2020年04月26日

[衆院静岡4区補選] 自民党新人が当選確実 野党統一候補及ばず 衆院解散に影響か

[衆院静岡4区補選] 自民党新人が当選確実 野党統一候補及ばず 衆院解散に影響か

自民党新人が当選確実 衆院静岡4区補選 野党統一候補及ばず 衆院解散に影響か
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200426/k00/00m/010/117000c
毎日新聞2020年4月26日 20時01分(最終更新 4月26日 21時16分)

 自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区の補欠選挙は26日に投票され、自民党新人で元県議の深沢陽一氏(43)=公明推薦=が初当選を確実にした。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党が統一候補として推薦した無所属新人で元東京都議の田中健氏(42)との与野党対決を制し、他2人の候補者の追随も許さなかった。

 深沢氏は、自民党の会派が静岡県議会の過半数を占める厚い地盤に支えられ、推薦した公明の県議らの支援も受けて票を積み重ねた。次期総選挙の前哨戦として注目された今回の補選。自民公認候補の勝利は、衆院解散・総選挙の時期に影響を与える可能性もある。

 今回の補選は、新型コロナウイルスの感染の広がりが深刻化した後に初めて行われた国政選挙となった。告示後、緊急事態宣言が静岡県も含めた全国に拡大され、候補者や県選挙管理委員会が感染防止対策の徹底を求められる異例の選挙となった。【山田英之】


深沢陽一・自民・静岡補選当確.PNG



自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区の補欠選挙は26日に投票され、自民党新人で元県議の深沢陽一氏(43)=公明推薦=が初当選を確実にした。
立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党が統一候補として推薦した無所属新人で元東京都議の田中健氏(42)との与野党対決を制し、他2人の候補者の追随も許さなかった。
自民党が当確ですか。
野党は残念です。




参考

[衆院静岡4区補選] 与野党対決の構図に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474194476.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:47| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。