その上で、男性の逮捕容疑は社会的に強い非難の対象とされる児童買春で、公共の利害に関する事項だと判断。男性の名前だけでなく居住する県も入力しなければ検索結果が表示されないことも踏まえ、削除は認められないと結論づけた。

 男性は児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪で罰金50万円の略式命令が確定。事件から3年以上を過ぎても、男性の名前などを検索すると、逮捕時の記事などが表示されていた。

 さいたま地裁は平成27年12月、「男性には犯罪歴を『忘れられる権利』がある」として、削除命令へのグーグルの異議を棄却。東京高裁は28年7月、「男性の犯罪の性質は公共の利害に関わる」として地裁決定を取り消した。


Google2.PNG



男性の逮捕容疑は社会的に強い非難の対象とされる児童買春で、公共の利害に関する事項だと判断。
男性の名前だけでなく居住する県も入力しなければ検索結果が表示されないことも踏まえ、削除は認められないと結論づけた。
削除を認めなかった東京高裁決定を支持した。
さいたま地裁の削除命令へのGoogleの異議を棄却したのが可笑しかった。
前科者がGoogle相手に忘れられる権利を訴えるのが可笑しい。
忘れられる権利などと言い出したら図書館に昔の新聞が置けなくなるので、最高裁としては、妥当な判断でしょう。




参考

検索結果の削除、一転認めず=男性の逮捕歴めぐる仮処分−東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441044011.html

Google側、削除請求に争う姿勢 実名逮捕記事訴訟で初弁論 さいたま地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427955549.html

さいたま地裁、逮捕報道の削除命令 Google検索結果に表示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421671705.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

高樹沙耶被告の初公判 「去年は大麻を10回ほど使った」と話す

高樹沙耶被告の初公判 「去年は大麻を10回ほど使った」と話す

去年は大麻を約10回使った〜高樹沙耶被告
http://news.livedoor.com/article/detail/12577558/
2017年1月23日 14時9分 日テレNEWS24

元女優の高樹沙耶被告(53)が自宅で大麻を所持していたとして逮捕・起訴された事件の初公判で高樹被告は無罪を主張した。那覇地裁前から佐藤拓記者が中継で伝える。

 紫色のカーディガンにズボン姿で法廷に現れた高樹被告は、大麻所持の罪について「私が所持しているものではない」と話し、無罪を主張した。

 起訴状によると、高樹被告と同居していた森山繁成被告(58)は、去年10月、沖縄・石垣島にある自宅で大麻約55グラムを共同で所持していたとして、大麻取締法違反の罪に問われている。

 23日午前10時から始まった初公判の冒頭、高樹被告は職業については「宿泊業を営業しています」と答え、起訴内容については「私が所持しているものではない」と否認し、無罪を主張した。森山被告は「大麻は全て私のものです」と述べ、高樹被告は無関係だと主張した。

 一方、検察側は冒頭陳述で高樹被告らが、金属製の缶に入れた陶器の中や、冷蔵庫の中など、自宅内の数か所に大麻や吸引用のパイプなどを保管していたと指摘した。

 また高樹被告に対する被告人質問も1時間あまりにわたって行われ、高樹被告は「去年は大麻を10回ほど使った」「逮捕された直前に1回使った記憶がある」「更年期障害に加え、3年ほど前に親知らずを抜き、後遺症で痛みが残ったので、その頃は月4、5回使っていた。私たちは医療用大麻に信頼を置いていた」などと話した。

 法廷では森山被告について質問された高樹被告が、被告人席の森山被告と目を合わせほほ笑み合う様子もみられた。裁判は23日午後1時半から再開され、森山被告の被告人質問が行われている。


高樹沙耶1.PNG



大麻所有で逮捕された高樹沙耶被告が初公判で、無罪を主張した。
1時間にわたる被告人質問では、「去年は大麻を10回ほど使った」と述べた。
「私たちは医療用大麻に信頼を置いていた」などと話した。
昨年は大麻を10回ほど使ったというのに、医療用大麻の話はない。
高樹沙耶は医療用大麻の解禁の道を閉ざしてしまったのだ。




参考

元女優の高樹沙耶容疑者ら3人起訴 大麻所持の罪 那覇地検
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443986974.html

大麻所持の疑い、元女優の高樹沙耶容疑者を逮捕 厚労省麻薬取締部
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443114136.html
posted by hazuki at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

[森外茂子(ともこ)さん(当時77)殺害]「人を殺したかった」 元名古屋大学の女子学生の被告人質問

[森外茂子(ともこ)さん(当時77)殺害]「人を殺したかった」 元名古屋大学の女子学生の被告人質問

「人を殺したかった」=元名大生の被告人質問―名古屋地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000059-jij-soci
時事通信 1/19(木) 12:40配信

名古屋大の元女子学生(21)が殺人罪などに問われた裁判員裁判の第2回公判が19日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で開かれた。

 森外茂子さん=当時(77)=殺害事件について初の被告人質問が行われ、元学生は「人を殺してみたかった」と動機を語った。

 被告人質問で元学生は、アパート自室で森さんを手おので何度も殴った際、森さんが「殺すつもりなの」と聞いたと説明。「私は『はい』と答えました」と述べた。

 森さんは「どうして」と問い掛けてきたといい、元学生は「『人を殺してみたかった』と答え、それで森さんは倒れて動かなくなりました」と説明した。

 殺害に至る状況については、「『ティッシュを取る』と言って背後に回り、おのをかばんから取り出し、頭をめがけて振り下ろしました」などと話した。


女性殺害事件ツイート.PNG



裁判員裁判の第2回公判が19日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で開かれた。
森外茂子さん殺害事件について初の被告人質問が行われ、元学生は「人を殺してみたかった」と動機を語った。
犯行時、未成年など関係ない。
会話が成立しているのだから、極刑をお願いします。




参考

森外茂子(ともこ)さん(当時77)を殺害の元名古屋大学の女子学生側が無罪主張 「重い精神障害、責任能力なし」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445977870.html

[名古屋大の女子学生の高校時代、同級生に毒容疑] 同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418343593.html

[名古屋大の女子学生の女性殺害事件] 殺人願望「小学生のころから」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413123193.html

名古屋大の女子学生の女性殺害事件「ついにやった」ツイッターに書き込みか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413076664.html




関連

週刊新潮、19歳容疑者の実名・写真掲載へ 名古屋殺人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413519865.html
ラベル:名古屋地裁
posted by hazuki at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

森外茂子(ともこ)さん(当時77)を殺害の元名古屋大学の女子学生側が無罪主張 「重い精神障害、責任能力なし」

森外茂子(ともこ)さん(当時77)を殺害の元名古屋大学の女子学生側が無罪主張 「重い精神障害、責任能力なし」

元名大生側が無罪主張 殺人や毒物投与、名地裁で初公判
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017011690130043.html
2017年1月16日 13時37分

名古屋市で知人女性を殺害し、仙台市で同級生らに劇物の硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)=事件当時16〜19歳=に対する裁判員裁判の初公判が16日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で開かれた。弁護側は全事件について「重い精神障害の影響で、元学生には責任能力がなかった」として無罪を主張。元学生は「タリウムを混入させた際、被害者が死亡しても構わないと考えた覚えはない」と起訴内容を一部否認し、女性殺害の事実関係については争わない姿勢を示した。

 元学生は捜査段階で「人を殺してみたかった」と供述するなど、社会に衝撃を与えた事件を巡り、裁判員らは難しい判断を求められる。公判は計21回開かれ、判決は3月24日の予定。初公判では裁判所の判断で、元学生を傍聴席から見えないようにする遮蔽物は設けられなかった。

 冒頭陳述で検察側は「元学生には発達障害があったが、犯行への影響は限定的で、完全責任能力があった」と主張。タリウム事件については「死んでも構わないと認識しており、殺意はあった」と述べた。さらに「中学生のころに神戸市の連続児童殺傷事件(1997年)を知って強い興味を抱き、その後、猟奇的事件を調べるようになった」と指摘した。

 一方、弁護側は、元学生は発達障害に加え、そううつ病だったとして「善悪の判断ができず、行動をコントロールできなかった」と主張した。元学生を起訴したのは違法だとして、公訴棄却も求めた。

 起訴状によると、元学生は2014年12月、名古屋市昭和区の自宅アパートで、知人の森外茂子さん=当時(77)=を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害。仙台市内の私立高校に通っていた12年5〜7月には、同級生ら2人に硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとしたなどとされる。

 一連の事件を巡っては、名古屋地検が元学生の精神鑑定を実施し「責任能力に問題はない」として家裁送致。一方、名古屋家裁が依頼した鑑定医は、精神障害の影響を指摘して責任能力を否定し、鑑定結果は分かれた。これらを踏まえ、同家裁は「各犯行時の責任能力には問題はなく、刑事処分が相当」と判断して検察官送致(逆送)し、地検は15年10月に起訴した。

(中日新聞)


名古屋大の元学生の初公判.PNG
女性殺害事件ツイート.PNG



名古屋市で知人女性を殺害し、仙台市で同級生らに劇物の硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の初公判が名古屋地裁であった。
公判は計21回開かれ、判決は3月24日の予定。
「人を殺してみたかった」と、本当に人を殺めた元名大生の犯罪が許されるだろうか。
硫酸タリウムを飲まされた同級生は、現在も後遺症に悩んでいる。
中日新聞は、殺された知人女性の名前ぐらい公表しろ。




参考

[名古屋大の女子学生の高校時代、同級生に毒容疑] 同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418343593.html

[名古屋大の女子学生の女性殺害事件] 殺人願望「小学生のころから」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413123193.html

名古屋大の女子学生の女性殺害事件「ついにやった」ツイッターに書き込みか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413076664.html




関連

週刊新潮、19歳容疑者の実名・写真掲載へ 名古屋殺人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413519865.html
ラベル:名古屋地裁
posted by hazuki at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

“なし票”は「『支持政党なし』への投票ではない」 同団体側の請求棄却 東京高裁

“なし票”は「『支持政党なし』への投票ではない」 同団体側の請求棄却 東京高裁
http://www.sankei.com/affairs/news/161116/afr1611160023-n1.html
2016.11.16 17:32

今年7月の参院選比例代表で、無効票とされた「なし」「政党なし」などの投票(なし票)が有効とされていれば議席を獲得できていたとして、政治団体「支持政党なし」と佐野秀光代表が国側を相手取り、最下位で当選した自民党議員の当選無効を求めた訴訟の判決が16日、東京高裁であった。野山宏裁判長は「なし票が同団体を支持した票だとはいえない」とし、原告側の請求を棄却した。

 原告側は「『支持政党なし』の存在や名称は世間に周知されており、投票は有効だ。投票が有効であれば最下位で当選した自民党議員の票を上回っていた」などと主張していた。

 しかし野山裁判長は「投票したい政党や候補者がいないという趣旨で、なし票を投じた有権者が多数いると推定できる。有権者の意思が明確でない投票を有効とすることは許されない」と指摘した。


支持政党なし.PNG



「なし」「政党なし」が国民を馬鹿にした「支持政党なし」という政党への投票と思ったか。
「なし票が同団体を支持した票だとはいえない」とし、原告側の請求を棄却した東京高裁、GJです。
「支持政党なし」という政党名にしていれば、「なし」「政党なし」が自分達の票になることを計算していますからね。
ラベル:東京高裁
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

NHKの受信料をめぐる訴訟 最高裁判所、大法廷で判断へ

NHKの受信料をめぐる訴訟 最高裁判所、大法廷で判断へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161103-00000784-fnn-soci
フジテレビ系(FNN) 11/3(木) 6:23配信

NHKの受信料をめぐる訴訟で、最高裁判所は、大法廷で審理することを決めた。
この裁判は、NHKが、受信料の契約を拒否した男性に、受信料を支払うよう求めたもので、最高裁は、「受信設備を設置した人は、NHKと受信契約しなければならない」と定めた放送法の規定が、憲法に違反していないかなど、初めての判断を示すものとみられる。




この裁判は、NHKが、受信料の契約を拒否した男性に、受信料を支払うよう求めたもの。
恐らく、NHKの勝訴になるでしょう。
一番払いたくない公共料金ですね。
#NHK解体






NHKをぶっ壊す!立花孝志 茨木市議挑戦 @tachibanat
NHK契約義務、憲法判断へ=受信料未払いめぐり―大法廷に回付・最高裁: http://youtu.be/VdAGK4d8MLo?a 、@YouTube



NHK契約義務、憲法判断へ=受信料未払いめぐり―大法廷に回付・最高裁
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

マンスリーマンション入居者には 「NHK受信料の支払い義務なし」 東京地裁 NHKに受信料返還命じる

マンスリーマンション入居者には 「NHK受信料の支払い義務なし」 東京地裁 NHKに受信料返還命じる

マンスリーマンション入居者には 「NHK受信料の支払い義務なし」 東京地裁 NHKに受信料返還命じる
http://www.sankei.com/affairs/news/161027/afr1610270024-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/161027/afr1610270024-n2.html
2016.10.27 16:23

いわゆる「マンスリーマンション」に入居した20代の男性が、NHKに受信料を不当に支払わされたとして、NHKに受信料1310円の返還を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。佐久間健吉裁判長は「部屋にテレビを設置したのは物件のオーナーか運営会社であり、男性には受信料の支払い義務はなかった」として、NHKに1310円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は平成27年10月19日、勤務先の指定で、兵庫県内のマンスリーマンションに入居。約10日後、NHK関連会社の職員がマンションを訪れ、「受信契約を結ぶ義務がある」と説明した。男性は受信契約を結び、2カ月の受信料2620円を支払った。男性は11月20日に退去。後にNHKは男性に1カ月分の受信料1310円を返還したが、男性は「自分がテレビを設置したわけではないのに、不当に受信契約を結ばされ、受信料を支払わされた」として、残る1カ月分の受信料の返還を求めて提訴していた。

 NHK側は「マンションの運営業者は『受信料は入居者が負担する』と明示していたほか、テレビを使っていたのは男性で、受信契約を結ぶ義務があった」と主張していた。

しかし判決は、「受信料とはNHKの放送を視聴する対価ではなく、公共的なNHK放送を維持するために、テレビを設置した者に対して公平に負担を課すものだ。NHKが視聴の対価として受信料を理解しているとすれば間違いだ。テレビ設置者を問題にせず、テレビの使用者を問題にしている点も失当だ」と述べた。

 男性を支援してきた元NHK職員で、「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表は「NHKが違法に受信契約を結んでいることを認めた判決で評価できる。過去にマンスリーマンションに入居し、受信料を支払った人は取り戻せる可能性がある」と話した。

 NHKは「契約を締結する義務が居住者側にあることを2審でも引き続き訴える」と控訴する意向を示した。




佐久間健吉裁判長は「部屋にテレビを設置したのは物件のオーナーか運営会社であり、男性には受信料の支払い義務はなかった」として、NHKに1310円の支払いを命じた。
テレビ付き賃貸住宅の居住者との受信料契約は「無効」との判決です。
NHK敗訴です。
「レオパレスとの契約は公序良俗違反なので無効です」と立花孝志さん。







レオパレスとの契約は公序良俗違反なので無効です NHK受信料
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

辺野古移設、国が勝訴 福岡高裁支部、初判断

辺野古移設、国が勝訴 福岡高裁支部、初判断
http://this.kiji.is/149381064876410362?c=39546741839462401
2016/9/16 21:03

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、翁長雄志知事が埋め立て承認の取り消し撤回に応じないのは違法だと国が訴えた訴訟で、福岡高裁那覇支部は16日、知事の対応を「違法」と判断し、国側全面勝訴の判決を言い渡した。多見谷寿郎裁判長は「普天間の危険を除去するには辺野古以外ない」と指摘。判決後、知事は上告する方針を表明した。

 国と県が対立した普天間問題で初の司法判断となり、今後の議論に影響するのは必至。翁長知事は記者会見で「県民の気持ちを踏みにじる、あまりにも偏った判断だ。失望している」と述べた。


翁長雄志・辺野古敗訴.PNG



翁長雄志知事が埋め立て承認の取り消し撤回に応じないのは違法だと国が訴えた訴訟。
福岡高裁那覇支部は16日、翁長雄志知事の対応を「違法」と判断し、国側全面勝訴の判決を言い渡した。
判決後、知事は上告する方針を表明した。
「独立して中国の属国になる」と言わないでね。
ラベル:福岡高裁
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

「安愚楽牧場」巡る訴訟、海江田万里が勝訴

「安愚楽牧場」巡る訴訟、海江田万里が勝訴

「安愚楽牧場」巡る訴訟、海江田氏が勝訴
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160909-OYT1T50067.html
2016年09月09日 19時47分

2011年に破綻した「安愚楽牧場」の和牛オーナー制度に出資して損失を被ったのは、海江田万里・元民主党代表(67)が経済評論家時代に書いた同牧場の宣伝記事を信じたためだとして、全国の出資者30人が海江田氏に計約5億7360万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(谷口園恵裁判長)は9日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 原告側は控訴する方針。

 判決は、海江田氏が「牧場のリスクはゼロ」などの記事を著書や雑誌に執筆した1986〜92年頃は「和牛オーナー制度が特筆すべきリスクをはらんでいたとは認められない」と指摘。「海江田氏が一般消費者に不適切な情報を伝えて、投資判断を誤らせたとはいえない」と判断した。


海江田万里.PNG



判決は、海江田氏が「牧場のリスクはゼロ」などの記事を著書や雑誌に執筆した1986〜92年頃は「和牛オーナー制度が特筆すべきリスクをはらんでいたとは認められない」と指摘。
「海江田氏が一般消費者に不適切な情報を伝えて、投資判断を誤らせたとはいえない」と判断した。
東京痴呆裁判所ですね。
原告は控訴するわ。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

ワンセグ携帯、NHK受信料不要 さいたま地裁、契約義務なし

ワンセグ携帯、NHK受信料不要 さいたま地裁、契約義務なし
http://this.kiji.is/141760955274806775?c=39546741839462401
2016/8/26 17:42

埼玉県朝霞市議の男性(40)が、ワンセグ付きの携帯電話を所有する人はNHK受信料の契約を結ぶ義務があるかどうかを争った訴訟で、さいたま地裁(大野和明裁判長)は26日、契約義務がないとの判断を示し、市議側の訴えを認めた。受信料の支払い義務がないことを認めた。

 大野裁判長は判決理由で、携帯電話の所持は放送法上、受信契約を締結する義務があると定める受信設備の設置には当たらない、とした。

 NHK広報局は「判決は受信設備の設置についての解釈を誤ったものと理解しており、ただちに控訴します」とのコメントを出した。




NHKをぶっ壊すこと立花孝志氏が初勝利した模様です。
当然の判決ですね。
さいたま地裁の大野和明裁判長、GJです。
MAG2ニュースによると、「この裁判は、埼玉県朝霞市の大橋昌信市議(NHKから国民を守る党)が、ワンセグだけでNHKの受信料を支払う義務がないことを確認するために、NHKを相手取って起こしたもの。」とのこと。
こういう有志がいることは嬉しいですね。
NHKざまあ。



【速報】ワンセグ受信によるNHK受信料の支払い義務はない、さいたま地裁が判決
http://www.mag2.com/p/news/217601
2016.08.26



NHKに裁判勝ちました ワンセグ詳細
ラベル:さいたま地裁
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

脱原発テント、強制執行で撤去 確定判決後も市民団体側立ち退き応じず

脱原発テント、強制執行で撤去 確定判決後も市民団体側立ち退き応じず
http://www.sankei.com/affairs/news/160821/afr1608210002-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160821/afr1608210002-n2.html
2016.8.21 08:27

東京・霞が関の経済産業省敷地内に脱原発を訴えている市民団体が違法にテントを設置してきた問題で、国が確定判決に基づく強制執行を申し立て、21日、東京地裁の執行官がテントを撤去した。国が立ち退きを求めた訴訟で今年7月、市民団体側の敗訴が最高裁で確定して以降も、自主的に撤去しなかったための措置。テント設置から1800日余りを経て、国有地が正常な状態に戻る。

 強制執行は21日午前3時半過ぎから始まり、特に混乱もなく約1時間半で撤去作業が終了した。その後は経産省側が境界にフェンスを設置した。

 市民団体は東日本大震災発生から半年たった平成23年9月11日から、「原発反対運動のため」などと称して、経産省敷地内にテントを設置した。

国が立ち退きと土地使用料の支払いを求め提訴し、1審東京地裁は「国が明け渡しを求めることは権利の乱用にあたらない。原発への意見表明の手段はほかにもある」として、市民団体側に立ち退きと過去の土地使用料約1100万円の支払いに加え、実際に立ち退くまで1日当たり約2万1千円の制裁金支払い(間接強制)も命じた。2審東京高裁も「表現の自由を超えている」として、市民団体側の控訴を退け、最高裁で今年7月、市民団体側の敗訴が確定していた。

 制裁金を含めた市民団体側の支払額はこれまでに計約3800万円となっている。


脱原発テント1.PNG



東京・霞が関の経済産業省敷地内に脱原発を訴えている市民団体が違法にテントを設置して来た問題で、国が確定判決に基づく強制執行を申し立て、21日、東京地裁の執行官がテントを撤去した。
極左過激派プロ市民は逮捕すべきですね。
3800万円を支払ってもらいましょう。




参考

脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440647113.html

脱原発テント、2審も立ち退き命令 東京高裁 被告側「強制執行の場合は“非暴力非服従”で戦う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/428597003.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

信州大教授、雑誌社「Wedge」提訴 子宮頸がんワクチン副作用研究「捏造」を否定

信州大教授、雑誌社「Wedge」提訴 子宮頸がんワクチン副作用研究「捏造」を否定

信州大教授、雑誌社を提訴 副作用研究「捏造」を否定
http://this.kiji.is/138598157113361909?c=39546741839462401
2016/8/17 20:22

子宮頸がんワクチンの接種を受けた女性が体調不良を訴えた問題の厚生労働省研究班代表で、信州大の副学長と医学部長を務める池田修一教授が17日、研究を捏造と決めつけた記事で名誉を傷つけられたとして、月刊誌「Wedge」発行元(東京)に約1千万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め東京地裁に提訴した。

 訴状などによると、池田教授の研究班は3月、マウスに同ワクチンを接種すると異常な抗体が作られたと発表。Wedge7月号は「崩れる根拠、暴かれた捏造」と題した記事で、池田教授が研究者から受け取ったマウスの顕微鏡写真のうち、都合のいい写真だけを選んで実験結果を出したと報じた。




子宮頸がんワクチンの「副作用」に関する研究を捏造だとする記事で名誉を傷つけられたとして、信州大副学長の池田修一教授が17日、月刊誌「Wedge」を発行するウェッジ社(東京)らに約1100万円の損害賠償などを求める訴訟を、東京地裁に起こした。(日経新聞)
共同通信よりも日経新聞の報道の方が分かり易いですね。



子宮頸がんワクチン記事で月刊誌提訴 信州大教授「名誉毀損」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H7J_X10C16A8CR8000/
2016/8/17 20:07
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

女性106人 安保法で精神的苦痛 国に集団提訴 「1人10万円の賠償を!」

女性106人 安保法で精神的苦痛 国に集団提訴 「1人10万円の賠償を!」

女性106人 安保法で精神的苦痛 国に集団提訴
http://mainichi.jp/articles/20160816/k00/00m/040/041000c
毎日新聞2016年8月15日 19時11分(最終更新 8月15日 20時44分)

1人10万円の損害賠償求めて東京地裁に

安全保障関連法施行で精神的苦痛を受けたとして全国の女性106人が15日、国に1人10万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。原告側は記者会見で「憲法9条をないがしろにする安保法により、女性は再び戦争の危険にさらされ、平穏に生きる権利を侵害された」と訴えた。

 原告は40〜80代の戦争経験者や学識者らで全員女性。「女性が戦争から解放された日」(原告)である終戦記念日に提訴した。会見したジャーナリストの関千枝子さん(84)は広島で被爆し、女学校の級友の大半が死亡した体験を紹介。「終戦翌年に先生が黒板に『戦争放棄』と書き、級友が生きていたらどんなに喜ぶかと思った。元に戻すようなことは許せない」と語気を強めた。

 内閣官房国家安全保障局は女性106人の提訴について「平和安全法制は国民の生活や安全を守る必要不可欠なものだ」とコメントした。【伊藤直孝】




安全保障関連法施行で精神的苦痛を受けたとして全国の女性106人が15日、国に1人10万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。
全国の女性とありますが、全員が日本国籍とは限らないのですよね。
さて、何人、日本国籍の女性がいるでしょう。
原告の敗訴が決定の予感がします。
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

検索結果の削除、一転認めず=男性の逮捕歴めぐる仮処分−東京高裁

検索結果の削除、一転認めず=男性の逮捕歴めぐる仮処分−東京高裁
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071200852&g=soc

インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果から、自分の逮捕歴に関する記事を削除するよう埼玉県の男性が同社に求めた仮処分申し立ての保全抗告審で、東京高裁(杉原則彦裁判長)は12日、削除を認めたさいたま地裁の決定を取り消し、男性の申し立てを却下した。
 決定によると、男性は児童買春・ポルノ禁止法違反罪で罰金50万円の略式命令が確定。「逮捕から3年以上たったのに名前と住所で検索すると記事が表示され、人格権を侵害されている」として仮処分を申し立てた。
 さいたま地裁は昨年、「男性には更生を妨げられない利益がある」として削除を命令。同地裁での異議審も「ある程度の期間が経過した後は『忘れられる権利』がある」と認め、グーグル側が東京高裁に抗告していた。
 杉原裁判長は「罰金納付からは5年以内で、今も公共性は失われていない」と判断。忘れられる権利については「実体は名誉権やプライバシー権に基づく差し止め請求と同じで、独立して判断する必要はない」と指摘した。(2016/07/12-19:45)




7月12日の時事通信のニュースです。
弁護士ドットコムに「グーグル検索「逮捕歴」の削除命令取り消し、「忘れられる権利」の行方は?」というニュースがあったので、気になって探してみました。
児童買春・ポルノ禁止法違反罪で忘れられる権利を主張する埼玉県の男性の方がおかしい。
事実を抹消と認めたらジョージ・オーウェルの「1984」の世界になってしまいますね。
拙ブログの記事の中にも児童買春・ポルノ禁止法違反罪に該当する人の記事があったかと思いますが、そう簡単にGoogleやYahooの検索から削除されては困りますね。
弁護士ドットコムのニュースのリンクはこちら↓



グーグル検索「逮捕歴」の削除命令取り消し、「忘れられる権利」の行方は?
https://www.bengo4.com/internet/n_4985/
2016年08月14日 09時21分




参考

Google側、削除請求に争う姿勢 実名逮捕記事訴訟で初弁論 さいたま地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427955549.html

さいたま地裁、逮捕報道の削除命令 Google検索結果に表示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421671705.html
ラベル:東京高裁
posted by hazuki at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円

脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円

脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円
http://www.sankei.com/affairs/news/160801/afr1608010002-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160801/afr1608010002-n2.html
2016.8.1 15:15

東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設置して脱原発を訴えている市民団体のメンバーに国が立ち退きなどを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は市民団体側の上告を退ける決定をした。立ち退きと過去の土地使用料約1100万円の支払いに加え、実際に立ち退くまで1日当たり約2万1千円の制裁金支払い(間接強制)も命じた1審東京地裁判決が確定した。決定は7月28日付。

 制裁金を含めた市民団体側の支払額はこれまでに計3800万円余りとなっている。判決確定を受けても市民団体側が自主的に立ち退きをしない場合は、国が東京地裁に強制執行を申し立てることで、撤去に至る。

1審は経産省敷地内へのテントの設置により歩行者の通行が妨げられるほか、防災上の危険もあるなどとして、「国が明け渡しを求めることは権利の乱用にあたらない。原発への意見表明の手段はほかにもある」として、国の請求を認めた。2審東京高裁も「表現の自由を超えている」として、市民団体側の控訴を退けた。

 経済産業省は「極めて妥当な決定。被告らが最高裁決定を厳粛かつ真摯に受け止め、直ちに本件土地を明け渡すことを強く求める」とのコメントを発表。一方、市民団体側代理人の河合弘之弁護士は「脱原発の闘いの正当性が認められず、誠に遺憾である。テントの人たちは最後まで闘い、任意で立ち退くことはしない」とコメントした。


脱原発テント.PNG



経済産業省の敷地内にテントを設置して脱原発を訴えている市民団体のメンバーに国が立ち退きなどを求めた訴訟。
最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は市民団体側の上告を退ける決定をした。
「当たり前の判決を受けだと思いますが、大体、裁判をしないと撤去できないのがおかしいのでは?明らかに公道を不法占拠しているわけですから。」と杉田水脈さん。
「頭のおかしな連中の、頭のおかしな行為に対して、どれだけ関係者の貴重な時間と労力がムダになっただろう?」という意見も。




参考

脱原発テント、2審も立ち退き命令 東京高裁 被告側「強制執行の場合は“非暴力非服従”で戦う」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/428597003.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

[朝日慰安婦報道訴訟] 原告側(渡部昇一・上智大名誉教授ら)が敗訴 東京地裁「個人の名誉毀損認められない」

[朝日慰安婦報道訴訟] 原告側(渡部昇一・上智大名誉教授ら)が敗訴 東京地裁「個人の名誉毀損認められない」

【朝日慰安婦報道訴訟】
原告側が敗訴 東京地裁「個人の名誉毀損認められない」
http://www.sankei.com/affairs/news/160728/afr1607280020-n1.html
2016.7.28 15:49

慰安婦をめぐる朝日新聞の記事(平成26年に一部誤報を認め、取り消し)で間違った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉や信用が傷つけられたとして、渡部昇一・上智大名誉教授ら約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。脇博人裁判長は「原告らに対する名誉毀損(きそん)は認められない」として訴えを退けた。原告側は控訴する方針。

 脇裁判長は「朝日新聞の慰安婦記事は、旧日本軍による非人道的行為や日本政府による戦後補償の不十分さを伝えるものだ。それが誤報だった場合、大日本帝国や日本政府の評判に被害が生じることはあるとしても、原告ら特定の個々人の名誉が傷つけられたとはいえない」などと述べた。

 原告団の一人、藤岡信勝・拓殖大客員教授は判決後、「国と国民(の評価)は切り離せない。朝日の誤報により、現実に海外では日本人は淫乱・野蛮と評価され、嫌がらせを受けている人がいる。上級審の判断を仰ぎたい」と話した。

 朝日新聞社広報部は「弊社の主張が全面的に認められたと受け止めている」とのコメントを出した。


朝日新聞を読むと馬鹿になる.PNG



脇博人裁判長は「原告らに対する名誉毀損は認められない」として訴えを退けた。
頭のおかしい裁判長ですね。
東京痴呆裁判所です。
慰安婦問題は朝日新聞の捏造が原因です。




参考

[朝日慰安婦報道訴訟] 「誤報で住民対立起きている」 豪州在住の日本人らが意見陳述
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431307829.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 「日本人が恥をかいている」原告側が実害¢iえ いじめられ帰国した子供も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427836120.html

[朝日慰安婦報道訴訟] 初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427835603.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料1310円支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接して司法判断仰ぐ」

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料1310円支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接して司法判断仰ぐ」

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料1310円支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接して司法判断仰ぐ」
http://www.sankei.com/affairs/news/160720/afr1607200032-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160720/afr1607200032-n2.html
2016.7.20 19:59

NHKの放送だけをテレビに映らないようにする専用機器を取り付けた男性(48)に対し、NHKが受信料1310円の支払いを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。谷口園恵裁判長は「いったん機器を取り付けても、男性の意思次第で機器を取り外して再びNHK放送を見ることができるため、受信料の支払い義務は免れない」として、男性に1310円の支払いを命じた。

 被告は、元NHK職員で元船橋市議の男性で、NHKを見ない人は受信料を支払う必要はないとする活動を行ってきた。

 男性は産経新聞の取材に「機器を取り外したこともなく、取り外すつもりもないが、裁判所がそう判断したのであれば、今度は機器を溶接して物理的に取り外せないようにした上で、新たに司法判断を仰ぎたい」と話した。

 放送法は、NHK放送を受信することのできるテレビなどを設置した場合、NHKと受信契約を結ぶことを義務付けている。

 判決によると、男性は平成28年3月26日、自宅に置いたテレビについて受信契約をNHKと結んだ。一方、男性はその約1カ月前の3月1日、NHKの放送だけを受信しないようにする機器を自宅の壁内に埋め込んで、NHK放送を見られないようにしていた。

男性は「契約解除の条件である『テレビの廃止などで受信契約が不要になったとき』に当たるため、3月分の受信料の支払い義務はない」と主張していた。

 しかし、谷口裁判長は「外形的に男性の自宅にテレビがあるのは事実だ。男性の意思で機器を取り外せば再びテレビでNHK放送を見ることができるため、この状態は『受信機廃止などで受信契約が不要になったとき』には当たらない」と判断した。


iranehk.PNG



NHKの放送だけをテレビに映らないようにする専用機器を取り付けた男性(48)に対し、NHKが受信料1310円の支払いを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。
被告は、元NHK職員で元船橋市議の男性で、NHKを見ない人は受信料を支払う必要はないとする活動を行って来た。
産経新聞は、男性の名前を伏せて報道していますね。
都知事選に立候補している方なので、選挙妨害になりますからね。
NHKに負けるな、○○さん。
#NHK解体




参考

NHKだけ受信しない装置「イラネッチケー」 約130個売れる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/420523983.html

NHKだけ見えないテレビが開発 それでも「受信料払う義務あり」らしい
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417303610.html
ラベル:東京地裁
posted by hazuki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする