2020年10月19日

[日ベトナム首脳会談] 菅首相 中国を念頭に緊密連携を確認

[日ベトナム首脳会談] 菅首相 中国を念頭に緊密連携を確認

日本ーベトナム首脳会談 菅首相 中国を念頭に緊密連携を確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201019/k10012670281000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_008


2020年10月19日のNHKニュースより転載

ベトナムを訪れている菅総理大臣は、フック首相と首脳会談を行い、南シナ海への進出を強める中国を念頭に、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて緊密な連携を確認し、安全保障分野の協力強化で一致しました。また、出張など短期滞在者を対象とする往来を再開させることで合意しました。

就任後初めての訪問国、ベトナムを訪れている菅総理大臣は、首都ハノイの首相府で、日本時間の午前11時前から1時間余りフック首相と首脳会談を行いました。

この中で、両首脳は、南シナ海などへの進出を強める中国や北朝鮮問題など地域の諸課題について意見を交わし、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた緊密な連携を確認しました。

そして、防衛装備品の移転や技術協力の促進に向けた協定の締結で実質合意するなど、安全保障分野の協力をさらに強化することで一致しました。

また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く中、日本へのマスクなどの物資の供給網、いわゆるサプライチェーンを強化するほか、日本産温州みかんの輸出や、官民をあげたインフラ投資の促進など、経済面での協力の進展を図ることを確認しました。

さらに、入国制限措置を緩和し、出張など短期滞在者を対象とした往来や、日本とベトナム間の旅客機の運航の再開で合意したほか、日本国内で生活に困窮するベトナム人の技能実習生や留学生などの支援を行っていくことで一致しました。

会談のあと菅総理大臣は、フック首相との共同記者発表に臨み、「本年のASEAN議長国を務めるベトナムは、自由で開かれたインド太平洋を実現するうえの要であり、大切なパートナーだ。日本はインド太平洋国家として今後とも、この地域の平和と繁栄に貢献していく」と述べました。

フック首相「日本が地域の平和に貢献 歓迎」

フック首相は中国と領有権を争っている南シナ海について言及し「平和と安全、航行の自由などを確かなものにするため、武力ではなく平和的な手段で争いを解決することの重要性を再確認した」と述べました。

そのうえで、「国際的に大国である日本が引き続き役割を発揮し、地域と世界の平和と安定に積極的に貢献していくことを歓迎する」と述べ、首脳会談の成果を協調しました。

また、経済分野については「投資や貿易、人材での協力の強化を確認した。ベトナムは、日本企業がわが国への投資で成功するための有利な条件を準備している」と述べ、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ経済を活性化させるため、日本からのさらなる投資を呼びかけました。

そして「菅総理大臣が最初の訪問先としてベトナムを選び、首脳会談が成功したことを歓迎し、高く評価する」と述べました。

短期滞在者の往来再開 官房長官「早期再開目指し協議」

加藤官房長官は、首脳会談で出張など短期滞在者を対象とする往来を再開させることなどで合意したことについて、午後の記者会見で「早期の再開を目指して、ベトナム側と詳細を協議することになっている。ビジネスでの往来の開始は、ベトナムが3か国目になる」と述べました。

また、防衛装備品の移転や技術協力の促進に向けた協定の締結で実質合意したことについて「移転される防衛装備品や技術の適正な管理が確保され、わが国の防衛産業基盤の維持向上や安全保障に資することが期待されている。さまざまな可能性を検討しており、具体的にどの防衛装備品で協力を行えるかを含め、現時点で申し上げる状況にはない。また、協定は、特定の国や地域を念頭においたものではない」と述べました。


ベトナムのフック首相と菅義偉・ベトナム.PNG



ベトナムを訪れている菅総理大臣は、フック首相と首脳会談を行い、南シナ海への進出を強める中国を念頭に、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて緊密な連携を確認し、安全保障分野の協力強化で一致した。
また、出張など短期滞在者を対象とする往来を再開させることで合意した。

日・ベトナム首脳会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/vn/page1_000888.html

2 新型コロナからの回復

 両首脳は、ビジネストラックの運用開始と、双方向の定期旅客便の再開について合意しました。フック首相からは、これらの合意について歓迎するとともに、日本からの40億円規模の医療物資・機材支援及び技術協力に対し、謝意を述べました。

 また、菅総理は、サプライチェーンの多元化を図る日本企業の取組の後押しに力を入れている旨述べるとともに、コロナ禍で生活に困っている技能実習生・留学生などの在日ベトナム人への支援を行っている旨述べました。フック首相からは、日本政府の取組に感謝する、引き続き在日ベトナム人への配慮をお願いしたい旨発言がありました。

 両首脳は、両国で協力し、新型コロナからの回復軌道を描いていくことで一致しました。

3 二国間関係

(2)特定技能・技能実習

 菅総理は、特定技能についてベトナムからの送出し手続が整備されたことを歓迎しました。また、両首脳は、技能実習及び特定技能における悪質なブローカーの介在や、訪日する際の過度な費用負担の排除のため、引き続き協力することで合意しました。

4 地域情勢

 菅総理は、「インド太平洋に関するASEANアウトルック(AOIP)」と「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」は多くの本質的な共通点を有しており、日本はAOIPを全面的に支持する旨述べるとともに、11月に予定されるASEAN関連首脳会議に向けて協力を進めたい旨述べました。

 これに対し、フック首相から、ベトナムはAOIPとFOIPの連携を支持する、ASEAN関連首脳会議に向け、引き続き協力していきたい旨述べました。

 また、両首脳は、南シナ海や北朝鮮を含む地域情勢についての緊密な連携を確認するとともに、拉致問題の早期解決について、フック首相から支持を得ました。

 菅総理は、来年、日メコン首脳会議を日本で開催する予定であり、フック首相を日本に招待したい旨述べました。

RCEPへの言及がなかったか気になります。




関連ツイート





参考資料

日・ベトナム首脳会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/vn/page1_000888.html

菅総理大臣のベトナム及びインドネシア訪問(令和2年10月18日〜21日)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na1/page3_002890.html
ラベル:菅義偉 新型肺炎
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:00| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。