2013年02月18日

新聞よりネットの方が人生の価値観に影響 若者は「新聞にありがたみ感じない」

新聞よりネットの方が人生の価値観に影響 若者は「新聞にありがたみ感じない」
http://www.j-cast.com/2013/02/17165399.html
http://www.j-cast.com/2013/02/17165399.html?p=2
2013/2/17 17:00

「人生の価値観に影響を与えるメディアは何か」をテーマにした調査で、興味深い結果が出た。ネットメディアが新聞を上回ったのだ。
この調査では、新聞は年齢が若くなればなるほど「影響力」が低下し、20代になると半数以上が「影響を受けない」と答えている。専門家は、かつてと違って若者が新聞を「特別な存在」に位置付けなくなったとみる。


新聞サイトではなくポータル経由でニュース読む

調査を実施したのは、輸入住宅販売のセルコホーム(仙台市)。「住まい方に関する意識調査」で、2000人を対象にした生活空間、環境にまつわる各種質問と回答を2013年1月31日に同社ウェブサイト上で公開した。質問項目のひとつに「メディアが住まい方、価値観にどう影響しているか」がある。
「人生の価値観に影響を与える」と答えた人が最も多かったのがテレビで77.8%だが、2位につけたのが「ソーシャルメディアを除くネットメディア」の64.8%、新聞は60.9%で3位だった。年齢別に見ると新聞は、50代では73.6%が「影響を与える」と答えているが、20代では45.6%にとどまる。裏を返すと5割超の回答者が新聞から「生き方」への影響を受けていないわけだ。ネットメディアについては、年齢別の分析がなかった。
上智大学文学部新聞学科の碓井広義教授(メディア論)に取材すると、「調査結果はいまどきの状況を反映していると思います」と言う。実際に指導する学生で、ひとり暮らしで新聞を購読したり、実家住まいで新聞を読んだりしている例は少ないそうだ。一方で、スマートフォンを駆使してネット上で多様な情報を入手しているという。その中には新聞社がネット上で流すニュースもある。セルコホームに問い合わせたところ、調査項目にある「ネットメディア」に新聞の公式サイトを含むかどうかは明確に定めていないと答えた。回答者は新聞サイトもネットメディアの一種と理解している可能性はある。
では若い世代は、紙媒体としての新聞から離れてネット媒体の新聞に移っただけなのか。だが碓井教授は「いえ、新聞そのものと距離を置いている印象を受けます」。かつては「生活の一部」として敬意が払われていた新聞も、今の若者にとっては数多くある情報源のひとつに過ぎないというのだ。新聞通信調査会の「2012年メディアに関する全国世論調査」によると、ネットニュースを見るサイトで圧倒的に多かったのはポータルサイトで84.6%に達し、新聞・通信社の公式サイトの26.2%の3倍超だ。わざわざ「この新聞の記事を読みたい」と特定の新聞サイトを訪れるわけではない。ポータル経由で読むニュースに、「どの新聞社の配信記事か」を気にする読者がどれほど存在するかは疑問。それだけに「若い世代は新聞を特別視せず、ありがたみも感じていません」。
(続く)


多様なニュースを取捨選択する情報リテラシーがある

若者にとって新聞の存在感は、2011年3月11日の東日本大震災以降さらに軽くなったと碓井教授。東京電力福島第1原発の事故による電力危機で、「印刷所がストップすれば新聞は配られない」という考えが生まれた半面、ツイッターをはじめとする交流サイト(SNS)が頼りになったという声が高まったのがひとつの理由だ。
もうひとつは報道内容そのものに対する読者の見方。「原発報道で『新聞はきちんと事実を伝えたのか』との疑念が拭えないままでした」。実際はともかく、こういった印象が後々新聞にとってマイナスに作用する恐れが拭えない。
だからと言って若い世代が、新聞サイト以外のネットニュースやSNSから流れる情報をうのみにしているわけではない、と碓井教授は指摘する。だが既存の大手マスコミが伝えない情報を、ネット媒体が報じるケースはあると意識し、ある程度の信用を置いているようだ。多様なニュースが流れる中で取捨選択する情報リテラシーを備えている若者は多いと話す。




新聞サイトではなくポータル経由でニュース読む若者もいるようです。
ネットには、多様なニュースを取捨選択する情報リテラシーがあります。
私も新聞をチェックしますが、デジタル配信したニュースを朝刊と夕刊に載せないケースがあり、それを偏向報道と感じてしまうことがあります。
若者が新聞を読まずにネットに頼るのを理解出来ます。
ラベル:新聞
posted by hazuki at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

新聞協会、石破氏に軽減税率適用を要請

新聞協会、石破氏に軽減税率適用を要請
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130117/stt13011700500000-n1.htm
2013.1.17 00:49

日本新聞協会長の秋山耿太郎朝日新聞社会長らが16日、自民党本部で石破茂幹事長と会談し、消費税率引き上げに伴い軽減税率を導入する際には新聞、書籍、雑誌を適用対象とするよう要請した。石破氏は「問題認識は理解した」と答えた。


秋山耿太郎
秋山耿太郎.PNG


朝日新聞の秋山耿太郎が、新聞、書籍、雑誌を適用対象に軽減税率を適用を要請しました。
反日の朝日新聞には、税率を上げろよ。
岡田克也の弟の高田昌也が政治部長の中日(東京)新聞とか左巻き新聞が多いだろう。
書籍には、軽減税率を適用して構わないですが、新聞には必要ありません。



参考

朝日新聞をぶっ潰そう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/312397892.html
ラベル:新聞協会
posted by hazuki at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

新聞書籍に軽減税率を=消費増税で活字議連が声明

新聞書籍に軽減税率を=消費増税で活字議連が声明
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012062100683

超党派の国会議員でつくる活字文化議員連盟(会長・山岡賢次前国家公安委員長)は20日付で、消費税が引き上げられる場合、新聞・書籍には軽減税率を適用し、現行税率を維持するよう求める声明を発表した。国会で消費増税を含む社会保障と税の一体改革関連法案が議論されていることを踏まえたものだ。
 声明は「新聞・書籍の公共性は極めて高い。新聞・書籍に対する消費税率引き上げは、国民の活字離れを加速させる」と危機感を示した上で、「日本の文化と民主主義の基盤を守るため、新聞および出版物の消費税率引き上げには断固として反対し、現行税率の維持を求める」とした。(2012/06/21-16:48)



活字文化議員連盟の会長が、マルチ商法推奨派の山岡なのか。
山岡が国家公安委員長の時は、泥棒が警察になったようなものだと思っていたが、活字文化議員連盟の会長だと。
書籍には、軽減税率を適用しても構わないが、捏造新聞の朝日新聞とかWai Wai 変態報道を記事にした毎日新聞は、増税にしろよ。
この2社の屑新聞には、軽減なんてしなくて良い。
まともな新聞は、産経新聞ぐらいだろう。
読売新聞は、あまり問題はない。
日経新聞は、TPPに関しては、今や、しんぶん赤旗以下の屑新聞と化してしまった。
Wai Wai 変態報道については、三橋貴明さんの「さらばレガシーメディア マスゴミ崩壊」(扶桑社)が詳しいです。
その他にも、マスメディアについて書いてあります。


さらばレガシーメディア.PNG

詳しくは、三橋さんのブログ、新世紀のビッグブラザーへ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
posted by hazuki at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする