2021年07月13日

7月9日、政府 岸博幸氏を内閣官房参与に任命

7月9日、政府 岸博幸氏を内閣官房参与に任命

政府 岸博幸氏を内閣官房参与に任命
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210709/k10013129561000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_063


2021年7月9日のNHKニュースより転載

政府は、経済産業省出身で、当時の竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当大臣の秘書官などを務めた、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏を9日付けで、内閣官房参与に任命しました。

内閣官房参与に任命された岸博幸氏は58歳。

昭和61年に旧通商産業省に入り、平成16年には、当時の竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当大臣の秘書官を務め、経済産業省を退官してからは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授や、大阪府と大阪市の特別顧問などを務めています。

政府は、岸氏から、成長戦略や規制改革、経済・産業政策のほか、広報戦略について助言を得たいとしています。

加藤官房長官は記者会見で「幅広い行政経験を積んでおられるほか、さまざまなポストも経験し、各種メディアでも活躍されている。そうした経験や専門的知見を生かし、適宜、菅総理大臣に情報提供や助言をいただくことを期待している」と述べました。


岸博幸・内閣官房参与.PNG



政府は、経済産業省出身で、当時の竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当大臣の秘書官などを務めた、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏を9日付けで、内閣官房参与に任命した。
またも竹中平蔵グループ。
竹中平蔵の影が見えてしまう。
菅には他に人脈ないの?

新内閣参与はまたも竹中平蔵グループ 支持率の低迷で孤立する菅総理に「他に人脈ないの?」
https://dot.asahi.com/dot/2021071200059.html

2021年7月13日の週刊朝日の報道です。
「新型コロナウイルスと東京五輪・パラリンピックで失政が続き、支持率も低迷し、もはやレームダックとの声も上がる菅義偉首相。人気浮揚でも狙ったのか、7月9日に経済産業省の元官僚でテレビコメンテーターとして活躍する岸博幸・慶応大大学院教授を内閣官房参与にすると発表した。
5月に問題発言で辞任した高橋洋一嘉悦大教授の事実上の後任となるが、この決定にある政府関係者はため息交じりにこう話す。
「高橋氏に続き、また竹中平蔵氏の影が見えてしまう。総理には竹中グループ以外に人脈がないんでしょうか」」
ラベル:岸博幸
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。