2020年06月03日

ネット上のひぼう中傷 適切な刑事罰の在り方検討へ 森法相

ネット上のひぼう中傷 適切な刑事罰の在り方検討へ 森法相

ネット上のひぼう中傷 適切な刑事罰の在り方検討へ 森法相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012454701000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_019

「民放の番組に出演していたプロレスラーの女性が、SNS上でひぼう中傷が相次ぐ中、自殺したとみられる問題で、森法務大臣は省内に設置した作業チームで、適切な刑事罰の在り方などを検討する考えを示しました。」と6月2日、NHKが報道した。


森雅子・ネットひぼう中傷.PNG



民放の番組に出演していたプロレスラーの女性が、SNS上でひぼう中傷が相次ぐ中、自殺したとみられる問題で、森法務大臣は省内に設置した作業チームで、適切な刑事罰の在り方などを検討する考えを示した。
シェアハウスでの共同生活を記録するフジテレビの番組に出演していたプロレスラーの木村花さんが、SNS上でひぼう中傷が相次ぐ中、先月亡くなり、自殺したとみられている。
これについて、森法務大臣は記者会見で「インターネット上でのひぼう中傷などの書き込みは、取り返しのつかない重大な人権侵害につながるものであり、決してあってはならない」と述べた。
そのうえで森大臣は、1日に省内に作業チームを設置したことを明らかにした。




関連

SNSの中傷投稿者、特定容易に 政府、電話番号開示も検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475298463.html
ラベル:森雅子
posted by hazuki at 00:26| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。