2022年06月18日

[ロックの殿堂] 2022年に殿堂入りを果たすアーティストが明らかに

[ロックの殿堂] 2022年に殿堂入りを果たすアーティストが明らかに

2022年ロックの殿堂入り発表 ジューダス・プリースト/デュラン・デュラン/ユーリズミックス/ドリー・パートン他
https://amass.jp/157290/


2022年5月4日のamass.jpより転載

2022年に新たに<ロックの殿堂(The Rock And Roll Hall Of Fame)>入りするアーティストが発表されています。

殿堂入りするのは

デュラン・デュラン
パット・ベネター&ニール・ジェラルド
ユーリズミックス
カーリー・サイモン
エミネム
ドリー・パートン
ライオネル・リッチー

の7組。

パフォーマー部門に加え、ジューダス・プリーストと、ジャム&ルイスのジミー・ジャム&テリー・ルイスがミュージカル・エクセレンス・アワードで殿堂入りを果たすことになります。ミュージカル・エクセレンス・アワードは「音楽を創造する独創性と影響力が音楽に劇的な影響を与えたアーティスト、ミュージシャン、ソングライター、プロデューサーに贈られるもの」です。

またハリー・ベラフォンテとエリザベス・コットンはともにアーリー・インフルエンス・アワードで殿堂入りを果たすことになります。

今年のアーメット・エルテガン・アワードはSugar Hill Recordsの創設者シルヴィア・ロビンソン、InterscopeとBeatsの創設者ジミー・アイオヴィン、音楽弁護士のアレン・グラブマンです。

ロックの殿堂入りのセレモニーは11月5日にロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで行われます。

■Performer Category
Pat Benatar & Neil Giraldo
Duran Duran
Eminem
Eurythmics
Dolly Parton
Lionel Richie
Carly Simon

■Musical Excellence Award
Judas Priest
Jimmy Jam & Terry Lewis

■Early Influence Award
Harry Belafonte
Elizabeth Cotten

■Ahmet Ertegun Award
Allen Grubman
Jimmy Iovine
Sylvia Robinson


Eurythmics.PNG
Eurythmics(ユーリズミックス)



殿堂入りするのはデュラン・デュラン、パット・ベネター&ニール・ジェラルド、ユーリズミックス、カーリー・サイモン、エミネム、ドリー・パートン、ライオネル・リッチーの7組。

ロックの殿堂、2022年度の候補発表
https://www.barks.jp/news/?id=1000214703

2022年2月3日のBARKSより。

「米Rock & Roll Hall of Fame Foundationは水曜日(2月2日)、2022年にロックの殿堂入りするアーティストの候補を発表した。

今年は以下の17アクトがノミネートされた。*()内は候補に挙がった回数。

ベック(初)
パット・ベネター(2)
ケイト・ブッシュ(3)
ディーヴォ(3)
デュラン・デュラン(初)
エミネム(初)
ユーリズミックス(3)
ジューダス・プリースト(3)
フェラ・クティ(2)
MC5(6)
ニューヨーク・ドールズ(3)
ドリー・パートン(初)
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(4)
ライオネル・リッチー(初)
カーリー・サイモン(初)
ア・トライブ・コールド・クエスト(初)
ディオンヌ・ワーウィック(2)」

ケイト・ブッシュ、MC5, ニューヨーク・ドールズは殿堂入りならず。
嬉しいのはユーリズミックスの殿堂入りですね。

ユーリズミックスの"Here Comes The Rain Again"の動画を貼ります。



Eurythmics, Annie Lennox, Dave Stewart - Here Comes The Rain Again (Remastered)

https://www.youtube.com/watch?v=TzFnYcIqj6I
posted by hazuki at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

バイデン大統領 拉致被害者家族と面会 全員に直接ことばかける(NHKニュース2022年5月23日)

バイデン大統領 拉致被害者家族と面会 全員に直接ことばかける(NHKニュース2022年5月23日)

バイデン大統領 拉致被害者家族と面会 全員に直接ことばかける
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220523/k10013639591000.html


2022年5月23日のNHKニュースより転載

北朝鮮に拉致された被害者の家族は23日午後、バイデン大統領と面会したあと記者会見を開き、バイデン大統領がいすに座っていた横田めぐみさんの母親の早紀江さんにひざをついて語りかけたことや、出席したすべての家族に直接ことばをかけたことを明らかにしました。

拉致被害者の家族とアメリカのバイデン大統領との面会は、23日午後3時前からおよそ30分間、東京 港区の迎賓館で行われました。

このあと、家族は都内で記者会見し、家族会の代表で横田めぐみさんの弟の拓也さん(53)や、母親の早紀江さん(86)などが出席しました。

それによりますと、バイデン大統領は面会の冒頭、いすに座っていた早紀江さんにひざをついて語りかけたほか「ハグしていいですか」と声をかけ、2人は抱き合ったということです。

また、バイデン大統領が2人の子どもを亡くしていて、ズボンのポケットから長男の写真を取り出し「家族を失うのはつらいことだ」と話す場面もあったということです。

バイデン大統領は、23日の面会に出席したすべての被害者家族に直接ことばをかけたということです。

横田早紀江さんは「大統領は『あなた方の気持ちはよくわかる、同じ気持ちだ』と言ってくれました。腰をかがめて話してくれたので驚いて立ち上がってしまいました」と話したうえで「来年、私は夫が亡くなった時と同じ年齢になります。とにかく一目、めぐみちゃんに会いたい。そしてすべての被害者の帰国を実現したい」と語りました。

被害者家族が伝えた内容は

拉致被害者の家族会代表を務める横田拓也さんは23日の面会で、45年前、当時、中学1年生で13歳だっためぐみさんが下校途中に拉致されたこと、そして、めぐみさんがとてもやさしく、明るく、朗らかな性格で、拉致されて以降、家族の会話が減り、笑顔が消えたことをバイデン大統領に伝えたということです。

そして、両親が20年間、必死に探し続けても手がかりが得られず、1997年に家族会を結成したと説明し、その家族会の初代代表を務めた父親の滋さんがおととし、2代目の代表だった飯塚繁雄さんが去年12月に相次いで亡くなったことを伝え、救出活動の先頭に立ってきた2人が肉親との再会を果たせないまま亡くなったことの悔しさや無念さを訴えたということです。

そのうえで、すべての被害者家族が同じ苦しみを抱いているとして、すべての被害者の一刻も早い帰国を実現するため、アメリカの支援と理解を求めたということです。

これに対し、バイデン大統領は、それぞれの家族と話し終えたあと「いつも祈っています。私たちは協力します」と述べたということです。

市川修一さんの兄 健一さん「家族の苦しみ理解してくれた」

鹿児島県の拉致被害者、市川修一さんの兄の健一さん(77)は記者会見で、「バイデン大統領はそれぞれの家族に近づいて話を聴いてくれました。私は『力を貸してください』と言うのが精いっぱいでしたが、長年にわたる家族の苦しみを理解してくれたと信じています」と話していました。

このあとNHKの取材に応じた市川さんは「バイデン大統領は『自分も子どもを亡くした』と言って、ポケットから子どもの写真を取り出し、話してくれました。被害者家族の気持ちを分かってくれたのだと思います。家族は高齢になり、時間がありません。新型コロナの影響で3年近く活動ができない中、きょうの面会によって解決の方向に向かえばと思います」と話していました。

田口八重子さん長男 飯塚耕一郎さん「問題進めるのは政府」

田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんは記者会見で「国際社会への訴えも大事な要素ではあるが、この問題を進めるのは日本政府だ。新型コロナの影響で停滞したとはいえ、被害者との再会を果たせないまま家族が亡くなっていることをどれだけ重く受けとめているのかがまったく見えない。今後、北朝鮮との交渉をどのように進めていくのか、岸田政権の一挙手一投足を注視していきたい」と話しました。

松野官房長官「拉致問題への理解深まる有意義な機会に」

松野官房長官は記者会見で「バイデン大統領には、大統領としての初来日の機会に拉致被害者の家族と面会し、励まして勇気づけてもらった。拉致被害者を思う家族の心情や拉致問題の一刻も早い解決に向けたアメリカの支援を求める発言にじっくりと真剣に耳を傾けていた」と述べました。

そのうえで「今回の面会は、バイデン大統領をはじめアメリカの拉致問題への理解が一層深まる有意義な機会となったと考えている。拉致問題は岸田内閣の最重要課題であり、拉致被害者の家族が高齢となる中、引き続き日米で緊密に連携しながら、すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現するためあらゆるチャンスを逃すことなく、全力で行動していく」と述べました。


横田早紀江さん・バイデン大統領と面会.PNG
横田早紀江さん



北朝鮮に拉致された被害者の家族は23日午後、バイデン大統領と面会したあと記者会見を開き、バイデン大統領がいすに座っていた横田めぐみさんの母親の早紀江さんにひざをついて語りかけたことや、出席したすべての家族に直接ことばをかけたことを明らかにしました。
拉致被害者の家族とアメリカのバイデン大統領との面会は、23日午後3時前からおよそ30分間、東京 港区の迎賓館で行われました。
このあと、家族は都内で記者会見し、家族会の代表で横田めぐみさんの弟の拓也さん(53)や、母親の早紀江さん(86)などが出席しました。
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米バイデン政権 IPEF立ち上げに向け協議開始発表 13か国参加へ(NHKニュース2022年5月23日)

米バイデン政権 IPEF立ち上げに向け協議開始発表 13か国参加へ(NHKニュース2022年5月23日)

米バイデン政権 IPEF立ち上げに向け協議開始発表 13か国参加へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220523/k10013639231000.html


2022年5月23日のNHKニュースより転載

アメリカのバイデン政権は、中国への対抗を念頭にした新たな経済連携IPEF=インド太平洋経済枠組みの立ち上げに向けた協議を開始すると正式に発表しました。日本やインド、東南アジアの国々など世界のGDPの40%に当たる合わせて13か国が参加するとしています。

アメリカのバイデン政権は23日、バイデン大統領の訪日に合わせ、新たな経済連携IPEF=インド太平洋経済枠組みの立ち上げに向けた協議を開始すると発表しました。

参加するのは、アメリカや日本、インド、韓国、オーストラリアのほか、インドネシアやタイ、シンガポールなど合わせて13か国で、世界のGDP=国内総生産の40%に当たるとしています。

声明では、IPEFについて「各国の強じんさや経済成長を発展させるものだ」と位置づけ、「インド太平洋地域の協力や繁栄、平和に貢献する」などと目的を強調しています。

そして、4つの柱に焦点を当てるとして、
▽デジタルを含む貿易、
▽サプライチェーン=供給網、
▽クリーンエネルギー・脱炭素、インフラ、
▽税制・汚職対策を挙げ、
それぞれについて高い基準を設けていくなどとしています。

IPEFは、この地域で影響力を強める中国への対抗を念頭にバイデン政権が構想し、復帰に否定的なTPP=環太平洋パートナーシップ協定に代わる経済連携と位置づけています。

一方、IPEFは関税の引き下げなどを対象にしないため、メリットが少ないとみる国もあり、参加する国がどこまで広がりを見せるかが焦点になっていました。

今後は4つの柱をめぐる連携や基準づくりの協議が始まることになり、中国への対抗という思惑どおり、実効性のある連携にできるかが問われることになります。

バイデン大統領「インド太平洋地域の国々による競争の推進力に」

バイデン大統領は、IPEFについて「13か国が参加して、きょうから始まる。この枠組みは、インド太平洋地域の国々による競争の推進力となる」と述べ、立ち上げに向けた協議を開始すると表明しました。

また「われわれは21世紀の経済の新たなルールを作っている。参加したすべての国の経済がより速く、公正に成長するよう手助けをする。成長を妨げるような課題に対して、成長のエンジンの可能性を最大限に引き出していく」と述べました。

岸田首相 “参加し 協力する”

IPEFの立ち上げを目指す会合に参加した岸田総理大臣は「バイデン大統領が、日本で、IPEFの立ち上げを宣言したことは、この地域へのアメリカの強いコミットメントを明確に示すものだ。日本はIPEFに参加し、アメリカと緊密に連携し、ASEAN諸国をはじめとする地域のパートナーと手を携えて、新たな枠組みづくりに協力していく」と述べました。

そのうえで「ASEANがIPEFでも中核的な役割を果たすことが重要で、日本はASEANの一体性と中心性を尊重し、積極的に議論に参加する。IPEFを通じて、これからのインド太平洋の持続可能な成長に向けて経済秩序をつくりあげていこう」と呼びかけました。

韓国ユン大統領 “連帯示す第一歩”

オンラインで参加した韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領は「IPEFの立ち上げは急速に変化する経済環境の中で域内の国家間の連帯と協力の意思を示す意義のある第一歩だ」と述べました。

そして、韓国として供給網やクリーンエネルギー、脱炭素などの分野で具体的な協力の在り方を提示していく考えを明らかにしました。

IPEFへの参加を受けて、韓国外務省は専門の部署を設置して各国との連携を進めることにしています。

インド モディ首相「われわれの強い意志の表れ」

岸田総理大臣やアメリカのバイデン大統領とともに会合に出席したインドのモディ首相は「世界経済を成長させるエンジンとしてのIPEFは、われわれの強い意志の表れだ。インドはみなさんとともに、包摂的で柔軟なIPEFの構築に取り組む。この枠組みがインド太平洋地域における発展と平和、繁栄の道につながると信じる」と述べました。

IPEF参加国

アメリカ、日本、オーストラリア、ブルネイ、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム


IPEF参加国.PNG



アメリカのバイデン政権は、中国への対抗を念頭にした新たな経済連携IPEF=インド太平洋経済枠組みの立ち上げに向けた協議を開始すると正式に発表した。
世界のGDPの40%に当たる合わせて13か国が参加するとしている。
声明では、IPEFについて「各国の強じんさや経済成長を発展させるものだ」と位置づけ、「インド太平洋地域の協力や繁栄、平和に貢献する」などと目的を強調している。
IPEF参加国は、アメリカ、日本、オーストラリア、ブルネイ、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム。

IPEFは、Indo-Pacific Economic Frameworkの頭文字をとった新たな経済連携の略称で、日本語では「インド太平洋経済枠組み」と呼ばれている。
中国をけん制するため、米国主導の経済圏を創ろうというもの。

【詳しく】注目のIPEFって何?バイデン大統領が提唱
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220523/k10013635071000.html

2022年5月23日のNHKニュースより。

「IPEFは、Indo-Pacific Economic Frameworkの頭文字をとった新たな経済連携の略称で、日本語では「インド太平洋経済枠組み」と呼ばれています。

そのねらいは、ひと言で言うと、アメリカが「最大の競合国」と位置づける中国への対抗です。この地域でインフラ投資や貿易を通じて影響力を拡大する中国をけん制するため、アメリカ主導の経済圏をつくろうというのです。

提唱したのは、アメリカのバイデン大統領。2021年10月の東アジアサミットで初めて言及し、その後、外交政策の柱となる「インド太平洋戦略」の中で、戦略を実行する具体策の一つとして打ち出しました。」




関連

日米「拡大抑止」を強化 岸田首相、IPEF参加表明(時事通信2022年5月23日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/488293092.html
posted by hazuki at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

ウォーホルの作品 250億円で落札 20世紀美術品として史上最高(NHKニュース2022年5月10日)

ウォーホルの作品 250億円で落札 20世紀美術品として史上最高(NHKニュース2022年5月10日)

ウォーホルの作品 250億円で落札 20世紀美術品として史上最高
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220510/k10013618971000.html


2022年5月10日のNHKニュースより転載

アメリカのポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルが俳優のマリリン・モンローを題材に制作した作品がオークションにかけられ、20世紀の美術品としては史上最高額となる、日本円でおよそ250億円で落札されました。

ニューヨークで9日に開催されたオークションにかけられたのは、アンディ・ウォーホルがマリリン・モンローを題材にした一連の作品のひとつで、シルクスクリーンと呼ばれる技法で1964年に制作されたものです。

オークションの結果、作品は1億9500万ドル、日本円でおよそ250億円で落札されました。

落札額はパブロ・ピカソの「アルジェの女たち」のおよそ1億7900万ドルを上回り、オークションにかけられた20世紀の美術品としては史上最高額となります。

落札者は明らかにされていませんが、オークションを手がけた「クリスティーズ」によりますと売り上げは作品を出品した財団によって子どもの医療や教育水準の向上を目指す事業にあてられるということです。


アンディ・ウォーホルのマリリン・モンロー.PNG
アンディ・ウォーホルのマリリン・モンロー



アメリカのポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルが俳優のマリリン・モンローを題材に制作した作品がオークションにかけられ、20世紀の美術品としては史上最高額となる、日本円でおよそ250億円で落札された。

[アンディ・ウォーホル展]永遠の15分(森美術館)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392199042.html

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)は、好きです。
ウォーホル展にも行きましたので、記事も書きました。

リンゴ・スター、グリーン・デイ、故ルー・リード、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ他、2015年にロックの殿堂入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411010953.html

2014年12月、ウォーホルがプロデュースした「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ(Velvet Underground & Nico)」のヴォーカル&ギターの故ルー・リード(Lou Reed)が、2015年のロックの殿堂入りしました。




参考

ウォーホル作品に95億円 「3人のプレスリー(トリプル・エルビス)」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408870936.html

ウォーホルのデジタル作品、約30年前のフロッピーから発見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/395641054.html

[アンディ・ウォーホル展]永遠の15分(森美術館)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392199042.html




関連

リンゴ・スター、グリーン・デイ、故ルー・リード、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ他、2015年にロックの殿堂入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411010953.html

2015年のロックの殿堂に ザ・スミス、グリーン・デイ、故ルー・リード、スティングらが候補に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406987124.html
ラベル:Andy Warhol
posted by hazuki at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

モデルナ 生後6か月〜6歳未満への緊急使用の許可 米FDAに申請(NHKニュース2022年4月29日)

モデルナ 生後6か月〜6歳未満への緊急使用の許可 米FDAに申請(NHKニュース2022年4月29日)

モデルナ 生後6か月〜6歳未満への緊急使用の許可 米FDAに申請
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220429/k10013604921000.html


2022年4月29日のNHKニュースより転載

アメリカの製薬会社モデルナは28日、新たに生後6か月から6歳未満の子どもを対象にした新型コロナウイルスワクチンの緊急使用の許可をFDA=アメリカ食品医薬品局に申請したと発表しました。

モデルナは28日、生後6か月から6歳未満の子どもを対象にした新型コロナウイルスワクチンの臨床試験の結果、効果と安全性が確認されたとしてFDAにこの年代に対する緊急使用の許可を申請したと発表しました。

この年代には18歳以上の大人の4分の1の量を2回、接種するとしています。

モデルナによりますと、生後6か月から6歳未満の子どもおよそ6700人を対象にした臨床試験の結果、ワクチンを接種したあとウイルスの働きを抑える抗体の値は大人の場合と同じ程度に増加したということです。

またオミクロン株がまん延している時に調べた感染を防ぐ効果は、生後6か月から2歳未満では51%、2歳以上から6歳未満では37%だったということです。

安全性についても接種後の健康への影響は大人と同じ傾向がみられ、新たな懸念は示されなかったということです。

モデルナのワクチンの接種についてはアメリカでは現在18歳以上は正式に承認され、それ以外の年代に対しても緊急使用の許可の申請が進んでいます。




アメリカの製薬会社モデルナは28日、新たに生後6か月から6歳未満の子どもを対象にした新型コロナウイルスワクチンの緊急使用の許可をFDA=アメリカ食品医薬品局に申請したと発表した。
生後6ヶ月の赤ちゃんは母親の母乳を飲んでいれば、免疫がある筈なので、ワクチンは不要です。
6歳未満の子供にワクチンを打たせようとしているモデルナ。
ワクチンは不要です。
副反応が酷くても、モデルナは責任を取らない。
ワクチンから子供を守れ。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




関連

医師によると6歳児にはコロナワクチンが必要です。今、彼は心筋炎を患っており歩くことが出来ません
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/485614820.html
posted by hazuki at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

米大統領次男の捜査本格化 税法違反など多岐に、政権影響も(共同通信2022年4月3日)

米大統領次男の捜査本格化 税法違反など多岐に、政権影響も(共同通信2022年4月3日)

米大統領次男の捜査本格化 税法違反など多岐に、政権影響も
https://nordot.app/883230338750906368?c=39546741839462401


2022年4月3日の共同通信より転載

【ワシントン共同】米連邦検察は3日までに、2018年に着手したバイデン大統領の次男で弁護士のハンター氏に対する捜査を本格化させた。米メディアによると、疑惑は税法違反や資金洗浄、薬物に絡む法律違反など多岐にわたる。今年11月の中間選挙で野党共和党が勝利すれば追及を強めるのは必至で、バイデン氏の任期後半の政権運営に影響する可能性もある。

 ハンター氏はバイデン氏の影響力を利用し、ウクライナや中国の企業から多額の報酬を受け取ったとの疑念を持たれてきた。

 ハンター氏は、21年4月の米テレビ番組で税務に関する疑惑について「捜査が終結すれば晴れる」と否定していた。


ハンター・バイデン.PNG
バイデン米大統領の息子であるハンター・バイデン氏



米連邦検察は3日までに、2018年に着手したバイデン大統領の次男で弁護士のハンター氏に対する捜査を本格化させた。
米メディアによると、疑惑は税法違反や資金洗浄、薬物に絡む法律違反など多岐にわたる。
ハンター氏はバイデン氏の影響力を利用し、ウクライナや中国の企業から多額の報酬を受け取ったとの疑念を持たれてきた。

英紙が、バイデン氏息子によるウクライナ生物研究所協力の証拠を公表(Pars Today 2022年3月27日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/486190811.html

バイデン米大統領の息子であるハンター・バイデン氏が、致命的に危険な病原体の研究をウクライナで進める米国の請負業者に対する金融支援をサポートしていた。




ハンター・バイデン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3

ロバート・ハンター・バイデン(Robert Hunter Biden、1970年2月4日 - )は、アメリカ合衆国の弁護士、実業家、画家[1]。元アメリカ合衆国副大統領で第46代アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンの次男である。デラウェア州ウィルミントン出身。英語通称名は、ハンター・バイデン(Hunter Biden)。

ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた[13]。この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた[11]。




関連

英紙が、バイデン氏息子によるウクライナ生物研究所協力の証拠を公表(Pars Today 2022年3月27日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/486190811.html
posted by hazuki at 20:56| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

米国、デジタルドル導入を本格検討 バイデン氏が大統領令(AFP通信2022年3月10日)

米国、デジタルドル導入を本格検討 バイデン氏が大統領令(AFP通信2022年3月10日)

米国、デジタルドル導入を本格検討 バイデン氏が大統領令
https://www.afpbb.com/articles/-/3394194


2022年3月10日のAFP通信より転載

【3月10日 AFP】ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領は9日、デジタルドルの導入に向けた準備として、リスクと利益を検討するよう政府機関に指示する大統領令に署名した。実現すれば、世界の金融システムに変革をもたらす可能性がある。

 デジタル通貨の分野では、ビットコイン(Bitcoin)をはじめとする民間の暗号資産(仮想通貨)が爆発的に普及。中央銀行が発行・管理する「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」は、中国のデジタル人民元をはじめ、すでに100か国超が試験プログラムを検討または導入しており、世界最大の経済大国である米国もこの動きに加わる。

バイデン氏は大統領令で、デジタルドルの設計と展開の可能性について、研究開発を緊急に行うよう指示。財務省など各省庁に対し、消費者保護や、すべての人が金融サービスを利用できるようにする「金融包摂」、デジタル資産の不正利用などの課題を検討するよう求めている。(c)AFP


ジョー・バイデン.PNG
米国のバイデン大統領



ジョー・バイデン米大統領は9日、デジタルドルの導入に向けた準備として、リスクと利益を検討するよう政府機関に指示する大統領令に署名した。
実現すれば、世界の金融システムに変革をもたらす可能性がある。
バイデン氏は大統領令で、デジタルドルの設計と展開の可能性について、研究開発を緊急に行うよう指示。
財務省など各省庁に対し、消費者保護や、すべての人が金融サービスを利用できるようにする「金融包摂」、デジタル資産の不正利用などの課題を検討するよう求めている。
米国はデジタルドル発行に向けて動き出した。

デジタル通貨には、電子マネーや仮想通貨といったものがある。
ドルをデジタル化すれば、仮想通貨を利用する全ての人々が、国籍を問わずプロファイリング(個人の属性、性格、嗜好、生活状況などを推測すること)の対象になり得る。
個人情報を世界中で、収集出来る。
デジタル通貨は完全なキャッシュレス決済で、監視体制であって、共産主義です。

北京五輪選手村で実証実験中の「デジタル人民元」 中国の狙いとは?
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2202/18/news153.html

2022年2月19日のITmediaビジネスの報道によると、「中国政府が、北京五輪選手村で「デジタル人民元」(e-CNY)の実証実験を行っている。デジタル人民元は、中国の中央銀行「中国人民銀行」が発行する中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency、CBDC)。中国は主要国初の正式発行を目指しており、五輪を機にデジタル人民元を国際的にアピールする狙いがある。」とのこと。

デジタル人民元は実証実験中です。
posted by hazuki at 08:37| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月09日

米軍事専門家、「ウクライナの過激派武装集団が民間人避難計画失敗の原因」(Pars Today 2022年3月9日)

米軍事専門家、「ウクライナの過激派武装集団が民間人避難計画失敗の原因」(Pars Today 2022年3月9日)

米軍事専門家、「ウクライナの過激派武装集団が民間人避難計画失敗の原因」
https://parstoday.com/ja/news/world-i94390


2022年3月9日のPars Todayより転載

元米軍特殊作戦司令官のスコット・ベネット氏が、「ウクライナの過激派武装集団は、戦闘地域から民間人を避難させる計画を失敗させる原因になっている」と述べました。

ロシア国防省は今月7日の声明において、衝突が起きているウクライナの首都キエフとマリウポリ、ハルキウ、スミ各都市から、民間人を他都市へ避難させるための人道回廊を6ルート設置すると発表しました。

同省は、「ウクライナのナショナリストは、民間人を人間の盾として利用している」と強調しています。

スコット・ベネット氏は、米サンフランシスコでプレスTVのインタビューに応じ、「現在、過激派武装集団やネオナチが民間人を人間の盾として利用するために各都市を攻撃していることは、ウクライナ政府軍の絶望感を示しており、さらにこの体制の裏面にある隠された醜悪な望みも明らかにしている」と述べました。

続けて、右派の兵士はウクライナの人々の利益や国の文化保全には決して興味を持たないと説明し、「彼らは、米国を筆頭とする自身の主人たちの命令実行や戦闘を重視する」としました。

そして、「ロシアは、安全の確立、人道的支援のための回廊設置、現地から避難したい人々のための脱出原則の実施によって、ウクライナ紛争地域に住む人々の気持ちや思考の支持を集めた」と指摘しました。

ロシア国防省は、「ウクライナのナショナリストやネオナチが今月7日、マリウポリにおいて約150人の民間人を人間の盾として使い、ドネツク人民共和国軍に向けて攻撃した」と伝えています。


ウクライナの過激派武装集団.PNG
ウクライナの過激派武装集団



元米軍特殊作戦司令官のスコット・ベネット氏が、「ウクライナの過激派武装集団は、戦闘地域から民間人を避難させる計画を失敗させる原因になっている」と述べた。
スコット・ベネット氏は、米サンフランシスコでプレスTVのインタビューに応じ、「現在、過激派武装集団やネオナチが民間人を人間の盾として利用するために各都市を攻撃していることは、ウクライナ政府軍の絶望感を示しており、さらにこの体制の裏面にある隠された醜悪な望みも明らかにしている」と述べた。

ロシア国防省「ウクライナの民族主義者は、民間人を人間の盾として使用」(Pars Today 2022年3月8日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/485905271.html

ロシア国防省は、ウクライナ国内のおよそ2400ヶ所の軍事施設が破壊されたとし、「ウクライナの民族主義者は、民間人を人間の盾として使用している」と発表した。

ウクライナ情勢は海外のメディアですね。
ネオナチについて言及しています。




関連

ロシア国防省「ウクライナの民族主義者は、民間人を人間の盾として使用」(Pars Today 2022年3月8日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/485905271.html
posted by hazuki at 21:12| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月17日

米アンソニー・ファウチ博士 “4回目接種 必要かどうか慎重に検討”

米アンソニー・ファウチ博士 “4回目接種 必要かどうか慎重に検討”

米ファウチ博士 “4回目接種 必要かどうか慎重に検討”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220217/k10013488421000.html


2022年2月17日のNHKニュースより転載

アメリカ政府の首席医療顧問を務めるファウチ博士は16日、ファイザーやモデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、追加の接種から時間が経過すると、効果が徐々に低下する可能性があるとして、4回目の接種が必要かどうか慎重に検討していく考えを示しました。

アメリカ政府の首席医療顧問を務めるファウチ博士は16日の記者会見で、ファイザーやモデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、現在行われている3回目の接種に加え「4回目の接種が必要かどうか問われることが多い」と述べ、現時点での考え方を説明しました。

それによりますと、アメリカCDC=疾病対策センターが発表した追加接種の効果の分析では、3回の接種を終えた人での入院を防ぐ効果は、オミクロン株が主流になった時期で、接種から2か月以内の場合91%でしたが、4か月以上たつと78%に低下していたということです。

ファウチ博士はこの分析結果について「低下したとはいえ、入院を防ぐ効果は比較的高いといえる」と評価したうえで「今後も新型コロナウイルスの感染者や入院者を減少させ続けるためにはワクチンの追加の接種が極めて重要だ。4回目の接種については随時、データを監視し、推奨が必要かどうか判断していく」と述べ、慎重に検討していく考えを示しました。


ファウチ博士・4回目接種.PNG
アンソニー・ファウチ博士



アメリカ政府の首席医療顧問を務めるファウチ博士は16日、ファイザーやモデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、追加の接種から時間が経過すると、効果が徐々に低下する可能性があるとして、4回目の接種が必要かどうか慎重に検討していく考えを示した。
オミクロン株はただの風邪。
ワクチンを3回打ってもコロナに感染する。
ファイザーやモデルナの4回目のワクチン接種は必要ない。
4回目接種で死亡させる気か。

コロナはただの風邪。
コロナはPCR詐欺。




アンソニー・ファウチ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%81

アンソニー・スティーヴン・ファウチ(Anthony Stephen Fauci; [ˈfaʊtʃi]、1940年12月24日 - )は、アメリカ合衆国の医師、免疫学者。1984年からアメリカ国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID) 所長[1][2][3]。ヒト免疫不全ウイルス (HIV) の研究でロベルト・コッホ賞金メダル(2013年)受賞[4]。アメリカ合衆国の政権6代に渡って大統領に感染症関係の助言をし[3]、大統領エイズ救済緊急計画(英語版)の策定において中心的役割を果たした[3]。

2020年1月からは、アメリカ合衆国における新型コロナウイルス・パンデミックに対処するホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーの一人として活躍している。 アメリカ国立衛生研究所 (NIH) の医師として、50年以上にわたり様々な立場から公衆衛生に貢献してきた。科学者として、また NIH の NIAID の責任者として、HIV/AIDS研究やその他免疫不全の研究に貢献してきた。ニューヨーク・タイムズ紙はファウチを「感染症に関する米国の第一人者」と呼んだ[5]。

アンソニー・ファウシ[6][7]、アンソニー・フォーシ[8][9]とも。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。
posted by hazuki at 13:03| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

医師によると6歳児にはコロナワクチンが必要です。今、彼は心筋炎を患っており歩くことが出来ません

医師によると6歳児にはコロナワクチンが必要です。今、彼は心筋炎を患っており歩くことが出来ません

Doctors said a 6-year-old needs the COVID vaccine; now he has myocarditis and can’t walk
https://alphanews.org/doctors-said-a-6-year-old-needs-the-covid-vaccine-now-he-has-myocarditis-and-cant-walk/


2022年2月7日のAlpha Newsより転載

Six-year-old Milo Edberg was alert and walking in early December before he got the COVID-19 vaccine. Now, he's confined to a hospital bed, diagnosed with myocarditis, unable to walk.

Milo Edberg is a six-year-old child who received the COVID-19 vaccine on Dec. 10. Two days later, he was back in the hospital, where he remains, unable to even swallow his own saliva.

“He was perfectly fine and then he wasn’t,” his mother, Carrie, told Alpha News.

Milo’s life has never been easy. Born a micro-preemie at just 23 weeks, he’s battled chronic lung disease his entire life. Despite his struggles, however, he learned to walk and his mother said he was alert and expressive in early December when a doctor at M Health Fairview’s Masonic Children’s Hospital decided that he needed the COVID vaccine.

He was in the hospital for a port placement to help with some blood sugar issues. That port placement was considered minor surgery and all went well.

Milo’s mother said she didn’t want her son to get the shot. Only three Minnesota children under the age of 10 have died of the virus since the coronavirus pandemic began two years ago − yet his doctor said that he was at special risk of having a severe case.

Ultimately, Carrie abided by the doctor’s recommendation after being told that the shot was safe and harmless. “I went against my gut and said OK, do it,” she said.

“Unfortunately, you can’t go back in time,” she now recalls. “I support vaccines, but this one has been tough.”

Milo was vaccinated Dec. 10 and discharged from the hospital hours later. He was “gasping for air” at home later the next evening, Carrie said. She dialed 911 as her son’s symptoms progressed. Young Milo was transported back to Masonic on the 12th where he was intubated and diagnosed with myocarditis. He remained intubated for a month and a half and is still in the hospital nearly two months later. He can’t sit up on his own.

In all of this time, the doctors haven’t been able to clearly explain Milo’s affliction, his mother said.

“They literally have no answers,” she commented.

Doctors haven’t even been able to provide a timeline for when Milo might be able to return home or predict if he will be able to regain any quality of life.

Before the vaccine, Carrie said her son was “eating on his own [but] now he can’t even swallow his saliva.” She said he gained so many skills last year and was doing very well.

Videos that show the child walking before he was vaccinated also contrast sharply with images supplied by his mother that show him intubated, laying helpless in the hospital.

Meanwhile, “they [the doctors at Masonic] won’t bring up the vaccine” when talking about Milo’s situation, Carrie reported.

“Milo has had amazing care at Masonic. But it is weird they won’t bring up the vaccine. They just brush it off,” she said.

However, she was able to file her own VAERS report in late January, and Milo reportedly received a 10-15 minute visit from infectious disease specialists who said they would file a report with the CDC and Pfizer early in his hospital stay. She has heard nothing about this since.

M Health Fairview said it cannot comment on an individual patient because of privacy laws and directed Alpha News to its FAQ page on vaccines for children.


Milo Edberg.PNG



6歳のミロ・エドバーグはコロナワクチンを接種する前の12月初旬に警戒して歩いていました。
現在、彼は病院のベッドに閉じ込められており、心筋炎と診断され、歩くことが出来ません。

ミロ・エドバーグは12月10日にコロナワクチンを接種した6歳の子供です。
2日後、彼は病院に戻り自分の唾液を飲み込むことさえ出来ませんでした。
約1ヵ月半もの間、気管挿管され2ヵ月経った現在も入院したまま、今は1人で座ることも食事を摂ることも出来ない。

5歳〜11歳へのワクチン接種が始まろうとしています。
子供へワクチンを接種しない選択をしてください。
ワクチンから子供を守れ。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。
posted by hazuki at 09:22| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

米、核禁止会議への不参加要請 オブザーバー警戒、日本は同調

米、核禁止会議への不参加要請 オブザーバー警戒、日本は同調
https://nordot.app/845632726756573184?c=39546741839462401


2021年12月20日の共同通信より転載

 【ワシントン共同】核兵器禁止条約に反対するバイデン米政権が来年3月の第1回締約国会議に、日本がオブザーバー参加しないよう外交ルートを通じて正式に要請していたことが20日、複数の米政府関係者への取材で明らかになった。要請は11月29日の週に行われ、岸田政権側は同調し、参加に慎重姿勢を示したという。

 ドイツの新政権をつくる連立与党が、これに先立ちオブザーバー参加で政策合意。米側が同盟国への拡大を警戒、唯一の戦争被爆国として参加を求める声が強い日本にくぎを刺したとみられる。岸田首相は16日の参院予算委で参加は「具体的には考えていない」と否定的姿勢を表明した。


核兵器禁止条約会議を巡る立場.PNG
核兵器禁止条約会議を巡る立場



核兵器禁止条約に反対するバイデン米政権が来年3月の第1回締約国会議に、日本がオブザーバー参加しないよう外交ルートを通じて正式に要請していたことが20日、複数の米政府関係者への取材で明らかになった。
要請は11月29日の週に行われ、岸田政権側は同調し、参加に慎重姿勢を示したという。
唯一の被爆国なのに米国に同調は情けない。
締約国会議にオブザーバー参加すべき。




「核兵器は法律にも反する」 被爆者の願い、世界動かす
http://www.asahi.com/articles/ASK785GVNK78PTIL014.html
2017年7月8日19時56分




参考

外相、核禁条約会議参加に否定的 「核保有国が一国もおらず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/484885020.html

[核兵器禁止条約] 岸防衛相「核保有国が加わらず 有効性に疑問」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478109511.html

核兵器禁止条約、年明け発効へ 批准50カ国、保有国に軍縮迫る
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478105721.html

[核兵器禁止条約] 採択 日本「署名せず」 米英仏は非難
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451661758.html
posted by hazuki at 09:48| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

ファイザー製ワクチン 4歳以下に3回接種試験へ

ファイザー製ワクチン 4歳以下に3回接種試験へ

ファイザー製ワクチン 4歳以下に3回接種試験へ
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000238833.html


2021年12月18日のテレビ朝日ニュースより転載

 ファイザーは、2歳から4歳を対象とした新型コロナワクチンの治験で、2回接種では十分な免疫が得られず、今後は3回接種の有効性を試すと発表しました。

 アメリカの製薬大手「ファイザー」は17日、乳幼児を対象としたワクチン治験の中間結果について、2歳から4歳では2回の接種で十分な免疫が確認されなかったため、生後6カ月から4歳を対象に3回目の接種を行うとする声明を出しました。

 安全性の懸念は示されていないということです。

 ワクチンは12歳以上には30マイクログラム、4歳以下では効果と安全性を考えて3マイクログラムを接種していました。

 ファイザーは3回目の接種で十分な免疫が確認できれば、来年前半にも6カ月から4歳を対象とした緊急使用許可をアメリカ当局に申請する方針です。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021


ファイザー4歳以下に3回接種試験へ.PNG



ファイザーは、2歳から4歳を対象とした新型コロナワクチンの治験で、2回接種では十分な免疫が得られず、今後は3回接種の有効性を試すと発表した。
アメリカの製薬大手「ファイザー」は17日、乳幼児を対象としたワクチン治験の中間結果について、2歳から4歳では2回の接種で十分な免疫が確認されなかったため、生後6カ月から4歳を対象に3回目の接種を行うとする声明を出した。
ファイザーは3回目の接種で十分な免疫が確認できれば、来年前半にも6カ月から4歳を対象とした緊急使用許可をアメリカ当局に申請する方針。
生後6ヶ月から4歳を対象に3回目の接種の治験とは狂っているだろう。
まともな親ならば自分の子供をファイザーの治験を受けさせない。
子供にコロナワクチンは不要です。




参考ツイート



野田CEO
@nodaworld
米ファイザー、コロナワクチン2歳〜5歳の子供への治験で2回投与では結果が得られず3回目の追加投与を決定

生後6ヶ月〜5歳未満の子供は2回目接種から2ヶ月後に3回目接種を行う

2022年前半には緊急使用許可を申請

大人達が接種を止めない限り、次は子供達が犠牲になる現実


https://twitter.com/nodaworld/status/1471972915306721281



追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。
posted by hazuki at 11:25| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

米「ワクチン接種義務は憲法違反」半数超の州が提訴

米「ワクチン接種義務は憲法違反」半数超の州が提訴
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211106/k10013336781000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


2021年11月6日のNHKニュースより転載

アメリカのバイデン政権が従業員100人以上の企業を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を来年1月から義務化するのは憲法に違反するとして、全米の半数を超える州が差し止めなどを求める訴えを相次いで起こしました。

アメリカのバイデン政権は、従業員が100人以上の企業を対象に、従業員のワクチン接種か少なくとも週に1回の検査を来年1月から義務化します。

これについて、野党・共和党が知事や司法長官を務める南部テキサス州やフロリダ州など少なくとも26の州が「憲法で保障された個人の自由を侵害している」などとして、連邦裁判所に差し止めなどを求める訴えを5日までに相次いで起こしました。

このうち、テキサス州の司法長官は「民間企業に対するワクチン接種の義務化は政府による権力の乱用だ」とする声明を出しました。

今回訴えを起こした州は、全米50州の半数以上にあたり、来年の中間選挙に向けて政治的な対立が一層深刻化することも予想されます。

副報道官「政府には権限がある 国民の命救うことに注力」

これについて、ホワイトハウスのジャンピエール副報道官は記者会見で「政府には労働者の健康と安全を守るための対策を実行する権限がある。われわれは世界的な感染拡大から抜け出し、国民の命を救うことに力を注いでいる」と述べ、ワクチン接種の義務化は問題ないという考えを強調しました。


米国「ワクチン接種義務は憲法違反」.PNG



アメリカのバイデン政権が従業員100人以上の企業を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を来年1月から義務化するのは憲法に違反するとして、全米の半数を超える州が差し止めなどを求める訴えを相次いで起こした。
テキサス州の司法長官は「民間企業に対するワクチン接種の義務化は政府による権力の乱用だ」とする声明を出した。
ワクチン接種義務は憲法違反。
当然ですね。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

ワクチン接種証明のアプリ発行にはマイナンバーカード必要に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483509588.html

入店時に接種証明、スマホでも発行 政府が近く活用案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483299543.html

ワクチンパスポート “国内での活用の在り方検討” 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483130521.html

7月26日、ワクチンパスポート受け付け開始 海外渡航で隔離免除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482633287.html

「ワクチンパスポート」イタリアなど5か国で使用可に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482606665.html

ワクチンパスポート申請7月26日から 市区町村で受け付け開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482430553.html

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482267367.html

河野規制改革相 「ワクチン接種証明書」導入検討の考え示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481285814.html

「ワクチンパスポート」検討 国内での活用なしで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480544824.html




関連

[シンガポール] ワクチン未接種、出社禁止へ 感染急増、対策強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/484109857.html

民間へのワクチン義務化、近く実施 政府方針「効果ある」 バイデン米大統領
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483912403.html

カリフォルニア州、全米初12歳以上の生徒にワクチン接種義務化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483700125.html

[ロサンゼルス] 接種を終えないと原則登校不可 生徒のワクチン義務化に抗議活動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483590056.html

英首相、冬に向けコロナ対策発表へ 接種証明は導入中止=保健相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483478231.html

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483445660.html

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482788450.html

[フランス] 7月21日、“ワクチンパスポート”提示の義務化始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482593068.html

[フランス] “ワクチン義務化”反対 11万人超が抗議デモ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482532732.html
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

民間へのワクチン義務化、近く実施 政府方針「効果ある」 バイデン米大統領

民間へのワクチン義務化、近く実施 政府方針「効果ある」 バイデン米大統領

民間へのワクチン義務化、近く実施 政府方針「効果ある」―バイデン米大統領
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500276&g=int


2021年10月15日の時事通信より転載

【ワシントン時事】バイデン米大統領は14日、国民向けに演説し、新型コロナウイルス対策として9月に打ち出した民間企業従業員のワクチン接種義務化について「労働省が近く緊急規則を出す」と明らかにした。その上で「接種義務化によってわれわれが分断されてはならない」と述べ、政治問題化すべきでないと訴えた。

 バイデン氏は9月、全連邦職員にワクチン接種を義務化するとともに、100人超を雇用する民間企業に対し、従業員に接種または定期的な感染検査を求める方針を表明。具体的には、労働省労働安全衛生局(OSHA)が「従業員が重大な危険にさらされた」と判断した場合に出す緊急暫定基準(ETS)を通じて行われる。
 バイデン氏は演説で、過去6週間で1日当たりの新規感染者数が47%、新規入院患者数が38%それぞれ減少したことを挙げ、接種義務化が「効果を上げているし、前進している」と主張。ただ、接種対象者のうち依然6600万人が接種を受けておらず「まだ力を緩める時ではない」として、引き続きワクチン普及に力を入れる決意を強調した。


バイデン大統領.PNG



バイデン米大統領は14日、国民向けに演説し、新型コロナウイルス対策として9月に打ち出した民間企業従業員のワクチン接種義務化について「労働省が近く緊急規則を出す」と明らかにした。
その上で「接種義務化によってわれわれが分断されてはならない」と述べ、政治問題化すべきでないと訴えた。

民間への接種義務化で米国民が分断されるだろう。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナはPCR詐欺。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

ワクチン接種証明のアプリ発行にはマイナンバーカード必要に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483509588.html

入店時に接種証明、スマホでも発行 政府が近く活用案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483299543.html

ワクチンパスポート “国内での活用の在り方検討” 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483130521.html

7月26日、ワクチンパスポート受け付け開始 海外渡航で隔離免除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482633287.html

「ワクチンパスポート」イタリアなど5か国で使用可に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482606665.html

ワクチンパスポート申請7月26日から 市区町村で受け付け開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482430553.html

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482267367.html

河野規制改革相 「ワクチン接種証明書」導入検討の考え示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481285814.html

「ワクチンパスポート」検討 国内での活用なしで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480544824.html




関連

カリフォルニア州、全米初12歳以上の生徒にワクチン接種義務化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483700125.html

[ロサンゼルス] 接種を終えないと原則登校不可 生徒のワクチン義務化に抗議活動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483590056.html

英首相、冬に向けコロナ対策発表へ 接種証明は導入中止=保健相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483478231.html

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483445660.html

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482788450.html

[フランス] 7月21日、“ワクチンパスポート”提示の義務化始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482593068.html

[フランス] “ワクチン義務化”反対 11万人超が抗議デモ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482532732.html
posted by hazuki at 23:59| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

カリフォルニア州、全米初12歳以上の生徒にワクチン接種義務化へ

カリフォルニア州、全米初12歳以上の生徒にワクチン接種義務化へ

カリフォルニア州、全米初12歳以上の生徒にワクチン接種義務化へ
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4373336.html


2021年10月2日のTBSニュースより転載

 アメリカ西部カリフォルニア州は、全米で初めてFDA=食品医薬品局が新型コロナワクチンの接種を12歳以上に正式承認した場合、生徒に接種を義務付け、登校して授業を受けるための条件にすると発表しました。

 食品医薬品局は、ファイザーの新型コロナワクチンについて16歳以上への接種を承認し、12歳から15歳の接種は緊急使用許可によって認めています。

 カリフォルニア州は、12歳以上についてFDAがワクチンを正式承認した場合、公立、私立を問わず日本の中学1年生から高校3年生にあたる生徒について登校して授業を受けるために接種の完了を求めるとしています。6年生以下の児童についても、承認され次第、段階的に広げるとしていて、病気や宗教上の理由での例外は認められます。

 これまで生徒への接種を義務づけた公立の学区はありましたが、州としては全米初だということです。


カリフォルニア州・生徒にワクチン義務化へ.PNG



アメリカ西部カリフォルニア州は、全米で初めてFDA=食品医薬品局が新型コロナワクチンの接種を12歳以上に正式承認した場合、生徒に接種を義務付け、登校して授業を受けるための条件にすると発表した。
生徒にワクチンを強制すべきではない。
11歳以下についても承認され次第、段階的に広げるという。
カリフォルニア州は狂っている。
日本も注意しなければならない。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナはPCR詐欺。




参考ツイート





追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

ワクチン接種証明のアプリ発行にはマイナンバーカード必要に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483509588.html

入店時に接種証明、スマホでも発行 政府が近く活用案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483299543.html

ワクチンパスポート “国内での活用の在り方検討” 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483130521.html

7月26日、ワクチンパスポート受け付け開始 海外渡航で隔離免除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482633287.html

「ワクチンパスポート」イタリアなど5か国で使用可に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482606665.html

ワクチンパスポート申請7月26日から 市区町村で受け付け開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482430553.html

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482267367.html

河野規制改革相 「ワクチン接種証明書」導入検討の考え示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481285814.html

「ワクチンパスポート」検討 国内での活用なしで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480544824.html




関連

[ロサンゼルス] 接種を終えないと原則登校不可 生徒のワクチン義務化に抗議活動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483590056.html

英首相、冬に向けコロナ対策発表へ 接種証明は導入中止=保健相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483478231.html

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483445660.html

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482788450.html

[フランス] 7月21日、“ワクチンパスポート”提示の義務化始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482593068.html

[フランス] “ワクチン義務化”反対 11万人超が抗議デモ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482532732.html
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ飲み薬で入院や死亡半減 米メルク、初の実用化向け申請へ

コロナ飲み薬で入院や死亡半減 米メルク、初の実用化向け申請へ
https://nordot.app/816837358464598016?c=39546741839462401


2021年10月2日の共同通信より転載

 【ワシントン共同】米医薬品大手メルクなどは1日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、患者の入院や死亡リスクを半減させる効果がみられたとの臨床試験(治験)結果を発表した。米国内での緊急使用許可の申請を急ぐとともに、世界各地でも製造販売承認の取得を目指したいとしている。承認されれば、ウイルスの侵入や増殖を防ぐ抗ウイルス薬で、コロナの飲み薬としては世界初となる可能性があるという。

 開発中の薬は「モルヌピラビル」。点滴など医療関係者の関与が必要だった従来の薬とは異なり、自宅で服用できるため、医療機関の負荷が軽減されるとの期待もある。




米医薬品大手メルクなどは1日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、患者の入院や死亡リスクを半減させる効果がみられたとの臨床試験(治験)結果を発表した。
米国内での緊急使用許可の申請を急ぐとともに、世界各地でも製造販売承認の取得を目指したいとしている。

新型コロナ「飲み薬」塩野義製薬が最終試験開始(TBSニュース2021年9月29日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483679849.html

国内では塩野義製薬がコロナの間み薬を開発している。

コロナ飲み薬 首相「年内にも実用化」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483600357.html

2021年9月26日の日経新聞によると、「菅義偉首相は25日午前(日本時間同日夜)、同行記者団との懇談で、新型コロナウイルスを治療する飲み薬について年内の実用化に言及した。「経口薬を早ければ年内にも実用化できる可能性がある」と述べた。」。

海外はメルクです。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

コロナ飲み薬 首相「年内にも実用化」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483600357.html
ラベル:新型肺炎
posted by hazuki at 16:23| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

[ロサンゼルス] 接種を終えないと原則登校不可 生徒のワクチン義務化に抗議活動

[ロサンゼルス] 接種を終えないと原則登校不可 生徒のワクチン義務化に抗議活動

接種を終えないと原則登校不可・・・生徒のワクチン義務化に抗議活動
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4368092.html


2021年9月25日のTBSニュースより転載

 アメリカ西部ロサンゼルスでは、公立学校に通う生徒への新型コロナワクチン接種の義務化をめぐり反対する保護者らが抗議活動を行いました。

記者
 「学校に行くためにワクチンを義務化するのはおかしい、保護者らが抗議の声を上げています」

 ロサンゼルスでは、大部分の公立学校で、12歳以上の生徒は来年1月10日までにワクチン接種を終えるよう求められていて、接種を終えていなければ原則、登校が認められなくなります。

保護者
 「義務化すべきではありません。望まない人に接種を強制すべきではありません」

生徒(12)
 「ワクチンを打たない限り、勉強する権利が奪われるのです」

 アメリカの財団が8月に全米で行った調査では、12歳から17歳の子を持つ親の58%が、学校がワクチン接種を義務化することに反対しています。


LAで子供のワクチン義務化に反対.PNG



アメリカ西部ロサンゼルスでは、公立学校に通う生徒への新型コロナワクチン接種の義務化を巡り反対する保護者らが抗議活動を行った。
生徒(12)「ワクチンを打たない限り、勉強する権利が奪われるのです」
生徒にワクチン接種を強制すべきではない。
日本も注意しなければならない。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナはPCR詐欺。




参考ツイート





追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

ワクチン接種証明のアプリ発行にはマイナンバーカード必要に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483509588.html

入店時に接種証明、スマホでも発行 政府が近く活用案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483299543.html

ワクチンパスポート “国内での活用の在り方検討” 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483130521.html

7月26日、ワクチンパスポート受け付け開始 海外渡航で隔離免除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482633287.html

「ワクチンパスポート」イタリアなど5か国で使用可に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482606665.html

ワクチンパスポート申請7月26日から 市区町村で受け付け開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482430553.html

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482267367.html

河野規制改革相 「ワクチン接種証明書」導入検討の考え示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481285814.html

「ワクチンパスポート」検討 国内での活用なしで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480544824.html




関連

英首相、冬に向けコロナ対策発表へ 接種証明は導入中止=保健相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483478231.html

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483445660.html

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482788450.html

[フランス] 7月21日、“ワクチンパスポート”提示の義務化始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482593068.html

[フランス] “ワクチン義務化”反対 11万人超が抗議デモ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482532732.html
posted by hazuki at 00:33| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も

米で“接種証明義務化”に市民ら賛否 違反で罰金も
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000228865.html


2021年9月14日のテレビ朝日ニュースより転載

 新型コロナウイルスのワクチン接種率が頭打ちのアメリカ。接種証明が義務化されたニューヨークでは市民の意見が賛成と反対で大きく「二分」しています。

 今も新規感染者が一日1000人を超えるアメリカ・ニューヨーク市。

 13日から屋内での飲食、ジム、劇場などの利用にワクチンの接種証明の提示が義務化されました。

 店に対して初回の違反で11万円、3回目だと55万円以上の罰金が科せられます。

 いまだ感染拡大が収まらないアメリカ。

 バイデン大統領はワクチン接種を広く義務化する方針を示しています。

 アメリカでは日本より早く去年12月からワクチン接種が始まりましたが、接種率は頭打ちに。日本がほぼ追い付いた状況です。

 背景にあるのがワクチンを“あえて打たない”という人たちの存在です。

 アメリカでは今、希望すれば誰でも打てる状態にあり、今まで打ってない人は今後も接種する気がないとみられます。

 義務化はいわば“最後の手段”といえるのです。

 しかし一方で、バイデン大統領のワクチン接種の義務化には野党・共和党の州知事らが一斉に反発するなど、ワクチンに関して国が“二極化”しているというのです。

 CNNによりますと、接種義務化を巡り、ニューヨークの病院で看護師など30人が辞職する騒ぎが起こっています。

 ニューヨークにある店のオーナーは“ワクチン差別”をしないという信条から、ワクチンの接種証明の提示を求めていません。

 RoccosPaticceria&Cafeオーナー、メアリー・ジェネロソさん:「バイデン大統領が、この国でやろうとしていることには問題があります。問題があると思います」

 客:「義務化は客を守るためよ。店に入ろうと思ったけど、怖いからやめておく」

 ロイター通信によりますと、81%と高い接種率を誇るシンガポールでは先週末の新規感染者が計1000人を超え、1カ月前の10倍に急増しています。

 ただし、集中治療が必要なほどの重症化した患者は少ないといいます。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021


ニューヨーク・ワクチン証明義務化.PNG



新型コロナウイルスのワクチン接種率が頭打ちのアメリカ。
接種証明が義務化されたニューヨークでは市民の意見が賛成と反対で大きく「二分」している。
バイデン大統領はワクチン接種を広く義務化する方針を示している。
ワクチン賛成派「義務化は客を守るためよ。」
接種義務化を巡り、ニューヨークの病院で看護師など30人が辞職する騒ぎが起こっているという。

日本でもワクチンパスポートを活用しようとする動きがある。
ワクチン証明はワクチンを接種してない人を差別する証明書です。
ワクチンパスポートに反対します。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナはPCR詐欺。




参考ツイート





追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




参考

入店時に接種証明、スマホでも発行 政府が近く活用案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483299543.html

ワクチンパスポート “国内での活用の在り方検討” 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/483130521.html

7月26日、ワクチンパスポート受け付け開始 海外渡航で隔離免除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482633287.html

「ワクチンパスポート」イタリアなど5か国で使用可に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482606665.html

ワクチンパスポート申請7月26日から 市区町村で受け付け開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482430553.html

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482267367.html

河野規制改革相 「ワクチン接種証明書」導入検討の考え示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481285814.html

「ワクチンパスポート」検討 国内での活用なしで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480544824.html




関連

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482788450.html

[フランス] 7月21日、“ワクチンパスポート”提示の義務化始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482593068.html

[フランス] “ワクチン義務化”反対 11万人超が抗議デモ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482532732.html
posted by hazuki at 22:14| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

米 入国者にワクチン接種義務化を検討 制限緩和に向け

米 入国者にワクチン接種義務化を検討 制限緩和に向け

米 入国者にワクチン接種義務化を検討 制限緩和に向け
https://www.fnn.jp/articles/-/219857


2021年8月5日のフジテレビより転載

アメリカが、入国する外国人に対して、ワクチン接種を義務づけることを検討していることがわかった。

アメリカの複数のメディアによると、バイデン政権は、入国する外国人に対し、ワクチン接種の完了を義務化する方向で検討しているという。

アメリカは現在、デルタ株による新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの国や地域からの入国を制限していて、今回、検討されているワクチン接種の義務化は、制限を緩和する際の措置とみられている。

一方で、省庁間で調整が続いていて、具体的に実施される時期は決まっていないという。




アメリカが、入国する外国人に対して、ワクチン接種を義務づけることを検討していることがわかった。
アメリカの複数のメディアによると、バイデン政権は、入国する外国人に対し、ワクチン接種の完了を義務化する方向で検討しているという。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナは詐欺。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




関連

米、入国に陰性証明を義務化 日本も対象、1月26日から
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479531737.html
posted by hazuki at 00:55| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

米ロック歌手ブルース・スプリングスティーンの娘、馬術で銀メダル

米ロック歌手ブルース・スプリングスティーンの娘、馬術で銀メダル

米大物ロック歌手の娘が銀メダル 馬術、スプリングスティーンさん
https://nordot.app/796974712531533824?c=39546741839462401


2021年8月8日の共同通信より転載

 7日行われた東京五輪の馬術障害飛越団体決勝で米大物ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンさん(71)の娘ジェシカ・スプリングスティーン(29)がメンバーの米国が銀メダルを獲得した。五輪初出場のスプリングスティーンは競技終了後「とても興奮した。両親とはビデオ通話で少しだけ話した。大騒ぎだった」と笑顔で話した。

 米メディアによると、両親は米国の自宅でテレビ観戦。新型コロナウイルス感染拡大で競技会場が無観客となり、来日を見送った。

 スプリングスティーンのメダル獲得は海外でも関心が高く、ツイッターでもトレンド入りした。


ジェシカ・スプリングスティーン・馬術.PNG



7日行われた東京五輪の馬術障害飛越団体決勝で米大物ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンさん(71)の娘ジェシカ・スプリングスティーン(29)がメンバーの米国が銀メダルを獲得した。
米メディアによると、両親は競技会場が無観客となり、来日を見送った。
スプリングスティーンは71歳になっていたか。

ジェシカ・スプリングスティーン
https://sports.nhk.or.jp/olympic/athletes/springsteen-jessica-1451492/
posted by hazuki at 17:59| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする