2020年08月24日

茂木外相 ラオスの外相と会談 長期滞在者の往来再開へ

茂木外相 ラオスの外相と会談 長期滞在者の往来再開へ

茂木外相 ラオスの外相と会談 長期滞在者の往来再開へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200823/k10012580201000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013

「茂木外務大臣は訪問先のラオスでサルムサイ外相と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限措置を緩和し、長期滞在者を対象に、来月上旬にも往来を再開させることで一致したほか、短期滞在者の往来の再開に向けても調整を加速することを確認しました。」「ラオスを訪問中の茂木外務大臣は23日午後、サルムサイ外相と1時間余り会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う両国の入国制限措置を緩和し、企業の駐在員などの長期滞在者を対象に来月上旬にも往来を再開させることで一致しました。」「また、両外相はビジネス関係者などの短期滞在者の早期の往来再開に向けても調整を加速することを確認しました。」「さらに、茂木大臣は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って制限しているラオスからの国費留学生の入国を早期に認める考えを伝え、サルムサイ外相は謝意を示しました。」「会談のあと両外相は、日本政府がラオス国内の教員を養成する教育機関の整備など合わせておよそ24億円規模の無償資金協力を行うことで合意し、交換公文に署名しました。」と、8月23日、NHKが報道した。


茂木敏充とラオスのサルムサイ外相.PNG



茂木外務大臣は訪問先のラオスでサルムサイ外相と会談。
両外相は、日本政府がラオス国内の教員を養成する教育機関の整備など合わせておよそ24億円規模の無償資金協力を行うことで合意し、交換公文に署名した。
またばら撒きですか。

ラオス人民民主共和国に対する教育分野・公共交通分野の支援にかかる無償資金協力(2件)に関する書簡の交及び医療関連機材支援の引渡式の実施
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008687.html


8月23日(現地時間同日)、ラオス人民民主共和国の首都ビエンチャンにおいて、現地を訪問中の我が方茂木敏充外務大臣と先方サルムサイ・コンマシット外務大臣(H.E. Mr. Saleumxay KOMMASITH, Minister of Foreign Affairs of the Lao People's Democratic Republic)との間で、ラオスに対する計2件の無償資金協力(合計24.12億円)に関する書簡の交換と、本年6月に交換公文を締結した無償資金協力「経済社会開発計画」で供与する医療関連機材の引渡式が行われました。




参考資料

ラオス人民民主共和国に対する教育分野・公共交通分野の支援にかかる無償資金協力(2件)に関する書簡の交及び医療関連機材支援の引渡式の実施
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008687.html

茂木外務大臣のラオス訪問
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/page4_005180.html




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:51| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。