2020年04月30日

新型コロナ対策の補正予算成立 現金10万円給付、早期執行課題

新型コロナ対策の補正予算成立 現金10万円給付、早期執行課題

新型コロナ対策の補正予算成立 現金10万円給付、早期執行課題
https://www.47news.jp/politics/4770575.html
2020.4.30 20:11

 2020年度補正予算が30日の参院本会議で与党と主要野党の賛成多数により可決、成立した。新型コロナウイルスの緊急経済対策の実施に向け、一般会計総額は補正予算として過去最大の25兆6914億円に上る。全国民への現金10万円給付を巡る混乱から、成立は当初の想定から1週間近く遅れた。支援を待つ個人や企業を支えるための対策の早期執行が課題だ。

 財源は全額を国債の発行で賄う。与野党からは、対応が不十分だとして、第2次補正予算案の編成を求める声が早くも強まっており、政府は厳しい財政運営を迫られそうだ。

 安倍晋三首相は補正予算成立後、官邸で記者団に対し「厳しい状況の中で歯を食いしばって頑張っている皆さまへの支援を一日も早く届け、事業と雇用を必ずや守る」と述べた。

 経済対策の名称は「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」。全国民に10万円を配る「特別定額給付金」を実施するために12兆8803億円を確保した。自治体による支給は大型連休明けから本格化する。

 収入が半減した中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する「持続化給付金」は、5月1日から申請を受け付け、大型連休が明けた8日にも給付を始める。地方自治体への臨時交付金は1兆円を用意。休業要請に応じた事業者に支払う協力金などに活用できる。

 医療機関へのマスクの提供など、感染拡大防止策と医療提供体制の整備に1兆8097億円を計上した。感染終息後の消費喚起策として、外食や旅行の活性化などにほぼ同額の1兆8482億円を充てた。感染拡大が続く現時点で、巨額の予算を手当てすることに野党からは批判も出た。

 企業の資金繰りを支えるため、納税猶予の特例などを盛り込んだ税制関連法も30日、可決、成立した。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2020年4月30日
本会議
約55分

案件

令和二年度一般会計補正予算(第1号)(閣予第7号)
令和二年度特別会計補正予算(特第1号)(閣予第8号)
令和二年度政府関係機関補正予算(機第1号)(閣予第9号)
地方税法等の一部を改正する法律案(閣法第55号)
令和二年度特別定額給付金等に係る差押禁止等に関する法律案(衆第10号)
新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律案(閣法第54号)

発言者一覧

山東昭子(参議院議長)
金子原二郎(予算委員長)
伊藤孝恵(立憲・国民.新緑風会・社民)
伊藤孝江(公明党)
片山大介(日本維新の会)
山添拓(日本共産党)
若松謙維(総務委員長)
中西祐介(財政金融委員長)


金子原二郎(予算委員長)・令和2年度補正予算.PNG

令和2年度補正予算・成立.PNG



4月30日、参院本会議。
令和二年度一般会計補正予算(第1号)(閣予第7号)、令和二年度特別会計補正予算(特第1号)(閣予第8号)、令和二年度政府関係機関補正予算(機第1号)(閣予第9号)を一括して議題とした。
金子原二郎(予算委員長)の報告は可決。
討論を行った。
国民民主党の伊藤孝恵氏、公明党の伊藤孝江氏、日本維新の会の片山大介氏、共産党の山添拓氏が賛成討論を行った。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
令和二年度補正予算が成立した。

松陰本会議は全会一致で可決したのですが、参院本会議では反対した議員がいたのですね。




参考

野党、異例の補正予算賛成 危機対応「不満だが協力」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474838737.html

[衆院予算委] 4月28日、「レムデシビル」5月承認へ コロナ治療薬、手続き大幅短縮 「アビガン」治験継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474822711.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:41| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。