2020年07月26日

激甚災害指定にAIなど活用を 自民が首相に提言

激甚災害指定にAIなど活用を 自民が首相に提言

激甚災害指定にAIなど活用を 自民が首相に提言
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200722/k10012528901000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016

「一連の豪雨災害を受けて、自民党は、被災自治体への財政支援や、AI=人工知能などを活用して早期に激甚災害に指定できる制度を検討するよう安倍総理大臣に提言しました。」「自民党の豪雨災害対策本部の本部長を務める二階幹事長らは22日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と面会し、緊急の提言書を手渡しました。」「提言書では、被災自治体に対し、特別交付税の増額配分など財政支援を早急に講じるとともに、インフラの復旧と強化を同時に進める「改良復旧」を行うよう求めています。」「また、観光需要の喚起策、「Go Toトラベル」については、復旧状況に応じた実施を可能にすべきだとしています。」「そして、今後は、激甚災害への指定をAI=人工知能などを活用して、被害状況の調査結果を待つことなく、見込みでできる制度を検討することも求めています。」「これに対し、安倍総理大臣は「できることはすべてやるという考え方のもと、被災者の気持ちに寄り添いながら、なりわいや生活の再建に取り組んでいきたい」と述べました。」「このあと、二階氏は、記者団に「一日も早く元の生活に戻ってもらえるよう党と政府が一体となって、全力を尽くしてやっていかなければならない」と述べました。」と、7月22日、NHKが報道した。


二階俊博と安倍晋三・自民党提言.PNG



一連の豪雨災害を受けて、自民党は、被災自治体への財政支援や、AI=人工知能などを活用して早期に激甚災害に指定できる制度を検討するよう安倍総理大臣に提言した。
自民党の豪雨災害対策本部の本部長を務める二階幹事長らは22日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と面会し、緊急の提言書を手渡した。




関連

7月豪雨、「特定非常災害」指定 被災者支援へ特例適用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476234429.html

九州豪雨、激甚災害指定へ 長野と岐阜も激甚災害に指定へ 首相、調査加速を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476156858.html

首相、交付税繰り上げを指示 熊本豪雨で被災自治体支援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476102024.html

武田防災相 豪雨被災者の生活支援や復旧復興に全力の考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476101363.html

豪雨、激甚災害指定へ被害調査 菅氏、1週間後に公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476096895.html

首相「人命第一で対応を」 九州大雨で関係閣僚会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476069381.html
ラベル:二階俊博
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:02| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。