2020年01月06日

外務省「中東地域各国で不測の事態のおそれ」

外務省「中東地域各国で不測の事態のおそれ」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3871286.htm
3時間前

 外務省は、イラン革命防衛隊の司令官がアメリカの空爆により殺害されたことを受け、「中東地域各国で不測の事態が発生するおそれがある」として注意喚起しています。

 外務省は5日、「中東地域における緊張の高まりに関する注意喚起」とする広域情報を発出しました。

 この中では、アメリカの空爆でイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官らが殺害されたことを受けイラン政府が報復を警告していて、「当面の間、中東地域においては不測の事態が発生するおそれがある」としています。

 そのうえで、複数の情報源から最新情報を収集し、急に情勢が変化した場合には速やかに安全な地域に退避することなどを求めています。


外務省・中東・イラン.PNG



外務省は、イラン革命防衛隊の司令官がアメリカの空爆により殺害されたことを受け、「中東地域各国で不測の事態が発生するおそれがある」として注意喚起している。
外務省は5日、「中東地域における緊張の高まりに関する注意喚起」とする広域情報を発出した。
イランへの渡航は注意してください。




参考資料

中東地域における緊張の高まりに関する注意喚起
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C001.html


ラベル:外務省
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。