2021年11月01日

岸田首相 衆院選受け会見 「スピード感を持って政策実行」

岸田首相 衆院選受け会見 「スピード感を持って政策実行」

岸田首相 衆院選受け会見 「スピード感を持って政策実行」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211101/k10013330341000.html


2021年11月1日のNHKニュースより転載

衆議院選挙を受けて岸田総理大臣は自民党本部で記者会見し、自民・公明両党による連立政権への信任が得られたとして、スピード感を持って政策を実行していく考えを強調しました。

また、小選挙区で敗れ辞任の意向を示している甘利幹事長の処遇について、できるだけ早く対応を決める考えを示しました。

「スピード感を政策実行の面で発揮していく」

岸田総理大臣は、記者会見で「衆議院選挙でわれわれに貴重な1票を投じていただいた有権者に心からお礼を申し上げる。大変厳しい選挙だったが、引き続き自公政権の安定した政治のもとで、この国の未来を作り上げていってほしいという民意が示されたことを、身が引き締まる思いで受け止めている。自民党に261議席という貴重な支援をいただき、責任政党、自民党として国民の負託に応えていく」と述べました。

そのうえで「一方で、多くの厳しい声も寄せられたことは厳粛に受け止めなければならない。自民党総裁選挙から組閣、そして解散・総選挙とスピード感を持って進めてきた。国民の皆さんの信任を得た今、みなさんから頂いた1票1票の重みを胸に、今後はスピード感を政策実行の面で発揮していく」と述べました。


(転載、ここまで)

岸田文雄・衆院選受け会見.PNG



衆議院選挙を受けて岸田総理大臣は自民党本部で記者会見し、自民・公明両党による連立政権への信任が得られたとして、スピード感を持って政策を実行していく考えを強調した。
また、小選挙区で敗れ辞任の意向を示している甘利幹事長の処遇について、できるだけ早く対応を決める考えを示した。




参考

[衆院選] 全議席決まる 自民「絶対安定多数」維新は第三党に躍進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/484166599.html




関連

自民 甘利幹事長 辞任の意向「昨夜 岸田総裁に直接表明」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/484166943.html
ラベル:岸田文雄
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:32| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。