2020年06月16日

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200615/k10012471591000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

「インターネット上のひぼう中傷への対策として、立憲民主党などの会派は、投稿の内容がひぼう中傷にあたるかどうかを審査する第三者機関を新設し、速やかに削除できるよう法整備を図ることを盛り込んだ対応策を取りまとめることになりました。」「シェアハウスでの共同生活を記録する民放の番組に出演していた女子プロレスラーがSNS上でのひぼう中傷を苦に自殺したとみられることを受けて、立憲民主党などの会派は、15日、総務・法務合同部会の会合を開きました。」「この中で、議員からは「ひぼう中傷への対応は喫緊の課題であり、問題のある投稿を速やかに削除できるよう法整備を検討すべきだ」などという意見が相次ぎました。」と、6月15日、NHKが報道した。




インターネット上のひぼう中傷への対策として、立憲民主党などの会派は、投稿の内容がひぼう中傷にあたるかどうかを審査する第三者機関を新設し、速やかに削除できるよう法整備を図ることを盛り込んだ対応策を取りまとめることになった。
立憲民主党などの会派は、15日、総務・法務合同部会の会合を開いた。
この中で、議員からは「ひぼう中傷への対応は喫緊の課題であり、問題のある投稿を速やかに削除できるよう法整備を検討すべきだ」などという意見が相次いだ。
会派では、第三者機関の構成や権限などについて、さらに検討することにしている。
野党も動き出しましたね。




関連

ネット中傷 投稿者を速やかに特定へ 自民が提言まとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475533876.html

ネット上のひぼう中傷 適切な刑事罰の在り方検討へ 森法相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475416814.html

SNSの中傷投稿者、特定容易に 政府、電話番号開示も検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475298463.html
ラベル:立憲民主党
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:26| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。