2012年09月01日

橋下氏は危険な右派?強い指導者?…世界も注目

橋下氏は危険な右派?強い指導者?…世界も注目
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120901-OYT1T00559.htm?from=top

橋下徹大阪市長に対する海外メディアの報道が相次いでいる。
 地域政党・大阪維新の会を率いて国政にまで影響力を及ぼす特異な存在に、海外特派員の関心が高まっているとみられ、8月30日の市長記者会見では米ニューヨーク・タイムズ紙などの米国人記者2人が参加し、盛んに質問を浴びせる場面もあった。今年に入り、すでに海外の10社以上が「橋下維新」を報じており、地方の首長としては異例の注目度だ。

 ◆10社以上報道◆

 「維新の会は既成政党とどこが違うのか」

 30日の記者会見で、ニューヨーク・タイムズ紙のマーティン・ファクラー東京支局長は滑らかな日本語で質問すると、橋下氏は「票になる団体やお金を支援してくれる人に日本の政治は左右されているが、維新はそういうところと激烈な対立構造をとる。既得権の打破です」と即答した。
 ファクラー記者は、「橋下氏は既成政党批判だけでなく、将来ビジョンを示そうとしている。過去の政治家と比べると画期的だ」と注目する理由を説明。この日の会見では、米タイム誌の記者が、政治のリーダー像や日本再生の方策を熱心に尋ねる場面もあった。

◆「脱原発」で注目◆

 欧米メディアの報道が目立ち始めたのは、関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)の再稼働を巡り、橋下氏が「倒閣宣言」した4月頃から。国際社会にとって、東日本大震災後の日本の原発政策の行方は大きなテーマで、「脱原発で政権を揺さぶる橋下氏に世界の関心が集まっている」(米国人記者)という。
 維新が次期衆院選の「台風の目」と目され、日本の政治動向を取材する海外メディアも無視できなくなったとの背景もあるようだ。
 英エコノミスト誌電子版では今年1〜8月、橋下氏に関連した記事は8本に上り、10年1本、11年4本から急増。英BBC放送、米CNN放送もニュースで橋下氏を取り上げている。
 ニューヨークを本拠に、世界10億人にニュースを発信するロイター通信は今年6月、橋下氏に関し、「危険で右派のポピュリスト」「強い指導力を持ったリーダー」という賛否両論の見方を紹介する記事を世界に配信。取材した東京支社のリンダ・シーグ政治担当部長は「地方から改革を唱えて人気を集めたものの、表舞台から去った政治家は何人もいた。橋下氏が日本の閉塞感を打破できるのかどうか、注目したい」と話す。

 ◆描きやすさ◆

 アジアでも、韓国の朝鮮日報が6月、衆院選公約で改憲に踏み込んだ維新や自民党が勝利すれば、「軍備拡張に乗り出す可能性がある」と懸念する記事を掲載。中国の国際問題専門紙「環球時報」は3月、橋下氏の過去の対中発言を分析し、「現実的で戦い上手。日本に対する外交も新しい考えが求められる」と指摘する評論を載せた。

(2012年9月1日14時46分 読売新聞)




日本だけでなく、海外のマスコミも、こぞって橋下を推奨しているのには、訳がある。
どうやら、ユダヤマネーが背後にいるらしい。
ACTA、TPP、人権侵害救済法案 、外国人参政権、秘密保全法という5大売国法案に、ユダヤマフィアが絡んでいる。
橋下は、危険な右派ではない。
似非右派である。
強い指導者でもない。



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分権型国家、TPP参加=八策で最終案−大阪維新の会

分権型国家、TPP参加=八策で最終案−大阪維新の会
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012083101019

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)は31日、9月中旬にも立ち上げる国政新党の基本政策となる「維新八策」の最終案をまとめた。地方分権型国家への転換や環太平洋連携協定(TPP)への参加、衆院定数(現行480)の半減を盛り込んだ。維新は9月9日、新党への合流を希望する国会議員らと維新八策に関する公開討論会を大阪市内で開き、新党に参加する議員を選別する。
 維新八策は、統治機構の作り直しや社会保障制度改革、外交・防衛など8本柱で構成。統治機構に関しては、首相公選制や道州制の導入、地方交付税廃止と消費税の地方税化を打ち出した。
 憲法改正にも触れ、衆参各院3分の2以上との発議要件の2分の1以上への緩和、9条改正の是非を問う国民投票の実施を盛り込んだ。既成政党との違いを示す狙いから、国会議員歳費と政党交付金の3割削減も明記した。脱原発依存体制の構築も目指す。(2012/08/31-21:31)



もうね、TPPへの参加、衆議院定数の半減とか売国奴だな、橋下は。


維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

“橋下新党”目玉候補は東国原英夫氏!“みんなの党”は分裂危機

“橋下新党”目玉候補は東国原英夫氏!“みんなの党”は分裂危機
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120829/plt1208291125004-n1.htm
2012.08.29

大阪市の橋下徹市長率いる「大阪維新の会(維新)」は来月中旬、次期衆院選を見据えて「政党化」に踏み切るが、目玉候補として、東国原英夫・前宮崎県知事と、中田宏・前横浜市長を擁立する方向で検討に入った。愛知県の大村秀章知事や、名古屋市の河村たかし市長の名前も浮上した。既成政党が迷走するなか、橋下氏の爆発力に、東国原、中田両氏らの知名度や経験値が加わって、有権者の支持をどこまで広げるのか。 
 「国の制度を変えていくという部分は(価値観が)完全に一致している。(擁立には)政治家1人ひとりの覚悟が重要だ」
 維新幹事長である大阪府の松井一郎知事は29日、東国原、中田両氏についてこう語った。
 維新は今月末、次期衆院選の公約にあたる「維新八策」を取りまとめ、来月8日に国政進出方針を確認。同月9日以降、維新八策への賛否を問う公開討論会を複数回開いて、合流する国会議員や政治家を選別する方針。
一種の「踏み絵」といえる公開討論会について、河村氏は29日、「正式には聞いていない。(連携を探るため)やるとすれば出ます」といい、大村氏も同日、「同じ志を持つ人が一堂に会して議論すべきだと言ってきた」と述べ、参加する意向を示した。
 第1回の公開討論会は、統治機構改革をテーマに開催される。その後、週1回ほどのペースで、テーマを変えながら開く予定という。
 維新はまた、現職国会議員5人以上を合流させて「政党化」を目指すが、29日までに、超党派の国会議員でつくる「道州制型統治機構研究会」メンバーのうち、民主党の松野頼久元官房副長官(熊本1区)ら、民主、自民、みんな各党の衆参両院議員5人が離党し、合流する見通しとなった。
 維新関係者によると、松野氏以外の4人は、民主党の石関貴史衆院議員(群馬2区)、自民党の松浪健太衆院議員(比例近畿)、みんなの党の小熊慎司参院議員(比例)、上野宏史参院議員(同)。
 こうした動きに対し、維新との連携方針が挫折しつつある「みんなの党」の江田憲司幹事長は28日の記者会見で、維新の公開討論会に、みんなの党国会議員が個人の立場で参加することを認めない考えを表明した。
維新への合流を検討している同党議員の1人は「党が参加を認めない場合は、離党せざるを得ない」と強調した。維新への求心力が高まるなか、今後、みんなの党が分裂する可能性まで出てきた。




みんなの党は、第二民主党なので、分裂して構わないですわ。
維新の会に東国原英夫ですか。
名古屋市の河村たかし市長の名前も浮上していますね。



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html

みんなの党の正体は「第二民主党」だ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/282702416.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維新新党にざわめく各党=連携探る動きも

維新新党にざわめく各党=連携探る動きも
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012082900005

橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が次期衆院選に向け、9月中旬にも独自の新党を結成する方向となり、与野党が浮足立ってきた。世論の期待を集める維新の「躍進」を警戒するものの、衆院選後の政局で主導権を握るためには完全に敵に回すわけにもいかず、各党とも間合いの取り方に苦慮している。
 ◇激突回避狙う
 橋下氏ら維新側は、既成政党との連携で存在感が低下することを懸念。「党対党」の形での協力を見送り、維新の政策に賛同する現職国会議員を取り込んで政党化を目指すことで、既成政党を揺さぶっている。
 自民党は表向き強気の姿勢だ。7月に行った独自の衆院選情勢調査で「自民、公明両党を合わせて過半数を獲得する」との結果が出たためだ。自民党の石原伸晃幹事長は28日の記者会見で、橋下氏が打ち出した衆院定数(480)の半減案へのコメントを求められると、「バナナのたたき売りではない」とつれなかった。
 とはいえ、衆院選での全面対決にはリスクも付きまとう。石原氏は今月11日、大阪市内で橋下氏とひそかに会談。維新との激突回避を念頭に、選挙区調整の話題を持ち出した。ただ、橋下氏は応じる姿勢を見せなかった。
維新側は、憲法改正や教育改革で波長の合う安倍晋三元首相に、自民党を離党して合流するよう水面下で要請。9月の党総裁選への出馬をうかがう安倍氏は、離党は否定するものの、衆院選後の政権の枠組み構築をにらんだ連携には前向きだ。保守派の安倍氏は民主党との「大連立」に否定的な姿勢を示しており、28日のTBS番組では「橋下氏たちのパワーが、大きな壁を突破していく上で必要だ」と維新を持ち上げた。
 ◇みんなと合流否定
 維新とブレーンが重なるみんなの党の渡辺喜美代表も20日、大阪市内で橋下氏と会談、合流の可能性を改めて探った。ただ、同席した松井一郎大阪府知事は22日、記者団に「みんなの党と合流という話は一切ない」と言い切った。みんなの党勢が伸び悩んでいることが理由とみられる。同党の江田憲司幹事長は28日の会見で「途中段階のことについてコメントは差し控える」と、歯切れの悪い発言に終始した。
 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表も、民主、自民両党に対抗する「第三極」勢力の結集に向け、維新との連携をもくろむ。しかし、維新側は「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏との連携には慎重とされる。
 一方、個別の議員レベルでの動きも活発化している。超党派の勉強会「道州制型統治機構研究会」に参加する民主党の松野頼久衆院議員は、同会メンバーであるみんなの党の小熊慎司参院議員らとともに維新への合流を模索。その松野氏は28日、維新の新党結成方針について「知らない」と語り、周囲をけむに巻いた。(2012/08/29-00:18)



反日朝鮮企業がスポンサーの大阪維新の会です。
教育改革では評価できるものの、政策は日本解体です。



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ

大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
http://www.news-postseven.com/archives/20120827_139334.html
2012.08.27 07:00

橋下徹・大阪市長率いる大阪維新の会が次期衆議院選挙の準備を本格化させつつある。
 9月12日に「大阪から国を変える!!」をスローガンに地元で大々的な政治資金パーティを開き、その後、維新候補たちが全国遊説に乗り出す予定だ。
 総選挙を戦うには軍資金が必要だが、すでに大口スポンサーの名前も挙がっている。
 橋下氏は大阪府知事時代から大阪カジノ構想を推進し、今年2月には松井一郎・大阪府知事とともに香港のカジノ運営会社CEOと会談、「任期中に誘致の道筋をつけたい」と協力を要請した。さらに記者会見(5月24日)でも、「先進国でカジノがないのは日本くらい。カジノは観光や集客のツールになるだけではなく、うまく使えば所得税制に代わるか並ぶくらいの所得の再配分機能を果たす重要なツールになる。国会議員にそういう発想はないんですかね」と持論を展開してみせた。
 維新の会の情報収集をしている民主党関係者が語る。
「カジノ構想に熱心な企業が京都のマルハン。全国にパチンコ店やボウリング場、ゲームセンターなどを展開する年商2兆円という遊技場最大手で、マカオのカジノに出資したり、カンボジアに銀行まで設立している。
 しかし、日本では国の規制が強くてカジノの実現にはハードルが高い。そこでマルハンがカジノに理解のある橋下維新の会の国政進出を支援するという情報がある。Jリーグ・大分トリニータに十数億円出したスポンサーとしても知られる資金力豊富な企業だけに、維新の会の人気に、大口スポンサーが結びつけば大変な脅威になる」
 マルハンと橋下氏には接点がある。橋下氏が府知事時代に発足したカジノ構想の研究会「大阪エンターテイメント都市構想研究会」の会員企業には大手広告代理店や鉄道会社、電機メーカー、建設会社と並んでマルハンが参加している。
 さらに、今年5月に溝畑宏・前観光庁長官(現・内閣官房参与)が大阪府特別顧問に就任したが、溝畑氏はカジノ構想の推進者で、大分トリニータ社長時代からマルハンとのパイプが太いことで知られる。
 その溝畑氏はマルハンの維新支援情報についてこう語る。
「橋下氏とは私が観光庁長官になる前からのおつきあいで、今回、松井府知事から大阪を元気にしたいという要請があって全面協力しようと顧問に就任しました。マルハンの韓昌祐・会長にもJリーグの時から随分お世話になっています。韓会長のもとにはいろんなところからスポンサーの要請が日に何件も来ているようです。
 とはいえ、一代であれだけの事業を築き上げた方だから、(支援するかどうかの判断は)相当シビアだと思いますね。維新の会のこともあくまでニュートラルに見ているのではないでしょうか。少なくとも、私がマルハンと維新の会をつないだというのは誤解です」
 マルハン経営企画部は、「大阪エンターテイメント都市構想研究会には娯楽産業の振興を目的に参加している。チャレンジする人を応援するというのはわが社の社風ですが、維新の会を社として応援しているということではない。会長や社長が個人的に支援しているかどうかまでは把握しておりません」と回答した。
一方、橋下氏自身はこの間、有力経済人と政策について意見交換をしてきた。ソフトバンクの孫正義・社長はツイッターで橋下氏にエールを送ってきたことで知られるが、橋下氏は今年1月に上京した際、孫氏や宮内義彦・オリックス会長らと会談し、エネルギー政策や大阪府市改革で意見交換したことが報じられている。橋下氏が大阪府知事選に出馬した2008年当時に堺屋氏とともに応援した経済人にはパソナの南部靖之・社長もいる。
 宮内氏は小泉内閣の総合規制改革会議議長として郵政民営化を推進した人物で、孫氏と南部氏は安倍晋三・元首相のブレーン経済人として知られる。
 安倍氏は維新の会と連携して政界再編を志向する動きを見せているが、背景には、「安倍氏を中心とする上げ潮派(経済成長重視派)は橋下氏とブレーン人脈や支援者が重なっている。上げ潮派はいまや野党自民党の中でも反主流派だけに、日の出の勢いの維新の会と組むことで政界の主導権を回復し、スポンサーを維持したいという思惑がある」(自民党町村派議員)という指摘があることも見落とせない。

※週刊ポスト2012年9月7日号



維新の会の大口後援者に反日企業のマルハンとソフトバンクですか。
あと、パソナですね。
マルハンのマルは、「日の丸」でハンは「恨み(韓国語)」というのが社名の由来です。
なるほど、反日企業がプッシュしているとは、流石、維新の会ですわ。
皆さん、維新の会に騙されないようにしましょう。


マルハン
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%B3



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html



追記

「マルハンのマルは、「日の丸」でハンは「恨み(韓国語)」というのが社名の由来です。」と書きましたが、創業者が否定しています。

反日企業マルハンの名前の由来
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/290229928.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下氏、衆院議員「480なんて数はいらない」

橋下氏、衆院議員「480なんて数はいらない」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120826-OYT1T00611.htm?from=top

地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は26日、衆院議員の定数(現行480)について、「国全体の仕事を絞り込めば480なんて数はいらない。維新として半減ということをしっかり出す」と述べ、次期衆院選の公約「維新八策」に「衆院定数半減」を盛り込むことを明言した。
 維新と交流のある政治団体・松山維新の会が松山市内で開いた集会で語った。
 橋下氏は維新八策の施策を実現するため、維新中心の勢力で衆院の過半数を目指す考えも明らかにした。
 その上で、維新への合流を模索する国会議員との意見交換会を9月上旬から始めるとし、「一緒にやろうと言う人は多いが、衆院定数を240にすると言えば、ほとんど消える。過半数を取れる勢力を皆さん(有権者)が作ってくれるかどうかだ」と訴えた。

(2012年8月27日11時54分 読売新聞)



>  地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は26日、衆院議員の定数(現行480)について、「国全体の仕事を絞り込めば480なんて数はいらない。維新として半減ということをしっかり出す」と述べ、次期衆院選の公約「維新八策」に「衆院定数半減」を盛り込むことを明言した。

本音が出たな。
日本解体党の維新の会。



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

大阪維新の会が国会議員集め 政党化してメリット享受が狙い

大阪維新の会が国会議員集め 政党化してメリット享受が狙い
http://www.j-cast.com/2012/08/13142777.html
http://www.j-cast.com/2012/08/13142777.html?p=2
2012/8/13 19:41

橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が、民主や自民などの国会議員5人を取り込む動きをみせて話題になっている。解散・総選挙をにらんだものらしいが、どんな戦略なのか。
不信任案の提出、消費増税の採決――。橋下徹氏が5人と大阪市内で会談した2012年8月11日は、こんな国会のゴタゴタが一段落したときだった。


政治団体から政党になるには少なくとも5人必要

報道によると、参加したのは、衆院議員から民主党の松野頼久、石関貴史両氏、自民党の松浪健太氏、参院議員からはみんなの党の小熊慎司、上野宏史両氏。表向きは「道州制の勉強会」だったが、協議した案件は大阪維新の会への合流だったという。
維新の会には、現職の国会議員はいない。そんな中で、政治団体から政党になるには、政治資金規正法上、少なくとも5人必要だ。今回の会談にも参加したという維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は1日、総選挙について、「政党の形をつくらなければ戦いにならない」と言っており、会談は維新の会の政党化を目指す動きだとされている。
維新の会が政党になると、様々なメリットを享受できるようだ。
まず、候補者が小選挙区と比例代表の重複を認められ、復活当選が可能になる。さらに、総務省によると、議員数などに応じた政党交付金が受けられ、寄付にも制限がなくなる。また、金銭面以外でも、橋下氏のポスターを貼れたり、テレビの政見放送ができたりするほか、はがきの枚数を増やしたり、ビラをまいたりすることができるメリットがある。
民主・自民両党の議員3人の顔ぶれを見ると、いずれも国会で独自の行動を取った人物だ。民主の松野頼久氏は、消費増税法案の採決で造反しており、石関貴史氏は、採決を欠席している。自民の松浪健太氏は、内閣不信任案の採決で党の退席方針に反して賛成票を投じている。
(続く)


「手段を選ばない感じで何かしっくり来ない」

この3こ人は、小熊氏の事務所では、「その日は確かに大阪に行っていましたが、詳細は把握していません」と秘書が答えは離党して、大阪維新の会に入るのか。松野氏の事務所に取材すると、「本人でないと分からない」としながらも、独自の政治行動をした結果、「選択肢の1つとしてあるかもしれない」と明かした。みんなの党の2人についてた。
政治アナリストの伊藤惇夫さんも、維新の会の意図について、政治団体のままでは選挙運動が制約されてしまうため、政党化が目的だとみる。
読売新聞が2012年8月11、12日に行った世論調査では、比例代表の投票先として、自民21%、維新の会16%、民主11%の順になっており、維新の会は、比例復活などで多数の当選者が出る可能性がある。週刊誌では、自民・民主と拮抗する100前後の議席予想が出ており、伊藤さんも、50〜80議席は行く可能性があるとしている。
とはいえ、現職の国会議員を引き抜く手法が有権者にどこまで理解されるのかは未知数だ。伊藤さんは言う。
「維新の会は、既成政党にノーを突きつける形でスタートしたのに、手段を選ばない感じで何かしっくり来ませんね。民主や自民の議員も、維新ブームで受かりたいだけのように思えます」
候補の多くが選ばれるとみられる維新政治塾の888人が週刊ポストに漏れてしまったが、その多くが国政の素人だ。この点について、伊藤さんは、「素人感覚も必要で、参入は悪くない」としながらも苦言を呈する。
「チルドレンを言われた議員たちが、何か実績を残したのでしょうか。今回も、イエスマンになるだけの危険があると思います。既成政党がだらしないのは確かですが、じっくり政治家を育てることも必要なはずです。選挙後は、日本新党のときなどのように、より一層混迷する可能性はあるでしょうね」



> 橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が、民主や自民などの国会議員5人を取り込む動きをみせて話題になっている。
> 解散・総選挙をにらんだものらしいが、どんな戦略なのか。


維新の会に出て来られるとマズイ。


維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。


参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

“大阪都法案”国会提出に政治的な思惑

“大阪都法案”国会提出に政治的な思惑
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120805/plt1208050700000-n1.htm
2012.08.05

大阪都構想実現に関わる「大都市地域における特別区の設置に関する法律案」が7月30日、民主、自民、公明、みんな、国民新、生活・きづな、改革無所属の会の7会派の共同提案で国会提出され、会期中の成立の目途が立った。
 与野党7会派の共同提案になったのは、なんといっても橋下徹大阪市長が代表である大阪維新の会の政治パワーの成果だろう。
 いろいろな選挙調査があるが、来年夏までに必ず行われる次期総選挙で、大阪維新の会が躍進するのは衆目の一致するところ。もし大阪維新の会が推す大阪都構想に反対しようものなら、総選挙で大阪維新の会が徹底的に叩きにくるのは明らか。そこで、それを防ぐ意味で、これまで大阪都構想にどちらかというと消極的だった民主と自民も便乗したわけだ。
 しかも、法案が成立しない場合、それを口実にして橋下大阪市長が任期途中で国政に進出してくるかもしれないが、法案を通しておけば、大阪都構想の実現が優先されるべきという理屈が成り立ち、それを放っておいて国政に出てくるようなら、無責任だと牽制(けんせい)することもできる。与野党7会派の共同提案はこの意味で政治的な思惑が優先している背景がある。
いずれにしても、今回の法案が画期的なのは、地方自治制度の制度思想を大転換している点だ。従来の地方自治制度は、「地方自治」とはいっても、制度設計はすべて国が検討して国が決定するのが基本だった。これに対し、今回の法案では、大阪都構想が事実上、大阪のイニシアチブで動き出している実態を背景に、地方のイニシアチブで「道府県−市町村」という根幹の枠組みを変更できる。
 「大阪都」という名称は、今回の法案では結局認められなかったが、「大阪府」のもと、東京都と同様に、公選区長と区議会を持つ特別区を設けることが可能になる。名称を除けば、「大阪都構想」が事実上実現できるようになる。
 歴史を遡(さかのぼ)れば、実は大阪にも、特別区に相当する区が存在した。もともと、明治初期の地方自治制度では、「郡区町村編成法」(明治11年=1878年)に基づき、府県のもとに、郡か区が置かれた。区には公選の「区会」が置かれ、課税権などの広範な権限が与えられた。
 その後、明治21(1888)年に「市制」導入。大阪では「東区」「西区」「南区」「北区」をまとめて「大阪市」に統合された。
 なお、東京では15区、京都では2区をまとめて、それぞれ「東京市」「京都市」になった。
ただ、これら3市では市長は府知事が兼務し、各区の「区会」は権限を制限されながらも存続という変則的な形となった後、市長の兼務は廃止されている。最終的に、大阪で「区会」が廃止されたのは、戦時中の昭和18(1943)年だ。
 「大阪都」構想は、70年前、戦争遂行という国策のために奪われた大阪の区民らの地方自治を、地方のイニシアチブで取り戻す動きでもある。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)



皆さん、維新の会の都構想に騙されないようにしましょうね。

維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)


4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。


故に、目指すところは、日本解体です。

参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html

大阪維新の会のカテゴリー
http://hazukinoblog.seesaa.net/category/13698897-1.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

維新の会:「八策」最終案は盆明けに公表へ

維新の会:「八策」最終案は盆明けに公表へ
http://mainichi.jp/select/news/20120804k0000m010182000c.html
2012年08月04日 01時07分

橋下徹・大阪市長が率いる大阪維新の会は3日、幹部による会合を大阪市内で開き、次期衆院選で掲げる政策集「維新八策」の最終案を盆明けに策定・公表する方針を決めた。消費増税の関連法案の採決時期を巡って政局が流動化していることから、早期に衆院選に備える必要があると判断した。公募など候補者選定に向けた動きを加速させる方針。
 会合には橋下氏や幹事長の松井一郎・大阪府知事らが出席した。現在示されている維新八策は中間案の段階で、最終案のとりまとめは浅田均政調会長(大阪府議会議長)に一任された。維新の府議団、大阪・堺両市議団や、ブレーンの意見も踏まえて成案化するという。
浅田氏は会合後、報道陣に「政局はかなり流動化している。あらゆる事態に対応できる態勢を整えておくためには、早めにまとめておく必要があると判断した」と述べた。【堀文彦、林由紀子】



> 次期衆院選で掲げる政策集「維新八策」の最終案を盆明けに策定・公表する方針を決めた。
> 消費増税の関連法案の採決時期を巡って政局が流動化していることから、早期に衆院選に備える必要があると判断した。公募など候補者選定に向けた動きを加速させる方針。


はい、皆さん、維新の会の八策に騙されないようにしましょうね。

維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)


故に、目指すところは、日本解体です。

参考

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 04:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです

橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです


橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです。


護国夢想日記より転載
http://ameblo.jp/sancarlos/

橋下徹の正体ー大前研一の忠実な弟子
http://ameblo.jp/sancarlos/entry-11263910548.html

現大阪府知事の

ハシシタ(ハシモトは本名ではない)徹は、

筑波大学名誉教授の中川八洋氏に、

「コリア系アナーキスト」と分類されている

大前研一(経営コンサルタント)の

忠実な弟子です。

大前が

日経Bpに連載しているコラム↓を読めば

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/136/

大前研一とその弟子ハシシタ徹が、

何を企(たくらん)んでいるか、一目瞭然です。

少し長いですが、以下に

決定的な部分を抜粋引用します。







道長(どうちょう)に

選ばれるためには

姑息な手段も

中略

だから、まず道長になるには、

知事の互選で選ばれないといけない。

そのためには(他の府県の)知事を刺激し、

機嫌を損ねるような発言は

控えることが肝要である。

つまり、

宮崎県には高齢者を持っていくというような、

どこかの県が差別されるようなことは

口に封をする。

その代わり、

「教育を変えよう」

「小学校から韓国語をやろう」

というような、

どの県も平等に実施できるような

全体ビジョンから提案していくのだ。

そして選ばれてしまえば、

2期目の互選まではその路線を貫く。

さすれば2期8年は確定だ。

そして2期目に突入したら、

もう知事に遠慮する必要はない。

3期目の直接投票で選ばれるように、

地域の住民に喜ばれるための

政治活動を行なう。

わたしだったらその段階で初めて、

この記事に取り上げたような

「真の九州道プラン」を明確に提示するだろう。

この期に及んで知事が

「あの野郎、

2度目の互選までは

オレたちに

都合の良い話ばかりして、

心の中では

こんなことを考えていたのか」

と怒り出しても、もう関係ない。

2期目の残り4年で、やるべきことを実行する。

そして、住民に

「人もたくさん来るようになったし、

お金も集まるようになった。

九州が少し元気になった」

と思ってもらえたら、3期目の当選は確実だ。

実際、

わたしのプランを現実に行おうとするならば、

3期12年はかかるだろう。

しかし、

道長を次の人にバトンタッチしながらの

リレーでは実現するのは無理だ。

一人の道長が明確なビジョンを持って

12年計画で実現に向けて尽力するしかない。



▲以上、引用終わりです。

「日本の狂ったスポーツライター」 さんのサイトより転載
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】

橋下徹に騙されるな!
愛国心を利用した詐欺師です。


橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

都構想法案、31日に審議入り=今国会で成立の公算

都構想法案、31日に審議入り=今国会で成立の公算
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012073000751

民主、自民など与野党各党は30日、橋下徹大阪市長の掲げる「大阪都」構想を後押しする新法案を衆院へ共同提出した。法案は31日の衆院総務委員会で趣旨説明を行い、審議入りする。今国会中での成立が確実だ。
 法案は、東京都以外の道府県も、政令市単独または政令市と隣接する市町村域と合わせて総人口200万人以上であれば、特別区設置を認める内容。大阪と堺のほか、札幌、さいたま、千葉、横浜と川崎、名古屋、京都、神戸の8地域が対象となる。特別区に再編するには、対象地域の議会の議決と、住民投票で過半数の賛成を得なければならない。 
 新法案は、今月6日に民主、自民、公明、みんな、国民新の5党が協議して合意した。その後、「国民の生活が第一」や新党きづなも賛同し、7党などでの共同提出となった。(2012/07/30-16:41)



都構想に反対です。

維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)


4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。


故に、目指すところは、日本解体です。
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下徹の過去

民団大阪韓日交流マダン
http://www.inbong.com/2008/mindan/

2008年5月18日

2008年5月18日、民団大阪本部主催による、韓日親善交流マダンが大阪城公園で行われた。
天気はとても良く、太陽の日照りのもと、大変にぎやかに行われた。


民団での橋下1.PNG

おまけ

【平沼赳夫】橋下徹氏には国家観が見えない[桜H24/2/16]
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入れ墨で回答拒否の6人懲戒へ 大阪市

入れ墨で回答拒否の6人懲戒へ 大阪市
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012073001001946.html

大阪市は30日、約3万3千人の職員を対象に実施した入れ墨の有無を尋ねる調査で、同日現在で回答を拒否し続けている職員が6人に上ると発表した。市は職務命令違反として減給や戒告の懲戒処分とする方針。
 6人は「調査はプライバシーの侵害だ」などと拒否の理由を説明しているという。
 調査は橋下徹市長の意向で5月に実施。期限を過ぎても回答を拒み続けていた13人に対し橋下市長ら所属長が今月13日、回答するよう職務命令を出していた。命令を受け新たに回答した7人に入れ墨はなかった。
 市の調査ではこれまで計114人の職員が入れ墨をしていると回答。
2012/07/30 13:26 【共同通信】



入れ墨していて、プライバシーの侵害もあったもんじゃないわ。
懲戒処分で良いと思います。
大阪市の異常さ!
職員の114人が入れ墨をしていると回答ですか。
公務員として、おかしいでしょ。
橋下を支持できませんが、こうところは、良くやっていると思います。
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

「野田首相絶賛」を釈明 「政策論ではなく、価値中立な政治行政論で考えた」

橋下大阪市長ウォッチ
「野田首相絶賛」を釈明 「政策論ではなく、価値中立な政治行政論で考えた」

http://www.j-cast.com/2012/07/11139062.html
2012/7/11 18:59

大阪市の橋下徹市長が、野田佳彦首相について「すごいですよ」「確実に『決める政治』をされてると思う」などと絶賛し、「態度を一変させた」と指摘されていることを受け、橋下市長は2012年7月11日朝、ツイッターの連続ツイートで真意を説明した。
橋下市長によると、
「僕は政策論と政治行政論を分けている」
といい、個別の政策レベルでは民主党政権と考えが異なる点があるとしながらも、
「ただし政治行政論は価値中立。政治は、一定の価値観を明確に示して、その方向性で物事を決め、実行していくこと」
などと説いた。その上で、
「政策論ではなく、価値中立な政治行政論で考えたとき、野田首相は動き出したと見えました」
と、野田首相を評価した理由を説明した。
この直後の囲み取材でも、橋下市長は、
「個別の政策については見解の相違があるが、政治というのは論点をきちんと明示して、色々な反対論があっても、それをきちんと手続きを踏んで決めていくのが、政治の一番重要なところ」
と、同様の説明をした。



橋下は、頭の方は大丈夫ですか?
野豚は、自分の言葉では、発言することが出来ない官僚の傀儡ですよ。


> 「確実に『決める政治』をされてると思う」

海外で勝手に「消費税を上げます。」と宣言したり、TPP反対署名やTPP反対の国会議員の意思も無視して、勝手に、TPPの参加表明したりする独裁という「決める政治」ですね。


参考

野豚は、傀儡のようですよ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274108475.html
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

自民・脇氏「橋下氏は危ない人」

自民・脇氏「橋下氏は危ない人」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071000846

自民党の脇雅史参院国対委員長は10日の記者会見で、橋下徹大阪市長がこれまで批判的だった野田佳彦首相の政権運営を評価したことについて「(橋下氏は)時々に応じて耳目を集めることを発言したがる人だ。政治家としての人気取りにはいいかもしれないが、本質的には危ない人だという印象を持たざるを得ない」と批判した。 (2012/07/10-18:39)



その通りです。
教育改革は評価できるのですが、他の政策を見ずに信頼するのは、危険な人物です。


維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



橋下徹の政策 = 日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。
ラベル:橋下徹
posted by hazuki at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

大阪公募区長、統一教会と「関係」 橋下氏支えるスタッフは大丈夫なのか

大阪公募区長、統一教会と「関係」 橋下氏支えるスタッフは大丈夫なのか
http://www.j-cast.com/2012/06/29137674.html
http://www.j-cast.com/2012/06/29137674.html?p=2
2012/6/29 20:25

橋下徹市長の音頭で決まった大阪市の公募区長が、霊感商法に関わっているとされる統一教会と関係していたと、一部で報じられた。大阪維新の会率いる橋下氏は、国政進出に再び意欲を示したようだが、悪影響はないのか。
公募区長24人が2012年6月21日に決まった直後、浪速区長に選ばれた経営コンサルタントの玉置賢司氏(45)に「不適切発言」が発覚した。「菅直人は正直殴ったらなあかん」などとツイートして謝罪に追い込まれたのだ。そして、また、問題になりかねない公募区長が現れた。


紀藤正樹弁護士「衝撃の事実」

それは、住吉区長に決まったコンサルティング会社代表の吉田康人氏(47)だ。吉田氏は、07年に大阪府高槻市長選に出馬した際、統一教会の信者ではないのに誹謗・中傷を受けたと対立陣営に警告していた。とはいえ、過去に、統一教会関係団体の講演会などに講師や来賓、聴衆として参加していたことは認めた。また、教会関係者数人に選挙活動などを手伝ってもらっていたともした。そのうえで、これらは、信者でなくても、政治家が一般的に行っていることだと説明していた。
自らのブログでも、こうした統一教会との関係について書き込んでいる。これに対し、赤旗は、吉田氏が住吉区長に決まったことを受け、12年6月28日付記事で「区長が統一協会と関係」と報じた。さらに、週刊文春もこの日の発売号で、吉田氏が教会との関係をブログに書き込んでいたと指摘する記事を出した。
区長ともなれば、消費者対策として、霊感商法などの悪質商法に毅然とした対応をしなければならない。ネット上では、「参加してるだけだから無罪」との声もあったものの、「何を基準に選んでんの?」といった疑問が相次いだ。霊感商法の被害救済活動をしている紀藤正樹弁護士は、この日のツイッターで「衝撃の事実」として、「住吉区民、ひいては大阪市民が可哀そう。人柄が事前にわからない公募制度の欠陥が浮き上がってきた」と懸念を示した。
(続く)


大阪市人事課「把握していません」

公募区長の人選に当たった大阪市の人事課では、住吉区長に決まった吉田康人氏が過去に統一教会と関係していたことなどについて、「まったく把握していません」と取材に答えた。そして、一般職の地方公務員である区長の採用について、「思想、信条につきましては、選考で考慮されるべきことではありません」とした。
ただ、消費者対策への影響については、「公務員であれば、法令違反を認めたときには厳正に対処するべきことになります」と言っている。
吉田氏に取材したところ、仕事で打ち合わせ中などとして、すぐに話を聞くことはできなかった。
統一教会と関係があるというわけではないが、浪速区長に選ばれた玉置賢司氏も、2010年9月21日未明にこんなツイートしていたことが分かった。「本日、吉林省から霊能者の先生をお迎えする。一人しか迎えにいかないと伝えていたのに、二人で迎えに行ったらちゃんと二人来ることを分かっていた。科学では説明できない能力を持った人がこの世には存在する」。さらに、夜になってからは、「霊能者の能力はやはり冴えていた。今日見てもらった人は全員彼の能力に脱帽した。やはり世界は広い。素晴らしい力を世界のまじめな人の為に使いたい」とつぶやいていた。
これもどうかと思うとの指摘がネット上にあるが、大阪市の人事課では、「過去のことにコメントするのは難しいです。しかし、区長就任後は、誤解を与える表現を差し控えるべきだと思います」と言っている。
橋下徹市長は、12年6月28日の講演で、再び国政進出に意欲を見せる発言をしたと報じられた。しかし、橋下氏を支える議員やスタッフについては、悪評も漏れてきている。
橋下氏率いる大阪維新の会では、広報担当者が「市の公募は行政でやっていますので、会とは関係していません。市に聞いて下さい。また、会としては、国政進出については、何も発信していないです」とだけ話した。



> 橋下徹市長の音頭で決まった大阪市の公募区長が、霊感商法に関わっているとされる統一教会と関係していたと、一部で報じられた。
> 大阪維新の会率いる橋下氏は、国政進出に再び意欲を示したようだが、悪影響はないのか。


これは、維新の会が日本国民の為の政党ではないという情報の一部です。


維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に、目指すところは、日本解体です。
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

道州制実現へ連携 橋下・大村氏会談

道州制実現へ連携 橋下・大村氏会談
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120614/lcl12061419040005-n1.htm
2012.6.14 19:04

橋下徹大阪市長は14日、市役所で大村秀章愛知県知事と会談し、道州制実現や大都市制度改革推進に向けて連携を強化することで一致した。大村氏は「大都市の独立、自立、道州制の実現が大事だ」と呼び掛けた。これに対し、橋下氏は「大阪都構想」を実現させる法案に関し「法案が動けば道州制も(実現へ)動きだす。話し合うだけではだめだ」と応じた。


大阪維新の会 船中八策

1. 霞が関の解体=日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2. 道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3. 地域主権(=国家解体)=日本解体
4. 大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5. 首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6. 参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7. TPP推進 =日本国家の弱体化
8. 橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)


故に、道州制の目指すところは、日本解体です。
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

維新の国政不進出言及 橋下氏、都構想実現前提に

維新の国政不進出言及 橋下氏、都構想実現前提に
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120612/lcl12061207150000-n1.htm
2012.6.12 07:14

橋下徹大阪市長は10日、「大阪都」構想実現のための法案が今国会で成立すれば、大阪維新の会として国政進出しない可能性に言及した。次期衆院選に向け維新の会の動向に神経をとがらせる各党を牽制(けんせい)、早期の法整備を促す狙いがあるとみられる。橋下氏は市内で記者団に「もともと都構想を目がけて国政進出すると言ってきた。あくまでも法案成立が第一の目標だ。何か大きな大義がなければ(進出しない)」と述べた。同時に「維新の会幹部に諮ったわけではない」とも述べ、最終的な対応方針でないことを強調した。


維新の会は、国政に進出しなくて、よろしい。

維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



日本経済をボロボロにする人々より転載
http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/
2012年03月11日00:00

経済を縮める相続税100%の恐ろしい社会を目指す大阪維新の会代表、橋下徹
http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/archives/65732545.html

船中八策の中に一生使い切りモデルを提唱していた橋下徹。曖昧な表現だったが、具体的な中身が報道されると想像通りのトンデモな考えであることがはっきりした。不動産を含むすべての遺産を没収することを目指して消費を促すのが橋下の考える一生使い切りモデルだ。これに加えてベーシックインカムときたら、もはや日本を共産主義国家にでもしたいかのようだ。
 まさか本当にこれで消費が増えて経済が活性化すると本気で思っているとしたら完全に頭が狂っている。今でも世界一高い相続税最高税率の泥棒国家であるにもかかわらず、更に引き上げてすべての財産を没収まで考える思考が理解できない。本来国家があるべきは国民の資産と命を守るために存在するのに、その国民の財産を奪い取るのでは国家としての役割を果たしていない。犯罪の多い国は栄えない。そしてその犯罪を国家がやるのでは、滅んだソ連や現在の北朝鮮のようになるのは目に見えている。
橋下は私有財産を認めなかった共産主義国家がどうなったかを知らないのだろうか?国内には国有企業しかなくなり、産業は全く進化しなかった。そして政治家や官僚による国家支配がどんどんひどくなって経済は全く活性化せずに終わってしまった。更に公権力を持っている者がどんどん富んでいき、民間人はとことん貧乏になっていき、こうして階級化社会が起きていったのを知らないのか。
 世の中は性悪説で考えなければならない。人間は常に悪で、善を唱える者は偽だ。だからこそ努力することで結果的に善に近づく資本主義という制度が必要なのだ。そして欲という悪に満たされた社会でなければ人は努力しなくなる。努力しなくなれば経済の活性化など無理であることは容易に想像がついてもいいものだ。そして、最後は公権力を持っている者が悪によって私有財産を奪い取って北朝鮮のような共産主義国に収束してしまうのだ。
一応日本はいろんな国と租税条約を締結しているから北朝鮮みたいな極端なことにはならないだろうが、それでも最終的な結末は目に見えている。日本人は株式を持っていても全部没収されるのはわかっているから、日本の大企業の株主は全部外国人になる。不動産も住宅街は全部法人を通した外国人名義になる。商業地や工場地帯も、外国系の企業や外国人しか株主のいない大企業が中心となって所有することになる。つまり、最後は相続税も入ってこなくなるだろう。
 更に銀行に預けていたら捕捉されて没収されるのはわかっているから、預金を全部引き下ろされてしまい、金融恐慌にもなりかねない。紙幣の自由を奪い取るために電子マネー化したら、今度は外貨に換えて円の需要は消えてなくなり大暴落する。
 だからっていろいろ規制をかけて不動産や株式が全部外国人の物になるのを防ぐと、本格的な公権力を所有している奴らの支配が鮮明になって北朝鮮のようになる。人間は欲で生きている。その欲を公権力を持つ者が抑えられるはずはなく、めでたく独裁者が生まれていくことになる。日本の土地は支配者の持ち物で、革命のリスクを誘発しかねない武器を持つ公権力(警察や軍隊)を持っている人は優遇されるだろう。まさに北朝鮮だ。
人間は支配者に従順ではない。公権力という泥棒から逃れるためにありとあらゆる手段で自分の財産を守ろうとする。こんなこと普通なら当たり前なことだ。あなた方権力者のために貢いで差し上げますなんて人間がいたらそれこそ気味が悪い。相続税を100%にしたら国民は財産を隠すし、隠すから経済は動かなくなる。隠しようのない不動産はとことん売られて株も売られる。こうして資産価格が大暴落して二束三文で相続税と関係のない外国人が株や不動産の保有者となる。
 橋下や国家社会主義思想を持つ愚か者の考えは、国民はあくまで公権力に唯々諾々と従う奴隷であるとでも思い込んでいる。そしていくら税金を上げても国民は今まで通りの生活をして、今まで通りの仕事をやり続けるものだと思い込む。しかし現実は違う。相続税で没収されるとわかっていたら次の代では農地を維持しようとしなくなるし、山も荒れ放題。住宅も没収されるとわかっていたら誰も買わない。日本人は誰も買わないから外国人が二束三文で買いたたき、そして日本人は家賃生活をすることになる。
そんなに経済を活性化させたいのなら相続税(と贈与税)なんて撤廃すればいいだけの話だ。相続税がかからないとわかれば人々は衣食住が普通に満たされた後は生活を豊かにするためにあちこちに別荘を買ったり大きな住宅を買ったりするようになる。投資物件に関しても日本人がいっぱい買うようになる。株も買うようになる。財産を隠す必要がないから事業も大きくしやすくなるだろう。しかし次の代に事業が継承できないとわかっていたら引き継げる人がいなくなって産業は発展しない。
 相続税を廃止すれば世界中から金持ちを呼び寄せる起爆剤にもなり得る。なんだかんだ言って、日本は外国人には非常に優しい国民性だから、外国人からすれば言葉が通じなくても居心地はいいだろう。そして日本にカネを落としてくれるようにもなる。
 驕り高ぶる連中というのは、どうも自分が優秀で民間人は優秀な自分に従えという発想になりがちだ。頭の悪い学歴だけがエリートの奴にこういう狂った思考に陥る傾向は非常に強いが、ようは自分の力で日本を操りたがる傾向にある。これがそもそもの間違いだ。
 経済的自由があってこそ発展するし、自由が無ければ民間は萎縮して経済は活性化などしない。そもそも相続税のない国は相続税最高税率が世界一高い日本より発展していないのだろうか?オランダは相続税がないが、階級化社会は起きていない。最近例に出さなくなったが、マスコミが大好きな福祉国家のスウェーデンだって相続税はないが、GDP比で見れば日本より経済は元気だ。昔から相続税が皆無に等しいスイスがどうなったかは説明するまでもない。
資産を把握するための略奪思考の国民総背番号制や資産課税など、自由な経済を無視した発想ばかりで頭がどうかしているとしか思えない。こんなことで経済が良くなっているのなら、世界中に封建制度が残っていたことだろう。
 ここまでくると、もはや一般人からの支持も無くなるだろう。画して維新の会は国民の期待を裏切り、自然崩壊することになる。選挙に出て大敗して恥をかくだろうから、その前に国政をあきらめて知事や市長レベルの政治だけをやっていればいい。それ以上はもはや何も期待していない。
 一時的な感情とはいえ、個人的には橋下に多少でも期待していたのに残念だ。日本を見回しても日本を変えてくれそうな政治家はもはや皆無に等しくなってしまった。
ラベル:大阪維新の会
posted by hazuki at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする