2021年09月24日

[日露外相会談] 北方四島特区「容認せず」茂木氏 ロシア外相に伝達

[日露外相会談] 北方四島特区「容認せず」茂木氏 ロシア外相に伝達

北方四島特区「容認せず」茂木氏 ロシア外相に伝達
https://nordot.app/813902018345238528?c=39546741839462401


2021年9月24日の共同通信より転載

 茂木敏充外相は米ニューヨークで23日昼(日本時間24日未明)、ロシアのラブロフ外相と会談した。日本側によると、ラブロフ氏は北方四島に各国の投資を誘致する特別区設置構想に言及。茂木氏は、ロシア法令を前提とする構想は容認できないとの日本の立場を改めて伝達した。特区構想はプーチン大統領が今月上旬に発表した。

 日ロ外相の対面による会談は約1年7カ月ぶり。茂木氏は、日ロが4島で実施を目指す共同経済活動に関し、日本の法的立場を害さず実施する必要があると伝えた。両氏は停滞する北方領土問題を含む平和条約締結交渉や、2年連続中止となったビザなし交流事業なども議論した。


ロシアのラブロフ外相と茂木敏充.PNG



茂木敏充外相は米ニューヨークで23日昼(日本時間24日未明)、ロシアのラブロフ外相と会談した。
日本側によると、ラブロフ氏は北方四島に各国の投資を誘致する特別区設置構想に言及。
茂木氏は、ロシア法令を前提とする構想は容認できないとの日本の立場を改めて伝達した。
特区構想はプーチン大統領が今月上旬に発表した。
北方領土は日本の領土です。
ロシアに特区などやらせない。

日露外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/page4_005415.html

「国連総会のためニューヨークを訪問中の茂木敏充外務大臣は、現地時間9月23日正午(日本時間9月24日午前1時)から30分間、ラヴロフ、セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ロシア連邦外務大臣(H.E. Mr. Lavrov, Sergey Viktorovich, Minister of Foreign Affairs of the Russian Federation)と日露外相会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

両大臣は、平和条約締結問題、北方四島における共同経済活動、四島交流等事業、経済、人的交流、安全保障等の日露二国間関係及び国際情勢について議論を行いました。
二国間関係については、茂木大臣から、平和条約締結問題を含め幅広く日露関係全体を互恵的に進展させていく考えである旨述べ、両大臣は、日露関係全体の発展に向けて、今後とも様々な機会を通じて議論を継続していくことで一致しました。」




参考リンク

日露外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/page4_005415.html
ラベル:茂木敏充
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。