2019年05月17日

安倍首相「国会報告で透明性向上」 特定秘密の会議で

安倍首相「国会報告で透明性向上」 特定秘密の会議で

首相「国会報告で透明性向上」 特定秘密の会議で
https://this.kiji.is/501576527850800225?c=39546741839462401
2019/5/16 11:05 (JST) 5/16 11:13 (JST)updated

 政府は16日、特定秘密保護法の運用の在り方について有識者が議論する「情報保全諮問会議」を首相官邸で開いた。安倍晋三首相が6月上旬ごろ国会に提出する2018年分の特定秘密の指定状況に関する報告書原案を巡って議論。首相は「国会報告は、運用状況を分かりやすい形で国民に公表し、秘密の取り扱いの客観性と透明性を向上させる上で、極めて重要だ」と強調した。

 特定秘密保護法の意義については「日本に対する国際的な信用が増し、これまで以上に核心に迫る情報が得られるようになった」と説明した。


安倍晋三・特定秘密.PNG



政府は16日、特定秘密保護法の運用の在り方について有識者が議論する「情報保全諮問会議」を首相官邸で開いた。
安倍首相が6月上旬ごろ国会に提出する2018年分の特定秘密の指定状況に関する報告書原案を巡って議論。
首相は「国会報告は、運用状況を分かりやすい形で国民に公表し、秘密の取り扱いの客観性と透明性を向上させる上で、極めて重要だ」と強調した。

政府 特定秘密に35件を指定 去年1年間
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190516/k10011917831000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_062

政府は、有識者から意見を聞く「情報保全諮問会議」を開き、去年1年間に、新たに35件の情報を特定秘密に指定したことなどを報告した。
政府は来月にも、有識者の意見も盛り込んだ報告案を閣議決定し、安倍総理大臣が国会に報告することにしている。

政府は昨年1年間で35件の情報を特定秘密に指定したようです。

令和元年5月16日 情報保全諮問会議
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201905/16johohozen.html

総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「第8回情報保全諮問会議の開催に当たり、一言御挨拶を申し上げます。委員の皆様におかれましては大変お忙しい中お集まりいただきまして誠にありがとうございました。
 平成26年12月に特定秘密保護法が施行されてから4年が経ちました。緊迫化する国際情勢の下で国民の命、平和な生活を守り抜くためには情報が極めて重要です。この法律を制定したことにより我が国に対する国際的な信用が増し、これまで以上に核心に迫る情報が得られるようになったと認識しています。

特定秘密保護法が施行されてから4年が経つ。

情報保全諮問会議
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/index.html

第8回(令和元年5月16日)議事次第
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/dai8/gijisidai.pdf

今後の主なスケジュール
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/dai8/siryou5.pdf

一度、施行された法律を廃案に追い込むのは不可能に近いですが、特定秘密保護法は廃案へ追い込んだ方が良い法律のように思います。
特定秘密保護法は、スパイ防止法の代替法ではない模様。
特定秘密保護法が作られる時、一番、熱心だったのが警察庁だった。
警察の権限を強化する法律になるからです。
特定秘密保護法には「警察庁長官」というワードがあちらこちらに沢山出て来る。
詳しくは、らっきーさんの動画をご覧下さい。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
人質を救済しなかった安倍に対して、批判を禁じる空気が覆っている。こういうときは、安倍自身が「どうぞ、好きなように批判して欲しい」と周りをたしなめるべきだ。表現の自由は憲法が保障している。談論風発の国家、組織こそ豊かに発展する。談論を怖れ、封殺し、秘密の多い国や組織は衰亡する。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
安倍首相と妄想:我が国も危ない指導者を持ったものだ。「妄想とは、まったく現実的でない信念のことです。」3日スポニチ「安倍首相は3日夜、自民党議員会合で、”日本人にはこれから先、指一本触れさせない決意と覚悟で事に当たる”」イスラム国兵士世界各地から。襲撃させて侵略は旧軍実施の謀略。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
特定秘密保護法は、そのうち一人歩き始め、暴走し始めると思う。この法律の危険性は、ときの権力によって恣意的な使われ方をしてしまうことだ。憲法でさえ、たったひとりの男のために、解釈改憲されてしまうのだから。この法律は国民に向かうとともに、官僚・与野党政治家をも監視することになる。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
特定秘密保護法.毎日「金沢弁護士会が、同法に反対街頭活動計画。石川県選管から”衆院選期間中の政治活動を規制した公職選挙法に抵触の可能性」と指摘され、中止。弁護士会執行部で見解が分かれたが”慎重なメンバーに配慮”」至る所で自粛。こうして民主主義が瓦解していく



らっきーデタラメ放送局★第128回『秘密保護法って!スパイ防止法だよね?』




参考

特定秘密の国会報告、6月に 政府が原案取りまとめ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465572557.html

特定秘密指定39件「全て適正」 政府、2017年の検証結果公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460169193.html

特定秘密、運用に勧告行使せず 参議院情報監視審査会の年次報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450662487.html

「特定秘密」を非開示のまま廃棄 政府、制度改善を否定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448933558.html

特定秘密443件のうち166件文書なし 政府、36件を改善へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448536620.html

特定秘密、運用適正か判断せず 参院審査会の報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434634598.html

特定秘密、審議の実態見えず 非公開の衆院審査会は説明もなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432837339.html

秘密保護法、調査に支障と指摘 会計検査院「憲法上問題」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430874469.html

秘密保護法適性評価、25人拒否 初判明、防衛や外務両省職員ら 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430698720.html

特定秘密保護法が完全施行=適性評価対象は9万7千人超
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430590348.html

特定秘密、初の国会報告書 指定382件、暗号最多
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421129414.html

特定秘密、国会がチェック 法施行3カ月過ぎ始動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416518518.html

特定秘密の管理簿、政府が公開 具体的内容記されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415790505.html

特定秘密審査会が始動へ 今月下旬にも初会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415265278.html

特定秘密関連予算金額まちまち省庁任せ 1200万円〜ゼロ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415040391.html

秘密監視の8委員選任 衆院、法運用をチェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414717916.html

人質事件検証に秘密法の壁=野党、政府主導を疑問視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413844020.html

特定秘密以外の「極秘文書」指定期間5年以内に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412730107.html

外交文書 秘密指定の影響は 第三者の審査に変化も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412468428.html

特定秘密382件指定…最多は防衛省247件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412083727.html

特定秘密に6分類指定=警備戦術や衛星画像−警察庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411327824.html

独立公文書管理監に佐藤氏 秘密保護法の運用チェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410414648.html

[特定秘密保護法] 反対の街頭活動「公選法抵触のおそれ」中止に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410362977.html

秘密保護法「必要性弱い」 法制局、根幹部分に疑問
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409400906.html

特定秘密保護法、12月10日施行 政府、運用基準を10月10日にも閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406374195.html

偽装移民法案の成立と特定秘密保護法はセットらしい
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398308262.html




関連

「人質事件」情報は特定秘密の可能性 首相「内容公表せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413567925.html

首相「報道抑圧なら辞任」 秘密保護法施行で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409178808.html
posted by hazuki at 20:47| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[国有林改正法案] 5月8日、衆院農林水産委員会で国有林改正法案の趣旨説明⇒5月9日、国有林改正案の実質審議入り⇒5月14日、国有林改正案の参考人質疑⇒5月16日、衆院農林水産委員会で国有林改正法案が可決

[国有林改正法案] 5月8日、衆院農林水産委員会で国有林改正法案の趣旨説明⇒5月9日、国有林改正案の実質審議入り⇒5月14日、国有林改正案の参考人質疑⇒5月16日、衆院農林水産委員会で国有林改正法案が可決

国有林を伐採する権利が民間企業に。土砂災害が多発しないか
https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20190515-00126067/
橋本淳司 5/15(水) 13:53


(転載)

豪雨が頻発する時代に皆伐を進めて大丈夫か

 日本の森林の有り様を変える法改正が進んでいる。

 4月25日の衆院本会議で審議入りした「国有林野管理経営法改正案」はまもなく衆議院を通過し、参議院へと向かうが、この法案の注目度は著しく低い。著者が調べる限り、2019年1月1日から5月14日までに「国有林野管理経営法」が新聞に取り上げられたのは26件で、専門紙と地方紙が中心である。大手メディアでは取り上げられていない。

 この法案は「林業の成長産業化」をめざすものだが課題が多い。

 企業に長期間、森林を伐採する権利(樹木採取権)を与えるが、植林は義務付けていない。土砂災害を引き起こす危険をはらむ。持続可能な森林経営という点でも疑問が残る。

 この点をもっと慎重に議論する必要がある。

 折しも沖縄県与那国町を豪雨が襲った。5月13日午前9時50分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降り、1日3度の「記録的短時間大雨情報」が発表された。いまだに「異常」気象と報道するメディアもあるが、ここ数年の度重なる豪雨災害を振り返れば、もはや「通常」と理解したほうが対策が進むだろう。

 気温が上昇すれば水循環は変わる。

 海水の温度が上がり、海面から水の蒸発が活発になる。

 また、海上の大気の温度が上がると、空気中に含むことのできる水蒸気の量が増え、湿度が高くなる。湿度が高くなると雨が降りやすくなる。日本周辺の水蒸気量は増加傾向にあり、そこに冷たい空気が吹き込むと激しい雨が降ってくる。

 森林には保水力がある。しかし、皆伐(一定の区域をすべて伐ること)されていればその力は弱まり、環境によっては土砂災害を引きおこす可能性がある。

バイオマス発電のために皆伐される森林

 「国有林野管理経営法改正案」は、国民の共有の財産である国有林を民間企業などに開放するもの。国有林の一定区域で、一定期間(最長50年)、林業経営者に樹木を採取する権利(樹木採取権)を創設する。

 国会で公明党の稲津久氏は「法案が林業の成長産業化にどのような役割を果たすのか」と政府に説明を求めた。

 吉川貴盛農相は、成長産業化へ林業経営者の育成を重視し、「経営者を育成するには安定的な事業量の確保が必要」と、国有林から長期的に樹木を採取できるようにする法案の意義を強調した。

 ここから読み取れる法改正のねらいは、大型国産材産業・バイオマス発電事業に木材を安価で大量に供給すること。それによって林業を成長産業にしようというものだ。

 地域の供給力を超える大規模なバイオマス発電の燃料用材の需要は大幅に増えている。東日本大震災以降、「放置人工林を間伐し、間伐材をバイオマス発電して、地域振興に利用」という理想的な絵が描かれたが、バイオマス発電事業は大きくなり、間伐材だけではなく、良質のA材や外国からの輸入材も利用している。

 法案では「樹木採取権」に関して一定の制限・制約を課しているが、前述したように伐採後の植林と森林の再生が「義務」ではなく「申し入れ」に止められている。対象の国有林が皆伐後に放置される可能性もある。また、放置された場合は、植林にかかる費用は税金によってまかなわれる。

 災害の多発も懸念される。世界的には持続可能な森林経営や気候変動に対応するための森林保全が進む中、逆行する政策といえる。

 NPO法人自伐型林業推進協会の調査によると、2017年、福岡県朝倉の豪雨災害地域では、調査した皆伐地全箇所で崩壊が確認された。2016年の岩手県岩泉の豪雨災害においても皆伐地の近くで土砂災害が起こっていることがわかる。

 また、川下での都市用水、農業用水の深刻な不足と質の低下も予測される。

 すなわち、一部の事業者の短期的な利益のみを満足させるもので、多くの林業者、国有林近くにすむ住民、将来をになう子供たち、地球環境、地域環境に大きな不都合をもたらす可能性がある。


(転載、ここまで)


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49002&media_type=

2019年5月8日 (水)
農林水産委員会 (3時間15分)

案件:
農林水産関係の基本施策に関する件
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣31)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  13時 30分  01分
 斎藤洋明(自由民主党)  13時 31分  21分
 稲津久(公明党)  13時 52分  21分
 亀井亜紀子(立憲民主党・無所属フォーラム)  14時 13分  37分
 金子恵美(立憲民主党・無所属フォーラム)  14時 50分  37分
 青山大人(国民民主党・無所属クラブ)  15時 27分  21分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  15時 48分  19分
 田村貴昭(日本共産党)  16時 07分  15分
 森夏枝(日本維新の会)  16時 22分  15分
 吉川貴盛(農林水産大臣)  16時 37分  06分

答弁者等
大臣等(建制順):
 田中良生(内閣府副大臣)
 小里泰弘(農林水産副大臣)
 鈴木憲和(外務大臣政務官)
 山田賢司(外務大臣政務官)
 伊佐進一(財務大臣政務官)
 濱村進(農林水産大臣政務官)


吉川貴盛(農林水産大臣)・国有林野.PNG


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49006&media_type=

2019年5月9日 (木)
農林水産委員会 (3時間03分)

案件:
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣31)
参考人出頭要求に関する件

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  8時 30分  01分
 小島敏文(自由民主党)  8時 31分  22分
 稲津久(公明党)  8時 53分  20分
 佐々木隆博(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 13分  29分
 石川香織(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 42分  36分
 緑川貴士(国民民主党・無所属クラブ)  10時 18分  40分
 田村貴昭(日本共産党)  10時 58分  16分
 森夏枝(日本維新の会)  11時 14分  16分
答弁者等
大臣等(建制順):
 吉川貴盛(農林水産大臣)
 小里泰弘(農林水産副大臣)
 濱村進(農林水産大臣政務官)



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49020&media_type=

2019年5月14日 (火)
農林水産委員会 (3時間06分)

案件:
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣31)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  02分
 立花敏(参考人 筑波大学生命環境系准教授)  9時 02分  15分
 日高勝三郎(参考人 全国素材生産業協同組合連合会会長)  9時 17分  10分
 土屋俊幸(参考人 東京農工大学大学院農学研究院教授)  9時 27分  17分
 野口俊邦(参考人 信州大学名誉教授)  9時 44分  17分
 宮路拓馬(自由民主党)  10時 01分  20分
 稲津久(公明党)  10時 21分  21分
 佐々木隆博(立憲民主党・無所属フォーラム)  10時 42分  19分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  11時 01分  19分
 田村貴昭(日本共産党)  11時 20分  22分
 森夏枝(日本維新の会)  11時 42分  21分



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49031&media_type=

2019年5月16日 (木)
農林水産委員会 (25分)

案件:
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣31)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 神谷裕(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 00分  04分
 小寺裕雄(自由民主党)  9時 04分  04分
 佐々木隆博(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 08分  03分
 田村貴昭(日本共産党)  9時 11分  05分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  9時 16分  06分


佐々木隆博・国有林野.PNG
田村貴昭・国有林野.PNG



第198回国会5月8日農林水産委員会ニュース
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui19820190508009.pdf/$File/nousui19820190508009.pdf

5月8日、衆院農林水産委員会。
吉川農林水産大臣より、国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案の趣旨説明が行われた。

第198回国会5月9日農林水産委員会ニュース
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui19820190509010.pdf/$File/nousui19820190509010.pdf

5月9日、衆院農林水産委員会。
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案。
参考人から意見を聴取することに協議決定した。
吉川農林水産大臣、小里農林水産副大臣、濱村農林水産大臣政務官及び政府参考人に対し質疑を行った。

共産党の田村貴昭氏より、50年の標準伐期での主伐を基本とすることの確認、2017年の国有林の再造林及び保育の1ヘクタール当たりの費用、再造林及び保育に係る費用を立木の販売額では賄えず赤字を繰り返すことへの懸念などの質疑があった。

第198回国会5月14日農林水産委員会ニュース
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui19820190514011.pdf/$File/nousui19820190514011.pdf

5月14日、衆院農林水産委員会。
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案。
参考人から意見を聴取し、質疑を行った。
筑波大学生命環境系准教 花敏君氏、素材生産業協同組合連合会会長 高勝三郎氏、農工大学大学院農学研究院教授 土屋俊幸氏、信州大学名誉教 野口俊邦氏の4名の参考人。

共産党の田村貴昭氏より、木を切り過ぎているという認識に対する各参考人の見解の質疑があった。

5月16日、衆院農林水産委員会。
国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案。
質疑は終局したとして、立憲民主党より修正案が提出された。
神谷裕氏より趣旨説明が行われた。
自民党の小寺裕雄氏が原案に賛成、修正案に反対の討論、立憲民主党の佐々木隆博氏が原案に反対、修正案に賛成の討論、共産党の田村貴昭氏が原案に反対の討論を行った。
採決を行ったところ、立憲民主党の修正案は賛成少数で否決、原案は可決した。
国民民主党の近藤和也氏より附帯決議が提出され、採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付いた。

国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(国有林改正法案)は、竹中平蔵が民間議員を務める未来投資会議から出た法案。
利益誘導するものと思われる。




追記

未来投資会議構造改革徹底推進会合 会議資料(平成31年4月25日(木))(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai7/siryou1-10.pdf




参考

[国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月26日、国有林改正法案を閣議決定 民間林業を支援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465748337.html




関連

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460197065.html
posted by hazuki at 16:33| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月26日、国有林改正法案を閣議決定 民間林業を支援

[国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月26日、国有林改正法案を閣議決定 民間林業を支援

民間林業を支援、国有林改正法案を閣議決定
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41744810W9A220C1EAF000/
2019/2/26 10:05

政府は26日、国有林改正法案を閣議決定した。国有林の木を10年程度の長期間、伐採できる権利を民間の林業経営者に与え、規模の拡大を目指す林業経営者を後押しする。中小の住宅メーカーなどに金融支援をする仕組みも作り、川上から川下まで一体で国産木材の活用を促す仕組みも設ける。今国会に法案を提出する。



第198回国会(平成31年 常会)提出法律案
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/index.html

平成31年2月26日 国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案

概要
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-16.pdf

要綱
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-17.pdf

法律案
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-14.pdf

理由
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-15.pdf

新旧対照条文
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-12.pdf

参照条文
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/198/attach/pdf/index-13.pdf


国有林野法案・概要.PNG



2月26日、国有林改正法案を閣議決定。
国有林の木を10年程度の長期間、伐採できる権利を民間の林業経営者に与え、規模の拡大を目指す林業経営者を後押しする。
中小の住宅メーカーなどに金融支援をする仕組みも作り、川上から川下まで一体で国産木材の活用を促す仕組みも設ける。

国有林伐採後放置法案? 再造林も義務なしの仰天
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20190508-00125250/

これまで入札では基本1年単位だったものを長期にすること。
50年とする。
民間業者に「樹木採取権」という形で与える。
伐採後の再造林を義務とするのではなく、あくまで植えてくださいよ、と申し入れる。
再造林をしてくれといいつつ義務ではなく、経費は国が支出するのが前提。
国有林伐採後放置法案?
再造林も義務なし。

未来投資会議構造改革徹底推進会合 会議資料(平成31年4月25日(木))(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai7/siryou1-10.pdf

国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案(国有林改正法案)は、竹中平蔵が民間議員を務める未来投資会議から出た法案。
利益誘導するものと思われる。




追記

未来投資会議構造改革徹底推進会合 会議資料(平成31年4月25日(木))(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai7/siryou1-10.pdf




関連

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460197065.html
posted by hazuki at 15:00| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

[農地バンク法改正案] 5月9日、参院農林水産委員会で農地バンク法改正案の趣旨説明⇒5月14日、農地バンク法改正案の質疑と参考人質疑⇒5月16日、参院農林水産委員会で農地バンク法改正案が可決

[農地バンク法改正案] 5月9日、参院農林水産委員会で農地バンク法改正案の趣旨説明⇒5月14日、農地バンク法改正案の質疑と参考人質疑⇒5月16日、参院農林水産委員会で農地バンク法改正案が可決

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月9日
農林水産委員会
約2時間40分

会議の経過
  農林水産委員会(第八回)
   理事の補欠選任を行った。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   日米貿易交渉に関する件、家畜伝染病対策に関する件、農林水産
   物・食品の輸出促進策に関する件、畜産環境対策に関する件、学
   校給食における国産農林水産物の使用に関する件等について吉川
   農林水産大臣、高野農林水産大臣政務官、長尾内閣府大臣政務官
   及び政府参考人に対し質疑を行った。
   農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案
   (閣法第二三号)(衆議院送付)について吉川農林水産大臣から
   趣旨説明を聴いた。
   また、同法律案について参考人の出席を求めることを決定した。

発言者一覧

堂故茂(農林水産委員長)
上月良祐(自由民主党・国民の声)
小川勝也(立憲民主党・民友会・希望の会)
徳永エリ(国民民主党・新緑風会)
里見隆治(公明党)
儀間光男(日本維新の会・希望の党)
紙智子(日本共産党)
吉川貴盛(農林水産大臣)


吉川貴盛(農林水産大臣)・農地バンク法案・参院.PNG



家族営より企業重視 農地バンク法改定案 紙氏が批判
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-16/2019051604_01_1.html
2019年5月16日(木)

 日本共産党の紙智子議員は14日の参院農林水産委員会で、企業の農業への新規参入や規模拡大を促す農地中間管理機構(農地集積バンク)法改定案は、家族営農業や農村の再生よりも企業によるアグリビジネス(農業関連事業)を重視するものだと批判しました。

 紙氏は、安倍政権が狙う企業の新規参入や大規模化を促進する規定を設けたことが同法の大きな特徴だと指摘。全国的に農業経営を展開する農業者を農水省が認定事業者と認めるのかただしました。農水省の大沢誠経営局長は「離れた複数の地域で営農を行う場合でも認定を受けることは可能」と認めました。

 紙氏は、認定農業者が農協を通さず大手量販店に農産物を出荷することも可能になると明らかにし「地域で頑張る家族農業は競争を迫られる」と懸念を示しました。

 また、農業法人がグループを組めば役員の要件(原則年150日以上)が緩和されグループ法人で雇用・財務管理が可能になるとして「企業が利用、活用しやすい新たなツール(手段)になる」と指摘。大沢氏は「そういうことは想定していない」と強弁しました。

 紙氏は、全国展開する農業法人の経営が行き詰まった場合、新たな担い手が見つかるまで農村や農地が塩漬け状態になる危険も指摘しました。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月14日
農林水産委員会
約6時間12分

会議の経過
  農林水産委員会(第九回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案
   (閣法第二三号)(衆議院送付)について吉川農林水産大臣及び
   政府参考人に対し質疑を行った後、参考人公益社団法人秋田県農
   業公社理事長佐藤博君、紀ノ川農業協同組合組合長理事宇田篤弘
   君及び東京大学大学院農学生命科学研究科教授安藤光義君から意
   見を聴き、各参考人に対し質疑を行った。

発言者一覧

堂故茂(農林水産委員長)
平野達男(自由民主党・国民の声)
藤田幸久(立憲民主党・民友会・希望の会)
森ゆうこ(国民民主党・新緑風会)
堂故茂(農林水産委員長)
里見隆治(公明党)
儀間光男(日本維新の会・希望の党)
紙智子(日本共産党)
堂故茂(農林水産委員長)
佐藤博(参考人 公益社団法人秋田県農業公社理事長)
宇田篤弘(参考人 紀ノ川農業協同組合組合長理事)
安藤光義(参考人 東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
藤木眞也(自由民主党・国民の声)
小川勝也(立憲民主党・民友会・希望の会)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)


紙智子・農地バンク法案.PNG


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月16日
農林水産委員会
約4時間49分

案件

政府参考人の出席要求に関する件
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(閣法第23号)

発言者一覧

堂故茂(農林水産委員長)
岩井茂樹(自由民主党・国民の声)
進藤金日子(自由民主党・国民の声)
小川勝也(立憲民主党・民友会・希望の会)
堂故茂(農林水産委員長)
徳永エリ(国民民主党・新緑風会)
里見隆治(公明党)
儀間光男(日本維新の会・希望の党)
紙智子(日本共産党)
森ゆうこ(国民民主党・新緑風会)
紙智子(日本共産党)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)


森裕子・農地バンク法案.PNG
紙智子・農地バンク法案・反対討論.PNG



5月9日、参院農林水産委員会で、吉川貴盛(農林水産大臣)より、農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案の趣旨説明が行われた。
また、同法律案について参考人の出席を求めることを決定した。

5月14日、参院農林水産委員会。
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案 について、農林水産大臣及び政府参考人に対し質疑を行った後、参考人公益社団法人秋田県農業公社理事長佐藤博氏、紀ノ川農業協同組合組合長理事宇田篤弘氏及び東京大学大学院農学生命科学研究科教授安藤光義氏から意見を聴き、各参考人に対し質疑を行った。
共産党の紙智子氏は質疑で、企業の農業への新規参入や規模拡大を促す農地中間管理機構(農地集積バンク)法改定案は、家族営農業や農村の再生よりも企業によるアグリビジネス(農業関連事業)を重視するものだと批判した。

5月16日、参院農林水産委員会。
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案の質疑を行った。
質疑は終局したとして、討論を行った。
国民民主党の森裕子氏と共産党の紙智子氏が反対討論を行った。
農地バンク法改正案は、官邸主導の規制改革推進会議から出た法案であり、利益誘導するものである。
反対討論の後、採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
国民民主党の田名部匡代氏より附帯決議が出され、採決したところ、全会一致で可決した。
法案が規制改革推進会議から出たという意味でも沢山の附帯決議が付いた。
附帯決議によると、法律の施行後、5年が経ったら、見直すこととした。




参考

4月29日、「話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ」時事通信が農地バンク法改正案を報道する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465701473.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465336101.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 21:24| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

[医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案] 5月15日、改正健保法が成立 マイナンバーカードが保険証に 扶養家族、国内居住に限定

[医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案] 5月15日、改正健保法が成立 マイナンバーカードが保険証に 扶養家族、国内居住に限定

改正健保法が成立=マイナンバーカードが保険証に−扶養家族、国内居住に限定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051500162&g=pol
2019年05月15日11時06分

 マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする改正健康保険法などが15日午前、参院本会議で自民、公明、立憲民主、国民民主各党などの賛成多数で可決、成立した。利便性を高め低迷するカード普及率を向上させるとともに、受診時の本人確認をより確実に行えるようにするのが狙い。2021年3月からの施行を目指す。

 改正法はまた、外国人労働者の受け入れ拡大に対応し、健康保険が適用される扶養家族を原則国内居住者に限定する規定も盛り込んだ。医療費の抑制や不正利用の防止が目的。
 マイナンバーカードの保険証利用では、医療機関の窓口で、カード裏面のICチップの情報を機器で読み取り、保険診療の支払い審査機関への照会などを通じて患者の保険資格を確認できるようになる。制度が浸透すれば、健康保険組合などが保険証を発行する必要性も薄れる。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月15日
本会議
約24分

案件

天皇陛下御即位につき慶賀の意を表する件
二千一年の燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約の締結について承認を求めるの件(閣条第4号)
二千七年の難破物の除去に関するナイロビ国際条約の締結について承認を求めるの件(閣条第5号)
医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案(閣法第25号)

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
伊達忠一(参議院議長)
末松信介(賀詞案起草に関する特別委員長)
渡邉美樹(外交防衛委員長)
石田昌宏(厚生労働委員長)


石田昌宏(厚生労働委員長)・健康保険.PNG
健康保険法・成立.PNG



5月15日、参院本会議。
医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案こと健康保険法改正案が議題となった。
石田昌宏(厚生労働委員長)の報告は可決。
委員会では共産党の倉林明子氏が反対したという。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付いている。
共産党以外の政党は賛成なのですか。
健康保険証としてマイナンバーカードを使うのですか。
法が施行されたら、嫌な世の中になりますね。
残念です。




参考

2月15日、マイナンバーカードを健康保険証に、政府が法改正案閣議決定 厚生労働省が「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案」を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464162901.html
posted by hazuki at 22:23| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

4月29日、「話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ」時事通信が農地バンク法改正案を報道する

4月29日、「話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ」時事通信が農地バンク法改正案を報道する

話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042800309&g=pol
2019年04月29日07時11分

 耕作放棄地など分散した農地を集約し、意欲のある担い手にまとめて貸し付ける農地中間管理機構(農地バンク)の運営方法が変わる。自分の土地を他人に託すことへの抵抗などが障害となり、農地の大規模化が停滞する中、関連法案を改正するなどして、地域の話し合いを促す仕組みを整え、バンクの利用手続きの簡素化も進める。
 農地バンクは2014年に都道府県ごとに設置された。5年が経過したことから見直され、関連の改正法案が今国会で審議されている。
 法案は、地域全体で農地の具体的な将来像を示す「地図」の策定を求めている。各地の農業委員会などが中心となり、関係者全員で後継者の有無といった情報を共有して連携を図り、農家の抵抗感を減らす。
 農協や市町村が主体となっていた既存の農地仲介機能については、実績のある農協の関与を認めつつ、農地バンクに一本化。その上で借りた土地に関する毎年の報告をやめるなどバンクの利用手続きを簡素化する。
 農林水産省によると、農家の高齢化や後継者不足により、耕作放棄地は年々増加し、15年時点で約42万ヘクタールと富山県並みの面積に。北海道や東北地方など、平地が多く稲作が盛んな地域では集約と利用が進んでいるものの、中山間地の多い西日本では借り手が見つからず、荒廃が進んでいる。
 政府は23年度までに、市町村によって経営が安定していると認められた担い手の農地を全体の8割とすることを目指しているが、17年度末時点では55.2%にとどまる。19年度には農地を提供した際の協力金を引き上げるなど、予算措置も講じて集約を加速させる。


時事通信・農地バンク法案.PNG



耕作放棄地など分散した農地を集約し、意欲のある担い手にまとめて貸し付ける農地中間管理機構(農地バンク)の運営方法が変わる。
時事通信、農地バンクの見直しの報道が遅過ぎます。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html

農地バンク法改正案が閣議決定したのは2月12日。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

農地バンク法改正案は4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明を行った後、4月11日に衆院農林水産委員会で実質審議入りをした。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

農地バンク法改正案は4月17日に衆院農林水産委員会で質疑を行った。
4月18日、質疑は終局したとして、野党が修正案を提出し、趣旨説明の後、討論を行った。
討論の後、修正案の採決を行い、修正案は賛成少数で否決され、原案の採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
民間議員が決める規制改革推進会議から出された法案という意味でも、沢山の附帯決議が付き全会一致で可決した。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465336101.html

農地バンク法改正案は、4月23日に衆院を通過して参院に送られた。

5月9日、参院農林水産委員会で農林水産大臣による趣旨説明が行われた。
また、同法律案について参考人の出席を求めることを決定した。

5月14日、質疑と参考人への質疑を行った。

次に参院農林水産委員会が開かれるのは5月16日と思われる。
その時には、質疑は終局して、討論と採決が行われるかも知れない。

我々の知らぬ間に、こっそりニュースにする時事通信の卑怯さ。
安倍政権と結託しているのか?




参考

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465336101.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 22:24| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 5月10日、衆院本会議で児童虐待防止法改正案が審議入り 安倍首相「根絶へ総力挙げる」

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 5月10日、衆院本会議で児童虐待防止法改正案が審議入り 安倍首相「根絶へ総力挙げる」

児童虐待防止法改正案 審議開始 首相「根絶へ総力挙げる」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011911801000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_027
2019年5月10日 19時31分

児童虐待の防止策を強化するため、親による体罰を禁止することを盛り込んだ法律の改正案は、10日衆議院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、安倍総理大臣は、児童虐待の根絶に向けあらゆる手段を尽くして取り組んでいく考えを示しました。

政府が提出した児童虐待防止法などの改正案は、親がしつけにあたって子どもに体罰を加えることを禁止するほか、児童相談所に弁護士や医師などの配置を義務づけることが盛り込まれています。

10日衆議院本会議では、安倍総理大臣も出席して趣旨説明と質疑が行われ、野党側の提出した法案を含め審議入りしました。

この中で安倍総理大臣は「昨年3月に、5歳の結愛ちゃんが虐待で亡くなったことを受け、児童虐待の防止に取り組むため、緊急総合対策を取りまとめたにもかかわらず、事件が繰り返されたことは悔やんでも悔やみきれない。何よりも子どもの命を守ることを最優先にあらゆる手段をつくし、児童虐待の根絶に向けて総力を挙げる」と述べました。

そのうえで安倍総理大臣は、児童相談所などがえたすべての虐待の情報を警察と共有することについて「子どもの安全確認を確実に行い、必要な支援を的確に行うには、警察と児童相談所との情報共有は重要だ。先行する自治体の取り組みを十分に踏まえ、検討していく」と述べました。

また、合わせて審議入りした立憲民主党など野党側が提出した法案では、虐待した親に対する再発防止プログラムの導入などが盛り込まれ、与党側は、野党側と修正協議を行うことも含め柔軟に対応していく方針です。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49007&media_type=

2019年5月10日 (金)
本会議 (3時間04分)

案件:
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案(198国会閣37)
投資の促進及び保護に関する日本国とアルゼンチン共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(198国会条6)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とスペイン王国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条7)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とクロアチア共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(198国会条8)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とコロンビア共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条9)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とエクアドル共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条10)
表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案(198国会閣30)
情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣47)
司法試験法等の一部を改正する等の法律案(198国会衆5)
法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣45)
道路運送車両法の一部を改正する法律案(198国会閣39)
児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案(198国会閣55)
児童虐待を防止し、児童の権利利益の擁護を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案(198国会衆7)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  01分
 松野博一(地方創生特別委員長)  13時 02分  05分
 若宮健嗣(外務委員長)  13時 07分  03分
 葉梨康弘(法務委員長)  13時 10分  03分
 牧原秀樹(内閣委員長)  13時 13分  03分
 亀岡偉民(文部科学委員長)  13時 16分  05分
 谷公一(国土交通委員長)  13時 21分  05分
 根本匠(厚生労働大臣 働き方改革担当)  13時 26分  04分
 岡本充功(国民民主党・無所属クラブ)  13時 30分  07分
 田畑裕明(自由民主党)  13時 37分  14分
 大河原雅子(立憲民主党・無所属フォーラム)  13時 51分  31分
 大西健介(国民民主党・無所属クラブ)  14時 22分  26分
 赤松広隆(衆議院副議長)  14時 48分  01分
 富田茂之(公明党)  14時 49分  20分
 高橋千鶴子(日本共産党)  15時 09分  23分
 藤田文武(日本維新の会)  15時 32分  12分
 井出庸生(社会保障を立て直す国民会議)  15時 44分  19分

答弁者等
議員(発言順):
 阿部知子(立憲民主党・無所属フォーラム)
 畑野君枝(日本共産党)
 中島克仁(社会保障を立て直す国民会議)
大臣等(建制順):
 安倍晋三(内閣総理大臣)
 山下貴司(法務大臣)
 柴山昌彦(文部科学大臣 教育再生担当)
 山本順三(国家公安委員会委員長 国土強靭化担当 内閣府特命担当大臣(防災))
 片山さつき(内閣府特命担当大臣(地方創生 規制改革 男女共同参画) 女性活躍担当 まち・ひと・しごと創生担当)


根本匠(厚生労働大臣 働き方改革担当)・児童虐待防止.PNG
岡本充功(国民民主党・無所属クラブ)・児童虐待防止.PNG
安倍晋三・児童虐待防止.PNG



5月10日、衆院本会議。
政府提出の「児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案」と野党提出の「児童虐待を防止し、児童の権利利益の擁護を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案」が審議入り。
根本匠厚生労働大臣と国民民主党の岡本充功氏より、趣旨の説明が行われた。
質疑があり、安倍首相、根本匠厚生労働大臣、野党法案提出者が答弁した。

議案名「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCB326.htm

「岡本充功君外十名」が提出した野党提出法案は、昨年の通常国会に提出した法案に更に手を加えた内容となっている。

安倍首相は「昨年3月に、5歳の結愛ちゃんが虐待で亡くなったことを受け、児童虐待の防止に取り組むため、緊急総合対策を取りまとめたにもかかわらず、事件が繰り返されたことは悔やんでも悔やみきれない。何よりも子どもの命を守ることを最優先にあらゆる手段をつくし、児童虐待の根絶に向けて総力を挙げる」と述べた。




参考

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 4月26日、野党が児童虐待防止で体罰禁止規定設けた法案を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465410662.html

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 3月19日、親の体罰禁止 閣議決定 しつけも対象、罰則なし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464703648.html

体罰禁止の児童虐待防止法改正案 自民了承 閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464668613.html

児童虐待防止策“強化”法案、厚生労働省「体罰の禁止」など盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464482117.html

[児童虐待防止法改正案] 体罰禁止明記を 自民 政府に提言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464480832.html

自民若手議員、「児童虐待罪」創設目指し勉強会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464360387.html

児童虐待防止で2月8日に閣僚会議 安倍首相、情報共有策を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464072635.html




関連

[水道民営化] 6月29日、衆院厚生労働委員会で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)の実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460283347.html
posted by hazuki at 14:53| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[デジタルファースト法案] 5月10日、行政手続きネットで完結 デジタルファースト法案、衆院通過

[デジタルファースト法案] 5月10日、行政手続きネットで完結 デジタルファースト法案、衆院通過

行政手続きネットで完結 デジタルファースト法案、衆院通過
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44619210Q9A510C1EA3000/
2019/5/10 16:00

行政手続きを電子申請に原則統一するデジタルファースト法案が10日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決、参院に送付された。引っ越しや法人設立の際、パソコンやスマートフォン(スマホ)を使ってインターネット上で申請できるようにする。住民の利便性向上と行政の効率化につなげる。与党は今国会での成立を目指す。

同法案ではマイナンバー法と公的個人認証法、住民基本台帳法を一括して改正する。(1)手続きをIT(情報技術)で処理する「デジタルファースト」(2)同一の情報提供は求めない「ワンスオンリー」(3)手続きを一度に済ます「ワンストップ」――の3原則が柱となる。

国内で行政が関わる手続きは2016年度時点で住民票の移転や児童手当の申請など約4万6000種類ある。そのうち電子化されているのは1割強だ。政府はまず行政手続きを電子化する。将来的には不動産契約など民間同士の手続きもネット上で済ませる改革も視野に入れ、社会全体のデジタル化を進める。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49007&media_type=

2019年5月10日 (金)
本会議 (3時間04分)

案件:
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案(198国会閣37)
投資の促進及び保護に関する日本国とアルゼンチン共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(198国会条6)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とスペイン王国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条7)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とクロアチア共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(198国会条8)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とコロンビア共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条9)
所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とエクアドル共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(198国会条10)
表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案(198国会閣30)
情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣47)
司法試験法等の一部を改正する等の法律案(198国会衆5)
法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣45)
道路運送車両法の一部を改正する法律案(198国会閣39)
児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案(198国会閣55)
児童虐待を防止し、児童の権利利益の擁護を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案(198国会衆7)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  01分
 松野博一(地方創生特別委員長)  13時 02分  05分
 若宮健嗣(外務委員長)  13時 07分  03分
 葉梨康弘(法務委員長)  13時 10分  03分
 牧原秀樹(内閣委員長)  13時 13分  03分
 亀岡偉民(文部科学委員長)  13時 16分  05分
 谷公一(国土交通委員長)  13時 21分  05分
 根本匠(厚生労働大臣 働き方改革担当)  13時 26分  04分
 岡本充功(国民民主党・無所属クラブ)  13時 30分  07分
 田畑裕明(自由民主党)  13時 37分  14分
 大河原雅子(立憲民主党・無所属フォーラム)  13時 51分  31分
 大西健介(国民民主党・無所属クラブ)  14時 22分  26分
 赤松広隆(衆議院副議長)  14時 48分  01分
 富田茂之(公明党)  14時 49分  20分
 高橋千鶴子(日本共産党)  15時 09分  23分
 藤田文武(日本維新の会)  15時 32分  12分
 井出庸生(社会保障を立て直す国民会議)  15時 44分  19分

答弁者等
議員(発言順):
 阿部知子(立憲民主党・無所属フォーラム)
 畑野君枝(日本共産党)
 中島克仁(社会保障を立て直す国民会議)
大臣等(建制順):
 安倍晋三(内閣総理大臣)
 山下貴司(法務大臣)
 柴山昌彦(文部科学大臣 教育再生担当)
 山本順三(国家公安委員会委員長 国土強靭化担当 内閣府特命担当大臣(防災))
 片山さつき(内閣府特命担当大臣(地方創生 規制改革 男女共同参画) 女性活躍担当 まち・ひと・しごと創生担当)


牧原秀樹(内閣委員長)・デジタルファースト法案.PNG



5月10日、衆院本会議。
デジタルファースト法案(情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案)。
牧原秀樹(内閣委員長)の報告は可決。
立憲民主党と国民民主党から修正案が出されたが賛成少数により否決された。
原案は可決。
附帯決議が付いた。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
衆院通過。

議案名「情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCBFEE.htm

4月16日、衆院内閣委員会に付託され、4月26日 、委員会で可決した。




参考

[デジタルファースト法案] 3月15日、行政手続きオンライン化「デジタル法案」閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464667451.html

平井卓也科技相「デジタルファースト法案、通常国会に」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463243732.html

[未来投資戦略2018] デジタル化促進の新成長戦略を閣議決定 デジタルファースト法案を年内提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460076672.html




関連

[経済財政諮問会議] 2月26日、「デジタル・ガバメント」実現へ 安倍首相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464359597.html
posted by hazuki at 01:02| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

[表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案] 5月10日、所有者の情報 正しく記載されていない登記減らす法案 衆院通過

[表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案] 5月10日、所有者の情報 正しく記載されていない登記減らす法案 衆院通過

所有者の情報 正しく記載されていない登記減らす法案 衆院通過
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011911451000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_035
2019年5月10日 14時56分

所有者不明土地をめぐる問題を受けて、所有者に関する情報が正しく記載されていない登記を減らすための法案が10日の衆議院本会議で全会一致で可決され、参議院に送られました。

所有者が分からないまま放置されている土地の中には登記簿の中に住所が記されていないなど、「変則型登記」と呼ばれるものがあります。

こうした登記を減らすため、法案には法務局の登記官に所有者を特定する調査の権限を与えることなどが盛り込まれています。

また土地の所有者が特定できた場合には、登記官が登記簿を更新できるようにするとしているほか、調査しても所有者を特定できないままの土地については売却することも含め、新たな管理の仕組みを設けるとしています。

10日の衆議院本会議では法案の採決が行われ、全会一致で可決され、参議院に送られました。


葉梨康弘(法務委員長)・表題部所有者不明土地.PNG



所有者不明土地を巡る問題を受けて、所有者に関する情報が正しく記載されていない登記を減らす為の法案が10日の衆議院本会議で全会一致で可決された。
5月10日、衆院本会議。
表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案。
葉梨康弘(法務委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
衆院通過。
参院に送られた。

議案名「表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCBC8A.htm

4月23日、衆院法務委員会に付託され、4月26日、衆院法務委員会で可決した。




参考

[表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律案] 2月22日、所有者不明の土地 特定へ法務局に調査権限 法案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464267341.html
posted by hazuki at 22:44| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

[子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案] 5月10日、幼保無償化法が成立 消費増税合わせ10月開始

[子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案] 5月10日、幼保無償化法が成立 消費増税合わせ10月開始

幼保無償化法が成立 消費増税合わせ10月開始
https://this.kiji.is/499425225029829729?c=39546741839462401
2019/5/10 13:00 (JST)

 幼児教育・保育の無償化を実施する改正子ども・子育て支援法は10日の参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。子育て世帯の支援が狙い。無償化は安倍政権の目玉政策で、消費税増税に合わせ10月に始まる。低所得世帯の学生を対象に大学など高等教育機関の無償化を図る新法も参院本会議で成立し、2020年4月に施行される予定。

 幼児教育・保育の無償化では、国の基準に満たない施設も含まれるため、安全面を中心とする保育の質の確保が課題だ。成立からの準備期間が短く、実務を担う自治体の混乱も懸念される。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月10日
本会議
約2時間21分

会議の経過
〇議事経過 今十日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律の一部を改正す
 る法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、麻生国務大臣から趣旨説明があった後、風間
  直樹君、藤巻健史君、大門実紀史君がそれぞれ質疑をした。
 日程第 一 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部
       を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 二 大学等における修学の支援に関する法律案(内閣提出、
       衆議院送付)
  右の議案は、文教科学委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があって、討論の後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成
  一八五、反対四五にて可決された。
 日程第 三 特許法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送
       付)
  右の議案は、経済産業委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 四 民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関す
       る条約の実施に関する法律の一部を改正する法律案(内
       閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、法務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、反
  対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 五 電波法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 日程第 六 電気通信事業法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆
       議院送付)
  右の両案は、総務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第五は賛成
  二一五、反対一四にて可決、日程第六は賛成二三〇、反対〇にて全
  会一致をもって可決された。
 日程第 七 子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案(内閣提
       出、衆議院送付)
  右の議案は、内閣委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あって、討論の後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成
  一八五、反対四五にて可決された。
 散会 午後零時十五分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
麻生太郎(国務大臣(副総理)、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、デフレ脱却担当)
風間直樹(立憲民主党・民友会・希望の会)
藤巻健史(日本維新の会・希望の党)
大門実紀史(日本共産党)
羽田雄一郎(国土交通委員長)
上野通子(文教科学委員長)
神本美恵子(立憲民主党・民友会・希望の会)
高木かおり(日本維新の会・希望の党)
吉良よし子(日本共産党)
浜野喜史(経済産業委員長)
横山信一(法務委員長)
秋野公造(総務委員長)
石井正弘(内閣委員長)
牧山ひろえ(立憲民主党・民友会・希望の会)
清水貴之(日本維新の会・希望の党)
田村智子(日本共産党)


石井正弘(内閣委員長)・幼保無償化.PNG
幼保無償化・成立.PNG



5月10日、参院本会議。
石井正弘(内閣委員長)の報告は可決。
反対討論と賛成討論を行った。
立憲民主党の牧山ひろえ氏と共産党の田村智子氏が反対討論を、日本維新の会の清水貴之氏が賛成討論を行った。
反対討論では、法案が消費税の増税を前提としていること、待機児童の問題が先であると訴えた。
採決の結果、賛成185、反対45にて、可決した。
幼児教育・保育の無償化では、国の基準に満たない施設も含まれる為、安全面を中心とする保育の質の確保が課題。
国民民主党は法案に賛成している筈です。
法案には附帯決議が付いている。





参考

[子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案] 4月12日、参院本会議で幼保無償化法案が審議入り 安倍首相 早期成立に理解求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465173768.html

[子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院本会議で幼保無償化法案を可決 大型連休前後に成立見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465057688.html

[子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案] 2月12日、幼保無償化法案を閣議決定⇒4月3日、衆院内閣委員会で幼保無償化法案を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464965077.html
posted by hazuki at 23:46| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[電波法の一部を改正する法律案] [電気通信事業法の一部を改正する法律案] 5月10日、参院本会議で改正電波法と改正電気通信事業法が成立 5G実用化へ利用料増額

[電波法の一部を改正する法律案] [電気通信事業法の一部を改正する法律案] 5月10日、参院本会議で改正電波法と改正電気通信事業法が成立 5G実用化へ利用料増額

改正電波法が成立 5G実用化へ利用料増額
https://www.sankei.com/politics/news/190510/plt1905100017-n1.html
2019.5.10 12:46

 電波利用料の増額などを柱とする改正電波法と、携帯電話料金の値下げに向けた改正電気通信事業法は10日の参院本会議でいずれも可決、成立した。改正電波法は高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の年内実用化を見据え、電波利用料を平成30年度の約620億円から令和元年度に約750億円に増やし、基地局間の光ファイバー網整備などにあてる。

 総務省によると、法改正により放送局は全体で約3割、携帯電話事業者は約2割の負担増となる見込み。法案を審議した衆参両院の総務委員会は事業者側に配慮し、電波利用料を安易に引き上げないよう政府に求める付帯決議をそれぞれ採択した。

 改正電気通信事業法は携帯事業者に端末代金と毎月の通信料金の完全分離を義務付け、価格競争を促す。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月10日
本会議
約2時間21分

会議の経過
〇議事経過 今十日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律の一部を改正す
 る法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、麻生国務大臣から趣旨説明があった後、風間
  直樹君、藤巻健史君、大門実紀史君がそれぞれ質疑をした。
 日程第 一 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部
       を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 二 大学等における修学の支援に関する法律案(内閣提出、
       衆議院送付)
  右の議案は、文教科学委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があって、討論の後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成
  一八五、反対四五にて可決された。
 日程第 三 特許法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送
       付)
  右の議案は、経済産業委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 四 民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関す
       る条約の実施に関する法律の一部を改正する法律案(内
       閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、法務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、反
  対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 五 電波法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 日程第 六 電気通信事業法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆
       議院送付)
  右の両案は、総務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第五は賛成
  二一五、反対一四にて可決、日程第六は賛成二三〇、反対〇にて全
  会一致をもって可決された。
 日程第 七 子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案(内閣提
       出、衆議院送付)
  右の議案は、内閣委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あって、討論の後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成
  一八五、反対四五にて可決された。
 散会 午後零時十五分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
麻生太郎(国務大臣(副総理)、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、デフレ脱却担当)
風間直樹(立憲民主党・民友会・希望の会)
藤巻健史(日本維新の会・希望の党)
大門実紀史(日本共産党)
羽田雄一郎(国土交通委員長)
上野通子(文教科学委員長)
神本美恵子(立憲民主党・民友会・希望の会)
高木かおり(日本維新の会・希望の党)
吉良よし子(日本共産党)
浜野喜史(経済産業委員長)
横山信一(法務委員長)
秋野公造(総務委員長)
石井正弘(内閣委員長)
牧山ひろえ(立憲民主党・民友会・希望の会)
清水貴之(日本維新の会・希望の党)
田村智子(日本共産党)


秋野公造(総務委員長).PNG
電波法改正案・成立.PNG
電波法の一部を改正する法律案・成立
電気通信事業法の一部を改正する法律案・成立.PNG
電気通信事業法の一部を改正する法律案



5月10日、参院本会議。
日程第五 電波法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)と日程第六 電気通信事業法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を一括して議題とした。
秋野公造(総務委員長)の報告は、電波法の一部を改正する法律案は賛成多数で可決、電気通信事業法の一部を改正する法律案は全会一致で可決。
両法律案には附帯決議が付いている。
採決を行ったところ、電波法の一部を改正する法律案は賛成215、反対14にて可決。
電気通信事業法の一部を改正する法律案は全会一致で可決。
改正電波法は高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の年内実用化を見据え、電波利用料を平成30年度の約620億円から令和元年度に約750億円に増やし、基地局間の光ファイバー網整備などにあてる。
改正電気通信事業法は携帯事業者に端末代金と毎月の通信料金の完全分離を義務付け、価格競争を促す。




参考

[電気通信事業法の一部を改正する法律案] 3月5日、改正電気通信事業法を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465610493.html

[電波法の一部を改正する法律案] 2月12日、周波数配分に価格要素 電波法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464328159.html
posted by hazuki at 20:45| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[電気通信事業法の一部を改正する法律案] 3月5日、改正電気通信事業法案を閣議決定

[電気通信事業法の一部を改正する法律案] 3月5日、改正電気通信事業法を閣議決定

第198回国会(常会)提出法案
http://www.soumu.go.jp/menu_hourei/k_houan.html

平成31年3月5日 電気通信事業法の一部を改正する法律案

概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604210.pdf

要綱
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604211.pdf

法律案・理由
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604212.pdf

新旧対照条文
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604213.pdf

参照条文
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604214.pdf


電気通信事業法の一部を改正する法律案・概要.PNG



3月5日に閣議決定した電気通信事業法の一部を改正する法律案。

[電波法の一部を改正する法律案] 2月12日、周波数配分に価格要素 電波法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464328159.html

先に閣議決定した電波法の一部を改正する法律案と一括で衆院総務委員会、参院総務委員会で審議された模様。
5月10日、参院本会議で全会一致にて成立した。

改正電気通信事業法案は携帯事業者に端末代金と毎月の通信料金の完全分離を義務付け、価格競争を促す。




関連

[電波法の一部を改正する法律案] 2月12日、周波数配分に価格要素 電波法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464328159.html
posted by hazuki at 00:45| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

