2014年02月20日

日本と領土論争 露外相が「ない」

日本と領土論争 露外相が「ない」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140219/erp14021908170002-n1.htm
2014.2.19 08:17 [ロシア]

モスクワ=遠藤良介】ロシアのラブロフ外相は18日、エストニアのパエト外相との会談後に記者会見し、日本との間に領土論争は存在しないとの見解を示した。北方領土問題を抱える日本を牽制(けんせい)した形だ。

 ラブロフ氏はこの中で「(日本との)状況を何らかの領土論争とは見ていない」と発言。ロシアの領有権主張を「国連憲章で固定された第二次大戦の結果」として正当化する従来の立場を繰り返した。ただ、日露交渉を否定してはおらず「わが国は現実と、日露間で締結された諸文書に立脚している」とも述べた。



ロシアのラブロフ外相が領土論争は存在しないという見解を示した。
北方領土問題を抱える日本を牽制した形だ。
北方領土はロシアが不法占拠している。
早く北方領土を4島とも返せ!


北方領土をロシアが侵略された時,そこに住んでいた日本人はどうなったのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129058197

北方領土をロシアが侵略された時,そこに住んでいた日本人はどうなったのですか?

アメリカ軍が来ていないと知ると、ソ連軍は8月28日に択捉島に、9月1日に国後島に上陸した。さらに千島列島に含まれず北海道根室半島の延長である歯舞諸島、色丹島にも、ソ連軍はそれぞれ9月1日、4日に占領した。歯舞諸島占領が行われた9月4日は、降伏文書正式調印の二日後である。
樺太および、千島の戦いでは、日本軍将兵約3千名、民間人約3700名の命が奪われた。このほとんどが8月15日の終戦以降のソ連軍侵攻によるものである。さらに捕虜にされた樺太約1万8千名、千島約5万名の日本軍将兵は本土に帰ると騙されて、シベリアなどに送られた。
スターリンは14日の時点では捕虜のソ連領移送は行わないと言っていたのだが、北海道占領を断念したとトルーマンに回答した21日の翌日、日本軍捕虜50万人のシベリア移送の極秘命令を出している。ロシアの研究者の多くが、これは北海道占領断念の代償だったとしている。
もし、樺太、千島での日本軍の頑強な抵抗がなければ、北海道北部はソ連に占領されていた可能性がある。そうであれば満州や樺太で起きた民間人虐殺が北海道でも繰り返されただろう。
そして、北海道北部は北朝鮮や東ドイツのように共産主義独裁政権が支配していたであろう。樺太と千島の防衛に一命を捧げた日本軍将兵3700人と、その後のシベリア抑留に苦しんだ約7万の将兵に心からの追悼と感謝を意を捧げたい。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog203.html


樺太・千島交換条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%A4%AA%E3%83%BB%E5%8D%83%E5%B3%B6%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84



ロシア人から見た北方領土問題(日本語訳)


【佐藤優】北方領土問題に関して「プーチンは北方領土を返したいが案が無い、ロシア外務省は強硬路線に向かっている」と解説



参考

北方領土2等分 「妄言」には惑わされるな
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/358884422.htm

北方領土に“同盟国”企業が続々進出 外国企業に制裁を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/355660595.htm

領土問題をめぐり、日本が各国から挟み撃ちに=中国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/279134160.html
ラベル:北方領土
posted by hazuki at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

千島列島にメタンハイドレート 露の研究機関が開発提唱

千島列島にメタンハイドレート 露の研究機関が開発提唱
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130619/erp13061920460005-n1.htm
2013.6.19 20:45 [国際会議・機関]

【モスクワ=遠藤良介】ロシアの有力経済紙、コメルサントは19日、クリール諸島(千島列島と北方領土)近海に大量の次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」が埋蔵されている可能性が高く、露国立研究機関が国営石油大手「ロスネフチ」に開発の検討を提案したと伝えた。
 同紙によると、露科学アカデミー極東地質学研究所は、クリール諸島の大陸棚に眠るメタンハイドレートが最大でガス87兆立方メートル相当と推定。同諸島北部パラムシル島付近の海底下200メートルから調査を行うようロスネフチに提言した。
 日本の2011年の天然ガス消費量は1055億立方メートルで、同研究所の最大推定はこの約824倍にあたる。記事は、クリール諸島周辺の調査は日本近海よりも容易で、「アジア諸国の企業が共同事業に関心を示すだろう」とする専門家の見方も伝えている。
 日本のメタンハイドレート開発は将来、ロシアの天然ガス生産にとって「シェールガス革命」以上の脅威になるとみられている。ロシアはアジア市場への資源輸出拡大を目指しており、今後はクリール諸島での調査や開発にも目を向ける可能性がある。




ロシアの有力経済紙、コメルサントは19日、クリール諸島(千島列島と北方領土)近海に大量の次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」が埋蔵されている可能性が高く、露国立研究機関が国営石油大手「ロスネフチ」に開発の検討を提案したと伝えました。
日本のメタンハイドレート開発は将来、ロシアの天然ガス生産にとって「シェールガス革命」以上の脅威になるとみられています。
ロシアはアジア市場への資源輸出拡大を目指しており、今後はクリール諸島での調査や開発にも目を向ける可能性があります。
広大な海を持つ日本は隠れた資源大国です。
北方領土はロシアが実効支配していますが、将来のエネルギー資源として期待されているメタンハイドレートが埋蔵されている可能性が高いということです。



三橋貴明さんの「それでも、日本経済が世界最強という真実」(WAC BOOK)にメタンハイドレートのことに触れていますので、こちらもお読み下さい。

それでも、日本経済が世界最強という真実.PNG
posted by hazuki at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

北方領土に“同盟国”企業が続々進出 外国企業に制裁を

北方領土に“同盟国”企業が続々進出 外国企業に制裁を
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130416/erp13041609050001-n1.htm
2013.4.16 09:04 [ロシア]

ロシアが不法占拠する北方領土での地熱や風力などの発電事業を、あろうことか米国系の企業が次々と受注していることが明るみに出た。なぜ、こんなことがまかり通るのか、との思いを禁じ得ない。(フジサンケイビジネスアイ)
問題となっているのは、米アラバマ州に本社を置く「タイガー・マシナリー」の傘下企業「サハリン・マシナリー」。米建設機械大手「キャタピラー」の公式ディーラーである。サハリン・マシナリーは国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリリスク)郊外に計画されている地熱発電所の建設を請け負い、現地での工事に着手。国後島・泊(同ゴロブニノ)での風力発電所建設も受注して関連設備の製造に入ったほか、昨年9月に稼働を開始した択捉島・別飛(同レイドボ)のディーゼル発電所を建設していたことも明らかになった。
 北方領土を事実上管轄するサハリン(樺太)州の当局者によれば、択捉島にも地熱発電所を建設する計画があり、複数の外国企業が受注の意思を伝えてきているという。
 言うまでもなく、北方四島は1945年8月、日ソ中立条約を侵犯して対日参戦したソ連が、終戦後のどさくさにまぎれて不法に占拠した日本固有の領土。したがって、ロシアがインフラ整備を通じて実効支配の固定化を図ること自体が容認できない。さらに第三国の企業、まして同盟国である米国の企業が、ロシア管轄下でそれに加担しているのは極めて重大な事態と言うべきだ。日本外務省はサハリン・マシナリーに対し「ロシアの管轄権を前提にした形で第三国が経済活動に従事するのはわが国の立場と相いれない」と抗議した。
だが、こうした第三国企業の活動を止める実効性のある手立てを、現時点でわが国は持ち合わせていないのが実情だ。過去には韓国企業が択捉島の港湾工事に加わり、中国人や北朝鮮人の労働者は建設や農業の現場に流入し続けている。サハリン・マシナリーも「事業は継続する」と日本の意向は意に介さない姿勢だ。
 そこで提案したいのは、北方領土での経済活動に加わる第三国の企業や関係者に、日本への入国禁止といった制裁措置を科すことだ。きちんと新法を制定し、国内外に広く日本の立場を知らせればよい。外務省はこれまでも択捉島を拠点とする財閥「ギドロストロイ」の幹部にビザ(査証)発行を拒否しており、難しいことは何らないと思われる。
 ロシア政府は「クリール諸島(千島列島と北方四島)の社会経済発展計画」(2007〜15年)に基づき、280億ルーブル(約826億円)の予算規模で北方領土のインフラ整備を加速させている。各種の事業に中国や韓国の企業を巻き込もうと、サハリン州が積極的な誘致活動を行っている現実もある。
 やるべきことはやっておかないと、北方領土交渉が一層難しいものとなるのは目に見えている。(産経新聞社モスクワ支局 遠藤良介)



プーチン露政権 対中と対日のバランスに腐心 北方領土交渉は視界不良
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130323/erp13032321230004-n1.htm
2013.3.23 21:19 [ロシア]



KGBプーチン.PNG



ロシアが不法占拠する北方領土での地熱や風力などの発電事業を、米国系の企業が次々と受注していることが明るみに出ました。
問題となっているのは、米アラバマ州に本社を置く「タイガー・マシナリー」の傘下企業「サハリン・マシナリー」。
北方領土を事実上管轄するサハリン(樺太)州の当局者によれば、択捉島にも地熱発電所を建設する計画があり、複数の外国企業が受注の意思を伝えて来ているという。
北方四島は1945年8月、日ソ中立条約を侵犯して対日参戦したソ連が、終戦後のどさくさに紛れて不法に占拠した日本固有の領土です。
ロシアがインフラ整備を通じて実効支配の固定化を図ること自体が容認できないのに、第三国の企業が、ロシア管轄下でそれに加担しているのは極めて重大な事態であります。
日本外務省はサハリン・マシナリーに対し「ロシアの管轄権を前提にした形で第三国が経済活動に従事するのはわが国の立場と相いれない」と抗議したようです。
やるべきことはやっておかないと、北方領土交渉が一層難しいものとなります。
アメリカ軍が来ていないと知ると、ソ連軍は8月28日に択捉島に、9月1日に国後島に上陸したのです。
北方領土問題も何とかしなければならない問題ですね。



北方領土をロシアが侵略された時,そこに住んでいた日本人はどうなったのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129058197

北方領土をロシアが侵略された時,そこに住んでいた日本人はどうなったのですか?

アメリカ軍が来ていないと知ると、ソ連軍は8月28日に択捉島に、9月1日に国後島に上陸した。さらに千島列島に含まれず北海道根室半島の延長である歯舞諸島、色丹島にも、ソ連軍はそれぞれ9月1日、4日に占領した。歯舞諸島占領が行われた9月4日は、降伏文書正式調印の二日後である。
樺太および、千島の戦いでは、日本軍将兵約3千名、民間人約3700名の命が奪われた。このほとんどが8月15日の終戦以降のソ連軍侵攻によるものである。さらに捕虜にされた樺太約1万8千名、千島約5万名の日本軍将兵は本土に帰ると騙されて、シベリアなどに送られた。
スターリンは14日の時点では捕虜のソ連領移送は行わないと言っていたのだが、北海道占領を断念したとトルーマンに回答した21日の翌日、日本軍捕虜50万人のシベリア移送の極秘命令を出している。ロシアの研究者の多くが、これは北海道占領断念の代償だったとしている。
もし、樺太、千島での日本軍の頑強な抵抗がなければ、北海道北部はソ連に占領されていた可能性がある。そうであれば満州や樺太で起きた民間人虐殺が北海道でも繰り返されただろう。
そして、北海道北部は北朝鮮や東ドイツのように共産主義独裁政権が支配していたであろう。樺太と千島の防衛に一命を捧げた日本軍将兵3700人と、その後のシベリア抑留に苦しんだ約7万の将兵に心からの追悼と感謝を意を捧げたい。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog203.html


樺太・千島交換条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%A4%AA%E3%83%BB%E5%8D%83%E5%B3%B6%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84



参考

領土問題をめぐり、日本が各国から挟み撃ちに=中国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/279134160.html
ラベル:北方領土
posted by hazuki at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

北方墓参:択捉島訪問を再延期 ロシア側が拒否通告

北方墓参:択捉島訪問を再延期 ロシア側が拒否通告
http://mainichi.jp/select/news/20120922k0000m040139000c.html
毎日新聞 2012年09月22日 00時30分

北海道は、7月実施予定から今月24〜27日に延期していた北方領土墓参の択捉島訪問を再び延期することを決めた。ロシア側が外務省を通じて「この日程では受け入れられない」と通告してきた。道は日程を変更して訪問可能か、関係機関と調整するが、訪問中止の可能性もある。
 道北方領土対策本部によると、外務省から20日に連絡があった。ロシア側は「(受け入れ不可能な理由は)政治的背景はないが、詳細は説明できない」としている。
 択捉島への墓参は当初7月17〜20日の予定だったが、ロシア側が「緊急の不可抗力の事情」を理由に延期を要請。今回は遺族ら33人が訪問する計画だった。【大場あい】




ロシアって、身勝手だよな。
他所様の領土を奪っておいて、北方領土墓参の択捉島訪問を延期するとは。
プーチンが、500人を横浜に招待しろだの、500人分の入国ビザを2日間で手配して欲しいだの要求して来て、野豚が了解してしまい、500人分のバスの手配が出来ない状況だったんだぜ。
全くと言って良い程、日本は、ロシアに対して、外交が出来ていない。
玄葉は、ロシア訪問の際に、犬外交をしたしな。
盗人猛々しいんだよ。
北方領土も返して欲しいんだが、樺太・千島も取り返したいよ。



樺太・千島交換条約
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A8%BA%E5%A4%AA%E3%83%BB%E5%8D%83%E5%B3%B6%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84&oldid=42350727



参考

玄葉外相 「犬外交」でプーチン表敬実現も北方領土NGの条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/285632832.html

プーチン大統領、500人を横浜に招待!日本にビザ発給要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/291962202.html
ラベル:北方領土
posted by hazuki at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

プーチン大統領、500人を横浜に招待!日本にビザ発給要請

プーチン大統領、500人を横浜に招待!日本にビザ発給要請
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120910/plt1209101213002-n1.htm
2012.09.10

ロシアのプーチン大統領は9日、APEC首脳会議の会場で活動した学生ボランティアのうち500人を横浜への船旅に招待するとし、日本政府が査証(ビザ)発給手続きを大急ぎで進めていると述べた。タス通信が伝えた。
 プーチン大統領は野田佳彦首相との8日の会談で、500人分の入国ビザを2日間で手配してほしいと要請したと明らかにした。大統領によると、話を聞いた野田首相は期間の短さと人数の多さに少し当惑した様子を見せたが、日本側は発給手続きを急いで進めているという。
 大統領は首脳会議閉幕後、約2500人のボランティアの一部と会い「皆さんは私の仕事をよく手助けしてくれた。各国首脳も高く評価している」と直接謝意を表明した。(共同)




堂々と、スパイを500人も送り込むなんて、流石、元、KGBのプーチンだな。
日本に、ビザをお願いする側の人間が大きく出ているわな。
野豚は、このプーチンからの依頼を断れないのかよ。
500人分の入国ビザを2日間で手配して欲しいとか言っているのを断れば良かろう。
微妙に内政交渉して来るぞ。
野豚は、相手がプーチンでも外交をしろよ。
ラベル:プーチン
posted by hazuki at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

「シベリアのネコ贈ります」=秋田犬の返礼−ロシア大統領

シベリアのネコ贈ります」=秋田犬の返礼−ロシア大統領
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012072900038

【ソチ時事】ロシアのプーチン大統領は28日、同国南部ソチでの玄葉光一郎外相との会談で、秋田県から寄贈された秋田犬の子犬「ゆめ」に触れ、同県の佐竹敬久知事に謝意を表明した。その上で「知事は愛猫家と聞いている。(返礼として)シベリアのネコを提供する」と述べた。
 プーチン氏は公邸で2頭を飼う愛犬家として知られ、ゆめは27日にモスクワでロシア側に引き渡された。 (2012/07/29-01:41)



元、KGBのプーチンのシベリアのネコは要らないので、北方領土を返してもらいなさいよ。
北方領土の話ぐらい持ち出さなければダメです。


参考

領土交渉、対話継続=プーチン・玄葉氏−ロシア外相「要人訪問自粛せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/283667685.html
ラベル:ロシア
posted by hazuki at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

「一寸たりとも渡さない」=ロシア首相が国後島訪問−北方領土入り、2回目

「一寸たりとも渡さない」=ロシア首相が国後島訪問−北方領土入り、2回目
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012070300639

【モスクワ時事】ロシア極東連邦管区を視察中のメドベージェフ首相は3日、北方領土の国後島を訪問し、記者団に対し、北方四島について「一寸たりとも渡さない」と述べた。ロシアの通信社が伝えた。領土実効支配を誇示し、日本の四島返還要求をけん制する狙いとみられ、先月の日ロ首脳会談で「再活性化」で合意した領土交渉に悪影響を及ぼしそうだ。日本側はアファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで「極めて遺憾だ」と抗議した。
 メドベージェフ氏の北方領土視察は大統領当時の2010年11月、ソ連・ロシアの国家元首として初めて国後島を訪れて以来2回目。
 メドベージェフ首相は訪問前にサハリン州ユジノサハリンスクで「(四島は)ロシアの国土の重要な一部だ」と強調していた。国後島ではさらに「一寸たりとも渡さない」と踏み込んだ。訪問にはゴロジェツ副首相ら3閣僚が同行し、港湾施設などを視察した。
 ただ、首相は当初計画されていた択捉島訪問を悪天候のため断念した。3日中に国後島からカムチャツカ半島に到着した。 
 今回の北方領土訪問計画に対し、日本側は「ロシア政府要人の四島訪問は、領土問題に関する日本の立場と相いれない」(藤村修官房長官)と懸念を示したが、メドベージェフ氏は日本の意向を無視して訪問を強行した形。先月18日に野田佳彦首相とプーチン大統領が初会談した際には、領土交渉を「再活性化」し、「静かな環境」の下で実質的な議論を進めることで一致していた。
ロシアのラブロフ外相は3日の記者会見で、メドベージェフ首相の国後島訪問にかかわらず、「近く(玄葉光一郎外相との)日ロ外相会談が行われると期待している」と述べた。
 メドベージェフ氏の前回の国後島訪問に対して、菅直人首相(当時)が昨年2月に「許し難い暴挙」と非難し、日ロ関係は冷却化した。
 一方、プーチン氏は今年3月の大統領選直前、領土問題の最終解決に意欲を表明したが、1956年の日ソ共同宣言に基づく歯舞、色丹の2島引き渡し以上の譲歩はないとも示唆している。(2012/07/04-00:31)



盗人猛々しいですね。
ここまで、はっきり言われると、国交を断っても良いぐらいです。
北方領土は、日本の領土です。
樺太と千島も取り返したいです。


樺太・千島交換条約
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A8%BA%E5%A4%AA%E3%83%BB%E5%8D%83%E5%B3%B6%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84&oldid=42350727
ラベル:北方領土
posted by hazuki at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

択捉島入りは明日か 極東視察のロシア首相

択捉島入りは明日か 極東視察のロシア首相
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120703/erp12070309120003-n1.htm
2012.7.3 09:06

タス通信などによると、2日からロシア極東で視察を開始したメドベージェフ首相は3日午前(日本時間同)、前日に続いてウラジオストクで視察を続ける日程が入り、計画している首相ら政府代表団の北方領土・択捉島訪問は4日となる可能性が高まった。
 首相は3日午前、ウラジオストクで子供用保養施設、市内と空港を結ぶ新たな鉄道、新空港ターミナルを視察。午後にサハリン州の州都ノサハリンスク入りする予定。(共同)



ロシアが自国領土だとして占領・実効支配している北方領土です。
択捉島入りですと?
ラベル:北方領土
posted by hazuki at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする