2020年10月21日

「自由で開かれたインド太平洋」構想実現へ外交展開、首相 ASEANと連携

「自由で開かれたインド太平洋」構想実現へ外交展開、首相 ASEANと連携

太平洋構想実現へ外交展開、首相 東南アジアと連携
https://this.kiji.is/691499377525884001?c=39546741839462401


2020年10月21日の共同通信より転載

 菅義偉首相は21日、インドネシア・ジャカルタで内外記者会見し「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に取り組む考えを表明した。「私自身が首脳外交を展開してASEANと緊密に連携する」と強調。新型コロナウイルスの影響を踏まえ、サプライチェーンの強靱化を図るとした。

 就任後初の外国訪問となったベトナム、インドネシア両国での首脳会談の成果について説明した。日本とASEANに関し「法の支配、開放性の基本原則の実現を目指している」と指摘。「自由で開かれたインド太平洋」構想はインド太平洋版NATOをつくるものではないとして理解を求めた。


菅義偉・インドネシアで記者会見.PNG



菅義偉首相は21日、インドネシア・ジャカルタで内外記者会見し「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に取り組む考えを表明した。
「私自身が首脳外交を展開してASEANと緊密に連携する」と強調。
新型コロナウイルスの影響を踏まえ、サプライチェーンの強靱化を図るとした。

菅首相 「インド太平洋地域の平和で繁栄した未来をともに」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201021/k10012673571000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_004

菅総理大臣は、就任後初めての外国訪問としてベトナムとインドネシアを訪れ、日本時間の正午すぎから、インドネシアのジャカルタで記者会見を行いました。

この中で、菅総理大臣は、「われわれが助け合い絆を強めていけるのは、ASEANとわが国が、インド太平洋という地域で、法の支配、開放性、透明性といった基本原則の実現を共に目指しているからだ」と述べました。

そして、「ASEANが去年発出したインド太平洋に関するアウトルックと、日本が掲げる『自由で開かれたインド太平洋』は、多くの本質的な共通点を有し、日本は、『アウトルック』を全面的に支持する」と述べました。

そのうえで、菅総理大臣は、「両国の首脳会談で、ASEANと日本で、インド太平洋地域の平和で繁栄した未来をともに作り上げていきたいという思いを伝え、具体的な協力を進めていくことで一致した」と述べ、就任後初めての外国訪問の成果を強調しました。
ラベル:菅義偉
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:35| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。