2020年04月30日

野党、異例の補正予算賛成 危機対応「不満だが協力」

野党、異例の補正予算賛成 危機対応「不満だが協力」

野党、異例の補正予算賛成 危機対応「不満だが協力」
https://www.47news.jp/politics/4766855.html
2020.4.29 16:23

 立憲民主党など全野党が29日、2020年度補正予算案の衆院採決で異例の賛成に回った。新型コロナウイルスの感染拡大により「世界恐慌や第2次大戦に匹敵する経済ダメージを受ける」(立民の安住淳国対委員長)との危機感から、内容や規模に不満は残るものの、早急な予算執行に協力すべきだと判断した。

 予算案が衆院本会議で全会一致により可決されたのは、西日本豪雨など相次いだ災害の復旧費を盛り込んだ18年度第1次補正予算案以来。

 安住氏は会派の代議士会で「内容に大変多くの問題があるが、感染症対策や1人一律10万円給付をはじめとした支援は、時間を置かず対応した方がいい」と述べ、賛成方針に理解を求めた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表も記者団に「ずっと主張してきた一律10万円給付が入り、一歩前進だ。速やかに成立させ、次の対策に移りたい」と述べ、追加経済対策が必要だと指摘した。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「あまりにも少ないし、あまりにも遅いが、全体として必要な経費が盛られている」と賛成理由を説明。社民党の福島瑞穂党首も会見で「今、施策を打たなければならないので賛成する。第2次補正予算案を組むべきだ」と語った。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=50094&media_type=

2020年4月29日 (水)
本会議 (56分)

案件:
令和二年度一般会計補正予算(第1号)
令和二年度特別会計補正予算(特第1号)
令和二年度政府関係機関補正予算(機第1号)
地方税法等の一部を改正する法律案(201国会閣55)
令和二年度特別定額給付金等に係る差押禁止等に関する法律案(201国会衆10)
新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律案(201国会閣54)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  12時 02分  01分
 棚橋泰文(予算委員長)  12時 03分  04分
 笹川博義(自由民主党・無所属の会)  12時 07分  05分
 小川淳也(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  12時 12分  09分
 濱村進(公明党)  12時 21分  05分
 藤野保史(日本共産党)  12時 26分  05分
 杉本和巳(日本維新の会・無所属の会)  12時 31分  05分
 大口善徳(総務委員長)  12時 48分  05分
 田中良生(財務金融委員長)  12時 53分  03分


棚橋泰文(予算委員長)・衆院本会議・補正予算.PNG

補正予算・衆院通過.PNG



4月29日、衆院本会議。
令和二年度一般会計補正予算(第1号)、令和二年度特別会計補正予算(特第1号)、令和二年度政府関係機関補正予算(機第1号)を一括して議題とした。
棚橋泰文(予算委員長)の報告は可決。
討論を行った。
自民党の笹川博義氏、立憲民主党の小川淳也氏、公明党の濱村進氏、共産党の藤野保史氏、日本維新の会の杉本和巳氏が、それぞれ補正予算案に賛成の討論を行った。
採決をしたところ、全会一致で可決した。
衆院通過し、参院に送られた。
野党は、補正予算には改善すべき点はあるが、賛成するとした。
野党には「第2次補正予算案を組むべき」という意見もあった。




参考

[衆院予算委] 4月28日、「レムデシビル」5月承認へ コロナ治療薬、手続き大幅短縮 「アビガン」治験継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474822711.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:28| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。