2020年10月07日

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650651000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007


2020年10月6日のNHKニュースより転載

日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認しました。

4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われました。

冒頭、議長を務める茂木大臣は、海洋進出を強める中国を念頭に、「近年、さまざまな分野で既存の国際秩序が挑戦を受けており、新型コロナウイルスの発生、拡大はこの傾向を加速化させている」と指摘しました。

そのうえで、「われわれ4か国は、ルールに基づく国際秩序を強化していく目的を共有しており、これに大きな役割を果たすのが自由で開かれたインド太平洋構想だ。重要なことは多くの国が参加し、このビジョンがより大きく実現されることだ」と述べました。

そして会合では、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて4か国で結束するとともに、多くの国に連携を広げていく方針を確認し、今後、会合を定例化することで合意しました。

また、サイバーセキュリティーや質の高いインフラ整備などの分野でも実践的な協力をさらに進めていくことを確認しました。

茂木大臣は、記者団に対し、「4か国の外交の責任者が顔を合わせて議論できたのは、非常に意義深かった。自由で開かれたインド太平洋という、日本が提唱した外交コンセプトがこれほどまでに国際社会に浸透したことは今までなかったことであり、協力のさらなる具体化を進めていきたい」と述べました。


日米豪印外相会談・10月6日.PNG



日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認した。
4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われた。

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」は地域の平和と繁栄に向けたビジョンであり、ポスト・コロナの世界において益々その重要性を増しているとして、その実現に向け、より多くの国々へ連携を広げていくことの重要性を確認しました。この関連で、四大臣は、ASEANの一体性及び中心性とASEAN主導の地域枠組みに対する強固な支持を再確認するとともに、「インド太平洋に関するASEANアウトルック」に対する全面的な支持を再確認しました。また、「自由で開かれたインド太平洋」に対する欧州を始めとする各国の前向きな取組を歓迎しました。

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」を具体的に推進していくため、質の高いインフラ、海洋安全保障、テロ対策、サイバーセキュリティ、人道支援・災害救援、教育・人材育成を始め様々な分野で実践的な協力を更に進めていくことで一致しました。




参考資料

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html


【関連する記事】
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。