2019年12月26日

野党、カジノ禁止法提出へ 閉会中審査も要求

野党、カジノ禁止法提出へ 閉会中審査も要求
https://this.kiji.is/582457218732098657?c=39546741839462401
2019/12/25 17:47 (JST)

 立憲民主党など野党3党の国対委員長は25日の会談で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む衆院議員秋元司容疑者の逮捕を受け、カジノ営業を禁じる法案を来年の通常国会に提出する方針で一致した。衆参両院内閣委員会での閉会中審査の開催を求めることも決めた。

 会談では、事件やカジノに関する野党追及本部を26日に設置すると確認。立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「国会議員が逮捕されるのは大変大きなことだ。本人の責任だけでなくカジノを推進してきた政府、与党の体質を問いたい」と強調した。

 カジノ禁止法案の提出に関し「カジノは百害あって一利なし」と語った。


安住国対委員長と森山国対委員長.PNG



立憲民主党など野党3党の国対委員長は25日の会談で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む衆院議員秋元司容疑者の逮捕を受け、カジノ営業を禁じる法案を来年の通常国会に提出する方針で一致した。
衆参両院内閣委員会での閉会中審査の開催を求めることも決めた。
カジノ禁止法案の提出に関し「カジノは百害あって一利なし」と語った。


ラベル:安住淳
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:04| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。