2022年07月01日

6月30日、林外相 フィリピン新大統領と会談 “海洋秩序維持で協力”一致

6月30日、林外相 フィリピン新大統領と会談 “海洋秩序維持で協力”一致

林外相 フィリピン新大統領と会談 “海洋秩序維持で協力”一致
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220701/k10013696961000.html


2022年7月1日のNHKニュースより転載

フィリピンを訪れている林外務大臣は、6月30日に就任したマルコス大統領と会談し、海洋進出を強める中国の動向を念頭に、法の支配に基づいて海洋の秩序を維持・強化するために協力していくことで一致しました。

林外務大臣は、フィリピンで行われたマルコス大統領の就任式に出席したあと、大統領と個別に会談し、岸田総理大臣の親書を手渡しました。

そして両氏は、東シナ海や南シナ海への進出を強める中国の動向を念頭に、力を背景にした一方的な現状変更の試みなどに強く反対し、法の支配に基づいて自由で開かれた海洋の秩序を維持・強化するために協力していくことで一致しました。

また、ロシアによるウクライナ侵攻は、国際秩序の根幹を揺るがす暴挙で許してはならないという認識を共有し、北朝鮮の核・ミサイル問題にも連携して対応していくことを確認しました。

林大臣は、記者団に「重要な戦略的パートナーであるフィリピンとは新政権でも関係を強化し、『自由で開かれたインド太平洋』の実現のために一層協力していく」と述べました。


林芳正とフィリピンのマルコス大統領.PNG
林芳正外務大臣とフィリピンのマルコス大統領



フィリピンを訪れている林外務大臣は、6月30日に就任したマルコス大統領と会談し、海洋進出を強める中国の動向を念頭に、法の支配に基づいて海洋の秩序を維持・強化するために協力していくことで一致した。
林外務大臣は、フィリピンで行われたマルコス大統領の就任式に出席した後、大統領と個別に会談し、岸田総理大臣の親書を手渡した。

林外務大臣のフィリピン大統領就任式出席及びマルコス・フィリピン大統領表敬等
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea2/ph/page3_003357.html

「 6月30日、フィリピン訪問中の林芳正外務大臣は、マニラで行われたフェルディナンド・マルコス・フィリピン共和国第17代大統領(H.E. Mr. Ferdinand R. Marcos, Jr., 17th President of the Republic of the Philippines)の就任式に出席し、その後、マルコス大統領への表敬等を行ったところ、概要は以下のとおりです。

1 大統領就任式(現地時間30日午前11時30分(日本時間同日午後12時30分)から約1時間15分)

 林大臣は、岸田文雄内閣総理大臣の特使として、マニラのフィリピン国立博物館において行われたマルコス大統領の就任式及び公式レセプションに出席しました。林大臣は、この機会に、エムホフ米国副大統領夫君、ハーレー豪州連邦総督、ドーン・タイ副首相兼外務大臣、エルワン・ブルネイ第二外務大臣、サイフディン・マレーシア外務大臣を含む各国からの列席者と言葉を交わしました。

2 マルコス大統領への表敬(現地時間30日午後6時(日本時間同日午後7時)から約25分間)

(1)冒頭、林大臣からマルコス大統領に対し、就任への祝意を伝えつつ、岸田総理からの親書を手交しました。これに対し、マルコス大統領から、日本政府のハイレベルの就任式出席に謝意が表明されました。
(2)二国間関係に関し、マルコス大統領から、フィリピンの国づくりに対するこれまでの日本の貢献に謝意が表明されるとともに、今後も重要な戦略的パートナーとして協力関係を強化したい旨、また、観光を含め人的交流を再活性化したい旨の発言がありました。これに対し、林大臣から、両国が共に海洋国家かつ米国の同盟国であり、また基本的価値や戦略的利益を共有する戦略的パートナーであることを指摘しつつ、引き続き「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、ODAも活用しながらフィリピンと具体的な協力を進めていく旨、また、ミンダナオ和平プロセスを引き続き後押ししていくことを伝達しました。その上で、双方は、ポストコロナの経済回復に向けた協力、フィリピン沿岸警備隊の装備・能力向上のための支援、自衛隊とフィリピン国軍の間の訓練等の強化・円滑化等を一層推進することで一致しました。
(3)地域・国際情勢については、林大臣から、東シナ海・南シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試みや、経済的威圧に強く反対する旨、また比中仲裁判断を堅持し海洋権益を守っていくとのマルコス大統領の立場を支持する旨を伝達しました。その上で、双方は、法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の維持・強化に向けて、緊密に協力していくことで一致しました。
(4)また、双方は、ロシアによるウクライナ侵略が国際秩序の根幹を揺るがす暴挙であり、いかなる地域でも力による一方的な現状変更を許容してはならないとの認識を共有しました。そのほか、北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題、ミャンマー情勢、安保理改革を含む国連の機能強化、軍縮・不拡散等でも連携強化を確認しました。
(省略)」

ボンボン・マルコス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B9

フェルディナンド・ロムアルデス・マルコス・ジュニア(Ferdinand Romualdez Marcos Jr.、通称:ボンボン・マルコス(Bongbong Marcos)、1957年9月23日 - )は、フィリピンの政治家。かつて北イロコス州知事や下院議員、上院議員を務めた。実父はフィリピンの元大統領のフェルディナンド・マルコス、実母はイメルダ・マルコスである。




参考リンク

林外務大臣のフィリピン大統領就任式出席及びマルコス・フィリピン大統領表敬等
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea2/ph/page3_003357.html




関連

林外相 フィリピン次期副大統領と会談 海洋秩序維持へ連携確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/489342395.html


ラベル:林芳正
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック