2020年12月11日

脱炭素化で河野・小泉両大臣がタッグ、再生エネ 省庁で3割以上に

脱炭素化で河野・小泉両大臣がタッグ、再生エネ 省庁で3割以上に

脱炭素化で河野・小泉両大臣がタッグ、再生エネ 省庁で3割以上に
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4147695.html


2020年12月10日のTBSニュースより転載

 河野行革担当大臣と小泉環境大臣は、来年度、各省庁の施設で調達する電力の3割以上を太陽光などの再生可能エネルギーに切り替えるよう求めました。

 「再生可能エネルギー比率30%以上の電力調達を実施するように、お願いをいたします」(河野太郎 行革相)
 「2050年カーボンニュートラルの実現に向けた社会的な機運を、政府が率先して、まずは取り組むことで醸成をしていきたいと思います」(小泉進次郎 環境相)

 河野・小泉両大臣は会見を開き、菅政権が目指す2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする“カーボンニュートラル”を実現するため、各省庁に来年度30%以上の再生可能エネルギーの調達を働きかけることを表明しました。

 政府のエネルギー基本計画で目指している再生可能エネルギーの比率を上回ることで、“脱炭素化”を促す狙いがあるものとみられます。


河野太郎・カーボンニュートラル.PNG

小泉進次郎・カーボンニュートラル.PNG



河野行革担当大臣と小泉環境大臣は、来年度、各省庁の施設で調達する電力の3割以上を太陽光などの再生可能エネルギーに切り替えるよう求めた。
政府のエネルギー基本計画で目指している再生可能エネルギーの比率を上回ることで、“脱炭素化”を促す狙いがあるものとみられる。

令和2年12月4日 菅内閣総理大臣記者会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478912995.html

菅首相は12月4日の記者会見で2050年カーボンニュートラルを取り上げた。




関連

日本の再生エネ供給力、総電力需要の1.8倍もあるのに、化石燃料輸入で年19兆円流出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478285736.html

小泉元首相 脱炭素社会へ「火力・原子力両方やめなければ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478267898.html

再生エネ促進へ法改正を表明 小泉環境相「検討急ぐ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478146901.html

世耕参議院幹事長「脱炭素へ原発の新設も検討を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478145857.html

2050年温室効果ガス実質ゼロ、実行計画を年末めどに取りまとめ 原発については使えるものは最大限活用する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478129640.html

[第203回国会] 菅首相 所信表明演説
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478128437.html

農水省と環境省 脱炭素社会の実現などに向け連携強化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478111399.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:09| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。