2020年05月05日

医師団、「ジョンソン首相死去」の発表準備 集中治療室に入院時 英紙

医師団、「ジョンソン首相死去」の発表準備 集中治療室に入院時 英紙

医師団、「ジョンソン首相死去」の発表準備 集中治療室に入院時―英紙
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050300094&g=int
2020年05月03日11時42分

【ロンドンAFP時事】ジョンソン英首相(55)は、新型コロナウイルスで集中治療室(ICU)に入院中、医師団が首相死去発表の準備をしていていたと明らかにした。3日付の英日曜紙サン・オン・サンデーのインタビューで語った。

 入院中を振り返った首相は「『(ソ連の独裁者)スターリンの死』式のシナリオで戦略が練られていた」と指摘。「緊急時の計画があるなと気づいた。悪化したらどうするか、医師団はあらゆることを考えるものだ」と語った。


英国のジョンソン首相・回復.PNG



ジョンソン英首相(55)は、新型コロナウイルスで集中治療室(ICU)に入院中、医師団が首相死去発表の準備をしていていたと明らかにした。
3日付の英日曜紙サン・オン・サンデーのインタビューで語った。
大変だったのですね。
回復して良かったです。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。




関連

英・ジョンソン首相、病状悪化ICUへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474445569.html
posted by hazuki at 22:35| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

英・ジョンソン首相、病状悪化ICUへ

英・ジョンソン首相、病状悪化ICUへ

英・ジョンソン首相、病状悪化ICUへ
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3949949.html
3時間前

 新型コロナウイルスに感染して入院していたイギリスのジョンソン首相が集中治療室に移されました。ジョンソン首相が入院している病院前から報告です。

 イギリス首相官邸の報道官の談話によれば、ジョンソン首相は6日午後、病状が悪化したため、日本時間午前3時ごろ、集中治療室に移されました。ジョンソン首相は意識はあり、集中治療室に入ったのは今後、人工呼吸器を使用する必要が出た場合に備えた措置だということです。

 ジョンソン首相は先月26日、熱と咳があったことから新型コロナウイルスの検査を受け、陽性でした。その後、自主隔離しながら執務をしていましたが、10日経っても熱が下がらなかったため、5日夜、検査のため入院したと発表されていました。

 ジョンソン首相はラーブ外相に、必要に応じて代行を務めるよう命じましたが、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮をとってきた首相だけに、イギリス政府は揺れています。


ジョンソン首相・コロナ・ICUへ.PNG



新型コロナウイルスに感染して入院していたイギリスのジョンソン首相。
ジョンソン首相は6日午後、病状が悪化した為、日本時間午前3時ごろ、集中治療室に移された。
ジョンソン首相は意識はあり、集中治療室に入ったのは今後、人工呼吸器を使用する必要が出た場合に備えた措置だということです。
回復をお祈り致します。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
posted by hazuki at 08:28| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

元英首相が「世界政府」を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応

元英首相が「世界政府」を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700231&g=int
2020年03月27日06時04分

 【ロンドン時事】英国のブラウン元首相は世界の主要国の指導者に対し、一時的に「世界政府」を設立するよう呼び掛けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療・経済両面での危機に対応するためだという。英紙ガーディアンが26日に報じた。

 報道によると、ブラウン氏は「これは一つの国で対応できる問題ではない。協調した世界的な対応が必要だ」と指摘。まずは医療で緊急対応が必要だとしながらも「医療に介入すればするほど、経済を危機にさらすことになる」と述べた。
 その上で、強い権限を持つ世界的な「タスクフォース(特別作業班)」をつくり、ワクチンの共同開発のほか、中央銀行による金融緩和や政府による財政出動での協調、新興国からの資本流出の阻止などに取り組むよう求めた。


英国のブラウン元首相.PNG



英国のブラウン元首相は世界の主要国の指導者に対し、一時的に「世界政府」を設立するよう呼び掛けた。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療・経済両面での危機に対応するためだという。
英紙ガーディアンが26日に報じた。
世界政府など必要ない。

Gordon Brown calls for global government to tackle coronavirus
https://www.theguardian.com/politics/2020/mar/26/gordon-brown-calls-for-global-government-to-tackle-coronavirus?CMP=share_btn_tw

ガーディアンの報道です。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
posted by hazuki at 22:12| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

英首相 ベーシック・インカム検討の考え 感染拡大の景気対策で

英首相 ベーシック・インカム検討の考え 感染拡大の景気対策で

英首相 ベーシック・インカム検討の考え 感染拡大の景気対策で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200319/k10012338941000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004
2020年3月19日 2時10分

イギリスのジョンソン首相は18日、国が無条件で国民に一定額を支給し、最低限の所得を保障する「ユニバーサル・ベーシック・インカム」を導入する可能性を議会で問われたのに対し、「それは考慮すべきアイデアのひとつだ」と述べて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた景気対策として検討する考えを示しました。