特定秘密の国会報告、6月に 政府が原案取りまとめ

特定秘密の国会報告、6月に 政府が原案取りまとめ
https://this.kiji.is/498815079141524577?c=39546741839462401
2019/5/8 20:26

 政府は8日、特定秘密保護法の適切な運用をチェックする「内閣保全監視委員会」の第7回会合を首相官邸で開き、運用状況に関して安倍晋三首相による国会報告の原案を取りまとめた。昨年末時点で特定秘密に指定された計551件の内容を盛り込んだ。閣議決定の上、6月上旬ごろ国会に報告書を提出し、公表する方針を確認した。

 委員長の宮腰光寛行政改革担当相は会合で、2014年の法施行から今年12月に5年の節目を迎えると強調。関係省庁の事務次官らに「いま一度、法の運用が適切に行われているかを確認してほしい」と要請した。




政府は8日、特定秘密保護法の適切な運用をチェックする「内閣保全監視委員会」の第7回会合を首相官邸で開き、運用状況に関して安倍首相による国会報告の原案を取りまとめた。
昨年末時点で特定秘密に指定された計551件の内容を盛り込んだ。
閣議決定の上、6月上旬ごろ国会に報告書を提出し、公表する方針を確認した。

内閣保全監視委員会
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/naikakuhozenkansi/index.html

第7回(令和元年5月8日)

議事次第
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/naikakuhozenkansi/dai7/gijisidai.pdf

資料3今後の主なスケジュール
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/naikakuhozenkansi/dai7/siryou.pdf

一度、施行された法律を廃案に追い込むのは不可能に近いですが、特定秘密保護法は廃案へ追い込んだ方が良い法律のように思います。
特定秘密保護法は、スパイ防止法の代替法ではない模様。
特定秘密保護法が作られる時、一番、熱心だったのが警察庁だった。
警察の権限を強化する法律になるからです。
特定秘密保護法には「警察庁長官」というワードがあちらこちらに沢山出て来る。
詳しくは、らっきーさんの動画をご覧下さい。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
人質を救済しなかった安倍に対して、批判を禁じる空気が覆っている。こういうときは、安倍自身が「どうぞ、好きなように批判して欲しい」と周りをたしなめるべきだ。表現の自由は憲法が保障している。談論風発の国家、組織こそ豊かに発展する。談論を怖れ、封殺し、秘密の多い国や組織は衰亡する。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
安倍首相と妄想:我が国も危ない指導者を持ったものだ。「妄想とは、まったく現実的でない信念のことです。」3日スポニチ「安倍首相は3日夜、自民党議員会合で、”日本人にはこれから先、指一本触れさせない決意と覚悟で事に当たる”」イスラム国兵士世界各地から。襲撃させて侵略は旧軍実施の謀略。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
特定秘密保護法は、そのうち一人歩き始め、暴走し始めると思う。この法律の危険性は、ときの権力によって恣意的な使われ方をしてしまうことだ。憲法でさえ、たったひとりの男のために、解釈改憲されてしまうのだから。この法律は国民に向かうとともに、官僚・与野党政治家をも監視することになる。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
特定秘密保護法.毎日「金沢弁護士会が、同法に反対街頭活動計画。石川県選管から”衆院選期間中の政治活動を規制した公職選挙法に抵触の可能性」と指摘され、中止。弁護士会執行部で見解が分かれたが”慎重なメンバーに配慮”」至る所で自粛。こうして民主主義が瓦解していく



らっきーデタラメ放送局★第128回『秘密保護法って!スパイ防止法だよね?』




参考

特定秘密指定39件「全て適正」 政府、2017年の検証結果公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460169193.html

特定秘密、運用に勧告行使せず 参議院情報監視審査会の年次報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450662487.html

「特定秘密」を非開示のまま廃棄 政府、制度改善を否定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448933558.html

特定秘密443件のうち166件文書なし 政府、36件を改善へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448536620.html

特定秘密、運用適正か判断せず 参院審査会の報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434634598.html

特定秘密、審議の実態見えず 非公開の衆院審査会は説明もなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432837339.html

秘密保護法、調査に支障と指摘 会計検査院「憲法上問題」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430874469.html

秘密保護法適性評価、25人拒否 初判明、防衛や外務両省職員ら 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430698720.html

特定秘密保護法が完全施行=適性評価対象は9万7千人超
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430590348.html

特定秘密、初の国会報告書 指定382件、暗号最多
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421129414.html

特定秘密、国会がチェック 法施行3カ月過ぎ始動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416518518.html

特定秘密の管理簿、政府が公開 具体的内容記されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415790505.html

特定秘密審査会が始動へ 今月下旬にも初会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415265278.html

特定秘密関連予算金額まちまち省庁任せ 1200万円〜ゼロ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415040391.html

秘密監視の8委員選任 衆院、法運用をチェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414717916.html

人質事件検証に秘密法の壁=野党、政府主導を疑問視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413844020.html

特定秘密以外の「極秘文書」指定期間5年以内に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412730107.html

外交文書 秘密指定の影響は 第三者の審査に変化も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412468428.html

特定秘密382件指定…最多は防衛省247件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412083727.html

特定秘密に6分類指定=警備戦術や衛星画像−警察庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411327824.html

独立公文書管理監に佐藤氏 秘密保護法の運用チェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410414648.html

[特定秘密保護法] 反対の街頭活動「公選法抵触のおそれ」中止に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410362977.html

秘密保護法「必要性弱い」 法制局、根幹部分に疑問
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409400906.html

特定秘密保護法、12月10日施行 政府、運用基準を10月10日にも閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406374195.html

偽装移民法案の成立と特定秘密保護法はセットらしい
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398308262.html




関連

「人質事件」情報は特定秘密の可能性 首相「内容公表せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413567925.html

首相「報道抑圧なら辞任」 秘密保護法施行で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409178808.html
posted by hazuki at 21:06| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 4月26日、野党が児童虐待防止で体罰禁止規定設けた法案を提出

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 4月26日、野党が児童虐待防止で体罰禁止規定設けた法案を提出

野党 児童虐待防止で体罰禁止規定設けた法案を提出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190426/k10011897451000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_024
2019年4月26日 11時15分

児童虐待を防ぐため、立憲民主党など野党側は、体罰を禁止する規定を設けるとともに、虐待した親の再発防止プログラムの導入などを盛り込んだ法案を共同で衆議院に提出しました。

野党側が提出した児童虐待防止法などの改正案では、児童福祉司の増員や、子どもの権利を擁護するため、体罰を禁止する規定を新たに設けています。

また、虐待した親に対する再発防止プログラムの導入や、虐待が疑われる場合、専門的な知見をもった医師の意見を聴取することを児童相談所に義務づけることを盛り込んでいます。

これを受けて、衆議院では27日から始まる10連休のあと、政府が提出した法案と合わせて審議が行われる見通しです。

法案を提出した立憲民主党の阿部知子氏は「法案の審議によって、子どもたちを救う道を拡充させたい。与党にも受け取ってもらい、成立させてほしい」と述べました。


児童虐待防止法案・野党.PNG



児童虐待を防ぐ為、立憲民主党など野党側は、体罰を禁止する規定を設けると共に、虐待した親の再発防止プログラムの導入などを盛り込んだ法案を共同で衆院に提出した。
これを受けて、衆院では27日から始まった10連休の後、政府が提出した法案と合わせて審議が行われる見通し。
法案を提出した立憲民主党の阿部知子氏は「法案の審議によって、子どもたちを救う道を拡充させたい。与党にも受け取ってもらい、成立させてほしい」と述べた。
政府が提出した法案だけでなく、野党が提出した法案も審議して成立させて欲しい。

第198回国会 議案の一覧
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm

サイトが更新されたら、「衆法の一覧」に野党の法案が閲覧出来るようになります。

野党は昨年の通常国会で法案を提出している。

議案名「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCB326.htm

1月28日に衆院厚生労働委員会に付託された。
「岡本充功君外十名」が提出した「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」です。
この法案に関しては、審議しないのでしょうか?




参考

[児童虐待防止法改正案] [児童福祉法改正案] 3月19日、親の体罰禁止 閣議決定 しつけも対象、罰則なし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464703648.html

体罰禁止の児童虐待防止法改正案 自民了承 閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464668613.html

児童虐待防止策“強化”法案、厚生労働省「体罰の禁止」など盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464482117.html

[児童虐待防止法改正案] 体罰禁止明記を 自民 政府に提言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464480832.html

自民若手議員、「児童虐待罪」創設目指し勉強会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464360387.html

児童虐待防止で2月8日に閣僚会議 安倍首相、情報共有策を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464072635.html




関連

[水道民営化] 6月29日、衆院厚生労働委員会で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)の実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460283347.html
posted by hazuki at 17:29| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

[旧優生保護法] 旧優生保護法救済法受け 一時金などに125億円余支出

[旧優生保護法] 旧優生保護法救済法受け 一時金などに125億円余支出

旧優生保護法救済法受け 一時金などに125億円余支出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190426/k10011897391000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_026
2019年4月26日 11時34分

政府は26日の閣議で、旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちを救済するための一時金の一部として、今年度予算の予備費から125億円余りを支出することを決めました。

平成8年まで施行された旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちを救済するための法律は24日成立し、おわびや一時金として320万円を支払うことなどが盛り込まれました。

これを受けて政府は26日の閣議で、一時金の支払いや事務経費として、今年度予算の予備費から125億8757万円を支出することを決めました。

厚生労働省は、一時金の対象は、およそ2万5000人と見込んでいて、このうち今回の予備費では、記録が残っていて支払いの手続きに入れるおよそ3400人分が盛り込まれています。

残りの経費は、今後、予算措置を講じることにしています。

一時金の請求は、法律の施行から5年以内に本人が行う必要があり、都道府県で受け付けが始まっています。

一時金は6月から支給へ 厚労相

24日施行された、旧優生保護法の下で不妊手術を受けた人たちを救済するための法律について、根本厚生労働大臣は一時金の支給をことし6月から開始できるという見通しを示しました。

旧優生保護法の下で不妊手術を受けた人たちを救済するため、一時金320万円を支給する法律は、24日成立して即日施行され、すでに一時金の請求の受け付けが都道府県の窓口で始まっています。

一時金の請求は、手術を受けた本人が、法律の施行から5年以内に行う必要がありますが、手術を受けた記録がない場合は過去に手術を受けたという認定を医師などでつくる国の審査会から得なければなりません。

根本厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に対し「認定に要する期間は個別の事情で異なるが、支給が認定された場合は、翌月末には支払いを予定している。来月中に認定されたものは、6月末には支払うことを予定している」と述べ、一時金の支給をことし6月から開始できるという見通しを示しました




平成31年4月26日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2019/kakugi-2019042601.html

一般案件は、平成31年度一般会計予備費使用について(決定)(財務省)となっている。

政府は26日の閣議で、旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちを救済するための一時金の一部として、今年度予算の予備費から125億円余りを支出することを決めた。
厚生労働省は、一時金の対象は、およそ2万5000人と見込んでいて、このうち今回の予備費では、記録が残っていて支払いの手続きに入れるおよそ3400人分が盛り込まれている。




参考

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月23日、参院厚生労働委員会で強制不妊救済法案が可決⇒4月24日、参院本会議で強制不妊救済法案が成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465352186.html

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 参院審議で被害者が意見述べる場を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465192259.html

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月11日、強制不妊の被害者救済法案が衆院本会議で可決 全会一致、来週にも成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465089030.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法、4月施行へ 弁護団は反発、訴訟継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464624472.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法案、与野党提出へ 幅広く一時金、4月成立目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464419833.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済へ、弁護団と初面会 与党ワーキングチーム、10月25日に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462269680.html

[旧優生保護法] 記録なし、法逸脱も対象 強制不妊手術の救済案(超党派議連)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461246001.html

[旧優生保護法] 不妊手術の記録なしでも救済検討 年内に基本方針策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461109664.html

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458476462.html

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458445381.html

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html
posted by hazuki at 21:48| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月23日、参院厚生労働委員会で強制不妊救済法案が可決⇒4月24日、参院本会議で強制不妊救済法案が成立

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月23日、参院厚生労働委員会で強制不妊救済法案が可決⇒4月24日、参院本会議で強制不妊救済法案が成立

強制不妊救済法案を可決 参院厚労委、24日成立へ
https://this.kiji.is/493260859827340385?c=39546741839462401
2019/4/23 12:28

 旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、参院厚生労働委員会は23日、与野党が提出した被害者への一時金320万円支給を柱とする法案を全会一致で可決した。24日に参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 法案は、被害者が心身に多大な苦痛を受けてきたとして、前文で「われわれは、それぞれの立場において、真摯に反省し、心から深くおわびする」と明記した。根本匠厚労相は採決に先立つ参院厚労委の質疑で「反省とおわび」について「旧法は旧厚生省が執行したもので、真摯に受け止める」と述べた。

 政府は、安倍晋三首相によるおわび談話を発表する方針。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年4月23日
厚生労働委員会
約1時間58分

会議の経過
  厚生労働委員会(第四回)
   理事の補欠選任を行った。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支
   給等に関する件等について根本厚生労働大臣、左藤内閣府副大臣
   及び政府参考人に対し質疑を行った。
   旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支
   給等に関する法律案(衆第一号)(衆議院提出)について提出者
   衆議院厚生労働委員長冨岡勉君から趣旨説明を聴いた後、可決し
   た。

発言者一覧

石田昌宏(厚生労働委員長)
自見はなこ(自由民主党・国民の声)
福島みずほ(立憲民主党・民友会・希望の会)
川合孝典(国民民主党・新緑風会)
山本香苗(公明党)
石井苗子(日本維新の会・希望の党)
倉林明子(日本共産党)
薬師寺みちよ(無所属クラブ)
冨岡勉(衆議院厚生労働委員長)


冨岡勉(衆議院厚生労働委員長)・旧優生保護法.PNG


強制不妊救済法が成立 首相「心から深くおわび」
https://this.kiji.is/493575313383162977?c=39546741839462401
2019/4/24 13:03

 旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、被害者への「反省とおわび」と一時金320万円の支給を盛り込んだ救済法が24日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。同日中の施行を目指し調整しており、早ければ6月にも支給が始まる。障害者差別に当たるとして旧法の「優生手術」規定が削除されてから23年。ようやく国による救済が始まる。

 安倍晋三首相は談話を発表し「政府としても真摯に反省し、心から深くおわび申し上げる」と初めて謝罪の意を表明した。談話は閣議決定をせず、救済法と同様に国の法的責任には触れなかった。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年4月24日
本会議
約56分

案件

請暇の件
建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第27号)
防衛省設置法等の一部を改正する法律案(閣法第14号)
旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案(衆第1号)
自然環境保全法の一部を改正する法律案(閣法第33号)

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
石井啓一(国土交通大臣、水循環政策担当)
野田国義(立憲民主党・民友会・希望の会)
青木愛(国民民主党・新緑風会)
渡邉美樹(外交防衛委員長)
石田昌宏(厚生労働委員長)
那谷屋正義(環境委員長)


石田昌宏(厚生労働委員長)・旧優生保護法.PNG
旧優生保護法救済案・成立.PNG



4月23日、参院厚生労働委員会で、強制不妊救済法の質疑を行った。
旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案(衆第一号)(衆議院提出)について提出者 衆議院厚生労働委員長冨岡勉氏が趣旨説明を行った。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
4月24日、参院本会議。
石田昌宏(厚生労働委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
強制不妊救済法が成立した。
残念ながら、被害者が意見を述べる場は設けなかった。




参考

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 参院審議で被害者が意見述べる場を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465192259.html

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月11日、強制不妊の被害者救済法案が衆院本会議で可決 全会一致、来週にも成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465089030.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法、4月施行へ 弁護団は反発、訴訟継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464624472.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法案、与野党提出へ 幅広く一時金、4月成立目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464419833.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済へ、弁護団と初面会 与党ワーキングチーム、10月25日に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462269680.html

[旧優生保護法] 記録なし、法逸脱も対象 強制不妊手術の救済案(超党派議連)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461246001.html

[旧優生保護法] 不妊手術の記録なしでも救済検討 年内に基本方針策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461109664.html

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458476462.html

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458445381.html

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html
posted by hazuki at 21:52| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

[障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案] 4月23日、障害者雇用促進法改正案が衆院本会議で審議入り

[障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案] 4月23日、障害者雇用促進法改正案が衆院本会議で審議入り

障害者雇用促進法の改正案 衆院で審議入り
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190423/k10011893521000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007
2019年4月23日 17時07分

中央省庁による障害者雇用の水増し問題を受けて、障害者を採用する際に基準を恣意的(しいてき)に解釈することを防ぐための対策などを盛り込んだ法律の改正案は、23日、衆議院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りしました。

全体の8割を超える28の中央省庁で障害者が水増しされていた問題を受けて、具体的な対策を盛り込んだ障害者雇用促進法の改正案は、23日、衆議院本会議で趣旨説明と質疑が行われました。

この中で、立憲民主党や国民民主党などが、法定雇用率を達成できなかった場合の対応をただしたのに対し、根本厚生労働大臣は「国民の負担につながらない形で、各省庁にあてられる庁費を減額し、必要な障害者雇用の促進策に充てていく」と述べ、理解を求めました。

一連の問題では、中央省庁が障害者にあたるかどうかの基準を恣意的に解釈するずさんな運用が長年続けられてきたことが指摘されていることから、改正案では、採用する際に、障害者手帳などの書類による確認を義務づけるとともに、こうした手順が守られていない場合は、厚生労働省が勧告を行うことができるとしています。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48961&media_type=

2019年4月23日 (火)
本会議 (2時間26分)

案件:
新議員紹介
中央北極海における規制されていない公海漁業を防止するための協定の締結について承認を求めるの件(198国会条3)
二千一年の燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約の締結について承認を求めるの件(198国会条4)
二千七年の難破物の除去に関するナイロビ国際条約の締結について承認を求めるの件(198国会条5)
金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣16)
建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣27)
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)
電波法の一部を改正する法律案(198国会閣18)
電気通信事業法の一部を改正する法律案(198国会閣35)
障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣53)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  02分
 若宮健嗣(外務委員長)  13時 04分  03分
 坂井学(財務金融委員長)  13時 07分  02分
 谷公一(国土交通委員長)  13時 09分  03分
 武藤容治(農林水産委員長)  13時 12分  03分
 江田康幸(総務委員長)  13時 15分  04分
 根本匠(厚生労働大臣 働き方改革担当)  13時 19分  05分
 大串正樹(自由民主党)  13時 24分  12分
 初鹿明博(立憲民主党・無所属フォーラム)  13時 36分  32分
 谷田川元(国民民主党・無所属クラブ)  14時 08分  24分
 赤松広隆(衆議院副議長)  14時 32分  01分
 桝屋敬悟(公明党)  14時 33分  21分
 高橋千鶴子(日本共産党)  14時 54分  19分
 中島克仁(社会保障を立て直す国民会議)  15時 13分  12分

答弁者等
大臣等(建制順):
 麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却担当)
 石田真敏(総務大臣 内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度))
 河野太郎(外務大臣)
 柴山昌彦(文部科学大臣 教育再生担当)
 宮腰光寛(一億総活躍担当 行政改革担当 国家公務員制度担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策 消費者及び食品安全 少子化対策 海洋政策))
 一宮なほみ(人事院総裁)


根本匠(厚生労働大臣、働き方改革担当)・障害者雇用促進法案.PNG



障害者雇用水増し問題を受けて、障害者を採用する際に基準を恣意的に解釈することを防ぐ為の対策などを盛り込んだ法律の改正案は、23日、衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。
立憲民主党や国民民主党などが、法定雇用率を達成出来なかった場合の対応を質した。
根本匠厚労相は「国民の負担につながらない形で、各省庁にあてられる庁費を減額し、必要な障害者雇用の促進策に充てていく」と述べ、理解を求めた。
障害者雇用水増し問題に文句があれば、法案の審議の時に訴えれば良い。
立憲民主党の初鹿明博氏は、質疑で頑張っていた。




参考

[障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案] 3月19日、障害者雇用促進法改正案を閣議決定 水増し問題で行政への監督強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464771392.html
posted by hazuki at 22:29| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48961&media_type=

2019年4月23日 (火)
本会議 (2時間26分)

案件:
新議員紹介
中央北極海における規制されていない公海漁業を防止するための協定の締結について承認を求めるの件(198国会条3)
二千一年の燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約の締結について承認を求めるの件(198国会条4)
二千七年の難破物の除去に関するナイロビ国際条約の締結について承認を求めるの件(198国会条5)
金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣16)
建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣27)
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)
電波法の一部を改正する法律案(198国会閣18)
電気通信事業法の一部を改正する法律案(198国会閣35)
障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案(198国会閣53)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分  02分
 若宮健嗣(外務委員長)  13時 04分  03分
 坂井学(財務金融委員長)  13時 07分  02分
 谷公一(国土交通委員長)  13時 09分  03分
 武藤容治(農林水産委員長)  13時 12分  03分
 江田康幸(総務委員長)  13時 15分  04分
 根本匠(厚生労働大臣 働き方改革担当)  13時 19分  05分
 大串正樹(自由民主党)  13時 24分  12分
 初鹿明博(立憲民主党・無所属フォーラム)  13時 36分  32分
 谷田川元(国民民主党・無所属クラブ)  14時 08分  24分
 赤松広隆(衆議院副議長)  14時 32分  01分
 桝屋敬悟(公明党)  14時 33分  21分
 高橋千鶴子(日本共産党)  14時 54分  19分
 中島克仁(社会保障を立て直す国民会議)  15時 13分  12分

答弁者等
大臣等(建制順):
 麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却担当)
 石田真敏(総務大臣 内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度))
 河野太郎(外務大臣)
 柴山昌彦(文部科学大臣 教育再生担当)
 宮腰光寛(一億総活躍担当 行政改革担当 国家公務員制度担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策 消費者及び食品安全 少子化対策 海洋政策))
 一宮なほみ(人事院総裁)


武藤容治(農林水産委員長)・農地バンク法.PNG



4月23日、衆院本会議。
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案。
武藤容治(農林水産委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
衆院を通過した。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

農地バンク法、農地バンク法改正案は規制改革推進会議から出た法案。
規制改革推進会議に反対する意味でも、多くの附帯決議が付けられた。




参考

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

[アイヌ新法] 4月16日、参院国土交通委員会でアイヌ新法の趣旨説明⇒4月18日、参院国土交通委員会でアイヌ新法が可決⇒4月19日、参院本会議でアイヌ新法が成立

[アイヌ新法] 4月16日、参院国土交通委員会でアイヌ新法の趣旨説明⇒4月18日、参院国土交通委員会でアイヌ新法が可決⇒4月19日、参院本会議でアイヌ新法が成立


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年4月16日
国土交通委員会
約6分

会議の経過
  国土交通委員会(第七回)
   アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推
   進に関する法律案(閣法第二四号)(衆議院送付)について石井
   国務大臣から趣旨説明を聴いた。

発言者一覧

羽田雄一郎(国土交通委員長)
石井啓一(国土交通大臣、水循環政策担当)


石井啓一(国土交通大臣、水循環政策担当)・アイヌ新法.PNG


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年4月18日
国土交通委員会
約3時間5分

会議の経過
  国土交通委員会(第八回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推
   進に関する法律案(閣法第二四号)(衆議院送付)について石井
   国務大臣、牧野国土交通副大臣、阿達国土交通大臣政務官及び政
   府参考人に対し質疑を行った後、可決した。
    なお、附帯決議を行った。

発言者一覧

羽田雄一郎(国土交通委員長)
朝日健太郎(自由民主党・国民の声)
紙智子(日本共産党)
舟山康江(国民民主党・新緑風会)
三浦信祐(公明党)
室井邦彦(日本維新の会・希望の党)
野田国義(立憲民主党・民友会・希望の会)
平山佐知子(無所属クラブ)
青木愛(国民民主党・新緑風会)



アイヌ支援新法が成立 「先住民族」初めて明記
https://this.kiji.is/491775128978506849?c=395467418394624
2019/4/19 12:38 4/19 12:39updated

 法律として初めてアイヌを「先住民族」と明記し、独自の文化の維持・振興に向けた交付金制度を創設する新法「アイヌ民族支援法」が19日、参院本会議で可決、成立した。政府や自治体の責任で産業や観光の振興にも取り組み、アイヌ以外の国民との共生や経済格差の是正を図る。

 先住民族への配慮を求める国際的な要請の高まりに応えた。ただ2007年の国連宣言で民族の権利とされた自決権や教育権などは盛り込まず、付帯決議で宣言を尊重するよう政府に求めるにとどめたため、アイヌ関係者から批判も出ている。

 石井啓一国土交通相は「国会審議や付帯決議を踏まえ、確実な施行に努める」と述べた。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年4月19日
本会議
約1時間44分


会議の経過
〇議事経過 今十九日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時三十一分
 大学等における修学の支援に関する法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、柴山文部科学大臣から趣旨説明があった後、
  斎藤嘉隆君、伊藤孝恵君、新妻秀規君、高木かおり君、吉良よし子
  君がそれぞれ質疑をした。
 日程第 一 平成三十七年に開催される国際博覧会の準備及び運営の
       ために必要な特別措置に関する法律案(内閣提出、衆議
       院送付)
  右の議案は、経済産業委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一一、
  反対一六にて可決された。

日程第 二 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出、
       衆議院送付)
  右の議案は、法務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成一八七、反
  対四四にて可決された。
 日程第 三 農業用ため池の管理及び保全に関する法律案(内閣提
       出、衆議院送付)
  右の議案は、農林水産委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二三一、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 四 アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための
       施策の推進に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一六、
  反対一四にて可決された。
 散会 午後零時八分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
柴山昌彦(文部科学大臣、教育再生担当)
斎藤嘉隆(立憲民主党・民友会・希望の会)
伊藤孝恵(国民民主党・新緑風会)
新妻秀規(公明党)
高木かおり(日本維新の会・希望の党)
吉良よし子(日本共産党)
浜野喜史(経済産業委員長)
横山信一(法務委員長)
堂故茂(農林水産委員長)
羽田雄一郎(国土交通委員長)


羽田雄一郎(国土交通委員長)・アイヌ新法.PNG
アイヌ新法・成立.PNG



4月16日、参院国土交通委員会で石井啓一国土交通大臣により、アイヌ新法の趣旨説明が行われた。
4月18日、参院国土交通委員会でアイヌ新法が実質審議入りをした。
質疑を行った後、討論はなし、採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付き、国民民主党の青木愛氏より、趣旨説明が行われた。
附帯決議を採決したところ、全会一致で可決した。
4月19日、参院本会議。
羽田雄一郎(国土交通委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、賛成216、反対14にて可決した。
アイヌ新法は成立した。
アイヌ新法を「在ヌ新法」と揶揄していた安倍信者は、どんな気分?
かつて、旧土人法があった。
旧土人法は如何なものかと思いますよ。




参考

[アイヌ新法] 2月15日、アイヌ新法を閣議決定⇒4月9日、衆院国土交通委員会でアイヌ新法の趣旨説明⇒4月10日、衆院国土交通委員会でアイヌ新法が可決⇒4月11日、衆院本会議でアイヌ新法が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465127009.html

アイヌ支援の新法案、自民了承 政府の責務、先住民族を明記
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464042886.html
ラベル:アイヌ新法
posted by hazuki at 20:58| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48951&media_type=

2019年4月17日 (水)
農林水産委員会 (5時間15分)

案件:
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 加藤寛治(自由民主党)  9時 01分  39分
 稲津久(公明党)  9時 40分  31分
 田村貴昭(日本共産党)  10時 11分  27分
 大串博志(立憲民主党・無所属フォーラム)  10時 38分  37分
 長谷川嘉一(立憲民主党・無所属フォーラム)  11時 15分  26分
 堀越啓仁(立憲民主党・無所属フォーラム)  11時 41分  25分
 武藤容治(農林水産委員長)  13時 00分  01分
 石川香織(立憲民主党・無所属フォーラム)  13時 00分  26分
 関健一郎(国民民主党・無所属クラブ)  13時 26分  37分
 緑川貴士(国民民主党・無所属クラブ)  14時 03分  35分
 森夏枝(日本維新の会)  14時 38分  25分
答弁者等
大臣等(建制順):
 吉川貴盛(農林水産大臣)
 小里泰弘(農林水産副大臣)
 濱村進(農林水産大臣政務官)



農地中間管理機構法改正案と農地のあり方について 田村衆院議員20190417農水委



農地バンク法案可決 付帯決議 市町村の活動支援 機構廃止は否決 衆院農水委
https://www.agrinews.co.jp/p47412.html
2019年04月19日

 衆院農林水産委員会は18日、政府提出の農地中間管理機構(農地集積バンク)見直し法案を採決し、自民、公明、維新各党の賛成多数で可決した。立憲民主党は、機構の廃止や市町村段階での集積・集約化の推進を柱とした修正案を提出。同党と一部野党が賛成したが否決された。全会一致で採決した付帯決議には、市町村、農業委員会などへの十分な支援などが盛り込まれた。……



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48954&media_type=

2019年4月18日 (木)
農林水産委員会 (26分)

案件:
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 亀井亜紀子(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 00分  03分
 野中厚(自由民主党)  9時 03分  04分
 佐々木隆博(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 07分  04分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  9時 11分  02分
 田村貴昭(日本共産党)  9時 13分  04分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  9時 17分  06分
答弁者等
大臣等(建制順):
 吉川貴盛(農林水産大臣)


佐々木隆博・農地バンク法案.PNG
田村貴昭・農地バンク法運.PNG



4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑が行われた。
共産党の田村貴昭氏が4月17日の農林水産委員会で、農地中間管理機構法改正案(農地バンク)と農地のあり方について質問した。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

4月11日に審議入りして、質疑が行われ、3時間10分と4月17日に5時間15分が費やされ、質疑は終局した。
4月18日、衆院農林水産委員会で立憲民主党から農地バンク法改正案の修正案が提出され、亀井亜紀子氏が趣旨説明を行った。
修正案は農地バンクを廃止するという内容。
農地バンク法改正案の原案と修正案を一括して議題とし、賛成討論と反対討論が行われた。
自民党の野中厚氏が原案に賛成、修正案に反対の立場で討論を行った。
立憲民主党の佐々木隆博氏、国民民主党の近藤和也、共産党の田村貴昭氏が原案に反対、修正案に賛成の立場で討論を行った。
先ず、修正案の採決を行った結果、賛成少数で否決された。

農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案に対する修正案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/7_57DE.htm

否決された修正案です。

次に、原案の採決を行った結果、賛成多数で可決した。
自民党、公明党、日本維新の会、立憲民主党、国民民主党、共産党の6派から附帯決議が出された。
国民民主党の近藤和也氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について、採決したところ、起立総員にて可決した。
農地バンク法、農地バンク法改正案も規制改革推進会議から出た法案。
規制改革推進会議に反対する意味でも、多くの附帯決議が付けられた。




参考

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 21:31| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする