2017年12月21日

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す

チリ次期大統領 TPP推進の意向示す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171219/k10011263831000.html
12月19日 12時45分

南米チリの大統領選挙で勝利したピニェラ次期大統領が、18日、外国メディアとの会見に応じ、アメリカを除く11か国が大筋合意したTPP=環太平洋パートナーシップ協定について、現政権の政策を引き継ぎ、発効を推進する考えを明らかにしました。

チリでは17日、バチェレ大統領の任期満了に伴う大統領選挙の決選投票が行われ、バチェレ大統領の後継候補をやぶって、経済界出身の中道右派で、前の大統領のセバスティアン・ピニェラ氏(68)が勝利しました。

選挙から一夜明けた18日、ピニェラ次期大統領は、首都サンティアゴの自宅で、日本メディアで唯一NHKが参加した外国メディアとの会見に応じました。

この中でピニェラ氏は、離脱したアメリカを除く11か国が、先月、協定発効に向けて大筋合意したTPP協定について、アメリカの参加が望ましかったとしながらも「各国にはTPPを前進させるという固い約束があり、私も今の政権の政策を維持していく」と述べ、新政権でも発効を推進する考えを明らかにしました。

また、ピニェラ氏は「チリを『リチウム・バレー』にしたい」と述べ、チリが世界有数の埋蔵量を誇り、電気自動車などには欠かせないリチウムイオン電池の原料となるリチウムの関連事業で、世界的な拠点を目指す方針を示したうえで、日本からのさらなる投資拡大に強い期待を示しました。


チリ次期大統領.PNG



南米チリの大統領選挙で勝利したピニェラ次期大統領(68)が、18日、外国メディアとの会見に応じ、大筋合意したTPP11について、現政権の政策を引き継ぎ、発効を推進する考えを明らかにした。
ピニェラ氏は、離脱した米国を除く11か国が、先月、協定発効に向けて大筋合意したTPP協定について、米国の参加が望ましかったとしながらも「各国にはTPPを前進させるという固い約束があり、私も今の政権の政策を維持していく」と述べた。
CPTPPはTPP11どころか、カナダ抜きでTPP10で発効しようとしている。
TPPの発効を推進するとは、経済界出身の中道右派の次期大統領らしいですね。
新協定は、11カ国のうち、6カ国の国内承認手続きが完了してから60日後に発効する。
新協定の名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)。
凍結項目20のうち、11が知的財産権関連だった。
残る9項目には、企業と進出国の紛争解決手続き「ISDS」条項の一部や、電気通信事業の紛争処理などが入っている。
多国籍企業を優遇する為のTPP交渉。
自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないが、日米FTA交渉は水面下で進んでいる。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html




おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP チリ
posted by hazuki at 23:43| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」

TPP カナダ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171110/k10011218451000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
11月10日 8時19分

ベトナムのダナンで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加11か国による閣僚会合に参加しているカナダのシャンパーニュ国際貿易相は、アメリカを除いてTPPを発効させることで大筋合意したことについて「そのような報道が出ているが、TPPの大筋合意はしていない」とツイッターに書き込みました。

これに先立ってトルドー首相は8日ハノイで行った記者会見で「カナダはみずからにとって最善の利益とならない協定にせかされて合意することはない」と述べています。

カナダのメディアは、労働規制や知的所有権、さらに先住民の扱いをめぐってカナダ政府が今の協定案の内容に納得していないと報じていますが、10日開かれる首脳会合にどう臨むのかなどは伝えていません。


シャンパーニュ国際貿易相ツイート・大筋合意せず.PNG




François-P Champagne ✔@FP_Champagne
Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.


内田聖子ツイート・カナダの….PNG




内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
しかし奇妙なことに、カナダの貿易相であるFrancois-Philippe Champagne氏は、茂木大臣が「大筋合意」を発表した後の時間に「TPPは大筋同意していない」とツイートしている。https://twitter.com/FP_Champagne/status/928676059230371843
日本の報道は大筋合意を既成事実化しているが、本当のことが判明するにはもう少し時間が必要だ。




内田聖子さんのツイートより「カナダの貿易相であるFrancois-Philippe Champagne氏は、茂木大臣が「大筋合意」を発表した後の時間に「TPPは大筋同意していない」とツイートしている」「日本の報道は大筋合意を既成事実化しているが、本当のことが判明するにはもう少し時間が必要だ。」
トルドー首相は、「カナダはみずからにとって最善の利益とならない協定にせかされて合意することはない」と述べている。
ベトナムのダナンでのTPP首脳会合、10日は開催されず。
カナダの当局者は会合中止について、なお作業が残っていると述べた。
「正しく進める必要があり、必要な時間をかける」とした。

ベトナムでのTPP首脳会合、10日は開催されず
https://jp.reuters.com/article/apec-summit-tpp-meeting-idJPKBN1DA13N

カナダには頑張って欲しいですね。
本当は大筋合意してないのかも知れません。




参考(カナダ)

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html
ラベル:カナダ TPP
posted by hazuki at 21:32| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず

カナダ、TPPで合意急がず
https://jp.reuters.com/article/apec-summit-canada-idJPKBN1D82FR
2017年11月9日 / 01:45

[ダナン(ベトナム) 8日 ロイター] - カナダのトルドー首相は8日、環太平洋連携協定(TPP)の参加11か国による閣僚会合が始まるなか、合意を急がない考えを示した。

首相は記者会見で「国益にそぐわない取り決めを急いで交わすつもりはない」と語った。

TPP交渉を巡っては、トランプ米政権前の2015年に日米など12カ国で合意に至ったが、トランプ大統領が離脱を表明。米国の要求に譲歩した項目を中心に協定の一部を凍結した上、米国抜きの発効を目指している。


カナダのトルドー首相.PNG



カナダのトルドー首相は8日、TPP11による閣僚会合が始まる中、合意を急がない考えを示した。
トルドー首相は記者会見で「国益にそぐわない取り決めを急いで交わすつもりはない」と語った。
カナダのトルドー首相のように「国益にそぐわない取り決めを急いで交わすつもりはない」という国が出て来たら、TPP11の大筋合意が難しくなる。
ニュージーランド(NZ)は、TPP残留を決意した。
日本がTPP11を主導している。
11か国による閣僚会合では、米国の主張でTPPの協定に盛り込んだ項目をどれだけ凍結させるかが焦点となっている。
タイムリミットは安倍首相らが出席する10日のAPECでの首脳会合。
11凍結項目確定したでしょうか。
11カ国による新協定の発効要件では、承認国の国内総生産(GDP)に関する基準を外し、参加国の過半数に当たる6カ国の批准を条件にする方向。
米国を含む12カ国が署名した現協定は参加国全てのGDPの85%以上を条件にした為、6割超を占める米国の離脱で頓挫した。
GDPの要件をなくすことで早期の発効に繋ぎたい考え。
TPPの閣僚会合では、茂木敏充TPP担当相が、ベトナムの閣僚と共に議長を務める。
米国を含む12カ国で決めた協定内容のうち、凍結や修正を求める項目について、これまでの11カ国の折衝で絞り込んでいて、閣僚会合では、重要項目が協議対象として提示される。
11カ国は、10日のAPECでの首脳会合までの大筋合意を目指し、大詰めの調整を行う。
11月1日に閉幕した浦安での首席交渉官会合。
米国参加当時のオリジナル版TPPのうちどの項目を凍結するかが焦点で、約50の候補項目の約3分の1は凍結が確定。
政権交代を受け、TPPに慎重姿勢も見せたニュージーランド(NZ)は、合意に向け協力的だったという。
11月8〜 9日にベトナム・ダナンで閣僚会合を開き、政治決着を図る。
11月10〜 11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた大筋合意に向け、協議は最終局面に入る。
既にバイオ医薬品のデータ保護期間や特許期間の延長などは実施しないことで一致しており、議論が決着すれば最終的に10数項目となる見込み。
知的財産分野ではバイオ医薬品のデータ保護期間や特許期間延長など少なくとも9項目を凍結することで一致した。
最終的に10数項目に凍結項目を絞り込むとすれば、知的材検分野の9項目の凍結+アルファということになるでしょう。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないが、日米FTA交渉は水面下で進んでいる。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html




おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:TPP カナダ
posted by hazuki at 23:22| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n2.html
2017.10.31 22:49

千葉県浦安市で開催している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国の首席交渉官会合は31日、全体会合を行い、再交渉を求める新政権が誕生したニュージーランド(NZ)が態度を軟化させ協定に残留する方針を明らかにした。最大の懸案がほぼ解決し目標とする11月上旬の大筋合意がみえてきた。

 NZは新政権が掲げた外国人の中古住宅購入禁止について要望を出さず、TPPへの参加を継続する考えを伝えた。交渉筋は「NZが今会合でこれ以上言及しなければ、この問題は打ち止めになる」と説明する。

海外投資家への不動産購入規制はTPPの内外無差別原則に反するとの指摘もある。ただ、NZは協定で例外扱いが認められる安全保障上の懸案と位置づけ、国内法で処理し、交渉に持ち込むのを避ける見通し。

 早期合意の旗振り役だったNZが総選挙後に協定修正を求める慎重派へ転向したことは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて大筋合意を目指す各国の最大のリスクだった。アーダン首相は11月に再交渉を提案する考えも示唆したが、事前に説得を受けたもようだ。

ただ、NZ地元紙の報道によると、アーダン氏は31日、TPPで規定した投資家と国との紛争解決手続き(ISDS)について「修正に向け最大限努力する」とも表明。TPPに反対する政党を取り込んだ連立政権のため、今後も交渉の波乱要因になる恐れがある。

 今後の交渉では、米国が復帰するまで実施を棚上げする「凍結」項目の絞り込みが焦点。特にベトナムが求める、繊維製品の関税撤廃・削減対象を制限する原産地規則や電子商取引(EC)のルール見直しには各国が強く反発しており、11月の政治決着に向け道筋を描けるかが課題だ。(田辺裕晶)


NZのTPP首席交渉官.PNG



浦安市で開催しているTPP参加11カ国の首席交渉官会合は31日、全体会合を行い、再交渉を求める新政権が誕生したニュージーランド(NZ)が態度を軟化させ協定に残留する方針を明らかにした。
アーダン首相は11月に再交渉を提案する考えも示唆したが、事前に説得を受けた模様。
11月上旬の大筋合意に向け協議を継続することになった訳です。
但し、アーダン氏は31日、TPPで規定した投資家と国との紛争解決手続き(ISDS(ISD条項))について「修正に向け最大限努力する」とも表明。
TPPに反対する政党を取り込んだ連立政権の為、今後も交渉の波乱要因になる恐れがある。
ニュージーランド(NZ)の投資規制はTPPへの影響回避されるということです。

ニュージーランドの投資規制 TPPへの影響回避へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011206371000.html

年内には外国人による中古住宅購入規制の改正案の詳しい内容を明らかにした上で、来年の早い段階で議会で可決することを目指すとしている。
よって、TPPはニュージーランド(NZ)も含めて批准へ動く。
その為に会合が11月1日まで開かれている。
ジャシンダ・アーダーン首相は、不動産規制とTPP批准は可能という立場。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
TPP参加各国は10月30日から東京近郊で開かれている首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行っている。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
10月30日からのTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 16:16| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持

NZ、TPP残留へ=選挙公約と両立目指す
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017103100905&g=int

【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は31日、自ら率いる労働党が選挙公約に掲げていた外国人による中古住宅購入規制に関し、実現するための法改正案を発表した。環太平洋連携協定(TPP)に影響を与えることなく実施できるとしており、TPPに残留したまま公約を実現する方針だ。
 発表された海外投資法の改正案では、住宅を「重要分野」に分類する。これにより、非居住外国人は原則として、NZで中古住宅を購入できなくなる。来年初めの議会可決を目指す。
 TPPをめぐり、NZは不当な扱いを受けた企業が進出先の政府を訴えることができる「ISDS」条項の修正を求める方針を維持した。首相は「NZ企業よりも多くの権利をNZに進出する多国籍企業に与える」と懸念を表明。11カ国が大筋合意を目指す11月の会合での議論を踏まえ、対応を決める考えだ。(2017/10/31-16:00)


NZのジャシンダ・アーダーン首相.PNG



ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は31日、労働党が選挙公約に掲げていた外国人による中古住宅購入規制に関し、実現する為の法改正案を発表した。
TPPに影響を与えることなく実施出来るとしており、TPPに残留したまま公約を実現する方針。
発表された海外投資法の改正案では、住宅を「重要分野」に分類する。
NZはTPP残留を明言した模様。

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n2.html

ニュージーランド(NZ)の投資規制はTPPへの影響回避されるということです。

ニュージーランドの投資規制 TPPへの影響回避へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011206371000.html

年内には外国人による中古住宅購入規制の改正案の詳しい内容を明らかにした上で、来年の早い段階で議会で可決することを目指すとしている。
よって、TPPはニュージーランド(NZ)も含めて批准へ動く。
その為に会合が11月1日まで開かれている。
ジャシンダ・アーダーン首相は、不動産規制とTPP批准は可能という立場。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
TPP参加各国は10月30日から東京近郊で開かれている首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行っている。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
10月30日からのTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 15:35| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす

NZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22864650Q7A031C1EAF000/
2017/10/30 11:01

【シドニー=高橋香織】ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は30日、米国の環太平洋経済連携協定(TPP)離脱後、残る参加11カ国が早期発効をめざす「TPP11」にNZが批准する可能性に言及した。日本などが大筋合意のめどとする11月10〜11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合の前に「障害の解決策を見いだしたい」との意欲を示した。

10月30日の地元ラジオ番組で述べた。26日に発足した新政権は、外国人によるNZの中古住宅購入を禁じるため、TPP11について改めて交渉することを公約に掲げていた。アーダーン氏は首相就任後に事務方からTPP交渉の説明を受けたとした上で、「TPPと不動産購入規制のどちらかしか選べないわけではない」と語った。

APEC参加のためベトナムに出発する前に「TPP11の最大の障害の一つを取り除きたい」と表明。TPP批准と不動産規制の両立について「正しいメカニズムを使えば可能だ」と言明した。

 具体的な内容は不明だが、専門家によると、TPP11の署名前に外国人の不動産購入を規制する法律を作ることなどを検討しているもようだ。

 ここへきて新政権がTPP11に前向きな姿勢を見せているのは、APECが迫る中でTPP11の大筋合意を求める声がNZ国内で高まっているためだ。酪農業界はTPP参加を強く要求。アーダーン氏は「我々(労働党)は自由貿易を信じており、輸出産業を支援したい」と強調した。

 東京では30日〜11月1日の日程でAPEC前の最後の首席交渉官会合が開かれている。


NZ労働党のジャシンダ・アーダーン党首・連立.PNG



画像は、10月19日、ウエリントンで記者会見する労働党のジャシンダ・アーダーン党首。
ニュージーランドは、9年ぶり政権交代。
ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は30日、米国のTPP離脱後、残る参加11カ国が早期発効を目指す「TPP11」にNZが批准する可能性に言及した。
大筋合意の目途とする11月10〜11日のアジア太平洋経済協力会議(SPEC)首脳会合の前に「障害の解決策を見いだしたい」との意欲を示した。
TPP批准と不動産規制の両立について「正しいメカニズムを使えば可能だ」と言明した。
TPP反対のNZファーストと連立し、TPP反対の緑の党は連立に加わらないが、労働党との政権協力に合意。
米国とNZ抜きのTPPになると思っていた。
アーダーン氏率いる労働党は外国人による中古住宅物件の購入禁止を盛り込む為、TPPの再交渉を主張する。
不動産規制とTPP批准は可能という立場。
「TPP反対の包囲網が出来上がった」という私見は甘かった。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
TPP参加各国は10月30日に東京近郊で開かれている首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行う。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
本日、10月30日からのTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
ちなみに、千葉県で高級事務レベル会合が開かれています。

TPP きょうから千葉県で高級事務レベル会合
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203621000.html

9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 16:07| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず

ニュージーランド、9年ぶり政権交代 TPPに慎重姿勢
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22462560Z11C17A0FF2000/
2017/10/19 19:47

【シドニー=高橋香織】ニュージーランド(NZ)の最大野党、労働党が9年ぶりに政権を奪回する。9月の総選挙で第3党となったNZファーストが19日、労働党と連立を組むと発表した。第4勢力の緑の党は連立に加わらないが、労働党との政権協力に合意した。環太平洋経済連携協定(TPP)の旗振り役だったNZの与党、国民党の下野で、TPP交渉にブレーキがかかるのは避けられない。

9月23日投開票の総選挙(一院制、定数120)では、イングリッシュ首相率いる第1党の国民党、第2党の労働党など、どの政党も過半数に達しなかった。9議席を獲得してキャスチングボートを握ったNZファーストは、国民、労働両党と連立協議を進めたが、国民党よりも労働党と連立した方が影響力を高められると判断した。新首相には、来週にも労働党のジャシンダ・アーダーン党首(37)が就く。

アーダーン氏は記者会見で「NZファーストとは政策の共通点が多い」と説明、「国民のための政策を実現する」と強調した。NZの女性首相はジェニー・シップリー氏、ヘレン・クラーク氏に次いで3人目となる。

 NZファーストのウィンストン・ピータース党首(72)は19日、「多くの国民が資本主義を友人ではなく敵だと見ている」と述べ、政権交代の必要を強調した。同党は排外的な大衆迎合主義を掲げ、移民や外資の規制を公約に掲げた。労働党も移民制限や外国人による中古住宅の購入禁止を主張する。両党は選挙戦で、約3%という成長のひずみで貧富の格差が広がったと与党を批判。社会問題化した住宅不足の対策や福祉の充実を訴えて、支持を拡大した。

 ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。だが、新政権はTPPや自由貿易協定(FTA)へ慎重な姿勢に転換するのは確実だ。

NZファーストや緑の党はTPPに反対。労働党も外国人による中古住宅物件の購入禁止を盛り込むため、TPPの再交渉を主張する。記者会見で「TPP離脱」を問われたアーダーン氏は、「現段階では必要はない」としながらも「国民を守るために再交渉する」と言明した。


NZ労働党のジャシンダ・アーダーン党首・連立.PNG



画像は、10月19日、ウエリントンで記者会見する労働党のジャシンダ・アーダーン党首。
ニュージーランドが、9年ぶり政権交代。
9月の総選挙で第3党となったNZファーストが19日、労働党と連立を組むと発表。
第4勢力の緑の党は連立に加わらないが、労働党との政権協力に合意。
TPP反対の包囲網が出来上がった。
NZファーストや緑の党はTPPに反対。
労働党も外国人による中古住宅物件の購入禁止を盛り込む為、TPPの再交渉を主張する。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
だが、新政権はTPPや自由貿易協定(FTA)へ慎重な姿勢に転換するのは確実。
「TPP離脱」を問われた労働党のジャシンダ・アーダーン党首は、「現段階では必要はない」としながらも「国民を守るために再交渉する」と言明した。
日本は米国に加えNZも離脱する事態を念頭に、残り10カ国による発効を検討する。
TPP参加各国は今月末に東京近郊で開く首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行う。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
残り10カ国がTPPを発効出来るでしょうか。
現実的には難しい。
今月末のTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
ちなみに、10月中にTPP11の主席会合が東京で開催されます。
9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



ニュージーランド政権交代 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://www.sankei.com/economy/news/171020/ecn1710200050-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/171020/ecn1710200050-n2.html
2017.10.20 23:28




参考

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 15:23| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」 ICANに参加のピースボート・吉岡達也共同代表が会見

ノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」 ICANに参加のピースボート・吉岡達也共同代表が会見

ノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に
http://www.bbc.com/japanese/41524005
2017年10月6日

ノルウェー・ノーベル委員会は6日午前11時(日本時間同日午後6時)、今年の平和賞を国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に授与すると発表した。

ノーベル委員会のベリト・レイス=アンデルセン委員長は、核兵器を条約で禁止しようとするICANの「画期的な努力」を授賞理由に挙げた。

「私たちは、核兵器使用の危険が、ここしばらくなかったほど高まっている世界に生きています」と委員長は述べ、北朝鮮危機に言及。その上で、核保有国に対して核兵器の段階的な廃絶に向けた交渉を開始するよう呼びかけた。

今年7月に122カ国が国連の核廃絶条約に賛成し、採択した。しかし米英など、核保有が知られている9カ国はいずれも賛成しなかった。

数百のNGOが参加するICANは、2007年に発足。スイス・ジュネーブに本部を置く。平和賞受賞に伴い、12月10日の授与式で賞金900万スウェーデン・クローナ(約1億2400万円)やメダルなどを与えられる。

ノーベル平和賞はどうやって決まるのか


・ノルウェー・ノーベル委員会(委員はノルウェー政府が選定)は、世界中から推薦された候補のうち20〜30人の候補を絞り込む
・ノルウェーと諸外国の専門家たちが、絞り込まれた候補について個別に報告書を提出。委員会はこれをもとに、さらに候補を絞り込む
・ 9月末か10月初めの決定会議で委員会が受賞者を決定
・ 受賞者発表の後、アルフレッド・ノーベルの命日にあたる12月10日にノルウェー・オスロで授与式が行われる



ノーベル平和賞ICANに参加 ピースボートが会見
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111664.html
2017/10/07 05:51

ノーベル平和賞に決まったICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の活動に参加する団体「ピースボート」が6日夜、都内で会見しました。

 ピースボート・吉岡達也共同代表:「日本は今、核兵器禁止条約に参加してないんです。世界中のあらゆるところで疑問が起こっています。なぜなんだと。それの一つの答え、国際社会の答えが今回のノーベル賞のICANへの授賞ではなかったかと」
 また、ICANと連携して運動をしてきた被爆者団体も受賞を歓迎しました。
 日本原水爆被害者団体協議会・田中熙巳代表委員:「これから先、廃絶まで運動するにはもっと大きな世界的な結集が必要ですから、そういう運動に力を与えるということは言えると思います」


ICAN.PNG
ICANノーベル平和賞.PNG
ピースボート・吉岡達也共同代表.PNG



ノルウェー・ノーベル委員会は6日午前11時(日本時間同日午後6時)、今年の平和賞を国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に授与すると発表した。
ノーベル委員会のベリト・レイス=アンデルセン委員長は、核兵器を条約で禁止しようとするICANの「画期的な努力」を授賞理由に挙げた。
ノーベル平和賞に決まったICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の活動に参加する団体「ピースボート」が6日夜、都内で会見した。
ピースボート・吉岡達也共同代表:「日本は今、核兵器禁止条約に参加してないんです。世界中のあらゆるところで疑問が起こっています。なぜなんだと。それの一つの答え、国際社会の答えが今回のノーベル賞のICANへの授賞ではなかったかと」
ICANはスイス・ジュネーブに本部に本部を置く。
ICANは2007年にオーストラリアのメルボルンで結成され、日本やアメリカ、イギリスなど各国のNGOが加わって、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会や各国の平和団体と連携し、核兵器廃絶を目指して政府代表への働きかけや一般に向けたキャンペーンを進めて来た。
2013年からノルウェーやメキシコなどで3回にわたって各国の政府代表が参加して開かれた「核兵器の非人道性を検証する国際会議」では、証言活動を続けてきた被爆者たちと協力しながら、核兵器が壊滅的な被害をもたらす非人道的な兵器であるという認識を国際社会に広めるのに貢献した。
そして、核兵器についての既存の国際秩序で、アメリカやロシアなど5か国に保有を認める代わりに削減の義務を課したNPT=核拡散防止条約のもとでは核兵器はなくならないとして、条約で禁止することが必要だと各国政府に対して働きかけを進めた。
こうした活動の結果、ニューヨークの国連本部で、核兵器の開発や保有などを法的に禁止する「核兵器禁止条約」が議論されることになり、今年7月、国連加盟国の6割を超える122の国と地域の賛成で採択され、ICANは各国代表から採択に貢献したと評価されている。
しかし、米国やロシアなどの核兵器の保有国や、米国の核の傘で守られた日本などは「現実的な核軍縮にはつながらない」として条約に反対している。
委員会は声明の中で「世界には北朝鮮のように核兵器の獲得を目指す国が増え、核兵器の脅威はこれまでになく高まっている。
国際社会はこれまでに地雷やクラスター爆弾などの禁止に合意して来た。
核兵器ははるかに破壊的であるにも関わらず同じような法的な禁止の枠組みがなかった」と指摘した。
その上で「ICANはこのギャップを埋める役割を担った。核兵器が人類に受け入れがたい苦しみをもたらすものだという重要な議論を引き起こした」として、核兵器の法的禁止への努力を誓う文書を各国に送り108か国から賛同を得たことや、核兵器禁止条約の採択に貢献したことを評価している。
そして、「核兵器のない世界に向けた次の取り組みとして、核武装をしている国々が参加しなければならないことを強調したい」とした上で「今回の授賞がICANの目標を達成するための新たな機運の高まりに繋がることを願っている」としている。
今年7月、核兵器の開発や保有などを法的に禁止する核兵器禁止条約が122の国と地域が賛成して採択された。
核兵器禁止条約は、核兵器の開発や保有、それに使用などを法的に禁止する初めての国際条約で、今年3月から核兵器の非保有国が中心となって交渉会議が進められて来た。
交渉会議では、日本被団協の藤森俊希事務局次長らがスピーチを行った他、国連総会に核兵器禁止条約の実現を求めるおよそ300万人分の署名を提出し、条約の採択を後押しした。
しかし、米国などの核兵器の保有国や日本をはじめとする核の傘で守られた国々は「現実的な核軍縮にはつながらない」などとして条約に署名してない。
国連本部で7月の7日、核兵器禁止条約が圧倒的多数の賛成で成立した。
日本の別所浩郎国連大使は7日、採択後に記者団に「日本は署名しない」と明言した。
核兵器禁止条約、採択は122カ国が賛成。
日本や5核保有国は不参加。
対米追随外交を続けている結果、唯一の被爆国なのに核兵器禁止条約に署名しない日本。
米国に配慮も被爆者の心には配慮せず。
情けない政府です。
別所国連大使の発言は、会議参加者に深い失望を与えたという。
まさか、辻元清美が設立したピースボートがICANに参加しているとは。
ICANには、国際運営委員として東京のピースボートの共同代表を務める川崎哲さんが参加している。
ノーベル平和賞は核軍縮に向けた取り組みを度々、評価して来た。
昭和49年には「核を持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則を宣言し、アメリカなど5か国以外の核兵器保有を禁止するNPT=核拡散防止条約に署名した佐藤栄作元首相が平和に貢献したとして、日本人として初めて受賞した。
平成21年、オバマ前大統領はチェコの首都プラハで「唯一、核兵器を使用したアメリカは核のない平和で安全な世界を目指して主導的な役割を担いたい」と演説し、この年のノーベル平和賞を受賞した。
日本人や日本の団体も参加するICANがノーベル平和賞を受賞なのに、ニッポンスゴイヨ信者はダンマリ。
ピースボートの設立者の一人が立憲民主党の辻元清美だから?
核の傘にしがみつきたいアベ友達に不利な受賞だから?
英国人のノーベル文学賞受賞にあれほど騒いでいたのに?
多分、ピースボート関連団体のICANがノーベル平和賞を受賞したことについて、自民党の工作員達はピースボートと北朝鮮の繋がりなどの記事を書き、ネガティブキャンペーンをすることでしょう。
日本は今、核兵器禁止条約に参加してない。
何故なんだと世界中の人々が疑問に思っている。
その一つの答え、国際社会の答えが今回のノーベル平和賞のICANへの授賞ではなかったのか。
北朝鮮のように核兵器の獲得を目指す国が増え、核兵器の脅威はこれまでになく高まっている。
ロスチャイルド利権のノーベル賞選考委員会は、北朝鮮の国旗が掲げられているピースボートが参加しているICANに受賞したことは、少し矛盾している。
しかし、安倍晋三とお友達、安倍信者をギャフンと言わせる受賞で喜ばしいことと捉えて良いのかも知れません。



おまけ

辻元清美とピースボート.PNG



参考

[核兵器禁止条約] 採択 日本「署名せず」 米英仏は非難
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451661758.html




関連

辻元清美とピースボートに掲げられている国旗は北朝鮮!辻元先生。これはどういう事ですかな?これを辻元清美先生に貼ったらブロックされましたwwww
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383151630.html
posted by hazuki at 14:34| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も

NZ総選挙、与党辛勝 連立協議 TPP交渉に影響も
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H1C_T20C17A9EA2000/
2017/9/23 23:11 (2017/9/24 0:17更新)

 【シドニー=高橋香織】ニュージーランド(NZ)で23日投開票された総選挙(一院制、定数120)はイングリッシュ首相(55)の率いる与党・国民党が58議席を獲得し、第1党を維持した。単独過半数は得られず、首相は9議席を獲得した第3党の「NZファースト」との連立協議に入る。同党は環太平洋経済連携協定(TPP)に反対しており、協議次第ではTPP交渉に影響を与える可能性もある。

国民党は連立を組んできた少数政党の1議席を加えても過半数に達しなかった。「強く安定した政権を速やかに国民に提供する責任がある」。首相は選挙結果の判明後にこう語ったうえで、NZファーストと「共通の土台を探すため協議する」とした。

 一方、37歳の女性、ジャシンダ・アーダーン党首が率いる最大野党の労働党は、改選前の31議席から45議席に伸ばした。連立を探る緑の党の7議席と合わせて52議席。NZファーストと組めば、9年ぶりの政権交代を実現できるだけに連立に期待を寄せている。

NZ政局のキャスチングボートを握ったNZファースト。ウィンストン・ピータース党首(72)は23日夜「決断には時間がかかる」と述べ国民党と労働党のどちらと連立を組むのか態度を明示しなかった。両党とも連携した経験がある。NZファーストは自由貿易協定(FTA)や海外企業の投資に批判的。移民の大幅制限や高齢者福祉の拡充も要求。排外的な大衆迎合主義を掲げている。

 米国の離脱後に11カ国で早期発効をめざす「TPP11」でNZはオーストラリアと並んで交渉を主導。NZファーストの連立政権入りが濃厚になり、選挙後の新政権は交渉姿勢を修正するのか。国民党は早期発効による乳製品の市場拡大を最優先とし、自由貿易を拡大する方針。一方、労働党は外国人の不動産購入の制限をTPP参加の条件とする。労働党とNZファーストが組めば、TPP交渉で大幅修正を求めてくる可能性がある。

 ▼ニュージーランドの総選挙 議会は一院制で、基本定数は120。小選挙区比例代表併用制で、有権者は選挙区の候補と支持政党を選ぶ仕組み。
 120議席は政党の得票率で比例配分されるが、小選挙区の獲得議席の方が配分数より多ければ、超過議席が認められ総議席が基本定数より多くなることもある。


イングリッシュ首相・NZ.PNG



NZで23日投開票された総選挙(一院制、定数120)はイングリッシュ首相(55)の率いる与党・国民党が58議席を獲得し、第1党を維持した。
単独過半数は得られず、首相は9議席を獲得した第3党の「NZファースト」との連立協議に入る。
NZファーストはTPPに反対しており、協議次第ではTPP交渉に影響を与える可能性もある。
TPP11は、ニュージーランドと日本が議論を主導している。
イングリッシュ首相が率いる与党が辛勝。
過半数に届かなかった為、TPPに反対のNZファーストとの連立協議に入る。
労働党の勝利だと政権交代でTPPの再交渉になっていたかも知れない。
NZは一院制なのですね。
単独過半数ではなかった為、11月のAPECでの合意に至らないかも知れないということですね。
TPPの合意は先延ばしで良い。
日本が解散・総選挙となってもTPPの協議は進む。
#StopTPP






ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)




参考

ニュージーランド総選挙、政権交代ならTPP「11月合意」に暗雲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453640431.html




関連

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html
posted by hazuki at 21:32| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ニュージーランド総選挙、政権交代ならTPP「11月合意」に暗雲

ニュージーランド総選挙、政権交代ならTPP「11月合意」に暗雲

NZ総選挙、政権交代ならTPP「11月合意」に暗雲
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/nztpp11.php
2017年9月21日(木)09時00分

23日のニュージーランド総選挙で政権交代が起きれば、環太平洋連携協定(TPP)参加国が目指す11月の合意に向けて障害となる恐れがある。

米国の離脱を受けて11カ国となったTPP参加国は、ニュージーランドと日本が議論を主導している。

ニュージーランド野党の労働党は外国人による国内中古住宅購入の禁止を公約に掲げており、この公約に沿うようTPPの再交渉を行うと表明している。

世論調査では与党・国民党と野党・労働党の接戦。一部のアナリストは、労働党が勝利した場合、その他のTPP参加国も新たな要求を持ち出し、合意が先延ばしとなる可能性があると指摘。ニュージーランドの離脱もあり得るという。

ュージーランドのマックレイ貿易相はロイターに対し、TPP参加11カ国が既に協定内容の再交渉に「ノー」と言っており、労働党の公約は危険だと述べた。

労働党のジャシンダ・アーダーン党首はこれまで、同党が政権を率いる場合でもTPPへの参加継続を望むが、国内中古住宅の購入を外国人に禁止できることが条件になるとの立場を示している。

アナリストらは、労働党がTPPから離脱すると表明しているわけではないという事実は意味ありげだと指摘。労働党の報道官は、いざとなれば公約をあきらめる可能性もあることを意味するのかとの問いに対し、「そうした解釈をするのは間違い」だと述べた。

独立系のニュージーランド経済調査研究所の副最高経営責任者、ジョン・バリンゴール氏は、TPPはニュージーランド経済にとって大きな恩恵があるため、外国人が中古住宅を購入することへの懸念からTPP離脱を労働党が決める可能性は極めて低いと指摘。同党が政権を担うとしても「いざとなればTPPを支持するだろうというのが私の見立てだ」と語った。

(Ana Nicolaci da Costa記者、Charlotte Greenfield記者)

[ウェリントン 20日 ロイター]


NZ労働党のジャシンダ・アーダーン党首.PNG



9月23日のニュージーランド総選挙で政権交代が起きれば、TPP参加国が目指す11月の合意に向けて障害となる恐れがある。
TPP11は、ニュージーランドと日本が議論を主導している。
ニュージーランド野党の労働党は外国人による国内中古住宅購入の禁止を公約に掲げており、この公約に沿うようTPPの再交渉を行うと表明している。
労働党のジャシンダ・アーダーン党首はこれまで、同党が政権を率いる場合でもTPPへの参加継続を望むが、国内中古住宅の購入を外国人に禁止出来ることが条件になるとの立場を示している。
労働党が勝利した場合、その他のTPP参加国も新たな要求を持ち出し、合意が先延ばしとなる可能性があると指摘。
ニュージーランドの離脱もあり得るという。
ニュージーランドと日本がTPP11を主導しているのならば、ニュージーランドの総選挙で労働党が勝利し、TPP参加国が望まないTPP再交渉をし、ニュージーランドがTPPから離脱する方向で良い。
TPP会合が、本日、9月21日から始まっている。
ニュージーランドの総選挙の結果に注視です。






ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)




参考

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

[エクアドル] ガラパゴスで中国船籍漁船が密漁、乗組員らに禁錮刑

[エクアドル] ガラパゴスで中国船籍漁船が密漁、乗組員らに禁錮刑

ガラパゴスで中国船籍漁船が密漁、乗組員らに禁錮刑 エクアドル
http://www.afpbb.com/articles/-/3140733
2017年08月28日 21:23 

【8月28日 AFP】エクアドルの裁判所は27日、ガラパゴス諸島(Galapagos Islands)海洋保護区で絶滅危惧種のサメなどを密漁した中国船籍の漁船の乗組員らに禁錮刑を言い渡した。

 中国船籍の漁船「福遠漁冷999(Fu Yuan Yu Leng 999)」は今月13日に保護区内で拿捕(だほ)された際、300トンの魚を積んでいた。うち約6000匹がサメで、その大半がシュモクザメやハチワレいった保護種だったという。

 裁判所は3日間に及んだ審理の最終日、環境関連法に違反した複数の罪で船長に禁錮4年、航海士3人に禁錮3年、その他の乗組員16人に禁錮1年をそれぞれ言い渡した上で、さらに損害賠償金590万ドル(約6億4000万円)をガラパゴス国立公園(Galapagos National Park)に対して支払うようを命じた。

 同国立公園のウォルター・ブストス(Walter Bustos)園長は今回の判決を受けて、「非常に強い憤りを感じていたが、画期的な判例が出たことで、被った損害はしっかり補償されるだろう」と述べた。(c)AFP


ガラパゴスで密漁.PNG



エクアドルの裁判所は27日、ガラパゴス諸島海洋保護区で絶滅危惧種のサメなどを密漁した中国船籍の漁船の乗組員らに禁錮刑を言い渡した。
中国船籍の漁船「福遠漁冷999」は今月13日に保護区内で拿捕された際、300トンの魚を積んでいた。
うち約6000匹がサメだった。
その大半がシュモクザメやハチワレいった保護種だったという。
1978年に世界遺産(自然遺産)として登録された。
2001年には、ガラパゴス海洋保護区も含めた登録となった。
中国からガラパゴス諸島まで漁に出掛け、ガラパゴスの生態系を壊す気か。
サメを密漁して、フカヒレスープの材料にでもする気だったのか。
日本もエクアドルを見習って、中国船が日本領海で密漁した場合、多額のカネを払わせて解放するだけでなく、裁判にかけるべきですね。
そのように法改正すれば良いと思います。
ラベル:エクアグル
posted by hazuki at 01:54| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

[スヴァールバル世界種子貯蔵庫] 2008年操業開始 ビル・ゲイツ財団などの援助でノルウェー政府が完成

[スヴァールバル世界種子貯蔵庫] 2008年操業開始 ビル・ゲイツ財団などの援助でノルウェー政府が完成

スヴァールバル世界種子貯蔵庫とは
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7350.php
2017年4月7日(金)15時15分

データ保管庫に先行するスヴァールバル世界種子貯蔵庫は、2008年に操業開始。デンマーク人植物学者ベント・スコウマン氏が提唱し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団など援助を受けてノルウェー政府が完成させた。保存されている種子の種類は、当初の約18万7000種から、2017年2月の時点で93万種を超えたという。

なぜ北極圏の島にこのような保管庫が作られるのか。最大の理由は、1920年に締結されたスヴァールバル条約により、同諸島が加盟国の自由な経済活動が認められた非武装地帯になっているからだ。この条約の原加盟国は欧州主要国や日米など14カ国。その後中国やロシアも批准し、現在は40カ国以上が加盟している。


スヴァールバル世界種子貯蔵庫.PNG
ビル・ゲイツ.PNG



「「世界の終末」に備えたデータ保管庫、ノルウェーの永久凍土に開設」の見出しのニューズウィーク日本版、2017年4月7日のニュースで、スヴァールバル世界種子貯蔵庫とは何かと解説しています。
<北極圏の島に、世界各国の貴重なデータを500年以上保存することを目的とするデータ保管庫がオープン。この島では既に100万種近い植物の種を保管している>と伝えています。
ノルウェー領スヴァールバル諸島最大の島、スピッツベルゲン島。
「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」で最もよく知られる。
この地に最近、世界各国の貴重なデータを500年以上保存することを目的とするデータ保管庫がオープンした。
「デジタルデータをアナログメディアに保存」という部分も転載元でお読み下さい。
「このままの状況を放置すれば、環境・社会・産業への負荷が過大となり地球環境を圧迫することは目に見えている。なんとしても人口爆発の流れを食い止め、83億人までにとどめる必要がある。」
と世界の人口削減に言及したビル・ゲイツ。
スヴァールバル世界種子貯蔵庫は単なる種子貯蔵庫ではない。
現代版ノアの箱舟計画。
この貯蔵庫は2008年2月26日に正式オープン。
核戦争が勃発したり、地球温暖化の影響で種子が絶滅したような場合でも、未来の人類がこれらの種子を再生出来るように保存するのが目的というが、この種子の提供を受けなければ将来は食糧を手に入れることは出来なくなくなってしまう可能性は高い。
ゲイツ基金の他にロックフェラー財団、モンサント、シンジェンタ財団、CGIAR(国際農業調査コンサルグループ)なども、未来の作物の多様性を確保する為、300万種類の植物の種子を世界から集めて保管し始めた。
ビル・ゲイツと言えば、人口削減と気付かなければならない。
「ビル・ゲイツ NWO」で検索した結果です。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80NWO&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=9zegWbP3CfL98weFnprABg

トップはカリスマブロガーのカレイドスコープさん。
カレイドスコープより転載

ビル・ゲイツの農業基金とモンサント社の陰謀
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

「ビル・ゲイツが「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を創ったのは、NWOのアジェンダに沿ったものでしょうが、合法的な税金逃れも、その目的のひとつでしょうね。彼は慈善団体という隠れ蓑を着た世界政府の尖兵です。」
「ビル・ゲイツに与えられた使命は伝道者ですから、まあ、たとえれば日本ユニセフに送り込まれた反日工作員・アグネス・チャンのような存在です。」
「北極海のノアの箱舟とモンサント社」
「ビル・ゲイツの「BILL」とは、「Bavariaイルミナティ」のことである。」

カレイドスコープさんのブログより、気になる点を引用、終わり。
続きは転載元のカレイドスコープさんのブログでお読み下さい。

ビル・ゲイツはモンサントの大株主です。

「ビル・ゲイツ NWO」で検索すると、次のような記事もあります。

住民激怒!悪魔ビル・ゲイツが軽井沢で地下核シェルター付別荘建設の怪!日本を奴らの放射能 生物兵器ジカ熱ウイルス 人口削減ワクチン GMO遺伝子組み換え食品の実験場にさせるな!
http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/44897080.html

ビル・ゲイツは軽井沢に別荘を持っているようですが、「そういうことだったのか」というネットの反応もありました。

話を「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」に戻すと、種子情報が如何に大切なものか、種子法廃止を決定した自民党が分からなくてもビル・ゲイツは知っている。

ビル・ゲイツがモンサントの大株主であることは、下記の海外のサイトでご覧下さい。

Bill Gates and George Soros Fund Monsanto and a World Depopulation Agenda
http://naturalnewsblog.blogspot.jp/2016/07/bill-gates-and-george-soros-fund.html

Obama’s biggest supporters, Bill Gates and George Soros, purchased 900,000 and 500,000 shares of Monsanto, respectively, in 2010
Eugenics and population control agenda in America and Africa are well under way.

「オバマ大統領の最大の支持者であるビル・ゲイツとジョージ・ソロスは2010年にそれぞれ900,000株と500,000株のモンサントを購入した アメリカとアフリカの優生学と人口管理の議題は順調に進んでいる」






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Bill Gates and George Soros Fund Monsanto and a World Depopulation Agenda http://naturalnewsblog.blogspot.com/2016/07/bill-gates-and-george-soros-fund.html … ビル・ゲイツとジョージ・ソロスがモンサントの株を購入したことに言及。 #モンサント





hazukinotaboo @hazukinotaboo2
「オバマ大統領の最大の支持者であるビル・ゲイツとジョージ・ソロスは2010年にそれぞれ900,000株と500,000株のモンサントを購入した アメリカとアフリカの優生学と人口管理の議題は順調に進んでいる」 #GMO #モンサント #NWO #アゴラ研究所 https://twitter.com/hazukinotaboo2/status/898177887022465026





hazukinotaboo @hazukinotaboo2
住民激怒!悪魔ビル・ゲイツが軽井沢で地下核シェルター付別荘建設の怪!日本を奴らの放射能 生物兵器ジカ熱ウイルス 人口削減ワクチン GMO遺伝子組み換え食品の実験場にさせるな!http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/44897080.html … こんな記事を見付けました。最近の記事のようです。



Inside the Svalbard Seed Vault


モンサントの大株主はビルゲイツ財団




参考

ビル・ゲイツが進める現代版「ノアの方舟建設計画」とは 「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」に巨額の資金を提供したゲイツ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452974858.html




関連

「ビル・ゲイツ氏、日本でエネルギーを共同研究=アゴラ研究所と」 アゴラは日本のシンクタンク
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452851629.html
posted by hazuki at 00:25| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ドイツの化学メーカー・BASFとスイスのシンジェンタもバイエルの資産買収に名乗り 2017年6月12日

ドイツの化学メーカー・BASFとスイスのシンジェンタもバイエルの資産買収に名乗り 2017年6月12日

BASFとシンジェンタも独バイエルの資産買収に名乗り−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-13/ORGMJV6KLVR401
2017年6月13日 09:51 JST

バイエルはモンサント買収で当局の承認を得るため事業売却を計画
暫定案を示した企業にBASFとシンジェンタが含まれる−関係者

ドイツの製薬会社バイエルが米モンサント買収で監督当局の承認を得るため売却を計画している資産を巡り、暫定的な買収案を示した企業にドイツの化学メーカー、BASFとスイスのシンジェンタが含まれている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、BASFとシンジェンタはキャノーラや綿実、除草剤に耐性のある「リバティーリンク」、グルホシネートの除草剤を含めた事業の取得に暫定的な関心を示した。バイエルはまた、ガーリックとペッパーシード事業を個別、あるいは一括で売却する可能性もある。資産の売却額は全体で25億−30億ドル(約2750億−3300億円)に上る公算がある。

交渉は初期段階にあり、事業売却が完了するまであと数カ月を要する可能性があると関係者は話した。最終決定には至っておらず、BASFとシンジェンタは買収提案を進めることを断念する公算も残っている。

  BASFとシンジェンタ、バイエルの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:BASF, Syngenta Said Among Bidders for Bayer-Monsanto Disposals(抜粋)


BASF.PNG
syngenta.PNG



ドイツの製薬会社バイエルが米モンサント買収で監督当局の承認を得るため売却を計画している資産を巡り、暫定的な買収案を示した企業にドイツの化学メーカー、BASFとスイスのシンジェンタが含まれている。
非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、BASFとシンジェンタはキャノーラや綿実、除草剤に耐性のある「リバティーリンク」、グルホシネートの除草剤を含めた事業の取得に暫定的な関心を示した。
リバティーリンクはバイエルクロップサイエンス社(ドイツ)の除草剤「商品名:リバティー」に耐性を持つ農作物の総称。
バイエルクロップサイエンスは日本に於けるバイエルグルーブ。

バイエルクロップサイエンス
http://cropscience.bayer.jp/

会社概要
http://cropscience.bayer.jp/ja/home/corporate/

株主構成は、バイエルホールディング株式会社:90.87% バイエルS.A.S.:9.13%となっている。
グルホシネートはアミノ酸系除草剤。
「遅発性呼吸停止を来したグルホシネート中毒の1例」(PDF)が報告されているようです。

遅発性呼吸停止を来したグルホシネート中毒の1例
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jja2.12004/pdf

「BASFとシンジェンタはキャノーラや綿実、除草剤に耐性のある「リバティーリンク」、グルホシネートの除草剤を含めた事業の取得に暫定的な関心を示した。」という部分が気になったので、「リバティリンク」を調べてみました。

バイエル、除草剤「リバティ」を売却へ
https://www.nna.jp/news/show/1605910

「独製薬・化学大手バイエルは8日、除草剤「リバティ」と「リバティ・リンク」ブランドの種子事業を売却することで合意したと発表した。米農業化学大手モンサントの買収計画をめぐり、関係当局の承認を得るための資産… 」

2017年5月9日のNNA ASIA(アジア経済ニュースの報道です。

5月9日、バイエルは除草剤「リバティ」と「リバティ・リンク」ブランドの種子事業を売却することで合意したと発表している。
バイエルはモンサントの買収に合意している。
欧州連合(EU)の欧州委は8月22日、ドイツ医薬・農薬大手バイエルによる米モンサントの買収を巡って、本格的な調査を始めたと発表した。
6月27日、シンジェンタは中国化工集団公司(ケムチャイナ)に買収された。
種子産業に動きがあり、とても気になります。
また、報告致します。




参考資料

BASF
https://ja.wikipedia.org/wiki/BASF

シンジェンタ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BF




関連

EUの欧州委員会、独バイエルの米モンサント買収巡り本格調査! 2016年9月、バイエルはモンサント買収に660億ドル(約7.2兆円)で合意を発表!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452950672.html

中国化工集団公司(ケムチャイナ)、6月27日、農薬最大手シンジェンタ買収を完了 新興国で農薬・種子を拡販
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452778664.html
posted by hazuki at 23:36| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUの欧州委員会、独バイエルの米モンサント買収巡り本格調査! 2016年9月、バイエルはモンサント買収に660億ドル(約7.2兆円)で合意を発表!

EUの欧州委員会、独バイエルの米モンサント買収巡り本格調査! 2016年9月、バイエルはモンサント買収に660億ドル(約7.2兆円)で合意を発表!

欧州委、独バイエルの米モンサント買収巡り本格調査
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ23H19_T20C17A8EAF000/
2017/8/23 9:55

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は22日、ドイツ医薬・農薬大手バイエルによる米モンサントの買収を巡って、本格的な調査を始めたと発表した。買収がEU競争法(独占禁止法)に違反する恐れがないかを調べて、2018年1月8日までに買収を承認するかどうか判断する。

 独バイエルは16年9月、遺伝子組み換え種子の世界最大手の米モンサントを660億ドル(約7.2兆円)で買収することで合意したと発表。人口増大で激しさを増す世界的な「食糧争奪戦」を背景に加速する農薬・種子業界の大再編の象徴として注目を集めている。

 欧州委は22日の発表文で、買収によって農薬や種子などの分野で、競争が損なわれ、販売価格の上昇や品質の低下、選択肢の減少、技術革新の停滞などにつながる懸念があるとの暫定的な判断を示した。


多国籍企業の合併・統合の推移.PNG
出典: アグロ多国籍企業の統合ー巨大化する世界の農薬企業(http://www.jacom.or.jp/nouyaku/closeup/2016/160706-30320.php )
化学業界では世界規模の再編が加速.PNG
出典: 中国、巨大化学へ国有大手2社合併案 欧米に対抗 農薬強み、売上高10兆円超
(http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08399410U6A011C1FFE000/ )




欧州連合(EU)の欧州委は22日、ドイツ医薬・農薬大手バイエルによる米モンサントの買収を巡って、本格的な調査を始めたと発表した。
買収がEU競争法(独占禁止法)に違反する恐れがないかを調べて、2018年1月8日までに買収を承認するかどうか判断する。
欧州委は22日の発表文で、買収によって農薬や種子などの分野で、競争が損なわれ、販売価格の上昇や品質の低下、選択肢の減少、技術革新の停滞などに繋がる懸念があるとの暫定的な判断を示した。
「多国籍企業の合併・統合の推移」の図は2016年7月6日のものです。
「化学業界では世界規模の再編が加速している」の図は2016年10月15日のものです。
多国籍業の中でも化学業界では世界規模の再編が加速しており、ドイツの化学メーカー、BASFとスイスのシンジェンタも独バイエルの資産買収に名乗り出ているようです。

BASFとシンジェンタも独バイエルの資産買収に名乗り−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-13/ORGMJV6KLVR401

2017年6月13日のブルームバーグの報道です。

バイエルのモンサント買収に話を戻すと、三橋貴明さんによれば、買収が実現した訳ではないとのこと。

独医薬品大手バイエルはなぜモンサントを買収するのか?=三橋貴明
http://www.mag2.com/p/money/36572

2017年3月14日のMONEY VOICE編集部によるもの。

また、三橋さんによると、「今年の1月、バイエルとモンサントの首脳が、トランプ大統領に買収の利点を説明しています。両社は、「農薬におけるバイエルの幅広い品ぞろえと業界最先端であるモンサントの種子関連技術を組み合わせることで、農作物に関わる画期的開発を加速することができる」と、主張しています。」とのことです。

バイエルとモンサント、トランプ氏に合併の利点アピール
http://jp.wsj.com/articles/SB10558161838683014507104582554023865733842

2017年1月12日のウォールストリートジャーナルの報道です。

種子産業の再編には動きがあり、バイエルのモンサント買収の完了には注目です。
BASFとシンジェンタもバイエルの資産買収に名乗り出ているとは、巨大種子会社が出来るでしょう。
シンジェンタはケムチャイナ(中国化工集団公司)に、2017年6月27日、買収されています。
ケムチャイナは新興国で農薬・種子を拡販するようです。
取り急ぎ、バイエルとモンサントの買収の件を報告です。




参考資料

BASFとシンジェンタも独バイエルの資産買収に名乗り−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-13/ORGMJV6KLVR401

独医薬品大手バイエルはなぜモンサントを買収するのか?=三橋貴明
http://www.mag2.com/p/money/36572

バイエルとモンサント、トランプ氏に合併の利点アピール
http://jp.wsj.com/articles/SB10558161838683014507104582554023865733842




関連

中国化工集団公司(ケムチャイナ)、6月27日、農薬最大手シンジェンタ買収を完了 新興国で農薬・種子を拡販
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452778664.html
posted by hazuki at 17:21| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

[インド] 強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず

[インド] 強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず

強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず インド
https://www.cnn.co.jp/world/35105971.html
https://www.cnn.co.jp/world/35105971-2.html
2017.08.18 Fri posted at 11:30 JST

ニューデリー(CNN) インド北部チャンディーガルの病院で、強姦の被害に遭った10歳の少女が帝王切開で女児を出産していたことが18日までに分かった。医師によると、母子ともに容体は安定しているという。

少女の家族は人工妊娠中絶を認めるよう求めていたが、インド最高裁は医師の診断や診察結果に基づいて、3週間前にこの訴えを退けていた。

地元紙の報道によると、少女は妊娠35週目だった。

医師によると、少女は自分が妊娠していることを知らなかった。両親は、腎結石のために手術が必要だと娘に言い聞かせ、医師から真実を告げることも拒んでいたという。

インドでは裁判所が認めない限り、妊娠20週目以降の中絶を法律で禁じている。

弁護士によると、家族が娘の妊娠について当局に相談した時には妊娠26〜27週目に入っていた。

少女はおじによる強姦の被害に遭っていた。おじは6〜7カ月にわたって少女を暴行していたとされる。この男に対する裁判は係争中。

両親は周囲の目を恐れ、生まれた子どもを養子に出すことを検討しているという。

インドでは親類や知人による性的暴行やドメスティックバイオレンスの被害が後を絶たない。政府は性的犯罪に対する罰則を強化しようとしているが、強姦事件の報告件数は2011〜16年にかけて50%増加した。


NO RAPE.PNG



インド北部チャンディーガルの病院で、強姦の被害に遭った10歳の少女が帝王切開で女児を出産していたことが18日までに分かった。
少女の家族は人工妊娠中絶を認めるよう求めていたが、インド最高裁は医師の診断や診察結果に基づいて、3週間前にこの訴えを退けていた。
少女は妊娠35週目だった。
インドでは裁判所が認めない限り、妊娠20週目以降の中絶を法律で禁じている。
おじから強姦とは、ショッキングなニュースですね。
周囲の目を恐れ、生まれた子は里子に出されるのでしょうね。
妊娠35週は9ヶ月のことですね。
妊娠後期で臨月に迫っていた。
日本も妊娠5ヶ月に入ったら、中絶は出来なかった筈です。
母体保護法がありますからね。
ラベル:インド
posted by hazuki at 16:47| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[アフリカ] 「魔女」疑い女性5人に火を付け殺害、男32人を訴追 タンザニア

[アフリカ] 「魔女」疑い女性5人に火を付け殺害、男32人を訴追 タンザニア

「魔女」疑い女性5人に火を付け殺害、男32人を訴追 タンザニア
http://www.afpbb.com/articles/-/3139997
2017年08月22日 15:19 

【8月22日 AFP】アフリカのタンザニアで、「毒殺者」や「魔女」と疑いをかけられた女性5人が生きたまま火を付けられて殺害される事件が発生し、18〜75歳の男32人が訴追された。

 事件は先月27日、キリマンジャロ山(Mount Kilimanjaro)から南東50キロのウチャマ(Uchama)で発生した。容疑者の中には地元当局者も含まれているという。

 関係筋はAFPに対し、「検察側は容疑者32人が女性5人に暴行を加えた後、火を付けて殺害したと主張している」と語った。

 21日に行われた罪状認否では、容疑者の一部は容疑を認めている。本格的な公判は9月4日に開始する予定。(c)AFP


魔女疑い殺害・タンザニア.PNG



タンザニアで、「毒殺者」や「魔女」と疑いをかけられた女性5人が生きたまま火を付けられて殺害される事件が発生し、18〜75歳の男32人が訴追された。
事件は先月27日、キリマンジャロ山から南東50キロのウチャマで発生した。
容疑者の中には地元当局者も含まれているという。
中世ヨーロッパの魔女狩りのようなことをタンザニアで、やっているのか。
容疑者の中に地元当局者というのは酷過ぎる話です。
タンザニア産コーヒー豆で「キリマンジャロ」がある。
タンザニアの魔女容疑をかけられた女性達を殺害される事件はショックを隠せない。
ラベル:タンザニア
posted by hazuki at 16:14| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

内戦下のイエメン、4歳女児のレイプ殺人で男を公開処刑 「犯罪者に対する抑止」

内戦下のイエメン、4歳女児のレイプ殺人で男を公開処刑 「犯罪者に対する抑止」

内戦下のイエメン、4歳女児のレイプ殺人で男を公開処刑
http://www.afpbb.com/articles/-/3139163
2017年08月14日 21:19 発信地:サヌア/イエメン

【8月14日 AFP】内戦下にあるイエメンの首都サヌア(Sanaa)で14日、4歳の女児を性的暴行の末に殺害した罪で死刑判決を受けた男(22)の公開処刑が行われた。イスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装勢力「フーシ派(Huthi)」が支配するサヌアでは、先月末にも女児を性的暴行の末に殺害した男が公開処刑されている。

 処刑に立ち会った判事によると、男は犯行後に女児の遺体を埋めていたといい、女児を拉致、レイプおよび殺害した罪で有罪となった。

 一方、女児のおじによれば、男は「犯罪が露見する前に、女児の捜索に参加していた」という。また公開での処刑について、「犯罪者に対する抑止」になると語った。

 男はサヌア市内の広場でうつぶせに寝かせられると、警察官によって背後から胸部めがけて5発撃たれ、死亡した。その後、男の遺体はクレーンでつるされた。

 また公開処刑には、多くの人々が見物に詰め掛けた。(c)AFP


イエメンで公開処刑.PNG



イエメンの首都サヌアで14日、4歳の女児を性的暴行の末に殺害した罪で死刑判決を受けた男(22)の公開処刑が行われた。
公開処刑には、多くの人々が見物に詰め掛けた。
目には目を歯には歯を。
イスラム教の国、イエメン。
レイプ殺人は許されるものではない。
これがサウジアラビアだったら、公開斬首刑になっていたかも知れない。
ラベル:イエメン
posted by hazuki at 00:59| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

[移民300人超海に落とす] イエメン沖で移民や難民が海に突き落とされた事件 70人が溺死か

[移民300人超海に落とす] イエメン沖で移民や難民が海に突き落とされた事件 70人が溺死か

溺死者は70人か=突き落とされた移民ら−イエメン沖
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081200220&g=int

【カイロ時事】国際移住機関(IOM)は11日、イエメン沖で9、10両日に相次いでソマリアやエチオピア出身の移民や難民が密航業者にボートから海に突き落とされた事件で、新たに4人の遺体が見つかり、これまでに39人の死亡を確認したと発表した。依然31人が行方不明だが、生存は絶望視されている。IOMは「著しい人命軽視だ」と批判している。
 密航業者はボートがイエメンの海岸に近づいた際、当局の摘発を逃れようと9日に120人以上、10日にも約180人を海に突き落とした。移民らは内戦状態のイエメン経由で、裕福な湾岸諸国を目指していたとされる。
 IOMによると、このうち10日に何とか上陸した人々のうち、13人は疲れ果てて砂漠地帯に向かって歩ける状態ではなかったため、水や食料を求めて上陸した砂浜に戻ってきたという。(2017/08/12-07:36)


国際移住機関(IOM)の担当者.PNG



イエメン沖で移民や難民が、密航業者にボートから海に突き落とされた事件。
国際移住機関(IOM)は11日、これまでに39人の死亡を確認したと発表した。
依然31人が行方不明だが、生存は絶望視されている。
共同通信の報道によると「イエメンは内戦下にあり、密航業者は当局や武装勢力に見つかりそうになった際、移民を強制的に海に落として船で現場を離れており、IOMは「摘発を恐れる業者は同様のことを繰り返す恐れがある」としている。」とのことです。
イエメンは、アフリカの移民が富裕なペルシャ湾岸諸国や欧州に向かう為の主要なルートの一つ。
9日、10日と2日連続で、ソマリアやエチオピアからの移民・難民を密航船から海に突き落としたようです。
このようなことが繰り返されてはならない。
フランス出身のリジー・メルシエ・デクルー(Lizzy Mercier Descloux)は、アフリカに魅了されて、アパルトヘイトの南アフリカで黒人と一緒に音楽を作った。
ローザ・イエメン(Rosa Yemen)というバンド名義でも音源を残している。
亡くなってから10数年が経つが、イエメンが現在、こんな状況に置かれていることを知ったら悲しむだろう。



移民計3百人海に落とす イエメン沖で2日連続
https://this.kiji.is/268485375148326920?c=39546741839462401
2017/8/11 09:58


70人死亡か イエメン沖の密航船突き落とし
http://www.sankei.com/world/news/170811/wor1708110043-n1.html
2017.8.11 19:13
ラベル:イエメン
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

インド大統領にラム・ナス・コビンド氏 与党、旧被差別階層の支持拡大狙う

インド大統領にラム・ナス・コビンド氏 与党、旧被差別階層の支持拡大狙う

インド大統領にコビンド氏=与党、旧被差別階層の支持拡大狙う
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072000729&g=int

【ニューデリー時事】17日に投票が実施されたインド大統領選の結果が20日判明し、与党インド人民党(BJP)候補のラム・ナス・コビンド前ビハール州知事(71)が、野党の国民会議派などが推すメイラ・クマール元下院議長(72)を抑えて当選した。得票率は65.65%だった。
 コビンド氏は旧被差別階層(ダリット)出身。1994〜2006年に上院議員を2期務め、ダリットの権利擁護を目指す党組織のトップを務めた経験がある。与党のコビンド氏擁立は、19年の総選挙を前に約2億人とされるダリットを取り込む狙いがあるとみられている。
 コビンド氏は結果を受け、「重大な責任を担うことは認識している。私は、生計を立てるため懸命に働いているすべてのインド人の代表だ」とあいさつした。就任式は25日に実施される。
 大統領選は上下両院議員と州議会議員の約5000人による間接投票で実施された。政治的な実権は首相が握っており、大統領は主に儀礼的な役割を担う。(2017/07/20-21:18)


インドのラム・ナス・コビンド氏.PNG



インド大統領選の結果が20日判明。
与党インド人民党(BJP)候補のラム・ナス・コビンド前ビハール州知事(71)が、当選した。
コビンド氏は旧被差別階層(ダリット)出身。
最下層カーストから大統領です。




参考

インド次期大統領に最下層カーストのダリット出身者か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451865868.html
ラベル:インド
posted by hazuki at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

インド次期大統領に最下層カーストのダリット出身者か

インド次期大統領に最下層カーストのダリット出身者か

インド次期大統領に最下層カースト出身者か
http://www.afpbb.com/articles/-/3135899
2017年07月15日 17:48

【7月15日 AFP】インドの次期大統領が、同国の身分制度カーストの最下層ダリット(Dalit)から誕生しそうだ。

 17日に国会議員と州議会議員によって行われる大統領選挙で本命とみられているのは、与党インド人民党(BJP)の候補で、ダリット出身のラム・ナス・コビンド(Ram Nath Kovind)氏(71)だ。

インドの大統領は政治的な実権は持たないが、与党候補である同氏が勝利すればナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相の権力支配を強化するだろう。

 ダリット出身の大統領はこれまで1997〜2002年に在任したK・R・ナラヤナン(K.R Narayanan)氏だけで、コビンド氏が就任すれば2人目となる。結果は20日に発表される。2019年の再選が視野にあるモディ首相にとっては、選挙の鍵を握りながらも長年さげすまされてきた有権者層に重要なメッセージを送ることにもなる。

 約2億人といわれるダリットの人々は、インドの最貧困層でもあり、昔から社会の周縁に追いやられてきた。法的な保護はあるものの差別は横行しており、教育など社会進出の機会へのアクセスを日常的に拒否されている。(c)AFP/Bhuvan BAGGA


カーストの最下層ダリットから大統領.PNG



インドの次期大統領が、同国の身分制度カーストの最下層ダリットから誕生しそう。
17日に行われる大統領選挙で本命とみられているのは、与党インド人民党の候補で、ダリット出身のラム・ナス・コビンド氏(71)。
結果は20日に発表される。
はてなブックマークのコメント、「今でさえ教育の機会からも疎外されてるのにこの71歳の人の子供時代はどんなんだったんだ…ということに興味がつきないので伝記出してほしい。」「 カーストにプログラマや大統領は定められて無いから誰でもなれる」など。
最下層のカーストから大統領は初めてではないようですね。
20日の発表を待ちましょう。



はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.afpbb.com/articles/-/3135899
ラベル:インド
posted by hazuki at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする