2020年02月04日

都知事選の野党統一候補選び難航 山本太郎氏浮上するも調整進まず

都知事選の野党統一候補選び難航 山本太郎氏浮上するも調整進まず
https://rd.kyodo-d.info/np/2020020101001572?c=39546741839462401
2020/2/1 17:26 (JST)

 立憲民主党などの野党による東京都知事選(7月5日投開票)の統一候補選定作業が難航している。次期衆院選の野党共闘を左右する重要選挙にもかかわらず、再選をうかがう小池百合子知事に対抗できる「知名度のある候補が見つからない」(立民幹部)ためだ。れいわ新選組の山本太郎代表の擁立論も浮上するが、調整は進んでいない。

 立民と国民民主、共産、社民各党の幹事長・書記局長は昨年末、都知事選での共闘で一致。2017年の民進党分裂を招いた小池氏と決着をつける狙いがある。立民の蓮舫参院幹事長や前川喜平元文部科学事務次官の名前も取り沙汰されるが、立民と国民民主の合流頓挫が悪影響。


山本太郎2.PNG



立憲民主党などの野党による東京都知事選(7月5日投開票)の統一候補選定作業が難航している。
再選をうかがう小池百合子知事に対抗できる「知名度のある候補が見つからない」(立民幹部)ため。
れいわ新選組の山本太郎代表の擁立論も浮上するが、調整は進んでいない。
山本太郎には衆院選に出馬して欲しいです。
小池百合子に勝つ候補の擁立は難しいでしょうね。
posted by hazuki at 08:47| Comment(0) | れいわ新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。