2017年05月23日

英マンチェスターで爆発テロ、19人死亡 米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場

英マンチェスターで爆発テロ、19人死亡 米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場

英で爆発テロ、19人死亡 米歌手コンサート会場
https://this.kiji.is/239532097467090424?c=39546741839462401
2017/5/23 11:59

【ロンドン共同】英中部マンチェスターで22日午後10時35分(日本時間23日午前6時35分)ごろ、米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた会場で大きな爆発音がしたと通報があった。地元警察によると少なくとも19人が死亡、50人以上が負傷した。複数の米当局者はロイター通信などに、自爆テロの可能性があると述べた。メイ首相は「凄惨なテロ」とみて全容解明を進めているとの声明を出した。

 外務省邦人テロ対策室は「日本人の被害の情報は現段階ではない」としながらも、確認を続けている。

 現場は市街地にある屋内競技場「マンチェスター・アリーナ」。


英国で爆発テロ.PNG



英中部マンチェスターで22日午後10時35分(日本時間23日午前6時35分)頃、米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた会場で大きな爆発音がしたと通報があった。
地元警察によると少なくとも19人が死亡、50人以上が負傷した。
メイ首相は「凄惨なテロ」とみて全容解明を進めているとの声明を出した。



英マンチェスターのコンサート会場で爆発音 19人死亡50人負傷 首相がテロ断定
http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230015-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230015-n2.html
2017.5.23 10:30
ラベル:英国
posted by hazuki at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う
https://this.kiji.is/227021282951200775?c=39546741839462401
2017/4/18 21:49

【ロンドン共同】英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。5月にも始まる欧州連合(EU)離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。メイ氏の方針は国民の多数の支持を得ており、議会内の反対を抑え、交渉基盤を固める狙い。

 前倒し総選挙の実施には下院で3分の2の賛成が必要。最大野党、労働党のコービン党首は18日、総選挙実施に賛成する姿勢を示し、総選挙の実施は確実だ。

 各種世論調査ではメイ氏の与党保守党が高い支持率を保ち、労働党は低迷している。


テリーザ・メイ3.PNG



英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。
EU離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。
英国民は、EU離脱を巡り、再び選択を迫られることになるのですね。
最大野党の労働党が総選挙実施に賛成する姿勢を示しているようですね。




関連

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446852544.html

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446024679.html

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進

英EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進
http://www.afpbb.com/articles/-/3117156
2017年02月09日 12:05 発信地:ロンドン/英国

【2月9日 AFP】英議会下院は8日、欧州連合(EU)からの離脱をEUに通知する権限をテリーザ・メイ(Theresa May)首相に与える法案の最終的な採決を行い、賛成494、反対122の圧倒的多数で可決した。英国はEUからの離脱へ大きく近づいた。

 2条から成るこの法案は下院で修正されず、上院に送られる。上院では選挙を経ていない議員からの反対が予想され、与党・保守党は過半数を確保していない。

 とはいえ、昨年6月のEU離脱の是非を問う国民投票の前には議員の3分の2が反対していた下院で法案が通過したことで、メイ首相が公約している3月末までの離脱手続き開始の実現へ前進した形だ。

 法案が成立すれば、メイ首相はEU基本条約(リスボン条約、Lisbon Treaty)第50条を発動し、2年を期限とするEU離脱交渉を正式に開始できる。(c)AFP/Alice RITCHIE


EU離脱・英国.PNG



英議会下院は8日、EUからの離脱をEUに通知する権限をテリーザ・メイ首相に与える法案の最終的な採決を行い、賛成494、反対122の圧倒的多数で可決した。
英国はEUからの離脱へ大きく近付いた。
下院で法案が通過したことで、メイ首相が公約している3月末までの離脱手続き開始の実現へ前進した形。




参考

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446024679.html

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
ラベル:英国
posted by hazuki at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

[英国] トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破

[英国] トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破

トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破 英国
http://www.afpbb.com/articles/-/3115989
2017年01月30日 21:16 発信地:ロンドン/英国

【1月30日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める英議会のオンライン署名者が30日、100万人を突破した。トランプ氏が大統領令で命じた、一部のイスラム教国からの渡航者の入国を禁止する措置に対する憤りを反映した形だ。

 英議会のサイトに掲載された請願には「ドナルド・トランプ氏が米政府首脳という立場で英国に入国することは許可するべきだが、公式訪問を招請することは女王陛下を当惑させるものであり行うべきではない」とあり、さらに「ドナルド・トランプ氏の女性蔑視と下品さには定評があり、英女王あるいは皇太子が迎える相手として不適格である」と書かれている。

 英議会の署名は、英国の郵便番号を記入すれば誰でも署名することができ、署名する際には英国在住者か英国民かを尋ねられる。こうした署名が10万筆以上を集めた場合には、議会で議題にする必要があるとされている。

 トランプ氏が米大統領選の候補者だった昨年1月、大統領に就任すればイスラム教国から米国へ入国する人々を大幅に規制すると公約した際には、英国で署名が60万筆近く集まり、トランプ氏の英国への入国禁止が議会で議論された。(c)AFP


トランプ氏の公式訪問中止求める署名.PNG



トランプ大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める英議会のオンライン署名者が30日、100万人を突破した。
トランプ氏が大統領令で命じた、一部のイスラム教国からの渡航者の入国を禁止する措置に対する憤りを反映した形。
トランプ氏が大統領選の候補者だった昨年1月、大統領に就任すればイスラム教国から米国へ入国する人々を大幅に規制すると公約した際には、英国で署名が60万筆近く集まり、トランプ氏の英国への入国禁止が議会で議論された。
英国で、トランプ大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める署名が集まるのは、当然の流れですね。
メイ首相も大変ですね。
ラベル:英国
posted by hazuki at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明

メイ英首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170117-OYT1T50108.html?from=ytop_top
2017年01月17日 22時53分

【ロンドン=上地洋実】メイ英首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国が欧州連合(EU)から離脱する基本方針を示す演説を行った。

 「はっきりさせたい。私の提案は(EU)単一市場のメンバーでいることを意味しない」と述べ、移民規制を優先し、英国がEU加盟国と無関税で貿易できるEU単一市場から完全に離脱する考えを表明した。

 演説は、ロンドンの英外務省公館「ランカスター・ハウス」で、各国大使らを招いて行われた。メイ氏は、「EUから英国への移民を抑制する。移民数が多すぎれば、(不満が強まり)国民の支持に支えられた移民制度は崩壊する」と述べた。「EUへの部分的な残留を求めない。新しく対等なパートナーシップを追求する」との考えを示した。


テリーザ・メイ2.PNG



メイ首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国が欧州連合(EU)から離脱する基本方針を示す演説を行った。
移民規制を優先し、英国がEU加盟国と無関税で貿易出来るEU単一市場から完全に離脱する考えを表明した。
「EUから英国への移民を抑制する」これが重要ですね。
ドイツなどEU加盟国は移民政策に失敗していますからね。




参考

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙

メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://jp.reuters.com/article/uk-may-brexit-idJPKBN1502HR
2017年 01月 17日 08:48 JST

[ロンドン 16日 ロイター] - 英テレグラフ紙は16日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉について17日に行う演説で、単一市場と関税同盟からの撤退を表明する見通しだと報じた。

報道によると、離脱交渉で優先する12分野には単一市場からの撤退が含まれる。関税同盟についてはやや曖昧となる可能性があるが、英国が関税同盟の一員でなくなることは明確にする。

首相は演説で「われわれはEU加盟国との間で新規で対等なパートナーシップを求める」と述べる見通しだ。

さらに「加盟の一部を維持したり、準加盟国のようなかたちをとることはない。他の国々が採用しているモデルを求めることもしない。離脱にあたって加盟の一部の維持は考えない」と述べる。

また、国境管理の権限回復をブレグジット戦略の主要テーマの一つにするとみられている。

6月の国民投票で離脱支持派の多くは移民の流入抑制を求めて賛成票を投じたが、EU側は単一市場へのアクセスの条件として人の移動の自由の受け入れを求める姿勢を崩さない公算だ。

メイ首相は、英国が「世界の有能な人材」を引き寄せ、欧州にとどまらず世界中の国々と関係を築く「グローバルな貿易国」となることを望むと述べる見通しだ。

また、EUの繁栄が英国の国益だとし、「英国は今後も信頼できるパートナーであり、協力的な同盟国かつ友好国であり続ける」と表明、「できるだけ自由に取引し、持続的な友好関係を通じて全ての国がより安全となり繁栄するよう協力することを望む」と述べる見通しだ。

*内容を追加しました。


テリーザ・メイ1.PNG



英テレグラフ紙は16日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉について17日に行う演説で、単一市場と関税同盟からの撤退を表明する見通しだと報じた。
首相は演説で「われわれはEU加盟国との間で新規で対等なパートナーシップを求める」と述べる見通し。
単一市場へのアクセスよりも、移民制限や司法権の独立など英国の権限回復を優先する。



メイ英首相、EU単一市場離脱を表明へ 17日に演説
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H2Q_X10C17A1MM0000/
2017/1/17 10:57

【ロンドン=黄田和宏】英国のメイ首相は17日の欧州連合(EU)離脱の基本方針を示す演説で、EU単一市場から完全に離脱する用意があると表明し、12の優先事項を提示する見通しだ。EUと部分的な関係を続けるよりも、明確に離脱した上で、新たな関係を築くことを方針に掲げてEUとの交渉に臨む考え。単一市場へのアクセスよりも、移民制限や司法権の独立など英国の権限回復を優先する。

 英主要メディアが16日、電子版などで演説要旨を一斉に報じた。メイ氏は英国時間17日昼(日本時間同夜)にロンドン市内で演説し、EU離脱の方針を示す予定だ。

 演説では「独立し、自ら統治し、グローバルな英国と、我々の友人で同盟関係にあるEUとの間に、我々は新しく対等なパートナーシップを求める」と述べるとみられる。

 今後のEUとの関係については「部分的なEUへの加盟や準加盟国ではない。つまり、半分残り、半分出るようなことはない」と発言する見通し。

 加盟国の間でモノやサービスなどを自由に取引できるEUの単一市場から離脱する用意があることを明確にするもようだ。

 同盟国の間で関税なしに取引できる関税同盟から脱退するかどうかも焦点で、離脱交渉に向けた英国の立場を明確にする方針だ。

 メイ氏は「すべての過程で可能な限りの確実性と明瞭さを示す」とともに「より強く、より公正にし、よりグローバルな英国を築く」という交渉に向けた4つの理念を掲げる。これに基づき、離脱交渉の12の優先事項を提示する考えで、具体的な内訳を17日の演説で明らかにする見通し。

 優先事項には国境を管理する権限の回復や欧州裁判所の司法権からの独立、自由貿易協定の締結などが含まれるとみられる。




参考

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

パンクロックのお宝7億円分焼く ロンドン・テムズ川で抗議

パンクロックのお宝7億円分焼く ロンドン・テムズ川で抗議
http://this.kiji.is/175414610811699206?c=39546741839462401
2016/11/27 10:2111/27 10:38updated

【ロンドン共同】体制批判が身上だったはずのパンクロックが主流の文化に落ち着いてしまったことに抗議するとして、パンク関連のポスターや衣類など500万ポンド(約7億円)相当の「お宝」を焼却処分するパフォーマンスが26日、ロンドンのテムズ川の船上で行われた。英メディアが伝えた。

 今年は伝説的パンクバンド、セックス・ピストルズのデビューシングル発売40周年で、ロンドンではパンクの歴史を振り返る市長後援の各イベントが開かれている。

 パフォーマンスはこれに対抗し、同バンド生みの親で元マネジャーの故マルコム・マクラーレン氏の息子で実業家のジョー・コー氏が実施した。


パンク関連のポスターや衣類などが焼却処分.PNG



セックス・ピストルズの生みの親で元マネジャーの故マルコム・マクラーレン氏の息子で実業家のジョー・コー氏が実施した。
所有するグッズに火を付け「パンクは懐かしがるものではない」「不要なものを売りつける商業手段になってしまった」と訴えたという。
勿体ないですね。
セックス・ピストルズのお宝など高値が付くでしょう。



Sex Pistols - God Save The Queen
ラベル:英国
posted by hazuki at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

Wire 「154」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
今回も前回に引き続き、英国のバンドのWire(ワイヤー)です。
私は初期のWireが好きです。