イギリス政府はすでに打ち出している、休業した人に手当を支給することなどを盛り込んだ総額4兆円規模の予算措置に加え、17日には企業の資金繰りを支援するため42兆円規模の融資の保証枠を設けるなどの対策を発表していますが、市民や企業の間で先行きへの懸念は根強いままです。


英国のジョンソン首相.PNG



イギリスのジョンソン首相は18日、国が無条件で国民に一定額を支給し、最低限の所得を保障する「ユニバーサル・ベーシック・インカム」を導入する可能性を議会で問われたのに対し、「それは考慮すべきアイデアのひとつだ」と述べて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた景気対策として検討する考えを示した。
コロナ対策で一時的にということのようです。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
posted by hazuki at 01:02| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

英、デジタル課税を導入 4月から、米から反発も

英、デジタル課税を導入 4月から、米から反発も

英、デジタル課税を導入 4月から、米から反発も
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200312/mca2003120740004-n1.htm
2020.3.12 07:40

 英政府は11日、2020年度予算案を発表し、巨大IT企業による過度の節税を防ぐデジタル課税を4月1日から予定通り導入することを明らかにした。国際ルールができるまでの暫定措置としているが、IT大手を多数抱え、デジタル課税導入を批判してきた米国の反発は避けられそうにない。

 英国で導入されるのは「デジタルサービス税」。国内の消費者が検索エンジンやインターネット通販を利用した際の売上高を対象とし、税率は2%としている。すでに導入計画は公表していた。

 デジタル課税を巡っては、経済協力開発機構(OECD)などでルールづくりが進んでいる一方、欧州などでは独自に制度を導入する動きも出ている。

 英国は欧州連合(EU)離脱後の通商政策の柱として米国との貿易協定締結を掲げているが、デジタル課税導入で米国との間に摩擦が生じ、交渉が難航する可能性もある。(共同)


ジョンソン首相・英国.PNG



英政府は11日、2020年度予算案を発表し、巨大IT企業による過度の節税を防ぐデジタル課税を4月1日から予定通り導入することを明らかにした。
国際ルールが出来るまでの暫定措置としているが、IT大手を多数抱え、デジタル課税導入を批判して来た米国の反発は避けられそうにない。
英国で導入されるのは「デジタルサービス税」。




関連

米、デジタル税中止を訴え 国際ルール合意に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472028619.html
ラベル:英国
posted by hazuki at 09:21| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

英、BBC受信料の廃止検討 課金制に移行、政府改革案

英、BBC受信料の廃止検討 課金制に移行、政府改革案

英、BBC受信料の廃止検討 課金制に移行、政府改革案
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021600343&g=int
2020年02月17日07時10分

 【ロンドン時事】英政府が公共放送BBCの受信料制度を廃止し、視聴する分だけお金を支払う課金制に移行させる方向で検討していることが明らかになった。16日付の英日曜紙サンデー・タイムズが報じた。世界の公共放送のモデルとなったBBCをめぐる動きは、日本でのNHK受信料の議論にも影響を与えそうだ。

 同紙によると、政府のBBC改革案では受信料廃止のほか、現在61局あるラジオ局の大半を削減し、現在10チャンネルあるテレビの全国放送も減らす。インターネット放送を行っているウェブサイトも縮小し、BBCの人気出演者が副業で稼ぐことも禁じる。一方で、国際放送は強化する。ジョンソン首相周辺は「これははったりではない」と話しているという。
 BBCのクレメンティー理事長は今月12日、「受信料を批判する人々は、課金制によってBBCがどうなるかをよく考えるべきだ」と反発していた。
 BBCの受信料制度は2027年までは維持されることが決まっており、廃止はそれ以降になるとみられる。ジョンソン首相は昨年12月の選挙戦の最中、「テレビを持っている人全員が特定の放送局に料金を払う仕組みを、いつまで正当化できるのか」と見直しを表明していた。
 受信料廃止議論の背景には、米ネットフリックスなど動画配信サービスの世界的な台頭があるが、ジョンソン政権がBBCの報道姿勢にいら立ちを募らせてきた経緯もある。


BBC.PNG



英政府が公共放送BBCの受信料制度を廃止し、視聴する分だけお金を支払う課金制に移行させる方向で検討していることが明らかになった。
16日付の英日曜紙サンデー・タイムズが報じた。
世界の公共放送のモデルとなったBBCを巡る動きは、日本でのNHK受信料の議論にも影響を与えそう。
BBCを巡る動きが、すぐに日本で議論されるか分からない。
NHKを巡っては放送法が改正されて、ネット同時配信が可能になった。

[放送法の一部を改正する法律案] 5月29日、改正放送法が成立 NHKテレビ放送 ネット常時同時配信可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466177690.html

昨年の通常国会で法案が成立した。

総務省がNHKのネット常時同時配信を認可
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473120807.html

今年の1月14日、総務省はNHKのネット常時同時配信を認可した。

N国党あたりから、NHK受信料を巡る質問が出るかも知れませんね。
ラベル:英国
posted by hazuki at 22:30| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

英国がEU離脱、加盟国初 歴史的転換点、混迷に終止符

英国がEU離脱、加盟国初 歴史的転換点、混迷に終止符
https://rd.kyodo-d.info/np/2020020101001109?c=39546741839462401
2020/2/1 08:23 (JST) 2/1 08:53 (JST)updated

【ロンドン共同】英国は1月31日、欧州連合(EU)から離脱した。2度の世界大戦への反省から生まれたEUは拡大と深化を重ねてきたが、初めて加盟国を失う歴史的な転換点を迎え、欧州は新たな時代に入った。英国民が離脱を選択した2016年6月の国民投票から約3年半続いた混迷にようやく終止符が打たれた。

 英国は1973年にEUの前身、欧州共同体(EC)に加盟してから約半世紀を経て、独立独歩で進むことになる。EUの意思決定に参加できなくなり、欧州議会の議席も失う。EU加盟国は27になる。


英国EU離脱.PNG
ブリュッセルの欧州理事会で、加盟国の国旗から外される英国旗



英国は1月31日、欧州連合(EU)から離脱した。
2度の世界大戦への反省から生まれたEUは拡大と深化を重ねてきたが、初めて加盟国を失う歴史的な転換点を迎え、欧州は新たな時代に入った。
英国民が離脱を選択した2016年6月の国民投票から約3年半続いた混迷にようやく終止符が打たれた。
ラベル:英国
posted by hazuki at 09:04| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

英貿易相10月末までに訪日 TPP参加やFTA協議

英貿易相10月末までに訪日 TPP参加やFTA協議
https://this.kiji.is/536673421386646625?c=39550187727945729
2019/8/21 07:27 (JST) 8/21 08:34 (JST)updated

【ロンドン共同】英国のトラス国際貿易相は20日、世耕弘成経済産業相と電話会談し、欧州連合(EU)から離脱する期限の10月末までに訪日する意向を表明した。以前から関心を示している環太平洋連携協定(TPP)への参加や、日英間の自由貿易協定(FTA)を巡り協議する。

 英国際貿易省が会談概要を明らかにした。英国はEU離脱後、各国と自由に貿易協定を結ぶ方針を掲げている。ジョンソン政権は世界有数の経済大国である日本との早期合意を目指し、協議を急ぎたい考えだ。

 トラス氏は声明で「日本は英国の最も重要な貿易相手国の一つだ」と表明した。




英国のトラス国際貿易相は20日、世耕弘成経済産業相と電話会談し、欧州連合(EU)から離脱する期限の10月末までに訪日する意向を表明した。
以前から関心を示しているTPPへの参加や、日英間のFTAを巡り協議する。
トラス氏は声明で「日本は英国の最も重要な貿易相手国の一つだ」と表明した。
英国のTPP加盟と日英FTA交渉が気になるところです。
ラベル:英国
posted by hazuki at 00:20| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

[英国] ネット情報に新たな規制方針 放置した企業に罰金も

[英国] ネット情報に新たな規制方針 放置した企業に罰金も

英国 ネット情報に新たな規制方針 放置した企業に罰金も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190409/k10011877761000.html
2019年4月9日 8時03分

イギリス政府は8日、暴力やいじめを助長するインターネットの情報に対する新たな規制を導入する方針を打ち出しました。掲載を放置した企業には罰金を科すことなども検討され、ネットの安全をめぐる議論に一石を投じることになりそうです。

イギリス政府は8日、インターネット上で広がる有害な情報の規制の導入に向け「白書」を発表しました。

白書では規制の対象としてテロや人身売買、児童ポルノなどの明らかな違法行為に加え、「有害な情報」として、いじめや暴力、リストカットなどの自傷行為を助長するような情報、それに意図的に誤った情報を拡散することなどをあげています。

政府は、監督する機関を設けて行動規範を取りまとめ、対策を講じない企業には多額の罰金を科したり、サイトを表示できなくしたりするとしています。

ジャビド内相は、先月ニュージーランドで起きた銃の乱射事件で、事件の様子を撮影したとみられる動画がソーシャルメディアで拡散したことに触れ「ネットがもたらす喜びとともに闇の部分があることに背を向けてはならない」と述べ、規制の必要性を訴えました。

イギリス政府は、今後12週間、意見を公募したうえで議会に法案を提出することにしています。

これほど広範な規制は世界で初めてだということですが、「表現の自由」を制限するとの懸念も出ていて、ネットの安全をめぐる議論に一石を投じることになりそうです。




イギリス政府は8日、インターネット上で広がる有害な情報の規制の導入に向け「白書」を発表した。
政府は、監督する機関を設けて行動規範を取りまとめ、対策を講じない企業には多額の罰金を科したり、サイトを表示出来なくしたりするとしている。
日本も他人事ではない。
ネットを規制されたら、自由に情報を発信出来なくなる。
ラベル:英国
posted by hazuki at 23:06| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

英HMVが事実上破綻 ネット配信に押され

英HMVが事実上破綻 ネット配信に押され
https://this.kiji.is/451391345103455329?c=39546741839462401
2018/12/29 00:53

【ロンドン共同】CD・DVD販売の英HMVは28日、国際会計事務所KPMGを管財人に指定したと発表し、事実上の経営破綻に陥った。インターネットを通じた音楽や動画の配信サービスなどに押され、店舗販売が落ち込んでいた。

 英国にある125店舗の運営は続ける。日本事業はコンビニエンスストア大手ローソンの傘下に入っており、直接の影響はないとみられる。

 HMVは2013年にも破綻し英投資会社が支援をしてきたが、再び経営が行き詰まった。支援の獲得に向けレコード会社などと協議を進めるとしている。


HMVイギリス.PNG



CD・DVD販売の英HMVは28日、国際会計事務所KPMGを管財人に指定したと発表し、事実上の経営破綻に陥った。
インターネットを通じた音楽や動画の配信サービスなどに押され、店舗販売が落ち込んでいた。
イギリスのHMVが破綻。
CDが売れなくなっていますね。
音楽が好きな私は、CDを買って聴いていますが、ここ1年ぐらい新しいCDを買ってないです。
これ以上、CDを増やさないことにしていますし、今まで集めたCDだけでも満足している。
どうしても欲しいCDがあれば買うことになると思いますが、渋谷のタワーレコードまで買いに行きたいと思っています。
日本のHMVも店舗が減って、ネットのHMVしか見ないですが、Amazonの方が買い物は楽ですね。
音楽好きには気になる話題です。




関連リンク

HMV UK
https://www.hmv.com/

ローチケHMV
https://www.hmv.co.jp/
ラベル:HMV
posted by hazuki at 10:26| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

捕鯨擁護「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子氏に最優秀監督賞 英国の映画祭・長編ドキュメンタリー部門

捕鯨擁護「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子氏に最優秀監督賞 英国の映画祭・長編ドキュメンタリー部門

捕鯨擁護「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子氏に最優秀監督賞 英の映画祭・長編ドキュメンタリー部門
http://www.sankei.com/entertainments/news/180219/ent1802190001-n1.html
http://www.sankei.com/entertainments/news/180219/ent1802190001-n2.html
2018.2.19 07:35

【ロンドン=岡部伸】英ロンドンで17日、ロンドン国際映画制作者祭の授賞式が行われ、捕鯨を日本文化の一部として肯定的に捉えたドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」(2015年公開)の八木景子監督が長編ドキュメンタリー部門の最優秀監督賞を受賞した。

 八木監督はイルカの追い込み漁で知られる和歌山県太地町(たいじちょう)に滞在し、町に押し寄せた反捕鯨団体に町長や漁業関係者ら住民が戸惑う様子や、捕鯨が日本の伝統文化として定着している実態を取材。作品を通じ、太地町のイルカ漁を批判して10年に米アカデミー賞を受賞した映画「ザ・コーヴ」に反論した。

 八木監督は「日本の捕鯨に対して一方的な批判が世界から報じられる中で、『おとなしい』といわれる日本人も反論を発信すべきだと思っていた。捕鯨を擁護する映画にも発表する機会を与えてくださったことに感謝したい」とコメント。

また、「反捕鯨家が活動をする最重要拠点の英国で最高賞(最優秀監督賞)として評価してくださったことは大きな意味がある」と指摘した。

 映画祭の主催者側は、捕鯨に対する主張の是非ではなく、映画制作への情熱や作品に強いメッセージ性がある点などを評価したとしている。


八木景子・捕鯨.PNG



ロンドンで17日、ロンドン国際映画制作者祭の授賞式が行われ、捕鯨を日本文化の一部として肯定的に捉えたドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」(2015年公開)の八木景子監督が長編ドキュメンタリー部門の最優秀監督賞を受賞した。
映画は、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁を批判した米国のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」への反論とも言える内容。
映画祭の主催者は、映画の主張の是非ではなく映画への情熱やメッセージ性を評価したとしています。
「ザ・コーヴ」への反論が良かったのではないでしょうか。
捕鯨は日本の文化です。
八木景子監督、おめでとうございます。



反捕鯨国・英の映画祭、捕鯨問題描いた日本映画が受賞
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3295471.htm?1519217192238
18日 11時19分
ラベル:英国
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

英国、TPP参加検討 EU離脱後(フィナンシャル・タイムズ報道)

英国、TPP参加検討 EU離脱後(フィナンシャル・タイムズ報道)

英、TPP参加検討=EU離脱後−新聞報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010300206&g=int

【ロンドン時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は2日、欧州連合(EU)を2019年3月に離脱する英国が、日本など11カ国による環太平洋連携協定(TPP)に参加するための検討に着手したと報じた。
 英国は太平洋から遠く離れた欧州の国だが、ハンズ通商政策担当閣外相は同紙に「多国間協定に地理的な制約は必要ない」などと述べた。同紙によれば、一部のTPP参加国は英国の受け入れに前向きという。
 メイ英政権はEU離脱後、短期間に多くの国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ考え。米国が離脱したとはいえ、アジア太平洋の各国が加わるTPPに魅力を感じている可能性はある。(2018/01/03-09:01)




英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は2日、欧州連合(EU)を2019年3月に離脱する英国が、日本など11カ国によるTPPに参加する為の検討に着手したと報じた。
同紙によれば、一部のTPP参加国は英国の受け入れに前向きという。
メイ英政権はEU離脱後、短期間に多くの国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ考え。
EU離脱したかと思えば、TPP参加ですか。
グローバリズムを推進する英国。
ラベル:英国
posted by hazuki at 21:27| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

英マンチェスターで爆発テロ、19人死亡 米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場

英マンチェスターで爆発テロ、19人死亡 米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場

英で爆発テロ、19人死亡 米歌手コンサート会場
https://this.kiji.is/239532097467090424?c=39546741839462401
2017/5/23 11:59

【ロンドン共同】英中部マンチェスターで22日午後10時35分(日本時間23日午前6時35分)ごろ、米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた会場で大きな爆発音がしたと通報があった。地元警察によると少なくとも19人が死亡、50人以上が負傷した。複数の米当局者はロイター通信などに、自爆テロの可能性があると述べた。メイ首相は「凄惨なテロ」とみて全容解明を進めているとの声明を出した。

 外務省邦人テロ対策室は「日本人の被害の情報は現段階ではない」としながらも、確認を続けている。

 現場は市街地にある屋内競技場「マンチェスター・アリーナ」。


英国で爆発テロ.PNG



英中部マンチェスターで22日午後10時35分(日本時間23日午前6時35分)頃、米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた会場で大きな爆発音がしたと通報があった。
地元警察によると少なくとも19人が死亡、50人以上が負傷した。
メイ首相は「凄惨なテロ」とみて全容解明を進めているとの声明を出した。



英マンチェスターのコンサート会場で爆発音 19人死亡50人負傷 首相がテロ断定
http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230015-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230015-n2.html
2017.5.23 10:30
ラベル:英国
posted by hazuki at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う
https://this.kiji.is/227021282951200775?c=39546741839462401
2017/4/18 21:49

【ロンドン共同】英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。5月にも始まる欧州連合(EU)離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。メイ氏の方針は国民の多数の支持を得ており、議会内の反対を抑え、交渉基盤を固める狙い。

 前倒し総選挙の実施には下院で3分の2の賛成が必要。最大野党、労働党のコービン党首は18日、総選挙実施に賛成する姿勢を示し、総選挙の実施は確実だ。

 各種世論調査ではメイ氏の与党保守党が高い支持率を保ち、労働党は低迷している。


テリーザ・メイ3.PNG



英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。
EU離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。
英国民は、EU離脱を巡り、再び選択を迫られることになるのですね。
最大野党の労働党が総選挙実施に賛成する姿勢を示しているようですね。




関連

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446852544.html

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446024679.html

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進

英EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進
http://www.afpbb.com/articles/-/3117156
2017年02月09日 12:05 発信地:ロンドン/英国

【2月9日 AFP】英議会下院は8日、欧州連合(EU)からの離脱をEUに通知する権限をテリーザ・メイ(Theresa May)首相に与える法案の最終的な採決を行い、賛成494、反対122の圧倒的多数で可決した。英国はEUからの離脱へ大きく近づいた。

 2条から成るこの法案は下院で修正されず、上院に送られる。上院では選挙を経ていない議員からの反対が予想され、与党・保守党は過半数を確保していない。

 とはいえ、昨年6月のEU離脱の是非を問う国民投票の前には議員の3分の2が反対していた下院で法案が通過したことで、メイ首相が公約している3月末までの離脱手続き開始の実現へ前進した形だ。

 法案が成立すれば、メイ首相はEU基本条約(リスボン条約、Lisbon Treaty)第50条を発動し、2年を期限とするEU離脱交渉を正式に開始できる。(c)AFP/Alice RITCHIE


EU離脱・英国.PNG



英議会下院は8日、EUからの離脱をEUに通知する権限をテリーザ・メイ首相に与える法案の最終的な採決を行い、賛成494、反対122の圧倒的多数で可決した。
英国はEUからの離脱へ大きく近付いた。
下院で法案が通過したことで、メイ首相が公約している3月末までの離脱手続き開始の実現へ前進した形。




参考

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446024679.html

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
ラベル:英国
posted by hazuki at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

[英国] トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破

[英国] トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破

トランプ氏の公式訪問中止求める署名、100万人突破 英国
http://www.afpbb.com/articles/-/3115989
2017年01月30日 21:16 発信地:ロンドン/英国

【1月30日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める英議会のオンライン署名者が30日、100万人を突破した。トランプ氏が大統領令で命じた、一部のイスラム教国からの渡航者の入国を禁止する措置に対する憤りを反映した形だ。

 英議会のサイトに掲載された請願には「ドナルド・トランプ氏が米政府首脳という立場で英国に入国することは許可するべきだが、公式訪問を招請することは女王陛下を当惑させるものであり行うべきではない」とあり、さらに「ドナルド・トランプ氏の女性蔑視と下品さには定評があり、英女王あるいは皇太子が迎える相手として不適格である」と書かれている。

 英議会の署名は、英国の郵便番号を記入すれば誰でも署名することができ、署名する際には英国在住者か英国民かを尋ねられる。こうした署名が10万筆以上を集めた場合には、議会で議題にする必要があるとされている。

 トランプ氏が米大統領選の候補者だった昨年1月、大統領に就任すればイスラム教国から米国へ入国する人々を大幅に規制すると公約した際には、英国で署名が60万筆近く集まり、トランプ氏の英国への入国禁止が議会で議論された。(c)AFP


トランプ氏の公式訪問中止求める署名.PNG



トランプ大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める英議会のオンライン署名者が30日、100万人を突破した。
トランプ氏が大統領令で命じた、一部のイスラム教国からの渡航者の入国を禁止する措置に対する憤りを反映した形。
トランプ氏が大統領選の候補者だった昨年1月、大統領に就任すればイスラム教国から米国へ入国する人々を大幅に規制すると公約した際には、英国で署名が60万筆近く集まり、トランプ氏の英国への入国禁止が議会で議論された。
英国で、トランプ大統領の英国への公式訪問を中止するよう英政府に求める署名が集まるのは、当然の流れですね。
メイ首相も大変ですね。
ラベル:英国
posted by hazuki at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明

メイ英首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170117-OYT1T50108.html?from=ytop_top
2017年01月17日 22時53分

【ロンドン=上地洋実】メイ英首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国が欧州連合(EU)から離脱する基本方針を示す演説を行った。

 「はっきりさせたい。私の提案は(EU)単一市場のメンバーでいることを意味しない」と述べ、移民規制を優先し、英国がEU加盟国と無関税で貿易できるEU単一市場から完全に離脱する考えを表明した。

 演説は、ロンドンの英外務省公館「ランカスター・ハウス」で、各国大使らを招いて行われた。メイ氏は、「EUから英国への移民を抑制する。移民数が多すぎれば、(不満が強まり)国民の支持に支えられた移民制度は崩壊する」と述べた。「EUへの部分的な残留を求めない。新しく対等なパートナーシップを追求する」との考えを示した。


テリーザ・メイ2.PNG



メイ首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国が欧州連合(EU)から離脱する基本方針を示す演説を行った。
移民規制を優先し、英国がEU加盟国と無関税で貿易出来るEU単一市場から完全に離脱する考えを表明した。
「EUから英国への移民を抑制する」これが重要ですね。
ドイツなどEU加盟国は移民政策に失敗していますからね。




参考

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙

メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://jp.reuters.com/article/uk-may-brexit-idJPKBN1502HR
2017年 01月 17日 08:48 JST

[ロンドン 16日 ロイター] - 英テレグラフ紙は16日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉について17日に行う演説で、単一市場と関税同盟からの撤退を表明する見通しだと報じた。

報道によると、離脱交渉で優先する12分野には単一市場からの撤退が含まれる。関税同盟についてはやや曖昧となる可能性があるが、英国が関税同盟の一員でなくなることは明確にする。

首相は演説で「われわれはEU加盟国との間で新規で対等なパートナーシップを求める」と述べる見通しだ。

さらに「加盟の一部を維持したり、準加盟国のようなかたちをとることはない。他の国々が採用しているモデルを求めることもしない。離脱にあたって加盟の一部の維持は考えない」と述べる。

また、国境管理の権限回復をブレグジット戦略の主要テーマの一つにするとみられている。

6月の国民投票で離脱支持派の多くは移民の流入抑制を求めて賛成票を投じたが、EU側は単一市場へのアクセスの条件として人の移動の自由の受け入れを求める姿勢を崩さない公算だ。

メイ首相は、英国が「世界の有能な人材」を引き寄せ、欧州にとどまらず世界中の国々と関係を築く「グローバルな貿易国」となることを望むと述べる見通しだ。

また、EUの繁栄が英国の国益だとし、「英国は今後も信頼できるパートナーであり、協力的な同盟国かつ友好国であり続ける」と表明、「できるだけ自由に取引し、持続的な友好関係を通じて全ての国がより安全となり繁栄するよう協力することを望む」と述べる見通しだ。

*内容を追加しました。


テリーザ・メイ1.PNG



英テレグラフ紙は16日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉について17日に行う演説で、単一市場と関税同盟からの撤退を表明する見通しだと報じた。
首相は演説で「われわれはEU加盟国との間で新規で対等なパートナーシップを求める」と述べる見通し。
単一市場へのアクセスよりも、移民制限や司法権の独立など英国の権限回復を優先する。



メイ英首相、EU単一市場離脱を表明へ 17日に演説
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H2Q_X10C17A1MM0000/
2017/1/17 10:57

【ロンドン=黄田和宏】英国のメイ首相は17日の欧州連合(EU)離脱の基本方針を示す演説で、EU単一市場から完全に離脱する用意があると表明し、12の優先事項を提示する見通しだ。EUと部分的な関係を続けるよりも、明確に離脱した上で、新たな関係を築くことを方針に掲げてEUとの交渉に臨む考え。単一市場へのアクセスよりも、移民制限や司法権の独立など英国の権限回復を優先する。

 英主要メディアが16日、電子版などで演説要旨を一斉に報じた。メイ氏は英国時間17日昼(日本時間同夜)にロンドン市内で演説し、EU離脱の方針を示す予定だ。

 演説では「独立し、自ら統治し、グローバルな英国と、我々の友人で同盟関係にあるEUとの間に、我々は新しく対等なパートナーシップを求める」と述べるとみられる。

 今後のEUとの関係については「部分的なEUへの加盟や準加盟国ではない。つまり、半分残り、半分出るようなことはない」と発言する見通し。

 加盟国の間でモノやサービスなどを自由に取引できるEUの単一市場から離脱する用意があることを明確にするもようだ。

 同盟国の間で関税なしに取引できる関税同盟から脱退するかどうかも焦点で、離脱交渉に向けた英国の立場を明確にする方針だ。

 メイ氏は「すべての過程で可能な限りの確実性と明瞭さを示す」とともに「より強く、より公正にし、よりグローバルな英国を築く」という交渉に向けた4つの理念を掲げる。これに基づき、離脱交渉の12の優先事項を提示する考えで、具体的な内訳を17日の演説で明らかにする見通し。

 優先事項には国境を管理する権限の回復や欧州裁判所の司法権からの独立、自由貿易協定の締結などが含まれるとみられる。




参考

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

パンクロックのお宝7億円分焼く ロンドン・テムズ川で抗議

パンクロックのお宝7億円分焼く ロンドン・テムズ川で抗議
http://this.kiji.is/175414610811699206?c=39546741839462401
2016/11/27 10:2111/27 10:38updated

【ロンドン共同】体制批判が身上だったはずのパンクロックが主流の文化に落ち着いてしまったことに抗議するとして、パンク関連のポスターや衣類など500万ポンド(約7億円)相当の「お宝」を焼却処分するパフォーマンスが26日、ロンドンのテムズ川の船上で行われた。英メディアが伝えた。

 今年は伝説的パンクバンド、セックス・ピストルズのデビューシングル発売40周年で、ロンドンではパンクの歴史を振り返る市長後援の各イベントが開かれている。

 パフォーマンスはこれに対抗し、同バンド生みの親で元マネジャーの故マルコム・マクラーレン氏の息子で実業家のジョー・コー氏が実施した。


パンク関連のポスターや衣類などが焼却処分.PNG



セックス・ピストルズの生みの親で元マネジャーの故マルコム・マクラーレン氏の息子で実業家のジョー・コー氏が実施した。
所有するグッズに火を付け「パンクは懐かしがるものではない」「不要なものを売りつける商業手段になってしまった」と訴えたという。
勿体ないですね。
セックス・ピストルズのお宝など高値が付くでしょう。



Sex Pistols - God Save The Queen
ラベル:英国
posted by hazuki at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

Wire 「154」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
今回も前回に引き続き、英国のバンドのWire(ワイヤー)です。
私は初期のWireが好きです。



Wire(ワイヤー)は、1976年10月にロンドンで結成されたイギリスのバンドです。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)は、1977年11月にリリースされました。
2ndアルバム、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)は、1978年9月にリリースされました。
Wire(ワイヤー)の3rdアルバム、"154"は、1979年の秋にリリースされました。
ちなみに、「154」という数字は、一説によると、それまでに彼らが行ったライヴの回数を表しているらしいです。
同年、1979年の春に、バンドは、Roxy Music(ロキシー・ミュージック)のサポートという形でヨーロッパ・ツアーに出ていましたが、彼らはその時のステージで観客にとって最新アルバムとなる、"Chairs Missing"(チェアーズ・ミッシング)の曲ではなく、次のアルバムとなる、"154"に収録されることになる曲ばかり演奏していたと言います。
また同時期に、この頃から彼らのライヴは急激に前衛的なパフォーマンスの要素を色濃くして行きました。
2ndアルバムどころか、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)の速くて短い曲を期待してコンサートに出掛けて行った客は、さぞかし混乱させられたに違いないと想像しますが、当時のパンク・ロックは、そういう爆発的な進化のスピード感を有無を言わせず納得させる空気をシーン全体が持っていたようです。
但し、そうした現場のムードは別にして、会社側にとって、Wire(ワイヤー)の取る行動が、いささか困ったものであったことも間違いないようです。
結局、"154"は、EMI/ハーヴェストからリリースされた最後の作品となります。
Wire(ワイヤー)は、この時点でバンドとしての表現を極め尽くしたという判断をメンバー自身が下し、解散することになります。
後に再結成するのですが、1976年の結成からたった4年の間に、彼らは、凄まじい勢いで想像力を爆発させ、駆け抜けて行きました。
私は、初期のWire(ワイヤー)の最高傑作が、"154"だと思います。
"I Sould Have Known Better"(アイ・シュッド・ハヴ・ノウン・ベター)や"The 15th"(15日(ジャコバンの暴動))や"Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W"(北緯41度 西経93度)や40 Versions(40 ヴァージョンズ)など魅力のある曲が収録されています。

私、個人的に、"Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W"(北緯41度 西経93度)が大好きです。
この曲を聴く為に、Wire(ワイヤー)の"154"を何度も聴いています。
YouTubeの動画では、ライヴ・ヴァージョンを紹介致しますが、アルバム・ヴァージョンの方が良いと思います。
初期のWire(ワイヤー)は、ライヴも良いので、好みの問題かも知れません。
何だか、Wire(ワイヤー)の"154"に関する記事が、もう一つ書けそうです。
このアルバムに関しては、YouTubeの動画を貼りまくりたい気分なのです。



Map Ref 41 Degrees N 93 Degrees W(Lewis/Newman/Gilbert)

An unseen ruler defines with geometry
An unruleable expanse of geography
An aerial photographer over exposed
To the cartologist's 2d images knows
The areas where the waters flowed.
So petrified the landscape grows
Straining eyes, try to understand
The works, incessantly in hand
The carving and pearing of the land
The quarter square, the graph divides
Beneath the rule, a country hides

Interrupting my train of thought
Line of longitude and latitude
Define and refine my altitude

The curtains undrawn
Harness fitted: no escape
Common and peaceful duck
Flat lowland landscape
Canal cannard, water coloured
Crystal palaces for floral kings
A widespread waving span of wings
Witness the sinking of the sun
A deep breath of submission has begun

Interrupting my train of thought
Lines of longititude and latitude
Define and refine my altitude.

北緯41度 西経93度

見えない定規が幾何学的に定着する
地勢の規定できない広がり
地図製作者の2次元のイメージに
さらされすぎた航空写真家は
川が氾濫する地域を知っている
びっくり仰天させるほど大きくなる風景
目を見張り、理解しようと試みる
この業、絶え間なく手にして
この土地を彫刻し、湾曲させる
4分の1スクエア、グラフが分ける
規定のもと、国は隠れる

一連の考えを中断すると
緯度と経度の線は
ぼくの高度を明確にし細かく区分する

カーテンは引かれぬまま
馬具は合わせられ: 逃げ道なし
ありふれた穏やかな: 身をかわせ
なだらかな低地の風景
運河、あひる、水彩画の具で描かれた
花の王たちのクリスタル・パレス
広げられ波打つつばさ
沈む太陽の目撃者
服従への深呼吸が始まっていた

一連の考えを中断すると
緯度と経度の線は
ぼくの高度を明確にし細かく区分する


メンバー

Colin Newman(コリン・ニューマン)(ヴォーカル)
Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)(ギター)
Graham Lewis(グレハム・ルイス)(ベース)
Robert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)(ドラムス)


Wire "154"
Wire 154.PNG

15th ? WIRE Rockpalast 02/18


map ref 43 degrees N 110 degrees W WIRE 16/18




参考

Wire 「Chairs Missing」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442428575.html

Wire 「Pink Flag」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441600595.html
ラベル:WIRE
posted by hazuki at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする