2021年07月20日

[厚生労働省] モデルナのワクチン 接種可能年齢を12歳以上に拡大へ

[厚生労働省] モデルナのワクチン 接種可能年齢を12歳以上に拡大へ

モデルナのワクチン 接種可能年齢を12歳以上に拡大へ 厚労省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210719/k10013148481000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001


2021年7月19日のNHKニュースより転載

アメリカの製薬会社モデルナの新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は、接種が可能な年齢を現在の18歳以上から12歳以上に拡大することを決めました。
ファイザーのワクチンも、すでに対象年齢が12歳以上に拡大されています。

厚生労働省は、ことし5月にモデルナのワクチンを承認した際、接種が可能な年齢を18歳以上に限っていましたが、その後、モデルナは、アメリカで12歳から17歳を対象に行った治験で有効性と安全性を確認したとして、厚生労働省に追加のデータを提出していました。

これを受け厚生労働省は、接種が可能な年齢に12歳から17歳を新たに加えることを決め、19日、専門家部会で報告しました。

近く、公的な予防接種の対象に追加して自治体に通知する方針です。

モデルナは日本以外でも接種年齢の拡大を求めていて、アメリカやEUでも対象年齢を12歳以上にする方向で審査が進められています。

国内では、ファイザーのワクチンも先月、対象年齢が12歳以上に拡大されています。




アメリカの製薬会社モデルナの新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は、接種が可能な年齢を現在の18歳以上から12歳以上に拡大することを決めした。
ファイザーのワクチンも、すでに対象年齢が12歳以上に拡大されている。
アメリカで治験が進んでいるからと承認するな。
子ども達をワクチンから守らなければならない。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナは詐欺。

厚労省が新型コロナワクチン接種後556件の死亡事例を報告(日刊ゲンダイ2021年7月8日)
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/482476511.html

「厚生労働省は7月7日、この日開かれた専門家の新型コロナワクチンの副反応を検討する合同部会で新型コロナワクチン接種後に死亡した事例556件を報告した。」

ちなみに、6月23日の355人の死亡から増えています。
高齢者の多くがワクチン接種後に亡くなっている。




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。




[厚生労働省] モデルナワクチン 接種可能年齢を12歳以上に引き下げへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482476906.html




関連

ファイザーのワクチン 12歳〜15歳も公的予防接種対象に 厚労省
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481790665.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:54| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。