Wire(ワイヤー)は、1976年10月にロンドンで結成されたイギリスのバンドです。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)は、1977年11月にリリースされました。
2ndアルバム、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)は、1978年9月にリリースされました。
Wire(ワイヤー)の3rdアルバム、"154"は、1979年の秋にリリースされました。
ちなみに、「154」という数字は、一説によると、それまでに彼らが行ったライヴの回数を表しているらしいです。
同年、1979年の春に、バンドは、Roxy Music(ロキシー・ミュージック)のサポートという形でヨーロッパ・ツアーに出ていましたが、彼らはその時のステージで観客にとって最新アルバムとなる、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)の曲ではなく、次のアルバムとなる、"154"に収録されることになる曲ばかり演奏していたと言います。
また同時期に、この頃から彼らのライヴは急激に前衛的なパフォーマンスの要素を色濃くして行きました。
2ndアルバムどころか、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)の速くて短い曲を期待してコンサートに出掛けて行った客は、さぞかし混乱させられたに違いないと想像しますが、当時のパンク・ロックは、そういう爆発的な進化のスピード感を有無を言わせず納得させる空気をシーン全体が持っていたようです。
但し、そうした現場のムードは別にして、会社側にとって、Wire(ワイヤー)の取る行動が、いささか困ったものであったことも間違いないようです。
結局、"154"は、EMI/ハーヴェストからリリースされた最後の作品となります。
Wire(ワイヤー)は、この時点でバンドとしての表現を極め尽くしたという判断をメンバー自身が下し、解散することになります。
後に再結成するのですが、1976年の結成からたった4年の間に、彼らは、凄まじい勢いで想像力を爆発させ、駆け抜けて行きました。
私は、初期のWire(ワイヤー)の最高傑作が、"154"だと思います。
"I Sould Have Known Better"(アイ・シュッド・ハヴ・ノウン・ベター)や"The 15th"(15日(ジャコバンの暴動))や"Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W"(北緯41度 西経93度)や40 Versions(40 ヴァージョンズ)など魅力のある曲が収録されています。

私、個人的に、"Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W"(北緯41度 西経93度)が大好きです。
この曲を聴く為に、Wire(ワイヤー)の"154"を何度も聴いています。
YouTubeの動画では、ライヴ・ヴァージョンを紹介致しますが、アルバム・ヴァージョンの方が良いと思います。
初期のWire(ワイヤー)は、ライヴも良いので、好みの問題かも知れません。
何だか、Wire(ワイヤー)の"154"に関する記事が、もう一つ書けそうです。
このアルバムに関しては、YouTubeの動画を貼りまくりたい気分なのです。



Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W(Lewis/Newman/Gilbert)

An unseen ruler defines with geometry
An unruleable expanse of geography
An aerial photographer over exposed
To the cartologist's 2d images knows
The areas where the waters flowed.
So petrified the landscape grows
Straining eyes, try to understand
The works, incessantly in hand
The carving and pearing of the land
The quarter square, the graph divides
Beneath the rule, a country hides

Interrupting my train of thought
Line of longitude and latitude
Define and refine my altitude

The curtains undrawn
Harness fitted: no escape
Common and peaceful duck
Flat lowland landscape
Canal cannard, water coloured
Crystal palaces for floral kings
A widespread waving span of wings
Witness the sinking of the sun
A deep breath of submission has begun

Interrupting my train of thought
Lines of longititude and latitude
Define and refine my altitude.

北緯41度 西経93度

見えない定規が幾何学的に定着する
地勢の規定できない広がり
地図製作者の2次元のイメージに
さらされすぎた航空写真家は
川が氾濫する地域を知っている
びっくり仰天させるほど大きくなる風景
目を見張り、理解しようと試みる
この業、絶え間なく手にして
この土地を彫刻し、湾曲させる
4分の1スクエア、グラフが分ける
規定のもと、国は隠れる

一連の考えを中断すると
緯度と経度の線は
ぼくの高度を明確にし細かく区分する

カーテンは引かれぬまま
馬具は合わせられ: 逃げ道なし
ありふれた穏やかな: 身をかわせ
なだらかな低地の風景
運河、あひる、水彩画の具で描かれた
花の王たちのクリスタル・パレス
広げられ波打つつばさ
沈む太陽の目撃者
服従への深呼吸が始まっていた

一連の考えを中断すると
緯度と経度の線は
ぼくの高度を明確にし細かく区分する


メンバー

Colin Newman(コリン・ニューマン)(ヴォーカル)
Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)(ギター)
Graham Lewis(グレハム・ルイス)(ベース)
Robert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)(ドラムス)


Wire "154"
Wire 154.PNG

15th ? WIRE Rockpalast 02/18


map ref 43 degrees N 110 degrees W WIRE 16/18




参考

Wire 「Chairs Missing」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442428575.html

Wire 「Pink Flag」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441600595.html
ラベル:WIRE
posted by hazuki at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ

英、3月末までに離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://this.kiji.is/155266851223289859?c=39546741839462401
2016/10/3 01:08

【バーミンガム共同】英国のメイ首相は2日、中部バーミンガムで開幕した与党、保守党大会で演説、英国の欧州連合(EU)離脱について「来年3月末までに」EUに正式通知し交渉を開始すると明らかにした。年内は交渉入りしないとしてきたメイ氏が時期を明確にするのは初めて。来春にEU関連法撤廃に関する法整備を開始する方針も示した。

 メイ氏が党首として党大会に臨むのは7月の就任後初めて。初日は、6月の国民投票で決定したEU離脱問題がテーマで、ジョンソン外相やデービスEU離脱担当相らも演説。メイ氏は党大会最終日の5日にも演説する。


テリーザ・メイ.PNG



英国のメイ首相は2日、中部バーミンガムで開幕した与党、保守党大会で演説、英国の欧州連合(EU)離脱について「来年3月末までに」EUに正式通知し交渉を開始すると明らかにした。
来春にEU関連法撤廃に関する法整備を開始する方針も示した。



参考

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

Wire 「Chairs Missing」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
今回も前回に引き続き、英国のバンドのWire(ワイヤー)です。
私は初期のWireが好きです。



