2017年04月26日

「安倍政権に緩み」73% 内閣支持率上昇58% 共同通信世論調査

「安倍政権に緩み」73% 内閣支持率上昇58% 共同通信世論調査

「安倍政権に緩み」73% 内閣支持率上昇58% 共同通信世論調査
http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230021-n1.html
2017.4.23 21:45

共同通信社が22、23両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三政権の山本幸三地方創生担当相ら閣僚による問題発言や、政務官の不祥事が続いたことについて「緩みが出ていると思う」との回答が73・2%に上った。「思わない」は20・9%。テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案については賛成41・6%、反対39・4%で拮抗した。

 安倍内閣支持率は58・7%、不支持率は31・5%だった。支持率は3月下旬の前回調査から6・3ポイント上昇したが、今回調査から携帯電話しか持たない層に対応する目的で対象を固定電話と携帯電話にしたため、単純比較はできない。

 政党支持率は、自民党が前回比2・5ポイント減の39・9%、民進党が2・1ポイント減の6・7%。公明党3・8%、共産党3・5%、日本維新の会4・4%、自由党1・1%、社民党1・2%、日本のこころ0・2%。「支持する政党はない」とした無党派層は38・4%だった。


安倍首相・政権に緩み.PNG



共同通信社が22、23両日に実施した全国電話世論調査。
山本幸三地方創生担当相ら閣僚による問題発言や、政務官の不祥事が続いたことについて「緩みが出ていると思う」との回答が73.2%に上った。
安倍内閣支持率は58.7%、不支持率は31.5%だった。
支持率は3月下旬の前回調査から6.3ポイント上昇した。
安倍政権に緩みが出ていると思うに73.2%は納得いきますが、何故、内閣支持率が前回の調査から6.3ポイント上昇して58.7%もあるのか理解出来ません。
安倍政権はTPP協定の第15章の政府調達に沿って国内法を変えているのです。
韓国が米韓FTAで200本の法律を変えたように安倍政権は国内法を変えている。
あるいは変えようとしている。
種子法廃止法案は4月14日、参議院本会議で可決・成立しました。
水道民営化を意図する水道法改正案を今国会(第193回国会)で可決・成立させるつもりです。
米国の要求に答える為に、売国をやっているのです。
安倍首相を応援している安倍信者は愚鈍です。
安倍信者が「種子法廃止に反対します」「水道民営化に反対します」と積極的に活動しているか?
マスコミも最低です。
外資に売り渡してしまうかも知れないインフラの種子法廃止や水道法改正を積極的に報道しているか?
食物のタネと水を外資に売り渡すのですよ。
森友学園や加計学園の報道なんて、どうでもいい。
国民生活に必要な法案が可決・成立されていることを報道すべきです。
テレビや新聞で報道しないことは多くの国民が知らなくて当然です。
これでは、安倍政権の支持率が低下しない訳です。




参考(種子法廃止)

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html
タグ:世論調査
posted by hazuki at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

4月20日、道州制へ改憲求める意見も 衆議院憲法審査会で参考人質疑

4月20日、道州制へ改憲求める意見も 衆議院憲法審査会で参考人質疑

道州制へ改憲求める意見も 衆院憲法審で参考人質疑
http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200030-n1.html
2017.4.20 19:12

衆院憲法審査会は20日、「国と地方の在り方」をテーマに参考人質疑を行い、与野党6党が道州制や地方自治体の権限などについて意見聴取した。参考人からは、自治体の権限強化や道州制導入のための憲法改正を求める意見も出た。

 道州制に関しては、中央大の佐々木信夫教授が「人口縮小時代であり、財政の効率性から考えても道州制への移行を本格的に検討すべき段階だ」と主張し、憲法改正が必要との考えを示した。東大大学院の斎藤誠教授は「集権的な道州制には反対だ」と述べた。

 自治体の権限については、明治大の大津浩教授が強化を主張し、地方自治の本旨(自治体の権限と責任で地域行政を担う原則)を条文で明確にする憲法改正は「あり得る」との認識を示した。佐々木氏は現行憲法が国と地方の役割分担が書かれていないと強調。身近な内政は自治体に任せ、「国の主力は外交、防衛、危機管理など対外政策にあると(条文で)明示したらどうか」と語った。

 一方、沖縄大の小林武客員教授は改憲は不要との立場を表明。現行憲法のもと、地域社会の根幹的な行政や財源の自治体への移譲を進めるよう求めた。

 衆院憲法審は27日に同じテーマで各党の意見表明と自由討議を行う。地方自治をめぐっては日本維新の会が道州制を含む統治機構改革を主張し、民進党の細野豪志前代表代行も10日に発表した改憲私案で地方自治の拡大を掲げている。


中央大学・佐々木教授.PNG
佐々木信夫(参考人 中央大学教授)



衆議院憲法審査会は20日、「国と地方の在り方」をテーマに参考人質疑を行い、与野党6党が道州制や地方自治体の権限などについて意見聴取した。
参考人からは、自治体の権限強化や道州制導入の為の憲法改正を求める意見も出た。
衆議院インターネット審議中継を確認したところ、中央大学の佐々木信夫教授が「人口縮小時代であり、財政の効率性から考えても道州制への移行を本格的に検討すべき段階だ」と話したようですね。
道州制に関しては、過去に橋下徹が「維新は道州制を導入したい」ようなことを主張していました。
道州制はやらせないと発言していた自民党の西田昌司議員が道州制推進になっている。
日本維新の会は道州制賛成です。
自民党も道州制推進へと動いている。
「集権的な道州制には反対だ」とする東大大学院の斎藤誠教授が正しいでしょう。
道州制などやるべきではない。
私は反対します。
安倍首相は日本版FEMA(緊急事態条項)の創設だけでなく、官邸機能強化と道州制を前提とした地方分権の推進もしている。



安倍晋三6つの全力.PNG
官邸機能強化と道州制を前提とした地方分権の推進.PNG



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&u_day=20170420

開会日 : 2017年4月20日 (木)
会議名 : 憲法審査会 (3時間04分)

案件:
日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件(国と地方の在り方(地方自治等))




関連

「維新は道州制改憲を主張したい」橋下氏がツイッターで表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/355430782.html
タグ:道州制
posted by hazuki at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

内閣府、朝日記事を否定 HPの「朝鮮人虐殺」削除報道、抗議も検討

内閣府、朝日記事を否定 HPの「朝鮮人虐殺」削除報道、抗議も検討

内閣府、朝日記事を否定 ホームページの「朝鮮人虐殺」削除報道、抗議も検討
http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200003-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200003-n2.html
2017.4.20 07:24

内閣府は19日、朝日新聞が同日付朝刊で、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」に関する内容を含む過去の災害教訓をまとめた報告書が、苦情によってホームページ(HP)から削除されたと報じたことに対し、「削除したことはない」と反論した。記事中、担当者の発言として報じられたコメントも否定した。内閣府は、報告書が閲覧できないのはHP刷新に伴うシステム上の問題だと朝日記者に説明したと話しており、抗議することも検討している。

 朝日新聞は社会面に「『朝鮮人虐殺』に苦情、削除」の記事を掲載。江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるために政府の中央防災会議の専門調査会がまとめた報告書が、HPから削除されていると伝えた。

記事は報告書に「朝鮮人虐殺」に関する記述が含まれていることを指摘した上で、「内容的に批判の声が多く、掲載から7年も経つので載せない決定をした」とする内閣府担当者のコメントを掲載した。

 しかし、内閣府によると、18日夕に朝日新聞記者からの電話取材に対応した担当者は「HPの刷新中で、今は報告書を見ることができない」として、削除していないことを伝えた。

 内閣府は苦情が寄せられている事実もなく「報告書の掲載をやめることの検討もしていない」としている。

 朝日新聞は19日、産経新聞の取材に対し「記事は、内閣府の担当者への取材に基づいて執筆したものです。詳細な取材経過や相手方の発言などについては、回答を差し控えさせていただきます」と回答した。


朝鮮人虐殺・朝日新聞.PNG



内閣府は19日、朝日新聞が同日付朝刊で、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」に関する内容を含む過去の災害教訓をまとめた報告書が、苦情によってHPから削除されたと報じたことに対し、「削除したことはない」と反論した。
「「朝鮮人虐殺」含む災害教訓報告書、内閣府HPから削除」と見出しで報道した朝日新聞は悪質です。
朝日新聞は、また捏造記事を書いたことになります。
関東大震災時の「朝鮮人虐殺」の記事がHPから削除されているとの報道は嘘でした。
HP刷新に伴うシステム上の問題で閲覧出来ないだけでした。
苦情が寄せられている事実もなかったようです。






perfumekawaee @perfumekawaee
保守速報【朝日新聞】内閣府、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」を含む災害教訓報告書をHPから削除。「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情多く http://hosyusokuhou.jp/archives/48790604.html
名無しさん 
朝鮮人が震災の混乱に乗じて暴れたのに、なぜか日本人が悪者になってんのなwww
タグ:内閣府
posted by hazuki at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/agriculture/1-0389766.html
04/15 07:00、04/15 08:29 更新

稲や麦、大豆の種子の生産、普及を都道府県に義務付ける主要農作物種子法の廃止法案は14日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。種子生産に民間企業の参入を促す狙いだが、民進、共産両党などは「種子の安定供給に支障が出る可能性がある」などとして反対した。来年4月1日に施行される。

 種子法は戦後の食糧増産を目的に、1952年に制定された。

 都道府県が優良品種の審査、指定、栽培などを行ってきたが、優良品種は都道府県が自ら開発した品種に偏っており、政府はこの状況を問題視。種子生産の民間参入を妨げ、多様な品種開発を阻害しているとして廃止を提案した。

 採決に先立つ討論で、民進党の徳永エリ氏(道選挙区)は種子法廃止により外資参入が進む可能性を指摘し、「種子価格の高騰を招きかねない」と批判。共産党の紙智子氏(比例代表)も「都道府県にとって育種予算確保の根拠がなくなる」と反対した。

 法案は賛成158票、反対73票で可決、成立した。

 主要農作物種子法は昨年の規制改革推進会議の議論から半年余りで廃止が決まり、道内の農業関係者からは疑問の声が上がった。法が廃止される来年4月以降、どこが種子の生産や普及を担うことになるのか、関係者は注視している。

 「道は長年、責任を持って種子を生産、普及させてきた。この体制を維持するためには、条例などの検討が必要ではないか」。道立総合研究機構上川農業試験場の元場長で、品種開発などに携わってきた紙谷元一さん(63)=空知管内長沼町=はそう指摘した。

 道は、種の生産をホクレンや農協に委託し、農場の審査や奨励品種を決める試験などを行っている。道総研中央農試では、種を低温貯蔵するなど品質の管理に努めている。紙谷さんは「種の生産や普及には時間も費用もかかるため、民間では担いきれない。行政が果たす役割は大きい」と話し、同法が民間参入を妨げてきたとする規制改革推進会議の見解に疑問を呈した。


種子法廃止法案・参議院で可決.PNG
種子法廃止反対.PNG



北海道新聞の報道です。
主要農作物種子法の廃止法案(種子法廃止法案)は4月14日、参議院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
2018年4月1日に施行される。
法案は賛成158票、反対73票で可決、成立した。
主要農作物種子法(種子法)が民間参入を妨げて来たとする昨年の規制改革推進会議の見解に疑問を呈した(道立総合研究機構上川農業試験場の元場長で、品種開発などに携わって来た紙谷元一さん(63))。
僅か5時間の質疑で審議を打ち切ったことは「国会議論を軽視するものだ」と共産党の紙智子議員が批判しました。
民進党の徳永エリ議員と共産党の紙智子議員が種子法廃止の反対討論をしたにも関わらず、種子法廃止法案は自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により参議院本会議で可決されました。
参議院に送られてからの流れですが、4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
そして、昨日、4月14日、参議院本会議で可決されました。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定となりました。
詳しくは、私が書いた過去記事を確認方お願いします。
三橋貴明さんが「モンサント法に反対せよ」と訴えていましたが、自民党、公明党、日本維新の会(多分、日本のこころも入っていたと思います。)などの賛成多数により、種子法廃止法案は参議院本会議で可決されました。
日本の食糧安全保障は崩壊です。
米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」を可決・成立させるつもりです。
残念ながら、「種子法廃止」は可決・成立しました。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍首相は何処まで日本を壊せば気が済むのでしょうか。
何としても、水道民営化を意図する「水道法改正案」を廃案に追い込まなければなりません。
水道法改正案は4月11日、衆議院総務委員会で議論がされたようです。
水道法改正案が衆議院を通過するのは時間の問題です。
反対運動を続けましょう。



水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

開会日: 2017年4月14日
収録時間: 約1時間4分
会議名: 本会議

案件

日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(第192回国会閣条第2号)
日本国の自衛隊とオーストラリア国防軍との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
日本国の自衛隊とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第32号)
国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第13号)
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律案(閣法第51号)

紙智子(日本共産党)



【参議院 国会中継】〜平成29年4月14日 本会議〜




参考

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

[産経・FNN合同世論調査] 改憲機運再上昇 11月に続き「賛成」52.9%

[産経・FNN合同世論調査] 改憲機運再上昇 11月に続き「賛成」52.9%

【産経・FNN合同世論調査】
改憲機運再上昇 11月に続き「賛成」52・9%
http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170031-n1.html
2017.4.17 18:10

産経新聞社とFNNによる合同世論調査で、安倍晋三首相が前向きな憲法改正に「賛成」と答えた人は52・9%だった。昨年11月に続いて過半数となり、憲法施行70年を前に改憲機運の高まりを裏付けた。「反対」は39・5%だった。

 支持政党別では、「賛成」が自民党(66・8%)、日本維新の会(80・6%)、日本のこころ(100%)といった改憲勢力のほか、自由党(57・1%)の支持層で多数を占めたものの、公明党支持層は50%にとどまり、連立与党を組む自民党との温度差が浮き彫りとなった。民進党や社民党支持層では「反対」が多数だった。

 憲法改正をめぐっては、平成24年12月の第2次安倍政権発足以降の世論調査で、25年7月までは「賛成」が過半数だった。ところが、同月の参院選を経て政権与党が参院で過半数を割る「ねじれ国会」が解消した後の8月調査以降は50%を下回り続け、安全保障関連法を審議していた27年7月に最低の37・6%となった。「改憲勢力」が改憲発議に必要な衆参両院の3分の2議席となった28年7月の参院選を経て、同年11月に「賛成」が55・7%に回復した。

 ただ、憲法改正に賛成する人のうち、戦争放棄や戦力不保持を明記した憲法9条改正には「賛成」が56・3%、「反対」は38・4%。9条改正のハードルは高いようだ。


日本再起・安倍晋三.PNG
安倍晋三6つの全力.PNG



産経新聞社とFNNによる合同世論調査。
安倍首相が前向きな憲法改正に「賛成」と答えた人は52.9%だった。
安倍政権は新憲法改正草案を作成へと動いている。
9条改正を外し、緊急事態条項(日本版FEMA)追加を優先する。
憲法9条改正に賛成が56.3%と高いが、反対が38.4%もあるので、国民の理解を得る為、9条の改正を優先せず、緊急事態条項の創設に動き初めている。
まだ、GHQが押し付けた9条改正の方が許せる。
憲法改正には慎重になるべきです。
緊急事態条項は、これはかつて「日本版FEMA(フィーマ)」とも言われていたもので、米国の緊急事態管理庁(FEMA)をそっくり真似したものと言われている。
これは、天災やテロが起こった際などに、法律や憲法の規定を無効化させた上で、総理大臣に全ての権限を集中させるという内容のもので、その条文も曖昧な上に、総理が緊急事態を宣言することで完全なる独裁状態を作り出す恐れのある、非常に危険度の高いもの。
民進党では原口一博が民主党政権時代、総務相を務めた時に、「いずれにせよ、危機管理って、今の時代に合った危機管理体制ということをですね、私たちは日本版FEMAということをマニフェストでお約束をしているわけですから、そこに向かう検討を進めていきたいと、こう思っています。」と記者会見で答えている。
実際に大災害が起こったのは、民主党政権の時です。
自民党は緊急事態条項(日本版FEMA)が何か分かっていると思われますが、何故、創設をしようとしているのか。
オバマからトランプに米大統領が変わりましたが、オバマを操っていたのは、「ブレジンスキー」なる人物です。
世界統一政府(No World Order=NWO)樹立に向けてのことだと理解しなければなりません。
個人情報保護法→マイナンバー→秘密保護法→集団的自衛権→共謀罪→FEMA(強制収容所)と続くのです。
緊急事態条項は、最近、ニュースになっているので取り上げていますが、民進党では、細野豪志が改憲派です。
緊急事態条項の創設を憲法改正私案で公表した。
小林節教授が「憲法改正の真実」という著書で語っていたそうですが、「原則と例外を同列に並べてはいけない。緊急事態条項は憲法でなく法律で定めるべきだ。」「それだけ気合があるなら法律で十分動けるはずだ。」と。
緊急事態条項は憲法ではなく法律で定めるべきです。
災害をだしにして憲法を変えてはいけない。
#ヤバすぎる緊急事態条項



"FEMA(フィーマ)"は 米国における 連邦緊急事態管理庁である。
非常事態(戒厳令下)においては、議会機能は6ヶ月間停止し
FEMAには 大統領を超える権限が与えられる。
 
"FEMA(フィーマ)"は一連の行政命令によって創設された。
大統領行政命令は、それが憲法に適合するかどうかにかかわらず、連邦政府登録に公布するだけで法律となる。
議会は無視される。
 
命令第12148は、民間防衛の計画と資金に関して
国防省と協同するためにFEMAを創設した。
緊急時の「ツアー」(指揮官)が任命された。
 
命令第12656は、緊急時の権力を検討する主要機関として
国家安全保障会議を任命した。
これは、市民に対する情報と監視を強化し、国内の移動の自由を制限することを政府に許す。
また市民の大きな団体を隔離する権限を政府に与える。
すべての国境を封鎖し、空港とすべての港の入国を管理するために、
"州兵を連邦管轄下に置くことができる"。


※FEMAが憲法と権利章典を停止できることに関連した行政命令
(下記)
 
命令10990 : 政府がすべての輸送手段を接収し、ハイウェイと港の管理を認める。

命令10995 : 報道機関の接収と管理を認める。
 
命令10997 : 政府の電気、ガス、石油、燃料、鉱物の接収を認める。
 
命令10998 : 政府の食料資源と農場の接収を認める。
 
命令11000 : 政府が市民を動員して政府監督下にある労働奉仕団を作ることを認める。

命令11001 : 政府がすべての健康、教育、福祉機関の接収を認める。
 
命令11002 : すべての人の国民登録を実行するために郵政公社総裁を任命する。
 
命令11003 : 政府のすべての空港と飛行機(民間機を含む)の接収を認める。
 
命令11004 : 住宅と財政に関する機関が地域社会を移転し、公的基金を使って新しく住宅を建てること、放棄される土地を選定し、国民のために新しい場所を設定することを認める。
 
命令11005 : 政府が鉄道、内陸水路、公の貯蔵施設を接収することを認める。
 
命令11051 : 緊急計画機関の責務を明示し、増大する国際的緊張と経済的または金融的危機のとき、すべての命令が施行されるよう許可を与える。
  
命令11310 : 司法省が政令にある計画を実施し、労働者の支援制度を設け、司法と立法の連絡を確立し、刑務所と矯正施設を運営し、大統領に助言と支援をする権限を認める。
 
命令11049 : 15年間にわたって発せられた21の効力ある命令を統合して、連邦の省庁に緊急準備権限を認める。
 
命令11921 : 連邦緊急準備機関に、定義していない、いかなる国家緊急時においても、次のものの生産と分配の過程に統制力を確立する計画を展開することを認める。
エネルギー源、賃金、給与、 アメリカの金融制度におけるクレジットとお金の流通。



FEMAキャンプについてCIAエージェントの告白- 重要!!!!!!!


【憲法改正】FEMAって知ってる?【自民党憲法草案】


FEMA(フィーマ)は国民殺害部隊である【サリン事件】






はぎの @hagino22
世界政府樹立に向けてのことだと理解しないといけません。個人情報保護法→マイナンバー→秘密保護法→集団的自衛権→共謀罪→FEMA(強制収容所)と続くはずです。お読み下さい→http://conspiracyofbankers.blogspot.jp/2014/07/08.html  @hazukinotaboo 共謀罪、臨時国会での整備に




参考

細野豪志「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449049688.html

民進・細野豪志が代表代行辞任へ 改憲巡り「考え方に違い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448991057.html

「党内で言え」民進党の前原誠司元外相、細野豪志代表代行の憲法改正私案公表に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448857541.html

民進党の細野豪志が憲法改正私案を公表 教育無償化や緊急事態条項
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448856451.html

改憲、自民党改憲草案基本に議論 下村博文幹事長代行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448537498.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html




参考(日本版FEMA)

米国は大量のFEMA(強制収容所)を作っており大量の棺桶を運んでいる! 棺桶を運ぶトラックにフリーメイソンのロゴ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445670040.html

安倍首相が日本版FEMA創設って、これの本当の意味分っているの? あなたを完全な奴隷にする日本版FEMAを、いよいよ創設する!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445664065.html

日本版FEMA、設立見送り 現行組織改善で対応
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416519182.html

日本版FEMA必要か 危機管理対応の組織、検討開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404681745.html




関連

[日本赤軍・前科者・ピースボート] 辻元清美「超党派の議員連盟「立憲フォーラム」を立ち上げます」(2013年4月)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445688831.html
posted by hazuki at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[産経・FNN合同世論調査] 民進党支持率、発足以来最低の6.6% 安倍内閣の支持率は微増59.3%、自民党支持率↑42.5%

[産経・FNN合同世論調査] 民進党支持率、発足以来最低の6.6% 安倍内閣の支持率は微増59.3%、自民党支持率↑42.5%

【産経・FNN合同世論調査】
民進党支持率、発足以来最低の6・6% 安倍晋三内閣の支持率は微増59・3%、自民党支持率↑42・5%
http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n2.html
2017.4.17 11:41

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が15、16両日に実施した合同世論調査によると、安倍晋三内閣の支持率は59・3%で、3月18、19両日の前回調査から1・9ポイント増えた。不支持率は30・4%(前回比0・5ポイント減)だった。

 政党支持率は、民進党が6・6%(同1・8ポイント減)で、昨年3月の結党後、最低となった。自民党は前回比4・5ポイント増の42・5%。その他は、公明党3・4%▽共産党4・9%▽日本維新の会3・1%▽社民党1・3%▽自由党0・7%▽日本のこころ0・2%−だった。「支持する政党はない」とする無党派層は35・0%だった。

 今の天皇陛下に限って譲位を可能にするため政府が5月に国会提出する特例法について、「賛成」と答えた人は前回調査から7・7ポイント増えて86・0%に達し、「反対」は9・6%(前回比6・6ポイント減)だった。特例法案への理解が浸透していることがうかがえる。

トランプ米政権はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとしてシリア空軍基地を攻撃したたが、「評価しない」(55・7%)との声が半数を超えた。「評価する」は36・0%だった。安倍晋三首相が支持を表明したことに関しては、「評価する」(46・9%)と「評価しない」(46・6%)が拮抗した。

北朝鮮に脅威91・3%

 また、北朝鮮の核・ミサイル開発を脅威に感じるか聞いたところ、「感じる」との回答が91・3%に達した。北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、2発目以降のミサイルを撃たせないための「敵基地反撃能力」保有の検討を自民党が政府に提言したことに関しては、「敵基地への反撃は、北朝鮮が実際にミサイルを日本に向けて発射したあとに限るべきだ」が45・0%で、「発射する具体的な構えを見せた段階で、北朝鮮の基地を攻撃すべきだ」は30・7%。「北朝鮮が日本に向けて実際にミサイルを発射しても、日本は北朝鮮の基地に反撃すべきではない」は19・2%だった。

 一方、国会では共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議が始まった。改正案の賛否を聞いたところ、「賛成」は57・2%(前回比0・4ポイント減)で、「反対」の32・9%(同1・7ポイント増)を上回った。


蓮舫代表2.PNG



産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が15、16両日に実施した合同世論調査。
安倍内閣の支持率は59.3%で、3月18、19両日の前回調査から1.9ポイント増えた。
トランプ米政権はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとしてシリア空軍基地を攻撃したたが、「評価しない」(55.7%)との声が半数を超えた。
トランプがシリアを攻撃したことを支持しないのが半数を超えたのは当然でしょう。
戦争を仕掛けるのが米国の大統領らしさです。
シリアを攻撃したトランプを支持する安倍政権は馬鹿です。
安倍政権の支持率が59.3%もあることが不思議です。
自民党の支持率は、前回比4.5ポイント増の42.5%だという。
国民の生活にとって大切な「種子法廃止」法案を参議院本会議で可決・成立させた売国奴達が自民党であり、安倍政権です。
種子法廃止はモンサントなどの外資の食物のタネが日本で広まることになる。
種子法廃止だけでなく、水道民営化を意図する「水道法改正案」も今国会(第193回国会)で可決・成立させようとしている。
種子法廃止も水道法改正もTPP協定の第15章の政府調達に沿った法整備なのです。
TPPは眠っているが、成立したことに間違いない。
TPPを離脱した米国は将来、TPPに復帰するとフロマンが発言している。
日米FTAでは、自動車と農業の市場解放の要求をして来るでしょう。
米国では日本に対して農業の市場解放を強く要求する声が上がっている。
それは、TPPを上回る合意を目指す。
民進党は蓮舫が代表で救いようがない政党ですが、自民党の売国は酷過ぎる。
森友学園や加計学園などのマスコミの報道ばかり気にして、安倍擁護をしているようではダメです。
種子法廃止が成立したことは、脳みそが腐っている安倍信者も同罪です。




参考(種子法廃止)

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html
タグ:世論調査
posted by hazuki at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

開会日: 2017年4月14日
収録時間: 約1時間4分
会議名: 本会議

案件

日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(第192回国会閣条第2号)
日本国の自衛隊とオーストラリア国防軍との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
日本国の自衛隊とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第32号)
国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第13号)
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律案(閣法第51号)


徳永エリ・種子法.PNG
紙智子・種子法.PNG
種子法廃止法案・参議院で可決.PNG
種子法廃止反対.PNG



この記事は、「[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html」のその後の記事となります。
民進党の徳永エリ議員と共産党の紙智子議員が種子法廃止の反対討論をしたにも関わらず、種子法廃止法案は自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により参議院本会議で可決されました。
参議院に送られてからの流れですが、4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
そして、本日、4月14日、参議院本会議で可決されました。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定となりました。
食物のタネという生命インフラの自由化が、国の安全保障をリスクに晒して行く。
種子法廃止が実現してしまうと、外資系の種子会社が参入し、日本のタネを独占することにもなり兼ねない。
米国の農業大手「モンサント社」の遺伝子組み換え作物は、健康被害の可能性が未だに払拭されていない。
種子法廃止は、遺伝子組み換えのモンサントの作物のタネが日本に広まるきっかけを作り兼ねない。
遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、ワタに日本モンサント株式会社とバイエルクロップサイエンス株式会社が隔離ほ場における試験栽培についての申請と一般使用についての申請をしているように、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネにまでも参入するかも知れない。
ドイツのバイエルのモンサント買収の話もある。
バイエルの買収が実現すると、遺伝子組み換え作物に薬品の製造が出来てしまう。
モンサントはベトナム戦争で枯葉剤を作った企業のようです。
モンサントのタネを一度、使うと、その土壌にはモンサントの作物しか育たない為、モンサントからタネを買い続けなければならないとか噂されています。
フロマン前USTR会長はTPP復活宣言をしている。
フロマン氏の後継者の米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏は、農業分野の通商交渉に於いては、日本は「第一の標的」としています。
TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」と発言しているようです。
つまり、日米FTAではTPPを上回る合意を目指して、農業分野の解放を要求する。
マスコミは、水道民営化を意図する「水道法改正案」も「種子法廃止」も報道しませんが、米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」を可決・成立させるつもりです。
残念ながら、「種子法廃止」は可決・成立しました。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍信者は「中国がどうした」「韓国がどうした」と騒いでいる場合ではない。
現在、この国の最高権力は「売国奴」で「盗人集団」に手の内にある。
国有地・公有地を盗まれるだけではない。
水も農業も、命も生活も盗まれる。
残されるのは、巨大な借金だけということに気付くべきです。



追記

米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏の要求は下記のリンクです。


農業分野の通商交渉、日本は「第一の標的」 公聴会で米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏 TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447994724.html



フロマン氏は米国のTPP復帰宣言をしました。

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html



【参議院 国会中継】〜平成29年4月14日 本会議〜




参考

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北海道新聞] 安倍内閣不支持50%支持を上回る 8ポイント増 全道世論調査

[北海道新聞] 安倍内閣不支持50%支持を上回る 8ポイント増 全道世論調査

安倍内閣不支持50% 前回より8ポイント増 全道世論調査
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0388678.html
04/12 07:00、04/12 14:34 更新

北海道新聞社が7〜9日に実施した全道世論調査で、安倍内閣の支持率は46%となり、前回の2016年9月の調査時と比べて10ポイント減った。不支持は前回から8ポイント増えて50%となり、不支持が支持を上回る結果となった。

 男女別でみると、男性は支持が43%、不支持が50%だったのに対し、女性は支持が48%、不支持が49%とほぼ並んだ。年代別では30代の支持が5割を超える一方、40代、50代は4割台前半にとどまった。職業別では自営業と主婦の支持が5割を超えたものの、農林水産業は3割台にとどまった。




北海道新聞社が7〜9日に実施した全道世論調査。
安倍内閣の支持率は46%となり、前回の2016年9月の調査時と比べて10ポイント減った。
北海道新聞が実施した全道世論調査が正しい数字を表しているでしょう。
政府は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法の整備をしていている為、農業潰し、農協潰しで犠牲になっている北海道民の怒りの声と言えます。
全国紙、特に、統一教会・産経新聞、読売CIA新聞の世論調査は当てにならない。
安倍政権は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法の整備にする為、「種子法廃止」と「水道法改正」を今国会(193回国会)で可決・成立させるつもりです。
種子法廃止は、4月13日の参議院農林水産委員会で可決されましたので、参議院本会議で可決される見通しです。
種子法廃止は、国民が反対の声を上げても実現してしまうでしょう。
今国会の会期が延長しなければ、水道民営化を意図する「水道法改正」は廃案に追い込むことが出来るかも知れません。
安倍首相が売国奴であることを知っている国民は安倍政権を支持しないでしょう。
全国紙でも支持率が低下すると良いでしょう。




参考

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html
タグ:世論調査
posted by hazuki at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2017年4月13日 農林水産委員会 約4時間26分

案件

農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
政府参考人の出席要求に関する件


森裕子・自由党.PNG
種子法廃止反対.PNG



この記事は、「[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html」のその後の記事となります。
自由党の森裕子議員などが種子法廃止に反対の立場から討論したにも関わらず、自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により種子法廃止法案が可決されました。
4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
恐らく、参議院の本会議で可決すれば、種子法廃止が実現してしまいます。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定の見通しです。
食物のタネという生命インフラの自由化が、国の安全保障をリスクに晒して行く。
種子法廃止が実現してしまうと、外資系の種子会社が参入し、日本のタネを独占することにもなり兼ねない。
米国の農業大手「モンサント社」の遺伝子組み換え作物は、健康被害の可能性が未だに払拭されていない。
種子法廃止は、遺伝子組み換えのモンサントの作物のタネが日本に広まるきっかけを作り兼ねない。
遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、ワタに日本モンサント株式会社とバイエルクロップサイエンス株式会社が隔離ほ場における試験栽培についての申請と一般使用についての申請をしているように、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネにまでも参入するかも知れない。
ドイツのバイエルのモンサント買収の話もある。
バイエルの買収が実現すると、遺伝子組み換え作物に薬品の製造が出来てしまう。
モンサントはベトナム戦争で枯葉剤を作った企業のようです。
モンサントのタネを一度、使うと、その土壌にはモンサントの作物しか育たない為、モンサントからタネを買い続けなければならないとか噂されています。
フロマン前USTR会長はTPP復活宣言をしている。
フロマン氏の後継者の米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏は、農業分野の通商交渉に於いては、日本は「第一の標的」としています。
TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」と発言しているようです。
つまり、日米FTAではTPPを上回る合意を目指して、農業分野の解放を要求する。
マスコミは、水道民営化を意図する「水道法改正案」も「種子法廃止」も報道しませんが、米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」と「種子法廃止」を可決・成立させるつもりです。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍信者は「中国がどうした」「韓国がどうした」と騒いでいる場合ではない。
現在、この国の最高権力は「売国奴」で「盗人集団」に手の内にある。
国有地・公有地を盗まれるだけではない。
水も農業も、命も生活も盗まれる。
残されるのは、巨大な借金だけということに気付くべきです。



追記

米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏の要求は下記のリンクです。


農業分野の通商交渉、日本は「第一の標的」 公聴会で米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏 TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447994724.html



フロマン氏は米国のTPP復帰宣言をしました。

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html



森ゆうこ(自由党)【国会中継 参議院 農林水産委員会】平成29年4月13日




参考

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会

種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2017/04/170411-32465.php
2017.04.11

政府が廃止しようとしている主要農作物種子法について、これに反対する全国有機農業推進協議会と日本の種子(たね)を守る有志の会は4月10日、衆議院第一議員会館で集会を開き、講演および農水省と生産者・消費者の意見交換を行なった。3月27日に次ぐ2回目の集会で、約200人が参加した。

集会呼びかけ人の一人、元農水大臣の山田正彦氏は、「日本は、在来の農作物の原種、種を保持してきた。これをすべて民間に開放することは、海外の多国籍バイオ企業に種子をゆだねることになりかねず、食糧安全保障にとっても大きな問題。日本の種子は何とか守りたい」と訴えた。
講演した西川芳昭・龍谷大学教授は、「種子は生命の根源」と、種子の重要性を強調し、(1)最も基礎的な農業生産資材、(2)作物の形質や環境適応性など、作物の特性を規定、(3)遺伝資源としての使用価値をもち、遺伝情報の操作ができる、などを挙げる。従って、種子法では稲、麦、はだか麦、小麦および大豆の種子を対象に、種子の生産は、ほ場や産物の審査、農産物の検査などが、厳格に義務付けられている。
 それによって、これまで県が開発した米や麦などの地域品種が維持され、その加工品等が地域ブランドの特産として、地域振興にも役立ってきた。その種子法を廃止することは、国や県がこの制度を維持する予算的な根拠を失う恐れがある。その結果、自分で十分な種子管理ができなくなった生産者は、モンサントなどのグローバルバイオ企業から、遺伝子組み換えや高価格の種子を買わざるを得なくなり、「生産者だけでなく消費者にとっても、将来マイナスになるだろう」と指摘した。
意見交換で、県の指定採種がある茨城県JA水戸の八木岡努組合長は「採種は作り続けなければならず、公的機関がフォローしないと維持できない。また企業に任すと、利益・効率に走って、(市場の小さい)地域の品種が廃れる。廃止する必要があるのか」と訴えた。
 これに対して、出席した農水省の農林水産会議事務局研究企画課企画班の宇井伸一課長補佐は、「現在、稲に関して、都道府県の奨励品種で、民間開発の品種がないことから、イコールフッティングになっていないためであり、種子法を廃止することで農家の選択肢が増える。食糧増産のための種子法ができて65年経ち、もう国が関与する必要は無くなった」と説明。その例として民間の育種が定着している野菜の種子を挙げた。
 参加した消費者からは、遺伝子組み換え種子の安全性への疑問や、種子に関する知見が外資に譲渡される恐れ、JAや生産者からは現在の採種事業への予算措置などについての意見や質問があった。
 なお、主要農作物種子法の廃止法案は、3月23日に衆議院農林水産委員会で可決され、参議院で審議されているが、早ければ4月13日にも採決される。山田・元農水大臣は「議員立法も視野に、種と命を守るための運動を続けよう」と参加者に呼びかけた。4月16日、次の集会を予定している。
(写真上から)200人が参加した種子法廃止の集会、種子の重要性を強調する西川芳昭教授、地域品種の大切さを訴えるJA水戸の八木岡組合長


山田正彦・種子法.PNG
種子法廃止反対.PNG



政府が廃止しようとしている主要農作物種子法(種子法)について、これに反対する全国有機農業推進協議会と日本の種子を守る有志の会は4月10日、衆議院第一議員会館で集会を開き、講演および農水省と生産者・消費者の意見交換を行なった。
約200人が参加した。
UPLAN(ユープラン)さんより、動画がUPされているとのことです。
山田正彦氏が種子法廃止について語っています。






ユープラン @UPLAN 肉球新党勝手連 @uplan_miwa
@hazukinotaboo2  http://youtube.com/watch?v=XVsD0PYm-ZA … … 
20170410 UPLAN【院内集会】「主要農作物種子法」廃止法案



20170410 UPLAN【院内集会】日本の種子(たね)を守る会「主要農作物種子法」廃止法案




参考

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿

委員名簿
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0070.htm

参議院農林水産委員会

平成29年4月4日現在

役職 氏名 会派名(略称)
委員長 渡辺猛之 (自民)
理事 舞立昇治 (自民)
理事 山田修路 (自民)
理事 徳永エリ (民進)
理事 紙智子    (共産)
礒崎陽輔 (自民)
進藤金日子 (自民)
中西祐介 (自民)
野村哲郎 (自民)
平野達男 (自民)
藤木眞也 (自民)
山田俊男 (自民)
小川勝也 (民進)
櫻井充     (民進)
田名部匡代 (民進)
舟山康江 (民進)
竹谷とし子 (公明)
矢倉克夫 (公明)
儀間光男 (維新)
森ゆうこ (希望)


種子法廃止反対.PNG
参議院農林水産委員会名簿.PNG



種子法廃止法案は参議院に送られました。
参議院農林水産委員会の名簿です。
委員長: 渡辺猛之(自民)
理事: 舞立昇治(自民)
理事: 山田修路(自民)
理事: 徳永エリ(民進)
理事: 紙智子(共産)
種子法廃止に反対の共産党の紙智子議員は理事のようなので、頑張ってもらいましょう。



「サルでもわかる「種子法」廃止」のご一読を。

サルでもわかる「種子法」廃止
http://luna-organic.org/blog/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%82%82%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%80%8C%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%B3%95%E3%80%8D%E5%BB%83%E6%AD%A2/




参考

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ

大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ
http://www.sankei.com/west/news/170328/wst1703280077-n1.html
2017.3.28 22:07

大阪市水道局を民営化するための議案が28日に閉会した市議会で廃案となった。同様の議案は橋下徹前市長が提案して否決され、吉村洋文市長も昨年の2月議会に再提案していたが、大阪維新の会以外は慎重な姿勢を崩さず、3度にわたり継続審議となっていた。

 民営化議案は、浄水場や水道管などのインフラは市が保有したまま水道事業の運営権を民間企業に売却するPFIと呼ばれる内容。運営権の売却先は市が全額出資する新会社で、水需要が低迷する中、経営を安定させる狙いがあった。

 この日の常任委員会で大阪維新が賛成、自民が継続審議、公明は反対をそれぞれ主張。いずれも過半数に届かないため、本会議で採決できず廃案となった。


吉村洋文・大阪市長.PNG



大阪市水道局を民営化する為の議案が3月28日に閉会した市議会で廃案となった。
民営化議案は、浄水場や水道管などのインフラは市が保有したまま水道事業の運営権を民間企業に売却するPFIと呼ばれる内容。
大阪市水道民営化が廃案となって、喜んでもいられないようです。
「水道法改正で練り直しへ」ということは、厚生労働省が今国会(第193回国会)に3月7日、提出した水道法改正案が閣議決定されているからです。
大阪維新の会はコンセッション方式を普及させる水道法改正案の今国会での成立を望んでいることでしょう。
水道法改正で、どのような練り直しをするのかが疑問です。
首相官邸と自民党と公明党と野党に今国会での水道法改正案の可決・成立を断念させる運動を続けなければならない。




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html




水道民営化中止求める 推進政府批判


自由党定例記者会見【水道民営化について】


【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所



velvetmorning blogより転載
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/

麻生太郎財務大臣兼副総理が、CSISの講演で、『日本の水道を全て民営化する』と発言 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/24/6789154




参考

[水道民営化] 水道民営化中止求める 2月21日、衆院総務委員会 共産党の田村貴昭議員が推進政府批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448075252.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[水道民営化] [大阪維新の会] 市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447853419.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 厚生労働省は水道法改正案を第193回国会に提出済み! さらに民間が参入し易く法改正へ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447779618.html

3月7日、水道の広域化促進へ...水道法法改正案を閣議決定! 厚生労働省は「水道民営化ではない」と回答!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447712828.html

水道事業のコンセッション方式に関して、株式会社ジャパンウォーターのサイトが参考になります!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447312455.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸しました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447248123.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸した方がいらっしゃいます
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447198714.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条に「外国企業の参加を永久に禁止し、区市町村運営を永久に守る」という文言を加えるようにお願いしよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447148654.html

[水道民営化] [大阪府堺市長選] 因縁の「水道事業統合」が争点化? 大阪維新の会の候補を選べば水道民営化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446664032.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条の改正案が危ない! 水道事業を外資に譲り渡せる内容である! 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446338446.html

[緊急拡散] 日米首脳会談 トランプ政権が麻生財務相の同行求めた狙い 水道民営化に応じる為か 安倍自民は水道法改正案を今国会に提出する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446307417.html

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445632814.html

[水道民営化] 水道への企業参入促す 災害時復旧の負担軽く 2017年にも法改正 料金改定も柔軟に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443121536.html

PFI法案の特例が新設され〜空港・上水道・下水道・道路事業の民営化が加速する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437692333.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催

日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2017/03/170330-32371.php
2017.03.30

種子法廃止に反対する有志が呼びかけて結成された「日本の種子を守る会」は、3月27日の第1回の意見交換会に続いて、4月10日14時から、第2回の「意見交換会と種子問題に関する講演会」を開催する。

今回の意見交換会では、龍谷大学の西川芳昭氏が「食料・農業植物遺伝資源条約、生物多様性条約、そして農民と消費者の権利」(仮題、予定)と題して講演を予定。
 その後、国会議員、農水省、生産者、消費者による意見交換会を行う。
 なお、3月27日の第1回意見交換会の内容と、種子法廃止と「農業協力強化支援法」における種子の位置づけについては下記を参照。
◎ 第1回の詳細(【種子法廃止】種子の自給は農民の自立)。
◎また、守る会有志呼びかけ人である山田正彦氏のインタビュー

【意見交換会の概要】
◎日時:4月10日(月)14:00−17:00
◎場所:参議院議員会館101会議室
◎問合せ先:日本の種子(たね)を守る会有志
(Facebookのアカウントを待たなくてもアクセスできる)


種子法廃止反対.PNG



種子法廃止に反対する有志が呼び掛けて結成された「日本の種子を守る会」は、4月10日(月)14時から、第2回の「意見交換会と種子問題に関する講演会」を参議院議員会館101会議室で開催する。
意見交換会では、龍谷大学の西川芳昭氏が「食料・農業植物遺伝資源条約、生物多様性条約、そして農民と消費者の権利」(仮題、予定)と題して講演を予定。
日本の種子を守る会の呼び掛け人は山田正彦氏。
龍谷大学の西川芳昭氏の講演の後、国会議員、農林水産省、生産者、消費者による意見交換会を行う。
https://www.facebook.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A8%AE%E5%AD%90%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E6%9C%89%E5%BF%97%E3%81%AE%E4%BC%9A-1849692428577839/
詳しくは、日本の種子を守る会のfacebookをご覧下さい。




参考

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

[大阪市反ヘイト条例] ヘイトスピーチを初認定 大阪市、デモや街宣3件

[大阪市反ヘイト条例] ヘイトスピーチを初認定 大阪市、デモや街宣3件

ヘイトスピーチを初認定 大阪市、デモや街宣3件
https://this.kiji.is/220089987238264834?c=39546741839462401
2017/3/30 19:09

大阪市の有識者審査会は30日、特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止を目的とした条例に基づき、同市内のデモや街宣活動の3件の動画公開がヘイトスピーチに当たるとの審査結果を吉村洋文市長に答申した。昨年7月の条例の全面施行後、初の認定となる。

 答申を受け吉村市長は同日、これらの動画が公開されている投稿サイトのプロバイダーに、動画の削除を要請する考えを明らかにした。市は今後、加害者側の氏名公表など具体的な抑止策も検討する。

 市によると3件は、いずれも2013年に大阪市内で行われたデモや街宣活動の動画の公開。


吉村洋文・大阪市長.PNG



大阪市の有識者審査会は30日、ヘイトスピーチの抑止を目的とした条例に基づき、同市内のデモや街宣活動の3件の動画公開がヘイトスピーチに当たるとの審査結果を吉村洋文市長に答申した。
加害者側の氏名公表など具体的な抑止策も検討する。
2013年に大阪市内で行われたデモや街宣活動の動画の公開を2017年3月末にヘイトスピーチに当たると答申するとはどういうことよ。
在日の日本人に対するヘイトスピーチも認定しろ。
在日は「日本人を見ていると反吐が出る。祖国へ帰るから渡航費を出せ。」とヘイトスピーチをしている。



【拡散希望】ヘイトスピーチ規制すると日本もこうなる!!




参考

大阪市ヘイトスピーチ条例成立 全国初、実施団体を公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432618517.html




関連

[大阪市反ヘイト条例] 幼稚園で保護者向けにヘイト文書 大阪府が聴取
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447064706.html
タグ:大阪市 条例
posted by hazuki at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=46895&media_type=

開会日 : 2017年3月28日 (火)
会議名 : 本会議 (1時間57分)

案件:
ミエーゴンボ・エンフボルドモンゴル国国家大会議議長一行本会議傍聴につき紹介
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(193国会閣22)
主要農作物種子法を廃止する法律案(193国会閣23)
地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案(193国会閣15)
将来にわたる質の高い介護サービスの提供の確保等のための介護保険法等の一部を改正する法律案(193国会衆7)
介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案(193国会衆8)


種子法廃止反対.PNG



この記事は、「[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html」のその後の記事となります。
辻元清美の森友学園の幼稚園に無断侵入の祭りのどさくさに紛れて、衆議院本会議にて、種子法廃止法案が賛成多数により可決されました。
よって、法案は参議院へ送られます。
食物のタネという生命インフラの自由化が、国の安全保障をリスクに晒して行く。
種子法廃止が実現してしまうと、外資系の種子会社が参入し、日本のタネを独占することにもなり兼ねない。
米国の農業大手「モンサント社」の遺伝子組み換え作物は、健康被害の可能性が未だに払拭されていない。
種子法廃止は、遺伝子組み換えのモンサントの作物のタネが日本に広まるきっかけを作り兼ねない。
遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、ワタに日本モンサント株式会社とバイエルクロップサイエンス株式会社が隔離ほ場における試験栽培についての申請と一般使用についての申請をしているように、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネにまでも参入するかも知れない。
フロマン前USTR会長はTPP復活宣言をしている。
フロマン氏の後継者の米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏は、農業分野の通商交渉に於いては、日本は「第一の標的」としています。
TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」と発言しているようです。
つまり、日米FTAではTPPを上回る合意を目指して、農業分野の解放を要求する。
マスコミは、水道民営化を意図する「水道法改正案」も「種子法廃止」も報道しませんが、米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」と「種子法廃止」を可決・成立させるつもりです。
安倍信者は「中国がどうした」「韓国がどうした」と騒いでいる場合ではない。
現在、この国の最高権力は「売国奴」で「盗人集団」に手の内にある。
国有地・公有地を盗まれるだけではない。
水も農業も、命も生活も盗まれる。
残されるのは、巨大な借金だけということに気付くべきです。






笑われ男@時時通信 @KawanagareK
#種子法廃止 法案
本日3/28 衆議院本会議 可決! https://twitter.com/kawanagarek/status/846697939690934272




追記

米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏の要求は下記のリンクです。


農業分野の通商交渉、日本は「第一の標的」 公聴会で米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏 TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447994724.html



フロマン氏は米国のTPP復帰宣言をしました。

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html



前半 【衆議院 国会中継】〜平成29年3月28日 本会議〜




参考

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=46855&media_type=

開会日 : 2017年3月23日 (木)
会議名 : 農林水産委員会 (5時間33分)

案件:
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(193国会閣22)
主要農作物種子法を廃止する法律案(193国会閣23)


種子法廃止反対.PNG



この記事は、「[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html」のその後の記事となります。
森友学園問題のどさくさに紛れて、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が衆議院農林水産委員会で可決されました。
食物のタネという生命インフラの自由化が、国の安全保障をリスクに晒して行く。
種子法廃止が実現してしまうと、外資系の種子会社が参入し、日本のタネを独占することにもなり兼ねない。
米国の農業大手「モンサント社」の遺伝子組み換え作物は、健康被害の可能性が未だに払拭されていない。
種子法廃止は、遺伝子組み換えのモンサントの作物のタネが日本に広まるきっかけを作り兼ねない。
遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、ワタに日本モンサント株式会社とバイエルクロップサイエンス株式会社が隔離ほ場における試験栽培についての申請と一般使用についての申請をしているように、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネにまでも参入するかも知れない。
堤未果さんによると、「フロマン前USTR会長はTPP復活宣言」とのことです。
フロマン氏の後継者の米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏は、農業分野の通商交渉に於いては、日本は「第一の標的」としています。
TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」と発言しているようです。
つまり、日米FTAではTPPを上回る合意を目指して、農業分野の解放を要求する。
マスコミは、水道民営化を意図する「水道法改正案」も「種子法廃止」も報道しませんが、米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」と「種子法廃止」を可決・成立させるつもりです。
安倍信者は「中国がどうした」「韓国がどうした」と騒いでいる場合ではない。
現在、この国の最高権力は「売国奴」で「盗人集団」に手の内にある。
国有地・公有地を盗まれるだけではない。
水も農業も、命も生活も盗まれる。
残されるのは、巨大な借金だけということに気付くべきです。






堤未果 @TsutsumiMika
籠池氏証人喚問に湧く一方、農水委で
「主要農作物種子法廃止法案」があっさり可決。水や種など生命インフラの自由化が、国の安全保障をリスクにさらしてゆく。今や複数の〇〇劇場に関心が散らされる中、フロマン前USTR会長はTPP復活宣言。
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/193/attach/pdf/index-13.pdf





笑われ男@時時通信 @KawanagareK
https://twitter.com/kawanagarek/status/844860418791170048

森友学園問題の予算委員会での国会追求で審議時間大幅削減や連日の森友スピン報道の中に埋もれていた種子法廃止法案。
本日、証人喚問の裏で衆議院、農林水産委員会にて#種子法廃止 法案が説明、質疑後、
賛成多数にて可決いたしました。



追記

米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏の要求は下記のリンクです。


農業分野の通商交渉、日本は「第一の標的」 公聴会で米通商代表部(USTR)代表のライトハイザー氏 TPP参加国との2国間交渉(FTA)では「TPPを上回る合意を目指す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447994724.html



籠池証人喚問の同時刻にモンサント法(種子法廃止)が衆議院で成立




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

大阪府議会 森友学園問題で百条委員会設置されない見通し

大阪府議会 森友学園問題で百条委員会設置されない見通し

大阪府議会 森友学園問題で百条委設置されない見通し
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010923651000.html
3月24日 21時05分

大阪府議会の議会運営委員会の理事会が開かれ、学校法人「森友学園」をめぐる問題で、いわゆる「百条委員会」を設置するかについて協議が行われましたが、第1会派の大阪維新の会と第3会派の公明党が反対の意向を表明したため、設置されない見通しとなりました。

大阪府議会は、24日午前の議会運営委員会の理事会で、第2会派の自民党が、学校法人「森友学園」をめぐる一連の問題について、さらなる真相究明を行う必要があるとして、法律に基づく調査権がある、いわゆる「百条委員会」の設置を提案しました。

その後、午後8時ごろから議会運営委員会の理事会が開かれ、自民党は改めて委員会の設置を主張しましたが、第1会派の大阪維新の会は「真相究明は必要だが時期尚早だ」として、また、第3会派の公明党は、「まずは常任委員会で参考人招致をすればよい」などとして反対の意向を表明したため、百条委員会は設置されない見通しとなりました。


森友学園問題.PNG



第1会派の大阪維新の会と第3会派の公明党が反対の意向を表明した為、設置されない見通しとなった。
自民党の提案通り、百条委員会を設置すべきだろう。
チンピラ大阪維新とカルト創価の公明党は何を考えているんだ。
松井一郎は「国の方に来てもらう形でやればいい」と設置に前向きな考えを示していたそうではないか。
百条委員会を設置しろよ。



大阪府議会、百条委設置否決へ 森友学園問題
https://this.kiji.is/217920947549044737?c=39546741839462401
2017/3/24 21:32




関連

大阪の森友小学校、4月開校延期 松井知事「全て見直す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447649934.html

[森友学園問題] 民進党から鴻池祥肇元防災担当相擁護の声「鴻池氏自らが共産党に情報提供」 桜井充元財務副大臣がメルマガで
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447557240.html

森友学園側「お見舞い兼ねた商品券」 鴻池氏に紙包み、交渉16回
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447534396.html

[FNN] 「安倍首相ばんざい!」 「森友学園」新映像
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447532383.html

鴻池元大臣会見の「コンニャク」は100万円の隠語 「かまぼこ、ういろう」も気になるが...
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447531215.html

[森友学園問題] 山本太郎氏「森友学園問題は“アッキード事件”」参院予算委で発言 安倍首相「限度を超えている!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447524922.html

森友学園理事長、鴻池氏に陳情 2014年4月「紙包み持参」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447503982.html

稲田朋美防衛相 「森友学園」の理事長に感謝状を贈呈していた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447293927.html
タグ:大阪府
posted by hazuki at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家

憲法審、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
https://this.kiji.is/217490358699967989?c=39546741839462401
2017/3/23 12:48

衆院憲法審査会は23日「参政権の保障を巡る諸問題」をテーマに参考人質疑を実施した。憲法を改正し、大規模災害時に国会議員の任期延長を認める緊急事態条項を新設することについて専門家3人の賛否は割れた。首相の解散権の在り方についても意見聴取した。衆院憲法審での参考人質疑は2015年6月以来。

 緊急事態条項の新設に関し、松浦一夫防衛大教授は「日本ほど大規模災害が多発する国はまれで、諸外国にはない災害緊急事態条項が必要だ」と訴えた。これに対し、永井幸寿弁護士は「災害対策で最も大切なことは現場だ。災害をだしにして憲法を変えてはいけない」と反対する意向を表明した。


木村草太(左).PNG
木村草太(参考人 首都大学東京教授)



大規模災害時に国会議員の任期延長を認める緊急事態条項を新設することについて専門家3人の賛否は割れた。
永井幸寿弁護士は「災害対策で最も大切なことは現場だ。災害をだしにして憲法を変えてはいけない」と反対する意向を表明した。
小林節教授が「憲法改正の真実」という著書で語っていたそうですが、「原則と例外を同列に並べてはいけない。緊急事態条項は憲法でなく法律で定めるべきだ。」「それだけ気合があるなら法律で十分動けるはずだ。」と。
緊急事態条項は憲法ではなく法律で定めるべきです。
災害をだしにして憲法を変えてはいけない。
#ヤバすぎる緊急事態条項



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=46856&media_type=
開会日: 2017年3月23日 (木)
会議名 : 憲法審査会 (2時間36分)

案件:
日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件(参政権の保障をめぐる諸問題(緊急事態における国会議員の任期の特例、解散権の在り方等))




参考

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html




関連

[日本赤軍・前科者・ピースボート] 辻元清美「超党派の議員連盟「立憲フォーラム」を立ち上げます」(2013年4月)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445688831.html
posted by hazuki at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

自衛隊差別発言の石嶺香織・宮古島市議、当選後に月収制限超える県営団地に入居

自衛隊差別発言の石嶺香織・宮古島市議、当選後に月収制限超える県営団地に入居
http://www.sankei.com/politics/news/170322/plt1703220017-n1.html
2017.3.22 16:49

沖縄県宮古島市の石嶺香織市議(36)がフェイスブック上で、「海兵隊から訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」と発言し、市議会で辞職勧告が決議された問題で、石嶺氏が1月の市議補選後に市内にある県営団地に入居していたことが22日、分かった。

 市によると、市議の月収は約34万円。石嶺氏には1月と2月の給与として2月21日に税などを引いた約62万円が支給された。県営住宅の申し込み資格は、申し込み者と同居親族の所得を合計した月収額が15万8千円以下とされ、石嶺氏は当選前の平成27年度の所得に基づき入居が認められ、今年2月に入居した。

 仲介業者が市議の月収を確認し、資格より大幅に上回るため入居するか確認したところ、石嶺氏は「住む所がないので1年だけ入居させてほしい」と答えたという。


石嶺香織FB.PNG



宮古島市議会で辞職勧告が決議された問題で、石嶺氏が1月の市議補選後に宮古島市内にある県営団地に入居していたことが22日、分かった。
県営住宅の申し込み資格は、申し込み者と同居親族の所得を合計した月収額が15万8千円以下とされ、石嶺氏は当選前の平成27年度の所得に基づき入居が認められ、今年2月に入居した。
市議の月収は約34万円。
権力の乱用ですね。
「住む所がないので1年だけ入居させてほしい」とはよく言えたものです。
低所得者の為の公営住宅に議員が入ることは考えられない。
入居を辞退するのが普通です。




参考

「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」FBに投稿した石嶺香織・宮古島市議に辞職勧告 宮古島市議会、賛成多数で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448246137.html

沖縄県宮古島市議のfacebookが炎上 「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447840829.html
posted by hazuki at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募

遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(パブリックコメント)について(平成28年度第2回)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195160085&Mode=0

案件番号 195160085

定めようとする命令等の題名 −

根拠法令項 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第三条の規定に基づく基本的事項(平成15年11月21日財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省告示第1号)第1の1の(2)のハ

行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集

問合せ先
(所管府省・部局名等) 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室(直通:03-5521-8344)

案の公示日 2017年02月28日 意見・情報受付開始日 2017年02月28日 意見・情報受付締切日 2017年03月29日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見の募集(パブリックコメント)について(平成28年度第2回)
http://www.env.go.jp/press/103721.html

資料の入手方法 ・郵送による送付
・環境省自然環境局野生生物課における資料配付



遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(パブリックコメント)について(平成28年度第2回)
http://www.env.go.jp/press/103721.html
平成29年2月28日

今般、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)に基づき、遺伝子組換えイネの隔離ほ場における第一種使用等に関する承認を受けるための申請がありました。この承認に先立って国民の皆さまからのご意見を募集するため、平成29年2月28日(火)から3月29日(水)までの間、パブリックコメントを実施します。

1.カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認について

 遺伝子組換え農作物の栽培等に当たっては、我が国の野生動植物へ影響を与えないかどうか事前に評価することとなっています。具体的には、カルタヘナ法に基づき、遺伝子組換え農作物のほ場での栽培など、環境中への拡散を防止せずに使用する場合(第一種使用等)、使用等する者は、使用方法などに関する規程(第一種使用規程)を定め、これを文部科学省及び環境省に申請し、事前に承認を受ける必要があります。

 なお、食品としての安全性(厚生労働省が担当)、飼料としての安全性(農林水産省が担当)に関しては、それぞれの法律に基づき科学的に評価を行っています。

2.意見の募集について

 今般、カルタヘナ法に基づき、以下の研究開発段階の遺伝子組換え生物等の第一種使用等に係る第一種使用規程の承認申請があり、生物多様性影響に関して学識経験者から意見を聴取しました。この結果、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一種使用規程に従って使用した場合には、生物多様性影響が生ずるおそれがないと認められたことから、主務大臣である文部科学大臣及び環境大臣が承認することを予定しています。つきましては、以下の申請を承認することについて、広く国民の皆さまからご意見を募集します。

 ご意見のある方は、「3.意見募集要領」に沿ってご提出ください。

 なお、この意見募集は、文部科学省においても同時に実施されております。ご意見は環境省又は文部科学省のいずれかに提出していただければ、両省において考慮されることとなりますので、同じご意見を2つの省に提出していただく必要はありません。

 環境省及び文部科学省では、当該申請の承認については、皆さまからいただいたご意見を考慮した上、決定するとともに、ご意見の概要とそれについての考え方を取りまとめた上で公表する予定です。

<意見を募集する第一種使用規程の承認申請案件>

遺伝子組換え生物等の種類の名称



第一種使用等の内容


申請書等

シンク能改変イネ

(OsCKX2/Gn1a 改変イネ系統)

(Oryza sativa L. NIAS16-OSCas-Gn1a)


隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為


資料1−1

シンク能改変イネ(IAA-Glucose hydrolase /TGW6 改変イネ系統)

(Oryza sativa L. NIAS16-OSCas-TGW6)


隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為


資料1−2

<学識経験者の意見> 

 ・シンク能改変イネに関して <資料2−1、資料2−2>

3.意見募集要項
(1)意見募集対象

 上記の第一種使用規程の承認申請案件についてご意見をいただきますようお願いいたします。
(2)資料1〜2の入手方法 

[1]インターネットによる閲覧

・環境省ウェブサイト  http://www.env.go.jp/info/iken.html

・電子政府の総合窓口[e-Gov] http://www.e-gov.go.jp/index.html

[2]環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室にて配布

[3]郵送による送付

※郵送を希望される方は、140円切手を添付した返信用角2封筒(郵便番号、住所、氏名、「第一種使用規程(2月28日(第2回)分)」を必ず明記。)を同封の上、下記「(4)意見提出方法」の「郵送による提出の場合」の宛先まで送付してください。

(3)意見募集期間

平成29年2月28日(火)〜平成29年3月29日(水)

※郵送の場合は同日必着
(4)意見提出方法

 下記の【意見提出様式】の様式により、以下に掲げるいずれかの方法でご提出ください。

[1]郵送による提出の場合

宛先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

[2]FAX

FAX番号:03-3581-7090

[3]電子メール

電子メールアドレス:bch@env.go.jp

※電子メールで提出される場合は、メール本文に記載してテキスト形式で送付してください。

 (添付ファイルによる意見の提出はご遠慮願います。)

※電話での意見提出はお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。

【意見提出様式】

[宛先]環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室 あて

[件名]第一種使用規程(2月28日(第2回)分)

[氏名] (企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)

[〒・住所]

[電話番号]

[FAX番号]

[意見]・該当箇所(どの遺伝子組換え生物等についてのどの部分についての意見か、該当箇所がわかるように明記してください。)

    ・意見内容

    ・理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)

※ご意見は、日本語でご提出ください。

※ご提出いただきましたご意見については、名前、住所、電話番号、ファックス番号及び電子メールアドレスを除き、すべて公開される可能性があることを、あらかじめご承知おきください。

※ご意見中に、個人に関する情報であって特定の個人が識別しうる記述がある場合及び法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただくこともあります。
添付資料

資料1−1 [PDF 1.9 MB]
資料1−2 [PDF 1.9 MB]
資料2−1 [PDF 107 KB]
資料2−2 [PDF 106 KB]

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
直通 03-5521-8344
代表 03-3581-3351
室長   曽宮 和夫
室長補佐 立田 理一郎
担当   平山 宗幸  (内6683)




兎に角、時間がありません。
PDF形式の資料は省略しましたので、転載元で確認方お願いします。
環境省が「遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集」を2月28日から募集していました。
平成28年度第2回ですので、第1回が存在します。
3月29日に必着となっています。
「出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案について」の法務省のパブリックコメントは18時15分必着でした。
環境省は締切の時間を指定してないようですが、3月29日の18時までには必着を目指して、意見を送りましょう。
遺伝子組み換えと言えば、モンサントとバイエルクロップサイエンスの参入が懸念されます。
農林水産省は官が事実上独占しているイネの品種開発を民間に開放する。
都道府県だけにイネの普及を義務付けた法律を廃止し、参入障壁を下げる。
所謂、種子法廃止が2月10日、閣議決定されました。
環境省、もしくは、文部科学省の資料を確認したところ、国立研究開発法人が第一種使用規程承認申請しており、国立大学の教授、準教授などの学識研究者が意見を聴取したようです。
私は、国立大学で教育の為に、遺伝子組み換えのイネを研究することには反対しません。
種子法廃止に伴い、遺伝子組み換えのイネに民間企業が参入することに危機感を感じます。
研究は続けるべきですが、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネに参入するかも知れない。
やはり、種子を守りたいですね。



意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195160085&Mode=0

意見文例: (2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。)

環境省、もしくは、文部科学省の資料を確認したところ、国立研究開発法人が第一種使用規程承認申請しており、国立大学の教授、準教授などの学識研究者が意見を聴取したようです。私は、国立大学で教育の為に、遺伝子組み換えのイネを研究することには反対しません。農林水産省の管轄ではありますが、種子法廃止が2月10日、閣議決定されました。種子法のもとで、イネなどの品種開発と安定供給が担保されて来ました。都道府県ごとに気象や土壌条件が違う中で、その特性を踏まえて奨励品種を決めて来た仕組みは合理的だったと言えます。廃止の理由に地方公共団体のシステムによって、民間の品種開発意欲が阻害されていることが挙げられています。「法律に基づきまして、国が都道府県に奨励すべき品種を決定させるという現行の枠組みを前提とする限り、民間企業の参入に繋がらず、マーケットのニーズを踏まえた種子生産を拡大して行くことは困難であるという風に考えているところでございます。」と3月8日の農林水産委員会で農林水産省が答弁しています。民間企業に開放する為、参入障壁を下げる為の種子法廃止に反対致します。種子法廃止に伴い、遺伝子組み換えのイネに民間企業が参入することに危機感を感じます。研究は続けるべきですが、遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、ワタに日本モンサント株式会社とバイエルクロップサイエンス株式会社が隔離ほ場における試験栽培についての申請と一般使用についての申請をしているように、モンサントとバイエルクロップサイエンスのような外資が遺伝子組み換えのイネに参入するかも知れない。日本の種子を守りたい。国立大学で遺伝子組み換えのイネの研究を続けるべきですが、市場に出回るのは、まだ早いと思います。


私が考えた文例よりも優れています。
勉強されています。
美鈴さんのパブコメです。


意見文例: (2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。)

茨城県でのみ実験したものを第1種使用に適用させるのは如何なものかと思います。 日本の土地は寒冷地の北海道から亜熱帯地の沖縄県まで様々で、土の質も違います。 水も関東と関西では質が違い、料理での出汁の取り方にバラエティがでました。 仮に遺伝子操作されたタチスガタと日本晴れを普通の田んぼに植えて、稲を作っていくと1年では問題が出てこないでしょうが、5年後、10年後、20年後には組み換えられた遺伝子がどう変質するのかは未知数です。 人は環境に慣れる生き物です。 東北に住んでいた人が東海に移住したら、冬は暑いと感じるのも遺伝子の作用ではないのでしょうか? 世界規模を例えれば、北欧の国で代々住んでいた人が熱帯地域では皮膚ガンにかかりやすく、逆のケースではビタミンDの生成が充分に出来にくい日光量で骨が強くなりにくくなるというのは明らかに先祖代々が元の国の環境に適応するために遺伝子を変えてきたという事になります。 これは人に限らず、植物全般にも言える事だと思います。 そういった実験もなしに、遺伝子組み換え作物を作るのは危険であり、畜産物となる動物や人体にどう影響していくのかは全く未知数です。 家畜が遺伝子組み換えされたタチスガタを食べても、結局は私達の胃袋に彼らの肉が入ります。 同時に遺伝子組み換えされた日本晴れを食べていたとして、もし毒や病気になりやすくなる物質がすでに食品にあるいは人体で生成されたら、私達は二重に被害を被る可能性はあります。 そしてその遺伝子組み換えを栽培してきた土壌がどう変わっていくのかという長いスタンスでの実験がなされておりません。 世界的に日本が開発した遺伝子組み換え農作物の特許を取りたいのでしたら、それは支持しますが、商品化として流通するのは、後々訴訟問題に発展しかねないので気をつけるべきです。 その点、アメリカは賢いです。 カルタヘナ法に加入しないで、遺伝子組み換え農作物の商用を実施しているにも関わらず、リスクは取りません。 自国で開発された該当作物にも充分な実験をされていないのに、日本は海外からの遺伝子組み換え農作物を輸入するべきではありません。 継続して、第1種使用はやめて、囲いのある場所で条件を変えた実験を長らくするべきです。



追記

忘れずに「[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募」のパブリックコメントも送って下さい。


[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする