2022年04月28日

在留資格の特定技能1号 対象分野を14から12に再編へ 政府(NHKニュース2022年4月26日)

在留資格の特定技能1号 対象分野を14から12に再編へ 政府(NHKニュース2022年4月26日)

在留資格の特定技能1号 対象分野を14から12に再編へ 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220426/k10013599641000.html


2022年4月26日のNHKニュースより転載

「特定技能1号」の対象となる14の分野について、政府は製造業の3つの分野を統合し、合わせて12の分野に再編することを決めました。

外国人材の受け入れ拡大に向け、3年前に導入された在留資格の「特定技能1号」は介護や建設など14分野が対象となっています。

こうした中、半導体の製造装置や、人との接触を避けて作業ができるロボットの需要が高まったことなどから「産業機械製造業」の分野に外国人材が集中し、ことし2月末の時点でこの分野で5年間での受け入れを想定していた5250人を上回る状況になりました。

また、機械や電気など関連する分野をまとめてほしいという要望もあり政府は26日の閣議で「特定技能1号」の対象について製造業の3つの分野を統合し、合わせて12の分野に再編することを決定しました。

古川法務大臣は閣議のあとの記者会見で「引き続き特定技能が制度の趣旨に沿って適正に運用されるよう、関係省庁とともに適切に対応していきたい」と述べました。


古川禎久・4月26日閣議後.PNG
古川禎久法務大臣



「特定技能1号」の対象となる14の分野について、政府は製造業の3つの分野を統合し、合わせて12の分野に再編することを決めた。
古川法務大臣は閣議後の記者会見で「引き続き特定技能が制度の趣旨に沿って適正に運用されるよう、関係省庁とともに適切に対応していきたい」と述べた。
外国人材の受け入れの為の再編です。

「特定技能2号」の在留資格 中国人の男性が初めて取得(NHKニュース2022年4月13日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/486482614.html

特定技能2号の在留資格を中国人の男性が初めて取得している。
油断していると、特定技能2号を取得する外国人が増えます。


ラベル:古川禎久
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック