2020年08月24日

日本とカンボジアの往来 長期滞在者対象で来月上旬にも再開へ

日本とカンボジアの往来 長期滞在者対象で来月上旬にも再開へ

日本とカンボジアの往来 長期滞在者対象で来月上旬にも再開へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200822/k10012579211000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016

「茂木外務大臣は訪問先のカンボジアでプラク・ソコン副首相兼外相と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う両国の入国制限措置を緩和し、企業の駐在員などの長期滞在者を対象に来月上旬にも往来を再開させることで一致しました。」「茂木外務大臣は訪問先のカンボジアで、日本時間の22日午後、フン・セン首相と会談し、タイからカンボジアを経てベトナムを結ぶ「経済回廊」と呼ばれる幹線道路の建設支援などを通じて、カンボジアの経済発展を今後も後押ししていく方針を伝えました。」「また茂木大臣は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って制限しているカンボジアからの国費留学生の入国を早期に認める考えを示しました。」「このあと茂木大臣はプラク・ソコン副首相兼外相と会談し、感染拡大に伴う両国の入国制限措置を緩和し、企業の駐在員などの長期滞在者を対象に来月上旬にも往来を再開させることで一致しました。」「また、両外相はビジネス関係者などの短期滞在者の早期の往来再開に向けても協議を加速させる方針を確認したほか、茂木大臣は感染の防止に向けて医療機材の供与や技術協力を進めていく意向を伝えました。」と、8月22日、NHKが報道した。


茂木敏充とカンボジアのフン・セン首相.PNG



茂木外務大臣は訪問先のカンボジアでプラク・ソコン副首相兼外相と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う両国の入国制限措置を緩和し、企業の駐在員などの長期滞在者を対象に来月上旬にも往来を再開させることで一致した。
茂木外務大臣は訪問先のカンボジアで、日本時間の22日午後、フン・セン首相と会談し、タイからカンボジアを経てベトナムを結ぶ「経済回廊」と呼ばれる幹線道路の建設支援などを通じて、カンボジアの経済発展を今後も後押ししていく方針を伝えた。

茂木外務大臣のカンボジア訪問
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/page4_005177.html

1 フン・セン首相への表敬及び同首相主催昼食会

22日午前10時45分(現地時間:日本時間同日午後0時45分)から約3時間にわたり、茂木外務大臣は、フン・セン・カンボジア王国首相(Samdech Akka Moha Sena Padei Techo HUN SEN, Prime Minister of the Kingdom of Cambodia)を表敬し、引き続き、同首相主催昼食会に出席しました。

2 日・カンボジア外相会談

22日午後3時(現地時間:日本時間同日午後5時)から約1時間、茂木外務大臣は、プラック・ソコン・カンボジア王国副首相兼外務国際協力大臣(H. E. Mr. Prak Sokhonn, Deputy Prime Minister and Minister of Foreign Affairs and International Cooperation, Kingdom of Cambodia)と会談しました。




参考資料

茂木外務大臣のカンボジア訪問
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/page4_005177.html




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:28| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。