2022年08月26日

8月26日、安倍元首相「国葬」経費 約2億5000万円支出を閣議決定

8月26日、安倍元首相「国葬」経費 約2億5000万円支出を閣議決定

安倍元首相「国葬」経費 約2億5000万円支出を閣議決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220826/k10013788381000.html


2022年8月26日のNHKニュースより転載

来月下旬の安倍元総理大臣の「国葬」の経費について、政府は26日の閣議で、会場の設営費やバスの借り上げ料などとして、今年度予算の予備費からおよそ2億5000万円を支出することを決めました。

来月27日に東京の日本武道館で行われる安倍元総理大臣の「国葬」について、政府は、経費を全額国費から支出することにしていて、公式に招く参列者の規模が最大で6000人程度になることを想定し、必要額の算定作業を進めてきました。

その結果、政府は26日の閣議で、今年度予算の予備費からおよそ2億5000万円を支出することを決めました。

内訳を見ますと、
▽会場の設営費などとしておよそ2億1000万円が、
▽会場やバスの借り上げ料などとしておよそ3000万円が盛り込まれています。

ただ、周辺の警備にあたる警察官の人件費などは含まれていないということです。

今回の「国葬」には、海外から多くの要人らが参列する予定であるほか、一般の人たちのために、会場の武道館とは別に献花台を設ける方向で調整が進められています。

政府は、セキュリティー対策や新型コロナ対策の強化をはじめとした会場設営に加え、公式の参列者の把握や移動手段の確保などといった準備を加速させることにしています。

弔意表明を各府省に求める閣議了解は見送り

一方、弔旗の掲揚や黙とうによる弔意の表明を各府省に求めるための閣議了解は、見送ることになりました。

今回の「国葬」を行うにあたって、国民に安倍氏への政治的な評価を強制するものではないと明確にする狙いがあるものとみられます。

「国葬」をめぐって、世論の評価が分かれていることも踏まえ、政府は、一連の支出や対応について、国民に丁寧に説明を続けていくことにしています。


(転載、ここまで)


令和4年8月26日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2022/kakugi-2022082601.html

令和4年度一般会計予備費使用(2件)について(決定)

(財務省)


8月26日・閣議.PNG
8月26日・閣議



来月下旬の安倍元総理大臣の「国葬」の経費について、政府は26日の閣議で、会場の設営費やバスの借り上げ料などとして、今年度予算の予備費からおよそ2億5000万円を支出することを決めた。
内訳を見ると、会場の設営費などとしておよそ2億1000万円が、会場やバスの借り上げ料などとしておよそ3000万円が盛り込まれている。
ただ、周辺の警備にあたる警察官の人件費などは含まれていないという。
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック