2021年08月18日

“職場でのクラスター食い止め”へ 首相 経団連会長に協力要請

“職場でのクラスター食い止め”へ 首相 経団連会長に協力要請

“職場でのクラスター食い止め”へ 首相 経団連会長に協力要請
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210818/k10013209991000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007


2021年8月18日のNHKニュースより転載

新型コロナウイルス対策をめぐり、菅総理大臣は経団連の十倉会長と会談し、人の流れを抑制するとともに、職場でのクラスターの発生を食い止めるため、テレワークなどによる出勤者の7割削減の実現に向け協力を要請しました。

この中で、菅総理大臣は「感染力が極めて強い『デルタ株』によって、陽性者が毎日のように数多く出ている。人流を抑制するとともに、クラスターがそれぞれの職場で発生しており、何としても食い止めなければならない」と述べました。

そのうえで「効果的なのは、やはりテレワークだ。去年の春に出勤者数をおよそ7割削減していただいた。さまざまな業種があって難しい点もあると思うが、ぜひ、お盆明けからテレワークにご協力いただきたい」と要請しました。

そして、飲食店への協力金の支払いや、雇用の確保に取り組んでいくとともに、ワクチン接種を進め、社会経済活動の回復に道筋を示していく考えを伝えました。

これに対し、十倉会長は「テレワークなどの徹底については、出勤者数の7割削減に向けて、改めて会員各社に周知、徹底を働きかけていく。ただ、業種や業態によって難しいところもあるので、できるところは7割削減を超えて、より徹底して接触機会の削減に努めていただくよう強く働きかけていく」と述べました。

いっぽう経団連からは、ワクチンの接種率を上げるためにも接種によりどのようなメリットがあるのか示すことが重要だとして、ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」の活用を検討するよう菅総理大臣に対して求めたということです。


菅義偉・経団連の十倉会長と会談.PNG

経団連の十倉会長・菅義偉と会談.PNG




新型コロナウイルス対策を巡り、菅総理大臣は経団連の十倉会長と会談し、人の流れを抑制するとともに、職場でのクラスターの発生を食い止めるため、テレワークなどによる出勤者の7割削減の実現に向け協力を要請した。

令和3年8月18日 十倉日本経済団体連合会会長との会談
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202108/18kaidan.html

「令和3年8月18日、菅総理は、都内で日本経済団体連合会の十倉雅和(まさかず)会長と会談を行いました。

 総理は、会談の冒頭の挨拶で次のように述べました。

「本日は、御多忙中にもかかわらず、また、突然の依頼にもかかわらず、こうして皆さんにお集まりいただきましたことに感謝申し上げます。常日頃から十倉会長を始め経団連の皆さんには、コロナ禍の中で、様々な御協力を頂いていますことに感謝申し上げます。」




参考リンク

令和3年8月18日 十倉日本経済団体連合会会長との会談
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202108/18kaidan.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。