2019年11月20日

[衆院憲法審査会] 国民投票法改正、絶望的に 11月21日の開催見送り

[衆院憲法審査会] 国民投票法改正、絶望的に 11月21日の開催見送り

国民投票法改正、絶望的に 衆院憲法審、21日の開催見送り
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112000776&g=pol
2019年11月20日18時58分

 国民投票法改正案について、立憲民主党など主要野党は20日の幹事長・書記局長会談で、今国会での採決に反対し、継続審議を求める方針を決めた。この後、自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長が会談し、21日の採決を見送ることで合意。与党は先に採決を強行しない考えを確認しており、今国会での成立は絶望的な状況となった。

 与党は20日の衆院憲法審査会の幹事懇談会で21日採決を提案。ただ、主要野党は国民投票に関するCM規制の議論を優先すべきだとの立場を変えず、採決後の議論を求める与党と溝は埋まらなかった。与野党は21日の審査会開催を見送ることを決めた。
 森山、安住両氏は改正案に関し「今国会で継続して議論を行う」ことを確認。野党側は今国会での採決はないとみている。
 今国会会期は12月9日まで。21日に衆院審査会を開かないことにより、憲法審の定例日は残り衆院が2回、参院が2回。与党が目指す今国会成立は日程上、非常に厳しくなった。


安住淳国対委員長と森山裕国対委員長.PNG



国民投票法改正案について、立憲民主党など主要野党は20日の幹事長・書記局長会談で、今国会での採決に反対し、継続審議を求める方針を決めた。
この後、自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長が会談し、21日の採決を見送ることで合意。
国民投票法改正案の採決を見送るべき。

[衆院憲法審査会] 11月7日、2年ぶりの自由討議 欧州4カ国視察報告 緊急事態条項についても議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471394874.html

11月7日の衆院憲法審査会では欧州視察の報告があった。
ドイツではナチスが国民投票法を利用して、政権を掌握したことを受けて、国民投票法は実施しない。
ドイツのように国民投票法に慎重になるべき。




参考

[衆院憲法審査会] 11月7日、2年ぶりの自由討議 欧州4カ国視察報告 緊急事態条項についても議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471394874.html

[衆院憲法審査会] 10月31日、衆院憲法審査会が流会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471264937.html

[衆院憲法審査会] 衆院憲法審査会を10月31日に開催へ 与野党が基本合意
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471091539.html

公明 北側憲法調査会長「緊急事態対応」議論進める必要
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470497145.html
ラベル:憲法審査会
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:03| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。