Wire(ワイヤー)は、1976年10月にロンドンで結成されたイギリスのロックバンドです。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)は、1977年11月にリリースされました。
Wire(ワイヤー)の2ndアルバムとなる、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)は、1978年9月にリリースされました。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)の発売から1年足らずの間に、彼らが恐ろしい勢いで制作能力を成長させて行った様子が、この、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシンシグ)では、手に取るように分かります。
前作、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)では、クレジットが連名だったにも関わらず、実際には、Colin Newman(コリン・ニューマン)が殆どの曲を書いていたらしいですが、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)では、Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)やGraham Lewis(グレハム・ルイス)も大きな割合で作曲業に参加し、本当の意味での共作が増えました。
「"Prastice Makes Perfect"(ブラスティス・メイクス・パーフェクト)が出来て、全く新しい道が開けた。当時の俺達がやろうとしていたことが一応の形になったんだ。」と、Lewis(ルイス)は語っています。
当然のごとく各曲の尺は長くなり、プロデューサーのMike Thorne(マイク・ソーン)の手によるキーボード/シンセサイザーも、ふんだんにフィーチャーされるようになりました。
バンド開始時には、ワン・アイディアで楽曲一つを完結させていたWire(ワイヤー)は、飽くまで、既存のロックのフォーマットからは自由なままで、大きく創造性の翼を広げたのでした。
この年のバンドは、初のUSツアーを敢行、翌年、1979年初頭には、アルバムの中でも、とりわけポップな名曲、"Outdoor Miner"(アウトドア・マイナー)がシングル・カットされて、春には、Roxy Music(ロキシー・ミュージック)に同行する形でヨーロッパ・ツアーにも出ていました。
その間にも、彼らの創作スピードは急加速を続け、先の欧州ツアーでは、すでに次作となる"154"に収録されることになるナンバーが数多く披露されていたそうです。
Wire(ワイヤー)と言えば、「初期のPink Floyd(ピンク・フロイド)を思わせる。」と評されていますが、2ndアルバムの"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)こそ、初期のPink Floyd(ピンク・フロイド)を彷彿させるアルバムかと思います。
アヴァンギャルドなサウンドから、何処かメランコリックなサウンドまで、収録されています。
前作の"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)に比べると、詩の持つ意味が重く感じます。



メンバー

Colin Newman(コリン・ニューマン)(ヴォーカル)
Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)(ギター)
Graham Lewis(グレハム・ルイス)(ベース)
Robert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)(ドラムス)

サポートメンバー

Mike Thorne(マイク・ソーン)(キーボード、シンセサイザー)
Kate Lukas(ケイト・ルーカス)(フルート)


Wire "Chairs Missing"
Wire Chairs Missing.PNG


WIRE -PRACTICE MAKES PERFECT


Wire: Outdoor Miner




参考

Wire 「Pink Flag」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441600595.html
ラベル:WIRE
posted by hazuki at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

Wire 「Pink Flag」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
今回は、英国のバンドのWire(ワイヤー)です。
私は初期のWireが好きです。



Wire(ワイヤー)は、1976年10月にロンドンで結成されたイギリスのロックバンドです。
「ロックでなければ何でもよい」と発言したWire(ワイヤー)の1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)は、1977年11月にリリースされました。
Wire(ワイヤー)のメンバーは、ヴォーカルの Colin Newman(コリン・ニューマン)、ギターのBruce Gilbert(ブルース・ギルバート)、ベースのGraham Lewis(グレハム・ルイス)、ドラムスのRobert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)の4人ですが、ジョージ・ジルという、もう1人のギタリストが在籍していました。
結成当初、Wire(ワイヤー)のメンバーは、初めて楽器に触るようなド素人だったというエピソードがあります。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)には、長くても3分台、下手したら、1分に満たない短い楽曲ばかりが収録されています。
しかし、これぞ、Wire(ワイヤー)の1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)です。
後続の多くのアーティストに影響を与えました。



メンバー

Colin Newman(コリン・ニューマン)(ヴォーカル)
Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)(ギター)
Graham Lewis(グレハム・ルイス)(ベース)
Robert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)(ドラムス)



PINK FLAG(B.Gilbert/G.Lewis/C.Newman/R.Gotobed)

I was sold up the river, to the red slave trade, the stores were gathered, the plans were laid,
synchronised watches, at 18:05, how many dead or alive, in 1955.
The pink flag was screaming, bugle boys sucked and blew, no time for
confessions, orders given, books were cooked, on the 4th of the 3rd, how many
seen or heard, on the 12th of the 3rd, how many dead or alive.



俺は売りさばかれた、赤い奴隷商人が、店に集まっていた、計画がたてられた、同時刻に合わせられた時計、18時5分に、何人死んで生きているのか、1955年には、ピンク・フラッグは叫んでいる、ラッパ吹きの少年は息を吸って吹いた、ざんげの時間はない、命令は下された、3月4日、何人が見たのか聞いたのか、3月12日、何人死んで生きているのか。

Wire "Pink Flag"
Wire Pink Flag.PNG


Wire - Pink Flag (live)

https://www.youtube.com/watch?v=5SpKDHy2KVw

Wire- 1 2 X U

https://www.youtube.com/watch?v=FdNS4g8vOnc
ラベル:WIRE
posted by hazuki at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

Quando Quango 「Pigs & Battleships」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
先日、記事を書いたA Certain Ratio(ア・サーティン・レイシオ)の関連バンドです。
アルバムに関しては1枚しか出してないバンドなので、恐らく、この記事が最初で最後になると思います。
英語を翻訳しながら書いた記事なので、日本語が少し変ですけどね。
日本語でOKって感じですが、まあいいか。



Quando Quango(クアンド・クアンゴ)は、イギリス、マンチェスターをベースに、The Hacienda DJ(ハシエンダDJ)とFactory Records(ファクトリー・レコード)のA&Rマン、Mike Picikering(マイク・ピカリング)によって結成されたニューウェイヴとダンス・プロジェクトのバンドです。
彼らのユニークなサウンドは、1980年代にニューヨークとシカゴのアンダーグラウンド・ミュージック・シーンに影響を及ぼしました。
Quando Quago(クアンド・クアンゴ)の初めてのリリースは、1982年に、Factory Records(ファクトリー・レコード)から"Go Exciting"という12インチのシングルでした。
また、1985年に、最後のリリースとなる、フル・レングス・アルバム、"Pigs & Battleships"を同じく、Factory Records(ファクトリー・レコード)からリリースしました。
このアルバムは、2003年に、CDで再発されました。
グループは、1980年、オランダのロッテルダムで、Mancunian Mike Pickering、ロッテルダムをベースとしている、Gonnie Rietveld、彼の兄弟である、Reinier Rietveldをドラムで結成しました。
1982年、彼らは、イギリスのマンチェスターに移動し、Pickeringの友人のRob Grettonが、The Hacienda nightclub(ハシエンダ・ナイトクラブ)をセットアップしました。
1983年、Reinier Rietveldが彼のバンド、Spansmodiqueに専念する為に、グループを去りました。
すぐに、A Certain Ratio(ア・サーティン・レイシオ)のシンガー、トラッペッター、パーカッショニストのSimon Topping(サイモン・トッピング)がパーカショニストとして加入しました。
Gonnie Rietveldは、彼女のプログラミングの役割として、彼らの電子音楽と歌詞とメロディを書き続けました。
同年、1983年、Derek Johnsonが、Factory(ファクトリー)アクトにベースとして参加。
すぐに、彼の兄弟、Barry Johnsonがスイッチしました。
マイナーなダンス・クラブ・ヒットだった、いくつかのシングルをリリースした後に、グループは、Johnny Marr(ジョニー・マー)とコラボレーションして、Vini Reillyが、フル・レングス・アルバム、
"Pig & Battleships"を創り上げました。
A Certain Ratio(ア・サーティン・レイシオ)のAndy Connell(アンディ・コーネル)と 52nd StreetのBeverley McDonaldは、寄与しました。
グループは、アルバムのリリース後、長く続きませんでしたが、彼らの解散の前に、有名な
ゲストとレコーディングしました。
Lisa Stansfieldは、1986年に、"What Price Beauty"のデモ及び、"Vision of America"を歌いました。
("What Price Beauty"は、後に、M Peopleの"Kiss It Better"に収録されました。)
グループの解散後、Pickeringは、Topping(トッピング)と共に、T-Coyというダンス・デュオを始め、後に、M Peopleを結成しました。
Rietveldのコネクションで、The Hacienda(ハシエンダ)は続きました。



メンバー

Barry Johnson(ベース、リズム・ギター)
Vini Reilly(ギター)
Andy Connell(アンディ・コーネル)(キーボード)
Gonnie Rietvwls(キーボード、ヴォーカル)
Simon Topping(サイモン・トッピング)(パーカッション、ヴォーカル)
Mikw Pickering(サックス、ヴォーカル)
A Team(トロンボーン)
Becwely McDonald(ヴォーカル)

参加ミュージシャン

Donald Johnson(ドナルド・ジョンスン)
Johnny Marr(ジョニー・マー)
Beverley MacDonald
Reinier Rielveld


Quando Quango "Pigs & Battleships"

Quando Quango Pigs + Battleships.PNG


Quando Quango - Genius

https://www.youtube.com/watch?v=Ckrxc2ApRPE

QUANDO QUANGO - LOVE TEMPO

https://www.youtube.com/watch?v=xGil0GvMWUo



関連

A Certain Ratio 「Early」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440959428.html
ラベル:Quando Quango
posted by hazuki at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

「スターウォーズ」R2-D2役の俳優・ケニー・ベイカー氏が逝去 享年81歳

「スターウォーズ」R2-D2役の俳優・ケニー・ベイカー氏が逝去 享年81歳

「スターウォーズ」R2−D2役の俳優が死去
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160814/k10010635441000.html?utm_int=news_contents_news-main_006
8月14日 13時39分

世界的な人気を集める映画シリーズ「スター・ウォーズ」で、ロボットの「R2ーD2」役を務めたイギリス人の俳優ケニー・ベイカーさんが亡くなりました。81歳でした。

イギリスの公共放送BBCなどによりますと、バーミンガム生まれのケニー・ベイカーさんは、幼い頃、小人症と診断され、16歳の時からサーカスでパントマイムなどをしていました。
映画「スター・ウォーズ」には、1977年に公開された第1作目から出演し、1メートル12センチの小柄な体を生かして、ジェダイの騎士の活躍を支えるロボット「R2−D2」の中に入ってコミカルな動きを演じ、一躍有名になりました。
「スター・ウォーズ」には、2005年まで合わせて6つの作品に出演しましたが、ここ数年は呼吸器系の病気を患い、13日、ベイカーさんが自宅で亡くなっているのを親族が見つけたということです。
「スター・ウォーズ」の監督を務めたジョージ・ルーカスさんは、ベイカーさんの訃報を受け、「困難な状況下でいつも懸命に役を務め、本当に紳士的な人だった。いつも人を笑わせる芸人で、R2−D2の心と魂を持ち、彼を知る世界中の人たちに惜しまれるだろう」と話したということです。


ケニー・ベイカー.PNG



世界的な人気を集める映画シリーズ「スター・ウォーズ」で、ロボットの「R2ーD2」役を務めたイギリス人の俳優ケニー・ベイカーさんが亡くなりました。
ご冥福をお祈り致します。
posted by hazuki at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

英原発建設参加の中国国営企業「中国広核集団」が20年間スパイ行為 米国での起訴が判明 英紙「さらに懸念高まる」と警告

英原発建設参加の中国国営企業「中国広核集団」が20年間スパイ行為 米国での起訴が判明 英紙「さらに懸念高まる」と警告
http://www.sankei.com/world/news/160812/wor1608120048-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/160812/wor1608120048-n2.html
2016.8.12 20:47

【ロンドン=岡部伸】英国のキャメロン前政権が推進した英南西部、ヒンクリーポイントの原発計画に出資する中国国有の原発大手「中国広核集団」が、米国の原発施設で過去20年間、原子力の先端技術に関する企業秘密を盗むスパイ行為を行い、米司法当局から起訴されていたことが明らかになった。英タイムズ紙などが報じたもので、安全保障の観点から中国の原発投資への懸念がさらに高まりそうだ。

 米司法省の起訴状によると、4月にスパイ行為で起訴されたのは「中国広核集団」と、同社の中国生まれの米国人技術者、アレン・ホー被告(66)。

 被告は同社の指示で、核燃料物質の生産に詳しい米国の原子力専門家6人に接触して協力を得る活動を行った。その際、「中国独自の核燃料物質生産システムをつくる」として、「研究過程を省きたい。予算は潤沢にある」と伝えていた。同社も核燃料物質を許可なく米国外に持ち出し、開発・生産したとされる。

 同社は1997年から米連邦捜査局(FBI)と司法省の国家安全保障部門が捜査しており、タイムズ紙は、中国が米国の原発から盗んだ核技術で英国に原発施設を建設する可能性が高まったと指摘。約180億ポンド(約2兆3870億円)の建設費の3分の1を中国側が出資する原発計画への懸念が広がると警告した。

計画を主導するフランス電力(EDF)は建設を承認したが、メイ英政権は「慎重に検討する」として9月まで最終承認を延期。対中蜜月関係見直しの観測も出る一方、タイムズ紙は、中国側は総額400億ポンド合意済みの対英投資を中止する−と脅しをかけたとしている。

 「中国広核集団」は中国国務院国有資産監督管理委員会下の原子力企業。

 ロンドン大学ユニバーシティーカレッジのエネルギー研究所のポール・ドフマン所長は、「英国の原子力施設に中国を関与させれば、大きな懸念が生じることは明らかで、問題となる」と指摘している。


英南西部ヒンクリーポイントの原子力発電所.PNG



中国国営企業「中国広核集団」の米国原発施設でのスパイ行為が発覚した。
過去20年間にわたるスパイ行為で、米司法当局から起訴されている。
英紙は中国が盗んだ技術で英国に原発施設を建設する可能性が高まったと指摘。
日本から盗んだ技術で高速鉄道受注。
米国から盗んだ技術で原発受注。
流石、中国です。
英国は、原発の技術を持っていなかったのかしら。
ラベル:英国
posted by hazuki at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

A Certain Ratio 「Early」

今日は初めての「山の日」です。
夏休みモードなので、私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
残暑が厳しい、この時期に英国のバンド、A Certain Ratioは如何ですか?
アルバムやシングルなどの続編は書きません。
A Certain Ratioに関しては、恐らく、この記事のみとなります。
「A Certain Ratio」でタグを切っていますが、記事を探すだけ無駄ですよ。



A Certain Ration(ア・サーティン・レイシオ)は、1977年に、イギリスのマンチェスターで結成されたポスト・パンク・バンドです。
彼らの音楽は、ファンクとダンスを加えたものです。
A Certain Ratio(ア・サーティン・レイシオ)は、時々、「ポスト・パンク・ファンク」と呼ばれます。
バンド名は、Brian Eno(ブライアン・イーノ)の曲、"The True Wheel"の歌詞から取っています。
Brian Eno(ブライアン・イーノ)の"The True Wheel"は、1974年にリリースされたアルバム、"Taking Tier Mountain"に収録されています。
グループは、オリジナルメンバーのMartin Moscrop(マーティン・モスクロップ)(ギター、トランペット)とJez Kerr(ジェズ・カー)(ベース、ヴォーカル)から成ります。
Donald Johnson(ドナルド・ジョンスン)(ドラムス、ヴォーカル)が、加わりました。
また、後に、Quando Quangoに加わることになる、Simon Topping(サイモン・トッピング)(ヴォーカル)とPeter Terrell(ピーター・ティレル)(ギター)、後にSwing Out Sister(スウィング・アウト・シスター)に加わることになる、Andy Connell(アンディ・コーネル)(キーボード)もメンバーに加わりました。
A Certain Ratio(ア・サーティン・レイシオ)は、1979年に、Factory Records(ファクトリーレコード)と契約しました。
Joy Division(ジョイ・ディヴィジョン)のレーベルメイトとなった訳です。
1980年に、"The Graveyard And The Ballroom"(グレイヴヤード・アンド・ザ・ボールルーム)をカセットのみでリリースしました。
1981年に、1stアルバム、"To Each..."(トゥー・イーチ)で、デビューしました。
2004年に、Soul Jazz Recordsからリリースされた、"Early"は、"The Garaveyard And The Ballroom"(グレイヴヤード・アンド・ザ・ボールルーム)に収録されていた曲を含む傑作のコンピレーションアルバムです。
シングルのみでの発売だった初期の名シングルの数々をディスク1に収めています。
更に、John Peel Session(ジョン・ピール・セッション)のレア音源やカセットのみのリリースだったものなど、数々の音源が発掘されています。
John Peel Session(ジョン・ピール・セッション)やレア音源をディスク2に収めています。



当時のメンバー

Simon Topping(サイモン・トッピング)(ヴォーカル)
Martin Moscrop(マーティン・モスクロップ)(ギター、トランペット)
Jez Kerr(ジェズ・カー)(ベース、ヴォーカル)
Peter Terrell(ピーター・ティレル)(ギター)
Andy Connell(アンディ・コーネル)(キーボード)
Donald Johnson(ドナルド・ジョンスン)(ドラムス、ヴォーカル)



A Certain Ratio "Early"
A Certain Ratio Early.PNG


A Certain Ratio: Shack Up

https://www.youtube.com/watch?v=H-vgmjzjkLc
ラベル:A Certain Ratio
posted by hazuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

EU離脱派の英独立党党首が辞任を表明「目標を達成した」

EU離脱派の英独立党党首が辞任を表明「目標を達成した」

英離脱派の急先鋒、独立党党首が予想外の辞任表明
http://jp.reuters.com/article/nigel-farage-independence-idJPKCN0ZK0TZ
2016年 07月 5日 14:35 JST

[ロンドン 4日 ロイター] - 英独立党(UKIP)のファラージ党首は4日、英国の欧州連合(EU)離脱が決定したことを受けて、政治家としての目標を達成したと述べ、独立党の党首を辞任する考えを明らかにした。

ファラージ氏の辞任表明は、反EU活動家として最も急先鋒の1人が、英国のEU離脱方法をめぐる議論の表舞台から去ることを意味する。

同時に、昨年の総選挙で12.6%の得票を得ながら、勝者総取りの選挙制度により、わずか1議席しか持たない独立党は、より中立的な党首を選出し、激変した政治環境において主流派に対抗する機会を得ることになる。

ファラージ氏は「私は政治家を職業にしたことも、したいと考えたこともない。政治の世界に身を置いているのは英国をEUから離脱させるためだ」と説明。その上で「従って今独立党の党首を退くことが正しいと思っている」と語った。

また、「国民投票でのキャンペーン活動中、私は『自分の国を返してほしい』と呼びかけた。今日は『私の人生を返してほしい』と言いたい」と、元コモディティー・トレーダーの同氏は述べた。

EU離脱が決まった6月23日の国民投票以降、主要政党2党はすでに混乱に陥っている。与党・保守党はキャメロン首相の辞意を受けて党首選を行う見通しだが、有力後継候補と見られていた離脱派の中心的存在だったジョンソン前ロンドン市長は出馬しないと表明し、支持者らを驚かせた。

一方、最大野党・労働党は、コービン党首に対する不信任動議を可決。コービン氏は今のところ辞任を拒否しているが、同党のイーグル元年金相は、新たな党首を目指すのに必要な支援を得たとしている。

*写真と内容を追加します。


ファラージ党首.PNG



英独立党のファラージ党首は4日、党首を辞任する考えを明らかにした。
EU離脱が決定したことを受けて、政治家としての目標を達成したと説明。
「政治の世界に身を置いているのは英国をEUから離脱させるためだ」と述べた。




参考

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
ラベル:英国
posted by hazuki at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

見捨てられる?英領ジブラルタル=EU離脱でスペイン国境封鎖か

見捨てられる?英領ジブラルタル=EU離脱でスペイン国境封鎖か

見捨てられる?英領ジブラルタル=EU離脱でスペイン国境封鎖か
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070400468&g=int

【マドリード、ロンドンAFP=時事】6月の英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まり、イベリア半島南端の英領ジブラルタルが、英本土から切り捨てられかねないと焦りを強めている。「ジブラルタル返還」は300年に及ぶスペインの悲願。今はEUの仲裁でスペインは手荒なまねを控えているが、EU離脱ならすぐ国境を封鎖しジブラルタルを兵糧攻めにすると危惧されている。
 ジブラルタルは、18世紀のスペイン継承戦争を受けた1713年のユトレヒト条約で英国に割譲された、地中海の入り口を見張る要衝。人口は約3万3000人で、6月23日の国民投票では95.9%が「EU残留」に票を投じた。
 英国民投票の翌24日、スペイン政府からは早速、ジブラルタルについて「一定期間の英スペイン共同主権というのはどうだろうか。一定期間終了後のジブラルタル返還でスペインは構わない」と提案が発せられた。
英政府はすぐ声明を出し「ジブラルタル市民が意に反し他国の主権下に入るような合意を絶対に結ぶことはない」と反論した。

ジブラルタルのピカード主席閣僚(首相)も「無駄口をたたきたければ見当違いの騒音を立てさせておくだけだ。絶対にスペインの一部にはならない」と対決姿勢は鮮明だ。ただ、国境を封鎖されれば、外界との往来は航空機や船に頼らざるを得ない。これまでもスペインと対立するたびに国境は封鎖されたが、英本土の支援とEUの仲介で乗り切ってきた。(2016/07/04-14:36)


英領ジブラルタル.PNG



6月の英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まり、イベリア半島南端の英領ジブラルタルが、英本土から切り捨てられかねないと焦りを強めている。
ジブラルタルは、6月23日の国民投票では95.9%が「EU残留」に票を投じた。




参考

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
ラベル:ジブラルタル
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

キャメロン首相、国民投票やり直しを却下 保守党党首選は9月2日実施へ

キャメロン首相、国民投票やり直しを却下 保守党党首選は9月2日実施へ

英首相、国民投票やり直しを却下−保守党党首選は9月2日実施へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-27/O9FCTY6KLVRH01
2016年6月27日 19:32 JST

キャメロン英首相は欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票のやり直しを求める声をはねつけ、離脱への準備を進めるための部署を設置した。先週の国民投票で離脱が選ばれたことが世界を驚かせ、市場は動揺している。

  ポンドは27日も下げ、1985年以来の安値を付けた。国民投票結果後の週末に英政権は司令塔を欠いた様相となり、スコットランド自治政府では独立を問う住民投票再実施の可能性が浮上した。

  また与党保守党はキャメロン首相辞任に伴う党首選の日程を早め、ほぼ1カ月前倒しし9月2日に実施すると発表した。

分裂した英政府のメンバーらは27日、離脱の影響を乗り切ることは可能だと投資家の不安払拭(ふっしょく)に努めた。オズボーン財務相は27日市場の取引開始前に沈黙を破り、英経済の「不可避の調整」を最小限にとどめる「政府の決意を過小評価すべきでない」と言明した。離脱を支持し次期首相の有力候補に浮上したジョンソン前ロンドン市長は「ネガティブな結果ばかりが言いはやされ、プラス面が無視されている」と述べた。

  だが政治家らの発言は英国とEUの新たな関係や、離脱が与える経済への打撃がどの程度になるのか明瞭にしなかった。ドイツのメルケル首相らEU加盟国の首脳は危機対応をめぐる一連の対話を開始する。同首相は27日、英国がプロセスを開始することを呼び掛け「引き延ばし」は双方にとってよくないと述べた。

  英内閣府に新たに設けられた部署は財務省と外務省当局者で構成し、英国が1973年に加盟したEUからの離脱に向けた準備作業を開始する。国民投票のやり直しについては「全く議論の対象ですらない」とバウワー首相報道官が閣議後にロンドンで記者団に述べた。国民投票については、再実施を求める署名を集めた嘆願書が提出されていた。

  英下院は250万人以上の署名を集めた嘆願書に関し、不正の疑いを調査しているとBBC放送が報じた。

  英国に対してどのような姿勢で離脱交渉に臨むか、縮小するEUへの信頼をどうやって維持するかなど、EU側も課題山積だ。

  キャメロン首相は27日英議会で演説し、EU離脱とそれに伴う調整は「平穏な航海」にはならないが、「英国は強い立場で未来に立ち向かう用意がある」と宣言した。

  メルケル独首相は同日、英国はEUとの将来の関係について交渉を開始する前に離脱を正式に申請しなければならないと言明。ただ、離脱手続きを開始するリスボン条約50条を英政府が発動するまでには時間が必要だろうと、一定の理解を示した。

  ケリー米国務長官はブリュッセルに到着。その後ロンドンに移動し、状況把握に努める。

  メイ英内相とともに次期首相候補と目されるジョンソン前ロンドン市長は、デーリー・テレグラフ紙への寄稿で、「手を差し伸べ合って傷を癒やしていかなければならない。幻滅と喪失感、動揺を感じている人がいるのは明らかだが、架け橋を築いていかなければならない」と残留に投票した有権者に訴えた。

原題:Cameron Rejects Repeat Brexit Vote as U.K. Bank Stocks Plummet(抜粋)


キャメロン1.PNG



キャメロン英首相は欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票のやり直しを求める声をはねつけ、離脱への準備を進める為の部署を設置した。
先週の国民投票で離脱が選ばれたことが世界を驚かせ、市場は動揺している。
与党保守党はキャメロン首相辞任に伴う党首選の日程を早め、ほぼ1カ月前倒しし9月2日に実施すると発表した。
やり直しネット署名は当てになりませんからね。
キャメロンが辞任すると言っていますし、当然の流れですね。




参考

キャメロン首相辞任へ EU離脱で混乱、引責
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439366337.html
ラベル:キャメロン
posted by hazuki at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【画像】EU離脱派のイギリス人の日本人に向けたコメントが秀逸だと話題に「例えば...」(正義の見方より転載)

【画像】EU離脱派のイギリス人の日本人に向けたコメントが秀逸だと話題に「例えば...」(正義の見方より転載)
http://www.honmotakeshi.com/archives/48943333.html
2016年06月26日20:28

93 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:51:34.21
どうかんがえてもこれ


EU離脱派の意見.PNG

納得するわ



132 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:55:21.31
>>93

ワロタ

143 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:57:00.73
>>93

www

すげーわこの人w



127 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:54:37.97
>>93

まさに正論w



137 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:56:01.37
>>93

頭良い人やわw



154 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:58:29.38
>>93

解りやすいw



159 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:59:06.85
>>93

すごい説得力だwwww



164 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 17:59:53.91
>>93

嫌過ぎるw



427 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:20:38.93
>>93
長野笑い過ぎ



199 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:02:30.16
>>93

何この人天才w



200 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:02:35.75
>>93
EUやるなら加盟国内の国境も無くし1つの国1つの政府にする覚悟でやらないとな、
アメリカみたいにEU合衆国イギリス州とか。



206 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:02:55.38
>>93

日本の事情通かw



208 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:03:30.05
>>93
デスヨネーw



212 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:04:03.43
>>93
納得した
超納得した



213 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:04:06.27
>>93
すげー分かりやすいw



230 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:05:31.24
>>93
韓国の首都知ってるとか博識だな



231 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:05:32.22
>>93

何も言い返せねぇwww
ちくしょうwww



239 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:05:49.68
>>93

で、中国人や韓国人を始め様々なアジアの国の人たちが
日本じゃ経験したことのない規模で毎年移民としてやってくるため
日本人の雇用に支障が出ていると


嫌だよ、誰だってそんなの



247 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:06:42.07
>>93

このおっさんホントにこんなことを言ったのかw



254 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:07:02.47
>>93
つまりドイツ人が嫌いということか



267 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:07:58.06
>>93
そもそも国会も最高裁も各国で持ってるから、その例えおかしくね?



274 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:08:49.07
>>267
EUの機関の方が各国の機関よりも権限が強いからなあ



332 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:13:53.08
>>267
EUの最高裁(欧州司法裁判所)は加盟国の国内法を無効と宣言できる権限を持ってるんだが・・・



377 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:16:59.86
>>332
で、実際無効にした例あったの?



491 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:26:35.28
>>377
ドイツのいわゆるVW法を違法とした判決があってだな



415 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:19:47.65
>>93
EUをまったく理解していないなw
どうやら英国の大衆はEUを理解していない人達に扇動されてしまったようだ



344 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:14:52.40
>>93
これは極端だけど
実際のところ非常に分かりやすい例えではあるね



372 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:16:50.69
>>344
イギリス流のレトリックというかなんというか
正しいかどうかはともかくとして分かった気分になるよね

この技術を持ってる限り彼らはまだまだやっていけると思う



423 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:20:28.09
>>344
極端か?
欧州議会はフランスにあるし
欧州司法裁判所はルクセンブルクにあるけどな
そしてその権限はイギリスの議会・裁判所の判断を覆す事ができる



466 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:24:15.26
>>423
行政府はブリュッセルにあって中央集権を強化しているしね。
理解していないのは>>415とかの方じゃないか?



588 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:36:43.98
>>93
クッソワロタwwwwwこの表情よwwwwwナイスジョークwwwww



804 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 19:00:21.97
EUって単なる経済共同体じゃなく連邦国家に近いからな
法律も自国の国内法よりEU法のが優先されるから
>>93もあながち極端とは言えない



813 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 19:01:07.27
>>93
いやすぎるwwwwwwwww



945 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 19:17:39.08
>>93

「日本の最高裁がソウルにあり、国会が中国にあったら嫌でしょう」

正論すぎワロタwwwwwwwwwwww



963 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 19:19:25.63
>>945
今のEUはその状態だからな
ギリシャは金がない(紙幣不足)で破産しかけたよな
国内で金を刷れないから破産しかけたんだぜ
もう植民地と同じだわ



973 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 19:21:17.85
>>963
最初からそんなレベルだから怖いよね

 EU = イギリスやドイツ等を植民地支配する宗主国思想

こうだものね現実は



225 :名無しさん@1周年 :2016/06/26(日) 18:04:53.21
>>93

すげえ説得力だなwwww



http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1466930119/




「日本の最高裁がソウルにあり、国会が中国にあったら嫌でしょう」
凄い説得力です。
納得します。
しかし、本当にこんなことを言ったのでしょうか。
謎です。
ラベル:英国
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[英EU離脱] スコットランド、独立へ投票準備

[英EU離脱] スコットランド、独立へ投票準備

<英EU離脱>スコットランド、独立へ投票準備
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000003-mai-eurp
毎日新聞 6月26日(日)0時51分配信

【ロンドン矢野純一】英北部スコットランド自治政府のスタージョン首相は25日、中心都市エディンバラで演説し「英国からの独立を求める住民投票の実施に向けた手続きを進める」と話した。スコットランドでは2014年にも独立を求める住民投票が行われたが、否決されている。

 スタージョン氏は、独立に向けた準備段階として、財政、法律、外交の専門家で構成する専門家委員会を設置することを明らかにするとともに「2週間以内に、EU各国の外交官を集めて会議を開く」と話した。

 23日に行われた国民投票で、スコットランドでは62%が残留を支持。スタージョン氏は国民投票前に、離脱派が勝利した場合、独立を求める2度目の住民投票の実施を示唆していた。


スタージョン行政府首相.PNG



英北部スコットランド自治政府のスタージョン首相は25日、中心都市エディンバラで演説し「英国からの独立を求める住民投票の実施に向けた手続きを進める」と話した。
スコットランドでは2014年にも独立を求める住民投票が行われたが、否決されている。
これで否決されたらスコットランドは永遠にイギリス領土でしょう。
たった2年で2回目の投票は無茶過ぎます。




参考

スコットランド首相、英から独立示唆 EU残留望む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439366704.html
posted by hazuki at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする