2022年06月27日

自民・茂木幹事長が暴論 消費税減税なら社会保障カット 軍事費は5年以内に倍増させる(赤旗2022年6月23日)

自民・茂木幹事長が暴論 消費税減税なら社会保障カット 軍事費は5年以内に倍増させる(赤旗2022年6月23日)

自民・茂木幹事長が暴論 消費税減税なら社会保障カット 軍事費は5年以内に倍増させる
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-06-23/2022062302_02_0.html


2022年6月23日の赤旗より転載

 自民党の茂木敏充幹事長が22日、各地での参院選の演説で暴論を展開しました。

 物価高騰対策としても消費税の減税が切実な課題となっているのに、京都市での演説では「消費税を減税すると、社会保障財源を3割以上カットしないといけない」などと主張しました。社会保障の削減と消費税率の引き下げをてんびんにかけ、国民を脅す暴論です。

 社会保障制度は、国民が健康で文化的な生活が送れるよう憲法によって国に整備(向上および増進)が義務づけられたものです。大企業・富裕層に応分の負担を求めることこそ必要なのに、消費税を減税したら社会保障を削るというのは憲法を無視する議論です。

 消費税導入後、消費税収は16兆円も増える一方、所得税収は6兆円、法人税は5・5兆円も減りました。茂木氏の主張は大企業・富裕層減税の穴埋めに使われてきたという消費税の実態からみても間違っています。

 一方、茂木氏は同日の津市での演説では「防衛費はいま5兆円。来年度は6兆円台半ばまで持っていく。5年以内には、GDP(国内総生産)比2%。これも踏まえてしっかりと防衛体制が構築できる予算水準を確保していきたい」と大軍拡を主張しました。軍事費を倍増すれば、それこそ社会保障の削減や消費税の増税につながります。


茂木敏充・参院選前.PNG
自民党の茂木敏充幹事長



自民党の茂木敏充幹事長が22日、各地での参院選の演説で暴論を展開した。
物価高騰対策としても消費税の減税が切実な課題となっているのに、京都市での演説では「消費税を減税すると、社会保障財源を3割以上カットしないといけない」などと主張した。
社会保障の削減と消費税率の引き下げをてんびんにかけ、国民を脅す暴論です。
消費税導入後、消費税収は16兆円も増える一方、所得税収は6兆円、法人税は5.5兆円も減った。
茂木氏の主張は大企業・富裕層減税の穴埋めに使われてきたという消費税の実態からみても間違っている。

社会保障を人質に消費税の負担を押し付ける。
何故、財源と言えばいつも消費税なのか。
可笑しいだろう。
6月26日のNHK日曜討論でも消費税を減税すると、社会保障財源(確か、年金だったと思います。)を3割カットと、茂木氏は発言したようです。

[NHK日曜討論] 6月26日、参議院選挙に向け 与野党9党 憲法改正めぐり議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/489166711.html

NHKニュースでは憲法改正めぐり議論とのことでした。




参考

[NHK日曜討論] 6月26日、参議院選挙に向け 与野党9党 憲法改正めぐり議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/489166711.html


【関連する記事】
posted by hazuki at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック