2013年10月24日

金日成主席、第2次朝鮮戦争を計画していた

金日成主席、第2次朝鮮戦争を計画していた
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/24/2013102401425.html
記事入力 : 2013/10/24 11:13

中国の外交文書で明らかに

北朝鮮の故・金日成(キム・イルソン)主席が1965年に「第2次韓国戦争(朝鮮戦争)」を計画していた事実が中国の外交文書で明らかになった。北朝鮮は1950年からの韓国戦争以降も武力統一の夢を捨てず、具体的な戦争時期や方法、中国の派兵問題まで検討していた。

■なぜ65年なのか

 北朝鮮が「第2の南侵」を検討していた65年は、韓国政府がベトナムに戦闘部隊の派遣を始めた年だ。これに先立ち、64年6月、韓国では韓日国交正常化交渉に反対する「6・3デモ」が起き、戒厳令が敷かれていた。米国と韓国の軍事力が分散し、韓国の国内情勢が混乱していた隙に再南侵を試みようとしていたことになる。

 北朝鮮内部では、1956年に親ソ、親中勢力が集団指導体制を主張し、金日成主席に挑戦したいわゆる「8月宗派(分派)事件」が起きた。その後、金日成主席は主体(チュチェ)思想を考案し、反対派の粛清を進め、独裁体制を強化した。

 北朝鮮は65年2月、国連に対し「真に国連憲章を守って行動するならば、国連軍を撤退させろ」と主張。同年4月には赤化統一(共産主義による統一)に向けた「三大革命力量」の強化を強調した。国策シンクタンク関係者は「65−66年ごろ、北朝鮮とソ連の関係は悪化の一途をたどったのに対し、中国とは緊密な関係にあった」と説明した。

琴元燮 (クム・ウォンソプ)記者



金日成(キム・イルソン)が1965年に「第2次韓国戦争(朝鮮戦争)」を計画していた事実が中国の外交文書で明らかになった。
北と韓国で、やりあって下さい。
日本は関係ありません。
北朝鮮は、拉致被害者を早く返せ。
ラベル:金日成
posted by hazuki at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

北朝鮮が中国に4、5回目の核実験を通告か

【北核実験】
北朝鮮が中国に4、5回目の核実験を通告か
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130216/kor13021600400000-n1.htm
2013.2.16 00:39

【北京=川越一】ロイター通信は15日、北朝鮮が年内に4、5回目の核実験を行う準備を進めていることを中国に通告したと報じた。中朝指導部に近く、通告に直接接することのできる関係筋の証言として伝えたもので、北朝鮮はロケットと称し、新たなミサイル発射を行う方針も示した。
 この関係筋は「全ての準備は整っている。4、5回目の核実験とロケット発射はすぐにでも行える。年内かもしれない」と指摘。次回は、6〜7キロトンと推定される12日の核実験より威力の大きい10キロトン相当になる見通しという。
 関係筋はさらに、米国が北朝鮮との対話に応じ、政権崩壊を画策していると北側が見なす政策を放棄しない限り、実験計画は遂行されると主張。北朝鮮は米国との平和協定締結と外交関係樹立を求めているといい、今回の通告は窮地に陥っている北朝鮮の焦りを示す行動ともとれる。




ロイター通信は15日、北朝鮮が年内に4、5回目の核実験を行う準備を進めていることを中国に通告したと報じました。
中国に通告ですか?
4、5回目の核実験なんて、許せません。
米国は、テロ支援国家に再指定すべきです。
ラベル:北朝鮮
posted by hazuki at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

大陸間弾道ミサイル保有が必要 北朝鮮紙が異例の言及「制裁するならしろ」

大陸間弾道ミサイル保有が必要 北朝鮮紙が異例の言及「制裁するならしろ」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130214/kor13021414250003-n1.htm
2013.2.14 14:23

14日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は「帝国主義が核兵器を持てばわれわれも核兵器を持たねばならず、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有すればわれわれも大陸間弾道ミサイルを保有しなければならない」とする「政論」を掲載、ICBM保有に異例の言及をした。聯合ニュースが伝えた。
 北朝鮮は「平和的な宇宙利用」を名目に事実上の長距離弾道ミサイルを発射してきたが、先月24日の国防委員会声明では「われわれが継続して発射する衛星や長距離ロケット」が「米国を狙うことになる」と軍事利用を明言するなど、米国への威嚇を強めている。
 また労働新聞は社説で、核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁協議などを念頭に「制裁するならしろ」と主張。「敵が反共和国策動の度を高めれば高めるほど、われわれの軍隊と人民は実質的な対応措置を連続して取る」と訴えた。(共同)




14日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は「帝国主義が核兵器を持てばわれわれも核兵器を持たねばならず、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有すればわれわれも大陸間弾道ミサイルを保有しなければならない」とする「政論」を掲載、ICBM保有に異例の言及をしたことを聯合ニュースが伝えました。
トンデモナイ国ですね。
米国は、再び、テロ支援国家にするべきです。
ラベル:北朝鮮
posted by hazuki at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

【速報】 北朝鮮、在日を使って日本で大量虐殺テロを計画していることが判明! 政府筋が告発

【速報】 北朝鮮、在日を使って日本で大量虐殺テロを計画していることが判明! 政府筋が告発
http://2logch.livedoor.biz/archives/4315664.html
2012年12月23日03:00

1: しぃ(愛知県) 2012/12/22(土) 23:22:55.60 ID:/HL9Ysx50

北朝鮮が自衛隊なりすましテロ―恐怖の日本破壊工作

ミサイル打ち上げ成功で大はしゃぎの北朝鮮の金正恩第1書記が、虎視眈々と
日本破壊工作を進めているという不気味な情報をキャッチした。その恐怖の工作とは…。

正恩氏が来年2月16日の正日氏生誕イベントに合わせて核実験を行う場合、
安倍氏も経済制裁を強化するだけでなく、話し合いの席に着く必要にも迫られる。

日本の政府関係者は、安倍氏がもし(正恩の)会談要求を突っぱねたら…。
そのときこそ、北朝鮮特殊部隊が日本のどこかでテロを起こす可能性があるという。

複数の韓国メディアは、北朝鮮の工作機関が韓国軍の軍服や装備などを中国で
大量にコピーし、それを輸入していると報じた。19日投開票の韓国大統領選に
合わせ「北朝鮮の工作員が韓国軍に偽装して、軍事挑発を行う可能性がある」と
韓国軍と情報当局は警戒を強めている。同様の手口で、
北朝鮮の部隊が日本の自衛隊の戦闘服を入手している可能性がある。

東アジアの軍事情勢に詳しいジャーナリストの南郷大氏は「日本にとっても、
この事態は他人ごとではない」と警鐘を鳴らす。以前から陸上自衛隊の戦闘服は
官給品とほぼ同じ作りのPX品(自衛隊の売店で売られている複製品)がマニアの間に流れている。
自衛隊では駐屯地祭や夏祭りなどのイベントが年に数回行われる。このときは、一般市民も駐屯地に入れる。

「誰でも売店でこういったPX品を購入することができたのです。ところが近年、これらを一般市民に
販売することが自衛隊の売店などで禁止されているんです。おそらく北朝鮮の工作機関が自衛隊の
戦闘服を入手することを防ぐ目的があるのでしょう」(南郷氏)
手は打っているものの、もはや入手されていたら間に合わない。
もし北朝鮮の特殊部隊がそれを着て破壊活動を行ってくれば、日本が大混乱に陥ることは火を見るより明らかだ。


詳細 2012/12/22
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/64251/
北朝鮮が自衛隊なりすましテロ
2012年12月22日 16時00分


転載元
スレタイ: 【速報】 北朝鮮、在日を使って日本で大量虐殺テロを計画していることが判明! 政府筋が告発
スレURL: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356186175/



ソースは東スポです。
愛国的な東スポです。
もしも、日本が弱ければ、北朝鮮がたちまちに攻めて来ます。



追記

何故、東スポならば、信頼できるかと言いますと、ACTAに関して、斎藤やすのり氏(当時、新党きづな、未来の党から出馬しましたが、落選)に取材をしたのは、東スポだったのですよ。
覚えてらっしゃいますでしょうか?
東スポは、他のマスコミが報道しないことを報道します。



監視社会招く“危険”な協定「ACTA」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/290126286.html


ACTAに関しては、見辛くて申し訳ないです。
タグを切る時、「ACTA」とタグを切るつもりでしたが、間違って、「Acta」とタグを切ってしまいました。
TPPやJASRACや米韓FTAのタグ切りは、成功したのに、ACTAだけ、失敗しました。
ラベル:北朝鮮
posted by hazuki at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

竹島問題、実は北朝鮮も領有権“主張”

竹島問題、実は北朝鮮も領有権“主張”
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120902/frn1209020736000-n1.htm
2012.09.02

島根県の竹島が、日韓の間で問題になっている。メディアは「韓国が領有権を主張する…」と報じているが、実は北朝鮮も主張し続けている。北の出版物や地図を見ると必ず竹島の記載があり、自国領を示す「(朝)」という表記で紹介されている。
 写真は現在、平壌のメーデースタジアムで好評公演中のマスゲーム「アリラン」のひとコマ。クライマックスが近くなると巨大なビニール風船でできた地球儀が出てくる。「世界の中心、朝鮮」をアピールするシーンだが、日本が実にテキトーに描かれている一方で、鬱陵島の右側にきっちりと竹島が確認できる。正確な縮尺であれば、竹島が地球儀に現れるわけがないが、「何が何でも渡すもんか!」という意地が北にもあるワケだ。(北朝鮮ウオッチャー 金正太郎)



舐められたもんだな。
北朝鮮まで、竹島の領有権を主張しているのかよ。
「何が何でも渡すもんか!」だと。
こっちのセリフだ。
本当に、シナ、南北朝鮮、ロシアという日本の領土を不法占拠したり、領有権主張したりしている国が隣国にある日本は、不幸としか言いようがない。
憲法改正しなければならないと思うけれど、自衛隊を軍隊として竹島や尖閣諸島に派遣すべきなんじゃないかな。
それぐらい、今、日本が置かれている状況は酷いよ。
ラベル:竹島
posted by hazuki at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

第1部 めぐみさんは生きている(1) 北「死亡」シナリオの原点「知りすぎた」

【再び拉致を追う】
第1部 めぐみさんは生きている(1) 北「死亡」シナリオの原点「知りすぎた」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120831/kor12083102010001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120831/kor12083102010001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120831/kor12083102010001-n3.htm
2012.8.31 02:00 [北朝鮮拉致事件]

「まことに申し上げにくいことですが…」。10年前の9月17日、東京・麻布台の外務省飯倉公館の一室で、横田めぐみさんの父、滋さん(79)と母、早紀江さん(76)らを迎えた植竹繁雄外務副大臣(当時)はそう切り出した。北朝鮮・平壌では、小泉純一郎首相(同)と会談した金正日総書記が日本人拉致を認め、謝罪。その後、飯倉公館で待機していた家族らに被害者の「安否」の説明があったのだ。
 「娘さんは亡くなっています」。断定的な物言いに、滋さんらは「いつごろ」「原因は」と矢継ぎ早に尋ねた。返ってきたのは「詳細は分からない」という一言だった。
 その後、日本政府は調査団を派遣したり、複数回にわたって実務者協議を続けた結果、北朝鮮側の説明は「1994年4月、精神状態を治療するため、平壌市49号予防院に入院した後、院内を散歩中に近くの松の木で首をつって自殺した」という内容に集約された。
 北朝鮮側は、証拠として病院の「死亡台帳」なるものを出してきた。表紙には「患者入退院台帳」とあり、「入退院」の文字の部分に何本もの線をひき、その上に「死亡」と書き換えたものだった。
 当時は、捏造(ねつぞう)された台帳という認識だった。
 日本政府も「信憑(しんぴょう)性が低い」と北朝鮮側に照会しているが、2001年時点のめぐみさんの生存情報が明らかになったことで、台帳が「入退院」だったことも、逆にうなずける。
めぐみさんは94年の時点では、帰国した拉致被害者の一部と同じ集落の招待所で生活していた。
 被害者らはめぐみさんが病院に連れて行かれたのを確認しているというが、「死亡した」という点については、「その後、噂で聞いた」としているだけだ。
 北朝鮮側が描いためぐみさん「死亡」のシナリオの原点がおぼろげながらに見えてきた。
なぜ、めぐみさんは「死亡」とされたのか…。
     ◇
 一昨年7月、長野県軽井沢町の別荘。初めて日本を訪れた大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員(50)が拉致被害者、田口八重子さん=拉致当時(22)=の家族と面会していた。
 金賢姫元工作員は、「蜂谷真由美」名義の旅券を所持し、日本人女性になりすまし犯行におよんだ。日本人化教育に従事させられたのが田口さんだった。田口さんとの思い出を家族らに話すため、金賢姫元工作員は来日したのだ。
 その日の夕刻、横田めぐみさん=同(13)=の父、滋さん(79)と母、早紀江さん(76)も面会に訪れた。めぐみさんも北朝鮮で金賢姫元工作員の同僚の女工作員に日本語を教えさせられていた。
 早紀江さんは金賢姫元工作員から言われた言葉を明かした。
 「八重子さんとめぐみさんはきっと生きています。でも2人が出てくるのは一番あとになるでしょう」
   ■ ■ ■
「工作員を現地人化させるために、現地から教官を連れてこい」。金正日総書記は76年、工作機関に拉致指令を出した。めぐみさんや田口さんはじめ、その後1〜2年のうちに多くの日本人が北朝鮮に拉致された。現地人化教育を受けた第1期生8人のうちの1人が金賢姫元工作員だった。
 田口さんとの生活は81年7月から83年3月までの20カ月間におよんだ。日本語だけでなく、食事の作法や顔の洗い方、日本人女性のしぐさを完璧に習得した。
 ちょうど同じころ、めぐみさんも、同期の金淑姫(キム・スッキ)工作員と同居生活を送るなどしながら日本語を教えていた。金淑姫工作員はめぐみさんと離れた後、金賢姫元工作員を誘い、一度だけめぐみさんに会いに行っている。めぐみさんと金賢姫元工作員にも接点があった。
金賢姫元工作員は、大韓機爆破事件の際、金正日総書記の直筆による命令書を受けていた。ソウル五輪(88年)開催を妨害するために実行され、乗客乗員115人の命を奪ったテロを、北朝鮮はいまだに認めていない。「金賢姫」は存在しない人物、「南朝鮮(韓国)がでっち上げた偽物」となっている。
   ■ ■ ■
 金賢姫元工作員は来日時、拉致被害者と家族の支援組織「救う会」の関係者にこうも語った。「めぐみさんと八重子さんは大韓機事件という秘密に関係することがありますが、しかし他の秘密もあるのではないかと思います」
 めぐみさんについては金正日総書記一家に日常的に接していたという情報がある。総書記の元側近幹部が韓国当局者に明らかにした情報で、「横田めぐみは95年前後の1〜2年、金正日の子供の一人の家庭教師をしていた」というものだ。
 2007年に脱北した元朝鮮人民軍所属の男が、拉致を実行した朝鮮労働党の工作機関、作戦部の幹部を父にもつ友人に聞いた話を救う会は重視している。
 「めぐみは見てはならないものを見ている。知っていることが多い。帰したら(工作機関の拠点である)連絡所の秘密を知られてしまう」
めぐみさんのものとされる「遺骨」が日本の鑑定で偽物と判明したころの04年末〜05年初めごろの話だという。
 めぐみさんや田口さんが「知りすぎた被害者」だったことが浮かび上がる。
 「生存情報はある。日を追って複数、情報が重なっている。情報の確度はさまざまだが、最近は被害者がいる場所の情報も入ってくる」。政府関係者はそう話し、こう続けた。「生存情報は交渉の切り札。情報を持っていることが重要だ」
     ◇
 日朝首脳会談から10年。日本人拉致事件を最初に報じた産経新聞は、被害者らの早期帰国を促すために、事件や政府対応、北朝鮮側のもくろみを改めて検証していく。




> 早紀江さんは金賢姫元工作員から言われた言葉を明かした。
>「八重子さんとめぐみさんはきっと生きています。でも2人が出てくるのは一番あとになるでしょう」


金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員の言葉が重要ですね。
めぐみさんに日本語を教えていた、金淑姫(キム・スッキ)工作員の存在もあります。


> めぐみさんや田口さんが「知りすぎた被害者」だったことが浮かび上がる。

これが帰してもらえない理由でしょう。

> 日朝首脳会談から10年。日本人拉致事件を最初に報じた産経新聞は、被害者らの早期帰国を促すために、事件や政府対応、北朝鮮側のもくろみを改めて検証していく。

産経新聞は、今後も検証をお願いします。


民主党になってから、拉致問題が取り上げれませんな。
それどころか、鳩ポッポが1000万円、菅が6250万円、拉致容疑者親族周辺団体へ献金しています。
菅は、よど号ハイジャック犯と近い関係があります。
辻元清美でよく耳にするのが、「ピースボート」、そして辻元が給与詐欺を働いたその金の行方が一部日本赤軍へ流れたとの報道もあります。
辻元は、国際交流団体ピースボート設立者です。
元日本赤軍メンバーで第三書館社長のテロリスト北川明と内縁関係にあるといわれ、辻元は第三書館の取締役に就任したこともあります。
色んな意味で、北朝鮮寄りなので、解決へ向かわないのです。
社民党(旧社会党)の土井たか子は、北朝鮮の拉致事件に対して 、「労働党からですね今にしてはっきりしたことは間違ったことを言われ続けてきたということでしょ? 拉致という事実はございませんといわれ続けてきたわけですからしたがってそれに対して社会党、社民党自身が更に追求を、十分な形でしてきたかというと率直にその辺は十分とは言えない」と発言したとか。
日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認めたことから、それまで北朝鮮擁護・日本人拉致は捏造と主張してきた社民党(旧社会党)は完全に国民からの支持を失っています。
北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者、約460人のうち、出身校が重なっている人が延べ 40人いることが明らかになりました。
また、特定失踪者問題調査会は、失踪者を中学や高校、大学など出身校別に分類したリストを公開しました。
リストによると、全失踪者、約460人のうち、中学、高校、大学など出身校が重なるケースが15件、延べ40人います。
うち8人は、当時、京都市内にあった立命館大学出身で、ほとんどが経済学部でした。
調査会は、失踪者全体の1割近くで出身校が重なっていることは偶然とは言えず、学校関係者や周辺に拉致にかかわった工作員や協力者がいた可能性が高いとみています。
この問題は、拉致に関わった工作員を捕まえる為に、「スパイ防止法」が必要なレベルです。



参考

拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/281967323.html
ラベル:拉致問題
posted by hazuki at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査

拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071919440009-n1.htm
2012.7.19 19:44

 内閣府が19日に発表した北朝鮮による拉致問題に関する初の世論調査によると、拉致問題について「聞いたことがあり、内容も知っている」との回答が96・1%に上った。広報・啓発活動で取り上げてほしい内容は、「解決に向けた国の制度や取り組み」の79・2%がトップで、「首相や閣僚の考え」が48・0%で続き、問題解決への政府の強い対応が求められていることがうかがえた。
 拉致問題を知ったきっかけはテレビ99・3%、新聞83・3%の順で、本や雑誌などの出版物32・1%を大きく上回った。広報・啓発活動に「参加したい」は39・6%、「参加したくない」は55・9%。若い世代への啓発のため、「学校教育」(64・2%)、「インターネットなどを用いた広報」(54・7%)の充実を求める声が多かった。
 調査は全国20歳以上の3千人を対象に6月7〜17日に面接聴取方式で行った。



民主党になってから、拉致問題が取り上げれませんな。
それどころか、鳩ポッポが1000万円、菅が6250万円、拉致容疑者親族周辺団体へ献金しています。
菅は、よど号ハイジャック犯と近い関係があります。
辻元清美でよく耳にするのが、「ピースボート」、そして辻元が給与詐欺を働いたその金の行方が一部日本赤軍へ流れたとの報道もあります。
辻元は、国際交流団体ピースボート設立者です。
元日本赤軍メンバーで第三書館社長のテロリスト北川明と内縁関係にあるといわれ、辻元は第三書館の取締役に就任したこともあります。
色んな意味で、北朝鮮寄りなので、解決へ向かわないのです。
社民党(旧社会党)の土井たか子は、北朝鮮の拉致事件に対して 、「労働党からですね今にしてはっきりしたことは間違ったことを言われ続けてきたということでしょ? 拉致という事実はございませんといわれ続けてきたわけですからしたがってそれに対して社会党、社民党自身が更に追求を、十分な形でしてきたかというと率直にその辺は十分とは言えない」と発言したとか。
日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認めたことから、それまで北朝鮮擁護・日本人拉致は捏造と主張してきた社民党(旧社会党)は完全に国民からの支持を失っています。
北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者、約460人のうち、出身校が重なっている人が延べ 40人いることが明らかになりました。
また、特定失踪者問題調査会は、失踪者を中学や高校、大学など出身校別に分類したリストを公開しました。
リストによると、全失踪者、約460人のうち、中学、高校、大学など出身校が重なるケースが15件、延べ40人います。
うち8人は、当時、京都市内にあった立命館大学出身で、ほとんどが経済学部でした。
調査会は、失踪者全体の1割近くで出身校が重なっていることは偶然とは言えず、学校関係者や周辺に拉致にかかわった工作員や協力者がいた可能性が高いとみています。
この問題は、拉致に関わった工作員を捕まえる為に、「スパイ防止法」が必要なレベルです。
ラベル:拉致問題
posted by hazuki at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする