2022年11月24日

[FATF勧告対応法案] 11月24日、参院内閣委員会でFATF勧告対応法案を可決 共謀罪を拡大 共産党は反対

[FATF勧告対応法案] 11月24日、参院内閣委員会でFATF勧告対応法案を可決 共謀罪を拡大 共産党は反対

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2022年11月24日
内閣委員会
約4時間10分

案件

理事補欠選任の件
政府参考人の出席要求に関する件
参考人の出席要求に関する件
国際的な不正資金等の移動等に対処するための国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法等の一部を改正する法律案(閣法第16号)

発言者一覧

古賀友一郎(内閣委員長)
広瀬めぐみ(自由民主党)
杉尾秀哉(立憲民主・社民)
三浦信祐(公明党)
古賀友一郎(内閣委員長)
高木かおり(日本維新の会)
上田清司(国民民主党・新緑風会)
井上哲士(日本共産党)
井上哲士(日本共産党)
塩村あやか(立憲民主・社民)


井上哲士・FATF勧告対応法案・反対討論.PNG
共産党の井上哲士氏

FATF勧告対応法案・参院内閣委員会・可決.PNG
国際的な不正資金等の移動等に対処するための国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法等の一部を改正する法律案が参院内閣委員会で可決



11月24日、参院内閣委員会。
「FATF勧告対応法案」を議題とした。
正式名称:国際的な不正資金等の移動等に対処するための国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法等の一部を改正する法律案を議題とした。

自民党の広瀬めぐみ氏、立憲民主党の杉尾秀哉氏、公明党の三浦信祐氏が、谷公一国家公安委員長及び政府参考人に対し、それぞれ質疑を行った。

参院内閣委員会は休憩に入った。

休憩前に引き続き質疑を行った。

日本維新の会の高木かおり氏、国民民主党・新緑風会の上田清司氏、共産党の井上哲士氏が、谷公一国家公安委員長及び政府参考人に対し、それぞれ質疑を行った。

共産党の井上哲士氏

主に共謀罪の拡大について質疑を行った。

質疑を終局した。

討論を行った。

共産党の井上哲士氏が反対討論を行った。

共産党の井上哲士氏

日本共産党を代表し、FATF勧告対応法案に対して反対討論を行います。
FATF勧告の第四次対日相互審査報告書が指摘した資産凍結措置の強化や暗号資産等への対応の強化はマネロンをはじめとする違法な金融取引を取り締まる上で必要な対応と考えます。
しかし、本法案はマネロン罪の法定刑を大幅に引き上げた上で、犯罪収益等収受罪などの犯罪を新たに共謀罪の適用対象に加え、共謀罪の拡大を図っていることは到底、認められません。
共謀罪は市民にとっては、どんなことをしたら処罰の対象にされるのか、まったく不明確なまま人の生命や身体、財産などの公益を侵害する危険が客観的にはない計画や準備行為を処罰するものです。
日本の第七回定期報告に係る国連自由研究役員会の総括所見は、共謀罪法がテロリズムや組織的犯罪とは一見無関係な犯罪を含む277の行為を犯罪の成立する範囲として広く指定していること、表現の自由、平和的集会の権利、結社の自由といった規約に規定された基本的権利を不当に制限し、自由と安全に対する権利及び公正な裁判を受ける権利の侵害に繋がる可能性があると懸念を表明し、テロリズムや組織的犯罪とは無関係な行為とは無関係の行為を排除する為に共謀罪法の改正を求めています。
本法案は、こうした勧告にも逆行するものであり、憲法の保障する内心の自由を侵害し、刑事手続きに関する人権保障規定を侵害する共謀罪の拡大は断じて認められません。
今回のマネロン罪の重罰化については、処罰範囲の明確化なしに法定刑だけを引き上げると、不相当に重い刑罰が科せられることへの危険が懸念をされています。
また、現状に於ける日本での処罰状況からはマネロン罪の重罰化の立法事実は認められないとの指摘は重要です。
行政書士、公認会計士、税理士などに疑わしい取引の届け出を義務付けることは個人情報保護の観点から容認出来ません。
以上、本法案は暗号資産対策など必要な措置もありますが、基本的人権を侵害する共謀罪の拡大が盛り込まれており、反対でございます。
以上、討論を終わります。

採決を行ったところ、賛成多数で可決した。

立憲民主党の塩村あやか氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付された。

れいわ新選組は質疑を取りやめたとのことです。
恐らく、山本太郎氏だろうが、採決の時に委員会に出席してなかったように見えます。
衆院内閣委員会では櫛淵万里氏が質疑を行い、反対討論を行いました。

国際的な不正資金等の移動等に対処するための国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法等の一部を改正する法律案
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g21009016.htm




参考

[FATF勧告対応法案] 11月24日10時〜参院内閣委員会でFATF勧告対応法案が実質審議入り 討論、採決、附帯決議の流れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493912546.html

[FATF勧告対応法案] 11月17日、参院内閣委員会でFATF勧告対応法案が審議入り 暗号資産業者の規制強化、マネロンの抜け穴ふさぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493588550.html

[FATF勧告対応法案] 11月15日、FATF勧告対応法案が衆院通過 共謀罪の拡大懸念 共産党とれいわ新選組は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493548773.html

[FATF勧告対応法案] 11月11日、衆院内閣委員会でFATF勧告対応法案が可決 共産党とれいわ新選組は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493475418.html

[FATF勧告対応法案] 11月8日、衆院本会議でFATF勧告対応法案が審議入り 暗号資産業者の規制強化、マネロンの抜け穴ふさぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493438885.html

[FATF勧告対応法案] 10月14日、FATF勧告対応法案を閣議決定 暗号資産業者の規制強化、マネロンの抜け穴ふさぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493432129.html

国際的な不正資金等の移動等に対処するための国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法等の一部を改正する法律案(FATF勧告対応法案)ツイートまとめ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/493401124.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック