2020年08月27日

防衛相、尖閣視察を一時検討 中国への刺激回避で見送り

防衛相、尖閣視察を一時検討 中国への刺激回避で見送り
https://rd.kyodo-d.info/np/2020082601001168?c=39546741839462401

「河野太郎防衛相が今月上旬、沖縄県・尖閣諸島の上空視察を一時、検討していたことが分かった。実現すれば防衛相として初めてだったが、中国への刺激を避けるため最終的に見送った。防衛省幹部が26日、明らかにした。」「上空からの視察には、中国の武装勢力が尖閣に上陸した場合の自衛隊対応を見据え、地形などを確認する狙いがあったという。河野氏は8、9両日、沖縄県の宮古島と与那国島のミサイル部隊を視察。それに合わせ、上空視察が省内で浮上した。」「尖閣周辺では、中国が4月から111日連続で公船を航行させるなど緊張状態が続いている。」と、8月26日、共同通信が報道した。


河野太郎・衆院安全保障委員会・7月8日.PNG



河野太郎防衛相が今月上旬、沖縄県・尖閣諸島の上空視察を一時、検討していたことが分かった。
実現すれば防衛相として初めてだったが、中国への刺激を避けるため最終的に見送った。
尖閣諸島は日本の領土なので上空視察をやれば良かったのに。
中国が領有権を主張し始めたのは、尖閣諸島に資源があることが分かってからです。




関連

尖閣沖の行動自制を 河野防衛相、中国大使に要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476911346.html


ラベル:河野太郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:34| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。