2019年11月20日

[農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案] 11月12日、参院農林水産委員会で趣旨説明⇒11月19日、参院農林水産委員会で可決⇒11月20日、農産品輸出拡大法が成立

[農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案] 11月12日、参院農林水産委員会で趣旨説明⇒11月19日、参院農林水産委員会で可決⇒11月20日、農産品輸出拡大法が成立

参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月12日
農林水産委員会
約2時間38分

会議の経過
  農林水産委員会(第三回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   日米貿易協定に関する件、台風等による農林水産関係被害への対
   策に関する件、家畜伝染病対策に関する件、収入保険及び農業共
   済に関する件、米政策に関する件、林業の振興施策に関する件等
   について江藤農林水産大臣、加藤農林水産副大臣、藤木農林水産
   大臣政務官及び政府参考人に対し質疑を行った。
   農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案(閣法第五号)
   (衆議院送付)について江藤農林水産大臣から趣旨説明を聴いた。

発言者一覧

江島潔(農林水産委員長)
宮崎雅夫(自由民主党・国民の声)
石垣のりこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
徳永エリ(立憲・国民.新緑風会・社民)
塩田博昭(公明党)
石井苗子(日本維新の会)
紙智子(日本共産党)
江藤拓(農林水産大臣)


江藤拓(農林水産大臣)・農産物輸出趣旨説明・参院委員会.PNG


参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月19日
農林水産委員会
約2時間56分

会議の経過
  農林水産委員会(第四回)
   理事の補欠選任を行った。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案(閣法第五号)
   (衆議院送付)について江藤農林水産大臣、加藤農林水産副大臣、
   大塚内閣府副大臣、藤木農林水産大臣政務官及び政府参考人に対
   し質疑を行い、討論の後、可決した。
    なお、附帯決議を行った。

発言者一覧

江島潔(農林水産委員長)
堂故茂(自由民主党・国民の声)
石垣のりこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
森ゆうこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
塩田博昭(公明党)
石井苗子(日本維新の会)
紙智子(日本共産党)
紙智子(日本共産党)
徳永エリ(立憲・国民.新緑風会・社民)


紙智子・農林水産物・反対討論.PNG


農林水産物 輸出拡大へ促進法が可決・成立 新組織を設置へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183951000.html
2019年11月20日 13時16分

農林水産物の輸出拡大に向けて、政策の立案や国内手続きを一元的に担う新たな組織を設けることを盛り込んだ法律が、20日の参議院本会議で可決され、成立しました。

この法律では、農林水産省に「農林水産物・食品輸出本部」を新たに設けて、政策の立案や国内の手続きを一元的に管理します。

現在は輸出する際に必要な衛生基準をクリアするための国内の手続きなどが複数の省にまたがり、輸出拡大の妨げになっていると指摘されています。

そのため、政府内のいわば司令塔となる新たな組織を設置することで、輸出のさらなる拡大につなげたいとしています。この法律について、政府は来年4月の施行を目指しています。

農林水産物や食品の輸出をめぐっては、ことし、年間の輸出額を1兆円まで増やす目標を掲げていますが、9月までの時点では6645億円となっていて、達成は難しい情勢です。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月20日
本会議
約2時間4分

案件

日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案(閣法第5号)

発言者一覧

山東昭子(参議院議長)
茂木敏充(外務大臣)
中西哲(自由民主党・国民の声)
那谷屋正義(立憲・国民.新緑風会・社民)
矢倉克夫(公明党)
浅田均(日本維新の会)
紙智子(日本共産党)
江島潔(農林水産委員長)


江島潔(農林水産委員長)・農林水産物.PNG



11月12日、参院農林水産委員会。
江藤拓(農林水産大臣)より、農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案の趣旨説明が行われた。
11月19日、参院農林水産委員会。
農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案を議題とし、質疑を行った。
共産党の紙智子氏の質疑の後、質疑は終局したとして、討論を行った。
共産党の紙智子氏が反対討論を行った。
採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
国民民主党の徳永エリ氏が附帯決議の死油脂説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
11月20日、参院本会議。
江島潔(農林水産委員長)の報告は可決。
採決を行ったところ、賛成多数で可決・成立した。

議案審議情報 農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/200/meisai/m200080200005.htm

法案に反対したのは共産党のみ。
共産党は農林水産物の輸出には反対してないが、官邸農政に反対している。




参考

[農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案] 10月29日、衆院農林水産委員会で農産物輸出促進法案の趣旨説明⇒11月6日、衆院農林水産委員会で可決⇒11月7日、衆院本会議で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471495707.html

[農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律案] 10月11日、農産品輸出拡大法案を閣議決定 農水省に司令塔
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471030437.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:39| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。