2019年10月25日

[衆院憲法審査会] 衆院憲法審査会を10月31日に開催へ 与野党が基本合意

[衆院憲法審査会] 衆院憲法審査会を10月31日に開催へ 与野党が基本合意

衆院憲法審査会を31日に開催へ 与野党が基本合意
https://this.kiji.is/560054102714369121?c=39546741839462401
2019/10/24 19:54 (JST)

 与野党は24日の衆院憲法審査会幹事懇談会で、審査会を31日に開催する日程で基本的に合意した。9月の欧州視察について報告、討議する。今国会で憲法審の実質的な議論は初めてとなる。ただ野党側は、菅原一秀経済産業相を巡る週刊誌報道を念頭に、国会情勢によっては開催に応じない可能性にも触れた。

 来月以降の審議を巡り、与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民党)は幹事懇で、改憲手続きを定める国民投票法改正案の質疑、採決後に、野党が求める国民投票時の政党CM規制議論を始めるのが幹事間での合意だと主張。この線に沿って協議を進めたいと改めて伝えた。




与野党は24日の衆院憲法審査会幹事懇談会で、審査会を31日に開催する日程で基本的に合意した。
9月の欧州視察について報告、討議する。
ただ野党側は、菅原一秀経済産業相を巡る週刊誌報道を念頭に、国会情勢によっては開催に応じない可能性にも触れた。

公明 北側憲法調査会長「緊急事態対応」議論進める必要
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470497145.html

9月25日、憲法改正の状況などを海外で調査している衆議院の憲法審査会は、ウクライナで、憲法に規定されている「非常事態の布告」の運用実態などについて聞き取りを行った。
欧州視察があったようです。
改憲手続きを定める国民投票法改正案の質疑、採決後に、野党が求める国民投票時の政党CM規制議論を始めるとは、野党は何を考えているのだろう。
与党は国民投票法改正案を強行採決するでしょう。
憲法審査会は、9月の欧州視察について報告、討議するだけで一旦、休むべき。
菅原一秀の問題で時間を稼いでも良い。




追記

菅原一秀は経産相を辞任しましたね。
憲法審査会の開催をNOと言うのはダメかも知れない。




参考

公明 北側憲法調査会長「緊急事態対応」議論進める必要
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470497145.html


ラベル:憲法審査会
【関連する記事】
posted by hazuki at 01:54| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。