2020年04月01日

就職氷河期世代の支援 自治体事業に計7億8000万円交付

就職氷河期世代の支援 自治体事業に計7億8000万円交付へ

就職氷河期世代の支援 自治体事業に計7億8000万円交付へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012359861000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_036
2020年3月31日 14時59分

いわゆる就職氷河期世代を支援するため、政府は相談体制の整備など自治体が取り組む60の事業に、合わせて7億8000万円を交付することを決めました。

就職氷河期世代を支援する自治体の取り組みを後押しするため、政府は新たな交付金制度を設けていて、第1弾として60の事業に合わせて7億8000万円を交付することになりました。

具体的には地元の企業と協力してプログラミング教室を開設し、IT企業への就職を支援する群馬県太田市の取り組みや、ひきこもりの人や家族からの相談を臨床心理士が受ける事務所を整備する福岡県の取り組みなどが含まれています。

政府はことし7月にも第2弾の交付を実施するほか、効果を上げている事業を全国に周知することにしています。

西村経済再生担当大臣は記者会見で、「こうした取り組みを通じて氷河期世代の人たちのチャンスが広がることを期待している」と述べました。


西村康稔・氷河期世代1.PNG



就職氷河期世代を支援する自治体の取り組みを後押しするため、政府は新たな交付金制度を設けていて、第1弾として60の事業に合わせて7億8000万円を交付することになった。
政府は今年7月にも第2弾の交付を実施するほか、効果を上げている事業を全国に周知することにしている。




関連

厚労省の氷河期採用、140倍 初の筆記試験
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473425879.html

[内閣府] 就職氷河期世代支援の内閣府中途採用職員募集に500人超の応募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473109168.html
ラベル:西村康稔
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:11| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。