2020年12月06日

[生殖補助医療法案] 12月4日、生殖補助医療法が衆院本会議で成立 第三者から精子や卵子の提供

[生殖補助医療法案] 12月4日、生殖補助医療法が衆院本会議で成立 第三者から精子や卵子の提供

衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=50957&media_type=

2020年12月2日 (水)
法務委員会 (2時間53分)

案件:
生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案(203国会参13)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 義家弘介(法務委員長)  13時 00分  01分
 秋野公造(参議院議員 公明党)  13時 00分  05分
 稲田朋美(自由民主党・無所属の会)  13時 05分  15分
 大口善徳(公明党)  13時 20分  16分
 山花郁夫(立憲民主党・社民・無所属)  13時 36分  20分
 中島克仁(立憲民主党・社民・無所属)  13時 56分  10分
 藤野保史(日本共産党)  14時 06分  31分
 串田誠一(日本維新の会・無所属の会)  14時 37分  30分
 高井崇志(国民民主党・無所属クラブ)  15時 07分  30分
 藤野保史(日本共産党)  15時 37分  03分
 階猛(立憲民主党・社民・無所属)  15時 40分  10分

答弁者等
議員(発言順):
 古川俊治(参議院議員 自由民主党・国民の声)
 石橋通宏(参議院議員 立憲民主・社民)
 梅村聡(参議院議員 日本維新の会)
 伊藤孝恵(参議院議員 国民民主党・新緑風会)
大臣等(建制順):
 上川陽子(法務大臣)
 三原じゅん子(厚生労働副大臣)
参考人等(発言順):
 石塚幸子(参考人 非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ)
 才村眞理(参考人 帝塚山大学非常勤講師)


秋野公造(公明党)・生殖補助医療法案・趣旨説明・衆院法務委員会.PNG

藤野保史(日本共産党)・生殖補助医療法案・反対討論.PNG


“第三者から精子や卵子の提供” 生殖補助医療法 衆院で成立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201204/k10012746431000.html


2020年12月4日のNHKニュースより転載

第三者から精子や卵子の提供を受けることによって生まれた子どもの親子関係を、民法で特例的に定める法律が、衆議院本会議で可決・成立しました。

法案は、第三者から精子や卵子の提供を受けるなどして行われる生殖補助医療をめぐって、国内に関連する法律がないことから、議員立法の形で提出され、4日の衆議院本会議で自民党や立憲民主党などの賛成多数で可決・成立しました。

法律では、第三者から卵子の提供を受けて妊娠・出産したときは、出産した女性を母親とし、夫の同意を得て、夫以外から精子の提供を受けて生まれた子どもは、夫を父親とするとしています。

また「代理出産」や生まれた子どもが精子の提供者に関する情報の開示を求めるなどの「出自を知る権利」の在り方などの課題について、おおむね2年後をめどに、必要な法整備を検討するとしています。

みずからも生殖補助医療を受けて出産した経験がある自民党の野田聖子幹事長代行は、記者団に対し「法律の成立は第一歩だ。『代理出産』や『出自を知る権利』など、今回の法律で対応できないこともあり、来週には超党派の議員連盟を新たに立ち上げ、次の法改正に向けてスタートしたい」と述べました。



衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=50965&media_type=

2020年12月4日 (金)
本会議 (10分)

案件:
議長発言
生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案(203国会参13)
請願
閉会中審査に関する件
議事終了の挨拶

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  15時 02分  01分
 義家弘介(法務委員長)  15時 03分  02分


義家弘介(法務委員長)・生殖補助医療法案.PNG

生殖補助医療法案・成立.PNG



12月2日、衆院法務委員会。
生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案(生殖補助医療法案)を議題とした。

法案提出者の公明党の参院議員秋野公造氏より趣旨説明を聴取した。

自民党の稲田朋美氏、公明党の大口善徳氏、立憲民主党の山花郁夫氏、立憲民主党の中島克仁氏、共産党の藤野保史氏、日本維新の会の串田誠一氏、国民民主党の高井崇志氏が、古川俊治(参議院議員 自由民主党・国民の声)、石橋通宏(参議院議員 立憲民主・社民)、梅村聡(参議院議員 日本維新の会)、伊藤孝恵(参議院議員 国民民主党・新緑風会)、上川陽子(法務大臣)、三原じゅん子(厚生労働副大臣)、石塚幸子(参考人 非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ)、才村眞理(参考人 帝塚山大学非常勤講師)に対し、それぞれ質疑を行った。

質疑を消極して討論を行った。

共産党の藤野保史氏が反対討論を行った。

藤野保史

反対理由の第一は、どのような生殖補助医療を認め、どう規制するかという、いわゆる公益性の在り方がすべて先送りされていることです。
(省略)

討論を終局して採決を行ったところ、賛成多数で可決した。

立憲民主党の階猛氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
法案には附帯決議が付された。


12月4日、衆院本会議。
生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案(生殖補助医療法案)を議題とした。
義家弘介(法務委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
生殖補助医療法が成立した。


精子・卵子の提供について、私は自分自身、考えたことがなく難しい問題です。

議案審議情報 生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/203/meisai/m203100203013.htm

秋野公造君外4名提出の法案です。

議案要旨
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/203/pdf/5100203130.pdf

提出法律案
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/203/pdf/t1002030132030.pdf




参考

[生殖補助医療法案] 11月20日、生殖補助医療法案が参院通過 生殖医療の親子関係を明確化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478623774.html

11月16日、精子や卵子提供で生まれた子 特例的に親子関係定める法案提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/478550561.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:37| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。